生命保険の選び方!必要性や補償内容でおすすめ商品に加入しよう!

ある程度年齢を重ね子供ができたとき、万が一の備えとして生命保険の加入を検討する方は多くいます。その時に生命保険の選び方はどうしていますか?生命保険には種類が多くあるので迷ってしまいます。今回は生命保険の種類から自分の必要性にあった商品の選び方をまとめています。

生命保険の選び方!必要性や補償内容でおすすめ商品に加入しよう!のイメージ

目次

  1. 意外によくわかってない!生命保険とは?
  2. 生命保険の選び方の前に知っておくべき事
  3. 生命保険選び方のコツはある?
  4. 賢い生命保険の選び方は?
  5. 終身タイプの生命保険の選び方
  6. 加入目的を明確に!貯蓄型生命保険の選び方!
  7. 生命保険の選び方が大事な理由
  8. 低解約返戻金型終身保険のメリット・デメリット
  9. 生命保険との違いは?個人年金保険の選び方
  10. 個人年金保険は生命保険?必要性のある商品の選び方
  11. 外貨建保険!資産運用目的の生命保険の選び方
  12. 選び方によっては損する?生命保険の決め手
  13. 変額生命保険の選び方とデメリット
  14. 一括支払い可能!生命保険の種類の選び方
  15. 人気生命保険ランキング!
  16. 年齢によって生命保険の選び方は違う!導入
  17. おすすめ生命保険の選び方1:20代男性
  18. おすすめ生命保険の選び方2:20代女性
  19. おすすめ生命保険の選び方3:30代
  20. おすすめ生命保険の選び方4:40代
  21. おすすめ生命保険の選び方5:50代
  22. おすすめ生命保険の選び方6:60代
  23. 子育て世代の生命保険の選び方
  24. ガンでも入れる生命保険の選び方
  25. 子供に生命保険は必要?子供用生命保険の選び方
  26. プロに生命保険の選び方を相談しよう!
  27. 生命保険の選び方をシミュレーションできる!
  28. 生命保険の選び方も見直しも重要!
  29. 不安解消!生命保険の選び方で変わるもの
  30. 重要!最適な生命保険の選び方
  31. まず自分に合った生命保険を知ろう!

意外によくわかってない!生命保険とは?

25025411 175417913047248 2243119693369966592 n
tamatikiさんの投稿

そもそも生命保険とは何なのかを理解できていない人も多いようです。生命保険とはどういう仕組みなのかというと、加入している人それぞれが支払っている保険料で病気や怪我をしてしまった人、または死亡したことによって、お金が必要になった人が保険金を受け取ることができるというものです。生命保険の選び方について解説していきます。

生命保険の選び方の前に知っておくべき事

26223534 1640965729296293 8652146832505307136 n
nuts_icubeさんの投稿

生命保険には選び方があります。それは生命保険が性別や年齢によって役割が変わってくるからです。生命保険に加入する一番の動機は「貯蓄」です。生命保険は基本的に、毎月保険料を支払い死亡保障として保険金を受け取ります。

しかし、生命保険が貯蓄性の保険として加入していることが多いのは、途中で解約したときに支払った金額以上の解約金を受け取ることができるからです。この返金される金額の割合を返戻率と言いますが、加入している期間が長いほど返戻率は高くなる傾向があります。

Thumb共済保険と生命保険を比較!掛金・コスパ・保障内容や違いも詳しく解説!

生命保険選び方のコツはある?

この返戻率も生命保険の選び方のポイントです。今の時代、銀行にお金を預けていてもお金をあまり増えません。銀行に預けるのであれば、生命保険に加入し、毎月の保険料を積み立てる形で貯蓄し、解約したときに金額が大きくなれば賢い運用と言えるでしょう。

生命保険の商品は非常に多くあり、加入する際も選び方を決めていないと迷うことになるでしょう。選ぶポイントは、毎月の保険料はもちろん、返戻率、保険自体のプラン、また保険金以外にも特約がある保険商品もあります。

賢い生命保険の選び方は?

生命保険に加入する必要性とは何でしょうか。今の時代、銀行もマイナス金利になるという状態が続いているので、預金しているだけでは損する可能性もあります。銀行以外で資産を運用する必要性はありそうです。

しかし、将来のための資産運用であっても、生命保険の商品によっては毎月の保険料が高く、生活を圧迫する商品もあります。生活の余裕度や自分にとっての必要性をしっかり考慮し、加入するかどうかを決めなければなりません。

終身タイプの生命保険の選び方

36160574 198213590842932 329400721470390272 n
omochi_18さんの投稿

生命保険の加入するメリットの一つに税金の控除があります。生命保険に加入し保険料を支払っていると、その保険料をもとに計算された控除額が、所得税や住民税から引かれるため、節税にもなります。

18809134 306634483097996 334021651014352896 n
yukimojaさんの投稿

つまり、通常の貯金をするよりも生命保険に加入することによって得をする可能性が大きくあるのです。仮に返戻率が100%で、支払った金額と同額の金額がが解約時に返金されても、節税分だけ得をしていることになります。

加入目的を明確に!貯蓄型生命保険の選び方!

27582317 1242193719245930 6971860879331557376 n
n.home_3girlmomさんの投稿

このように生命保険には実はいろいろな役割があるので、生命保険に加入する目的が定まっていないと、商品を選ぶ際に迷い時間がかかってしまいます。生命保険の保障で選ぶのか、保険料で選ぶのか、貯蓄目的で選ぶのか、目的で商品は大きく変わります。

28152718 201287540455150 4033242889608757248 n
satou_homeさんの投稿

実は生命保険に加入する際に目的を決めている人は多くないのです。結局自分で決めることができないので、生命保険の営業マンのおすすめ(営業マンの人柄)で決めることが多いです。目的を明確にすれば、自分の目的にあった商品をおすすめしてくれるでしょう。

Thumb貯蓄型生命保険は賛否両論!メリット・デメリットから掛け捨てとの比較まで!

生命保険の選び方が大事な理由

27891943 582367298773594 4666707577441091584 n
akihiromitsudaさんの投稿

この目的は非常に重要で、それはそれぞれの保険商品にはメリットとデメリットがあるからです。おすすめなのが死亡保障もあり、しっかりと積立ができれば確実に払い込んだ金額が増える保険です。このような保険のデメリットは金利が低いことなどが挙げられます。

27878833 1544165222358443 9135879283837763584 n
hatsuneitoさんの投稿

このような保険をしっかりと積み立てることができれば、確実にお金を増やすことができますし、保障もあるのでおすすめです。また、積み立て式の保険に加入していると心配なのがインフレです。しかし最近の保険の商品にはインフレに対応している利率変動型の商品や、最低保障がある商品もあります。

低解約返戻金型終身保険のメリット・デメリット

先程の、死亡保障もあり金利は低くても確実にお金が増えて戻ってくる保険の商品は、「低解約返戻金型終身保険」と言われています。この保険の商品のデメリットは、払込期間の満期前に解約した場合は返戻金が少なくなることです。

そのため、保険料を高く設定しすぎると万が一のことがあった際に支払えなくなる可能性もあります。保険料を高くしたせいで家計への負担が大きくなり、解約してしまうことが多いのです。せっかく毎月支払いをしていても途中解約すると損なのでよく検討しましょう。

生命保険との違いは?個人年金保険の選び方

1389960 627367790673526 431868470 n
matsu.ma2_さんの投稿

また生命保険と同じように老後の備えとして注目されている商品が個人年金保険です。個人年金保険も生命保険の一つにカウントされることもあります。こちらの個人年金保険も貯蓄性のある保険として利用できるものです。

こちらの個人年金保険の内容は、国民年金や厚生年金と同様に、自分で設定した年齢になると年金スタイルで保険金を受け取ることができる保険です。こちらは生命保険とは別に個人年金控除が適用されるので節税にもなります。

個人年金保険は生命保険?必要性のある商品の選び方

個人年金保険は3種類ありますが、払込期間に死亡した場合は支払った保険料と同じ金額を保険金として受け取ることができます。また、死亡するまで年金を受け取ることができるタイプや期間を自分で決めて年金を受け取るタイプのものもあります。

この2つのタイプは死亡してしまった場合保障を受け取ることができませんが、確定年金保険の場合は、被保険者が死亡しても自分が設定した期間は遺族が年金を受け取ることができます。このように生命保険の一つの種類でもありますが、生命保険と一緒に考えられている保険でもあります。

外貨建保険!資産運用目的の生命保険の選び方

27575559 1425341544260360 8876938140808380416 n
ryohei758さんの投稿

生命保険に加入する目的が「資産運用」という方もいるでしょう。そのような方は、保障の内容よりもいかにお金を増やすかを重要視しています。そのときにおすすめなのが「外貨建保険」です。外貨建保険は日本円ではなく、外貨で保険料を支払ったり受け取る保険の種類です。

外貨建保険の特徴は、利率が国内の保険と比べると高いので、元手を増やす運用ができる点です。しかし、利率が高く変動しやすいも保険なので、当然元本割れすることもあります。つまりハイリスク・ハイリターンな保険なのです。

選び方によっては損する?生命保険の決め手

この外貨建保険は利率が高いため、損する可能性もありますが貯蓄性が非常に高く、保険料も日本円の保険と比較すると安いのでメリットは大きくあります。この保険を解約する時に、契約したときよりも円安になっていればプラスになるのです。

逆に円高になると受け取る金額が減ってしまい損をしてしまう保険商品です。よく運用がわからないという人にはおすすめしません。この種類の保険は複雑なものが多くわかりにくい点もデメリットです。

変額生命保険の選び方とデメリット

外貨建保険は利率が変動するので変額保険と言われます。外貨建保険以外にも変額保険はあり、運用リスクはありますが資産運用の方法として選択肢に入ってきます。変額保険は運営会社の運用によって受け取る金額が異なるので投資信託に近い商品です。

15877225 1590461730980629 7237129522800230400 n
famiko5858さんの投稿

生命保険の変額保険の場合、投資信託と違い死亡した際は、しっかりと死亡保障が適応される点がメリットでもあり違いにもなります。この変額保険の商品の特徴は、外貨建保険と同様に保険料が安い点にありますが、同時に元本割れしてしまうリスクもあります。

一括支払い可能!生命保険の種類の選び方

27881116 1707881719270940 5879436432925261824 n
katsuragisatoruさんの投稿

このように生命保険にはいくつかタイプがあり、さらに生命保険会社によってサービスの種類が異なります。自分にとって必要性が高い保険は何なのか考える必要があります。また生命保険は加入する際の年齢が高いほど保険料が高くなる傾向があります。

仮に60歳で生命保険加入を考えた場合におすすめなのが「一時払終身保険」です。この生命保険は保険料を一括で支払います。そのときに死亡した際の保険金も、一括で支払った金額よりも高くなりますし、返戻率も100%を超えるまでの期間が短いことが特徴で、相続の際に使われることが多いです。

人気生命保険ランキング!

26073274 1807849505954793 6897801061734547456 n
tamatikiさんの投稿

ここで人気生命保険のランキングを一部紹介すると、3位はアクサダイレクトの「定期保険2」です。保険金額が高いほど保険料が安くなる高額割引制度を導入しており、ネット申し込みもできおすすめです。2位はオリックス生命の「定期保険ブリッジ」です。掛け捨て型の保険となります。

死亡理由に関係なく死亡保障は同額となります。そして1位はライフネット生命の、「かぞくへの保険」です。比較的安い保険料で高額な保障を受けることができ、インターネットで申し込めるタイプの商品です。自分に必要性の高いものを選択して加入をしましょう。

Thumb生命保険ランキング!女性向けから貯蓄型・掛け捨てまで人気商品を網羅!

年齢によって生命保険の選び方は違う!導入

26872576 1762394977157263 8188749552375824384 n
huang.xuan_xuanさんの投稿

生命保険はおすすめの保険の紹介などが多くネットにも紹介がされていますが、加入する際の年齢などによっても保険料は変わったり、多くの保険会社から商品はかなりの数が出されているので、何に加入すればいいのかわからないのが正直なところでしょう。

25025770 805664876301208 6871870931124355072 n
marie_maririn06さんの投稿

例えば、営業マンに勧められて加入をした人も多くいたり、知り合いと同じものに加入したりなどが多いようですが、ここからは年齢別におすすめの生命保険を性別も分けて紹介していきますので、自分に当てはめて検討の材料にしてください。

おすすめ生命保険の選び方1:20代男性

20代で生命保険に入ってる人は思っているよりも多く、早いうちから加入する人が増えてきています。若いうちは給料も満足にもらっている人も少ないことから20代男性の保険の選び方は保険料の安いものに加入をするという傾向があるようです。

その中でも医療保険の加入が多く、病気などで入院をした際に備えての保険選びに重きを置いて検討をしてみるのがいいでしょう。貯金がある人は万が一の場合貯金を崩せばいいですが、若いうちから十分な貯金をしている人は少ないことから保険に加入する人が多いようです。

おすすめ生命保険の選び方2:20代女性

28153757 172362976883718 4583162702527987712 n
matsushita_satoshiさんの投稿

20代女性の保険選びには、入院した場合に備えての保険加入を考えるべきです。20代男性の選び方とほとんど基準は変わらないと考えてください。しかし男性とは違い、女性にしかない病気もあります。女性向けの生命保険の商品は多く今では出されています。

28150852 190898031642537 1511648438867984384 n
maekawa.r31さんの投稿

女性の方が男性よりも収入は少ない場合が多いことから、万が一の事態に備えての、医療保険に加入しておくことをおすすめします。20代女性は、必要な分だけを保障される保険に加入をして、急な病気による入院に備える必要性があります。

おすすめ生命保険の選び方3:30代

30代になって生命保険を考える場合は、20代と比較すると生活のスタイルが人それぞれになってきているの、一概におすすめはありません。自分にとって必要性のある保険を選ばないといけません。例えば、独身の方と子持ちの方の場合でも保険の必要性が変わってきます。

27890629 143439966348904 458164145947148288 n
gold07071029さんの投稿

生命保険を考える中で比重が大きいのは保険料です。20代でも重要でしたが、既婚なのか、車や住宅のローンはあるのか、子供はいるのかなど、ライフスタイルは多種多様になります。独身の方であっても、自分が死亡した場合遺族に費用が発生しますので、そのときのために生命保険は必要性があるものになります。

おすすめ生命保険の選び方4:40代

27880255 1351667038272220 2657784968888975360 n
036osさんの投稿

40代の方の生命保険の選び方は、30代よりも落ち着いて安定していることが多いので選びやすいでしょう。40代の特徴としては収入も多くなる分、支出も多くなる時期でもあります。生命保険の保険料に関しても、更新時に大幅に値上げするような時期です。

27891933 404674423310603 5235724563010027520 n
katoutakahiro_ramieさんの投稿

40代の場合は自分の子供の成長に合わせて保険を選択するよりかは、今加入している保険の保障額や保険料の見直しを行うことが優先されます。また生命保険の種類の中には、年々保険料と保険金が下がっていく保険の種類もあります。

おすすめ生命保険の選び方5:50代

27881111 178379782891853 5068510173232889856 n
s_paisenさんの投稿

50代にとって生命保険の見直しは非常に重要なタイミングなのです。50代になると、子供は大学を卒業し就職で家を出ていく家庭が多いでしょうし、住宅ローンも完済したり、場合によってはリフォームなど行う家庭もあるでしょう。

27580324 427176561058699 6012999367391182848 n
doigtdefee_sekimeさんの投稿

50代になった時は、老後に向けて家庭の状況をみて生命保険の見直しを行いましょう。例えば、子供が自立していれば死亡保障を減らすのもいいかもしれません。その分医療保障を充実させることもできます。また追加で一括払いの生命保険も検討するのもおすすめです。

おすすめ生命保険の選び方6:60代

27878192 1319377474829953 5601478600638332928 n
asano_lagoonさんの投稿

60代の場合は、加入できるかできないかなどの問題も出てきますが、入院や介護、死亡保障の必要性が非常に高くなってきますが、保険料も非常に高くなります。また死亡保障が充実し高額な保険も多くありますが、日々の保険料も高額なためおすすめしません。

このように60代になってからの保障内容と保険料の見直しを行い必要性があります。50代と同様に60代では一括払いの生命保険もおすすめです。介護保険に関しては必要性は出てきますが、この時期からの保険料は非常に高額なので注意してください。

子育て世代の生命保険の選び方

27891777 151322892250524 1604822909631594496 n
onigiri719523さんの投稿

基本的には子供ができた際に、もしもの時に備えて生命保険に加入する家庭が多いです。子供が大きく成長してくれば、万が一の場合のリスクは小さくなってきますし、加入する年齢が低いほど保険料は安くなります。

27878164 1289500681152148 6578558071063183360 n
cherie.p21さんの投稿

おすすめの保険は「逓減定期保険」という種類の商品です。こちらの商品は保険期間が過ぎると保障額が減っていき、それに伴って保険料も減っていくタイプのものです。若いうちでは保障の必要性がありますが、年を重ねるほど生命保険は運用面で見直していきましょう。

ガンでも入れる生命保険の選び方

27891001 934666190026468 2343153420178817024 n
t.t_training75さんの投稿

持病があることによって、加入できる生命保険も限られてきます。特にがんであるとがん保険への加入は難しいとされていますし、大抵の保険会社は、商品に加入をする際の書類などに、今までがんになったことがあるのかという質問があります。

12142467 1596093127306187 142446031 n
teraokaeさんの投稿

がんでも入れる保険はもちろんあります、おすすめはソニー生命、アメリカンホームダイレクト、エース損害保険、コープ共済です。これらが、がんでも加入のできる商品ですが、加入条件はその人の年齢などにも関わってくるので一概には言えませんので、確認をおすすめします。

子供に生命保険は必要?子供用生命保険の選び方

27893112 581177825569620 5425553587688177664 n
mikamama.igさんの投稿

子供用の生命保険があることをご存知でしょうか?子供は子役など仕事として働いていることは圧倒的に少ないです、つまり収入がありません。子供は大人に比べて医療費など安く済みますがいつ子供が病気や怪我で入院をすることになるかはわかりません。

子供は大人ほど注意力もないですし、無理をして遊んでしまいます。万が一に備えての保険加入はおすすめできます。生命保険というのは大人が入るものという概念を取り払って、子供の病気や怪我にも気を配りましょう。商品によっては1000円ほどの保険料のものもあります。

プロに生命保険の選び方を相談しよう!

このように賢く生命保険を選ぶためには多くの種類やタイプから自分の必要性に合ったものを知らなければなりません。自分たちで考えても最適かどうかはわかりませんので、保険のプロに相談してみるのがおすすめです。

有名な「ほけんの窓口」であれば、何度相談しても無料です。保険の代理店の多くは保険会社からの契約の手数料で成り立っているため、相談自体には費用がかからないのでおすすめです。テレビのCMを見て名前指しで保険を選ぶ方が多いですがプロと相談した方は安心です。

生命保険の選び方をシミュレーションできる!

またこのように保険の代理店でプロに相談するメリットは無料ということだけではなく、実際に正確な数値(保険料や返戻率など)のシミュレーションを行ってくれるからです。テレビCMの短い時間だと、結局支払う金額がいくらになるかもわかりません。

しかし、実際に選んだ保険に加入した際の月々の負担も保険種類ごとにシミュレーションを行うことで違いも明らかになります。そもそもの保険の必要性を知ることもできますし、正しく保険について認識できるため途中解約する可能性も低くなるのでおすすめです。

Thumb生命保険料控除の計算方法を解説!自分でできる?簡単な手順も紹介!

生命保険の選び方も見直しも重要!

24254498 2032758543627698 3505488969112485888 n
kakei.minaoshiさんの投稿

生命保険は特に自分のライフステージに合わせて保険料や保証額が最適か見直すのがおすすめです。例えば、最近注目されている個人年金保険に関しては非常に需要は高まってきていますが、保険料が高額というデメリットもあります。

いくら将来のために必要性があるものでも、月々の負担は減らしていきたいものです。保障内容が充実しているものの、保険料が高かったりし、将来的に解約時の返金額が少ない保険も、定期的に見直すことによって最適な商品を選ぶことができるのでおすすめです。

不安解消!生命保険の選び方で変わるもの

27892923 942239659260459 7745187122709004288 n
atx_xfさんの投稿

自分の必要性に合った生命保険を選ぶだけで日々の生活も充実していきます。また、漠然と選ぶのではなく目的を明確にして生命保険を選ぶことによって、日々の収支を見直したときに余計な不安を感じることもないでしょう。

逆に特にこだわりも目的もなく、自分に必要性のない生命保険を選んだ場合は、保険料を毎月支払うのも煩わしくなるでしょう。また、必要性のない生命保険であれば、ただ家計を圧迫しているだけの存在になります。自分にとって必要性のある生命保険を選ぶためにプロにも相談しましょう。

重要!最適な生命保険の選び方

毎月の支払いが1万円の商品でも年間にすると12万円です。5年間支払いを続ければ60万円にもなります。生命保険の種類によっては途中で解約をする確実に損をする商品や、為替相場に影響を受ける商品もあります。

何が自分にとって必要性が大きいかを明確にしましょう。仲の良い友達と同じ保険商品に加入するという気持ちは分かりますが、自分にとって必要性がないものであれば損をしている可能性があることを忘れてはなりません。

まず自分に合った生命保険を知ろう!

26863291 1994050650853724 1662982994522013696 n
pecoom3さんの投稿

今回は年代別でも状況別でも生命保険の選び方を見てきました。最も大事なことは自分に合った生命保険を知り、理解して加入することです。まず生命保険の種類も多くあるので少しずつ知るところから始めましょう。生命保険は加入内容によっては資産を増やすこともできるので、是非参考にしてください。

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ