生命保険で税金は発生する?対策を講じて損しないマネーライフを!

生命保険で税金は発生するのかどうかについて、詳しくご紹介していきます。就職、結婚、妊娠、出産など、さまざまなライフステージに応じて、加入の検討が必要になる生命保険ですが、税金はどうなっているのでしょうか。対策も含めてご紹介していきます。

生命保険で税金は発生する?対策を講じて損しないマネーライフを!のイメージ

目次

  1. 生命保険と税金の関係について把握しよう
  2. ライフステージに合わせて加入を検討するべき生命保険
  3. 生命保険に税金はかかるのか?
  4. 3人の登場人物がいる生命保険の契約
  5. 受取人によって税金の種類が変わるのが生命保険
  6. 生命保険の税金は登場人物を把握することがポイント
  7. 生命保険の税金として贈与税がかかるケース
  8. 生命保険の税金として所得税がかかるケース
  9. 生命保険の税金として相続税がかかるケース
  10. その他の税金控除もお得な生命保険の相続税事情
  11. 相続税改正によって生命保険の税金申告対象者が増える?
  12. 生命保険の税金改正:相続税率の引き上げ
  13. 生命保険の税金対策:相続税対策
  14. 生命保険には税金がかからない給付金もある
  15. 生命保険の税金対策として控除を上手く利用する
  16. 税金対策として生命保険料の控除枠が12万円に拡大
  17. 【生命保険料控除】会社員の税金対策:年末調整
  18. 【生命保険料控除】自営業:確定申告
  19. 学資保険も一般生命保険料控除の対象になる
  20. 学資保険の満期受取時に税金はかからない
  21. 学資保険の満期受取時に受取人と契約者が異なると贈与税がかかる
  22. 生命保険の解約返戻金に税金はかかるのか?
  23. 生命保険会社からの給付金で税金が非課税のものを選ぶ
  24. 生命保険は誰でも加入できる保険ではない
  25. 生命保険の税金対策:所得税の計算方法
  26. 生命保険の死亡保険金にかかる税金はどうなるか?
  27. 生命保険の相続税にかかる税金額
  28. 生命保険の贈与税にかかる税金額
  29. 控除を上手く活用して税金対策を行うことが重要
  30. あらゆる対策を講じて豊かなマネーライフを実現する
  31. 生命保険の受取人を工夫することで税金対策を進める

生命保険と税金の関係について把握しよう

37915778 663475807361958 2437119358925799424 n
okine_kakeikanriさんの投稿

生命保険に税金はかかるのか、税金がかかるものにはどれくらいの金額となるのか、節税対策を行うことができるのかといった点を把握していけると良いでしょう。少しでも納税の負担を緩和していくことで、豊かな生活を送っていくことができます。そのために、生命保険と税金の関係について覚えて、豊かなマネーライフを実現していきましょう。

ライフステージに合わせて加入を検討するべき生命保険

27890558 929760210522870 3753123301497503744 n
ri.juj.tさんの投稿

どんな保険に関しても言えることですが、生命保険に関しても、さまざまなライフステージを検討した上で、加入を検討するべき保険の種類と考えることができます。保険は自分のために加入することが多いですが、生命保険の場合は、どちらかと言うと、残された家族のために加入するという要素が強くなっていきます。

そういった意味では、独身時代に加入するというよりも、結婚や妊娠、出産という段階に応じて加入するのが生命保険というタイプの保険であり、家族にとって欠かせないタイプの保険となります。そういった生命保険と税金の関係について、より深く理解していくことで、損をしないマネーライフを送り続けていくことができます。

生命保険に税金はかかるのか?

27894429 795882707273606 5360152123512193024 n
s2mioz__homeさんの投稿

基本的に、生命保険にも税金がかかります。生命保険にも、相続税や所得税、贈与税といった税金がかかるのが一般的であり、受取人や契約者に応じて、その税金の種類も変わってきます。したがって、いかに生命保険にかかる税金を抑えられるかというところも大きなポイントであり、損をしないための対策を講じていくことも重要な点です。

また、生命保険に税金がかかると言っても、契約の仕方によっては非課税になる場合もあります。一方で、契約仕方によっては、多額の税金がかかってしまうこともあります。その仕組みは、とても複雑なものになっており、なかなか一般人では理解することが難しくなっています。

したがって、こういった記事を参考にすることで、少しでも生命保険と税金の関係について理解や知識を深めていくことが大切になってくるのです。何も知らないと、損してしまう可能性も大きくなってくるので、多少の知識を持っておくことで、ぜひ、損をすることなく、得をできるマネーライフを送っていくことを目指していきましょう。

Thumb生命保険の種類を調査!特徴を把握して自分に最適な商品の選び方!

3人の登場人物がいる生命保険の契約

生命保険には、主に3人の登場人物が出てきます。それは、契約者と被保険者と受取人の3人です。契約者とは、文字通り、保険の契約を敢行し、実際に保険料を負担する人のことになります。一般的には、契約者と被保険者が同じ人になることが多く、自分が自分に保険をかけるという契約形態は少なくありません。

27880023 1582879465142282 6602112019606798336 n
risingtrust_officialさんの投稿

その被保険者とは、保険の対象となる人のことで、生命保険の場合は、被保険者が死亡した場合に、保険金がおりることになります。つまり、被保険者が亡くならない場合には、保険金を受け取ることができないということです。被保険者に関しては、一度保険契約を行った後で、契約の途中で変更することはできません。

これは、保険契約を結ぶ際に、被保険者の性別や年齢、健康状態などを細かくチェックした上で、保険料を決めたり、死亡した場合の保険金を決めたりすることに起因しています。つまり、途中で被保険者を変更できてしまうと、最初に締結した際の保険料や保険金との齟齬が出てきてしまうために、契約の途中で被保険者を変更できないことになっているのです。

27879892 191055658156164 1457397972512800768 n
willraise_instaさんの投稿

契約者と被保険者についてご紹介したところで、3人目の登場人物は受取人となります。受取人は、文字通り、保険金を受け取る人のことであり、被保険者と違って、契約の途中でも変更することができます。契約者もそうですが、被保険者以外は、途中で変更をすることができるので、税金対策として、必要に応じて柔軟に変更していくと良いでしょう。

受取人によって税金の種類が変わるのが生命保険

28155406 885390388287330 5506802244235821056 n
apexformatさんの投稿

上記で、生命保険の契約に際しての登場人物が3人いることをご紹介しましたが、その3人のうち税金に深く関わってくるのは、受取人の存在です。つまり、受取人を誰にするかによって税金の種類や金額が変わってくるので、損をしないマネーライフを送るためにも、保険金の受取人を誰にするのかというのが、重要な問題になっていくのです。

まず、生命保険にかかる税金には3種類あり、相続税、所得税、贈与税の3種類となっています。生命保険の税金で、一番多くかかってくるのが相続税です。例えば、契約者と被保険者を夫にして、保険金の受取人を妻や子にした場合には、妻や子に相続税がかかります。これが一般的な生命保険の掛け方であり、多くの場合は相続税がかかることになります。

27880289 938444302980861 6080683228727869440 n
manamanamoneyさんの投稿

続いては、贈与税になるケースですが、これは契約者と被保険者が異なる人物で、さらに契約者以外の人が保険金を受け取った場合にかかる税金です。例えば、生命保険の契約者が夫で、被保険者が妻、受取人が子だった場合に、子に贈与税がかかることになります。これはまれに見られるケースですが、生命保険の掛け方としては一般的ではありません。

最後に、所得税になるケースについて見ていきましょう。生命保険の税金の種類が所得税になるのは、契約者と受取人が同一人物の場合です。例えば、契約者が夫で、被保険者が妻、受取人が夫の場合、契約者と受取人が同一人物になりますので、この場合ですと、夫に所得税がかかることになります。こちらも贈与税と同様、それほど多いケースではありません。

Thumb生命保険受取人の選び方!相続人と他人で違う税金から名義変更まで解説!

生命保険の税金は登場人物を把握することがポイント

税金の種類や登場人物についてご紹介してきましたが、生命保険にかかる税金に関しては登場人物を把握することが、まず第一のポイントとなります。契約者と被保険者、受取人という言葉の定義と意味をしっかりと理解した上で、それぞれの登場人物で家族の誰を当てはめるかというのを検討していくと良いでしょう。

一般的に考えれば、契約者と被保険者を同一人物にして、受取人をそれ以外の人にするのが通常の生命保険の契約の結び方となります。つまり、契約者と被保険者を夫にして、受取人を妻にするというような契約形態です。こうすることで、夫に万一のことがあった場合に、その保険金を妻が受け取ることができます。

その逆パターンもよくあるケースで、契約者と被保険者を妻にして、受取人を夫にするというパターンです。この場合は、妻に万一のことがあった場合に、保険金を夫が受け取ることができます。いずれにしても、こういったケースにかかってくるのは相続税であり、後ほど詳しくご紹介しますが、相続税が税金対策としては一番メリットがあるタイプとなります。

27580210 357826751293261 8380990557672964096 n
risingtrust_officialさんの投稿

税金の種類とかかり方を把握することで、誰をどこに当てはめれば良いのかといった検討材料にもつながっています。そのための前段階として、契約者、被保険者、受取人の3人の登場人物を改めて把握しておくことがポイントであり、効率的な税金対策を進めていくことができます。

Thumb生命保険料控除の計算方法を解説!自分でできる?簡単な手順も紹介!

生命保険の税金として贈与税がかかるケース

それでは、改めて生命保険に対しての税金のかかり方をケース別に見ていきましょう。まずは、贈与税がかかるパターンです。生命保険に贈与税がかかるのは、契約者と被保険者が異なり、さらに受取人が契約者と異なるケースとなります。例えば、契約者が妻で、被保険者が夫、受取人が子といったケースでは、贈与税がかかってくることになります。

27879509 149070102457786 2427603158801842176 n
misora_hoken_izumoさんの投稿

この場合、夫が亡くなった段階で、子に保険金が支給されることになります。保険料を負担している妻は健在で、本来妻が受け取るべき保険金を子が受け取るという形になることから、生前贈与という形になり、贈与税がかかってくるのです。

贈与税の場合は、死亡保険金から基礎控除の110万円を引いた金額が課税所得として、課税されることになります。その計算式としては、「死亡保険金額ー110万円(基礎控除)=課税所得」という形になり、子に贈与税がかかることになります。あまり一般的なケースではありませんが、生命保険には、贈与税もかかるということを頭に入れていくと良いでしょう。

生命保険の税金として所得税がかかるケース

続いては、生命保険の税金として、所得税がかかるケースについて見ていきましょう。契約者と保険金の受取人が同一人物の場合には、保険金が一時所得という形になり、所得税の他、住民税もかかることになっていきます。例えば、被保険者が夫で、契約者と受取人は妻というようなケースでは、妻に所得税と住民税がかかることになります。

27878251 160077348120715 6600987992305696768 n
hoken_homemate_researchさんの投稿

このケースでは、保険料の負担を妻が行い、夫に万一のことがあった場合の保険金の受け取りも、妻がすることになります。つまり、妻が自分でお金を支払って、自分で受け取っているということです。こういったケースでは、所得税がかかることになりますが、多くの人が誤解しているところでもあるので、さらに具体的にご紹介していきます。

27879505 1690343544358695 4625511973419745280 n
ryohei758さんの投稿

所得税とは、文字通り、所得に対してかかる税金のことです。所得とは、儲けのことであり、儲けがない場合に所得税はかからないのです。例えば、総額の保険料を500万円負担していて、受け取る保険金も500万円だった場合には、儲けは出ていません。つまり、こういったケースで所得税がかかることはありません。

また、保険での儲け分に関しては、50万円以内であれば、所得税はかからないという規定になっています。つまり、500万円の保険料支払いに対して、550万円までの保険金の受け取りであれば、所得税はかかりません。反対に、儲けの部分が50万円を超えている場合には、確定申告をして、税金を支払う義務がありますので、覚えておきましょう。

Thumb掛け捨て生命保険のメリットを調査!安い料金と大きな保障が人気!

生命保険の税金として相続税がかかるケース

27576285 219246945302806 2966651593451110400 n
clavel88さんの投稿

続いては、生命保険の税金として、相続税がかかるケースについて見ていきましょう。生命保険の加入、受け取りに際して、一般的に一番多いのが相続税であり、入念に頭に入れておくべき事項となります。相続税がかかるのは、契約者と被保険者が同一人物であり、受取人が異なるというパターンです。

例えば、生命保険の契約者と被保険者が夫で、受取人が妻や子だったケースを挙げることができます。もともと、生命保険には、「残された家族のための生活保障」といった名目がありますので、こういった形で、契約者と被保険者を同一人物にして、受取人を別にするというケースが多くなっています。

また、税金対策として損をしないという点においても、生命保険の相続税には一定の保険金が非課税となっているので、お得なマネーライフを実現していくことにもつながります。それは、「非課税限度額=500万円×法定相続人の数」で算出されることになり、非課税限度額を超えた金額に対して、課税がなされることになるのです。

27579403 1082846408525183 2178366923874500608 n
manamanamoneyさんの投稿

つまり、相続人の数が2人であれば、最大1000万円の保険金の受け取りまでは、非課税となるので、損をしないという点でもお得な税金対策と考えることができるでしょう。もちろん、相続人以外の人が保険金を受け取ってしまうと、非課税対象とはなりませんので、税金対策という点で損をしてしまうことになります。

27878988 451765135241422 8550782082446524416 n
m.my.y0707さんの投稿

したがって、きちんと自分たちで定めた受取人が保険金を受け取った方が、マネーライフ的には充実した形をとっていくことができます。相続人ではない孫を受取人などにした場合には、非課税枠が使えないだけでなく、受け取る保険金は相続税の2割加算の対象になるなど、損する点も多いので、保険金の受取人は相続人にしておくのが賢明です。

その他の税金控除もお得な生命保険の相続税事情

27576845 1389234014510225 5598427374266875904 n
misora_hoken_izumoさんの投稿

基本的に、生命保険の税金対策として効果的なのは、税金の種類を相続税にするパターンです。相続税にすることで、基礎控除として、「3000万円+600万円×法定相続人の数」を、課税対象から差し引くことができます。また、上記でもご紹介したように、生命保険非課税枠として、「500万円×法定相続人の数」も差し引くことができます。

27575981 461349900929920 5114010008794693632 n
m_home___kakei___さんの投稿

こういった基礎控除や生命保険非課税枠も充実しているのが、生命保険にかかる相続税ですが、さらに損をしないという点でメリットがあるのが、その他の控除です。被相続人が生前に残した借金や葬儀費用なども、課税控除として利用することができます。

27576651 977584949061947 2821666674497814528 n
kosodate_no_mikataさんの投稿

さらに、保険金の受取人が妻だった場合には、配偶者控除として、課税対象額から、最大1億6,000万円までを控除することができます。こういった控除は、全て組み合わせて使うことも可能であり、損をしないマネーライフを送るためには、うってつけの税金対策となります。こういった事情を鑑みると、やはり一番お得なのは、相続税にすることなのです。

Thumb生命保険ランキング!女性向けから貯蓄型・掛け捨てまで人気商品を網羅!

相続税改正によって生命保険の税金申告対象者が増える?

27576213 373217166490749 4222305185315160064 n
tititi__89さんの投稿

損をしないマネーライフを送っていくためには、生命保険の税金を相続税になるように、契約者や被保険者、受取人を工夫していくことがポイントとなりますが、相続税改正による変更事項も頭に入れておきましょう。平成27年1月から施行されることになった、新相続制度によって、課税申告をする対象枠も広がることになりました。

27577007 393179181106829 6950416172047138816 n
risingtrust_officialさんの投稿

例えば、以前までは、相続税の基礎控除額が、「5000万円+1000万×法定相続人の数」でしたが、平成27年1月以降は、「3000万円+600万×法定相続人の数」に変更になっています。基礎控除が6割に縮小されたことで、相続税の申告を必要とする人も増加することになり、それだけ課税対象者が多くなるので、相続税申告の際には注意しておきましょう。

生命保険の税金改正:相続税率の引き上げ

28152614 270765730123371 7610861122878439424 n
hatsu.houseさんの投稿

平成27年1月の相続税改正に伴って、相続税率の引き上げも施行されることになりました。変更になったのはは、課税対象額が2億円を超える相続を行った場合にかかる税金であり、それまで1億円から3億円以下にかかっていた税率が40%だったのが、改正後は、1億円から2億円の間が40%で、2億円から3億円の間は45%に変更になりました。

27574845 784974981696471 8464864684778979328 n
omio_100さんの投稿

さらに、改正前は3億円超の課税率が50%だったのに対して、改正後は3億円超から6億円以下が50%の税率となり、6億円超の課税価格に対しては課税率が55%という形で、最高税率が引き上げられる結果となりました。相続税が億単位の課税対象になりそうな場合は、基礎控除や配偶者控除などを上手く組み合わせて、損しないようにしていくのが得策です。

生命保険の税金対策:相続税対策

27579960 601263643557766 3428488000860848128 n
2kidsmommy.kakeiさんの投稿

損をしない充実したマネーライフを送っていく上では、相続税対策を欠かさずに行うことも重要なポイントになっていきます。死亡保険金の非課税限度額が、「500万円×法定相続人の数」となっていますので、それを上手く活用していくのも、損をしないためのポイントです。

生命保険には税金がかからない給付金もある

生命保険の保険金をを損せずに受け取って、豊かなマネーライフを送っていくという意味では、税金がかからない給付金を利用するのもおすすめです。病気や怪我などに対しての、給付金は多くが非課税となるので、マネーライフ的にも損をすることがありません。生命保険の中でもそういった給付金を受け取れるケースがあるので、確認しておくと良いでしょう。

例えば、入院給付金や手術給付金、通院給付金といった給付金は非課税となっています。さらに、先進医療給付金やがん診断給付金、障害給付金や疾病療養給付金なども非課税の対象となっています。自分が加入している保険には、どういった給付金を受け取れるようになっているのか確認しておき、非課税対象かどうかも調べておくのが得策です。

生命保険の税金対策として控除を上手く利用する

27577052 2049094465349343 355758862751498240 n
kakeibo_r6kさんの投稿

生命保険にかかる税金について、損をせずに豊かなマネーライフを送っていくという観点では、控除対象となる保険を上手く活用していく方法が挙げられます。生命保険料控除は、平成22年に改正が行われており、現在では、新制度と旧制度双方による運用が行われています。その種類について確認していきましょう。

生命保険料控除の改正後には、3種類の保険料控除が受けられるようになりました。一般生命保険料、介護医療保険料、個人年金保険料の3種類の保険料が控除の対象となっています。一般生命保険は、その名の通り、一般的な生命保険契約のことで、民間の生命保険会社との生命保険契約や、農業共同組合などとの保険契約がこれにあたります。

26870429 165260477586523 1252579645115596800 n
risingtrust_officialさんの投稿

介護医療保険は、医療費に対して保険金が支払われる契約や、疾病や身体障害に対して、保険が支払われる契約などがあたります。障害保険や5年見難尾契約などは控除の対象とはならないので、注意が必要です。個人年金保険料は、まさに個人年金保険が対象となります。年金の受取人を保険料支払人か配偶者にする必要があるので、確認しておきましょう。

税金対策として生命保険料の控除枠が12万円に拡大

平成22年の生命保険料控除の改正に伴って、それまで最大10万円までだった枠が、12万円まで拡大しました。上記でご紹介した、一般生命保険料控除、介護保険料控除、個人年金保険料控除、それぞれ最大4万円までの控除を申請することが可能となり、4万円×3=12万円という形になっています。これを上手く活用して、損をしないようにしていきましょう。

【生命保険料控除】会社員の税金対策:年末調整

最大12万円の生命保険料控除を受けられることが可能になりましたが、雇用形態に応じて、その申請方法も異なるので、それぞれ把握していきましょう。まず、会社員として、企業に雇われている方の場合は、勤務先で行われる年末調整を利用することで、生命保険料控除を受けることができます。

年末調整の際に、「給与所得者の保険料控除等申告書」に、「生命保険料控除証明書」を添付して提出することが条件となります。生命保険料控除証明書に関しては、保険会社から10月から11月を目途に郵送されてきますので、それを大切に保管しておきましょう。生命保険料控除証明書がないと、控除を受けられないので、損をしてしまいます。

【生命保険料控除】自営業:確定申告

豊かなマネーライフを送っていく上で、会社員の場合は、年末調整で税金対策をすることができますが、自営業の方やフリーランスの方は、確定申告を行うことで、税金対策を行っていくことができます。毎年2月16日から3月15日までに開かれる所得税の確定申告において、「生命保険控除証明書」を確定申告書に添付して、税務署に提出してください。

そうすることで、所得税の支払い総額から払いすぎた分の税金を取り戻すことができます。会社員の場合の年末調整と同様に、自営業における確定申告の場合も、生命保険控除証明書がないと、控除対象になりませんので、忘れずに持参するようにしましょう。紛失した場合は、保険会社に連絡すれば、再度郵送してもらうことも可能です。

学資保険も一般生命保険料控除の対象になる

学資保険に加入している方も、一般生命保険料控除の対象となりますので、マネーライフを充実させていく上で、忘れずに届け出るようにしておきましょう。申告方法は、上記でご紹介したように、会社員の場合は年末調整で、自営業やフリーランスの場合は、確定申告でそれぞれ申請することができますので、必要書類を準備しておきましょう。

学資保険の満期受取時に税金はかからない

学資保険においては、満期金やお祝い金として、まとまったお金を受け取るケースがあります。そういった満期金やお祝い金は、一時所得という形で、所得税の対象となりますが、基本的に税金がかかることはありません。一時所得には、「(収入金額-支出金額-特別控除50万円)×1/2」という計算式で、税金額が定められることになります。

したがって、特別控除額が50万円あるので、保険料支払いよりも受け取り金額が50万円以上多くならなければ、税金がかかることはありません。積立金額が莫大な金額にのぼる場合には注意が必要ですが、一般的な学生保険で、受け取り金額が支払い金額より50万円以上多くなることはないので、税金はかからないと考えておいて間違いありません。

学資保険の満期受取時に受取人と契約者が異なると贈与税がかかる

27573916 349358315543932 5185630538370646016 n
risingtrust_officialさんの投稿

学資保険には、基本的に税金はかかりませんが、満期受取時に契約者と受取人が異なる場合には、贈与税がかかってしまいますので、損をしないマネーライフを送るためにも注意しておきましょう。例えば、契約者を夫にして、受取人を妻や子にした場合には、贈与金額から110万円の基礎控除額を引いた後の金額に、所定の税率がかけられて、税金が取られます。

34374414 2086420858096478 1964830246658113536 n
rei._.kakeiさんの投稿

例えば、基礎控除後の課税対象が200万円以下の場合は10%の税率、200万円から300万円の間は15%、300万円から400万円の間は20%といった形で、税率がかけられていきます。不要な損をしないためにも、学資保険の契約者と受取人は、同一人物にしておいた方が良いでしょう。

生命保険の解約返戻金に税金はかかるのか?

生命保険の解約返戻金は、税制上の一時所得という扱いになり、課税対象となります。しかし、解約返戻金より支払い保険料合計の方が多い場合には、税金がかかりません。一般的に、支払い保険料より、解約返戻金が多くなることはほとんどありませんので、基本的に税金はかからないと思っておいて問題ありません。

Thumb生命保険解約の手続きを解説!返戻金で損しないための注意点とは?

生命保険会社からの給付金で税金が非課税のものを選ぶ

損をしないマネーライフを実現していくという意味では、保険契約を結ぶ時に、非課税対象の給付金サービスがついたプランを選ぶのも一つの賢明な策です。例えば、入院給付金、手術給付金、通院給付金といった給付金には、税金がかからないので、万一、入院や手術、通院をすることになった場合でも、安心してお金を受け取ることができます。

そういった形で、生命保険に付帯するサービス内容を見て、税金対策を進めていくのも、賢いマネーライフを送っていく上でのポイントとなっていきます。

生命保険は誰でも加入できる保険ではない

33226306 276950836181319 2968823644312043520 n
mii_okane_memoさんの投稿

生命保険は、誰もが加入できる保険ではなく、その時の年齢や健康状態などを総合的に鑑みて、加入の是非が問われることになります。健康を損ねている場合には、その分、保険料も高くなる傾向にありますので、結婚や、妊娠、出産など、ライフステージの変化に応じて、加入できる時に加入しておくと良いでしょう。

生命保険の税金対策:所得税の計算方法

所得税の計算方法としては、課税される所得金額に応じて、課税率と控除額が決まっていくので、それを元に計算します。例えば、課税対象額が600万円の場合は、「600万×0.2(税率)-427,500円(控除額)」となり、77万2,500円の所得税を支払うことになります。こういった計算式も頭に入れて、所得控除を有効活用しましょう。

生命保険の死亡保険金にかかる税金はどうなるか?

27574353 1530874600360010 2048506882577924096 n
misora_hoken_izumoさんの投稿

生命保険の死亡保険金にかかる税金も、死亡保険金の受取人によって税金の種類が変わっていきます。例えば、契約者と被保険者が夫で、受取人が妻の場合は相続税、契約者と受取人が夫で、被保険者が妻の場合は所得税、契約者が夫で、被保険者が妻、受取人が子の場合は贈与税がかかることになります。

生命保険の相続税にかかる税金額

生命保険の契約者と被保険者を夫にして、受取人を妻にした場合には、相続税が発生しますが、多くの場合、相続税に税金がかかることはありません。というのも、法定相続人一人あたり500万円の非課税枠があり、さらに配偶者が受取人の場合は、1億6,000万円まで非課税対象となります。そういった制度を上手く活用していくと良いでしょう。

生命保険の贈与税にかかる税金額

生命保険の契約者を夫、被保険者を妻、受取人を子にした場合には、子に贈与税がかかることになります。贈与税には、{贈与の財産価格-110万円(基礎控除額)}×贈与税率-控除額といった計算式があるので、この式に当てはめて計算することになります。豊かなマネーライフを実現していくという意味でも、この計算式を頭に入れておくことが重要です。

例えば、生命保険の受取金額が3,000万円だった場合には、{3000万円-110万円(基礎控除額)}×50%(贈与税率)-250万円(控除額)という形で、贈与税として1,195万円の贈与税がかかることになります。したがって、豊かなマネーライフを実現していくためには、贈与税がかかるような契約形態は結ばないことが得策です。

控除を上手く活用して税金対策を行うことが重要

生命保険と税金の関係についてご紹介していますが、契約者、被保険者、受取人を誰にするかによって、税金の種別も大きく異なってくることになります。税金の種別が変わることで、納めるべき税金額も変わっていきますので、できるだけ損をしないマネーライフを送っていくために、できる対策を講じていくことが重要になります。

あらゆる対策を講じて豊かなマネーライフを実現する

26373194 2057984141098939 4451549631674843136 n
simohuriazarasiさんの投稿

平成22年度の税制改正に伴って、生命保険料控除の限度額が、それまでの10万円から最大12万円に拡大したことを含めて、利用できる控除は可能な限り利用していくことで、税金対策を進めていくことがポイントとなります。豊かなマネーライフを送っていくという意味でも、無駄な出費は避けたいところです。

26867766 142243766454709 717007836168585216 n
manamanamoneyさんの投稿

そういった意味でも、一般生命保険料控除、介護医療生命保険料控除、個人年金保険料控除をフル活用して、納税金額を抑えていけると良いでしょう。また、生命保険には、入院給付金や通院給付金、手術給付金など、非課税の給付金もありますので、そういった給付金があるサービスを上手く活用していくことで、税金対策を進めていくことができます。

生命保険の受取人を工夫することで税金対策を進める

26869528 143111123034986 6511502516197261312 n
harharuharuyaさんの投稿

生命保険には、契約者と被保険者、受取人の3人の登場人物がいることをご紹介しましたが、そのうち受取人を工夫することで、大きく税金対策を進めていくことができます。誰を保険金の受取人にするのが良いのか、冷静に判断した上で決定していき、充実したマネーライフを送っていきましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ