50代の転職を成功させるためのポイント!中高年男性は必見!

50代での転職活動は一般的には困難とされます。しかし50代での転職は実は年収を大きく上げるチャンスです。ここでは50代での転職の現状や成功のポイント、取得すると転職に有利な資格などについてまとめています。ぜひ参考にしてください。

50代の転職を成功させるためのポイント!中高年男性は必見!のイメージ

目次

  1. 50代の転職を成功させよう
  2. 50代で転職の現実、やはり困難な面もある
  3. 年収アップ率が一番高いのは実は50代前半の転職
  4. 企業が求める50代転職の人材像
  5. 50代で転職するなら経営に積極的に参加
  6. 管理職経験は50代転職に有利
  7. コミュニケーション能力は50代転職に必須
  8. PCスキルは50代で転職する際に必ず確認される
  9. 未経験職種への50代転職は避けた方が無難
  10. 50代で未経験職種へ転職するなら覚悟を持って
  11. 50代転職に資格は必要?
  12. 50代転職に有利な資格とは?
  13. IT系資格で他の50代転職者と差別化を
  14. MOSを50代転職者が持っていると安心
  15. 簿記があるとマネージメント能力のアピールに
  16. 50代ならさらに上位資格にも挑戦
  17. 50代転職でもTOEICは有利に
  18. その他の50代転職に役立つ資格
  19. 50代の転職活動は長期化する
  20. 転職活動で我慢することも50代で成功のポイント
  21. 50代転職でも新しいことに挑戦し続ける気持ちを
  22. 50代転職の成功のポイント

50代の転職を成功させよう

27878488 150684205629155 2813609358800191488 n
roo_70_さんの投稿

50代での転職には困難がつきものです。しかし実は50代の転職でも年収アップは可能です。ここでは50代の転職を成功させるポイントを紹介していきます。50代転職で年収アップのポイント、求められる人材像、有利な資格、未経験職種への転職、転職活動期間などすべて調査してまとめました。転職を考える50代男性は必見です。

50代で転職の現実、やはり困難な面もある

27576934 2044301472452774 1322273271973937152 n
m.aichinさんの投稿

50代で転職することが難しいのは今も昔も変わりません。企業は普通若い人材を求めているので、50代を中途採用で採用するにはそれなりの理由が必要となります。また企業としても50代男性を採用するとなると、年収600万程度支払うことは見込まないといけません。コストが高い分採用の条件も厳しくなることが普通です。

例えば転職活動期間一つとっても、50代の転職では不利なことがわかります。厚生労働省の調査結果によると、転職活動期間が最も長期化しやすいのは、やはり50代後半です。50代後半で転職をする場合、転職活動期間が10ヵ月以上に及ぶ割合は14.5%となっており、他の世代が10%以下なのに対して飛び抜けて高くなっていることがわかります。

年収についても同様に年収アップが難しい現状がデータに表れています。50代前半の転職で年収がアップした人の割合は33.9%、50代後半の場合は28.4%です。年収が減少した割合は50代前半で46.6%、50代後半で45.9%です。ほぼ2人に1人は年収が減少していることがわかります。

年収アップ率が一番高いのは実は50代前半の転職

27893122 820555614815087 5611791233727856640 n
n.k_crownさんの投稿

しかし単に50代での転職では年収が上がりにくかったり、転職期間が長引くという不利な点だけではありません。年収のアップ率が最も高いのは実は50代前半での転職なのです。50代前半で転職して年収が3割以上アップした人の割合は11.7%となっており、これは全世代の中でもっとも高い数字です。

転職に有利といわれる20代後半での転職でも、年収が3割以上アップした人の割合は8.2%です。20代前半ではさらに低く7.5%にすぎません。つまり50代前半での転職は実は20代で転職するよりも年収を大きくアップさせる可能性は高いのです。年収アップにはこれまでのキャリアが欠かせません。経験豊富な50代は転職で年収を上げるチャンスでもあります。

そのため50代で転職を考える場合でも年収や待遇などの条件を諦めてはいけません。特に50代の男性というのは最も働き盛りで仕事をする上での必要な能力が全て備わっている世代ともいえます。これまでの経験やキャリアを活かして人の上に立つことも多くなります。企業としては高い年収を払ってでも採用したい世代でもあるのです。

Thumb転職して年収がアップする人の特徴や傾向を調査!給料相場はどれくらい?

企業が求める50代転職の人材像

27577237 1735397463197893 5336988544546111488 n
centotrentaofficialさんの投稿

そのため50代の転職を成功させるための最も大きなポイントになるのは、企業が求める50代転職者の人材像に自分を合わせることが大切になります。企業が50代男性に求める人材像とはどのようなものか、まずはこの点を確認していきましょう。基本的には50代で求められる能力は経営や管理、マネージメントなど会社全体の業務を動かすことです。

50代で転職するなら経営に積極的に参加

50代男性が転職する際に大きく年収を上げて成功するためには、経営や経営企画などの職種に応募することです。これまで企業の管理職や事業部長、取締役、執行役員などを務めていた場合は、転職先でもその経験を活かして経営関係の職種に転職できる可能性が高くなります。その場合は50代でもまだ若い世代にもなります。

28153809 399240340521385 420860950527082496 n
bulge_maniacさんの投稿

しかし大企業のそういった職種の人材は一般的にはあまり公募されていません。そのためこういった職種で求人を探すなら自分が勤めていた企業よりも下位の会社で探すことが現実的です。また中小企業の場合はこのような経営に関する業務が担当できる人材は基本的には不足しています。特に短期間で急成長したベンチャー企業などにはその傾向があります。

27581758 149164782439771 3266225296059138048 n
_koba29さんの投稿

また地方の中小企業では社長以外に経営について判断したり企画を立てたりできる人がいないというケースは多くあります。そういった会社では社長の右腕となるような人材を求めているケースが多いですが、その場合は注目されるのが50代男性の転職者です。50代でこれまで経営に関わったり、管理職を長く経験している男性は会社としても欲しいものです。

27576718 549730975386180 8142657449413836800 n
suzuki_yoshinori2814さんの投稿

他にも株式上場やIRに関する業務が担当できる人材を探している企業もあります。特にこれから上場を考えているような中小企業では、必ずと言っていいほどこういう人材は不足します。そのため50代男性が転職活動で高い年収を狙っていく場合は、最も成功の可能性が高いのが上記のような職種となるでしょう。

管理職経験は50代転職に有利

27580669 2023558511266278 6831390546531975168 n
nk__009さんの投稿

直接経営に関わる仕事でなくとも、管理職やマネージメントの経験は50代男性の転職にとっては有利になります。急成長している中小企業やベンチャー企業の場合、どうしても人材に偏りが生じます。特に創業後10年以内のような企業では人材の入れ替わりも激しい場合が多く、どうしても20代、30代などの若い世代が中心の会社になりがちです。

27877917 446559312468760 5811478174717968384 n
hide.wwwwさんの投稿

そういった会社を見て自分はもう50代だから採用されないだろうと諦める必要はありません。逆に50代だからこそそういった会社に採用される可能性があるのです。会社にとって人材というのは各世代満遍なくいることが理想です。そのため企業は自社に足りないタイプの人材を転職者や中途採用で補おうとします。

27579227 2463387467219836 3588029345664335872 n
toshi3429さんの投稿

そのため不足しやすい管理職やマネージャー、スーパーバイザー、店舗責任者などの職種の募集は常に無くなることはありません。そしてそういった職種にはこれまでのキャリアの中で管理職経験があることがほぼ必須になるので、世代的にも管理職を経験していることが多い50代が採用されやすいのです。

コミュニケーション能力は50代転職に必須

26869631 1953885761527916 8205436531112935424 n
tph.jpさんの投稿

50代男性の転職で採用にあたって企業が求める人材像には、必ずといっていいほど高いコミュニケーション能力が備わっていることがあげられます。これには様々な理由があります。最も大きな理由は50代で転職して、新しい環境や人間関係に馴染めるかという点です。これは50代という世代に限らず、どの世代でも要求されることでもあります。

27575779 1540143372690310 8672846461748117504 n
shintaro_nakamoriさんの投稿

しかし特に50代男性の転職者に対しては、コミュニケーション能力がより厳しくチェックされると考えておいてください。それは50代男性でこれまでに仕事のキャリアが高ければ高いほど、他人の話を聞かなかったり、自分の考えだけを押しとおそうとする傾向が強いからです。仕事のこだわりも強く、自分のやりたいことだけやろうとする人もいます。

こういった50代の転職者はいくら面接を受けてもまず採用はされません。50代で転職するのであれば、面接の段階でもあまり自分の話をしすぎないで、相手の話をよく聞いていその会社が自分に何を求めているのかを冷静に見極めましょう。そして常に冷静で温和な態度で面接に挑めば、それだけでもコミュニケーション能力は高くみられます。

逆にこれまでのキャリアに自信を持ちすぎていて、自分の話ばかりしたり、横柄な態度や高圧的な態度が少しでも見えると、その面接ではまず採用されないと思っておいた方がいいでしょう。そういった人は50代男性の転職者を採用するにあたって、企業の採用担当者が最も警戒している人物像でもあるからです。

Thumb転職に失敗する人の特徴や事例を紹介!後悔しないためにやるべき事とは?

PCスキルは50代で転職する際に必ず確認される

27580103 133816104101589 8432583684812439552 n
kisyu_hinokiyaさんの投稿

コミュニケーション能力と同時に、50代男性の転職者を採用するにあたって企業の採用担当者が気にするのが、パソコンが使えるかどうかです。現在ではどんな職種でもパソコンが不要な仕事というのはありません。場合によってはスマホやタブレットなども仕事で使うケースも増えてきています。

27878551 192450551343837 304922809497288704 n
mtu7856さんの投稿

一方で50代男性の転職した人によくあるケースが、これまでにパソコンをまともに使ったことがなく、ワードやエクセルすらまともに使えないことです。これはこれまで大企業に勤めていて、部長クラスの高い立場であった人でもありうるケースなのです。パソコンを使うような資料作りやデータ整理は全部部下にやらせるのが当たり前だった人などです。

27576843 185185018906191 5240554412648169472 n
dj.makiさんの投稿

しかし転職した場合はいきなり部下を沢山もって、指示だけしていればいいという立場になれるわけではありません。業務内容を覚えるためにも最初は自分で現場の仕事をやることになるケースが多いでしょう。また立場が上がっても部下に仕事のやり方を教えないといけないことも多くなります。

27581043 1712202538802014 7367621005893697536 n
hp_japanさんの投稿

そういった場合に実はパソコンが使えませんとなったら、会社によってはそれだけでも不要な人材とみなされてしまう場合もあります。実際に50代の中途採用で、転職してからパソコンが使えないことがわかった例も多くあります。面接では基本的な操作はできますと言っていたのに、やらせてみたら人差し指でキーボードを一つ一つ押していたのです。

26298251 1522160807881211 3880551953217880064 n
miyamoto7572さんの投稿

最近では50代でもパソコンを使うのが当たり前になってきていますので、こういったケースは減っていますが、企業の人事担当者は今でも50代の人を採用するときにパソコンスキルの有無は気にしています。そのためパソコンの操作については転職の面接や試験で確認されると思っておいた方がいいでしょう。

未経験職種への50代転職は避けた方が無難

26187682 335550903608776 5595947674898530304 n
tmk.tr808さんの投稿

転職で必ず話題にでるのが未経験職種への転職の可能性です。50代で未経験職種への転職は不可能とは言わないまでも、やらない方がいいことは間違いありません。転職の成功のカギはこれまでのキャリアです。未経験の職種では当然これまでのキャリアは一切活かせないことになります。そのため未経験職種では応募してもそもそも採用になりません。

26864383 415799385517016 4448246776054415360 n
toshi3429さんの投稿

そして採用されたとしても50代から未経験の仕事を覚えるのは大変です。それに未経験職種へ転職すると上司も自分より年下、それも大幅に年下だったりするケースも多くなります。年齢を気にしないとは言っても、やはり自分より年下の上司に怒られるのは精神的にきついものです。

27878358 235970820280387 2484322007286546432 n
urawa.bizさんの投稿

年収に関しても未経験職種への転職は大幅な年収ダウンになることが避けられません。50代で未経験職種へ転職して、年収が650万から300万まで減ったケースもあります。そのためよほどの事情がない限りは、50代での未経験職種への転職は避けるようにしましょう。

Thumb転職の年齢に限界はある?男性・女性の制限は何歳までかを徹底調査!

50代で未経験職種へ転職するなら覚悟を持って

26151191 784911285030331 1984336489172959232 n
jianwuhuangjingさんの投稿

しかし、どうしてもやりたい仕事があったり現在の仕事は続けたくない事情があって、未経験職種へ転職したい場合もあるでしょう。そういった場合は50代であれば、まずは未経験でも採用されやすい職種を考えてみましょう。未経験でも転職者を受け入れている業界は運輸業、郵便業が最も多く、次いで福祉関連、サービス業関連です。

26186024 1787849481519909 4573063267320070144 n
takkystagramさんの投稿

職種的には未経験でも採用されやすいのはトラックドライバーや宅配業務、介護職、飲食関係のサービス業です。これらの職種の特徴は常に人手が不足しており、未経験でも仕事を覚えるのにそれほど時間がかからないという特徴があります。逆に専門分野の知識や専門的な技術を必要とする場合は、未経験での転職はまず不可能です。

26318150 166793800624957 7429279410366185472 n
178momokkmさんの投稿

そしてどの職種を選んだどしても、未経験で転職する場合は年収が大幅に下がる覚悟はしておきましょう。ほとんど初任給並みの年収に下がるくらいの覚悟は必要です。そのため転職の際には本当にそうなった場合に生活ができるかどうかが重要です。生活レベルを下げてでも未経験職種に挑戦できる覚悟のある人だけが挑戦するようにしてください。

50代転職に資格は必要?

50代の転職に資格が必要になるかどうについては、まったくない場合でも転職は可能です。確かに20代、30代といった若い世代では資格はあることが就職に有利に働きます。しかし50代になると資格よりもこれまでの仕事の経験やキャリアが優先されます。たとえ資格が一つもなくても、転職に成功するケースは多くあります。

27893440 128749921277840 3093334969561382912 n
asaka_2125さんの投稿

むしろ50代の転職では資格に頼らない転職の方が成功しやすいともいえるでしょう。どんなに難しい資格を持っていたとしても、それがこれまでのキャリアと無関係であったり、新しい職場で活かせないような資格なら持っていても意味はありません。資格より過去の実績やキャリアをいかにアピールするかが重要です。

50代転職に有利な資格とは?

28152410 538881789826767 3760073898612228096 n
kansai_shodo_loveさんの投稿

とはいえ転職する際に有利な資格もあります。それはこれまでのキャリアと一致している資格やどんな職種でも役に立つ資格です。また未経験の職種に挑戦する場合は、これまでのキャリアが転職に活かせない以上、資格が重要なアピールポイントとなります。そこで50代の転職に有利な資格について以下に紹介していきます。

IT系資格で他の50代転職者と差別化を

13423625 999557293426533 1903706024 n
yuuri55さんの投稿

IT系の資格は転職にあたって持っておくことは有利になります。上記にもある通りどんな職種にしても現在ではパソコンを使うことは必須になります。同時に基本的なITに関する知識はどんな状況でも役に立ちます。さらに50代男性の転職者にとっては、IT系の資格を取っていることが他の転職者とは違うアピールになります。

そこで転職にあたっておすすめのIT系の資格は「ITパスポート試験」です。これはITに関する基本的な知識があることを証明できる資格です。しかしそれだけではなく、経営戦略や情報管理といった分野の知識も必要とされるため、ITだけでなく経営やマネージメントにも関連する知識も証明できる資格になっています。

22351667 1318730404919208 5523163655861960704 n
t_animoto.yさんの投稿

この資格は国家資格でもあるので信頼度は高く、マーケティングから財務、法務、情報セキュリティに至るまでの管理職に必要な知識も含んでいます。取得期間の目安も3ヵ月から5ヵ月とそれほど長くはありません。転職活動の合間や仕事を続けながらでも取得できます。

MOSを50代転職者が持っていると安心

27580139 211068262777438 6503604625390698496 n
akihiro_0913さんの投稿

パソコン系の資格としてはMOSを取得することがおすすめです。MOSとはMicrosoft Office Specialistの略で、マイクロソフトオフィスが使えることを証明する資格です。この資格も50代男性の転職者が持っていると採用する側は安心して採用できます。上記の通り50代ではパソコンが使えるかどうかが疑われるからです。

27879233 2131685483726564 8022744079928393728 n
hp_japanさんの投稿

仕事でパソコンが使えるというレベルは、専門的なパソコンスキルを使う仕事でなければ、ワードとエクセル、そしてパワーポイントが使えるレベルということです。パソコンでメールをやり取りしたり、インターネットができることではありません。そのためこの資格を持っておけば概ねどのような職場でもパソコンを使った業務が行えます。

27878227 146592849314952 267164244464631808 n
akiko_sutoさんの投稿

資格としてはそれほど難しい資格ではありませんので、1ヵ月から2ヵ月も本格的に勉強すればとれるレベルです。確かに50代の男性でこの資格を持っているからという理由で転職に成功するわけではありません。しかし他のキャリアや実績に加えてこの資格があると、実務能力もあることの証明にはなり、転職に成功しやすくなります。

簿記があるとマネージメント能力のアピールに

次は「日商簿記検定」です。この資格はどんな職種や職業でも役に立ちますが、特に50代の男性が転職するにあたっては有利になります。50代で転職となるとやはり経営や管理、マネージメントの仕事に就くことが多くなるでしょう。そうなれば必然的に経理の知識もある程度は要求されることになります。

27879801 409600722816365 5931318589888921600 n
_417srmt_さんの投稿

もちろんこの資格を持っていなくても経営や管理職の仕事はできます。しかし多くの場合はそういった職種についている段階で、ある程度の簿記の知識が必要になるので、自分で勉強するなりして補っているものです。どうせ必要な知識なのだから持っておいて損のない資格ともいえます。

50代ならさらに上位資格にも挑戦

27577009 154367515277841 1654976969323839488 n
yuyuyustudyさんの投稿

なにより「日商簿記検定」はより上位の資格取得を考える際にも持っていると有利になります。例えば公認会計士や税理士、中小企業診断士などの持っていればそれだけで職種を決めれるほどの資格を取得する際に、簿記の知識は必ず必要になるからです。簿記の資格を取ってさらに上の資格に挑戦するのも、転職を成功させる方法の一つです。

50代転職でもTOEICは有利に

50代の転職者に限らず、TOEICで高得点を取っておくことは転職に有利になります。一般的に転職や就職の際に履歴書に書いてアピールになるTOEICの得点は600点から700点以上の得点になります。外資系企業などでは800点以上が求められることが普通です。

たとえ日常的には英語を必要としない職場であっても、どんな場面で英語が必要になるかはわかりません。仕事をしていると突発的に英語で対応しなければならないこともあります。場合によってはいきなり海外の企業から提携の問い合わせが来ることもあるが今の時代です。

その他の50代転職に役立つ資格

27892691 414201179034313 2472256074057515008 n
toeic_in_seoulさんの投稿

それ以外にも業界や業種ごと転職に有利になる資格は沢山あります。例えば有名なところでは不動産業界では「宅地建物取引士」「不動産鑑定士」などは持っているだけで業務内容も年収も違ってきます。金融業界なら「ファイナンシャルプランナー」や「証券アナリスト」の資格が必要になるでしょう。事務職でも「医療事務検定」の資格などがあります。

26868910 347321439103398 535578023764688896 n
coloriage.anさんの投稿

こういった業界や職種ごとに転職に有利になる資格は、50代男性の転職者の誰がとっても役に立つものではありません。これまでの自分のキャリアと一致するものであって初めて役に立つものです。もしそういったキャリアに役立つ資格であるなら、50代でも積極的に挑戦して取得すれば、転職は成功しやすくなるといえます。

50代の転職活動は長期化する

26872973 1657419687627120 2988624083496730624 n
toshi3429さんの投稿

50代の転職を成功させるポイントは転職活動が長期化する覚悟をしておくことです。転職活動が6ヵ月や1年かかることもよくあります。そのため転職活動がある程度長期化しても生活の心配をしなくてもいいだけの準備は必要となります。転職前に十分な貯金があることはもちろん必須です。

他にも早期退職で退職金を転職活動の費用に充てたり、雇用保険の失業手当を利用する方法もあります。失業手当は年齢やこれまでの勤務年数が多ければ多いほど、多く支給されるものです。そのため50代で転職活動をするのであれば、必ず自分の支給額は事前に確認して、ハローワークでの手続きを忘れないようにしましょう。

Thumb転職活動にかかる期間はどれくらい?平均や基本スケジュールを調査!

転職活動で我慢することも50代で成功のポイント

27575843 411005599354403 3283385258069721088 n
bulge_maniacさんの投稿

転職活動の長期化を覚悟して準備することは、転職を成功させるための重要なポイントです。転職で失敗するパターンの多くは採用が決まらずに焦ってしまい、前職より大幅に年収の低い会社でも諦めて就職するパターンです。転職エージェントを利用しても、50代の転職となるとどんな条件でもいいからとにかく再就職するように勧められる場合もあります。

逆に50代転職に成功した例では、自分が納得できる条件の会社に内定が出るまで、半年でも1年でも我慢して転職活動を続けたケースです。それくらい時間をかけないと自分の希望する条件の職場に再就職できないことも多くあります。50代での転職を成功させるためには長期化に耐え、我慢することも大切になってくるのです。

Thumb転職に成功した人の事例や体験談まとめ!共通する特徴も調査!

50代転職でも新しいことに挑戦し続ける気持ちを

27577120 168989930409112 377073943627956224 n
s0n0_chanさんの投稿

50代での転職を成功させる最後のポイントは、50代でも新しいことに挑戦し続ける気持ちをもち、それを面接などで積極的にアピールすることです。50代の転職で失敗しやすいのは、過去の実績やキャリアのみにこだわり、それだけで転職できると思っているケースです。しかし転職すればこれまでとは違った多くの新しいことがあるのは当然です。

そのため同じ職種で転職する場合でも、これまで自分の経験してこなかったような出来事や、これまでとは全然違った会社方針や職場環境で働くことにもなります。そういった新しい環境でも挑戦してどんなことでも取り組むという気持ちや姿勢がないと、50代の中途採用では採用されることはありません。

Thumb転職の面接でよくある質問まとめ!志望動機や退職理由など回答例も紹介!

50代転職の成功のポイント

50代の男性が転職活動を行ううえでの成功のポイントや資格などについてまとめました。50代の転職を成功させるためにはキャリアが最も重要ですが、それを補い、よりアピールを強化するために資格を利用する方法もあります。何より50代の転職活動では長期化しても諦めず、前向きな気持ちで転職活動を続けることが成功のポイントになります。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ