がん保険のおすすめ商品比較!人気のポイントは給付金や保険金・特約など!

最近では芸能界でもがんが原因で亡くなる方が多いです。その背景もあってがん保険の関心が高くなりつつあります。がん保険は医療保険と比較して加入する必要はあるのでしょうか。今回はがん保険のおすすめ商品比較や、商品を選ぶおすすめポイントなどをまとめています。

がん保険のおすすめ商品比較!人気のポイントは給付金や保険金・特約など!のイメージ

目次

  1. どんな保険?がん保険のおすすめ内容比較とは
  2. がん対策におすすめ!がん保険と医療保険の比較
  3. がん保険の基本!医療保険の内容と比較
  4. がん保険の保障内容!医療保険のみと比較するとおすすめ
  5. がん保険に加入前に調べるのが比較的おすすめなこと
  6. 高額療養費制度は適用?がん保険に加入するのがおすすめ
  7. 通院時にも!医療保険と比較してがん保険がおすすめな理由
  8. 三大疾病で比較してもがん保険はおすすめ
  9. がん保険?がん特約?比較したときどっちがおすすめ?
  10. がん保険は診断給付金が受け取れるのでおすすめ!
  11. 医療保険と比較すると分かるがん保険の必要性
  12. 加入する前も待期期間と審査について調べるのがおすすめ
  13. がん保険には審査がある?加入する前に調べるのがおすすめ
  14. がんになっても保険金は貰えない?がん保険の待期期間
  15. 上皮内新生物は対象?おすすめのがん保険は対象が広い商品
  16. 商品によって要比較?診断給付金の受け取り回数
  17. 診断給付金の受け取り回数は?おすすめは複数回!
  18. 入院給付金は無期限の商品が比較的おすすめ!
  19. 他の保障と比較してシビア!がん保険のおすすめ確認事項
  20. がん保険を比較時の手術給付金のおすすめ受取り条件
  21. 先進医療特約はおすすめ?保障内容を比較して決めよう!
  22. 他の保険と比較して、特約は慎重に選ぶのがおすすめ!
  23. がん保険は男女で比較すると保険料に差が出る!
  24. おすすめがん保険商品比較1:アクサダイレクトのがん終身
  25. おすすめがん保険商品比較2:終身ガン治療保険
  26. おすすめがん保険商品比較3:がん保険Believe
  27. がん保険の「他人と比較」はおすすめしません!
  28. がん保険に迷ったら診断給付金比較がおすすめ!
  29. 要比較!今のがん保険の迷ったら乗り換えがおすすめ
  30. 要注意!がん保険の乗り換え等で気を付けるポイント
  31. 比較検討が大事!自分の体とがん保険を比較しよう

どんな保険?がん保険のおすすめ内容比較とは

医療保険の中でも最近は特に関心が高くなっている備えとして「がん保険」があります。がん保険とは医療保険と違ってどのようなものなのでしょうか。がん保険の保障内容とがん保険の商品比較や、加入するポイントを紹介していきます。

がん対策におすすめ!がん保険と医療保険の比較

26871561 157753508212791 8350511829063041024 n
tomato0310さんの投稿

まず、がん保険とはその名の通り「がん」に特化した医療保険です。そのため、がん以外の病気では適用されません。また、がんの中でも保険の商品によっては保障対象外の場合もあるのでよく確認する必要があります。

基本的な医療保険は、公的医療保険と民間医療保険の2種類に分かれ、がん保険は民間医療保険に分類されます。公的医療保険は政府が国民の健康を保障する保険で、社会保険の健康保険と国民健康保険の2種類あります。

がん保険の基本!医療保険の内容と比較

皆さんが持っている「健康保険証」が加入している証になり、医療費の自己負担分を3割までにしてくれます。つまり、残りの7割の医療費は国(政府)が負担しているのです。民間の医療保険は一般的に公的医療保険だけだと自己負担分が多くなったときのために、備える民間の企業が運営している医療保険です。

この民間の医療保険の保障内容は商品によって異なりますが、一般的には入院した日数分の保険金受け取ることができる「入院給付金」と、手術を行ったときに保険金を受け取ることができる「手術給付金」の2種類があります。

Thumbがん保険は必要か不要か!治療・療養にかかるお金について調査!

がん保険の保障内容!医療保険のみと比較するとおすすめ

20590067 109972526319541 2576965731761520640 n
sena_lifeさんの投稿

がん保険の場合、通常の医療保険の内容である入院した時に保険金を受け取れる「入院給付金」と、がんの手術を行ったときに保険金を受け取れる「手術給付金」の基本的な保障もしっかり受けることができます。

基本的な保障に加えて、がんと診断されたときに保険金を受け取れる「診断給付金」とがんの治療で通院が必要な場合に保険金を受け取れる「通院給付金」があります。まず、他と比較する前にがん保険の基本的な内容を押さえておきましょう。

がん保険に加入前に調べるのが比較的おすすめなこと

22710712 754850008033543 3799571465838264320 n
sinama55さんの投稿

さらに民間の医療保険を比較検討するポイントとして押さえておきたいのが、「高額療養費制度」です。この制度は医療費の負担を治療を受ける人の収入に応じて、負担する上限の金額が決まっている制度です。

収入の計算の方法に関しては標準報酬月額が使用され、報酬月額が住民税非課税、27万円未満、27万円以上51万5000円未満、51万5000円以上82万円未満、82万円以上の5パターンに分類されます。この報酬月額に応じて負担する金額が変わります。

高額療養費制度は適用?がん保険に加入するのがおすすめ

23417315 694591534070826 5082451216168910848 n
my_plaza_chibaさんの投稿

例えば、平均年収である年収400万円の方が1ヶ月100万円の医療費を負担することになっても、負担額は8万100円+(医療費-55万8000円)×1%になるので、負担額は8万4520円が上限の金額になります。収入が上がれば負担額も増えるのでよく確認しておくことがポイントです。

このような制度もありますが、押さえておきたいポイントは保険適用外の内容もあることです。例えば、美容整形などはし手術になりますが医療行為である「治療ではない」ため保険は適用外になりますし、がん治療の場合は先進医療技術を用いた治療の場合は保険の適用外になる場合もありますので、加入する前に確認しておきたいポイントです。

通院時にも!医療保険と比較してがん保険がおすすめな理由

28155406 885390388287330 5506802244235821056 n
apexformatさんの投稿

このような公的な医療制度は誰でも受けることができるので、しっかりと把握しておくことで保険の内容を比較して検討するポイントになります。がん保険の必要性に関しては、最近のがん治療と密接な関係があります。

最近のがん治療は必ず入院するという訳ではなく、通院して治療を行いますし、医療の発達によって通院して治療する場合が増えています。通常の医療保険だと、入院・手術のどちらかで保険金として給付金を受け取ることができますが、がん治療のような通院だと保険金は受け取ることができないのが要注意ポイントです。

三大疾病で比較してもがん保険はおすすめ

20686973 1566360423423014 1321887321917751296 n
genki_yuharaさんの投稿

また、がんが死因の場合も多く芸能界でもがんによって他界される方が多いため、一般の方にとってもがんは大きな不安になっていますが、最近では医療の進歩により、「不治の病」から「治せる病気」に変わりつつあります。

そのための保障・備えとしてがん保険は注目されています。また、現在別の民間の医療保険に加入している方もいるでしょう。新しくがん保険を考えるときに「新しい保険に加入すると毎月の保険料の負担が心配。」という不安もあります。

がん保険?がん特約?比較したときどっちがおすすめ?

22857937 505530139817910 3535104894627217408 n
lalala0660さんの投稿

その場合は、加入している医療保険の内容にもよりますが、多くの商品は主契約とは別に「特約」を用意している医療保険の商品は多く存在します。特にがん以外にも死亡のリスクが高い脳卒中や心疾患をまとめた三大疾病特約がある商品が多いです。

22499806 133411583980166 8313426573168476160 n
itomeg8さんの投稿

中には「がん」だけの特約もある商品もありますので、一度今の契約内容と保険の商品を確認するのがポイントです。この特約を追加する場合の方が、新しくがん保険に加入するよりも保険料を抑えることができるかもしれません。

がん保険は診断給付金が受け取れるのでおすすめ!

21042368 374588519652073 3700148165551325184 n
double_orbさんの投稿

今の時代、がんの種類によっては今まで通り働きながら治療することもできますし、入院の期間が短く済む場合もあります。しかし、がんは特に重い病気なので、長期間入院し働けなくなることも想定しておかなければなりません。

状態に関係なく「がん」と診断されただけでお金はかかるので備えは重要です。がん保険には、がんと診断されたときに保険金を受け取ることができる「診断給付金」というものが一般的で、がんと診断された不安を少し解消することができます。

医療保険と比較すると分かるがん保険の必要性

21576749 1832656433731237 6142194861282951168 n
coro_chan08さんの投稿

この診断給付金の相場は100万円前後になりますが、商品によっても変わりますし、中には月の保険料で金額が決まる商品もあります。この診断給付金は使い方は自由なので、医療費以外にも交通費や入院したときの身の回りの物を購入する費用にも使う事ができます。

最もがん保険が他の医療保険と違うところは、通院で保険金を受け取ることができる「通院給付金」です。この通院給付金は先程のようにがんの治療のために通院する費用を保障する給付金です。

加入する前も待期期間と審査について調べるのがおすすめ

他の医療保険や特約でも用意している商品は少ないのでがん保険に加入する必要性があると言えます。がん保険の注意ポイントは、他の保険と同様に審査と待期期間というものがあります。

つまり誰でも入ることができる訳ではなく、がんになれば保険金を貰えるという訳ではありません。最もがん保険による保険金を望んでいるのは、がん保険に未加入でがんと診断された方でしょう。当然、がんの治療を既に受けている方は加入できません。

がん保険には審査がある?加入する前に調べるのがおすすめ

22157216 1446741538744420 6439320153359384576 n
hokenclinicさんの投稿

それと同様に各がん保険の商品によって異なりますが、がん保険に加入できるか審査があります。この審査は現在の健康状態や、過去にがんの治療を行ったことがあるかなどが判断材料になります。

がんの場合は一度発症して治療し、治ったと思っていても再発する可能性がある病気でもあるので、保険会社も慎重にならざるを得ません。がん保険に加入する際はまず自分が加入することができるかをよく確認する必要があります。

がんになっても保険金は貰えない?がん保険の待期期間

20759749 310760599327503 4374486880318652416 n
ayame.studyさんの投稿

また、がん不安がある方が何とか加入することができても、基本的には90日間の待期期間があるので、がん保険に加入してから90日の間でがんと診断されても保険金を受け取ることはできません。

17596600 649625728563564 7058389347766108160 n
guru_mamiさんの投稿

この90日という待期期間はどの保険の商品も共通で、がんが見つかる可能性が最も高いがん検診前の加入を防ぐ目的でもあります。さらに、がんの中でも多くのがん保険で適用対象外のものもあります。

上皮内新生物は対象?おすすめのがん保険は対象が広い商品

16908333 915643105205601 5853040109384892416 n
kaaaazuuuさんの投稿

がん保険の対象外のがんは「上皮内新生物」です。これは簡単に言うと初期のがんです。一般的に「がん」と呼ばれるものは「悪性新生物」というもので、上皮内新生物のがんが進行したものになります。上皮は体の部分ではなく、進行具合として認識すると良いかもしれません。

17587191 610981975764700 7921668995348955136 n
a.omiiiさんの投稿

悪性新生物はいわゆるがんなので、がん保険であれば保障の対象になりますが、上皮内新生物に関しては保険の商品によって保障されるかどうかは変わってきます。中には上皮内新生物も保障する保険もあれば、一部保障する保険もあるようです。

商品によって要比較?診断給付金の受け取り回数

20633739 363819454036944 7206307961310806016 n
ami.kakeiboさんの投稿

ここまでがん保険の基本的な内容に関して触れてきましたが、いよいよがん保険を選ぶポイントについてです。がん保険は例え同じ保険料で同じがんになったとしても、商品の選び方によっては受け取れる保険金の金額が大きく異なってきます。

24126904 1565976493491848 3090868507282243584 n
hokenclinicさんの投稿

その1つ目のポイントが「診断給付金」で、診断給付金の受け取れる回数がポイントなのです。通常の医療保険だと保険金を受け取れるタイミングは1回だけですが、がん保険の診断給付金は、がん保険の商品によっては数回受け取ることができるのです。

診断給付金の受け取り回数は?おすすめは複数回!

16584749 1832131507041904 5685238653412966400 n
shkshkshokoさんの投稿

がんは通常の病気と異なり、再発リスクが高かったり体の一部に転移する可能性がある病気です。つまり、診断の結果複数回がんと診断される可能性もあるということです。保険の商品によっては、この複数回がんと診断されても診断給付金を受け取ることができる保険もあるのです。

26863291 1994050650853724 1662982994522013696 n
pecoom3さんの投稿

この2回目以降に診断給付金を受け取れるかどうかは、各保険の商品によって異なりますが、通常2回目以降の給付金の受け取り条件は厳しくなる傾向にあります。がん保険に加入する際はよく保障内容と条件を確認しましょう。

入院給付金は無期限の商品が比較的おすすめ!

通常の医療保険では、入院した際に保険金を受け取ることができる「入院給付金」ですが、これは医療保険に加入した際に「60日」や「120日」と設定することができ、その入院した期間分の給付金を受け取ることができるものです。

17126908 205596109920652 6178274789887574016 n
kpn_zzzさんの投稿

がん保険を選ぶポイントはこの「入院給付金」が無期限かどうかです。基本的ながん保険であれば入院給付金を受け取ることができる期間は無期限であることが多いですが、期間の制限がある保険もあるので要注意です。

他の保障と比較してシビア!がん保険のおすすめ確認事項

次のがん保険を選ぶポイントは度々登場する「通院給付金」の内容です。入院せずに通院するだけで保険金を受け取ることができるので、非常にありがたい給付金なのですが、がん保険の商品によっては給付金を受け取る条件が厳しく、給付金を受け取ることができなかったケースも相次いでいます。

その理由としては、その通院のがん治療の内容です。この条件には抗がん剤の種類や放射線治療の場合は放射線の量など、細かく決められている保険の商品もあるのです。通院給付金という、あったら嬉しい保障内容ですがしっかりと保険金の金額はもちろんですが、条件なども確認は必要です。

がん保険を比較時の手術給付金のおすすめ受取り条件

17332349 180966952410779 933813610562453504 n
kukrkukrさんの投稿

がん保険にも通常の医療保険と同様に「手術給付金」があります。通常の手術給付金は入院給付金日額に一定の倍数をかけたものを保険金として受け取ることができるので、1回当たりの保障金額も決まっていますし、同じ病状なら1回だけ受け取ることができるのが通常です。

14350392 626303484198299 2419976400690741248 n
asaminsta_gramさんの投稿

がん保険の場合は、がん治療のための手術であれば回数の制限なく給付金を受け取ることができます。しかし、選ぶ際のポイントとしては、保険の商品によっては保険金を受け取る回数によって金額が変わるものもあるので、よく確認するポイントです。

先進医療特約はおすすめ?保障内容を比較して決めよう!

18723514 133612890533620 588538999203692544 n
31_000さんの投稿

最後のがん保険を選ぶポイントは基本的な給付金ではなく「特約」です。通常の医療保険に特約があるように、がん保険にも特約があります。その特約で最も一般的なものが「先進医療特約」です。

先程説明した通り、医術の進歩は目覚ましいものがありますが、先進医療による治療は保険や高額療養費制度の対象から外れる場合もあります。高額な先進医療にも対応するのが、がん保険の「先進医療特約」です。

Thumbがん保険の選び方!保険料の相場は?給付金や先進医療についても!

他の保険と比較して、特約は慎重に選ぶのがおすすめ!

22158586 131744614237822 5339689885701767168 n
ayame.studyさんの投稿

主契約となる保険料にオプションとして追加する形で特約の契約を結ぶので、保険料は若干高くなりますが備えとしてあってもいいかもしれません。特約をつけるポイントはその特約の保険料と必要性です。

もちろん特約をつけることで日々の生活が圧迫されてはいけません。また、実際にがん治療を行う際に先進医療の選択肢がないことも多いので、事前に調べておく必要があるのです。

がん保険は男女で比較すると保険料に差が出る!

20393600 146593745921241 6515772899100459008 n
kakei_kanriさんの投稿

このようにがん保険を選ぶときに重要となるポイントを解説してきましたが、実際にどのようながん保険の商品があるのでしょうか。人気が高く知名度の高いがん保険の商品を紹介します。保険料に関しては、30歳の男性ががん保険を選択した場合で統一しています。

がん保険も他の保険と同様に加入する時の年齢によって保険料は変わってきます。もちろんがんのリスクは年齢と共に高くなるので、30歳の男性と50歳の男性であれば保険料に差が出てきます。さらにがんの場合だと女性よりも男性の方が発症率が高いと統計で出ているので、女性の方が若干安くなっています。

おすすめがん保険商品比較1:アクサダイレクトのがん終身

20838698 1883404131988221 2574017309727260672 n
t_fam4214さんの投稿

まず、1つ目はアクサダイレクト生命の「アクサダイレクトのがん終身」です。この保険は終身タイプのがん保険で保険料は毎月1700円ほどになります。保障内容は、入院給付金が5000円から2万円まで設定でき、この入院給付金の金額によって診断給付金が決まります。

この診断給付金は入院給付金の100倍の金額を保険金として受け取ることができるので、50万円から最大200万円まで受け取ることができます。基本の保障は以上となり、通院給付金や手術給付金は特約として用意されているのがこのがん保険のポイントです。つまり、毎月の保険料を減らすことができる保険なのです。

おすすめがん保険商品比較2:終身ガン治療保険

22500098 147636079305138 5371524385163182080 n
ri_ekkoさんの投稿

2つ目はチューリッヒ生命の「終身ガン治療保険」です。この保険は終身タイプのがん保険で保険料は毎月1500円ほどになります。この保険のポイントは主契約となる基本的な保障内容が他のがん保険と比較して変わっている点です。

基本的な保障内容は2つあり、がん治療で放射線治療を受ける場合に保険金を受け取ることができる「放射線治療給付金」というものがあり、10万円から60万円を回数無制限で受け取ることができます。2つ目はがんの治療で抗がん剤やホルモン剤治療を受ける場合にも10万円から60万円の保険金を回数無制限で受け取ることができます。

おすすめがん保険商品比較3:がん保険Believe

26864119 589459654788394 506931141656182784 n
orix_bakubakuさんの投稿

3つ目のがん保険はオリックス生命の「がん保険Believe」です。このがん保険は非常に保障内容が充実している保険で、毎月の保険料の負担は2700円ほどです。がんと診断された診断給付金は初回のみ100万円受け取ることができ、治療給付金や手術給付金も受け取ることができます。

嬉しいのはがん治療が終わり退院するときにも退院給付金が受け取れることです。通院した際の通院給付金は特約として追加することも可能で、先進医療の特約はセットになっている保険です。がんにしっかり備えたい方におすすめの保険です。

がん保険の「他人と比較」はおすすめしません!

21568744 165999827310336 122429344147570688 n
kyon_ta_sanさんの投稿

このように各保険会社が提供しているがん保険の商品も様々な種類があるので、加入を考えたときに非常に悩んでしまいます。特にがん保険は男女や年齢、家系によって発症する可能性が変わってくるので、よく検討する必要があります。

よく生命保険に加入したきっかけも「営業マンに紹介されて」というパターンや、「ご近所さんが加入している商品がいい」という声をよく聞きますがおすすめしません。特約を含めると非常にバリエーションが豊富になりますので、自分の生活としっかり向き合って決める必要があります。

がん保険に迷ったら診断給付金比較がおすすめ!

20837533 124877518147263 2225216530218483712 n
house_strawberryさんの投稿

がん保険の種類に悩んだらおすすめの決めるポイントがあります。それは診断給付金の内容です。診断給付金ははがんと診断されたら受け取れる保障なので、がんになった時の確実性が高い保障になります。

がんの治療の中で、通院する可能性も、手術する可能性も、入院する可能性もその時にならないとわかりません。つまり保障がしっかりしていても保険金を受け取れるか分からないのです。しかし、診断給付金は診断されたら受け取れますし、保険金は高額で使い道も広いのです。

要比較!今のがん保険の迷ったら乗り換えがおすすめ

現時点がん保険に加入していても、よくよく考えると保障が不安という方は意外と多くいるのです。その場合はよく検討して乗り換えするのがおすすめです。またがん保険は終身タイプのものもありますが、生涯保険料を支払う必要があるのであまりおすすめしません。

終身タイプの場合は、仕事を退職し収入がない状態であれば年金か貯蓄から保険料を捻出しなければなりません。その状態であれば保険に加入しなくても医療費は十分賄うことができるのです。場合によっては先進医療など保険適用外の治療に不安があるのであれば終身タイプでも良いかもしれません。

要注意!がん保険の乗り換え等で気を付けるポイント

22858013 182827745603595 4196005751942021120 n
yumemori_lifeさんの投稿

がん保険を乗り換える際のポイントは先程の待期期間です。今のがん保険を解約し、新しいがん保険に加入しても待期期間の90日間にがんと診断されたら大変です。待期期間中に発症しても保障の適用外なので要注意なのです。

つまり、新しいがん保険に加入する場合、前のがん保険は待期期間が終了してから解約しましょう。このように実際にがん保険に加入する際は様々な要素を考えないといけません。今ではがんと診断されても仕事を続けながら治療ができる時代になってきています。いきなり退職するのではなく職場とも相談するのがおすすめです。

比較検討が大事!自分の体とがん保険を比較しよう

28152468 163881217750583 6715754801264590848 n
orix_bakubakuさんの投稿

がん保険はもしもの備えとして非常に重要です。その重要ながん保険を適当に選ぶと万が一のときに後悔することになります。今回紹介したがん保険を選ぶポイントさえ押さえておけば問題ないでしょう。がん保険に加入する一番のポイントはがんに対する不安を取り除くことです。迷いがちながん保険選びに、今回の内容が参考になれば幸いです。

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ