生命保険料控除とは?住民税が安くなる仕組みや制度・メリットを解説!

だいたいの方が加入をしている生命保険の控除のご紹介です。年末調整をする際に生命保険料控除というものがあります。その生命保険料控除の中でも住民税が安くなる仕組みやメリットや計算方法を分かりやすく説明をしていきたいと思います。

生命保険料控除とは?住民税が安くなる仕組みや制度・メリットを解説!のイメージ

目次

  1. 様々な種類の生命保険料でお得に控除
  2. 生命保険料控除で住民税が安くなる制度
  3. 生命保険料控除で住民税が安くなるメリット
  4. 生命保険料控除の対象外となってしまう保険とは
  5. いつ届く?生命保険料控除証明書
  6. 生命保険料の控除1:自営業
  7. 生命保険料の控除2:会社員
  8. 平成22年度に税制改正がありました!
  9. 生命保険料控除対象の保険の種類1:一般生命保険
  10. 生命保険料控除対象の保険の種類2:介護医療保険
  11. 生命保険料控除対象の保険の種類3:個人年金
  12. 生命保険料控除の限度額
  13. 生命保険料の控除で住民税が安くなる仕組み
  14. 生命保険料控除の計算方法1:一般生命保険(旧制度)
  15. 生命保険料控除の計算方法2:一般生命保険(新制度)
  16. 生命保険料控除の計算方法3:介護医療保険
  17. 生命保険料控除の計算方法4:個人年金(旧制度)
  18. 生命保険料控除の計算方法5:個人年金(新制度)
  19. 新・旧制度が混ざったら
  20. 各5万でメリットのある組み合わせは?
  21. 生命保険料控除はどこまで適用される?
  22. 上手に生命保険料の控除を受ける

様々な種類の生命保険料でお得に控除

子供の為に・親の為に・自分の為にと、加入している人の多い生命保険です。生命保険に加入していると、入院や手術の際にとても助かります。しかし生命保険のメリットはそれだけではありません。加入していることで確定申告や年末調整も際に様々な控除を受けることができます。今回は控除の中でも住民税に関しての控除をご紹介していきます。

生命保険料控除で住民税が安くなる制度

生命保険控除とは、1年間に支払いをした生命保険料の金額に応じて、一定額が払い込んだ年の所得から控除されて、所得税と住民税が安くなるメリットのある仕組みの制度の事をいいます。例えば、平成29年に払い込んだ保険料の総額が記載された生命保険料控除証明書は平成30年の住民税を安くする為の生命保険料控除申請に使用することができます。

生命保険は保証を納得のいくように組むと、男性では15,000円を超え、女性だと10,000円を超えてくる金額になることが大半であるといえます。そこで1年間の総支払額でみてみると意外と高額になりやすいものとなります。自分や家族の為とはいえ、生命保険料の控除という素晴らしいメリットを知らないと、とても重大な失敗になっていってしまいます。

生命保険料控除で住民税が安くなるメリット

22639062 349193622172473 6997051708631154688 n
juri1991aさんの投稿

生命保険料控除の申請を行うことで住民税を安くできるのは大きなメリットです。しかし、控除される金額を少しでも多くと気にしてばかりいて、保険料をただ多くするのは良くありません。あくまで生命保険で、控除はおまけと考えましょう。もし何かあった時の助けになるようなプランをしっかりと立てて契約をしましょう。

生命保険料の控除には限度額があります。自分に合った生命保険を設定したら生命保険料が高くなったという場合であれば、自分にとって必要な保険ですから仕方ないです。しかし、生命保険料の控除の為に生命保険料をただ高くして、その生命保険料が控除の限度額よりも大きく上まってしまっては、上まった部分に関しては無駄で、本末転倒です。

そんな最悪な結果にならない為にも生命保険料の控除の計算方法や仕組みを理解した上で自分に必要である程度の生命保険プランを組んでいき、自分への保証を考えた時にメリットのある結果にしましょう。生命保険料の住民税への控除は、生命保険のプランを高額で組んだからメリットが多くなるという訳で決してはありませんのでご注意ください。

生命保険料控除の対象外となってしまう保険とは

ごく一般的な生命保険が対象外になってしまうことはありませんが、一般生命保険や介護医療保険には対象外となる保険の種類が存在します。まず、保険契約が5年未満の契約で貯蓄保険や貯蓄共済は対象外となってしまいます。次に、外国の生命保険会社などや外国の損害保険会社などとの契約を国外において行ったものも対象外となってしまいます。

信用保険契約や、損害保険契約や、財形貯蓄契約や、財形住宅貯蓄契約や、財形年金貯蓄契約などは控除の対象外となってしまいます。「財形貯蓄」とは、勤労者の給料から天引きをした上で、事業主が代わりに財形貯蓄取扱金融機関に払い込みを行う仕組みの貯蓄制度の事をいいます。生命保険料控除の対象外の生命保険はシッカリと覚えておきましょう。

簡単にまとめると、生命保険料控除の対象外になってしまうのは、日本国外で契約した生命保険や貯蓄型が対象外になるということになります。対象外を交わすのには、生命保険契約を交わすのであれば日本国内にしてすることと、貯蓄をしたいのであれば「個人年金」に加入をすることが生命保険料控除を賢く受ける為のテクニックであるといえます。

いつ届く?生命保険料控除証明書

22580491 158225998107345 5060557397039251456 n
usacorgisさんの投稿

1年間に保険会社に支払った金額がその年の10月頃に生命保険料控除証明書という紙で登録している住所に支払予定金額でハガキや封筒で送られてきます。保険会社によっては10月よりも後になってしまうことがありますので、年末調整などに間に合わない場合には、各保険会社へ電話で問い合わせを行い、生命保険料控除証明書の請求を行いましょう。

生命保険料控除証明書は紛失してしまうと控除が受けられなくなってしまいますので、紛失には十分な注意が必要です。万が一紛失をしてしまった際には、各保険会社に電話をして再発行をしてもらうことができます。しかし、一部の保険会社では再発行をしてもらえないこともありますので、紛失はしないように細心の注意を払って保管をしましょう。

紛失してしまって、面倒な手続きを踏まなければならなくなってしまったとなる事なく、すんなりと生命保険料の控除というメリットを受けるためにも、生命保険料控除証明書は、他の控除証明書と一緒に封筒や箱などに1つにまとめた上で、どこに置いたか忘れてしまうことのないような分かりやすいところにしまっておくのが最善であるといえます。

生命保険料の控除1:自営業

14717591 1091511407612017 3913773825900150784 n
cn.rommyさんの投稿

自営業の人の住民税を安くするための生命保険料控除の申請の仕組みをご紹介します。自営業の人は年に1回3月頃に税務署で確定申告を行います。その確定申告の際に確定申告書に生命保険料控除証明書を添付し、税務署に申告をすると所得税・住民税に対しての控除を受けれます。控除を受けると、所得税と共に住民税も安くすることができます。

自営業とは、自分で事業を経営している人の事をいいます。例えば、お店を経営していたり、会社の経営者の方をいいます。もっと分かりやすく簡単にいうと、年末調整を行うのに税務署へ自ら確定申告をしに行かなければならない方々の事をいいます。生命保険料控除の金額の限度額は自営でも会社員でも変わることはなく、平等に同じ金額となります。

生命保険料の控除2:会社員

22429711 1968055566749929 5171924606239375360 n
shinjiroiizukaさんの投稿

会社員の人の住民税を安くするための生命保険料控除の申請の仕組みをご紹介します。会社員は年に1回11月頃に年末調整の時期があります。その年末調整の紙を会社に提出する際に、給与所得者の保険料等控除申告書に生命保険料控除証明書を添付して提出するだけで、所得税・住民税の控除が受けられ、所得税と共に住民税も安くすることができます。

もし、提出忘れをしてしまったり、書類の到着が遅れてしまった際は、自分で確定申告を行うことによって、住民税を安くする仕組みがあります。必要書類は、生命保険料控除証明書と、年末調整後に会社からもらえる源泉徴収票です。控除の申請書は各税務署にて用意されています。申告を行うのは税務署で3月頃の自営業の人と同じ時期に行いましょう。

平成22年度に税制改正がありました!

23348082 126974481310657 8653631224742412288 n
kuroda_taxさんの投稿

平成22年度に税制が改正となり、平成24年度の所得税から新制度が適用されるようになっています。税制改正に伴い介護保険が新しくでき、生命保険料控除の内訳が一般生命保険・介護医療保険・個人年金の3種類に分けられるようになりました。いつもの生命保険のプランの中に一般生命保険と介護医療保険が混ざっている場合もあります。

混ざっている場合というのは、H23年12月31日以前に契約を行って支払いをしてきたもので、H24年1月1日以降に契約の更新の際などに契約内容の変更を行い、旧生命保険の中に新生命保険の契約を併せて盛り込んだ場合や、今までは旧生命保険であったのを新生命保険へ保険契約を変更した場合となります。新生命保険の内容が入った場合となります。

生命保険料控除対象の保険の種類1:一般生命保険

23161746 365403113917397 3824367785211854848 n
kentatsushimaさんの投稿

一般生命保険とは、の生命保険や生命共済などの事をいいます。生命保険に関して例をあげると、第一生命やかんぽ生命などがあげられます。生命共済の例は、こくみん共済やコープ共済などがあげられます。このように、民間の生命保険会社や外国生命保険会社や農業協同組合などが運営をしている生命保険契約などの事をいいます。

H23年12月31日以前に契約をした生命保険契約に関しましては、介護医療保険の分類である部分の、医療費や疾病や体の障害に対して支払われる仕組みの簡易保険契約も一般生命保険の分類とされます。契約が新制度前のものしかないのであれば、介護医療保険の部分は0円になるという認識をして頂ければ大丈夫です。

生命保険料控除対象の保険の種類2:介護医療保険

20836960 125747954720714 7098480513832189952 n
pasonaosakaさんの投稿

新制度の投入に伴ってできたのが生命保険控除の介護医療保険の部分です。介護医療保険とは、医療費や疾病や体の障害に対して支払われる仕組みの簡易保険契約の事をいいます。しかし、契約内容が5年未満の契約であったり、傷害保険であったり、貯蓄型の保険であったりした場合には、介護医療保険の対象にはなりません。

介護医療保険の控除は、H22年の法改正を受けてH24年度から新制度導入されたことに伴い、新たにできた控除項目です。ということは、H23年12月31日以前に契約を結んだ旧制度のままの生命保険契約を変えることなく続けている方には、こちらの介護医療保険の控除は使うことのできない生命保険料控除の項目となってしまいます。

生命保険料控除対象の保険の種類3:個人年金

12139648 197535257245098 753002085 n
teniser1978さんの投稿

年金を自主的にも貯める意味合いのある個人年金が控除対象とされる条件をご紹介します。年金の受け取り人が、掛け金の支払いを行っている人や、その配偶者であることです。また、10年以上の期間に渡って定期的な支払いを行い、年金の受け取りは満60歳になってからという契約になっているものです。退職年金は対象外となります。

現代の年金支給額は減少傾向にあります。少子高齢化に伴って更に減ってしまうのではないかという憶測も飛び交っています。そんな将来の不安に左右されない為にも、生活に余裕がある場合であれば加入してみてはいかがでしょうか。住民税の控除を受けることができる上に将来の保証も受けられるので、加入してみるメリットは大いにあります。

Thumb生命保険料控除の計算方法を解説!自分でできる?簡単な手順も紹介!

生命保険料控除の限度額

23279545 188684061697733 8259297950740512768 n
hokenterrace_sanyonegamagoriさんの投稿

控除を受けるにあたっていくらでも控除してもらえるという訳ではありません。控除される金額には限度額が存在します。生命保険料控除の金額は、一般生命保険と介護医療保険と個人年金の各保険の合算額の控除される金額を合算したものが対象となります。その控除額を足した金額の新制度・旧制度と共に7万円が住民税の生命保険料控除の限度額です。

しかし、新制度だと、「一般生命保険」「介護医療保険」「個人年金」の3種類を足した金額の限度額が7万円であり、旧制度だと、「一般生命保険」「個人年金」の2種類を足した金額の限度額が7万円という仕組みになっておりますので、メリットのある組み合わせを見つけて安くなる仕組みを持った組み合わせを作成していきましょう。

各保険、合算金額でいくら控除されるのか1:新制度

15043624 1676411165982289 2484030701129695232 n
kentatsushimaさんの投稿

新制度の保険で、合算した金額が12,000円以下の場合は「払込保険料の全額」となります。12,000円超で32,000円以下の場合は「払込保険料の半分と6,000円を足した金額」となります。32,000超で56,000円以下の場合は「払込保険料の4分の1と14,000円を足した金額」となります。56,000円超になった場合には「一律28,000円」となります。

各保険、合算金額でいくら控除されるのか2:旧制度

16584984 1005147132919158 4640642486073556992 n
jolly417さんの投稿

旧制度の保険で、合算した金額が15,000円以下の場合は「払込保険料の全額」となります。15,000円超で40,000円以下の場合は「払込保険料の半分と7,500円を足した金額」となります。40,000円超で70,000円以下の場合は「払込金額の4分の1と17,500円を足した金額」となります。70,000円超になった場合には「一律35,000円」となります。

10747807 334075423463268 861701895 n
kawaken67さんの投稿

「各保険、合算金額でいくら控除されるのか」の新制度と旧制度でいう「各保険の合算金額」とは、複数口の生命保険を契約していたとして、「一般生命保険の合算金額」や「介護医療保険の合算金額」や「個人年金の合算金額」の事をいいます。

生命保険料の控除で住民税が安くなる仕組み

26065849 820238851492940 2871725613549355008 n
7_o_k_1さんの投稿

保険料の限度額についてが理解できたところで、例を使った計算式でもっと分かりやすく生命保険料控除額の仕組みを説明をします。この計算をして、金額が大きい方が最も住民税を安くできるメリットがあります。せっかくの安くできるメリットです、しっかりと仕組みを覚えていきましょう。

ここでは、一般生命保険の旧制度と新制度・介護医療保険・個人年金の新制度と旧制度が各5万ずつであったらの計算方法をご紹介いたします。その中でもどんな組み合わせにしたらメリットが生まれるのかをご紹介していきます。仕組みやメリットのある組み合わせで少しでも控除額を増やして、住民税を安くしていきましょう。

28432947 799483976908689 4029199504317087744 n
omori_yoshimiさんの投稿

新制度の生命保険料控除と旧制度の生命保険料控除で、計算方法での違いはあります。しかし、新制度の生命保険料控除内や旧制度の生命保険料控除内での計算方法の違いはありません。間違えないで頂きたいのが、生命保険料控除の計算を行う時の計算の手順です。計算手順を間違えてしまうと誤った数字がでることになってしまいます。

計算手順をご紹介しましょう。まずは、「一般生命保険」と「介護医療保険」と「個人年金」を個々に計算式に当てはめて、1個づつ計算をしていきます。そして、その個々(新生命保険であれば3種類・旧生命保険であれば2種類)に計算した金額を更に足します。そして最後に足した金額の合計が生命保険料の控除金額となります。

生命保険料控除の計算方法1:一般生命保険(旧制度)

28751210 191322408137263 2112635305562472448 n
n_yuki_mwyさんの投稿

まずは、一般生命保険の旧制度で年間の支払金額のトータルが5万円の場合は、支払金額の4分の1に17,500円を足した金額になりますので、50,000円÷4=12,500円になり、そこに17,500円を足すと、合計は30,000円になります。ということは、住民税の控除額は30,000円になるということになります。

生命保険料控除の計算方法2:一般生命保険(新制度)

1389960 627367790673526 431868470 n
matsu.ma2_さんの投稿

次に、一般生命保険の新制度で年間の支払金額のトータルが5万円の場合は、支払金額の4分の1に14,000円を足した金額になりますので、50,000円÷4=12,500円になり、そこに14,000円を足すと、合計は26,500円になります。ということは、住民税の控除額は26,500円になるということにまります。

生命保険料控除の計算方法3:介護医療保険

28151452 398825300577902 872308158465310720 n
nao.5310さんの投稿

次に、介護医療保険の場合は、新制度の計算になります。年間の支払金額のトータルが5万円の場合には、支払金額の4分の1に14,000円を足した金額になりますので、50,000円÷4=12,500円になり、そこに14,000円を足すと、合計は26,500円になります。ということは、住民税の控除額は26,500円になるということになります。

生命保険料控除の計算方法4:個人年金(旧制度)

28155382 563294554027695 790466805020753920 n
momentdeplaisir87さんの投稿

次に、個人年金の旧制度で年間の支払金額のトータルが5万円の場合は、支払金額の4分の1に17,500円を足した金額になりますので、50,000円÷4=12,500円になり、そこに17,500円を足すと、合計は30,000円になります。ということは、住民税の控除額は30,000円になるということになります。

生命保険料控除の計算方法5:個人年金(新制度)

27877770 419441931821149 7463349337225953280 n
kyo.to.yuさんの投稿

最後に、個人年金の新制度で年間の支払金額のトータルが5万円の場合は、支払金額の4分の1に14,000円を足した金額になりますので、50,000円÷4=12,500円になり、そこに14,000円を足すと、合計は26,500円になります。ということは、住民税の控除額は26,500円になるということになります。

新・旧制度が混ざったら

23099162 739343486190257 6333137308987949056 n
yukagreeenmenxxxさんの投稿

新制度と旧制度の両方がある場合をご紹介します。新制度と旧制度の保険を両方住民税の控除に使用することは可能です。しかし、そこに合算をしなくてはいけないという決まりは存在しません。ということは、合算をせずに旧制度の保険金額を住民税の控除に使ったり、合算をせずに新制度の保険金額を住民税の控除に使ったりできるということです。

自分の加入している生命保険が新制度の生命保険なのか旧制度の生命保険なのかを知るには、加入している各生命保険会社に問い合わせをして頂ければすぐに分かります。問い合わせをしている時間のないお忙しい方で、知るのがすぐでなくても良い方にはもっと簡単な方法もちゃんとあります。

自分の加入している生命保険が新制度の生命保険なのか旧制度の生命保険なのかを知るのに最も簡単な方法は、10月まで待って生命保険料控除証明書が届くのを待つ方法です。生命保険料控除証明書には、ちゃんと分けた3種類の各合計が記載されています。待つことができれば、この方法が最も簡単な方法になります。

各5万でメリットのある組み合わせは?

20633739 363819454036944 7206307961310806016 n
ami.kakeiboさんの投稿

新制度と旧制度の全体の限度額が変化をするのは所得税に対してであり、住民税を主体とするのであれば上限は7万円と変わりありません。また、新制度と旧制度の控除額を合算した場合には、所得税の控除も住民税の控除も新制度の上限額になりますので、所得税もお考えの方は組み合わせにご注意ください。

住民税の控除は7万円と変わりはないということは、各生命保険料の年間総支払額が5万円であった場合には、新制度の生命保険料3種類の控除金額の合算では7万円に達します。しかし、旧制度の生命保険料2種類の控除金額の合算では6万円となりますので、この場合には新制度と旧制度の生命保険料を混ぜ合わせた方がお得ということが分かります。

所得税も関わってくる

28434533 569763440065994 8407834094683029504 n
ailes_eyelashさんの投稿

補足として、所得税の場合は新制度のみを合算した場合の控除限度額は12万円になり、旧制度のみを合算した場合の控除限度額は10万円になります。また、新制度と旧制度を混ぜ合わせた場合の控除限度額は12万円になりますので、新制度と旧制度を混ぜて12万円に達するのであれば、新制度と旧制度を合算した方が所得税が安くなるといえます。

ということは、新制度の生命保険と旧制度の生命保険を併せて控除金額が12万円を超えてくる金額になるようであれば、住民税だけではなく所得税の事も考えていってみると、新制度の生命保険と旧制度の生命保険を併せた金額で申告を行うことの方が、お財布にもシッカリと優しい方法であるということがいえます。

生命保険料控除はどこまで適用される?

22581956 424423607954848 2359653885666131968 n
07_houseさんの投稿

ここまで生命保険控除に関する内容を色々説明をしてきましたが、では生命保険料控除が適用されるのはどこまでなのかをお教えします。生命保険料控除か適用されるのは、生命保険料を支払っている本人になります。例えば、口座引き落としの場合には口座の名義人や配偶者や親族等になります。保険料の支払いを誰が行っているかということになります。

しかし、基本的に生命保険料の支払い義務は契約者本人になりますので、本人以外で生命保険料の控除が適用されるのは、だいたいが配偶者や子供が多いです。共働きの場合は少しでも多くの生命保険料をちゃんと控除に当てられるように支払いを分担するなどすると、賢くお互いの住民税を少しでも安くできるメリットを受けることができます。

上手に生命保険料の控除を受ける

21433628 904709349676988 4483056931937714176 n
fululu87さんの投稿

住民税控除について様々な角度から仕組みをご紹介しました。この生命保険料控除の仕組みをしっかりと理解した上で自分に一番メリットのある申請の仕方を行い、住民税を少しでも安くしていけるような仕組みを作っていきましょう。生命保険料は毎月支払うものですから、住民税を安くお得にするのに役立てるのには大きなメリットのあるものです。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ