住友生命の年金保険とは?特徴からメリット・デメリットまでを解説!

住友生命の年金保険とはいったいどういったものなのか、具体的にご紹介していきます。生命保険への加入を検討されている方も多い中で、近年人気を拡大しているのが、住友生命の年金保険でもあります。そのメリットやデメリットも取り上げていきますので、ぜひ参考にしてください。

住友生命の年金保険とは?特徴からメリット・デメリットまでを解説!のイメージ

目次

  1. 住友生命の年金保険の特徴について理解しよう
  2. 老後の生活を見据えても年金保険の活用が重要
  3. 住友生命の年金保険は返戻率が100%を超える
  4. 月額1万5,000円以上の保険料の払い込みで割引が適用される
  5. 住友生命の保険料払い込みを一括にすることで年金額を高くする
  6. 住友生命の年金保険のメリット1:返戻率が高い
  7. 住友生命の年金保険のメリット2:年金の受取回数を指定できる
  8. 住友生命の年金保険のメリット3:貯蓄性が高い
  9. 住友生命の個人年金のメリット4:死亡保障がある
  10. 特約もつけられるのが住友生命の年金保険
  11. 保険料払込免除特約付加で返戻金が下がる住友生命の年金保険
  12. 住友生命の年金保険は生命保険料控除を受けられる
  13. 住友生命の個人年金のデメリット1:払い込み期間が長い
  14. 住友生命の個人年金のデメリット2:自由に引き出せない
  15. 住友生命の個人年金のデメリット3:中途解約で元本割れを起こす
  16. 住友生命の個人年金契約後10年経過で払済保険に変更可能
  17. 据え置き期間を作れば返戻率を上げられる住友生命の個人年金
  18. 住友生命の個人年金は所得控除としても活用できる
  19. 老後の生活資金としても役立つ住友生命の個人年金
  20. 住友生命の個人年金には計画的に契約する
  21. 住友生命の個人年金は満期まで契約しておくことが重要
  22. 住友生命の個人年金の特徴について知る

住友生命の年金保険の特徴について理解しよう

住友生命の個人年金について、その特徴やメリット、デメリット、注意点などについて詳しくご紹介していきます。年金保険への加入者も年々増加傾向にありますが、住友生命の年金保険も人気を誇っています。自分では、なかなか貯蓄が難しいという場合に、老後の資金として役立ちます。そんな住友生命の個人年金について、理解を深めていきましょう。

老後の生活を見据えても年金保険の活用が重要

20589405 1875906446059981 1152063151097774080 n
airuga0526さんの投稿

保険と聞くと、一般的にイメージされることが多いのが、死亡した時にもらえる生命保険です。もちろん、生命保険に加入しておくことも大切なことですが、近年、人気を高めているのが、住友生命を始めとした個人年金保険です。国民年金や厚生年金などと合わせて、老後のための資金形成として加入する人も増えており、人気が高まっているのです。

20226110 324787601303328 2725144259547103232 n
airuga0526さんの投稿

これまでは、年金の受給開始年齢が60歳からでしたが、2017年時点においては、その受給開始年齢が65歳からに引き延ばされています。60歳から受け取りを開始することも可能ですが、その場合は、トータルの年金受給額が減ってしまうことになります。そういった意味で、60歳から65歳までの生活費を、どう捻出していくかというのも問題になっています。

もちろん、企業の再雇用制度などを利用して、60歳までとは言わず、65歳、70歳まで働き続けるのも素晴らしいことですが、何らかの理由や事情があって、60歳で定年を迎えなければならないという人も多いでしょう。そういった人たちにとってもメリットがあるのが、住友生命の個人年金であり、支払い保険料に応じて年金のような役割を果たしてくれます。

18512768 102115033709586 557296483674619904 n
eiodenzoさんの投稿

平成29年3月に国が発表した国民年金の平均月額が約55,000円となっており、厚生年金は、約14万7,000円となっています。両者を合わせれば20万円を超える程度ですが、これだけで豊かな老後を送るのは難しいと考える人にとっても、住友生命の個人年金に加入しておくことで、さらにプラスアルファの年金受給を行えるので、人気が高まっているのです。

住友生命の年金保険は返戻率が100%を超える

22426735 879774315514743 7699997589944401920 n
aki.mukaiさんの投稿

さまざまな特徴やメリットがある住友生命の個人年金ですが、やはり一番大きなメリットと言えるのは、保険料に対する年金の返戻率が100%を優に超えることです。例えば男性30歳の方で、月額1万5,000円の個人年金保険に加入した場合、返戻率は106%を超えています。女性の場合も同様で、106%から108%前後の返戻率を誇るのが住友生命の年金です。

そういった意味で、自分自身では手元にあるとお金を使ってしまうという方であれば、代わりに貯蓄してくれるだけでなく、その貯蓄分に対して上乗せされた金額を受給できるというメリットがあります。現在、日本国内の銀行に貯金をしていても、上乗せされる利子はすずめの涙くらいしかありません。そうした点においても、住友生命の個人年金は魅力的です。

月額1万5,000円以上の保険料の払い込みで割引が適用される

19764940 1395805557121979 1323163584334659584 n
airuga0526さんの投稿

返戻率が100%を大きく超えるというメリットもある住友生命の個人年金ですが、さらに、月額1万5,000円以上の保険料の払い込みを行うことで、保険料が割引になるというサービスがあります。住友生命の個人年金に関しては、「たのしみワンダフル」という名称で販売が行われており、利用者の間でも大いに親しまれています。

たのしみワンダフルの「たのしみランク」という制度に基づいて、保険料の割引サービスが行われることになるわけですが、具体的な割引率に関しては、性別、年齢、健康状態などによっても異なっていきます。そういった意味で、月額1万5,000円以上の保険料の払い込みを検討されている方は、一度、住友生命の担当者に確認してみることをおすすめします。

Thumb住友生命の評判は?医療保障や収入保障など主力商品を元にしっかり調査!

住友生命の保険料払い込みを一括にすることで年金額を高くする

10859941 848429465267264 16886259 n
granblue_61さんの投稿

月額1万5,000円以上の保険料の払い込みで、割引サービスもあるという特徴を持つのが、住友生命の個人年金でもありますが、さらに保険料に対する返戻率を高めたいのであれば、保険料の払い込みを一括にするのがおすすめです。住友生命の個人年金においては、月払い、半年払い、年払いといった3つの払い込み方法が準備されています。

もちろん、月々の支払いで安定的に保険料を納めていくのも選択肢の一つですが、月払いよりは半年払い、半年払いよりは一年一括払いといった形で、期間が伸びていくに連れて、保険料も安くなっていきます。したがって、同じ保険料を支払っても、受け取れる金額に差異が出てきますので、ある程度資金に余裕がある場合は年払いや半年払いをおすすめします。

住友生命の年金保険のメリット1:返戻率が高い

21224425 348311708946791 755990518420209664 n
ya7kakeiさんの投稿

さまざまな特徴を持つ住友生命の個人年金ですが、さらに具体的にメリットについて迫っていきます。最初の大きなメリットは、上記本文中でも取り上げたように、「返戻率が高い」ことです。満期まで契約を履行していくことで、少なくとも100%以上の返戻率は確実であり、平均的に見ても、106%から108%前後の高い返戻率を誇っています。

単純に住友生命の個人年金で100万円積み立てていれば、106万円から108万円前後を年金として受け取れるわけであり、銀行に貯蓄しておくよりも断然お得です。なおかつ、後ほどご紹介しますが、住友生命の個人年金の場合には死亡保障もついているという点もメリットとなります。貯蓄性もあって死亡保障もついていることが、大きなメリットと言えます。

住友生命の年金保険のメリット2:年金の受取回数を指定できる

27881403 1967797213540594 8901380142559920128 n
airuga0526さんの投稿

住友生命の個人年金には、返戻率が高いというメリットがありますが、続いては、「年金の受取回数を指定できる」といったメリットもあります。個人年金保険においては、年に1回や半年に1回など、あらかじめ指定されているケースも少なくありませんが、住友生命の個人年金の場合は、自分自身の生活に合わせて受取回数を指定できるという特徴があります。

27894243 1508520499274859 5855976720259088384 n
airuga0526さんの投稿

現在のところ、住友生命の個人年金においては、1回、2回、4回、6回、12回といった年金受取回数の選択肢があり、毎月のお給料のように支給してもらいたいという場合には、12回受取にすることで、毎月一定額の年金が振り込まれてくることになります。受取回数は年金支給開始後に変更することも可能なので、柔軟なライフプランを立てることができます。

そういった意味では、退職後に夫婦で旅行に行きたいから、一括で受け取るという選択肢を取ることもできますし、翌年以降は安定的に生活していきたいから、月受け取りに切り替えるといった選択肢を持つことができます。こういった個人年金の支給サービスを行っている保険会社はそれほど多くないので、住友生命は、貴重な保険会社と考えることができます。

Thumb住友生命の個人年金を紹介!評判や利率・解約など役立つ情報にも注目!

住友生命の年金保険のメリット3:貯蓄性が高い

26067440 159337701379346 225757547095654400 n
risingtrust_officialさんの投稿

柔軟な年金受取が可能という特徴もある住友生命の個人年金ですが、さらなるメリットとして、「貯蓄性が高い」という点もご紹介することができます。返戻率が高いというところと重なる部分もありますが、やはり、個人ではなかなか貯蓄するのが難しいという方にとっては、毎月一定額の保険料を納めることで、貯金代わりの役割も果たしてくれるのです。

さらに個人年金保険ということで、税金の控除も受けることができますし、銀行に貯金しておくよりも、高い利子つきで返還されることになるというメリットもあります。個人で積み立てを行おうと思ってもなかなか難しいのが実際のところであり、それを代行する形で貯蓄と運用を行ってくれるという点において、住友生命の果たす役割は大きなものがあります。

住友生命の個人年金のメリット4:死亡保障がある

25024217 1516535468411714 8175075175369277440 n
happy.8881016さんの投稿

さらに住友生命の個人年金の大きな特徴として、「死亡保障がある」ということを挙げることができます。一般的な生命保険会社の個人年金保険については、死亡保障がついていないケースがほとんどです。そういった中で、住友生命では死亡保障つきの個人年金保険ということで、その独自性に、大きな注目と人気が集まっています。

住友生命の個人年金は、5年、10年、15年の確定年金といった形になっており、保険料の払い込み期間中に被保険者が死亡した場合には、死亡給付金として、払い込み保険料に相当する金額を支払うことになっています。こういったサービスを付帯している個人年金保険はかなり珍しいので、これだけでも、住友生命の個人年金に加入する価値があると言えます。

特約もつけられるのが住友生命の年金保険

24838346 812130348986934 4967008422307299328 n
airuga0526さんの投稿

住友生命の個人年金においては、個人年金保険料税制適格特約や、保険料払込免除特約といった特約もつけることが可能となっています。個人年金保険料税制適格特約とは、個人年金保険料控除という形で、税金の控除を受けるための特約となります。所得税に最大4万円までの税金控除を受けることが可能となっており、節税対策としても効果的な特約です。

24332227 325128027972709 750321445057331200 n
airuga0526さんの投稿

個人年金保険料税制適格特約に関しては、無料でつけることができますので、住友生命の個人年金保険に加入する場合には、ぜひともつけておきたい特約となります。一方の保険料払込免除特約というのは、住友生命が定める介護状態、疾病、高度障害状態になった場合に、以後の保険料の支払いを免除してくれるといった内容を盛り込んだ特約になります。

21985147 118345665507935 4355958782245732352 n
katokichiroさんの投稿

一定の障害を持ってしまったり、事故や怪我、病気といった事象が発生したりしてしまった場合、それまでと同様に仕事を続けていくのが難しくなってしまうケースもあります。そうなると、収入を維持するのも難しくなってくるため、保険料の支払いが困難になってしまいます。そうした状況で役立つのが保険料払込免除特約であり、付加する人も増えています。

Thumb個人年金保険料は控除がおすすめ?税金を軽減して節税効果を高めよう!

保険料払込免除特約付加で返戻金が下がる住友生命の年金保険

事故や病気、怪我、障害といったリスクに備えて付加する人も多いのが、保険料払込免除特約でもありますが、注意点もあるので頭に入れておいてください。その注意点とは、返戻金が相対的に下がってしまうということです。もともと、保険料払込免除特約が付帯されている個人年金もありますが、住友生命の場合は特約という形で後からつけることになります。

21435476 1447623175272714 4144049949174136832 n
iijima0215さんの投稿

さらに保険料払込免除特約を付加するには、一定の付加保険料もかかってくることになるので、毎月の積み立て金額が少なくなっていきます。例えば毎月2万円の保険積み立てを行う場合、保険料払込免除特約をつけなければ、そのまま2万円が積み立てられることになりますが、特約をつける場合、その付加保険料を引いた金額が積み立てられることになります。

それが毎月積み重なっていくと、20年や30年経過した時の積み立て金額にも大きな差が出てくることになり、結果的に返戻率が下がるというデメリットが発生することになります。万一の事態に備えて、保険料払込免除特約を付加しておくのも悪い選択肢ではありませんが、こういった注意点があることを抑えつつ、付加を検討していくのがおすすめです。

住友生命の年金保険は生命保険料控除を受けられる

住友生命の年金保険に加入する際は、個人年金保険料税制適格特約をつけておくことがおすすめです。個人年金保険料税制適格特約をつけることで、生命保険料控除を受けることができるからです。生命保険料控除は所得税と住民税に分けられることになりますが、所得税については最大4万円、住民税に関しては最大2万8,000円の控除を受けることができます。

20214672 113142446003481 7699348238133886976 n
shigetomo.wさんの投稿

住友生命の個人年金保険料税制適格特約制度は、無料で付加することができるところもおすすめの特徴です。毎月1万5,000円の保険料であれば、年間合計18万円の保険料を支払っていることになり、所得税も住民税も満額の税金控除を受けることができます。こういった形で、節税を進めていくことで、より手持ち資金を有効に使えるようになっていきます。

住友生命の個人年金のデメリット1:払い込み期間が長い

24254339 293504831170375 5102353282869755904 n
airuga0526さんの投稿

メリットやさまざまな特徴もある住友生命の個人年金ですが、一方でデメリットや注意点となる事項もあるので、合わせて確認しておくようにしてください。どんな生命保険や個人年金に関しても言えることですが、メリットがあれば、それと同じくらいのデメリットや注意点もあるので、それらを踏まえた上で加入を検討していくことが求められます。

住友生命の個人年金における最初のデメリットとしては、「払い込み期間が長い」ということが挙げられます。住友生命の個人年金に限った話ではありませんが、20代や30代で加入して、60歳から65歳まで保険料を支払うことになれば、30年前後の支払い期間が設定されることになります。したがって、それだけの期間お金を工面し続ける必要があるのです。

24327204 2003613643259992 122908181461467136 n
airuga0526さんの投稿

一般的な定期保険の場合は、10年や20年で払い込み終了となる保険もありますが、個人年金に関してはそういうわけにもいきませんので、しっかりと計画を立てた上で、加入する必要があります。途中で見直しをするのも難しいタイプの保険であり、中途解約をしてしまうと元本割れを起こしてしまうリスクがあるのも、個人年金保険における注意点となります。

住友生命の個人年金のデメリット2:自由に引き出せない

18512572 275274726276298 4795902027655806976 n
asu_miichanさんの投稿

続いての住友生命の個人年金のデメリットとしては、「自由に引き出せない」ことが挙げられます。これも当然のことですが、個人年金として支払われた保険料は、保険会社が運用することになります。長期間にわたって運用してくれるからこそ、返戻金を受け取る時に、100%を超える返戻率でお金を受け取ることができるのです。

そういった意味で、銀行預金のように、自由にいつでも引き出せるお金ではありませんので、所定の年次になるまでは、いったんなくなったお金だと思っておくのが無難です。本当にお金がなくなるわけではありませんが、60歳や65歳になるまでは、自由に使えるお金ではないので、そういった意味も込めて、しっかりと把握しておくべき注意点となります。

Thumb個人年金保険の仕組みを解説!デメリットも理解して老後資金を蓄えよう!

住友生命の個人年金のデメリット3:中途解約で元本割れを起こす

続いての住友生命の個人年金のデメリットとしては、「中途解約で元本割れを起こす」リスクがあるという注意点を挙げることができます。上記でもご紹介したように個人年金は、一定期間の運用があって初めて、100%を超える返戻金を支給できるようになるタイプの保険です。それを途中で解約されると、運用期間も短くなるので、返戻金も少なくなります。

24124957 360079074416747 7734737136565354496 n
hokenclinic310さんの投稿

運用期間が長くなれば長くなるほど返戻率も上昇していきますが、加入後すぐに解約をしてしまったり、40代や50代前半といった比較的浅い年齢で解約をしてしまうと、解約返戻率が70%台から80%代に落ち込むということも少なくありません。そういった注意点を把握しておくことで、中途解約にならないように計画的に資金を用意しておくことが重要です。

住友生命の個人年金契約後10年経過で払済保険に変更可能

23970224 904886373002210 5980675336147304448 n
airuga0526さんの投稿

さまざまな注意点やデメリットもあるのが、住友生命の個人年金の特徴ですが、さらなる住友生命の個人年金の特徴として、契約後10年経過で払済保険に変更できるというものがあります。払済保険とは、何らかの理由や事情によって、保険料の支払いが困難になった場合に、その時点で保障額を減らして、保険料の支払いをストップすることを指します。

22157913 521782644826452 1969250042883604480 n
kikimimi1224さんの投稿

保険料払込免除特約と似ている部分もありますが、払済保険の場合は、病気や怪我、障害を負っていなくても変更することができるという特徴があります。反対から注意点として考えれば、契約から10年経過しなければ払済保険に変更することもできませんので、少なくとも10年は保険料を払い続けられるように、しっかりと計画を立てておくことが大切です。

据え置き期間を作れば返戻率を上げられる住友生命の個人年金

デメリットや注意点に目を当てて、冷静に住友生命の個人年金について分析していくことが重要です。そういった中で、住友生命の個人年金のさらなる特徴として、保険金の受け取りに据え置き期間を設けることで、さらに返戻率を上げることができるといった特徴もあります。つまり、年金受取開始年齢を1年でも後ろに遅らせるということです。

20067071 277595732648756 8653185273993101312 n
airuga0526さんの投稿

基本的に住友生命の個人年金の年金受取開始年齢は、60歳や65歳といった年齢になっていますが、それを66歳、67歳、70歳といった形で、数年ずつ後ろにずらしていくことで、受け取れる保険料の金額もアップしていくということです。受取開始年齢をずらすことで、保険会社側の運用期間も長くなるので、その分、受取金額もアップするというカラクリです。

住友生命の個人年金は所得控除としても活用できる

23164035 141796253127716 514993989271683072 n
dgu.dctさんの投稿

住友生命の個人年金に関しては、所得控除を受けることも可能です。所得控除を受けるためには、個人年金保険料税制適格特約を付加する必要がありますが、個人年金保険料税制適格特約を付加するためには、注意点となる条件があるので、ご紹介していきます。その条件としては、まず保険料の払い込み期間が10年以上である必要があります。

さらに、年金の受取期間が10年以上、そして年金の受取開始年齢が60歳以上、年金の受取人が保険契約者本人または配偶者の場合に限られていますので、こういった注意点をしっかりと把握しておくようにしてください。これらの条件を満たせない場合には、個人年金保険料税制適格特約を付加することもできず、所得控除も受けられなくなってしまいます。

一般的には上記のような注意点となる条件に関しては、保険会社の担当FPから説明がありますので、しっかりと聞くようにしておいてください。実際に所得控除対象となれば、所得税から最大4万円、住民税から最大2万8,000円の税金控除を受けることができて、とてもお得な保険となります。こういった特徴も踏まえて、契約を結ぶようにしてください。

Thumb個人年金保険ランキング!利率や戻り率の高いおすすめプランを調査!

老後の生活資金としても役立つ住友生命の個人年金

さまざまな特徴やメリット、デメリット、注意点もあるのが住友生命の個人年金でもありますが、やはりなんと言っても、老後の生活資金として役立てることができるのが魅力的な保険でもあります。総務省の調査によれば、60歳以上の夫婦2人の月額支出平均が24万7,000円というデータもあります。

26871128 566159073764746 5513100968394227712 n
kakeishindanshi_officialさんの投稿

これはあくまでも平均的なデータであり、さらに多くの生活資金が必要な方もいるでしょう。そういった中で、国民年金や厚生年金だけでは不安だという人も増えており、住友生命の個人年金のような保険が人気を呼んでいるのです。個人年金受給額を増やすには、できるだけ若いうちに加入しておくのがおすすめであり、20代や30代前半で入るのが得策です。

住友生命の個人年金には計画的に契約する

26868713 326532791186039 2578521313081556992 n
kakei.solaさんの投稿

デメリットの箇所でも取り上げたように、住友生命の個人年金に関しては、中途解約してしまうと元本割れを起こすリスクもあります。そういったデメリットから言えることは、計画的に契約することが重要だということです。30年以上にも及ぶ長期契約になる可能性もあるわけなので、無理のない資金計画を立てて、途中で解約しないことがおすすめです。

住友生命の個人年金は満期まで契約しておくことが重要

26155386 883283461850460 1408305787649916928 n
nabesakashizuoさんの投稿

デメリットや注意点を把握した上で、最後のまとめとしてアドバイスできるのは、住友生命の個人年金は満期まで契約しておくことが重要だということです。10年や20年といった定期保険などと異なり、個人年金保険の場合は、満期まで契約することで、メリットを享受することができます。そういった資金繰りを上手く行っていくようにしてください。

住友生命の個人年金の特徴について知る

14487341 1849302211956909 8959322111831179264 n
__n__y__y__13さんの投稿

住友生命の個人年金について、メリット、デメリット、注意点なども含めてご紹介してきましたが、そういったあらゆる特徴を抑えておくことが重要です。今後、いろいろなタイプの保険について検討していく上でも、こういった知識は無駄になりませんので、積極的に蓄えていくことをおすすめします。

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ