保険料控除でいくら安くなる?節税になる仕組みや対象を解説!申請方法も!

保険料控除を行うことで、税金がどれくらい安くなるのか、具体的に解説していきます。生命保険や損害保険など、保険に加入する人も増えていますが、その保険料の仕組みを理解することで、税金控除へとつながっていきます。その内容について理解していきましょう。

保険料控除でいくら安くなる?節税になる仕組みや対象を解説!申請方法も!のイメージ

目次

  1. 保険料控除で節税を目指そう
  2. 保険料の控除とは?
  3. 保険料控除となる対象1:生命保険
  4. 保険料控除となる対象2:社会保険
  5. 保険料控除となる対象3:地震保険
  6. 保険料控除となる対象4:損害保険
  7. 生命保険料控除の書き方と申請方法
  8. 保険料の控除額が高い方を選ぶことで還付金を増額させる
  9. 保険料控除で実際に税金がどれくらい安くなるのか
  10. 年末調整で控除対象となる保険料を把握しておく
  11. 自営業の場合は確定申告で保険料控除を行う
  12. 平成22年の税制改正に伴い保険料控除の仕組みも変更
  13. 旧制度に伴う保険料控除の仕組み
  14. 保険料控除の限度額はいくら?
  15. 新旧の制度を上手く利用して保険料控除を目指す
  16. 平成19年以降控除対象から外された保険
  17. 保険料控除証明書を紛失した場合はすぐに保険会社へ連絡する
  18. 配偶者特別控除も上手く活用する
  19. 保険料控除は年末調整で忘れても再年調が可能
  20. 節税のために受けられる控除はとにかく利用することが大切
  21. 源泉徴収票で改めて保険料控除を確認する
  22. 保険料の控除で節税を目指そう

保険料控除で節税を目指そう

25007281 310854032753737 6892601703175028736 n
kyonchijj0910さんの投稿

会社員の方であれば年末調整、自営業者やフリーランスの方であれば確定申告で、それぞれ保険料控除を行うことができます。節税という観点からも、保険料控除の仕組みを知っておくことが大切です。その仕組みを知ると同時に、支払っている保険料を上手く活用していくことで、できるだけ税金納付額を安くしていくことが大きなポイントとなります。

保険料の控除とは?

22636852 363150114109876 8605654107878850560 n
manami_copenさんの投稿

保険料の控除とは、自分が加入している保険会社に支払っている保険料に対して、一部または全額分、税制上の優遇措置を受けられる制度のことです。生命保険や医療保険、損害保険など、さまざまな保険に加入している人も多いですが、1年間に支払った合計の保険料を元に、税金の控除額が設定され、人によっては、払いすぎた税金を取り戻すことができます。

所得税や住民税、社会保険料などは、前年度の収入に応じて決定されることになりますが、そういった税金関係の節税対策としての仕組みを持っているのが、保険料の控除制度です。できるだけ、税金の支払いを安くすることがポイントであり、そのために、自分がどの保険に、年間でいくら支払っているのか把握しておくことが求められます。

14736222 1182556568492671 1957407220320698368 n
01_31j06s.ayaさんの投稿

生命保険や損害保険といった保険を含めて、所得控除の対象となる保険は数多く存在しており、一つ一つの保険料を把握しておくことで、節税対策へとつなげていくことができます。加入している保険会社からは、毎年10月から12月頃にかけて、保険料支払い証明書が郵送されてきますので、それを大切に保管しておくようにしましょう。

保険料控除となる対象1:生命保険

23164210 961273237353734 2377097809439490048 n
rara_home03さんの投稿

まずは、保険料控除の対象となる保険について把握していきましょう。保険料控除の対象となる保険として、最初に生命保険を挙げることができます。文字通り、生命保険に加入している人で、実際に保険料を支払っている人が税金の支払いを安くできるものであり、毎年秋ごろから12月にかけて、「生命保険料控除証明書」が自宅に郵送されてきます。

その控除証明書にも記載されていますが、その年の1月1日から直近まで支払った合計金額を確認しておいてください。また、年末まで漏れなく支払った場合の金額についても記載がありますので、そちらも合わせて確認するようにしてください。実際に年末調整や確定申告の際に記載する金額は、年末まで支払ったと仮定される方の数字となります。

Thumb生命保険料控除の計算方法を解説!自分でできる?簡単な手順も紹介!

保険料控除となる対象2:社会保険

28156668 1144152949055008 4887893746030477312 n
cozy.jpさんの投稿

生命保険の他にも、節税対策として税金の支払いを安くできる保険料控除には、社会保険が含まれます。会社員の方で、もともと給料から社会保険料を天引きされている場合は、すでに年末調整のための計算が行われていますので、改めて申告する必要はありません。それ以外に、国民健康保険や国民年金などを支払っている方が、社会保険控除の対象となります。

国民年金に関しては、前年の1月1日から12月31日までに支払った合計金額に関するハガキが、翌年の1月から2月にかけて自宅に郵送されてきます。一方で、国民健康保険の支払額に関しては、専用のハガキが届くことはありませんので、自分自身で支払った金額をメモしておくか、領収書を取っておくことが求められます。

また、国民健康保険に関して、万一支払い金額がわからなくなったという場合には、各市町村に問い合わせれば、支払い金額を教えてくれます。前年度の所得に応じて、人それぞれ健康保険の金額は変わってくるので、個人としていくらの支払いがあったのか、確認するようにしてください。そうすることで、翌年の税金の支払いを少しでも安くできます。

保険料控除となる対象3:地震保険

10735110 1554532928111489 1302761992 n
doshisha_pomさんの投稿

続いての節税対策として、税金の支払いを安くできる保険料としては、地震保険を挙げることができます。地震保険は、かつて損害保険として保険料控除を受けることができていた方も対象となり、「旧長期損害保険料」と記載されていることもあります。地震保険であれ、旧長期損害保険であれ、保険料控除の対象となりますので、頭に入れておいてください。

地震保険料控除に関する証明書も、例年、秋ごろから12月初旬にかけて、ハガキや封書で自宅に郵送されてきます。地震保険料に関しては、年間支払い金額が5万円以下か5万円超によって、控除額が決まっていきます。支払額が5万円以下の場合は、支払い金全額が控除対象となり、支払い金額が5万円超の場合は、5万円が税金控除の対象となります。

Thumb地震保険料控除の仕組みを解説!金額や範囲を理解して節税を実践!

保険料控除となる対象4:損害保険

26365264 176474689782964 3141708060934799360 n
_moo_237さんの投稿

続いての節税対策として、損害保険について見ていきましょう。地震保険の箇所でもご紹介したように、所得税については平成19年に、住民税に関しては平成20年にそれぞれ見直しが行われ、損害保険料控除は地震保険料控除として設定されることになりました。平成18年末までに契約した長期損害保険契約の場合、平成19年以降も控除対象となっています。

ただし、平成18年末以前に長期損害保険契約を結んでいて、それを控除に含める場合、地震保険料控除が安くなるので、いずれにしても、どちらかが得をしたり損をしたりするということはありません。その他、火災保険や、障害保険、医療保険といった保険も損害保険料控除の対象として、所得税や住民税といった税金の支払いを安くすることができます。

Thumb火災保険は控除対象になる?年末調整で役立つ基本的な知識を解説!

生命保険料控除の書き方と申請方法

生命保険や社会保険、損害保険といった保険料控除によって、節税を進めていくことができますが、実際に生命保険料控除を受ける場合の、申請書の書き方と申請方法について確認してください。当然ですが、生命保険料を支払っているだけで節税をすることはできず、適切なフォーマットに必要事項を記入して、関係各所に提出する必要があります。

27879509 149070102457786 2427603158801842176 n
misora_hoken_izumoさんの投稿

給与所得者として、会社に勤務している場合には、毎年11月から12月にかけて、年末調整のための用紙が会社から配布されることになります。その正式名称は、「給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」という書類になりますが、その書類に、生命保険会社から届く保険料控除証明書の金額を記載して置けば問題ありません。

年末調整の書類には一般生命保険料の他、介護医療保険料、個人年金保険料、保険会社名、保険の種類、保険料支払い期間、契約者名、保険金受取人、新旧の区分、その一年で支払った保険料の金額を記載する項目がありますので、必要に応じて、控除証明書を見ながら記載してください。特に難しいことはないので、記載して会社に提出すれば問題ありません。

26870231 204828180069553 416966729449603072 n
hokenterracetodaさんの投稿

フリーランスや自営業者の方は、会社での年末調整はありませんので、ご自身で確定申告を行う必要があります。毎年2月16日から3月15日にかけて、各自治体の税務署で確定申告を行うことができます。生命保険料や損害保険料など、それぞれ必要な項目を記入して、税務署に申告書を提出すれば、翌年度の税金支払いを安くすることができます。

保険料の控除額が高い方を選ぶことで還付金を増額させる

保険料控除の仕組みとして、節税対策ができることはご承知いただいている通りですが、保険料控除を受けられる金額もあらかじめ設定されています。そういった中で、少しでも税金の支払いを安くするためには、保険料控除額が高くなる方を選択して、年末調整や確定申告を行っていくこともポイントになっていきます。

平成22年度の税制改正に伴って、保険料控除の対象金額も見直されることになりました。新制度では、一般生命保険料、介護医療保険料、個人年金保険料それぞれの上限控除額が4万円ずつに設定され、合計では12万円の控除を受けられるようになりました。それまでは、生命保険、個人年金がそれぞれ5万円で、合計の控除上限は10万円となっていました。

28150786 210179042895333 7345649434971078656 n
sunflower.0721さんの投稿

したがって、新旧前後の時期に保険契約を結び、双方の対象となる場合には、少しでも保険料控除を受けられるような計算で、税務署や会社に書類を提出することがカギを握っていきます。そうすることで、翌年の税金支払いを少しでも安くすることができて、節税対策としても大きな効果を発揮することになっていくのです。

保険料控除で実際に税金がどれくらい安くなるのか

27892385 1442986559162122 8975905160949661696 n
kirat_ktmさんの投稿

それでは、実際に保険料控除によって、どれくらい税金を安くすることができるのか、具体的なモデルケースを挙げてご紹介していきます。ここではわかりやすくするために、生命保険料の控除上限額として、所得税が12万円まで、住民税が7万円までと設定しておきます。実際に新制度を用いる場合には、この上限額のもと、税金控除を受けることができます。

年収400万円で独身と仮定した場合、ボーナス込みの月収が約33万3,333円となり、所定の計算式に基づき、所得税を毎月7,820円、住民税を毎月14,473円納めることになります。加入している保険としては、終身保険に年間15万円、医療保険に年間48,000円、個人年金保険に年間20万円の支払いを行っていると仮定しておきます。

28151377 893177637527511 3200742815915048960 n
kkr__88さんの投稿

そうすると、生命保険料控除に関しては上限いっぱいの12万円の控除、住民税に関しても上限額を超えているので7万円の控除を受けることができます。それに、基礎控除や給与所得控除なども合わせていくと、年間で18,216円の還付金をもらうことができます。つまり、18,216円分の節税を行うことが可能で、税金の支払いを安くすることができます。

年末調整で控除対象となる保険料を把握しておく

27576213 373217166490749 4222305185315160064 n
tititi__89さんの投稿

保険料控除の仕組みを把握しておくことで、節税対策を行い、少しでも税金の支払いを安くすることができますが、適切な節税対策を進めていくためにも、年末調整の段階で、控除対象となる保険料をあらかじめ把握しておくことも重要です。何が保険料控除の対象となって、どの項目が保険料控除の対象にはならないのか頭に入れておきましょう。

まず、年末調整における保険料控除の対象としては、上記でもご紹介してきたように、生命保険や地震保険、社会保険や損害保険といったタイプの保険です。一方で、医療費や寄付金、住宅ローン1年目、雑損控除などに関しては、年末調整で控除を受けることができません。住宅ローン2年目以降は、年末調整での住宅ローン控除の対象となります。

27576825 481589248901978 775483931867742208 n
sunflower.0721さんの投稿

したがって、寄付金や医療費、住宅ローン1年目の支払い、雑損控除などがある場合には、年末調整ではなく、ご自身で確定申告を行うか、税理士に相談して、節税対策を進めていくことになります。こういったことを知っておくことで、申告の漏れをなくし、少しでも税金の支払いを安くしていくことができますので、大切なポイントと言えます。

自営業の場合は確定申告で保険料控除を行う

27576896 1997291173820619 5372427999037620224 n
kakeishindanshi_officialさんの投稿

会社員や給与所得者に関しては、会社で年末調整を行ってくれますので、そのスケジュールやフォーマットに沿って、書類を提出していけば問題ありません。一方で、自営業やフリーランスの方に関しては、確定申告の場で、自ら保険料控除を行う必要があります。まず、自営業と会社員ではこういった仕組みの違いがあることを知っておくことが大切です。

自営業やフリーランスの方は、確定申告の際に、確定申告書に生命保険料控除証明書を添付することで、設定金額の保険料控除を受けることができます。住民税に関しては、所得税の確定申告時と同時に自動的に反映された金額が課税されることになるので、別途控除手続きを行う必要はありません。1度の手続きで、住民税、所得税ともに控除対象となります。

Thumb個人事業主の所得税の計算方法や税額を解説!控除額や納付時期はいつ?

平成22年の税制改正に伴い保険料控除の仕組みも変更

本文中でも一部取り上げたように、平成22年度に税制改正が施行され、それに伴って、生命保険料控除に関する仕組みも一部見直されることになりました。実際には、平成24年の1月1日以降に契約した生命保険や損害保険といった保険契約から、新制度を用いた控除が行われるようになっています。

税制改正に伴い、それまで最大10万円だった所得税の保険料控除は12万円まで拡大されることになりました。その内訳としては、一般生命保険料の控除上限が4万円、介護医療保険料の控除上限が4万円、個人年金保険料の控除上限が4万円という形で、合計12万円の控除となっています。それ以上の保険料を支払っていても、12万円分の所得控除となります。

また、住民税に関しても、一般生命保険料、介護医療保険料、個人年金保険料ともに最大28,000円までの控除を受けることが可能で、3つ合わせた上限金額が7万円に設定されています。旧制度では、一般生命保険料と個人年金保険料がそれぞれ35,000円の上限で、合計7万の上限設定でした。したがって合計の上限金額は据え置かれた形となっています。

旧制度に伴う保険料控除の仕組み

24273927 1883493908646838 4149359353385713664 n
dgu.dctさんの投稿

平成22年度の税制改正以前は、いわゆる旧制度という形で保険料控除の仕組みが整っていました。上記でも触れたように、旧制度の場合は所得税の控除が最大10万円までという仕組みになっており、新制度適用以前に比べて2万円ほど安い控除となっていました。新制度では、旧制度にはなかった介護保険料控除が含まれるようになったことも違いの一つです。

また、住民税の控除に関しても、一般生命保険料と個人年金保険料がそれぞれ35,000円という形で上限設定されており、合計控除額が7万円という形になっていました。新制度では、上記の2種類に加えて、介護医療保険料も加わり、それぞれ28,000円までの控除を受けることができて、合計上限金額は7万円に設定されています。

住民税控除の場合、7万円という上限設定は変わっていませんが、その対象範囲が拡大され、2種類の保険から3種類への保険と、仕組みの変更が行われましたので、そういった仕組みも上手く活用して、節税対策を進めていけると良いでしょう。新制度の方がややお得感が増していますので、より多くの方が節税しやすくなったと考えることができます。

保険料控除の限度額はいくら?

26430986 1783699695013495 1440529144860377088 n
misora_hoken_izumoさんの投稿

保険料控除の限度額に関しては、上記の仕組みの箇所でもご紹介したように、所得税が最大12万円まで、住民税が最大7万円までとなっています。今後も税制改正が行われる可能性もありますが、今のところ、平成22年に行われた税制改正に伴う仕組みで運用が行われていますので、その制度に則った範囲で節税対策を行ってください。

新旧の制度を上手く利用して保険料控除を目指す

平成22年の税制改正に伴って、新旧の保険料控除が合わさる仕組みとなっていますが、どちらの制度も利用可能な場合には、できるだけ税金の支払いが安くなる方を選択して、確定申告や年末調整を行うことをおすすめします。新制度と旧制度を両方適用する保険契約の双方に加入している場合もありますので、その都度、保険会社に確認してください。

あるいは、税理士の方に相談してもらっても構いません。いずれにしても、保険料による税金控除は、国民のための仕組みであって、その仕組みを上手く活用することで、節税対策を進めていくことが大切です。払い込み保険料と控除額の対応を見ることで、どちらがよりお得なのか判断した上で、申告を行っていくようにしてください。

平成19年以降控除対象から外された保険

26866090 360279311048848 3463653676957040640 n
shingo.kinoshita.0727さんの投稿

いろいろな制度や仕組みが改正されていく中で、平成19年以降に控除対象から外された保険もあります。それが、いわゆる「旧長期損害保険料」で、平成19年以降は地震保険料控除という形で引き継がれることになりました。ただし、経過措置として、平成18年末までに契約した長期損害保険契約の場合は、従来の損害保険料控除の対象になっています。

ただし、その経過措置を利用した場合でも、地震保険料控除の最高控除額から減額されることになるので注意してください。損害保険と地震保険を合算した所得税控除は最大5万円、住民税控除は最大25,000円受けられることになっています。平成18年末以前の損害保険契約がある場合には、税理士に確認してから、節税対策を進めていくようにしてください。

保険料控除証明書を紛失した場合はすぐに保険会社へ連絡する

28435800 340503346356212 9155379268585259008 n
kakeishindanshi_officialさんの投稿

生命保険や地震保険などは、保険の支払い料に応じて税金の控除を受けることができますが、そのためには保険料控除証明書を手元に持っておく必要があります。保険料控除証明書は、毎年10月から12月頃にかけて各保険会社から自宅に郵送されてきますので、大切に保管しておいてください。紛失してしまうと、税金の控除を受けることができなくなります。

万一、保険料控除証明書を紛失してしまった場合には、速やかに保険会社に連絡するようにしてください。多くのケースで証明書を再発行してもらうことができます。まれに、再発行が断られてしまうケースもあるので、いずれにしても、保険料控除証明書は大切に保管しておくようにしてください。

配偶者特別控除も上手く活用する

保険料の支払いによっても控除を受けることができますが、結婚されて配偶者がいる場合には、配偶者控除による節税対策を進めていくこともできるので、積極的に利用していくと良いでしょう。配偶者の年収に応じて控除額も変わってきますが、一般的には38万円のラインと、103万円のラインが重要なポイントになっていきます。

配偶者の給与収入が、年間38万円以下であれば、無条件で配偶者控除を受けることができます。年間で103万円以上の収入がある場合には、税金などを差し引いた合計所得金額が76万円未満であれば、配偶者控除を受けることができます。こういった金額も頭に入れて、パートなどを行っていくと、お得な形で節税対策を進めていくことができます。

保険料控除は年末調整で忘れても再年調が可能

28157801 947507655405834 7942836960710623232 n
risingtrust_officialさんの投稿

保険料控除や配偶者控除に関しては、年末調整の際に出し忘れてしまった場合でも、再年末調整という形で、もう一度申告するチャンスがあります。年末調整自体は、翌年1月末に各市区町村に給与支払い報告書の提出までに行うことが定められています。したがって、翌年1月末までであれば、年末調整を行うことができますので、経理担当に相談してください。

Thumb個人事業主にかかる税金の計算方法と種類を解説!所得控除はできる?

節税のために受けられる控除はとにかく利用することが大切

生命保険料控除、損害保険料控除、社会保険料控除、地震保険料控除など、さまざまなタイプの保険料控除や配偶者控除なども存在しますが、こういった控除対象となる支払いを有効活用して、節税を進めていくことが大切です。普段、払いすぎている税金を取り戻すチャンスでもありますので、日頃から、自分が何にいくら払っているのか確認しておきましょう。

源泉徴収票で改めて保険料控除を確認する

26872905 789872997849704 4820124028297543680 n
mina233030_kakeiさんの投稿

会社員の方であれば、年末調整を終えて源泉徴収票を受け取ることができれば、その源泉徴収票に、保険料控除の内訳が記載されることになります。人によって、控除金額は変わってきますが、あらためてどれくらいの控除を行うことができるのか確認しておいてください。そのことが、翌年以降の税金控除に対するモチベーションにもつながっていきます。

27576982 1965669353753256 6710886885331304448 n
kakeishindanshi_officialさんの投稿

源泉徴収票をもらった時には、年間給与所得に目がいきがちですが、そういった控除もあるのだということを認識しておくことで、税金に関する興味、関心を深めていけるようにしてください。

保険料の控除で節税を目指そう

27891770 407247536381463 4105929984118358016 n
ari__kakeiさんの投稿

各種保険料の支払いには、節税対策として、税金の支払いを安く済ませることができる仕組みが整っています。そういった仕組みを有効活用していくことで、支払いすぎた税金を取り戻すことができるのです。会社員の方であれば年末調整で、フリーランスや自営業の方であれば確定申告で、それぞれ保険料控除による税金の還付を目指していきましょう。

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ