住宅ローンの返済まとめ!平均期間は?借金と賢く付き合う方法!

家を買う時に利用する住宅ローンの返済期間は35年とよく聞きますが、平均返済期間も35年なのでしょうか。実際にどれくらいの返済期間があるのか検証してみました。また、住宅ローンの返済期間中に住宅ローンと賢く付き合う方法についてまとめています。

住宅ローンの返済まとめ!平均期間は?借金と賢く付き合う方法!のイメージ

目次

  1. 住宅ローンの返済について
  2. 住宅ローンは借金と一緒?
  3. 住宅ローンの返済期間は35年で60歳までに返済する?
  4. 住宅ローンは平均何年で組んで、平均返済期間は?
  5. 住宅ローンの期間は何年で組んだらいいのか
  6. 住宅ローンは最長35年で組む
  7. 返済期間を短くするメリット
  8. 返済期間を短くするデメリット
  9. 住宅ローンの返済期間を短くする方法
  10. 繰り上げ返済はどのタイミングですると効果があるのか
  11. 住宅ローンの返済期間を長くするメリット
  12. 住宅ローンの返済を長くするデメリット
  13. 住宅ローンの返済期間を長くする方法
  14. 返済期間が長いと住宅ローン控除で得をする?
  15. 住宅ローンの返済期間は短いのと長いのではどちらがいい?
  16. 住宅ローンの賢い返済期間は?
  17. 借金と賢く付き合う方法とは
  18. いろんな選択肢があることを知る
  19. 自分の目的に合った返済計画を
  20. 自分の生活に変化があったら返済計画の見直しも

住宅ローンの返済について

28153591 1972418253010619 5370794549960507392 n
econatyu_houseさんの投稿

住宅ローンの返済期間について検証していきます。住宅ローンの返済期間は短いほうがいいのか、長いほうがいいのか悩むところではないでしょか。返済期間を短くするメリットや、どのような方法をしたら返済期間を短くすることができるのか。また、返済期間を長くするメリットは何があるのかについて説明していきます。

住宅ローンは借金と一緒?

住宅ローンとは購入する自宅を担保にして銀行から融資を受けることです。もっと簡単な言い方をすると、住宅が欲しいが今手元にお金がなくても、また手元にお金があっても減らしたくないため、購入する住宅をお金が返済できないときは差し出すという保証にして、銀行などの金融機関からお金を借りることです。住宅ローンは借金です。

住宅ローンの返済期間は35年で60歳までに返済する?

22639432 1950972128450680 6185097066264395776 n
ymeasn923さんの投稿

住宅ローンは35年かかって60歳までに返済するということを聞いたことはありませんか。この35年と60歳という意味について説明していきます。

35年は住宅ローンの最長返済期間のこと

20478840 120436228595598 3248292531993051136 n
lokstradingさんの投稿

この35年というのは住宅ローンのを組むときの一般的な最長の返済期間を35年としている場合が多いので、35年という年数をよく聞くということです。実際に住宅ローンを組んだすべての人が35年をかけて返済しているというわけではありません。

60歳は定年の年齢

26869402 1762282450747650 4300882866125930496 n
sakura.photo.sakuraさんの投稿

60歳までに返済というのは、定年する年齢のことを言っています。融資をしている銀行などの金融機関は毎月滞ることなく借金である住宅ローンを返済してほしいので、収入が安定してあるだろうと予想できる定年の60歳までに返済してほしいということを言っているのです。

住宅ローンは平均何年で組んで、平均返済期間は?

23735628 1647766961953464 4292555637503557632 n
asa_home.178さんの投稿

では、実際に住宅ローンは平均何年で組んで、平均の返済期間はどれくらいなのでしょうか。

全体の半数以上は30年以下で組む

27879415 2313137278714618 27236436323336192 n
asahijutakuさんの投稿

全体の半数以上は30年以内で住宅ローンを組んでいて、平均では25年で住宅ローンを組んでいるという結果でした。ちなみに35年の最長で住宅ローンを組んでいる割合は全体の1割程度ということでした。

完済までの平均返済期間は14.4年

全体の4割近くが10年以内に完済していて、全体の平均は14.4年と、15年以内に完済している方が多いという結果になりました。そして、30年超えて返済しているという方は全体の1割以下でした。

平均は住宅ローンは短めに組んで早く完済している

このようなデータをみていくと、全体の平均は住宅ローンを組むときも短い期間で設定して、実際に返済する期間も短い期間で返済をしているということがわかりました。

住宅ローンの期間は何年で組んだらいいのか

27892139 1801704513183996 4690156458199744512 n
fukutomi_1976さんの投稿

住宅ローンの一般的な返済期間は最長35年としている場合が多いですが、平均は30年以内で住宅ローンを組んで、平均の返済期間は14.4年でした。では、住宅ローンの返済期間は短く組むほうと長く組むのではどちらが賢く返済できるのでしょうか。

返済期間を延長する場合は条件が必要

返済期間の延長はできます。融資をしてくれる銀行などの金融機関によっても条件は異なりますが、一般的に年収が一定の割合以下である、月収が定められている金額の水準以下である、現在返済が困難である理由があるなどの条件が必要になっていきます。

返済期間の延長する審査は通りにくい

審査をする銀行などの金融機関によって条件が違ってくることはありますが、その条件にすべてあてはまらならなければ返済期間の延長の審査はできません。また、条件にすべてあてはまったとしても、審査が通るという保証はどこにもありません。

返済期間を短くすることは簡単だけど後から延長は難しい

最初の審査の時点で返済期間を短くしてしまうと、後に返済できないという事態に陥ってしまった場合は、後から返済期間を延長することは難しいし、手間もかかってしまいます。返済期間を長く設定しておいて、短くすることは、返済期間を長くすることよりも難しくありません。

住宅ローンは最長35年で組む

19622801 301888093589234 2520484790105276416 n
lifeconsulting_corporationさんの投稿

住宅ローンを組む場合は、一般的に最長35年としている場合は35年で組むことをおすすめします。住宅ローンの返済期間を短くすることは簡単にできますが、住宅ローンの返済期間の延長をするには、条件にすべて当てはまるなどの審査も厳しいので、住宅ローンを組むときは返済期間を最長に設定して後から返済期間は調整することが賢く返済できるでしょう。

返済期間を短くするメリット

住宅ローンの返済期間を組むときは最長が35年の場合は35年で組んだほうがいいことは理解できたでしょうか。では実際に返済していく上で、返済期間を短くするメリットについてみていきましょう。

総支払金額が減る

住宅ローンは借金なので、元本に金利が必ずついてきます。そして、返済期間が長くなればその金利も払い続けなければなりません。返済期間が短かければ短いほど金利を払わなくていいので、総支払い金額が減ります。

返済できなくなるリスクを減らせる

住宅ローン中には何が起こるかわかりません。事故や病気で働けなくなり、返済できなくなることもあります。返済期間が長ければ長いほど何が起こるかわからないリスクは高くなっていきます。逆に返済期間が短いとそのリスクを減らすことができます。

将来手元に残るお金が増える

40265011 550437482052806 96526898896568320 n
tomiokayuutaさんの投稿

総支払い金額を減らすということは、将来手元に残るお金が増えるということです。将来手元にお金が残るということは、将来お金が必要になったときに対応できます。

年金生活前に返済できる

年金生活になると、現役のころに比べるとどうしても収入は減ってしまいます。住宅ローンを組む年齢にもよりますが、住宅ローンの返済期間が短くして年金生活前に返済できれば、収入が減ってしまう老後の生活にもあまり影響を受けずに済むでしょう。

保証料や団体信用保険の保険料が安くなる

住宅ローンの保証料や団体保険の保険料は借入期間が長くなればなるほど高くなっていく仕組みになっています。逆に短いと保険証や団体信用保険料を安くすることができます。

返済期間を短くするデメリット

22802634 1621292471265409 2559416735908233216 n
sumonaviさんの投稿

では反対にデメリットについてもみていきましょう。

毎月の返済金額が高くなる

住宅ローンの返済期間を短くしようとすると、どうしても毎月の返済額は高くなってしまいます。住宅ローンの毎月の返済額が多少高くても家計を圧迫しなければいいのですが、あまり家計に余裕がないのに返済金額が高いと生活が成り立たなくなってしまいます。

手元にお金が残らない

28158171 126640671493199 2157602736978264064 n
fiend_worksさんの投稿

返済期間が短いと毎月の返済金額がどうしても高くなってしまうので、手元にお金も残らなくなってしまいます。手元にお金が残らないと、住宅ローンの返済中にまとまったお金が必要になったときに対応できないという事態が起こってしまいます。

団体信用保険の期間が短くなる

26184711 956111467884087 1290759864267571200 n
asa_home.178さんの投稿

団体信用保険とは住宅ローンの債務者が死亡したときや高度障害になった場合は住宅ローンが精算されるという住宅ローン専用の生命保険のことです。返済期間が短いと保証される期間も短くなり、あまり恩恵を受けられません。

住宅ローンの返済期間を短くする方法

27580961 218178102082523 4101806128319430656 n
manae_ichijoさんの投稿

住宅ローンの返済期間を短くするメリット・デメリットはわかりましたが、実際に返済期間を短くするには、どのような方法があるのでしょうか。

繰り上げ返済

26869245 105227373615331 7762751709293576192 n
nuts_icubeさんの投稿

繰り上げ返済とは住宅ローンの毎月の返済とは別に、まとまったお金で借入額の一部を返済する方法です。毎月の返済では利息の部分も含まれますが、繰り上げ返済の返済する金額は全て元本の返済になります。繰り上げ返済をすると元本の金額が減るということです。

繰り上げ返済には2つのタイプがある

繰り上げ返済には期間短縮型と返済額軽減型の2つのタイプがあります。

期間を短くするには期間短縮タイプ

繰り上げ返済の期間短縮型を選択すると返済金額等は変わりませんが、返済期間を短くすることができます。

繰り上げ返済はどのタイミングですると効果があるのか

27878935 1989257464421939 5892244708301733888 n
animportedhouseさんの投稿

では繰り上げ返済はどのタイミングですると効果があるのかみていきましょう。

金利が上昇しているとき

金利が上昇しているときは、住宅ローンの金利も高く、利息の金額も大きくなります。なので、繰り上げ返済の期間短縮型で返済期間を短くすると、支払う利息も少なくなるので、繰り上げ返済の効果があるといえます。

住宅ローンを組んで5年以内

28156201 828459100674416 3601330687581356032 n
kurobara_sirobaraさんの投稿

住宅ローンの仕組みとして、最初のほうの返済は利息の支払いばかりで返済しても元本が減っているという感覚はあまりありません。住宅ローンを組んで5年以内に繰り上げ返済すると、支払う利息を減らすということと、返済期間を短くするという効果はあります。

繰り上げ返済のベストなタイミングは

支払う利息を減らして、返済期間を短くするという目的で繰り上げ返済をするベストなタイミングは、金利が上昇しているときに住宅ローンを組んで5年以内ということになります。

住宅ローンの返済期間を長くするメリット

全体の1割以下の方が住宅ローンの返済期間を30年以上にしていましたが、住宅ローンの返済期間を長くするメリットはなんでしょうか。

毎月の返済額を抑えられる

27881279 169070750390345 2832728160905199616 n
futsuunogohanさんの投稿

住宅ローンの返済期間を長くすると、その分毎月の返済額の金額は抑えることができます。毎月の返済額を抑えることができると、住宅ローンの返済が家計を圧迫せずにすみます。

手元に残るお金が増える

住宅ローンの返済期間が増えると、毎月の返済額が減るので、手元に残るお金が増えます。手元にお金が残るということは、住宅ローンの返済中でもお金が必要になったときは対応することができます。

団体信用保険の期間が長くなる

団体信用保険とは住宅ローンの債務者が死亡したときや高度障害になった場合は住宅ローンが精算されるという住宅ローン専用の生命保険のことです。返済期間が長いと保証される期間も長くなり、死亡するリスクもカバーされるということです。

税法上の恩恵が受けられる

借金を早く返すというより、借入があることが重要な場合があります。それは税金対策です。税金は儲かっていたり、余っているところからお金をとるというものなので、借入があることにより、お金が余っていないということを示して、賢く税金を必要以上に払わないようにすることがあります。

住宅ローンの返済を長くするデメリット

22802634 1621292471265409 2559416735908233216 n
sumonaviさんの投稿

住宅ローンの返済期間を長くするデメリットは何なのでしょうか。みていきましょう。

支払い総額は高くなる

住宅ローンの返済が長いと、利息を払う期間が長くなり、利息を払う金額も増えていき、結果として支払う総額は高くなります。

返済できないリスクは高まる

27580454 2024794664451741 7039032394019504128 n
bar__surreさんの投稿

住宅ローンの返済中には何が起こるかわかりません。事故や病気で働けなくなり、返済できなくなることもあります。返済期間が長ければ長いほど、何が起こるかわからないリスクは高くなっていきます。

年金生活後も返済が続く可能性がある

27881266 497211337347535 5974779080489304064 n
r.banath44さんの投稿

住宅ローンを組む年齢にもよりますが、返済期間が長いと定年後も住宅ローンの返済をしなければならなくなります。年金生活ではどうしても現役のときより収入が減ってしまうので、家計を圧迫しかねません。また、老後の蓄えを切り崩して住宅ローンの返済をするという可能性もでてきてしまいます。

保証料や団体保険料が高くなる

26184711 956111467884087 1290759864267571200 n
asa_home.178さんの投稿

保証料や団体保険料は借入期間が長くなればなるほど高くなっていく仕組みになっています。返済期間が長いと、保証される期間は長いですが、その分保証料や保険料は高くなってしまいます。

住宅ローンの返済期間を長くする方法

27878553 146825435997699 765364177169547264 n
sinwanetさんの投稿

住宅ローンの返済が長いことによるメリット・デメリットもわかったでしょうか。住宅ローンを組んだ後に返済期間を延長することは難しかったですが、もし、返済期間を長くしたい場合は返済期間を長くする方法はあるかについてもみていきましょう。

借り換えで期間延長できる場合もある

18013958 1325434180826947 365652242608422912 n
kengosaka7prfmさんの投稿

借り換えとは新しく別の金融機関で新しくローンを組んで、従来のローンを一括で返済することです。新しく住宅ローンを組んだときに、ある一部の銀行では返済期間が変更できる場合もあります。ただし、この借り換えはできても、期間延長という方法ができない銀行もあるのでご注意ください。

返済期間が長いと住宅ローン控除で得をする?

13260934 241676949535242 1837747069 n
seiyaaan328さんの投稿

返済期間を長くする方法もありますが、返済期間が長いと住宅ローン控除の恩恵を受けることもできます。ただし、得をする場合としない場合があるのでみていきましょう。

住宅ローン控除の還付金とは

23594639 132282270807334 2720548726144761856 n
aki__homeさんの投稿

住宅ローン控除とは家を購入するときに住宅ローンの借入がある場合、定められた期間に住宅ローンの残高に応じた金額が毎年確定申告をする所得税から差し引かれるというものです。ローンの残高がないと受けられないので、わざと返済期間を長くして、ローン残高を多くしているという方もいます。

住宅ローン控除で得する人はお金持ち?

住宅ローン控除を利用して所得税の還付を受けたほうが得をする場合は、年間の所得税額が最低でも50万円くらいは払っていて、住宅ローンは6000万円以上の借入があることです。なので、たくさん納税もしていなくて、高額な住宅ローンの借入がない方は、住宅ローン控除をあまりあてにしないほうがいい場合もありますのでご注意ください。

住宅ローンの返済期間は短いのと長いのではどちらがいい?

27893254 2016772555264511 4572740921434570752 n
sooto.sootoさんの投稿

住宅ローンの返済期間が短い場合と、長い場合をみていきましたが、結局どちらが賢く返済していることになるのか、検証していきましょう。

金利が上昇しているときは返済期間は短いほうがいい

金利が上昇しているときは住宅ローンの金利も高いので、利息分も高くなります。なので、将来支払う金額も高くなるので、お金をあまり払いたくない場合は返済期間を短くしたほうが賢く返済できます。

金利が低い場合は返済期間は長いほうがいい場合もある

25025786 1185064528295726 8912907624328986624 n
fancunshenyilangさんの投稿

金利が低いと住宅ローンの金利も低いので、利息も低くなります。なので、将来支払う金額も金利が高いときよりは高くなりません。なので、完済できる目処がきちんとある方は返済期間を長くしほうがいいかもしれません。

金利が低いので返済期間は長いほうがいい?

金利が低くても、返済額が長ければ長いほど、金利の利息分だけではなく、団体信用保険などの保険料も増えていきます。一概に、金利が低いからといってすべての人が返済期間を長くすればいいというわけではありません。

住宅ローンの賢い返済期間は?

27576081 189649214959406 9204806284803571712 n
suirendoさんの投稿

現在は低金利なので、いざというときに返済できるお金があって、返済できる目処もついている方で、多く借入をしている方は、住宅ローンは長期間で返済するのが賢い返済方法といえます。

借金と賢く付き合う方法とは

住宅ローンの返済期間についてみていきましたが、結局借金と賢く付き合う方法とはなんでしょうか?

借金の返済は長期戦になると想定して焦らない

28152108 1772822746071877 947698333592322048 n
shoji_akimotoさんの投稿

住宅ローンの借金は短くても10年以上はかかります。ある程度は長期戦になると覚悟を決めて、あまり焦って返済しないことをおすすめします。借金を返済をすることも大事ですが、生活できなくては返済もできません。生活に必要な分のお金はしっかり確保して賢く返済しましょう。

自分の借金を把握する

26227875 551825645164577 8476321411256811520 n
rika.i.houseさんの投稿

毎月返済ばかりしているけど、あとどれくらい支払えばいいんだろう、なんて思うでしょう。そんな時は支払い金額だけではなく、金利や利息も把握しておきましょう。また、どれくらいで返済できるのかという計算をすると、より借金の金額が可視化できていいでしょう。

最悪の事態も想定しておく

12071224 1475788449396680 1350925437 n
airapapa81さんの投稿

いつかは返済できると楽観視しないで、返済できないかもしれないという最悪の事態も想定しておくことをおすすめします。また、その最悪の事態が起こった場合はどのようにすればいいのかということも想定しておくと、本当に何か起こったときに賢く対応できます。

いろんな選択肢があることを知る

27579140 200555027348112 4136674532549197824 n
tanakahanemuinoさんの投稿

住宅ローンにはいろんな返済方法や得をする方法があります。住宅ローン1つとってもいろんな選択肢があるということを知るだけで、知らないよりは住宅ローンの支払いに対して賢く対策をたてることができます。

自分の目的に合った返済計画を

住宅ローンの借入金額、返済期間、返済金額や家族構成や仕事の年収は人によって違います。また、将来あるであろうお金も違います。なので、平均がこうだからではなく、自分の目的や優先順位に沿った自分が完済できるであろう返済計画を賢くたてましょう。

自分の生活に変化があったら返済計画の見直しも

27892117 217137258834854 7499744250142130176 n
sgmhusさんの投稿

住宅ローンの返済は短くするといっても最低10年はかかります。住宅ローンを組んだ10年後には自分の生活の変化や金利が上昇するという変化があるかもしれません。何か起こる可能性があると思って、何か変化があったら賢く返済計画の見直しもしましょう。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ