学資保険はいつから入るのがベスト?加入年齢による違いを徹底調査!

学資保険にみんないつから入るのか、加入するタイミングによってどのような違いがあるのか、いつからいつまで支払いをするのか、気になるところを調査しました。様々なバリエーションでプランを組まれる学資保険ですが、ベストな選択ができるよう準備しましょう。

学資保険はいつから入るのがベスト?加入年齢による違いを徹底調査!のイメージ

目次

  1. 学資保険へ入る為に知っておきたい事
  2. いつから入る学資保険!ベストな時期はいつ
  3. 学資保険へ入るといつから学資保険金を受け取れる
  4. いつから受取れる学資保険金!プランを決める
  5. 学資保険はいつから!満期を設定しておこう
  6. いつから入る学資保険!タイミングは
  7. 学資保険はいつから保険金を支払う
  8. 学資保険に必ずあるメリットとデメリット
  9. いつから学資保険に入る!年齢の違いを徹底分析
  10. 学資保険をきちんと選ぶために

学資保険へ入る為に知っておきたい事

学資保険とは、子どもにかかる将来の学費を積み立てる保険です。保険料を支払い、一定の時期が来た時に祝い金や満期のお金が受け取れる仕組みになっています。この記事では、学資保険にいつ頃加入するのがベストなのか、加入年齢によって違いはあるのか、受け取りや支払いはいつから始まるのかといった疑問にお答えします。

いつから入る学資保険!ベストな時期はいつ

23507995 129359041110883 4809970669775224832 n
babybooth.jpさんの投稿

学資保険は、満期までの払い込み期間が長い方が月々の支払額が少なくてすみます。0歳から18歳まで支払うのと7歳から18歳までとでは、同じ受取額でも月々の支払いは大きく違います。したがって、学資保険の加入は時期が早ければ早いほどベストです。多くの学資保険は子どもの年齢が0歳から加入できますし、商品によっては妊娠中から可能なものがあります。

学資保険の中には医療保険も付帯しているものもあります。保障が多い分返戻率が少なくなる場合もありますが、怪我や入院の心配も一緒に解消できるとさらに安心できます。子どもはいつ怪我や病気をするかわからないので、その場合もなるべく早めの加入が良いです。

学資保険へ入るといつから学資保険金を受け取れる

18011721 494099897608142 2553961749485191168 n
pinkytrip5さんの投稿

学資保険の満期は、基本的には大学入学に備えて18歳に設定することが多いです。早生まれの場合17歳にすることもできます。その他、20歳、22歳など、遅めの年齢に設定できるプランなどもあります。また受取額の一部を中学入学に合わせた12歳や、高校入学前の15歳に受け取り、残りを満期の年齢で受け取るという方法もあります。

23734922 161286371273519 2038538856189394944 n
emi.atsu.kさんの投稿

学資保険の受け取りの一部を一時金として、12歳や15歳にすると中学や高校の進学時に役立ちます。私立の学校などは制服や入学金などが最初にかかりますから、その都度少しまとまったお金が受けれると安心です。その場合は満期の時に受け取る額を少なくして、分割で受け取れます。

17267804 1288940124536429 3691977703235256320 n
enya_78さんの投稿

20歳や22歳に受け取りの設定をすると、成人や大学卒業の際のプレゼント、社会人になるための準備資金などにも当てることができます。最近では海外留学なども増えているので、そういった備えにもなるでしょう。学資保険とは単純に教育資金に当てることだけはでなく、自由な使い道によって子どもの将来に様々な可能性を与えられます。

いつから受取れる学資保険金!プランを決める

17662681 445669009117821 2495757559575609344 n
macky.yoさんの投稿

学資保険の受け取りは、加入時にプランナーと相談してプランを立てていきます。中学、高校と進学するにあたって分割で受け取る方がいいのか、それとも大学進学時に一括で受け取るのがベストなのか、それぞれの家庭によってライフプランは違います。また、満期の時の受取額の設定も様々です。月々の支払額と、希望の受取額はシュミレーションをして決められます。

学資保険の受け取りを満期の時にする場合、進学時に一部額資金を受け取るなどして分割にする場合、また払い込みを短く設定してしまう場合などでも、返戻率に違いが出てくるものもあります。それぞれのご家庭のライフプランに合わせて、プランナーとよく相談して決めることが大切です。

最近増えてきている払い込みを短くするプランなどでは、10年、12年など短い払い込み期間の方が返戻率が高くなることもあるようです。学資保険でなるべくお得に貯蓄をしたい、子どもが小さいうちはお金がかからないので、その期間に払い込みを終えたいという人におすすめのプランです。

学資保険はいつから!満期を設定しておこう

17493619 1691078797574673 1631279190915416064 n
utuwa_aoitoriさんの投稿

学資保険の満期を設定するには、将来どの年齢でまとまったお金が必要になってくるかを考える必要があります。多くは17歳、18歳の大学入学時に設定されますが、成人のお祝いに当てたり、海外留学や大学院まで想定する人もいるでしょう。満期の受取額も加入時に設定できるので、子どもの将来に有意義な貯蓄ができます。

学資保険の満期を考えるにあたって、子どもの将来にどれくらいお金がかかるのかを想像してみてください。中学、高校や大学に進むにつれて増えていくことが予想されます。特に大学入学時には、一人暮らしを始めるなど大きな出費があるかもしれないことを考えると、大学進学時に満期の設定をする場合が多いのも納得できます。

いつから入る学資保険!タイミングは

23594303 137003103733385 8130293952260603904 n
bell_disneyprincesさんの投稿

学資保険に入るタイミングは人それぞれですが、早い方が月々の負担額は少なくなるものなので、なるべく0歳のうちに加入するのがベストです。生まれてからは子育てに追われ時間が取れなくなることもあるので、妊娠中の動ける時に下調べをしておくというのも良いでしょう。なるべく早めに加入をすることで、希望の受取額の設定ができます。

学資保険はいつから保険金を支払う

保険料の支払い開始とともに、保障が開始されます。口座引き落としかクレジットカード払いかによっても支払い日は違いますが、学資保険の加入後に初回の支払い日が設定されることになります。妊娠中に契約する場合は、生まれてからの支払い開始になる場合もあるようです。保険に加入するときは、支払いの資金の予定も準備することがおすすめです。

23734208 1875807182733843 6358759954299486208 n
egachan0703さんの投稿

学資保険が満期になる18歳まで保険料を支払うというプラン以外にも、10年払い込みで中学入学前には支払いを終えるというプランも増えています。まだお金がかからない小さいうちにできるだけ支払いを済ませておくと、より大きくなった時の安心や選択肢が増えます。

学資保険に必ずあるメリットとデメリット

どんな保険でもそうですが、学資保険にも必ずメリットとデメリットがあります。多くの人が加入している理由はどんなところにあるのでしょうか。後で後悔をしないためにも、メリットやデメリットを知る事が大切です。

学資保険のメリットは、金利の低い現在の銀行預金よりも返戻率が高く、お金をためやすいというところです。満期になれば実際の払い込み金額よりも、受取額が高くなるものが多いです。他にも契約者が死亡した時など、もしもの時の保険料免除がある点や、税金控除などが受けられる点が挙げられます。

20479200 1393477414039635 6404470191719186432 n
yutaka_ando3さんの投稿

一方デメリットとしては、途中で解約をする際には元本割れをすることがあるというところです。定期預金のように資金を長期的に拘束されることになるので、無理のない保険料となるよう、学資保険プランの設定をする際によく見極めることが必要です。

いつから学資保険に入る!年齢の違いを徹底分析

では、いつから学資保険に入るか、加入年齢によってどう違いが出てくるのかを具体的に調べてみました。学資保険は大人になるまでの長い目で見て検討する必要があります。お子様の年齢を当てはめて参考にしてみてください。

上のイメージ図のように、学資保険の払い込み期間とは契約時からスタートします。そして設定した目標の受取額と受け取り年齢までに払い込みをするわけですが、累計額が同じでも0歳から毎月支払うのと3歳からとでは、1ヶ月あたりの負担額は0歳の方が低くなるわけです。見積もりのタイムングによって、人それぞれに違います。

人によって、満期のパターンや払い込み期間は自由に設定できるものが多いので、まずは学資保険のシュミレーションや見積もりをして比べてみるというのも方法です。ただ、7歳を超えると加入できないものなどもあるので、加入年齢が過ぎてしまわないように注意が必要です。

23421580 292155727942054 7354858171271217152 n
okd1048さんの投稿

学資保険は、子供が赤ちゃんの頃から大人になるまで長い期間のプランと、支払いを続けることが必要になります。いったん契約をすれば満期になるまでずっと続くものなので、加入時にはよく調べてプランナーさんとも相談して決めることが大切です。そうすれば将来の備えがある程度できるので、安心につながります。

学資保険をきちんと選ぶために

これまで学資保険についてや加入のタイミングなどについて解説してきました。子供が生まれたらまずはご家庭に合った保険の種類を調べて、見積もりをしてみるというのがおすすめです。家庭にあったライフスタイルにあった保険選びをすることが大切です。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ