安い自動車保険を比較!保険料は?加入するメリット・デメリットを調査!

これから加入するなら応対が良く安い自動車保険に入りたいはずですよね。そこで万が一自分の車が受けた損害を補償出来る車両保険の設定から契約、そして安い自動車保険の会社等を比較しながらメリット・デメリットを調査していきます!

安い自動車保険を比較!保険料は?加入するメリット・デメリットを調査!のイメージ

目次

  1. 安い自動車保険をおすすめする前にまずは!
  2. おすすめしておきたい安い自動車保険ランク
  3. 安いからおすすめしたい自動車保険の理由!
  4. 他社の安い自動車保険とは違ったSBI損保
  5. 安い自動車保険TOP2のチューリッヒとは
  6. チューリッヒは安い保険料!デメリットは?
  7. 安い自動車保険3位のセゾン自動車火災保険
  8. セゾン自動車火災保険の大きなメリットとは
  9. 安いセゾン自動車火災保険の簡単な調査結果
  10. 自動車事故対応時の自動車保険!人気を調査
  11. 安い通販型のみの自動車保険にも落とし穴!
  12. 安い自動車保険のソニー損保!最大メリット
  13. ソニー損保のメリットとデメリット
  14. 顧客対応3位のAIU自動車保険会社は?
  15. AIU自動車保険は主に2種類に分かれます
  16. AIU自動車保険のメリットとデメリット!
  17. 20代におすすめ!安い自動車保険ランク
  18. 30代以上におすすめな安い車両保険調査!
  19. 安い保険料ならエコノミー型車両保険?比較
  20. おすすめの保険料の安い自動車保険の結果!

安い自動車保険をおすすめする前にまずは!

27573639 2031022927153392 673188681439248384 n
hanwacarさんの投稿

自動車保険料は車の種類は勿論、ドライバーの年齢・地域・走行距離などそれぞれの条件によって決定されます。そのため、どの自動車保険が一番安いかはそれぞれ違ってしまいます。自分にベストとなる自動車保険はネットですぐ見積れる時代です。

おすすめしておきたい安い自動車保険ランク

26297686 152837931982630 3002642813801201664 n
tax_miyazakimurasumiさんの投稿

おすすめしたい2018年の安い自動車保険料・満足度ランキングTOP3は1SBI損害保険2チューリッヒ保険会社3セゾン自動車火災保険でした。自動車保険の契約によりますが、走行距離に関わらず自動車保険料が一律で安い上に補償内容が充実のSBI損害保険は10年近く上位独占の人気という結果でした。

18012161 283692082078968 4917488415752060928 n
yunpo1214さんの投稿

総合の安い自動車保険ランキング1位はSBI損害保険で、2位はイーデザイン損害保険、3位はセゾン自動車火災保険でした。安い保険料ランキングTOP3と総合の満足度ランキングTOP3を比較してみましても総合では2位がチューリッヒに替わってイーデザインという結果でした。

SBIホールディングスのグループ会社のSBI損害保険は、安い自動車保険で長年人気を集めていますが、SBIグループでは保険料が高くならないためにもコスト削減などに努めるなど前向きな取り組みのようすです。

安いからおすすめしたい自動車保険の理由!

SBI損害保険は代理店型よりもネット販売によるダイレクト型の自動車保険のためコストも削減され保険料も安いだけでなく、事故の際には全国9580カ所以上配備されたSBI損保安心工場の案内などのロードサービスが心強いです。

27891168 2071565382870109 2440254410173972480 n
ryuki19841027さんの投稿

SBI損保ならではのロードサービスとは、ダイレクト型にしては距離無制限・無料レッカーサービス、30分程であれば緊急対応が無料などのお客の経費負担を感じさせないやサービスがおすすめです。

SBI損保内部加入率2016年度末の調査では、車両保険43.5%、対人賠償保険74.1%、対物賠償保険74.2%、搭乗車傷害保険29.1%、人身傷害保険68.0%といった結果でした。車両保険の加入率が半分に満たないのは半分以上の人が安い中古車だったからかもしれません。

15802538 1192074890848128 7867415294883397632 n
koro_sunnyさんの投稿

SBI損保では安い保険料とうってかわって、事故に合ってしまった時の相手側への補償は3つのプラン共に対人賠償保険と対物賠償保険が無制限となっており、対物自己負担額は共に無料+自分と搭乗者側は無保険車傷害保険も共に2億円まで補償などは大きなメリットです。

他社の安い自動車保険とは違ったSBI損保

SBI損保のデメリットは事故に合った時の対応などのSBI損保加入者による口コミがネットで見かけますが、そもそもSBIグループではコスト削減に取り組み安い保険料が強みでありメリットでありますし、代理店型の自動車保険のように迅速な対応などは期待できません。

安い自動車保険TOP2のチューリッヒとは

チューリッヒには「ネット専用自動車保険」と「スーパー自動車保険」の2つから選択ができます。「ネット専用自動車保険」は24時間ネットからのみ加入手続きができますが、「スーパー自動車保険」はネットの他に電話や郵送からも加入手続きとなっています。

チューリッヒの「スーパー自動車保険」はCMや広告でもお馴染みの業ハイレベルのロードサービスがあり、特約も「ネット専用自動車保険」と比較し2倍近い差があります。しかし充実した「スーパー自動車保険」のデメリットは保険料が高めだということには注意が必要です。

チューリッヒは安い保険料!デメリットは?

29417319 184981108971661 4027688070965886976 n
jack.yanさんの投稿

確かにハイレベルのロードサービスを強調しているチューリッヒからしますと「ネット専用自動車保険」は安い保険料なだけに初回から有料だったり特約も少ないなどのデメリットがあるせいかその存在感は薄まっています。

安い自動車保険3位のセゾン自動車火災保険

正式会社名は「セゾン自動車火災保険株式会社」ですが、そのセゾン自動車火災保険には「ネット通販型」と「大人の自動車保険」の2種類が販売されています。どちらも同じ通販型のようですが、基本的にネットとコールセンターのみの形態となり、事故の際は親会社の損保ジャパン日本興亜と連携した対応となっています。

セゾン自動車火災保険の大きなメリットとは

「大人の自動車保険」と区別するセゾン自動車火災保険の狙いは40代・50代という年代の人たちに着目し、安い保険料の設定が提供される仕組みとなっています。ちょうど事故率が低い年代だからこそ安い保険料をおすすめ出来るといったメリットがセゾン自動車火災保険ならではです。

安い保険料では人気ですが、加入された方々の口コミ評判は良くありません。無事故期間、長く保険料を支払っていたに関わらず車上荒らしの被害でも保険料は犯人逮捕で有罪となってからなど迅速な対応を期待出来ない不満や50代の人でも車検と事故修理が重なるなど対応がイマイチです。

安い保険料につられて加入した方々の中にはこんなはずじゃと思ってしまった方もいました。事故の後に届いた手紙で次から契約は出来ませんなどの通知が届いたり前代未聞な口コミ評判も有りました。安いだけではおすすめはしてはいけない自動車保険ですので慎重に選ばなくてはいけません。

29090773 419289705176970 5093824280978784256 n
hanwacarさんの投稿

口コミ評判は安い保険料を売りにしたセゾン自動車火災保険に反比例していました。保険料が安いからといっておすすめした結果、対応がイマイチなど目立ちました。やはり、代理店型の自動車保険に比較するとお客への対応に大きな差があるという事になります。

安いセゾン自動車火災保険の簡単な調査結果

セゾン自動車火災保険では、選べる補償の中に車両保険も含まれているので基本の補償に加えて安い最小限に抑えての補償を選ばなくてはなりません。メリットは事故率が低い40代・50代に向けた安い「大人の自動車保険」ですが20代・30代には通用しない点ではデメリットです。

自動車事故対応時の自動車保険!人気を調査

2018年のおすすめしておきたい事故対応TOP3の1位はAIU損害保険、2位東京海上日動火災保険、3位日新火災海上保険でした。自動車保険のTOP10内にダイレクト型は2件のみで他は全部代理店型という結果から事故対応の迅速さは代理店型が充実とわかります。

自動車保険には安い通販型・ダイレクト型と代理店型とに分かれます。まず、代理店型の自動車保険とは代理店を間に挟むので人件費やお店の家賃などが負担されるため保険料が高くなるというデメリットがあります。

28751072 197260974210788 1099406315177902080 n
dust_a_33さんの投稿

代理店型は面と向かってのプラン説明がわかり易く、自分に合ったベストのプランをプロが提案し選んでくれたり、事故対応のサポートにおきましても交通事故時には保険会社の担当者が現場に駆けつけてくれたり、これまでの事故対応の経験を生かしたアドバイスなど丁寧かつ迅速な対応がメリットです。

29090458 438597863244862 5857415671742201856 n
speedworx1717さんの投稿

ほとんどの自動車保険で契約必須とされている「人身傷害」は車に自分と一緒に乗っている人を守るためにも欠かせません。「人身傷害」は掛け金が高いほど保険料も値上がってしまうデメリットがあり、上限が3000万から無制限までとされ、特別な事情が無い限りは最低限の3000万円が妥当でないでしょうか。

29088498 316674465404078 9127413533930160128 n
originaldegramさんの投稿

大まかには安い通販型・自動車保険とは簡単にネットから契約ができて手間がかからない分、安いだけでなくネット割引を受けたり、個人的な一括見積が不安な時にはカスマターセンターの窓口電話からプラン相談もできるメリットが人気のわけです。

安い通販型のみの自動車保険にも落とし穴!

21373685 351649448622466 5606022487058939904 n
okuno_hokenさんの投稿

安い通販型の自動車保険会社をネット等で調査したところ、事故の際の対応に対する苦情等が目立ちました。自動車保険を選ぶ時にはそういった加入済みの方々の口コミや評判も踏まえて安いだけではなく総合的な満足度を重要視して選ばなくてはならないということがわかりました。

29416915 798610443656044 2921172262063177728 n
mercedesbenzjapanさんの投稿

2018年の顧客への対応満足度ランキングは1位が東京海上日動火災保険、2位ソニー損害保険、3位AIU損害保険となります。代理店型の間にダイレクト型も挟まり、顧客への対応は安い保険料で評判も良いならソニー損害保険はおすすめです。

20394059 668087300061602 4799179302451019776 n
sato___masakoさんの投稿

顧客対応TOP2は「ソニー損害保険株式会社」が正式会社名ですが、ソニー損保では自動車保険の他に医療保険、ペット保険などの損害保険が扱われています。ソニー損保のメリットともなる強みは事故対応の迅速さと言われてます。

安い自動車保険のソニー損保!最大メリット

どのようなサービスかといいますと、365日無休は勿論ですが事故対応が迅速で相手側への連絡から代車の手配、病院に連絡、修理工場への連絡が即日なのは何より心強いです。全国9000箇所のロードサービスも拠点があり、無料や無制限もあります。

ソニー損保のメリットとデメリット

26865433 195559747847102 7228103696272326656 n
kurasimpleさんの投稿

ソニー損保は車を走らせた分の保険料だけ支払えば良いので、あまり車を使用されない方にしかおすすめ出来ません。大手と比較しましても特約は控えめで事故対応も代理店型には劣る部分はデメリットですが、ダイレクト型ならではの安い保険料にしては対応や評価が高いのはソニー損保のメリットです。

顧客対応3位のAIU自動車保険会社は?

29402477 1044997278983792 4775624542158585856 n
mrmetcomさんの投稿

本部はアメリカで正式名は「AIU保険会社」ですが、日本にあるのはAIGジャパン・ホールディングス株式会社の傘下「AIU損害保険株式会社」が事業をしています。その他の仕事にアメリカンホーム保険、富士火災海上保険、AIG富士生命保険、JI傷害火災保険などもあります。

AIU自動車保険は主に2種類に分かれます

28157569 1587119571377000 4395894801208180736 n
hps1956さんの投稿

AIU自動車保険はファミリー向け、一般型個人向けの二種類があります。代理店型なのでネットだけでは決定されません。担当の方と対面し補償内容などを詳しく聞いたりして契約を結びます。プロの担当が自分に合ったプランをしっかり選んでくれます。

23825287 132611824068471 2409541975213604864 n
okuno_hokenさんの投稿

まず、ファミリー向けでは車が自家用車に限られてますが、一般型個人向け自動車保険とは契約をした方を個人に限定し、バイク、原付、バス、大型貨物車などになります。AIU自動車保険のロードサービスも他社と大きな違いは無いので安心です。

AIU自動車保険のメリットとデメリット!

AIU自動車保険は代理型なために安い保険料にはなりませんし、ネットだけでは契約が成立するしないというデメリットがありました。しかしメリットは車上を狙った被害費用補償特約や、i・セキュア(ETCカードなどの不正使用による被害補償)など独自の特約です。

20代におすすめ!安い自動車保険ランク

28157919 737130473160076 6012699325270851584 n
auruseitaiさんの投稿

20代の方々の加入率が高い自動車保険ランキングでは、1アクサダイレクト(基本補償+一般車両)40190円、2SBI損保49830円、3チューリッヒ49830円、4イーデザイン損保50130円、5三井ダイレクト53210円という結果でした。10位との差額は36460円となりました。

安い保険料が売りのダイレクト型がダントツのランキングでしたが、事故が一番多い年代なだけに一位の自動車保険の掛け金は高めでした。しかし、保険の掛け金が高くならないためにも補償内容に余分なものが無いか気をつけて選ばなければいけません。

30代以上におすすめな安い車両保険調査!

20478649 160692657827377 2386839362202501120 n
rips.t.c.sさんの投稿

基本的な自動車保険の補償に一般車両保険をつけると保険料はその分高くなります。そこで、車両保険を足した上での安い保険料を比較調査の結果、1SBI損害保険29290円、2イーデザイン担保29890円、3アクサダイレクト30320円、4セゾン自動車火災33010円と、ダイレクト型は強いです。内容はともかく安いからおすすめというランキングです。

20代におすすめしたい自動車保険+車両保険ランキング1、30代以上におすすめしたい安い車両保険ランキング3のアクサダイレクトとは規模が大きい親会社のアクサグループの傘下であり、正式名は「アクサ損害保険株式会社」です。アクサでは自動車保険の他にバイク保険、ペット保険などが商品化されてネット通販・直販型と特化されています。

11254292 1601096000172833 2050716209 n
rikis_t2さんの投稿

対人・対物賠償保険は共に無制限や特約は10種類など豊富で他社と大きな違いは無いアクサダイレクトですが、若向けな「ファミリープラス」や「レディースプラス」、「ペットプラス」などがありました。

しかしアクサダイレクトは総合的に対応・ロードサービス・安い保険料などはSBI損保やセゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)、チューリッヒにはやや劣りますが安い保険料がおすすめの一つです。

車両保険には一般型とエコノミー型があります。一般型は範囲も広く心強いので、後から後悔したくない人向けです。エコノミー型は、他の人の自動車と衝突した時に犯人がわからないと補償から省かれてしまいます。自損事故なども安心な一般型の車両保険が基本的におすすめです。

安い保険料ならエコノミー型車両保険?比較

11024433 903255266362254 1251484513 n
keibo34さんの投稿

エコノミー型=火災、爆発、落書き、いたずらや窓ガラスの破損、落下物からの破損や衝突、他の車と衝突、台風や洪水、竜巻や高潮などの災害、車上荒らしや盗難などです。エコノミー型は補償の質は劣りますが安い保険料で済みますので余裕がある人にはおすすめです。

28752817 1922199288109677 3813299594360520704 n
satori925さんの投稿

事故の大きさによっては車を修理出来ない場合や台風、洪水等で車が使えなくなってしまった時でも車両保険があれば車を買替え費用に充てることも出来ます。今やネットですぐ保険料は見積で調べることができるので簡単です。

28434256 313175989205781 680496508163850240 n
u_y_19さんの投稿

車両保険のエコノミー型とうってかわりますと一般型=当て逃げ、電柱や公共物に衝突、自転車などに接触事故、墜落や車覆などが含まれます。2つの違いとは保険金が支払える場合にもなかったりするので注意です。

29718124 1971218569862852 2000911691386191872 n
gswathamamatsu551さんの投稿

他の自動車保険でもそうですが、事故の際に修理費用と車のローンが重ならないためにも新車や高級車のローン購入された場合には車両保険に加入することをおすすめです。安い保険料も大事ですが、最低限の自動車保険は必要です。

自分の過失による事故の場合でも車両保険に入っているなら保険金が支払われますので、いつ起こるかわからない高額な出費にもに備えられます。そして安いだけではなく、自動車保険のご加入時に車両保険の設定は必要とも言えるかもしれません。

おすすめの保険料の安い自動車保険の結果!

13355594 1733185826959075 964951416 n
takahashi_hiroyuki0529さんの投稿

色々な自動車保険会社のメリットとデメリットを比較してわかったことは代理店型の高い保険料では事故の際は迅速でプロの対応ですが、安いダイレクト型は安いだけで中に入って見れば分かる雑な対応がネットの口コミ評価から目立ちました。比較調査し、おすすめは事故対応が良くて保険料が安いダイレクト型のソニー損保という結果になりました。

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ