生命保険は相続税対策にもおすすめ!非課税枠を有効活用して節税しよう!

生命保険は相続税対策にもおすすめすることができます。そういった生命保険を、非課税枠として有効活用していく方法について、詳しくご紹介していきます。相続税対策にお悩みの方も、簡単にできる節税対策として、ぜひ参考にしてください。

生命保険は相続税対策にもおすすめ!非課税枠を有効活用して節税しよう!のイメージ

目次

  1. 生命保険を相続税対策として有効活用しよう
  2. まずは基本から!生命保険とは?
  3. 相続税とは何かを知ろう
  4. 相続税対策として効果的な生命保険
  5. 生命保険金は相続税の課税対象になる
  6. 生命保険の相続税には基礎控除も含まれる
  7. 配偶者控除が1億6000万円まで認められる生命保険の相続税
  8. 受取人によって変わる生命保険の相続税
  9. 生命保険を相続税対策として活用する上で知っておきたい仕組み
  10. 生命保険の死亡保険金には非課税枠がある
  11. 生命保険の相続税対策をしておくことで相続争いを防げる
  12. 相続税の納税資金に充てることも可能な生命保険金
  13. 生前贈与も効果的な生命保険の相続税対策
  14. 法律上の区分も異なる生命保険の相続税
  15. 平成27年から相続税率の改正を実施
  16. 生命保険の解約返戻金も相続税の対象となる
  17. 貯蓄型の終身保険が相続税対策として効果的
  18. 相続税以外にも贈与税や所得税がかかる生命保険金
  19. 生命保険料を一括で払うことで節約を図る
  20. 一時所得の生前贈与も効果的な生命保険の相続税対策
  21. 相続税の有効非課税枠を活用して節税を進める
  22. 生命保険の相続税対策を着実に実行する

生命保険を相続税対策として有効活用しよう

生命保険を相続税対策として活用できることを知っているだけで、お得に使える手持ち資金が劇的に増えることになります。さまざまな節税対策の中においても、生命保険の相続税対策はとても効果的な節税策となります。基礎控除や配偶者控除などを理解しておくことで、有効非課税枠をしっかりと利用して、相続税対策を着実に実行していきましょう。

まずは基本から!生命保険とは?

節税対策として有効非課税枠の活用方法に入っていく前に、生命保険とは一体どういった類のものなのか確認していきます。生命保険とは、私たちの日々の中において、日常的に起こり得る怪我や病気、人の死亡に対して引き起こされる損失や、経済的負担といったリスクに備えるために存在する保険です。特に、人の死亡時に受け取れる保険のことを言います。

生命保険の根本的な仕組みとして、加入者全員でお金となる保険料を出し合うことによって、怪我や病気、人が亡くなった時に必要となる資金を提供していくという考え方になります。現在、日本全国では約80%以上の方が生命保険に加入しているとも言われており、生命保険に対する意識が高い国としても、世界に誇れる地位に存在しています。

26153584 2148088955438011 119246777676201984 n
pts6222さんの投稿

もともとの日本人の性分としても、万一に備える、何かあった時のための蓄えという考え方が根強くなっており、そういった意味でも、生命保険に対する意識の高さをうかがうことができます。いつ何か起きるかわからないという状況に対しては、貯蓄をするよりも、保険で備えておいた方が効果的だという側面もあることから、生命保険の人気が高まっています。

Thumb生命保険受取人の選び方!相続人と他人で違う税金から名義変更まで解説!

相続税とは何かを知ろう

28433926 897544517085619 6070344581021433856 n
mugen24649さんの投稿

生命保険について把握することができたら、続いては相続税について確認していきます。相続税とは、遺言や相続によって亡くなった方の遺産を引き継ぐ際に、遺産総額の金額が大きくなった時にかかってくる税金のことを言います。相続税においては、税金がかかる最低ラインの金額設定が行われており、そのラインを超えなければ申告する必要はありません。

その相続税の基礎控除となる部分の計算式については、「3000万円+(600万円×法定相続人の数)」となっており、それを超えない範囲の相続金に対して、税金がかかることはありません。つまり、有効非課税枠として活用することができるので、覚えておくことが大切です。土地や財産の種類によって、評価が変わってくることもあるのが相続税となります。

また、相続税に関しては、相続人と被相続人(故人)の関係や相続人の人数によって、有効非課税枠の考え方が変わってくる部分もあります。さまざまな計算式を用いた上で、有効非課税枠を算出して、節税を進めていくことができますので、そういった一つ一つの部分を軽視することなく、適切に頭に入れていくようにしてください。

相続税対策として効果的な生命保険

生命保険と相続税について、それぞれ基本となる考え方をご紹介してきましたが、その相続税対策として効果的なのが生命保険であり、両者の相性は決して悪いものではありません。万一に備えて、生命保険に加入しておくのは賢明な判断であり、最初にもご紹介したように、貯蓄に回しておくよりは、大きなメリットを得られる可能性も高くなっていきます。

そのためには、相続税の有効非課税枠となる部分を適切に把握しておき、できれば簡単な計算式についても頭に入れておくことが求められます。生命保険の死亡保険金に関しても、複数にわたる控除の仕組みが整っており、そういった仕組みを把握していくことで、効果的に節税を進めていくことができるので、きちんと頭に入れていくようにしてください。

Thumb生命保険見直しのポイントと注意点!保険料を節約したいのならおすすめ!

生命保険金は相続税の課税対象になる

28429522 204578410291977 7317659021433896960 n
asadakaikeiさんの投稿

まず、生命保険金は相続税の課税対象になるということを頭に入れておいてください。基礎控除や配偶者控除、その他もろもろの控除はありますが、基本的には、相続税の課税対象になるというところからスタートしていきます。その考え方として、生命保険の死亡保険金は「みなし相続財産」という形で、相続税の課税対象になってくるのです。

28159134 1645046648921581 3958487420453781504 n
asadakaikeiさんの投稿

ただし、生命保険の死亡保険金には有効非課税枠も用意されており、「500万円×法定相続人の数」においては、課税対象から外されることになります。生命保険の死亡保険金は、遺された家族の生活を守るための大切な財産でもあり、そういった財産に対して税金をかけるのはいかがなものなのかといった視点から、有効非課税枠が設けられることになりました。

基本的に、法定相続人として計算に含めることができるのは、子供や配偶者(夫や妻)といった人物であり、独身の場合であれば両親、両親が亡くなっている場合には兄弟姉妹といった方たちが、法定相続人として扱われることになります。生命保険の有効非課税枠を活用していくためには、事前に誰が法定相続人になり得るのか、確認しておくことも大切です。

生命保険の相続税には基礎控除も含まれる

28155378 1938509476463564 6842637811749748736 n
asadakaikeiさんの投稿

生命保険の死亡保険金に対して有効非課税枠が存在しますが、生命保険にかかる相続税に対しても基礎控除となる有効非課税枠が準備されています。この基礎控除に関しても、遺された家族の生活を守るために準備された制度となっており、死亡保険金に対しての有効非課税枠と合算して、節税を進めていくことができるようになっています。

相続税の基礎控除の計算式としては、相続税に関する段落でもご紹介したように、「3000万円+600万円×法定相続人の数」となっています。こちらは、2014年12月31日までは、「5000万円+1000万円×法定相続人の数」となっていたのですが、税制改正に伴って、以前に比べて基礎控除となる有効非課税枠が、縮小される形になってしまいました。

27891913 209589682930716 3480014238179655680 n
tomikouesugiさんの投稿

つまり、その分、生命保険の死亡保険金を受け取った際に、相続税の対象となる方が増えたということになりますので、注意しておく必要があります。誤って、自分は相続税の対象外だと判断してしまうと、無申告加算税の対象となり、余計に多くの税金を支払わなければならなくなってしまう可能性もあるので、十分に注意するようにしておいてください。

配偶者控除が1億6000万円まで認められる生命保険の相続税

27890906 177985182811186 4802807321455493120 n
tamaruhiroko30さんの投稿

基礎控除としての有効非課税枠もある相続税ですが、それ以外にも、配偶者控除と呼ばれる有効非課税枠があります。生命保険の相続税に関する内容においても、最大の重点ポイントとなりますので、しっかりと頭に入れておくことが大切です。というのも、控除枠が1億6,000万円ということで、とてつもなく莫大な有効非課税枠が設定されているからです。

配偶者とは文字通り、夫や妻のことで婚姻関係にある人のことを差します。そういった夫婦関係にある方たちは、お互いに助け合いながら共同生活を送っていくことになるので、財産を形成していくためにもお互いが大きな役割を果たすことになります。その功績や協力関係を称える上で、遺された配偶者の生活を守るために莫大な控除枠が設定されているのです。

したがって、配偶者の方が生命保険金を受け取る際には、1億6,000万円までは課税対象から外されることになります。たとえ、1億6,000万円を超える金額を受け取った場合でも、その他の法定相続に関する基礎控除や、死亡保険金に設定されている有効非課税枠を活用していくことで、効果的に節税を進めていくことができるようになっています。

Thumb生命保険料控除とは?住民税が安くなる仕組みや制度・メリットを解説!

受取人によって変わる生命保険の相続税

生命保険の死亡保険金と相続税の関係性を理解していく上においては、税金の仕組みも把握しておく必要があります。それは、死亡保険金の受取人を誰にするかによって、税金の種類も変わってくるということです。例えば、保険料の負担者が妻で、被保険者が夫、そして受取人が妻の場合は、死亡保険金を受け取った際に、妻に所得税がかかることになります。

27891275 1530772103702915 4631755571672907776 n
takaaki136shinさんの投稿

その場合は当然、相続税に設定されている1億6,000万円の配偶者控除を利用することができません。税金の種類を相続税として、生命保険金の受け取りをしたい場合には、保険料の負担者と受取人を別々にする必要があります。例えば、保険料の負担者と被保険者を夫、受取人を妻や子にすれば、妻や子に相続税が課されることになるので覚えておいてください。

26869707 150190305628616 3955003635041042432 n
shimeda_incさんの投稿

死亡保険金に対して、相続税がかかるような契約形態にしておくことで、節税対策も大幅に加速させていくことができます。死亡保険金には、有効非課税枠が設定されており、さらに保険金の受取人を配偶者に設定しておくことで、配偶者控除も利用することができます。こういったメリットを活かしていくことで、節税を進めていくのが効果的だと言えます。

生命保険を相続税対策として活用する上で知っておきたい仕組み

26401844 711643165890573 1756825263980675072 n
yuuki_inoueさんの投稿

上記でもご紹介したように、生命保険には、保険料の負担者、被保険者、保険金の受取人を誰に設定しておくかによっても、かかってくる税金が変わってきます。節税を進めていく上で、生命保険にかかる税金の種類を相続税にしておくのが、一番賢明な判断であり、遺産相続を行う人たちにとっても、メリットの大きいタイプの税金と言うことができます。

一番良くないのは、贈与税がかかるような契約形態にしてしまうことであり、死亡保険金の受け取りに際して、多額の税金がかけられることになっていきます。例えば、保険料の負担者が夫で、被保険者が妻、受取人を子供に設定しておいた場合、妻が亡くなった際に、子供に対して、多額の贈与税が課されることになるので、注意しておいてください。

生命保険の死亡保険金には非課税枠がある

26371065 731986177001057 5860582651777253376 n
shimeda_incさんの投稿

生命保険の死亡保険金の受け取りに際して、税金の種類を相続税にすることのメリットとしては、有効非課税枠があることが挙げられます。本文中でも取り上げた基礎控除や配偶者控除の他にも、債務控除などが存在します。債務控除とは、被相続人(故人)が抱えていた借金や被相続人の葬儀にかかった費用なども、相続税の控除に含めることができる控除枠です。

28435521 187453195363222 1303841621686616064 n
232okanさんの投稿

例えば、配偶者を死亡保険金の受取人に設定しておき、法定相続人が3人いると仮定します。その場合、生命保険非課税枠が、「500万円×3人=1,500万円」ということになります。さらに、相続税の基礎控除枠として、「3,000万円+600万円×3人=4,800万円」の有効非課税枠を利用することができます。

さらに、配偶者控除として、1億6,000万円分の控除を行うことができます。これだけで、「1,500万円+4,800万円+1億6,000万円=2億2,300万円」の控除枠を利用して節税を進めることができます。さらに、葬儀費用として300万円かかった場合には、それも含めて、合計2億2,600万円分を、有効非課税枠とすることができるのです。

生命保険の相続税対策をしておくことで相続争いを防げる

26869528 143111123034986 6511502516197261312 n
harharuharuyaさんの投稿

生命保険の税金対象を相続税にしておくことで、さまざまな控除枠も活用することができてお得感満載ですが、さらにその他の部分においても、相続税対策として効果的な部分があります。それは遺された家族、親戚間における相続争いを未然に防ぐことができるというメリットです。相続をめぐって、家族間や親戚間で言い争いになるというケースもあります。

そういった争いを、未然に防ぐという点で効果的なのが生命保険の死亡保険金制度です。一般的に、被相続人(故人)の財産を相続する場合には、遺言書がなければ、遺産分割協議を行う必要があり、その協議の段階でトラブルになることが多いのです。とりわけ、弁護人を介さない形での話し合いになると、平行線をたどったままになるケースも少なくありません。

26866374 342964436186704 7444850788528029696 n
asadakaikeiさんの投稿

そういった中で、生命保険の死亡保険金に関しては、あらかじめ保険金の受取人が明確に定められているので、遺産の分割などを巡って、不要な争いになることもありません。保険金の受取人は、法律上で定められた明確な受取人であり、それ以上何を言っても覆ることがないからです。そういった意味でも、生命保険に加入していくのは得策だと言えるのです。

相続税の納税資金に充てることも可能な生命保険金

その他、生命保険の保険金に関するメリットとして、相続税の納税資金に充てることも可能となっています。例えば、相続財産の中に、土地や不動産といったものがある場合に効果を発揮してくれます。土地や不動産に対しても、相続税がかかることになっており、その相続税は基本的に、人が亡くなってから10ヶ月以内に納めることが義務付けられています。

そういった中で、簡単に土地や不動産が売れなかった時に役立つのが、生命保険の死亡保険金なのです。生命保険会社の担当窓口に、死亡保険金の請求手続きを行うことで、1週間程度で保険金の受け取りを行うことができます。その保険金を、土地や不動産の相続税として充填することで、10ヶ月以内の支払いにも十分に対応することができます。

生前贈与も効果的な生命保険の相続税対策

26303667 176876286253117 2084211744573489152 n
meubishさんの投稿

生命保険の相続税対策という点に関しては、生前贈与をすることによって、節税を進めていく方法も効果的だと言えます。生前贈与であれば、年間110万円までの基礎控除枠が設定されており、亡くなった時に、一気に相続するよりも、段階的に節税を進めていくことができるのです。生命保険を活用することで、生前贈与を行うことも可能となっています。

生命保険契約によって、資産の生前贈与を行う場合には、契約者と受取人を子供に設定しておき、被保険者を両親にしておきます。そうして、子供が管理している口座へ両親が保険料を振り込むことで、生前贈与を行うことができます。生前贈与においては、個人年金保険や終身保険が対象となりますので、あらかじめ確認するようにしておいてください。

法律上の区分も異なる生命保険の相続税

26180670 140831366597080 6155678743605018624 n
cofufunさんの投稿

生命保険の相続税に関しては、法律上の区分も異なるという特徴があります。それは、純粋な法律の問題と、いわゆる税法と呼ばれる税金の問題が含まれているためです。法律上の問題は、民法上の権利の問題であり、誰が相続人となり、何が相続財産になるのか、遺産分割はどのように行うのかといった部分に関する、権利や義務に関する内容です。

一方で、税法上の税金の問題が、いわゆる相続税のことであり、生命保険の死亡保険金は課税対象になるのか、有効非課税枠はどのくらい設定されているのかといった問題となります。どちらの法律上の問題も重要な項目であり、それぞれの区分に応じた法律上の課題をクリアしていくことで、節税を進めた上で、死亡保険金の受け取りを行うことができます。

平成27年から相続税率の改正を実施

26181510 1271704909596297 4030887602558074880 n
asadakaikeiさんの投稿

相続税率に関しては、平成27年1月1日以降、税制改正が施行されましたので、頭に入れておくようにしてください。その内容として、改正前の基礎控除枠が「5000万円+1000万円×法定相続人の数」だったのに対して、改正後は「3000万円+600万円×法定相続人の数」に縮小されることになりました。この改正によって、相続税の対象範囲が拡大しています。

生命保険の解約返戻金も相続税の対象となる

生命保険の相続税という点に関しては、保険期間の満期を迎える前に解約した場合に受け取る解約返戻金に対しても、相続税の対象になりますので、覚えておいてください。解約返戻金が支払われた後に被相続人が死亡した場合、解約返戻金は、有効非課税枠の対象には含まれないので注意が必要です。できれば、満期を迎えるまで継続しておきたいところです。

貯蓄型の終身保険が相続税対策として効果的

26068031 770866249765844 7639957915696103424 n
jiyukokuminsyakousikiさんの投稿

相続税対策として、生命保険の節税を進めていく上では、貯蓄型の終身保険に加入するのが効果的となっています。保険には、主に定期型と終身型の2種類のタイプがありますが、終身型であれば、生涯にわたって死亡保障を受けることができます。定期型の場合、契約期間満了時に更新手続きを行わないと、死亡保障を受けることができなくなってしまいます。

26067648 203384563559077 2307854986643505152 n
asadakaikeiさんの投稿

そういった意味で終身保険の方にメリットがあるのと同時に、契約形態を貯蓄型にしておくことで、支払った保険料を積み立てていくことができます。保険料が掛け捨てとなるタイプの終身保険もありますが、保険料の支払い金額と、受け取り金額の乖離を見た時には、貯蓄型の方がメリットがあると考えることができます。

相続税以外にも贈与税や所得税がかかる生命保険金

25022757 2038235636501474 413192063081775104 n
asadakaikeiさんの投稿

生命保険の死亡保険金受け取りに関しては、契約者と被保険者、受取人の関係によって、贈与税や所得税といった税金がかけられることになっていきます。この辺の税金の種類と、何がメリットで、何がデメリットなのかという点についても把握しておくことが大切です。所得税や贈与税よりも、相続税の方が、大きな税制優遇措置を受けることができます。

相続税にするには、例えば契約者と被保険者を夫にしておき、受取人を妻や子にすることがポイントとなります。とりわけ、受取人を被保険者の配偶者に設定しておくことで、1億6,000万円もの配偶者控除を受けることができますので、その辺も考慮した上で、保険契約を結んでいくことをおすすめします。

Thumb生命保険料控除の計算方法を解説!自分でできる?簡単な手順も紹介!

生命保険料を一括で払うことで節約を図る

25015516 1827450500886512 8716407566252376064 n
maririnco_owさんの投稿

お金の節約という点に関しては、生命保険料を一年一括払いで支払ってしまうのが得策と言えます。手持ち資金に余裕がある場合には、一括で支払ってしまうと良いでしょう。保険料の納付方法としては、一般的に、月払いか半年払い、一年払いといった選択肢が用意されています。月払いよりは、半年払いや一年払いの方が、保険料の割引が適用されます。

24331948 1482659551787386 3194675831012065280 n
sozokuhappinessさんの投稿

そういった形で保険料の納付金額を抑えていくことで、将来的に受け取れる死亡保険金額を増やすことも可能となります。資金に余裕がある場合は、一括払いも検討した上で、加入する生命保険サービスを考えていくと良いでしょう。

一時所得の生前贈与も効果的な生命保険の相続税対策

23507627 498144470584678 8132040908733415424 n
kei830yoさんの投稿

相続税に関する節税を進めていく上では、一時所得の生前贈与を進めていくことも効果的な対策となります。一時所得とは、懸賞や福引きの賞金といったものや、競馬や競輪の払戻金など、資産の譲渡によって得た収益ではなく、一時的に得た所得のことを指します。生命保険の場合は、契約が満期を迎えて、満期保険金を受け取った際に一時所得と見なされます。

23416619 1932693770314252 8884617576693366784 n
akitn521さんの投稿

そういった一時所得に関しても、生前贈与を活用していくことで、年間110万円までであれば、課税対象から外されて、節税を進めていくことができます。子供や孫などを合わせて、複数人に生前贈与を行っていくことで、一気に財産分与する場合よりも相続税を安くすることができるので、実行する価値がある考え方となっています。

Thumb生命保険ランキング!女性向けから貯蓄型・掛け捨てまで人気商品を網羅!

相続税の有効非課税枠を活用して節税を進める

22860507 126792304700496 3834776574029201408 n
sozokuhappinessさんの投稿

相続税には、基礎控除や配偶者控除などを含めて、複数の有効非課税枠が設定されています。そういった有効非課税枠を効果的に活用して、節税を進めていくのがおすすめです。契約者や被保険者、受取人の関係によっても、死亡保険金にかかってくる税金の種類が変わりますので、その辺も踏まえた上で対策を進めていってください。

生命保険の相続税対策を着実に実行する

22500592 495210084187438 8180132993281556480 n
kayodesuyoroshikuさんの投稿

生命保険にかかる相続税に関する知識と、具体的な対策を頭に入れていくことで、それを着実に実行していくことが求められます。そうすることで、手持ち資金を増やすことができて、残された家族の生活も安定して過ごしていくことができます。まずは、どういった対策ができるのか考えて、一つずつ実行していきましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ