生命保険の種類を調査!特徴を把握して自分に最適な商品の選び方!

生命保険にはたくさんの種類があります。そんな中で自分に合った生命保険が、どんな種類なのか把握するのはとても大変です。そこで生命保険の種類や特徴を詳しく紹介していきますので、記事を参考に自分に最適な生命保険を選んでみてください。

生命保険の種類を調査!特徴を把握して自分に最適な商品の選び方!のイメージ

目次

  1. 生命保険の種類を把握して最適な保険選び
  2. 生命保険の種類は大きく分けて4つある
  3. 生命保険の種類その1:死亡保険
  4. 生命保険の種類その2:医療保険
  5. 生命保険の種類その3:がん保険
  6. 生命保険の種類その4:年金型保険
  7. 生命保険の種類には「終身型」と「定期型」がある
  8. 生命保険の種類では終身保険がおすすめ?
  9. 生命保険の種類の中でも定期保険は保険料が安い
  10. 定期保険にはたくさんの種類があるって知っていますか?
  11. 生命保険の種類1:逓減定期保険
  12. 生命保険の種類2:逓増定期保険
  13. 生命保険の種類3:長期定期保険
  14. 生命保険の種類にある給料保障ってどんな保険なの?
  15. 生命保険の種類にある給料保障と収入保障の違いってなに?
  16. 生命保険の種類にある三大疾病保険って何のこと?
  17. 生命保険の種類で引受基準緩和型保険は何が緩和されるのか
  18. 生命保険の種類で無選択型終身保険は入らない方がいい?
  19. 生命保険の種類にある養老保険ってどんな保険なの?
  20. 生命保険の種類にある介護保険には入った方がいい?
  21. 生命保険の種類の個人年金保険は将来の安心を買える
  22. 自分に最適な保険の種類を把握して生命保険を選びましょう

生命保険の種類を把握して最適な保険選び

27577007 393179181106829 6950416172047138816 n
risingtrust_officialさんの投稿


ひとことで生命保険といっても生命保険には数多くの種類があって、すべての特徴を把握する事なんてできません。そこで生命保険の種類や特徴、おすすめの保険について分かりやすくまとめてみました。最適な生命保険の選び方を紹介しますので、自分に合った生命保険はどんな保険なのかどうぞご覧ください。

生命保険の種類は大きく分けて4つある

27891102 224479524780908 8643599284945551360 n
yoki_kawadaさんの投稿

生命保険の種類は大きく分けると4つの種類に分類されます。それは「死亡保険」「医療保険」「がん保険」「年金型保険」です。これらの保険には自分が死亡した時に自分以外の家族を支えるための死亡保険と、自分が病気やケガをした時に経済的不安に備える、生きるための保険があります。

これから4つの特徴について1つずつ説明していきます。自分が家族にとってどのような立場なのかによって、最適な保険は変わってきます。一家を支える旦那さんと家庭を守る奥さんでは必要な保障が変わってくるからです。これら4つの特徴を把握して、どのような生命保険が自分にとって最適なのか選んでみましょう。

Thumb生命保険の選び方!必要性や補償内容でおすすめ商品に加入しよう!

生命保険の種類その1:死亡保険

27893434 201545170592234 4239083320438161408 n
heartful_hokenさんの投稿

死亡保険は生命保険の中でメインとなる保障の1つです。目的としては一家の大黒柱である旦那さんが亡くなった時に、残された家族が生活に困らないようにするための保険です。保険料の使い道はその後の生活費のほかに、葬式の費用やお子さんの学費など、いろいろな使い道があります。

28155406 885390388287330 5506802244235821056 n
apexformatさんの投稿

死亡保険の金額は家族構成によって最適な金額は変わってきます。生命保険センターの調査によると死亡保険の男性の平均額は2,000万円程です。これは奥さんがパートをしているのか、またお子さんの年齢や人数によっても必要な金額が変わってきます。さらにお子さんが公立の学校に行くのと私立の学校に行くのでは、掛かる費用が全く違ってきます。

お子さんの人数が多くまだ小さいうちは、死亡保険の金額を高めにすることをおすすめしています。お子さんの成長に合わせて死亡保険の金額を見直すことも出来るので、お子さんが成長したら死亡保険の金額を減らすという方法もあります。最適な金額は年齢によって変わっていくのです。

生命保険の種類その2:医療保険

27879251 209111979831690 2202900919530553344 n
yu_hayami7さんの投稿

医療保険は病気やケガをした時に支給される自分のための保険です。自分のためといっても入院中の家族の生活も支える必要があります。入院すると入院費用のほかに通院費用、病院までのガソリン代などの交通費が掛かります。また忘れがちなのが仕事を休んでいるということは、当然ながらその間の給料も無くなります。

27893065 296174584240414 4893058787801300992 n
my_plaza_chibaさんの投稿

旦那さんが入院した場合は、入院中の給料が無いので収入が無くなることも計算に入れなければなりません。毎月の家賃や光熱費などの費用の事も考えて入院日額を1万円以上にするなどの対応が必要です。また最近の保険には給料保障特約が付いている保険もあるので、給料保障を付けるというのもおすすめな方法です。

主婦である奥さんが入院した時も安心してはいけません。奥さんが居ないとなると、お子さんが小さいうちはお子さんの面倒を見てくれる人を頼まなくてはなりません。また食事や洗濯などの家事も出来なくなるので家政婦さんを雇うかもしれません。さらに外食や出前などが増えていくので、出費はさらに大きくなってしまいます。

生命保険の種類その3:がん保険

27574353 1530874600360010 2048506882577924096 n
misora_hoken_izumoさんの投稿

がん保険はがんになった時に特化して保険料が支払われる保険です。医療保険だけに加入していても、がんになった時に保障を受け取ることは出来ます。ただしがんの場合は普通の病気に比べて掛かる金額が高かったり、治療期間が長かったりします。そのため医療保険だけでは足りない部分を補うために、がん保険にも加入しておくことをおすすめしています。

26866582 2056435187920296 953294353856462848 n
ryohei758さんの投稿

がん保険には、がんと診断された時に支給される「診断一時金」があります。診断一時金はがんと診断されるとすぐに100万円などのまとまったお金を受け取ることが出来て、がんの入院に備えることが出来ます。これは普通の医療保険には無く、がん保険特有の特約です。

がんになると放射線治療や抗がん剤治療などが行われ、いずれも高額な治療費が必要です。医療保険のほかにがん保険に入っておくことは治療費の負担を考えるととてもおすすめです。一度に大きな金額が振り込まれるので、入院中や通院している期間の生活費としても使うことが出来ます。

生命保険の種類その4:年金型保険

個人年金保険は一定額を積み立てて将来の生活費などを貯めるための保険です。生命保険の中でも病気やケガなどのように突然の出費に備えるものではなく、将来生活するための年金を準備するための保険です。このまま少子高齢化が進むと、自分たちが高齢になった時に受け取れる年金が無くなる可能性もあるので、それに備えて加入する方が増えています。

27579304 2001448923462264 4999905608346894336 n
risingtrust_officialさんの投稿

個人年金保険は、「確定年金型」と「終身型」の2種類が用意されています。確定年金型は払い込みが終わった後、10年間などの決められた期間年金を受け取れるのが特徴です。また確定型年金は期間中に万が一本人が死亡してしまっても、期間が終了するまでは遺族の方が受け取れるのでおすすめです。

終身型は支払いが開始されると本人が死亡するまで、ずっと年金を受け取れるのが特徴です。とても魅力的なのでおすすめと言いたい所ですが、すぐに死亡してしまうと払込金額をほとんど回収できません。遺族の方が受け取ることも出来ないので、確定型と終身型のどちらにするかよく考えなければなりません。

Thumb共済保険と生命保険を比較!掛金・コスパ・保障内容や違いも詳しく解説!

生命保険の種類には「終身型」と「定期型」がある

26871926 600209057019561 6851898873636454400 n
zjgcgchigsさんの投稿

生命保険の支払い方には大きく分けて2つの支払い方法があります。「終身型」と「定期型」です。終身型と定期型にはそれぞれに特徴があり、それらの特徴を把握することで自分に最適な保険を選ぶことが出来ます。それではそれぞれの特徴について詳しく説明していきますので、それぞれの特徴を理解しましょう。

生命保険の種類では終身保険がおすすめ?

終身型は生きている間一生涯保障が続く保険です。保険の種類によって払い込み期間が異なり、60才などで払込期間が終了し、払い込み終了後も保障は一生涯続くというもの。また支払期間は年齢に関係なく一生涯続き、死亡するまで保障も続くという2つのパターンがあります。

26866068 226758077868376 5658483386570768384 n
maltajojiさんの投稿

さらに終身型には貯蓄性が高いという特徴があり、払込期間が長くなると払込金額よりも解約返戻金の金額の方が高くなってきます。そのため自分の将来の貯蓄の為に終身型に加入する方もいます。これらを考えると終身型はとてもおすすめといえます。

ただし終身型は月々の保険料が高いのが特徴なので、収入が少ない方などは支払いが厳しくなる可能性があります。さらに加入してすぐに解約すると解約返戻金がほとんどない場合もあります。終身型に加入する時は最後まで払い続けることを前提にして、無理なく払い続けられる金額で加入するようにしましょう。

生命保険の種類の中でも定期保険は保険料が安い

26864520 477654999302731 6716561636640948224 n
risingtrust_officialさんの投稿

定期保険は一定の期間を決めて加入することで、安い保険料で大きな保障を確保するのが特徴です。定期保険は途中で解約した時の解約返戻金はほとんど無く、満期になっても満期返戻金が出ない場合がほとんどです。定期保険は掛け捨てと思って加入しましょう。安い保険料で大きな保障を確保したい方には定期保険は最適な保険といえます。

26325307 168262113783586 7806642345163620352 n
tocotoconnさんの投稿

定期保険は10年で保険が満了してしまうタイプと、10年ごとに自動更新されるタイプがあるのが特徴です。10年満了タイプは、保険期間が終了後に新たな保険に入るのを忘れてしまったり、新しく加入するのが面倒くさくなったりします。そのため10年満了タイプはあまりおすすめではありません。

10年更新タイプの特徴としては、10年ごとに自動的に更新されますが更新のたびに保険料が高くなるのが特徴です。それでも終身型よりは保険料が安くなる場合が多いので、保険料を安く抑えたい方にはおすすめです。自分が面倒くさがりだと思う方は、更新の手間を考えて自分に最適なタイプを選ぶようにしましょう。

定期保険にはたくさんの種類があるって知っていますか?

26152540 1741538182533618 7365819451796619264 n
my_plaza_chibaさんの投稿

定期保険には通常の定期保険のほかにも3つの種類があります、それは「逓減定期保険」「逓増定期保険」「長期定期保険」の3つです。これらの保険はあまり聞いたことがないかもしれません。逓減や逓増など聞きなれない言葉が使われていますが内容は簡単です。

26266279 140906833366348 1378246136178933760 n
kazuyan0さんの投稿

これら3つの保険はそれぞれ独特な特徴を持っています。3つの保険の特徴を把握することで、自分に最適な生命保険を選べるようになります。これからそれぞれの特長を紹介していきますので、自分にはどの定期保険が最適なのか判断してみてください。

生命保険の種類1:逓減定期保険

25016147 336023300199773 4186664326922240000 n
makitty0731さんの投稿

逓減(ていげん)とはだんだん減っていくという意味を表す言葉です。逓減定期保険と聞くと支払う保険料が徐々に減っていくと思われるかもしれませんが、実はそうではありません。逓減定期保険は保障される保証金額が年々減っていくというのが特徴なので、勘違いしないようにしましょう。

26065849 820238851492940 2871725613549355008 n
7_o_k_1さんの投稿

例えば保険に加入される方が一家の大黒柱だった場合、お子さんが小さなうちはたくさんの保障が必要です。ですがお子さんが成長し成人してからは保障は少なくて済みます。お子さんの成長に合わせて保険を見直すという方法もありますが、逓減定期保険ならその手間が省けます。

保険の見直しが面倒という方には最適な保険といえます。一度加入したら生活環境の変化に対応されているので、無駄がないという点でもおすすめの保険です。ただし満期が近くなると保障は少額になり、満期返戻金もほとんど無くなりますので、その特徴もよく理解しておきましょう。

生命保険の種類2:逓増定期保険

逓増(ていぞう)とはだんだん増えていくという意味を表す言葉です。逓増定期保険も支払う保険料が増えるのではなく、保証金額が増えるというのが特徴です。また逓増定期保険は解約時の返戻金が多いのも特徴で、お金が必要になった時に解約して解約金を活用するという方法もあります。

23735512 189831988231017 6524315468793118720 n
hokenclinicさんの投稿

年齢が上がれば必要な保障金額は減るはずなのに、逓増定期保険はどういった人に最適なのでしょうか。この逓増定期保険は、主に会社の経営者や役員の方に万が一のことがあった時に最適とされています。会社の経営者が突然亡くなってしまった時に、その後の資金繰りや会社の存続のために最適な保険なのです。

おすすめの加入方法としては、会社役員が逓増定期保険に加入し、退職時するときに保険を解約して解約返戻金を退職金の一部にするという方法もあります。逓増定期保険も満期が近づくと解約金はほとんど無くなってしまうので、満期まで加入するよりは返戻金の多い時に解約してしまう方がおすすめです。

Thumb生命保険ランキング!女性向けから貯蓄型・掛け捨てまで人気商品を網羅!

生命保険の種類3:長期定期保険

24177982 1546733862083514 2932674407820165120 n
hokenclinicさんの投稿

長期定期保険は保険の満期を95才などに設定し、保証期間を長くするのが特徴です。長期定期保険は支払い額や保証金額が一定で、解約返戻金は山なりに上がっていきピークを超えると満期に向けて下がっていきます。では、長期定期保険はどのような人に最適なのでしょうか。

23825287 132611824068471 2409541975213604864 n
okuno_hokenさんの投稿

長期定期保険は逓増定期保険と似にたような使い方がされていて、会社の経営者や役員の方が主に加入しています。会社の経営が悪化した時に解約して解約返戻金で事業を回復したり、役員の退職に合わせて解約して退職金代わりに利用したりしています。

長期定期保険は補償額が一定なのが特徴で、逓増定期保険のように保障が年々増えることはありません。そのため常に一定の保障を確保したい場合は長期定期保険がおすすめです。年々保障が上がる逓増定期保険と長期定期保険の特徴を理解して、どちらが自分にとって最適な保険かよく考えて加入することをおすすめします。

生命保険の種類にある給料保障ってどんな保険なの?

24332141 150179305746277 1437732481200553984 n
hokenclinic310さんの投稿

給料保障はアフラックのCMで有名ですが、主に病気やケガで働けなくなった時の給料をサポートする保険です。一家の大黒柱であるご主人が入院してしまうと、入院費用は入院保険で支払えたとしても、月々の家賃や生活費まではまかなえません。そこで収入が無くなることを考えて、給料保障がおすすめなのです。

26863291 1994050650853724 1662982994522013696 n
pecoom3さんの投稿

給料保障は入院中だけではなく、自宅療養中でも就労困難の状態が続いている間は毎月給料を保障してくれます。そのため働き始めるまでの間、安心して治療に専念できるのです。お子さんがまだ小さい方や自営業の方などに、特におすすめの保険です。

生命保険の種類にある給料保障と収入保障の違いってなに?

23596514 130724310975430 1673148748319948800 n
asahiseimeiさんの投稿

給料保障と収入保障は名前の雰囲気が似ているので同じものと思われますが、じつは全く違います。給料保障は病気やケガで働けなくなった時の給料を保障してくれますが、収入保障は加入者さんが亡くなった後の家族に対しての保障です。

23347589 183202908896133 7988140189849485312 n
yuuki__miyagawaさんの投稿

収入保障は加入者であるご主人などが無くなった後、遺族に対して契約期間が終了するまで毎月一定額が給料のように支払われます。加入してすぐに亡くなれば長い期間保険を受け取ることが出来ますが、長生きすると受け取れる金額が少なくなるのが特徴です。

死亡保険は一度に大きな金額を受け取るので、使い過ぎてしまってお金が足りなくなる場合があります。収入保障は毎月同じ額が受け取れるので、お金の管理が苦手な方には最適な保険です。死亡保障と収入保障の特徴を理解して、自分にとってどちらの保険が最適なのかしっかり選ぶことをおすすめします。

生命保険の種類にある三大疾病保険って何のこと?

生命保険の種類を見ていると「三大疾病」という言葉を目にする事があります。三大疾病というのは死亡原因トップクラスの「がん」「心筋梗塞」「脳卒中」の3つを合わせて三大疾病と呼んでいます。これらの病気の治療費は高額になるので、通常の医療保険にプラスして加入する形になります。

23164779 144337122854685 6040261972950253568 n
iroha_insさんの投稿

医療保険と合わせてがん保険にも加入しているという人は多くいられます。ところが三大疾病保険はあまりなじみが無いのが現実です。三大疾病保険の特徴は死亡保険のように、三大疾病になった時点でまとまった金額が支払われ、そこで保険契約も終了します。

三大疾病保険はがん保険の診断一時金にも似ています。医療保険だけでは足りない時の負担をカバーできるので、三大疾病保険に加入していれば安心ともいえます。もしもの時の保障が足りないと感じる人は、三大疾病保険にも加入しておくことをおすすめします。

Thumb保険の種類一覧!生命保険や損害保険など第一分野から第三分野まで解説!

生命保険の種類で引受基準緩和型保険は何が緩和されるのか

27879895 2153233261566187 1068831993480871936 n
chef_tty0426さんの投稿

引受基準緩和型保険は、すでにがんになってしまった方や持病があって生命保険に入れない人に対して加入条件を緩和した保険です。条件の緩和によって持病のある人も加入しやすいのですが、その代わり保険料が高くなるのが特徴です。

緩和の内容は次の3つにあてはならなければ加入できます。1.医師による診察で過去3か月以内に入院や手術を進められた。2.病気やケガで過去1年以内に入院や手術を受けた。3.がんや肝硬変で過去5年以内に入院や手術を受けた。これらの3つに条件に当てはまらなければ保険に加入することが出来ます。

保険会社によっては引受基準緩和型保険でなく、普通の医療保険でも加入できる場合があるのですぐに引受基準緩和型保険を選ぶのはおすすめできません。普通の医療保険に加入できなかった場合のみ引受基準緩和型保険を検討するようにしましょう。

生命保険の種類で無選択型終身保険は入らない方がいい?

27893797 804453763095152 7987472103391625216 n
mamo7202さんの投稿

無選択型終身保険は一般の医療保険に加入できず、さらに引受基準緩和型保険にも加入できなかった方が最後の頼みとして加入する保険です。無選択型終身保険は医師による診断が要らないほか、健康状態の告知も必要なく無条件で加入することができます。

無選択型終身保険は保険料が高く、もともと持っていた持病は保障されないなど条件が厳しいのが特徴です。無条件に加入できるとはいえ、高額な保険料や保証が制限されることを考えるとあまりおすすめできない保険です。もし加入する時はよく考えてから加入するようにしましょう。

生命保険の種類にある養老保険ってどんな保険なの?

24126904 1565976493491848 3090868507282243584 n
hokenclinicさんの投稿

養老保険は死亡した時も満期の時も同じ金額が受け取れるのが特徴です。ですが養老保険は最近あまり見掛けなくなりました。それは終身保険と内容が似ているからです。主に貯蓄目的で加入される方が多く、保障も貯蓄も確保したい方にはおすすめの保険です。

養老保険は保険料が少々お高めなのと、満期が来ると保障も終わってしまう点がデメリットといえます。それなら終身保険に入っていた方が貯蓄性も高く保障を確保することも出来ます。それぞれの特徴を理解して最適な保険を選ぶようにしましょう。

Thumb生命保険解約の手続きを解説!返戻金で損しないための注意点とは?

生命保険の種類にある介護保険には入った方がいい?

28152614 270765730123371 7610861122878439424 n
hatsu.houseさんの投稿

介護保険は40歳以上になると健康保険から強制的に加入させられます。そのため生命保険会社の介護保険にわざわざ入る必要があるのか疑問視されています。生命保険の介護保険は健康保険の介護保険では足りない部分を補う目的で加入される方がほとんどです。

27880933 412266232547147 3571500391658946560 n
taitai_asuoさんの投稿

介護保険を利用するには市役所などに申請をして、介護認定を受けなければなりません。認定を受けなければ介護をしなければならない状態でも保険は1円も支払われません。なかには近所に恥ずかしいと思ったり、本人が介護は要らないとごねたりして介護認定が取れない場合もあります。そうなると介護保険に加入していても保障を受けることは出来ません。

これから少子高齢化が進むにつれて生命保険会社が介護保険に力を入れてきています。介護認定には「要支援」と「要介護」の2種類があります。なかには要介護のみに適応される保険などがあるため、種類には気を付けて加入するようにしましょう。どのような時に介護保険が支払われるのかよく確認してから加入ましょう。

生命保険の種類の個人年金保険は将来の安心を買える

26223790 2049042218696887 1313471208947187712 n
misora_hoken_izumoさんの投稿

個人年金保険はもしもの時の保障を確保するというよりは、将来の貯蓄を確保するための積立保険です。自分たちが高齢になった時に、国の運営する国民年金や厚生年金だけで生活できるとは限りません。老後の生活に備えて加入するというのが個人年金保険の特徴です。

33933228 192516041581559 3265270305785905152 n
senichi_officialさんの投稿

個人年金保険は万が一途中亡くなったとしても、払い込んだ金額の相当分を遺族によって受け取ることが出来ます。そのため将来の貯蓄として安心を買える保険といえます。個人年金保険にも一生涯保障を受け取れる終身タイプと、一定期間のみ支払われる確定年金タイプがあります。

終身タイプは生きている間ずっと年金を受け取れるのでとても安心なのですが、すぐに亡くなってしまうと元が取れない可能性もあるので、終身タイプと確定年金タイプでどちらが自分に最適な保険かしっかり選ぶ必要があります。自分が将来長生きできるかどうかは分からないので、判断は難しいかもしれません。

Thumb生命保険受取人の選び方!相続人と他人で違う税金から名義変更まで解説!

自分に最適な保険の種類を把握して生命保険を選びましょう

26866403 181237329304547 7124950826774167552 n
risingtrust_officialさんの投稿

これまでたくさんの生命保険の種類を紹介させて頂きました。よく知っているものから始めて耳にする内容まで、いろいろと勉強になったのではないでしょうか。紹介した保険の中から、それぞれの保険の種類を把握して自分に最適な生命保険を選んでみてください。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ