火災保険の選び方!保険料・補償範囲・特約が賢い選択ポイント!

大切なマイホームを守るために火災保険に加入したいと思っても、火災保険の選び方がわからない、また、火災保険の賢い選び方にポイントはあるのか、知りたい方は多いです。そんな方に賢い火災保険の選択ポイントの保険料や補償範囲や特約についてまとめています。

火災保険の選び方!保険料・補償範囲・特約が賢い選択ポイント!のイメージ

目次

  1. 火災保険の選び方!賢い選択ポイントを解説!
  2. 火災保険の選び方の前に基本的なこと
  3. 火災保険の選び方の前に基礎知識!
  4. 火災保険の選び方には、損害保険会社?
  5. 住宅取得時の銀行等で火災保険に加入すべき?
  6. 火災保険の選び方の前に保険対象を決める!
  7. 建物の構造によって火災保険料が違う!
  8. 火災保険の選び方で重要な補償範囲!
  9. 火災保険の選び方の前に保険金額を決める!
  10. 家財補償額も火災保険の選び方に必要!
  11. 保険料は、火災保険の選び方に重要!
  12. 火災保険の選び方、保険期間はどうする?
  13. 火災保険の選び方に特約って?
  14. 火災保険の選び方には、ポイントが重要!
  15. 火災保険の選び方に地震保険は必要?
  16. 火災保険の見積もりをしよう!
  17. 火災保険の選び方で後悔しないために!

火災保険の選び方!賢い選択ポイントを解説!

26871120 143901859621029 1462471106278457344 n
fumi_life_homeさんの投稿

大切なマイホームが火事で燃えてしまう・・なんてことは、考えたくはありません。でも、万が一が起きたとき、補償してもらえたら・・と火災保険の加入を検討しようと思っても、どの火災保険がいいのか、悩みます。この記事では、そんな方に火災保険の選び方や選択ポイントの保険料や補償範や特約等について解説します。

火災保険の選び方の前に基本的なこと

25012962 137388243585634 483579443122536448 n
rio_home_さんの投稿

火災保険の選び方の前に基本的なことを説明します。火災保険は、損害保険の一種で、損害保険とは、突発的なリスクに伴う損害を保険で補填するものです。一定額が支払われる生命保険とは違い、損害保険は一般的に損害した額によって、支払う保険金額が変わます。火災保険も一般的に損害額に応じた補填として、保険金が支払われます。

18645416 129075950991839 2719310465598488576 n
lifeconsulting_corporationさんの投稿

日本には、失火責任法という火災に関する法律があります。失火責任法とは、過失によって他人の家から出火し、類焼で自宅が燃えてしまっても、原則、出火元は賠償責任を負わず、賠償請求できないという法律です。火災にあった時の損害は、自分で負担しなければなりません。火災保険は、このような火災等の損害を補償する保険です。

27580790 161909017922777 1393595331387588608 n
saki_f_さんの投稿

損害保険の一種の火災保険は、建物や建物内の家財用具等の火災等による損害を補填する保険です。火災と聞くと、単純に火事で家が燃えてしまった時に保険金で補償されるだけと思う方もいるかもしれませんが、それ以外の補償もあります。

21480102 477919655912461 6505447643102052352 n
utmlhrakさんの投稿

火災保険の種類によっても補償されるものが異なりますが、落雷による家電等の損害や台風による建物の損害、また、水漏れや洪水等の水害、盗難による損害などがあります。

火災保険の選び方の前に基礎知識!

24254289 540944102924569 7702486605096812544 n
kawamorikenchiku1146さんの投稿

火災保険の選び方の前に基礎知識で知っておきたいのが、建物や家財用具です。火事で燃えてしまった建物や家財用具とは、具体的にどのようなものでしょうか。まず、一般的に火災保険の建物とは、建物全体はもちろんですが、建物の基礎部分、建物にとりけてるエアコンや浴槽、流し台、コンロも含まれます。

27893986 222879121605171 1920239045787516928 n
m11sunさんの投稿

それ以外にも一戸建てなら、建物に付随する倉庫や車庫、門や塀も含まれますが、庭木や敷地内の別の建物(別途、火災保険に加入要)は、含まれません。火災保険の家財用具には、建物内の家具や衣服等、日常生活に用いる動産が含まれます。動産とは、その名の通り、動く財産ことです。

たとえば、現金や通帳といったものが動産に含まれます。火災保険会社により異なりますが、一般的に現金や通帳は、火災保険に盗難補償をセットで申し込みしなければ補償されませんし、全額が補償されるものでは、ありません。また、自動車や有価証券やプリペイドカード、動物や植物などの生き物は、火災保険の家財用具には含まれません。

28152815 1617139251695957 1445466115277848576 n
megumi_harunaさんの投稿

宝石や美術品等の貴重品や美術品(1個1組30万円超えるもの)ですが、こちらも火災保険会社によって異なりますが、一般的に火災保険にセットで補償を付ければ、限度付きで補償されます。

火災保険の選び方には、損害保険会社?

23594306 133777773989216 4464357494734454784 n
mi_cok808さんの投稿

火災保険の選び方には、基本的に損害保険会社で選ぶということになります。今は、色々な損害保険会社があり、会社名に損害保険が入っていないところもありますし、代理店で損害保険を取り扱っていたりします。様々なところで損害保険の火災保険がありますので、色々と検討することをお勧めします。

住宅取得時の銀行等で火災保険に加入すべき?

損害保険会社以外にも、銀行から火災保険への加入を勧められることもあります。よくある話で、住宅取得する際に住宅ローンを銀行で借入の際に、銀行から火災保険の加入を勧められるといったことがあります。銀行から借入してるし、勧められた火災保険にも加入しないといけないのか・・とそのまま火災保険に加入してしまいがちです。

でも、そのまま火災保険に加入してしまっては、保険料や損害した時に補填される保険金に満足できなくて、他の火災保険がよかった・・と後悔してしまうかもしれません。銀行から借り入れしてるからといって、必ず勧められた火災保険に入る必要はありませんし、断ったからといって銀行の印象が悪くなることはありません。断っても大丈夫です。

火災保険の選び方の前に保険対象を決める!

23825021 767236783474983 2441476817995956224 n
kinako.milkさんの投稿

火災保険の選び方の前に保険の対象を決める必要があります。火災保険の対象は、建物や家財用具ですが、3つのパターンがあります。「1、建物だけを対象にする」「2、家財用具だけを対象にする」「3、建物と家財用具の両方を対象にする」の3つのパターンです。

13398448 292303497775597 103564958 n
yuyanakamuraさんの投稿

火災保険は、建物だけでいいのか、家財用具も火災保険の対象にするのか、悩む方も多いです。もし、悩むことがあったら、3パターンすべて見積もりしてもらってから検討するのもいいでしょう。見積もりしてもらえば、家財用具を対象とした場合としなかった場合の保険料を比べて、対象にするかしないか、決める判断材料になります。

建物の構造によって火災保険料が違う!

27880962 415644778848490 8730504306047844352 n
yourshouse.jpさんの投稿

火災保険は、保険対象の建物の構造によって、火災保険料が違ってきます。建物の構造とは、建物が燃えやすい構造の住宅かどうかです。燃えやすい構造の住宅であれば、火災が起きたときの耐火性が低くなるので、保険料が高くなります。反対に燃えにくい構造の住宅は、耐火性が高いので保険料は安くなります。

この建物の構造で判断する規定が、構造級別です。構造級別には、「M構造」「T構造」「H構造」の3つがあります。M構造は、マンション等のコンクリート造の共同住宅等で、T構造は、耐火建築物のコンクリート造の戸建て住宅や準耐火建築物の鉄骨造の戸建て住宅、またツーバイフォー住宅等の省令準耐火建築物に該当する住宅です。

25036726 518279021872580 5164423364252532736 n
yoshimuraichiさんの投稿

H構造は、非耐火構造の住宅、木造の共同住宅や戸建て住宅です。火災保険料が安いのは、M構造→T構造→H構造の順です。M構造とH構造とでは、保険料が4倍くらい違ってきます。火災保険ですので、燃えにくい構造の住宅の方がリスクも低いため、保険料が安くなるということです。

ただ、ツーバイフォー住宅と一部が木造住宅といったケースでは、木造住宅=H構造と判断され、高い保険料になってしまうことがあります。きちんと耐火性が高い構造の住宅ということが証明できれば、T構造になることも可能です。高い保険料にならないように不動産会社や建築会社に建物の構造を確認しておきましょう。

火災保険の選び方で重要な補償範囲!

20634689 114469502503869 2415467990699999232 n
lifeconsulting_corporationさんの投稿

火災保険の選び方で重要なのが補償範囲です。火災保険は、一般的に基本補償にその他の補償を任意でつけるところが多いです。補償範囲は、火事による損害を補填する火災だけでなく、台風等による損害を補填する風災や落雷、ガス漏れ等による爆発・破裂の損害の補填や洪水等による損害を補填する水災、また盗難による損害を補填するもの等があります。

補償範囲をしっかり選んでおかないと、災害が起きたときに補償対象外で補償されないといったことがあります。基本補償の補償範囲は、どういったものか、その他の任意でつける補償は何か、詳しく内容を把握しておくことが重要です。

火災保険の選び方の前に保険金額を決める!

火災保険には、保険金額を決める必要がありますが、保険金額を勝手に決めていいというわけではありません。生命保険のように希望の保険金額を設定することもできません。火災保険の保険金額は、評価額を基準に決まるようになっています。その評価基準には、新価と時価があります。

26871926 600209057019561 6851898873636454400 n
zjgcgchigsさんの投稿

新価は、新しく建物を建て直しするための価格で、時価は、新価から、建物の時間経過による価値減少分を差し引いた価格です。一般的に火災保険の評価額は、新価となっています。火災で全焼してしまった時に時価だけの保険金額では、新しく家を建て直すことができません。火災保険の保険金額は、新価で加入したほうがいいでしょう。

より安心したいから保険金額を3000万円にしたいと思っても、評価額が2500万円では3000万円の保険金額を設定することはできません。保険金額を決める際は、評価額内で決めるようにしましょう。

家財補償額も火災保険の選び方に必要!

28156448 1837173696583120 3733071211589009408 n
ouchidesignさんの投稿

火災保険には、建物以外に家財用具の補償もつけることができます。家財用具の補償をつける際に補償額を決めます。家財用具の補償額は、所有の家財用具の評価額の合計額となるのですが、一つ一つ家財を評価するのは、大変です。家財用具を一つずつ評価する代わりに、世帯主や家族構成等で平均的な評価する「簡易評価」で評価額を決めたりします。

たとえば、夫婦と子供1人で世帯主の年齢が25歳から35歳の場合は、評価額600万円といったのが簡易評価です。また、建物の所有形態(持ち家や賃貸)占有面積(〇㎡未満等)等で平均的な評価額を決める場合もあります。保険会社によって、この評価額は違いますので、見積もりをして選ぶようにしましょう。

保険料は、火災保険の選び方に重要!

24125263 1548317121871309 8504283817312256000 n
23fam_mamaさんの投稿

今後の家計にも影響する保険料は、火災保険の選び方に重要です。保険料は、先述したように保険金額や家財用具の補償額、補償範囲等によって大きく変わります。保険料を安くするために保険金額や補償範囲等を低くしてしまったら、万が一の時に保険金で、損害を補填することができません。また保険会社によって、保険料も様々です。

安易に保険料が安いといった理由で火災保険を選ばずに、満足のいく補償内容、保険金額でよりよい保険料になる火災保険を選びましょう。

火災保険の選び方、保険期間はどうする?

22860724 1929513630636483 7268129900958056448 n
roromis_homeさんの投稿

火災保険の保険期間には、1年から30年間があり、保険期間を選択します。火災保険料を安くしたいなら、長期契約(2年から30年)の一括払いがお勧めです。長期契約すると長期係数という割引係数で保険料が算出されます。長期係数は、保険会社によって異なりますが、一般的に長期契約の方が割引率が高くなります。

一括払いなので、最初の保険料負担は大きくなりますが、長期契約にした方が長期割引になり、保険料が安くなるので、節約にもなります。

火災保険の選び方に特約って?

火災保険の選び方には、特約も重要です。特約とは、オプションのことで、火災保険の主契約に特約をセットで申込みすることができます。特約には、保険会社によって様々なものがあります。たとえば、新価保険特約というのがあり、先述した建物を新しく建て直すための価格=新価で保険金額を設定することが出来るということを特約にしたものがあります。

よくあるのが、地震火災特約で、地震や津波等による火災の損害を保険金にて補填する特約です。また、個人賠償責任保険特約というのがあります。個人賠償責任保険特約は、日常生活で自身または家族が他人に怪我をさせてしまったり、他人の物を壊してしまった時に法律上の損害賠償責任による負担金を保険金にて補填するものです。

火災保険会社によって異なりますが、特約の中には、宝石や美術品等の貴重品等を限度額まで補償するものや、現金や通帳等の盗難時を限度額まで補償するものや、通常の火災保険では補償されない、敷地内の別の建物(倉庫等)を補償するよう明記するものもあります。

特約は、他にもたくさんあり、保険会社によっては、一部の補償を特約にすることもあり、様々です。基本の火災保険の補償範囲に入っていると思っていたら、特約になっていて、特約に入っていなかったために補償対象外で保険金で補填されなかったなんてこともありえます。火災保険を選ぶ際には、特約も重要視しましょう。

火災保険の選び方には、ポイントが重要!

20969197 161195901097328 520434132287750144 n
yurico.no.ieさんの投稿

火災保険を選ぶのは、何を基準に選んだらいいか悩みます。火災保険の選びには、ポイントを押さえて選ぶことが重要です。ポイントは、火災保険の保険料、補償範囲、特約です。先述したように、この3つのポイントは、火災保険には、重要項目です。

27881239 288990451630540 1908083712814219264 n
hana___home___さんの投稿

火災保険の選び方には、家計にも影響する保険料、万が一の時に保険金にて補填される補償範囲、特によって補償されるものは何か、この3つのポイントを押さえることが重要です。

火災保険の選び方に地震保険は必要?

27880041 574838956202484 2141154442458693632 n
sekisuiheim_let.s.goさんの投稿

火災保険は、地震や噴火、地震や噴火の津波による建物の火災や破損は含まれません。損害保険の一種に地震に備える保険として地震保険があります。では、損害保険の地震保険に加入すればいいと思うかもしれませんが、地震保険単独では、加入できません。火災保険とセットで申込みするものとなっています。

地震保険は、火災保険にセットでつける保険ですが、地震保険の保険料は、政府と損害保険会社とで法律に基づき運営してるため、どこも保険内容や保険料は同じですが、地震の発生リスクが高いと判断されている地域によって保険料は異なります。東日本大震災や阪神大震災等、今、日本ではどこで地震が起きてもおかしくないと言われています。

26397954 185045178896404 524682555023163392 n
cosmos_insurance_officeさんの投稿

地震保険のメリットは、火災保険で補償されない、津波よる自動車の買い替え費用や震災でペットが怪我した時の治療費等も地震保険では、補償対象であることです。デメリットは、地震保険の保険金額は、火災保険の保険金額の30~50%までとなっていることです。

20589833 580476382076349 7620720061392617472 n
konohamaru0927さんの投稿

もし、地震で家が倒壊してしまっても、火災保険のように家を建て直しできる保険金がでない可能性は高いというのがデメリットです。地震保険を火災保険にセットでつけるかは、ご自身で判断することになりますが、地震はいつ起きても不思議ではないということもあります。メリット・デメリットを踏まえて、慎重に検討するようにしましょう。

火災保険の見積もりをしよう!

27580271 348064232266180 4649558735100837888 n
north_road_fp3さんの投稿

火災保険の選び方のポイントや地震保険を加入するかが決まったら、損害保険会社に見積もりをしましょう。色々な会社の見積もりを取り、保険料、補償範囲、特約のポイントで3つのポイントで選びます。見積もりを取るのには、銀行や損害保険会社の代理店、またはインターネットで簡単に見積もりを取ることも出来ます。

27573639 2031022927153392 673188681439248384 n
hanwacarさんの投稿

住宅ローンの際に借り入れた銀行で見積もりしてもいいですし、より詳しく説明してほしいというのであれば、損害保険会社の代理店で見積もりするのもいいですし、簡単に見積もりしたいのであれば、インターネットでの見積もりがいいでしょう。火災保険の選び方には、ご自身の希望に合った方法で見積もりを出し、検討しましょう。

火災保険の選び方で後悔しないために!

21569133 104051263645120 6148404086912843776 n
beachmama1005さんの投稿

火災保険は、大切なマイホームの万が一の時のための保険です。保険料は今後の家計にも影響しますし、申し込みした補償範囲や特約によって補償されずに後で後悔してしまう・・なんてことがないように、火災保険の選び方には、保険料、補償範囲、特約の3つの選択ポイントを押さえて、慎重に選ぶことが大切です。

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ