医療保険の選び方!基本的知識を知って自分に合ったおすすめ商品を探そう!

将来ケガや病気になったときの為にお勧めなのが医療保険ですが、数多くある保険商品で選び方を間違ってしまうと、多額の保険料を支払うことになってしまいます。この記事では、基本的知識を知って自分に合った医療保険の選び方について紹介しましょう。

医療保険の選び方!基本的知識を知って自分に合ったおすすめ商品を探そう!のイメージ

目次

  1. どんな医療保険がいいのか分からない
  2. 医療保険とは
  3. 医療保険のカラクリを知ろう
  4. より良い医療保険の選び方
  5. 医療保険の選び方ポイント
  6. 保険の選び方の基本・医療保険内容の選択
  7. 保険の選び方の基本・価格の選択
  8. 保険の選び方の基本・タイプの選択
  9. 医療保険会社の選択
  10. 掛け捨て型の医療保険
  11. 積立型の医療保険
  12. 支払い方法と保険期間
  13. 通院保障について
  14. 入院給付金について
  15. 日数について
  16. 特約の種類
  17. 特約について
  18. 保険料控除について
  19. 3大共済の医療保障比較
  20. 注目すべき医療保険商品とは
  21. おすすめの医療保険
  22. 医療保険選びの注意点
  23. 無駄なく自分に合った保障内容で選ぼう

どんな医療保険がいいのか分からない

誰でもケガや病気になる可能性は十分あります。その時にかかる医療費は頭が痛い問題です。おすすめは医療保険ですが、数多くある商品から一つを選ぶのは大変です。まずは自分に合ったタイプを見つける為に、基本的知識を得るべきでしょう。この記事では、医療保険の種類・メリットデメリット・選び方の基本的ポイント等を紹介します。

医療保険とは

28154348 400936877023383 3219135905985986560 n
mikawashika1997さんの投稿

人生の中で病気やケガをする経験は一度はあるでしょう。そのときに入院やケガの治療費を全額支払うのは大変です。この記事では、医療保険の種類や必要性について解説します。

医療保険の種類

医療保険の基本は、主に2つに分かれます。公的医療保険と民間医療保険です。地方公共団体が行う国民保険・企業が加入する健康保険組合などに医療保障があり、これで保障しきれない部分を保障するために入るのが、民間の医療保険になります。民間の医療保険では、原則として「治療を目的に病気・ケガで入院した場合の費用を保障する」保険です。

よく使う基本用語

28155986 1829694523768659 1026377826602844160 n
yukio.matsudaさんの投稿

保険契約者は保険会社と保険契約を結んでいる人、被保険者は病気ケガ保険の対象者、受取人は保険金を受け取る人、満期は保険契約が切れる日、保険料は契約者が保険会社に支払うお金のことです。他にも、給付金は被保険者が入院・手術の時の支給額、保険期間は保険契約保障期間、保険料払込期間は保険契約者が保険料を支払う期間を意味します。

医療保険の必要性

28152379 340464926458340 8245067908045078528 n
lifeinjapan1020さんの投稿

民間の医療保険は、公的医療制度対象外の費用に備えられるメリットがあります。先進医療費・差額ベッド代・食事や雑費などは公的医療制度が適用されません。全て自己負担になります。又、長期入院になると収入も減少してしまい、入院費等を支払うのが大変ですが、この部分も民間の医療保険でカバーできます。

医療保険は必要ない理由

民間の医療保険は必要がない場合があります。それは、公的医療制度が充実しているケースです。日本では充実した公的医療制度のもとで、中でも「高額療養費制度」は保険適用の医療費の自己負担額を一定限度に抑える仕組みで、高額な医療費を負担する必要がありません。

医療保険が最も必要な人とは

28158425 2062889027292433 4869094425067782144 n
une_partieさんの投稿

医療保険の役割は、病気・ケガで入院・手術をするときの経済的負担を軽減させることです。貯蓄がしっかりしている家庭であれば、思わぬ出費や収入源でもある程度まかなえるので必要がありません。しかし、家計に支障が出る恐れがある家庭は、医療保険に入っておいた方がよいでしょう。

医療保険のカラクリを知ろう

13734397 271244919916872 1150056492 n
hokenclinic_ishigakiさんの投稿

医療保険は生活していく中で、医療費を抑える為にも必要な保険になります。しかし、実際その内容についてきちんと知識を把握している人は少ないのが現状です。この記事では、子供やお年寄りに必要な保険なのか、意外と知らない落とし穴について紹介します。

医療保険がおりないケースもあり

27575190 156850168443663 6398309546464378880 n
chie.sugar1112さんの投稿

医療保険に加入していても、病気やケガでも場合によっては保険がおりないケースもあります。例えば同じ病気で再入院した場合、前回の入院日数を引き継いで「1入院」とカウントする決まりがあるので、1回目の入院からカウントして全ての日数分の入院給付金が受け取れない可能性があるのです。
 

三大疾病保障特約の落とし穴

三大疾病とは、がん・脳卒中(くも膜下出血、脳内出血、脳梗塞)・急性心筋梗塞の総称です。これらの病気で所定の状態になった場合、特約特定疾病保険金が支給されます。この「所定の状態」がネックであり、例えばがんの場合は、悪性新生物と診断確定されたときのみ、支払われることになるので注意しましょう。

老後の医療保険は必要?

28433297 229689604244371 5905952354124955648 n
ureshino.mebukiさんの投稿

病気にかかるリスクは、年齢を重ねるにつれ高くなってきます。70歳以上になると入院・外来ともに受療率が高くなってくるので、医療費は馬鹿になりません。貯蓄で対応できる人はいいですが、年金だけでは心寂しい人は、経済的に蓄えておく必要があるでしょう。少しでも医療費を抑える意味でも医療保険は検討する必要性が出てくるのです。

子供の医療保険は必要?

28153730 785534038312759 3731468248189763584 n
yukimoomiiinさんの投稿

子供の医療では、入院ではなく通院が多いのが基本です。しかし、民間医療保険が保障するのは入院費が基本なので、特約を付けないと保障対象外になります。とはいっても18歳未満の子供がいる家庭を支える子育て支援制度の中には、子供の医療費を助成するサービスも含まれているので、民間医療保険に入る必要は特にないでしょう。
 

より良い医療保険の選び方

26868477 534545470249746 3536799585643003904 n
existripさんの投稿

医療保険といっても色々な種類があるので、その中から一つを選ぶのはとても難しいものです。より良い医療保険を選ぶには知識とコツが必要になります。この記事では、入院保障・安さ・アフターサービス等項目別に選ぶポイントを紹介します。

入院保障を選び方ポイント

入院日額とは、保険会社から支給される入院1日の入院給付金のことです。入院日額をいくらにするのかが基本の選択基準になります。毎月支払う保険料によって金額はまちまちであり、5000円未満から40,000円と幅広く用意されているのです。一般的に1万円以上の入院日額は、食事代・ベッド代・日用品代が含まれるのでおすすめになります。

特約を選び方ポイント

13694702 915927395220703 222098832 n
doctorkim_laser_staffさんの投稿

医療保険は、基本的な保障の他に、希望に応じて特約をプラスすることが出来ます。基本は「入院1日あたりの保障」「手術を受けた時の保障」ですが、それだけでは不安に感じている人は、予算に応じてオプションを付けていくとよいでしょう。

安さで選び方ポイント

28155254 155518291828135 4313313227330027520 n
wdbw8882018さんの投稿

毎月支払う保険料なので、無理なく支払える範囲で加入するのが基本です。あれもこれも欲張ってしまうと、後々支払いが大変になってくるので、途中解約しないようにしっかり知識を得てから、判断基準を設けて無理せず保険料を決めましょう。

アフターサービスで選び方ポイント

26151321 318972118593840 3658888360358838272 n
hondacarshokkaidoさんの投稿

保険会社によっては、セカンドオピニオンサービスとして、電話による24時間対応可能の医療相談が受けられるのです。「T-PEC」と呼ばれており、専門の医療スタッフが対応するので、病気・ケガの時にも安心でしょう。こういった手厚いサービスを受けられる保険会社選びも判断基準の一つになります。

選び方が分からないときは専門家に相談

25015774 385094255245989 5093106892591333376 n
aya.t01230さんの投稿

まだ医療保険について漠然とした知識しかないという方は、自分の判断基準では失敗してしまうかもしれません。そこで自分で保険探しをするのではなく、知識の豊富な専門家に自分の状況や希望を伝えた上でベストな医療保険を紹介してもらうのがおすすめです。

医療保険の選び方ポイント

24124957 360079074416747 7734737136565354496 n
hokenclinic310さんの投稿

医療保険には色々な種類があります。その中で自分にマッチした医療保険を選ぶことが無難でしょう。この記事では、医療保険を選ぶポイントについて、項目別(医療保険内容・価格・タイプ・保険会社)に紹介しましょう。

医療保険内容での選び方

医療保険選びで最も大事なのは、医療保険内容。基本となるのは、自分に必要な保障の内容を選ぶ・保障限度日数で選ぶことです。医療保険の基本は「入院日額」で、どの医療保険もそう大差がありません。不安に感じるのであれば、+特約(通院・退院・三大疾病・がん・女性疾病入院・健康祝い金)等を付けるようにしましょう。
 

価格での選び方

28429259 269499033586967 7060586305142390784 n
gate_stagramさんの投稿

医療保険の内容が決まったら、今度は価格の選択です。払込期間の選択・保険商品ことの保険料の比較をしていきましょう。払込期間はいつまで保険料を払うのか選択できるようになっています。主に終身払いと短期払いの2つに分かれます。次に保険商品ごとの保険料の比較であり、特約等あまり付加せずシンプルな内容のものを選ぶと無駄がありません。

タイプでの選び方

23421993 544151822638174 7860142046940495872 n
tasanu_さんの投稿

医療保険タイプは掛け捨て型か貯蓄型・終身医療保険か定期医療保険の選択があります。掛け捨て型は解約した時に払戻金がなく、保険料を支払っている間だけ保障、貯蓄型は保険料が積立されて満了になるとまとまった金額を受領可能です。終身医療保険は契約中ずっと続く保証、定期医療保険は期限が限定されているので、保険料が割安になります。

保険会社での選び方

11256690 842926575755915 443972580 n
carpediem_kzhさんの投稿

保険商品内容も大事ですが、その運営を行っている保険会社の存在も大事でしょう。例えば倒産してしまった場合、「生命保険契約者保護機構」によって、一定の契約者保護を受けられます。もともと保険会社では加入者の保険料から積立を行っているので、倒産しても保障はなくなりません。

保険の選び方の基本・医療保険内容の選択

28157495 552138565166120 7199792272584474624 n
s.fujiwaraさんの投稿

医療保険に加入する場合、どんな保障がされるのかしっかりと把握しておくことが大切です。後になって保障されない部分に嘆くことがないように事前にチェックしておきましょう。この記事では、自分に合った保障内容・1回の入院あたりの保障限度日数で選ぶポイントを紹介します。

自分に必要な保障内容での選び方

医療保険を選ぶ判断基準は、しっかり保険商品の保障内容を知っておくことです。基本保障だけでは頼りない場合、通院・退院・三大疾病・がん・先進医療・女性疾病入院・健康祝い金と言った特約を付けると安心でしょう。

1回の入院あたりの保障限度日数での選び方

28432989 1796932383943698 3569679325525442560 n
nodoca.uniさんの投稿

保障限度日数とは、1回の入院で何日までが医療保険の対象になるのかということです。一般的にほとんどの病気が1回の入院で退院まで60日以内となっているので、主流は60日になります。しかし、がん・心筋梗塞・脳卒中は長期入院になる可能性がある為、入院限度日数を増やせる保険を探してみましょう。

保険の選び方の基本・価格の選択

26065849 820238851492940 2871725613549355008 n
7_o_k_1さんの投稿

保険を選ぶ上で大事なのは価格の選択です。より良い条件の保険でも長く支払っていく為、保険料の価格を見極めなければいけません。この記事では、払込期間・商品ごとの保険料比較・クレジット支払いでお得になる方法を紹介します。

保険料の払込期間での選び方

終身医療保険は、保険料をいつまで支払うのかについては選択が可能です。保険料の払込期間は終身払いと短期払いになります。終身払いは一生涯支払いが続き、短期払いは60歳・65歳まで等短く払い込むスタイルです。月々の支払いは終身払いの方が安くなり、短期払いは割高になりますが、老後は保険料を払いたくない人は短期払いが推奨されます。

保険商品ごとの保険料を比較する

出来るだけ保険料をかけたくない場合、ネット生保の商品であれば、その保険会社のHPにて商品保険料等を比較することが出来ます。一般保険会社の場合は、HPに保険料が載っている場合と載っていない場合があるので、資料請求をして比較するのが最も確実です。

クレジットカード支払いがおすすめ

28151913 991611140995724 7561300709270880256 n
kumasan_kodomo_clinicさんの投稿

最近では、保険料をクレジットカードで支払う人が増えてきました。医療保険は補償内容で決めるのが基本ですが、長く支払っていくのでクレジットカード決済にするとポイントが貯まっておすすめです。検討してみる価値はあるでしょう。

保険の選び方の基本・タイプの選択

27578690 1423784261066818 3597116959591759872 n
aku_tinさんの投稿

医療保険は色々な種類があるので、選ぶのに迷ってしまうかもしれません。まずは自分に合ったタイプを選んでみましょう。この記事では、掛け捨てか貯蓄型か・終身医療保険か定期医療保険か、どちらの選択が良いのかについて解説していきます。

掛け捨てor貯蓄型の選び方

医療保険をタイプ別に選ぶときは、掛け捨て型か貯蓄型かを選ぶ必要があります。掛け捨ては解約したときに払戻金がなく、貯蓄型は保険料が積立されて、解約のときに払戻金が出るのです。保険料を安くしたいのであれば掛け捨て型、まとまって戻ってくる方がお得と感じるのであれば積立型がおすすめになります。

終身医療保険or定期医療保険の選び方

終身医療保険は解約しない限り保障が続くのに対して、定期医療保険は期間が限定されています。最初の段階では保険料は定期医療保険の方が安くなるのですが、更新で保険料が上がる為、出来るだけ保険料を抑えたい場合は終身医療保険がおすすめでしょう。

医療保険会社の選択

27578944 176438079788533 6259267496449146880 n
hoken_homemate_researchさんの投稿

医療保険商品の具体的な内容を知ることは、失敗しない為にとても大事な要素です。保険商品に納得したら、保険会社について調べましょう。この記事では、保険会社は選ぶべきか、万が一のときにどう対処すべきか考えていきましょう。

保険会社は倒産する?

自分に合ったより良い医療保険を選べたとしても、保険会社が倒産してしまったらどうなるのか不安に思っている人も多いでしょう。生命保険会社が破綻しても「生命保険契約者保護機構」で契約者保護されており、責任準備金(将来の為に保険料の一部を積み立てた金額)があるので、特に問題はありません。

掛け捨て型の医療保険

掛け捨ては、その名の通り、掛けっぱなしの医療保険です。具体的にはどんな特徴を持っているのか気になるところです。この記事では掛け捨て型はどんな保険なのか、メリットやデメリットを交えて紹介しましょう。

掛け捨て型医療保険はこんな保険

25008899 550137402011666 5944096289393213440 n
nanairohomeさんの投稿

満期・更新・途中解約の時にお金が戻ってこないタイプの医療保険です。払った保険料(掛け金)が戻ってこないことから掛け捨てと呼ばれています。お金が戻ってこないことで損をしていると勘違いしやすいですが、毎月の保険料を支払うことで万が一の時の補償がしっかりされるので、適した医療保険と言えるでしょう。

メリット・デメリット

掛け捨て型のメリットは、積立と比べると保険料が安く、加入後により条件の良い医療保険を見つかった時に見直ししやすい点です。一方、デメリットとなるのは、病気やケガをすることが無ければ保険料が無駄になってしまう点が挙げられます。

積立型の医療保険

26408582 171298870151909 1498319712239484928 n
nhome4752さんの投稿

掛け捨て医療保険は勿体ないと思っている人にぴったりなのが積立型医療保険です。その名の通り、積立貯金が出来る点が魅力的でしょう。この記事では積立型医療保険の特徴やメリット・デメリットについて挙げていきます。

積立型医療保険はこんな保険

積立型医療保険は、中途解約の時にお金が戻ってくるタイプの保険です。「満期保険金」「解約返戻金」「健康還付金」等あり、医療保険の種類によって変わってきます。満期は所定の年齢に達した時、解約返戻金は解約する時、健康還付金は一定期間まで健康で保険利用が無かった場合のボーナスとして受け取れるタイプです。

メリット・デメリット

26867228 1843551138997911 1057445614272380928 n
straightsailさんの投稿

積立型のメリットは、基本病気・ケガをしなくても保険料が無駄になりにくいということです。又、場合によっては貯蓄として活用できるので資産運用に繋がります。一方、デメリットは毎月の保険料負担が大きい点です。保障と貯蓄を一度に活用したい人にとってはぴったりの保険でしょう。

支払い方法と保険期間

42742315 950470841811554 615531605938667520 n
riiiiina666さんの投稿

医療保険の保障を受けるには、毎月の保険料支払いが必要です。医療保険のタイプによって支払い方法や保険期間も異なってきます。この記事では、支払い方法・保険期間それぞれの種類や特徴について解説しましょう。

支払い方法「短期払い」・「終身払い」

終身タイプの医療保険の支払い方法は、大きく分けて「短期払い」「終身払い」の2つになります。短期払いは保険料支払い後も保障は一生涯続くのに対して、終身払いは保障も保険料支払いも亡くなるまで続く支払い方法です。毎月の保険料に関しては終身払いは安く、短期払いは割高になります。

保険期間「定期タイプ」・「終身タイプ」

26223534 1640965729296293 8652146832505307136 n
nuts_icubeさんの投稿

医療保険の保険期間は、「定期タイプ」「終身タイプ」に分かれます。定期タイプは保険期間が限定しており、一定の期間で保障が終わる医療保険です。一方、終身タイプは保険期間に限定はなく、一生涯保障が続く医療保険になります。保険料は定期タイプが割安、終身タイプが割高に設定されているのです。

通院保障について

28428894 173631033265329 9071069073449680896 n
nk_nozakenさんの投稿

ちょっとしたケガや病気は、入院対象にはならず通院が多くなります。この通院に対して医療費補償されるのが通院保障です。この記事では、通院保障の必要性や現代医療の実情について解説します。

通院保障は必要なのか

医療保険に加入したいと思っても、通院保障は必要なのか迷う人も多いでしょう。最近の傾向は入院日数が40日から31日と短期化しています。医療費が増加することで通院に切り替える人が増えているのでしょう。とは言っても通院回数が増えることになるので、通院保障がされる医療保険は必要性を増してくるのです。

入院治療から通院治療が主流に

28428758 224638654769941 6080808019002654720 n
taka.914さんの投稿

通院治療が主流になったからと言っても、病気の種類によっては長期入院を余儀なくされる場合もあります。常時看護の必要性が無くなると、自宅から通う形での治療もOKになってくるのです。基本は自己判断ではなく医師の判断基準の元に通院へ切り替えるパターンが多くなります。

入院給付金について

22352336 530511247284595 4499139497107128320 n
youmayouma2017さんの投稿

入院することになった場合、気になるのが入院費用でしょう。その時に役立つのが医療保険の入院給付金です。この記事では、入院給付金で気になる疑問について、一緒に解決していきましょう。

5,000円or10,000円どっちが良い?

入院給付金の基本は1日につき5,000円か10,000円タイプになります。例えば入院給付金日額が5,000円で10日間入院した場合、50,000円が給付されるのです。基本は医療保険の入院給付金日額として5,000円あれば安心だと言われています。ただし、差額ベッド代・食事代等は自腹になるので、その部分もまかないたい場合は10,000円タイプがおすすめです。

入院給付金の支払い限度日数

20635252 446347365751876 7780652999839318016 n
chika0728さんの投稿

医療保険の1入院の入院給付金支払い限度日数は、60日タイプ・120日タイプ・180日タイプ・360日タイプ等幅広くあります。これらのタイプで基本となるのが60日タイプで、平均入院日数は31.9日なので十分カバー可能です。
 

倍率一律タイプor倍率変動タイプどっちが良い?

医療保険の手術給付金は、基本は入院給付金日額に連動しており、「倍率一律タイプ」と「倍率変動タイプ」に分かれます。倍率一律型は、手術の種類関係なく手術給付金が一定、倍率変動型は手術給付金が変動します。倍率一律型は入院給付金の20倍の金額固定で、倍率変動型は手術判断基準で入院給付額の10倍・20倍・40倍のどれかが該当します。

日数について

23347973 512321549131665 8796296912895475712 n
colorful_signさんの投稿

ケガや病気で入院することになる場合、初めての経験では不安に感じるものです。しかし最も気になることは医療費でしょう。この記事では、入院の際の日数について、通算限度日数も交えながら紹介します。

入院日数

医療保険を選ぶ際に、入院給付金の日額を決めることになります。タイプは複数あり、5000円・7000円・1万円・15,000円等あるのです。高額療養費制度を考慮して、入院した場合に1日あたりかかる費用を計算すると、70歳未満・一般所得者は、1か月あたりの自己負担額は、約9万円強が上限で、30日で割ると約3,000円が上限になります。

通算限度日数

通算支払い限度日数は、720日・735日・1000日・1095日等があり、短期入院型保険の場合は、どれでもOKです。ただし、1095日というとかなり長いスタンスになるので、長期入院型保険の場合には必要でしょう。自己でしっかり判断基準を高め、知識を得てより良い商品を選ぶことがおすすめです。

特約の種類

25016147 336023300199773 4186664326922240000 n
makitty0731さんの投稿

基本となる補償の他に付けたい補償が特約商品です。判断基準を間違えてしまうとかえって保険料が高くなってしまいます。この記事では、特約の種類について商品の特徴などを紹介します。

先進医療特約

先進医療とは、高度医療技術にて保険給付の対象になるのかどうか評価が必要な療養です。全額自己負担になるので注意が必要でしょう。先進医療特約では、1000万から2000万円まで出る特約で、上限は商品によって異なります。保険料は、月数十円から100円程度です。

女性疾病特約

28158454 174185676543890 3764421629581459456 n
svetafahakさんの投稿

女性特有の疾病で給付金が出た時に給付される特約商品で、「女性専用」なので人気があります。女性特有の疾病が普通の病よりも高額になる場合は、女性疾病特約がおすすめでしょう。

がん特約

26866068 226758077868376 5658483386570768384 n
maltajojiさんの投稿

がんでの入院・手術・がんの診断があったときに給付金がでる特約商品です。がん治療は高額医療費がかかるので、保険でカバーするのは必然的です。特にがん家系であったり、遺伝子検査でがんになる可能性がある、ヘビースモーカーの人は検討がおすすめでしょう。

三大疾病特約

23970221 1503279306415423 864562584378933248 n
leis_chiryoinさんの投稿

入院1年以上の退院患者のうち、3大疾病が原因の割合は約3割です。入院には入院費がかかってくるので、保険でカバーするのは必然的です。医療保険の中には3大疾病特約が付いているか、元々特約ではなくて本体に組み込まれている場合もあります。

健康祝い金・健康ボーナス

28153930 1401975789912397 4812838419438764032 n
kasu.hiro_5181さんの投稿

保険期間中に健康で病院に通うことが無かった場合、健康祝い金・健康ボーナスが給付されます。しかし、付けるかどうかは自分の判断基準が重要です。その分、保険料が上乗せされてしまいますが、「介護医療保険料控除」により、8万円以上の医療保険・がん保険・介護保険の保険料支払いで、所得税最高4万円、個人住民税最高2.8万円控除が可能です。

特約について

28155244 1084614778346543 7660920452772003840 n
d.noktoさんの投稿

今加入している医療保険の判断基準で保障が十分であれば、特に問題はありません。しかし、それだけでは不安に感じている人もいるでしょう。この記事では、各医療シーンにおいて特約は付加すべきなのか否かの知識について解説していきます。

先進医療特約は付加すべき?

16465680 2144775582414838 1237547392723582976 n
yu0119koさんの投稿

先進医療でかかった費用は、全額自己負担になります。例えば先進医療にかかる技術料は陽子線治療約268万円・重粒子線治療約308万円ととても高額です。基本の判断基準としては当然保険が必然的であり、知識を持って特約商品を選びましょう。

女性特約は付加すべき?

三大疾病特約は付加すべき?

28152550 1641918982511502 5540653248022577152 n
cb750.u_ki.73z1さんの投稿

乳がん・子宮体がん・子宮頸がん・卵巣がんなど、女性特有の病気補償におすすめの特約商品です。判断基準としては必ずつけるべきものではなく、普通の病気療養費よりも高くなってしまうことはあまりないので、知識を持って付けるかどうか決めましょう。

がん特約は付加すべき?

26866041 552326125105008 5584409103523905536 n
michisiruveさんの投稿

医療保険のがん特約はがん診断特約・がん入院特約・がん通院特約があります。がんは大きな費用がかかる病気なので、がんに対して何かしらの保険に加入しておくことは大事でしょう。問題はがん特約か単体のがん保険かで、シンプルに無駄なく重複なくがんに対する保障にしたいのであれば、がん特約がおすすめです。

保険料控除について

10784810 796050097120699 1146639982 n
lavi0510さんの投稿

毎月の医療保険料は高く、出来るだけ安く抑えたいと思うものです。もしも支払った保険料が戻ってきたら、家計も助かります。この記事では、お得になる保険料控除について解説していきましょう。

介護医療保険料控除

介護医療保険料控除が新設され、2012年以降の契約では、8万円以上の保険料支払いの場合、所得税最高4万円・個人住民税最高2.8万円の控除が適用されるのでおすすめです。毎年1~12月の保険料に応じて一定額が所得から控除される仕組みになっています。

3大共済の医療保障比較

12501909 175179002844423 149446093 n
_n_k_g_w_さんの投稿

3大共済は、都民共済・全労済・コープ共済です。これが代表的な共済になります。この記事では、3大共済の特徴や医療保険比較について紹介します。

3大共済の基本的特徴

保険よりも手ごろな掛け金で保障を受けられる共済は、都(道・府・県)民共済・全労済・コープ共済が代表的な3大共済と呼ばれます。都民共済は全国都道府県加入な事業団体、全労済は厚生労働省の認可を受けて行っている事業、コープ共済は生協組合員の死亡・病気・事故に伴う負担を支え合う事業です。

医療保険比較

23969416 295199104306987 3200100872923119616 n
kyocchi.kyocchiさんの投稿

都民共済は事故入院18から60歳1万円・60から65歳7,500円、病気18から60歳1万円・60から65歳7,500円、事故通院1,500円、手術18から60歳2.5万5万円10万円・60から65歳1万円2万円4万円、先進医療18から60歳1から150万円・60から65歳1から75万円、死亡重度障害18から60歳10万円・60から65歳5万円になります。

28158006 1985907541663927 638378229203206144 n
ilovelapin.624さんの投稿

全労済は、入院日額6,000円、事故通院2,000円、手術一律6万円、先進医療600万円、死亡重度障害50万円です。コープは入院日額が5,000円、通院日額1,500円、長期入院30万円、手術2・4・8万円、死亡重度傷害10万円+100万円、事故後遺障害4から100万円、住宅災害3・15・30万円になります。

注目すべき医療保険商品とは

医療保険といっても色々な種類があります。その中でおすすめの保険はどのタイプなのか、気になるところです。この記事では、注目すべき医療保険商品をいくつかピックアップしてみましょう。

長期入院リスクをヘッジできる共済

一部の特定企業・団体・公務員構成員のみが加入できる定期タイプのおすすめ共済です。例えば180日・1年契約で80から90歳まで1年間180万円の共済金ができます。

非営利で給付が幅広い互助会

26283926 205562650008524 926058643382599680 n
yasukun4588さんの投稿

一部の企業や公務員は「互助会」というシステムがあり、毎月保険料を支払い、入院・通院で給付金が出る一般の医療保険と同じです。ただし、一般の医療保険では判断基準がおりない歯科医療、眼科・耳鼻科も給付金が出ます。

混合診療解禁後は対応の医療保険

28156813 186131608662287 2899705749229797376 n
lindomar.tokumaruさんの投稿

混合診療とは、健康保険の範囲内は健康保険で、その他の部分を自己負担になることです。おすすめメリットは、知識が必要な最新医療技術の治療を受ける等幅が広がるので、より効果的な治療が出来るでしょう。

おすすめの医療保険

24845614 1577586255663556 5930055130769522688 n
leis_fcさんの投稿

数多くある医療保険の中で、一つに決める判断基準の知識はなかなか身につかないものです。この記事では、中でも人気が高く、おすすめの医療保険を紹介します。

オリックス生命:新CURE(キュア)

七大生活習慣病を手厚く保障し、約1,000種類の手術・先進医療の知識・技術料を通算2,000万円まで保障します。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命:新・健康のお守り

927419 887782684585120 1803417575 n
doshisha_pomさんの投稿

病気・ケガの日帰り入院や手術費用、特約による公的医療保険で判断基準がおりない・適用されない、知識が必要な先進医療技術料も一生涯サポートします。

Thumb女性向け医療保険の選び方!ポイントは先進医療?人気商品は特約も充実!

医療保険選びの注意点

医療保険はしっかり知識をもって選ぶことがポイントです。無駄な掛け金にならないように、適した判断基準が必要でしょう。この記事では、入院・手術・通院についての保険加入で注意すべき点について紹介します。

入院保障について

28155761 1807309442906329 2065713350494388224 n
t.t.vipthuglifeさんの投稿

医療保険は入院給付金がベースとなりますが、加入時には入院保障を判断基準に考えなければいけません。入院日額は5千円や1万円ですが、最大の支払い日数について選ぶ必要があるのです。60日保障がメインですが、120日・180日対応も考慮しておいた方が良いでしょう。

手術保障について

医療保険の手術給付金は、保険会社所定の手術のみ支払われます。その為、手術保障を受けたいのであれば、所定の手術を判断基準として検討する必要があるのです。

通院保障について

医療保険は特約で通院保障が付けられます。通院外来で日額3千円・5千円が支給されますが、全ての通院ではなく加入している保険次第なので注意が必要でしょう。知識を得てから加入を決めてください。

無駄なく自分に合った保障内容で選ぼう

24327824 138192343623260 2845775167743852544 n
hoken.senkaさんの投稿

いかがですか。医療保険と言っても色々な種類があり、どれが自分に合っているのか、しっかり見極めることが大事です。その為にはきちんと医療保険の特徴や商品知識を身に着ける必要があるでしょう。保険の選び方を間違えてしまうと、余計な掛け金がかかってしまうからです。正しい保険の選び方を学んで、より良い保障を受けましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ