養老保険のメリット・デメリットは?申し込む前に知っておきたい知識を解説!

老後に備えて養老保険など生命保険の関心が高まってきています。確かに貯蓄性がある保険であれば将来の備えになるかもしれませんが、実際は得をするのでしょうか。ここでは、養老保険のメリットやデメリット、おすすめや注意点についてまとめています。

養老保険のメリット・デメリットは?申し込む前に知っておきたい知識を解説!のイメージ

目次

  1. 貯蓄性がある養老保険とは
  2. 養老保険とはどんな保険?注意点は?
  3. 養老保険の注意点は保険料が高いところ!
  4. 養老保険から生命保険へ!貯蓄性保険の流れ
  5. 老後に備えるなら個人年金保険?養老保険?
  6. 種類は3つ!個人年金保険の内容と種類
  7. 養老保険と個人年金保険の比較1:有期年金
  8. 養老保険と個人年金保険の比較2:終身年金
  9. 養老保険と個人年金保険の比較3:確定年金
  10. 個人年金保険に加入するならおすすめは確定年金!
  11. 個人年金保険も養老保険も税金の控除対象!
  12. 死亡した際の保障付き!貯蓄性保険に養老保険を選ぶ?
  13. 老後の不安を解消!養老保険のような貯蓄性保険
  14. 将来的におすすめ?養老保険は本当にメリット?
  15. 養老保険のデメリットと注意点とは?
  16. 養老保険と比較!生命保険に入るタイミングは?
  17. 見直しがしにくい!養老保険のデメリット
  18. 自分に合った保険を!おすすめされる前に調べよう!
  19. 生命保険や養老保険に加入する注意点を考えよう
  20. なぜ養老保険?保険選びは目的が重要!
  21. 養老保険と外貨建生命保険の違い
  22. 利率が高い?養老保険と外貨建保険の注意点
  23. 養老保険を提供している保険会社1:かんぽ生命
  24. 養老保険を提供している保険会社2:明治安田生命
  25. 養老保険を提供している保険会社3:損保ジャパン日本興亜
  26. 保障〇倍プラン!保障で養老保険を選ぶならかんぽ生命!
  27. 今の時代に養老保険に加入する注意点1:冷静に考える
  28. 今の時代に養老保険に加入する注意点2:返戻率
  29. 今の時代に養老保険に加入する注意点3:30年の払込
  30. 養老保険のような貯蓄性保険に加入する時の注意点
  31. 貯蓄性保険をしっかり選んで将来のために賢い運用を!

貯蓄性がある養老保険とは

現在の日本では少子高齢化からくる将来・老後の不安は尽きません。貯蓄性の保険が注目されていますが、その中に養老保険という保険があります。今の日本の状況で養老保険に加入してもいいものなのでしょうか。養老保険のメリットや注意点について解説していきます。

養老保険とはどんな保険?注意点は?

18950094 137777306786349 1176235888464625664 n
suzu_bodさんの投稿

養老保険とは生命保険に近い存在で、生命保険と同様貯蓄性がある保険の商品です。養老保険の特徴は、死亡した際の保障期間が生命保険のように無期限ではなく、期間が決まっているものです。死亡保障もあり満期でも保険金を受け取れるのでおすすめです。

保障期間中は保険料の払い込みを行い、仮に払込み期間に死亡した場合は、満期に受け取る金額と同額の保険金を受け取ることができます。一般的な生命保険との違いは、保証期間が有限か無期限かというように考えてもいいでしょう。

養老保険の注意点は保険料が高いところ!

28155406 885390388287330 5506802244235821056 n
apexformatさんの投稿

生命保険との違いも保険金を解約したタイミングで受け取れるか、満期になったタイミングで受け取るかの違いです。保険の商品によっては保険料が違い、主に養老保険の方の相場が高いです。

28153695 429170757503323 159386524117368832 n
yoshikazu1929さんの投稿

生命保険との違いも少なく、保険料自体が高額なこともあり、現在では養老保険の新規の加入を勧める保険会社は少ないですし、販売を行っていない会社の方が多いです。一部で金利が高いときに加入した養老保険であればお宝保険ともいわれています。

養老保険から生命保険へ!貯蓄性保険の流れ

27879505 1690343544358695 4625511973419745280 n
ryohei758さんの投稿

養老保険は1990年代に主に販売されていた商品です。この時期の養老保険は金利が高かったので加入するメリットも今よりはあったのですが、今の養老保険は金利は低く、毎月の保険料が高いためデメリットの方が多く目立ってしまいます。

その後生命保険が登場したことにより、養老保険よりもメリットが多いため、取り扱う会社も少なくなっています。また養老保険と比較される対象に個人年金保険があります。個人年金保険も生命保険と同様に貯蓄性の高い保険商品になります。

老後に備えるなら個人年金保険?養老保険?

個人年金保険は3種類ありますが、基本的な考え方としては、定年後に支給される年金を補助するような意味合いで保険金が支給される保険です。老後に受け取れる保険金があればメリットがありそうです。

現在の日本では少子高齢化の影響で、毎月支払いをしている年金も自分が受け取る年齢になったときに、受け取れる金額は期待できないでしょう。その不安から老後に備えて個人年金保険を考える人が増えてきています。

Thumb個人年金保険の仕組みを解説!デメリットも理解して老後資金を蓄えよう!

種類は3つ!個人年金保険の内容と種類

26866403 181237329304547 7124950826774167552 n
risingtrust_officialさんの投稿

個人年金保険は一定の払い込み期間があり、この払込期間に死亡した場合は、生命保険・養老保険と同様に死亡保障が適用されます。この死亡保障で受け取れる保険金は払い込みをしていた保険料と同額になります。

払込期間満期まで支払いを行うと、自分が設定した年齢に個人年金保険が受け取れます。この時、個人年金保険は3種類あり、種類によって受け取れる期間が変わってきます。注意点としては、それぞれにメリット・デメリットがあるのでよく検討する必要があります。

Thumb個人年金保険ランキング!利率や戻り率の高いおすすめプランを調査!

養老保険と個人年金保険の比較1:有期年金

26065849 820238851492940 2871725613549355008 n
7_o_k_1さんの投稿

1つ目は有期年金です。有期年金は個人年金の受け取りは始まってから一定期間年金を受け取ることができるものです。この有期年金のメリットは払込期間の保険料が安いことです。また、支給期間を過ぎると合計の年金の受け取り金額が多くなるためメリットになります。

デメリットとしては、受取期間中に死亡してしまった場合はそこで保障が終わってしまうため、受取開始から残念なことにすぐ死亡した場合は受取金額が少なくなるのでデメリットが大きくなります。

養老保険と個人年金保険の比較2:終身年金

33933228 192516041581559 3265270305785905152 n
senichi_officialさんの投稿

2つ目は終身年金です。終身年金の特徴は、有期年金と違い死亡するまで保障が適用され、年金を受け取ることができることです。有期年金は期間限定でしたが、終身年金は死亡するまで無期限、年金を受け取ることができます。メリットは長生きすればした分だけ年金を受け取ることができることです。

デメリットはただでさえ毎月の保険料が高い個人年金保険の中で最も保険料が高いことです。そして、有期年金と同様に個人年期保険の受取を開始してから早期で死亡した場合は、高い保険料を支払いしても受け取る金額が少ないので、損になる可能性が大きいです。体に自信があり、長生きする予定の方におすすめの個人年金保険です。

Thumb終身保険のメリット・デメリットを解説!貯蓄性が高く資産形成に役立つ!

養老保険と個人年金保険の比較3:確定年金

23421580 292155727942054 7354858171271217152 n
okd1048さんの投稿

3つ目は、確定年金です。個人年金保険の場合この確定年金に加入するのが最も多くおすすめです。確定年金は、個人年金保険の受取が開始された後一定期間は必ず保険料を受け取ることができる保険です。

例え被保険者の方が早期に死亡したとしても、契約した期間は年金を受け取ることができるため、遺族のために残す保険としてメリットが大きいです。保険料もお分かりの通り、有期年金よりも高く終身年金よりも低いので、デメリットが少なくメリットが大きい年金です。

個人年金保険に加入するならおすすめは確定年金!

26325307 168262113783586 7806642345163620352 n
tocotoconnさんの投稿

また固定金利の確定年金保険の場合は、加入したタイミングで受け取る年金の合計金額も分かるので、将来どれくらい貰えるのかもその場でわかるメリットもあります。この加入するタイミングで返戻率を見て決めればリスクが最も少なくメリットが大きくなります。

26864453 533968013644162 3671670320470687744 n
oftfpさんの投稿

確定年金を選んだとしても、定額の年金を選択してしまうデメリットとしては、インフレに対応できない点です。例え将来物価が変わったとしても受け取る金額が変わらないところが注意点です。通常はリスクを分散するために性格が異なる保険に複数加入します。

個人年金保険も養老保険も税金の控除対象!

26344063 2045543795682284 3519740160226885632 n
n.akio.0106.m.lさんの投稿

さらに個人年金保険は「個人年金保険控除」の適用対象になるため、税金の控除になり節税になることもメリットです。返戻率が低かったとしても、控除額の分を見て決めるのがおすすめです。

ただ、生命保険のように貯蓄性のある保険と比較すると全体的に保険料が高いことは忘れてはいけません。また、個人年金保険の場合は、若いうちに加入し、早いタイミングで保険料の払い込みが終われば、受け取る期間が長ければ長いほど返戻率が高くなるのでおすすめです。

死亡した際の保障付き!貯蓄性保険に養老保険を選ぶ?

23347589 183202908896133 7988140189849485312 n
yuuki__miyagawaさんの投稿

今の時代であれば最初から養老保険に加入する方は少ないのですが、もし養老保険に加入を考えるときは、生命保険と個人年金保険のメリット・デメリットを比較して加入するかどうか決めるのがおすすめです。

24177982 1546733862083514 2932674407820165120 n
hokenclinicさんの投稿

生命保険・養老保険・個人年金保険に加入を考えるときは、保障の内容よりも貯蓄として、資産運用としての意味合いが強いでしょう。この3つの保険の共通点は、貯蓄性があることと死亡した際の保障があることです。

老後の不安を解消!養老保険のような貯蓄性保険

23498183 128164817829490 6895060254124408832 n
yuusukesukeboさんの投稿

老後の備えに対して、ただ営業マンがおすすめしたものを選ぶのではなく、自分でしっかりと、似ている保険を比較し決めるのが大切です。加入する・加入しないに関わらず、知識として知っておくことがおすすめです。

このような生命保険を始め貯蓄性がある保険に加入する必要性はあるのでしょうか。個人年金保険に関しては少子高齢化による年金の受給金額の不安から生じる、老後の備えとして利用される場合が多いです。

将来的におすすめ?養老保険は本当にメリット?

26402513 2002808086402798 7406398921284517888 n
kenozaki0414さんの投稿

生命保険や養老保険に関しても、今の時代は銀行も低金利が続いているので、銀行に預けているだけではお金は増えません。さらにマイナス金利になれば、銀行に預けるとお金が減ってしまいます。

そのときに生命保険や養老保険のような貯蓄性がある保険に加入することによって、お金を増やすことができてば賢い運用と言えます。しかし、この貯蓄性のある保険には共通してデメリットがあります。それは毎月の保険料の負担です。

養老保険のデメリットと注意点とは?

23279237 156770974927031 8612733047206313984 n
ussaa.homeさんの投稿

特に養老保険と個人年金保険に関しては、保険料が高いので日々の生活を圧迫します。養老保険と個人年金保険の最大のデメリットは、日々の保険料の負担に耐え切れなくなり、途中解約してしまうと高確率で元本割れをする点です。

27894429 795882707273606 5360152123512193024 n
s2mioz__homeさんの投稿

生命保険のメリットに関しては、自分の年齢に応じて定期的に見直しをすることによって、運用を最適化できることです。生命保険の加入を考える多いタイミングは子供が生まれたときです。

養老保険と比較!生命保険に入るタイミングは?

23164037 524731311206502 8112283775703973888 n
hiro37hamaさんの投稿

子供が生まれて間もないときに、もしも一家の稼ぎ頭が死亡してしまったら大変なことになります。もしものときに生命保険に加入するのが一般的ですが、子供が大きくなるにつれて、出産したときよりもリスクは小さくなります。

さらに、40代に差し掛かり生命保険を更新すると、毎月の保険料も大幅に上がります。このようになればリスクは少なくなっている訳ですし、死亡保障額を調整することによって、家計の負担も調整できるのです。

見直しがしにくい!養老保険のデメリット

27577007 393179181106829 6950416172047138816 n
risingtrust_officialさんの投稿

この点、養老保険のデメリットは生命保険のように見直しがしにくい点です。基本的に契約期間は60歳か65歳に設定することが多いですが、その前に解約すると支払った金額よりも少ないので損をしてしまいます。

34374414 2086420858096478 1964830246658113536 n
rei._.kakeiさんの投稿

保険会社の中では養老保険は力を入れていない商品なので、場合によっては「無駄が多い保険」ということで解約を進められるケースもあるそうです。このように貯蓄性のある保険はメリットとデメリットがあるので慎重に選ぶことが注意点です。

自分に合った保険を!おすすめされる前に調べよう!

生命保険をはじめとする養老保険や個人年金保険に関しては、加入している人は多いものの、「よくわからないからおすすめの商品にする」と言う方や「ご近所の〇〇さんと同じものに入る」ということが多いのです。

26073973 137928543550357 7035490948670816256 n
junkotti0814さんの投稿

しかし、生命保険はその性格から人によって合う・合わないが出てくるところも注意点です。生命保険の場合、貯蓄として有効かもしれませんが、保険料として払い込んだ金額は解約しないと戻ってきません。

生命保険や養老保険に加入する注意点を考えよう

25016147 336023300199773 4186664326922240000 n
makitty0731さんの投稿

生命保険全般に言えることですが、当然支払いした保険料は使うことができません。仮に保険料として支払っていた金額と同額のものが手元にあり、その資金を元手に10倍以上の資産を手に入れる、といった案件があったとしても、保険会社に支払いをしているので、このようなチャンスも掴むことができません。

極端な例ではありましたが、最大のデメリットはこのようなチャンスを逃す「機会損失」なのです。世の中には生命保険や養老保険のような貯蓄性がある保険商品の反対派もいます。

なぜ養老保険?保険選びは目的が重要!

25026324 355393168262252 4930733403403190272 n
konosuke.hさんの投稿

確かに生命保険は死亡保障もあり、貯蓄性もあるのでメリットが多いと思いがちですが、実は機会損失や金利が低いことから投資に値しないという声も聞きます。資金に余裕があるようであれば、銀行に預金するよりもお金が増える可能性は非常にあります。

25015756 800082950176280 6289252780561399808 n
shino_etu710さんの投稿

しかし、生命保険以上に利率が高い話しがあったとしても加入していれば難しいのがデメリットなのです。まず生命保険のメリット・デメリットをしっかり把握することです。生命保険を選ぶポイントも、毎月の保険料や利率、保障内容や貯蓄目的など人によって異なります。

養老保険と外貨建生命保険の違い

23498297 2100128050001180 8471921114182844416 n
mato____3さんの投稿

生命保険の種類には「外貨建保険」というものもあります。これは名前の通り、日本円ではなく外貨で保険料を支払うタイプの生命保険です。想像がつくかもしれませんが、日本円ではないのでそのタイミングによって外貨の価値は変動します。

日本国内の生命保険でもインフレの対策になる変動金利の生命保険もありますが、日本円ではなく外資になるので利率の変動の具合は非常に大きくなります。運用方法をうまくすることができれば、保険料よりも受け取る金額を大きくすることも可能です。

利率が高い?養老保険と外貨建保険の注意点

20905589 122624715055011 936906120159559680 n
matsu.ma2_さんの投稿

この外貨建保険のいいところは、先程の通り、生命保険の特に養老保険は非常に利率が低いため、運用の利回りでいうと非常に難しい商品でデメリットが多かったですが、その点利率が高いのがメリットでしょう。

理由としては、利率が低い割に毎月の保険料が高く、途中で解約をした場合元本を割ってしまうデメリットがあるからです。この外貨建保険はいわゆる保険のFXのような存在です。投資の商品としては生命保険の中では利率が高いでおすすめですが、利率は非常に変動いやすいため、大幅な利率上昇もあれば、大幅は利率下降もあり得る点がデメリットです。

養老保険を提供している保険会社1:かんぽ生命

28151432 803510726515804 5077295941153718272 n
arisaoshimiさんの投稿

ここで具体的な保険会社の保険の商品について紹介します。最も認知度が高い保険はかんぽ生命の養老保険です。特徴としては6つのプランから自分に合った養老保険が選ぶことができるのでおすすめです。

基本的なプランは、通常の養老保険と同様に保険料払込期間に死亡した場合に死亡保障を受け取ることができ、満期の保険金と同等の金額を受け取ることができます。通常の養老保険と同様の保障内容です。

Thumbかんぽ生命は養老保険が定番!満期や解約・入院時の特約などを解説!

養老保険を提供している保険会社2:明治安田生命

27581049 325021624653746 7647375423000543232 n
yasuna_m_moon_vさんの投稿

2つ目は明治安田生命の養老保険です。 明治安田生命の養老保険も基本的には通常の養老保険で、払込期間に死亡した場合は満期の保険金と同額を受け取ることができます。メリットのある特徴としては、満期で受け取れる保険金を据え置きすることができる点です。

この据え置きは満期の保険金の一部を据え置くことによって、結果的に受け取れる金額が大きくなるというものです。この据え置き形式で受け取る保険金は年金のように受け取ることも可能です。

養老保険を提供している保険会社3:損保ジャパン日本興亜

916956 473925742728184 1337824076 n
keiji.r_h_dさんの投稿

3つ目は損保ジャパン日本興亜の養老保険です。この損保ジャパン日本興亜の養老保険も一般的な養老保険ですが、他の養老保険にない特徴があり、それが「保険料の高額割引制度」というものです。

満期に受け取れる保険金が1000万円に設定した場合、毎月の負担分である保険料が割安になるというメリットのある特徴です。しかし、受け取れる保険金が高くなることは割安にはなるとはいえ、実質の負担分は大きいのが注意点です。

保障〇倍プラン!保障で養老保険を選ぶならかんぽ生命!

26870549 1575410159179954 3332733152400506880 n
macchan_02さんの投稿

かんぽ生命の養老保険は、満期に受け取ることができる保険金の金額が1000万円の場合、払込期間に死亡するとなると1000万円支払われる仕組みです。このかんぽ生命の養老保険の種類は、短期間という払込期間を短くする保険があったり、2倍保障・5倍保障・10倍保障と保障の内容で選ぶことができるのでおすすめです。

2倍保障のプランだと、死亡保険金の金額が満期に受け取れる金額の2倍になるというプランなので、保険料は高くなりますが保障を充実させたい方にはおすすめです。デメリットとしては返戻率が低いため、保険料と満期に受け取れる保険金がほぼ同額になる点です。

Thumbかんぽ生命保険の評判を調査!郵便局で加入できる安心感は他を圧倒!

今の時代に養老保険に加入する注意点1:冷静に考える

16230416 732640876896714 6720065097298870272 n
shigeyukiuekiさんの投稿

ここまで、養老保険に関して特徴や注意点、メリット・デメリット、おすすめポイントを紹介してきましたが、養老保険に加入する前に、もう一度注意点を見直すことをおすすめします。理由としては、近年では養老保険のデメリットが大きくなっているからです。

15338409 541638226040029 2673749839069577216 n
retrokikilalaさんの投稿

もちろん保険会社がおすすめをしていないという注意点もあるので、それでも養老保険に加入したい方もいるかもしれません。加入を決意する前にデメリットを再確認し、自分の年齢や養老保険の現状をすることをおすすめします。

今の時代に養老保険に加入する注意点2:返戻率

17126068 388679911504022 6393331099547729920 n
riiiko777さんの投稿

まず、養老保険の加入を考え直した方がいい理由は、デメリットと注意点としてほぼ全ての保険会社の養老保険において、10年満期で加入すると返戻率が100%を下回ってしまいます。つまり、払い込んだ金額よりも減ってしまうのです。

満期が20年の場合ですら、返戻率が100%を超える保険会社の方が少ないです。ようやく満期が30年の場合で、ほぼすべての保険会社で返戻率が100%を超えます。このように、ひと昔と比べて養老保険の利率は極端に下がっているのが注意点です。

今の時代に養老保険に加入する注意点3:30年の払込

20837533 124877518147263 2225216530218483712 n
house_strawberryさんの投稿

つまり、現代の養老保険は30年以上払込をしないとデメリットの方が多いのです。養老保険に加入するほとんどの人の目的が老後の備えになりますので60歳で満期になるように払込期間を設定する人が多いでしょう。

60歳で満期になり、30年以上の払込期間が必要となると30歳以下の方であれば、養老保険はメリットが高くなるのです。注意点としては養老保険の保険料は高いという点です。その高い保険料を30年以上支払わなければならないのがデメリットです。

養老保険のような貯蓄性保険に加入する時の注意点

22580322 1148794038585658 2812244087481040896 n
mihk46さんの投稿

このように養老保険にはもちろんメリットもありますが、デメリットや注意点も多くあるのです。貯蓄することや資産運用が目的であれば、他にも保険商品はあります。くれぐれも「おすすめされたから」とか「隣の人が加入しているから」という理由で選ぶのはやめましょう。

貯蓄性のある保険商品を選ぶときはしっかりとシミュレーションを行うと良いでしょう。「ほけんの窓口」などではそのような相談を無料で行うことができるのでおすすめです。金利や保険料は重要な注意点になるので、まず知ることが大事です。

貯蓄性保険をしっかり選んで将来のために賢い運用を!

老後の備えは早い段階からしておきたいものです。今回は養老保険について紹介してきましたが、保険会社がおすすめしていないので候補にはしない方がいいかもしれません。販売している保険会社も少ないです。貯蓄性の保険を選ぶときに今回の注意点などが参考になれば幸いです。

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ