デビットカードを海外で使うならコレ!国外使用可能のカード比較!

デビットカードは日本ではあまり浸透していませんが、実は海外で利用するにはとても便利です。国外でも利用できるVISAやJCB発行のデビットカードは様々です。こちらでは海外利用でおすすめしたいデビットカードを比較して徹底解説します。

デビットカードを海外で使うならコレ!国外使用可能のカード比較!のイメージ

目次

  1. 海外に行くならデビットカードが便利!
  2. デビットカードの仕組みを知ろう
  3. デビットカードとクレジットカードの違い
  4. 国際キャッシュカードとデビットカードの違い
  5. 海外でデビットカードを利用するメリット
  6. 海外なら現金よりもデビットカードが安心?
  7. 海外で使えるデビットカードとは
  8. 要注意!海外で使えないJ−Debitのデビットカード
  9. デビットカード、海外ならVISA?JCB?
  10. 海外利用できるデビットカードを年会費で比較
  11. 海外利用できるデビットカードを年齢で比較
  12. 海外でデビットカードを利用する際の手数料
  13. 海外利用でキャッシュバックされるデビットカードも
  14. 海外でおすすめのデビットカード1:楽天銀行
  15. 海外でおすすめのデビットカード2:ジャパンネット銀行
  16. 海外でおすすめのデビットカード3:ソニー銀行
  17. 海外でおすすめのデビットカード4:スルガ銀行
  18. 海外でおすすめのデビットカード5:セブン銀行
  19. 海外でおすすめのデビットカード6:住信SBIネット銀行
  20. 海外渡航前に確認しよう!デビットカードの注意点
  21. 利用できるATMはどうやって見分ける?
  22. ATM独自の手数料が設置されている場所に注意
  23. ATMの利用可能時間に注意しよう
  24. デビットカードにもデメリットはある
  25. 海外でデビットカードをお得に活用しょう

海外に行くならデビットカードが便利!

28156201 343681799483924 5883462629757812736 n
keinohaneさんの投稿

海外では現金よりもカードを利用する方が便利ですが、クレジットカード以外にもデビットカードを利用するという選択肢もあります。ここでは海外でデビットカードを利用することのメリットや、国外でも利用できるデビットカードの種類、またそれらの特徴を比較していきます。今後海外へ行く予定の方は参考にしてください。

デビットカードの仕組みを知ろう

デビットカードはクレジットカード同様キャッシュレスである上その場で引き落としとなり、さらに口座残高分の範囲内で利用するという点から使いすぎることもなく安心です。特に未成年に対しての需要は厚く、高校生でも利用できるデビットカードも多数あり、海外留学や学生旅行の際に重宝されています。

デビットカードとクレジットカードの違い

27573771 215391832363233 5165464786447630336 n
tomomi.kojaさんの投稿

デビットカードとクレジットカードの最大の違いは引き落としのタイミングです。クレジットカードが事後請求であるのに対してデビットカードは即日引き落としです。分かりやすく言えばクレジットカードは借金をしてお金を使い、デビットカードは預金残高の範囲内でお金を使うということになります。そのためデビットカードには分割払いなどはありません。

Thumbクレジットカードとデビットカードの違いを比較!上手な使い分け方法は?

国際キャッシュカードとデビットカードの違い

海外でお金を引き落とす手段の一つとして、デビットカードやクレジットカードの他に国際キャッシュカードという選択肢があります。国際キャッシュカードは国内の銀行で現金を引き出すのと全く同じ仕組みです。デビットカードのようにカードを出して決済をすることはできません。

12797624 990795901004418 258777424 n
yo.millionaireさんの投稿

子供の留学や海外旅行に国際キャッシュカードを選ぶ親も多くいます。しかし現金を引き出す際にいちいち手数料がかかったり、子供に海外で現金を持ち歩かせること事態への危険があったりする一方、デビットカードはこれらを解決してくれるので比較的おすすめです。

12822294 448708111990910 1582456506 n
yo.millionaireさんの投稿

国際プリペイドカードというものもあります。これは予め日本でお金をカードにチャージしておくシステムで、電子マネーのようなものです。電子マネーは他のカードと比較すると誰でも簡単に利用できてしまうので高額のチャージにはあまり向きません。子供の短期留学などにおすすめです。

ThumbVisa payWaveとは?海外で便利な電子マネー!日本で使える店は?

海外でデビットカードを利用するメリット

海外でデビットカードを利用するメリットとしては外貨両替の必要がないという点が挙げられます。外貨両替では手数料を取られたり、海外から戻る際に小銭が余ったりすることがありますが、小銭は日本円へ換金することができません。しかしデビットカードならそのような無駄な出費も避けられます。

916425 1147450641941339 910354232 n
yo.millionaireさんの投稿

さらに未成年の海外留学には大変便利です。子供にクレジットカードを持たせるのは心配だという親は多いかと思いますが、預金の範囲内でしか利用ができないデビットカードなら使い込みすぎることもなく安心です。15歳から申し込めるデビットカードが多く、厳しい審査を受ける必要もありません。

10731831 432609403597230 1613725341 n
yo.millionaireさんの投稿

現金の方がどこでも利用できて安心だと思う方も多いかもしれません。もちろんデビットカードを利用する際も少額の現金は持ち歩いた方が良いですが、国外で利用可能なデビットカードはVISAやJCBといった国際ブランドが展開しているのでレストランやコンビニなど利用できる場所の幅はクレジットカードと同様に広いです。

海外なら現金よりもデビットカードが安心?

26070631 189300311812430 7831185669488640000 n
minimalist._.phさんの投稿

デビットカードには現金にはない補償がついているというメリットもあります。例えば財布が盗難に遭って戻ってこなかったとき、現金を回収するのは難しい場合がありますが、ほとんどのデビットカードはそういった場合に備えた補償がついています。紛失した際もすぐに利用停止にすることができるので安心です。

海外で使えるデビットカードとは

25017367 1466514203463461 378078248715681792 n
zettaikaseguさんの投稿

国外で利用可能なデビットカードはVISA・JCBの国際ブランドが発行するものになります。デビットカードは日本では残念ながら、クレジットカードほど深く浸透していないため種類や発行機関は限られていますが、VISA・JCBでデビットカードを作ればもれなく海外でも利用可能になると考えて良いでしょう。

要注意!海外で使えないJ−Debitのデビットカード

21980533 341071099686374 7306391836157804544 n
jingdasentianさんの投稿

注意するのは現在銀行金融機関がキャッシュカードに付帯しているデビット機能として提供するJ−Debitは国外利用ができません。J−Debitは多くの国内の銀行のキャッシュカードに付帯さているので国外利用できると勘違いしてしまう人も多いようですが、利用できないので注意してください。

デビットカード、海外ならVISA?JCB?

11909435 864056943664214 220291174 n
yumi__ning0121さんの投稿

デビットカードを作る際に国際ブランドをVISAかJCBかで迷う方もいますが、発行元の銀行によってVISAとJCBそれぞれどちらで作成できるかが異なります。一般的に国外利用ならVISAの方が普及率が高く便利と言われますが近年では都会であればJCBもそれほど大差なく普及してきています。

18161564 607661182737859 6965977392611328000 n
naosan1218さんの投稿

海外でも都心へ行くならVISAとJCBで迷う必要はないと言えます。田舎に行くので心配という方はVISAを選んだ方が無難ですが、まずは自分が一番利用しやすい銀行のデビットカードを選び、その銀行が発行する国際ブランドに追随するのが良い選び方だと言えます。

28152684 703155940074074 6015215068004745216 n
a_matsumoto0819さんの投稿

ベストなのはデビットカードをVISAで持ったら、予備としてJCBの国際ブランドのデビットカードを持つか、もしくはJCBのクレジットカードを持っておくなど両方利用できるようにしておくことです。デビットカードは年会費や入会費が無料のものが多数あるので、利用するのは一枚にして万が一の際の緊急カードとして持っておくだけでも安心です。

ThumbVisaデビットカードを比較!おすすめの一枚はどれ?使い方も解説!

海外利用できるデビットカードを年会費で比較

デビットカードを作る際の比較ポイントとして、まずは年会費が挙げられます。年会費無料のデビットカードもあれば年齢や利用回数に応じて年会費がかからなくなるデビットカードもあります。

海外利用できるデビットカードを年齢で比較

12558552 1164305243579952 465280487 n
yo.millionaireさんの投稿

実際にデビットカードを作る際どこを比較して選べば良いのでしょうか。学生であるならばまずは年齢です。多くのデビットカードは15歳から利用可能ですが中には高校生不可のデビットカードもあります。学生の場合は年齢を比較して絞りましょう。

海外でデビットカードを利用する際の手数料

25036345 1632666056792257 3688386616654561280 n
zettaikaseguさんの投稿

国外でデビットカードを利用する際は通常、海外事務手数料と呼ばれる手数料がかかります。これは支払いをした際に支払い金額に応じて上乗せされる数パーセントの手数料で、デビットカードの種類によって異なります。海外事務手数料は支払い額によって変動するので、現地のレートに左右されます。

ATMでデビットカードから現地通貨を出金する場合にも海外事務手数料がかかります。また現地の海外事務手数料とは別にATM手数料がかかる場合もあります。ですのでデビットカードが使える場所なら、極力現地通貨の出金はせずにデビットカードで払う方がお得です。

12502007 137558649960055 1627776107 n
yo.millionaireさんの投稿

現地通貨を引き出すなら、デビットカードを利用せずに外貨両替所を利用する方がいいのでは、と思う方もいるかもしれませんが、多くの場合現金はデビットカードから引き出す方が安く済みます。デビットカードの海外ATM手数料は200円前後ですが、両替所だと倍近くかかってしまうことが多いです。

海外利用でキャッシュバックされるデビットカードも

23101438 647875398936097 1128474142736121856 n
kagayashioさんの投稿

デビットカードでもクレジットカード同様にポイントが貯まるものやキャッシュバックされるものが増えてきています。国外利用でも還元があれば現金利用よりもはるかにお得になるといえます。またATM手数料でポイントバックがあるカードなどもあります。

海外でおすすめのデビットカード1:楽天銀行

18444925 815047388695575 1634452183904681984 n
toruchan54さんの投稿

楽天銀行の発行するデビットカードには様々なメリットがあります。まずはVISAとJCBが自由に選択可能という点です。デビットカードはどちらか一方のみしか提携していない場合が多いので選択できるのは嬉しいポイントです。JCBとVISAに分けて見ていきます。
 

楽天銀行JCBデビットカード

楽天銀行JCBデビットカードは100円毎に1ポイントが貯まり、年会費は永年無料です。利用可能年齢はVISA・JCB共に16歳からで審査は不要となっています。JCBは一般カードのみでゴールドカードはありません。

楽天銀行VISAデビットカード

楽天銀行VISAデビットカードは一般カードなら1000円の利用で2ポイント、ゴールドカードなら1000円の利用で5ポイントが付与されます。発行手数料は無料、年会費が掛かり一般なら1029円、ゴールドカードなら3086円です。

楽天銀行ならJCBデビットカードがお得

ポイントの還元率の良さと年会費を比較するとJCBの方が断然お得になります。ただし田舎への留学などを考えている人はVISAのデビットカードを持っておいたほうが良いでしょう。盗難補償や付帯保険といった補償もしっかり付いています。

楽天銀行デビットカードなら海外ATM手数料無料!

12747727 1547507155578343 95131205 n
kasoutsuukaさんの投稿

楽天デビットカードから現地の通貨を現金で引き出す場合は、VISAもJCBもATM手数料が無料になるというメリットがあります。ただし現地のATMによっては、デビットカード会社の手数料ではなくATM独自の取り分として差し引くものもあるので、利用の際には注意が必要です。

海外でおすすめのデビットカード2:ジャパンネット銀行

10802994 879727588724139 919320618 n
yo_shi_gramさんの投稿

ジャパンネット銀行デビットカードは国際ブランドはVISAのみになりますがメリットは様々で、年会費無料、発行手数料無料、ATM手数料無料といった楽天銀行JCBデビットカードと同様の待遇となっています。利用可能年齢は15歳からです。
 

ジャパンネット銀行のデビットカードは2種類

ジャパンネット銀行のデビットカードはジャパンネット銀行のポイント付与があるデビットカードとTポイントの貯まるデビットカードどちらかを選ぶことができます。どちらも海外事務手数料3.04パーセントが掛かります。

「JNBスター」ポイントを貯める

ジャパンネット銀行のポイントを貯めることのできるデビットカードを選択すると「JNBスター」ポイントが、500円につき1ポイント貯まります。一方Tポイントの貯まるデビットカードならファミリーマートで200円につき2ポイント、それ以外なら500円につき1ポイント貯まります。

Tポイントを貯める

国外での利用を考えるならTポイントは付かないので、どちらを選ぶかはさほど気にしなくて良いでしょう。短期間の旅行や国内でのデビットカードの利用も考えている人はTポイントの貯まるデビットカードを選択する方がおすすめです。

海外でおすすめのデビットカード3:ソニー銀行

15258885 103167473514474 1061189386940448768 n
alohastreetcom_hawaiiさんの投稿

ソニー銀行が発行するSONY BANK WALLET(ソニーバンクウォレット)は15歳以上の方で申し込みが可能で、年会費は永年無料です。預金残高や証券取引の残高に応じてキャッシュバックをしてくれるというメリットもあります。不正利用の補償も付帯されています。

18012091 1908489862734921 3927294176789528576 n
tam_1stさんの投稿

ソニー銀行は外貨預金をする人にとってメリットがあります。ソニー銀行では10種類の通貨のいずれかの外貨預金口座を持つ人なら、その口座から引き落とされるデビットカードの海外事務手数料は無料になります。米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル、南アランド、スウェーデンクローナが対象です。

12917951 1714940295415074 1417439975 n
55tramさんの投稿

一方で現金出金時のATM手数料は216円掛かります。また上記の外貨預金口座以外の利用の場合は、海外事務手数料が利用額の1.761パーセント掛かります。外貨預金口座を持つ人に特化したデビットカードだと言えるでしょう。

海外でおすすめのデビットカード4:スルガ銀行

スルガ銀行が発行するデビットカードはポイントを貯めるという点で比較するとメリットがあります。スルガ銀行のFinancial Pass VisaデビットカードはANAマイルが貯まるデビットカードで、付帯保険が充実しています。入会費も年会費も無料で15歳から発行することができます。

大きな特徴としては年間100万円以上の利用でANAマイルが3000マイル貯まるという事なのですが、実は100万円未満の場合はマイルを付与してもらえません。ですのでマイルを貯めるなら長期の滞在や留学をする方にはおすすめであると言えます。

一方で旅行をする方にもメリットはあります。Financial Pass Visaデビットカードは、海外旅行傷害保険が自動付帯になっているので持っておくだけでも安心です。また旅行がキャンセルになった場合でもFinancial Pass Visaデビットカードで支払いをしておけば5万円の補償が付きます。

15625153 238094896622414 6909965817866092544 n
kazukishioriさんの投稿

海外事務手数料は3.00パーセント、ATM手数料は216円掛かりますが不正利用時の補償やショッピング保険も付いています。マイルを貯めることは難しくても年会費無料で海外旅行保険やキャンセル補償が付くなら持っていて損はありません。

海外でおすすめのデビットカード5:セブン銀行

21980829 964139733743531 6833573502314872832 n
mahfrom_bbaさんの投稿

セブン銀行のデビットカードは年会費無料で国際ブランドはJCBです。セブン銀行のデビットカードなら電子マネーであるnanacoポイントを貯めることができるというメリットがあります。16歳以上で口座開設とデビットカードの発行が可能です。

デビットカードはクレジットカードと比べるとあまりポイント還元率の高くないカードが多いのですが、セブン銀行のデビットカードならセブンイレブン利用時に1.5パーセントのポイントが還元されます。それ以外では0.5から1.0パーセントとなります。

セブン銀行デビットカードはさらに国外利用でも0.5パーセントのポイントが還元されるのでnanacoポイントを貯めている方にはおすすめです。国外での現金のATM出金手数料は108円、海外事務手数料は3.0パーセントかかりますが紛失や盗難の補償もしっかり付いています。

海外でおすすめのデビットカード6:住信SBIネット銀行

21107252 106733973395058 2419047506638798848 n
fulfill_jpさんの投稿

VISAが国際ブランドである住信SBIネット銀行は年会費無料で15歳から入会可能のデビットカードです。住信SBIネット銀行のメリットは預金口座の残高に応じてATM手数料が無料、もしくは最大でも108円になるので比較的安いです。預金額が多いほどお得になる仕組みです。

22794130 140329676599004 4750108519410171904 n
ushimaru_sachieさんの投稿

また海外事務手数料は通常2.5パーセントになりますが、米ドルの外貨預金口座を持ち、その口座を利用したデビットカードの引き落としを行えば海外事務手数料は最大30回分までポイント還元されるので、実質は無料で利用することができるというメリットもあります。

住信SBIネット銀行のデビットカードは、月間の利用額の0.6パーセントが住信SBIネット銀行のポイントであるスマプロポイントとして付与されていき、1000ポイント以上貯まったら1ポイントを1円に交換することができる仕組みもあります。

11848899 1567246716925448 361668533 n
kasoutsuukaさんの投稿

米ドルの口座開設など少し面倒だと思う方もいるかもしれませんが、米ドルが流通する国外へいく場合は日本円の換算なども考えなくて済むので便利でもあります。不正利用された際の補償ももちろん付いているので選択肢の一つに加える価値は十分にあります。

海外渡航前に確認しよう!デビットカードの注意点

19624646 1928378620709371 8880474054239191040 n
rejichoiceさんの投稿

海外でおすすめのデビットカードを紹介しましたが、国外に出る前に注意しておかなければいけない点がいくつかあるのでご紹介します。まずは自分のデビットカードが海外で利用できる状態になっているかどうかを確認して見ましょう。
 

19122004 341239376295720 557584731814756352 n
qlick_kashibaさんの投稿

デビットカードを作る際に海外利用の設定をしておらずいざ国外に出てみると利用できない、といったケースもあります。このような事態にならないよう、ネット銀行なら個人設定の画面にログインして海外利用の項目が利用可能になっているか確認し、実店舗型の銀行カードなら窓口で確認してもらうか電話で問い合わせてみてください。

12747734 984395134970698 1820382602 n
yo.millionaireさんの投稿

併せて国外通貨の現金の引き出しが可能な状態にあるかも確認しておきましょう。海外によっては通貨が複数流通していたり、主要通貨とATMから引き出す通貨が異なる国もあります。引き出したい通貨を事前に把握しておく必要があります。

続いて利用限度額の確認です。一人で1日に大金を利用することは少ないかと思いますが、デビットカードの多くは1日に利用できる限度額が決まっています。もしも大金を一度に利用する予定があるのなら必ず確認が必要です。勿論預金残高の範囲内でしか利用できないので残高にも注意しましょう。

紛失や盗難などトラブルになった際に慌てずに済むように連絡先を確認しておくことも大切です。デビットカードの裏に書いてあるからと連絡先をメモしない方もいますが、デビットカードのトラブルは大抵の場合紛失か盗難でカードは手元にありません。別の場所にメモするなど工夫が必要です。

12479179 1504398113200827 608842634 n
yo.millionaireさんの投稿

デビットカードは残高が確認できるアプリをインストールしたり、webサービスを利用したりしておくととても使いやすいです。楽天銀行やジャパンネット銀行は利用明細もわかりやすく即時確認できるので比較的おすすめです。デビットカードを使ったらその都度あといくら残高があるかをきちんと把握し、上手に海外で利用できる工夫をしておきましょう。

利用できるATMはどうやって見分ける?

海外のキャッシングATMはVISAもJCBも多くの場所で利用できますが、目印としてはATMにJCBなら「JCB」もしくは「CIRRUS」のマーク、VISAなら「VISA」もしくは「PLUS」のマークが付いていれば利用可能です。空港やコンビニ、観光地などほとんどの場所で見つけることができます。

ATM独自の手数料が設置されている場所に注意

ATMでの外貨引き出し手数料が無料というメリットがあるデビットカードを選んでも、現地のATMによっては独自に手数料を取られる場合があります。これは明確な見分け方がないのですが、引き出しの操作画面に進んでいくと手数料を表示する画面にいく場合があるので、その場合は別の場所で引き出すことをお勧めします。

ATMの利用可能時間に注意しよう

現地の通貨のキャッシングATMの中には24時間引き出し可能なものもありますが、都心を離れたところだと利用時間が短い場合があります。昼間に手数料無料のATMを見つけたら余分に引き出しておいた方があとで困らずに済みます。

10890578 1540151792909440 1213030188 n
enchiko216さんの投稿

また海外は窃盗が多い地域もあり日本人は残念ながら比較的狙われやすいです。現金を引き出す際は注意が必要です。そもそもキャッシュレスに利用できるのがデビットカードのメリットなので、こまめに現金を引き出していてはメリットも損なわれます。

デビットカードにもデメリットはある

21108014 1564571460259999 775732288351633408 n
katayan.yさんの投稿

デビットカードのデメリットをあげるなら、その場で引き落としになるので不正利用されるとすぐに口座からお金が消えてしまうかもしれないという危険があります。勿論不正利用されたことが証明できれば補償はされますが、お金が返ってくるまでの間は一時的に不便な状態になることが予想されます。カードの管理には注意が必要です。

22860751 192110011337766 8857717655352639488 n
naokikosugiさんの投稿

現金を日本で持ち慣れている人は比較的キャッシングをしたがります。現金を持っていないと不安という気持ちになるのは仕方ありませんし、実際少額でも持っておいたほうが安心です。ですが手数料がかさばるのでキャッシングするならこまめに行うことは避ける方が良いと言えます。

海外でデビットカードをお得に活用しょう

15338513 380125335668368 3388658917994135552 n
__akana__さんの投稿

今回は国外利用のできる様々なデビットカードをご紹介しました。現金やクレジットカードと比較しても様々なメリットのあるデビットカードは、作るのも簡単です。年齢や利用目的に応じてそれそれのデビットカードのメリットを比較し、自分に合ったものを探してみてください。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ