転職に失敗する人の特徴や事例を紹介!後悔しないためにやるべき事とは?

転職しても仕事でストレスが溜まりすぎてうつ病になったり、給料が低すぎてまた転職することになると転職は失敗です。そうならないためにも転職に失敗する人の特徴や事例を知って、しっかり準備して転職に臨みましょう。そのため転職で後悔しないためにやるべき事をまとめました。

転職に失敗する人の特徴や事例を紹介!後悔しないためにやるべき事とは?のイメージ

目次

  1. 転職に失敗しないためのポイント
  2. どんな転職が失敗?転職して後悔する例
  3. 年収だけで転職先を決めると失敗が多い
  4. 人間関係が不満で転職したけど結局失敗
  5. 面接時の話を鵜呑みにして転職すると確実に失敗する
  6. トーンダウンした転職は失敗に終わりやすい
  7. 会社の評価が不満で転職しても失敗する
  8. 転職で失敗しやすい人の特徴は?
  9. 退職理由が曖昧な人は転職しても失敗しやすい
  10. 失敗する転職をした人は目的が曖昧
  11. 実績のない人の転職は失敗しやすい
  12. 焦って転職先を決めるのは失敗のもと
  13. 転職に失敗しないためにやるべきこと
  14. 失敗のない転職のためには長期化も覚悟
  15. 職種を変える転職は失敗しやすい
  16. 転職で失敗しないためにはキャリアの整理が必須
  17. 希望条件は明確に!転職に失敗しないために
  18. 年収減が転職の失敗とは限らない
  19. 転職理由に否定的なことはいわない
  20. 失敗しないために転職先の会社はよく調べよう
  21. 入社前の契約書の確認は絶対に行うこと
  22. 失敗しない転職の基本は自己PR
  23. 後悔のない転職のためにやるべきこと

転職に失敗しないためのポイント

27576842 150104139032478 401842182505365504 n
hp_japanさんの投稿

転職は人生の大きな転機になります。そのため一度でも転職に失敗するとその先その失敗を挽回することは大変です。そこで転職に失敗したり後悔しないためのポイントをまとめました。転職の失敗例や失敗しやすい人の特徴も紹介しています。絶対に転職で失敗しないために、ぜひこの記事を参考にしてください。

どんな転職が失敗?転職して後悔する例

27580129 578347112498376 6232029320664055808 n
masaya_hirataさんの投稿

転職に失敗といっても様々なパターンがあります。例えば転職したら大きく年収が下がった場合も失敗といえます。しかし年収を下げてでもストレスのない職場で快適に働ければ成功ともいえます。年収は上がったけど長時間労働でストレスが溜まってうつ病になってしまった場合もあります。人間関係のトラブルで体調を崩したりうつ病になるケースも多いです。

そもそも転職の目的や転職先に希望する条件は人によって様々です。そのためその転職が失敗なのか成功なのかについても人によって様々な指標があるでしょう。しかし激務に追われてストレスでうつ病になったり、人間関係でもめてまた無職に戻れば当然失敗です。長時間労働と人間関係のトラブルはうつ病になりやすいので、最も避けたいところです。

うつ病にまでならなくても、仕事が嫌いになったり、やる気が無くなったり、ストレスが多すぎたりすることも失敗のもとになります。そして転職における最大の失敗は、いつまでたっても就職できないで無職のままというパターンもあります。まずはそういった様々な転職の失敗事例を紹介していきましょう。

Thumb転職して後悔しないための対策!失敗して出戻りを考える前の予防策とは?

年収だけで転職先を決めると失敗が多い

転職先の高い年収にだけつられて転職することは失敗のものとよく言われます。そして実際にそういった例は多くあります。年収だけにつられて転職する場合、仕事内容や会社の方針、職場の人間関係や雰囲気といった点をよく考えずに転職してしまうからです。場合によっては年収以外全部前の職場より悪かったというケースもあります。

27877579 218710232035515 915982778955202560 n
gigichan1121さんの投稿

例えば年収は上がったけど、その分勤務時間が長くなり、週休二日から日曜日のみ休みになって、しかもイベントがあると日曜日にも出勤しなければならないといったケースの転職もありました。その転職をした人は連日12時間以上働き、月に休みは2回ほど、その代わり年収は200万上がりました。結局5年程で体調を崩してうつ病にもなって退職しています。

26869996 149635819081657 2527147113310060544 n
rurusmartさんの投稿

たとえ年収が200万上がろうとも、最終的に体調を崩してうつ病にまでなって退職するような転職は間違いなく失敗です。転職して後悔しないためには年収以外の条件もしっかり確認しなければなりません。年収だけで判断して結局は仕事を続けられなくなる例は転職の失敗例としてはよくあるパターンです。

人間関係が不満で転職したけど結局失敗

同様によくあるのが職場の人間関係に不満があったり、トラブルがあったことで会社を転職して結局失敗に終わるケースです。このケースで失敗に終わりやすいのは人間関係のトラブルのもとが本人にあった場合です。そういった場合には本人が自分ではトラブルのもとになっていると思わないので、新しい職場でもまたトラブルを起こして転職を繰り返します。

27573587 150189968988501 7101924832790446080 n
password_invalidさんの投稿

これを繰り返して40代までに5回の転職をした人がいました。そして最終的には最後の会社を退職時に給料などをめぐる問題でもめて、裁判にまでなった例です。そこまでのトラブルになると転職しようと思っても次の会社が雇ってくれません。結局再就職が決まらずに、1年以上無職のままで、かなり条件を落としてやっと再就職が決まることになったのです。

27581949 274069176458709 4331991563358961664 n
amerira20160716さんの投稿

人間関係の不満というのは多かれ少なかれどんな職場でもあるものです。それが例えば上司のパワハラや長時間労働の強要をめぐるトラブルであれば、体調を崩したりうつ病になる前に辞めた方が正解でしょう。しかし本人にトラブルの原因がある場合はそれに気がつかないといくら転職しても失敗に終わるだけです。

Thumb仕事がつまらない・辞めたいときの対処法と原因!転職すべき?

面接時の話を鵜呑みにして転職すると確実に失敗する

27581181 184624132136462 7895687600009117696 n
nonoicelandさんの投稿

これは企業や会社にもほぼ当てはまることですが、面接時の話を鵜呑みにすると入社してから後悔することになります。例えば完全週休二日、残業無し、有給消化可能という条件で面接時に話があったとしても、それをそのまま鵜呑みにしてはいけません。仕事では何が起こるかわからないので、よほどのことがないと残業もなく休日出勤もない会社はありません。

27580641 1306964382783760 601059099454472192 n
toda.counselingさんの投稿

転職して入社してみたら面接のときと話が違うというのはよくある話です。むしろそれは当然ともいえます。面接の際は人事担当者や社長、役員が面接します。採用したい人に対してわざわざ会社の悪い部分を話す人はいません。なんとしても入社させたいなら、むしろ良い面だけを強調して話すことが当然ともいえます。

そのため面接時の良い話は話半分くらいに聞いておいた方がいいでしょう。面接とはそういうものだということがわかっていないと、後から後悔することになります。面接の話を鵜呑みにするのではなく、会社の離職率を調べたり、従業員から直接事前に話を聞く、ネットで会社の評判を調べるなどの対策は必要です。

トーンダウンした転職は失敗に終わりやすい

24332340 370185706739296 3826891370556030976 n
akiraccyoさんの投稿

転職する原因は様々ですが、仕事に対してトーンダウンして転職することは失敗に終わりやすいといえます。例えば現在の職場に強い不満があるわけではないけど、もっと楽な仕事をしたいとか、もっと短時間で働きたいといったようなケースです。これは女性の転職によくあるケースですが、結婚や出産を考える時期になると仕事も今まで通りには行きません。

27575648 2052816271666657 964694360996184064 n
toda.counselingさんの投稿

ましてや出産となれば退職や休職を視野にいれた就職先を探すことになるでしょう。しかし、転職理由を採用面接の場で話すことはおすすめできません。心情的には入社する前にプライベートの事情も正直に話しておいて、納得してもらったうえで入社と考えていますが、企業の採用担当者はよほどの事情がないとそういったトーンダウンした人は採用しません。

そのためこうした例での失敗は入社してから後悔するパターンではなく、そもそも再就職が決まらずにずっと無職のままになってしまうという失敗例です。最終的には無職のままではいられないので、条件をかなり落として就職するか、パートやアルバイトとして働くことになってしまう例が多くあります。

会社の評価が不満で転職しても失敗する

27576386 1969993063267256 579423635492569088 n
pckuriさんの投稿

現在の会社からの評価が不満で退職する場合も失敗の多いケースです。例えば5年働いているのにまったく昇進もしない、給料もボーナスも変わらないといった例も実際あります。そしてその待遇が不満で転職を試みたけれど、結局よりよい条件の転職先にはどこにも採用されませんでした。理由は単純に実績がなかったからです。

会社で評価されないというケースには評価されない理由があります。例えば何の実績も上げていなかったり、仕事のミスが多かったり、責任感がなかったりという本人に問題があるケースもむしろ多いです。そのままの状態で転職しようとしてもアピールできるキャリアがありません。実績のない状態での転職の場合は給与などの条件を落としての転職となります。

転職で失敗しやすい人の特徴は?

26867226 930805120431187 4146848906346496000 n
toda.counselingさんの投稿

転職活動を同じ期間行っていても転職してより条件のいい会社に就職できる人と、前の会社より条件の悪いところにしか就職できない人とは明確に分かれます。そこには客観的に見た場合に明らかな違いがあるからです。そのため転職に失敗しやすい人の特徴はどのようなものかあらかじめ知っておくことも大切です。

退職理由が曖昧な人は転職しても失敗しやすい

転職しても失敗に終わる可能性が高い人は、退職理由が曖昧という特徴があります。例えばいまの職場に強い不満はないけど、なんとなくもっといい環境で働きたい、十分生活はできているけどもっと高い給料が欲しいなどの理由で転職しても、まず上手くいきません。下手をすれば退職してそのまま長く無職になってしまう可能性もあります。

26864238 1767276706912500 4483658124279939072 n
inakintonyさんの投稿

転職先が決まらず、無職の期間が長くなるにつれてプレッシャーやストレスも大きくなります。そうすると条件が悪くても無職よりまし、と考えて前職よりも年収を下げて転職先を決めてしまいます。確かに無職よりはましでも前職より年収が下がれば、やはり転職したことそのものを後悔することになります。明確な理由もなく辞めなければよかったと思います。

26866387 558269411198383 7764772534356017152 n
inakintonyさんの投稿

逆に明確な退職理由がある場合は、転職先の条件が前職より悪くても後悔にはつながりません。例えば本当に仕事で長時間労働の強要や上司のパワハラでうつ病になったり体調を崩したりして退職した場合、退職するだけの強い理由があります。その場合は次の職場がまたうつ病になるほど酷くなければ、転職を後悔することはないでしょう。

転職を成功させたり後悔しないようにするためには、明確な退職の理由は必ず必要です。今の会社ではできないことをやりたいとか、自分のこれまでのキャリアを活かしてこういう仕事がしたい、などの積極的な理由がキャリアアップのための転職には特に必要となります。なぜなら退職の理由が転職の目的にそのまま繋がっているからです。

失敗する転職をした人は目的が曖昧

上記の退職理由が曖昧という特徴と併せて、転職に失敗しやすい人は転職の目的も曖昧です。前の会社を退職してどうしてもこの仕事がやりたいという強い動機がない場合が多いといえます。そのため転職先を選ぶにあたっても明確な条件が自分の中で定まっていません。なんとなく似たような職種の会社を探して、採用されたら入社するだけです。

27576836 168070993818307 6146415727508193280 n
mini_sapporo_officialさんの投稿

こういった例が失敗に終わりやすいのは、その場合の転職で多くの場合、年収ダウンなどの前職より条件の悪い会社に就職して後悔することになるからです。まれに前職の条件が同業他社と比べてあまりにも低すぎて、結果として年収アップになる例もありますが、むしろ例外的なことです。

逆に転職する目的が明確な人は会社としてはぜひ採用したい人ということになります。面接の際などに入社してから自分のやりたい仕事やこれまでのキャリアからそれが可能かどうかを明確に話せる人です。こういった人はお互いの条件さえ合えば会社としては雇用しない理由がありません。

また業種によっては将来独立して、自分の会社を持つために学びたい、という理由が歓迎される場合もあります。将来的に自分で会社を経営するほど仕事に対するバイタリティーのある人は、会社としてはたとえ制限時間付きでも採用したくなるものです。上手くすればずっと会社に残る可能性があることも人事担当者は知っています。

実績のない人の転職は失敗しやすい

26869118 289051221623273 3004635068741189632 n
kuniichi921さんの投稿

20代で転職する場合は、30代以上の転職となると実績が何もない状態での転職は失敗に終わりやすいといえるでしょう。実績とはただ5年間仕事を続けました、10年間休まずに出勤しましたというものではありません。例えばマネージメント経験があって売り上げを何%上げたとか、専門分野についての知識や技術を身につけている、管理職経験があるなどです。

26868499 842633015900485 1338558946146779136 n
tipsnosealomastickさんの投稿

こういった実績の全くない状態で転職するくらいであれば、今の会社に止まった方が年収的には高くなるでしょう。転職で年収を上げることができるのは明確な実績があって、それを今の会社ではできないことに活かそうという目的のある人です。ただ仕事を続けているだけで一定の評価をしてくれるのは、その勤めている会社だけです。

焦って転職先を決めるのは失敗のもと

27575620 1828701273842034 8317223663560556544 n
bo_mina_kさんの投稿

せっかく実績も目的も明確にもかかわらず、転職して失敗したり後悔したりするケースもあります。それは転職活動のときに自己PRが上手くできず、なかなか再就職が決まらなくて最終的に無職なるくらいならと、適当に内定が出た会社に就職してしまう人です。こういった例は意外と多くあります。

そういった人の特徴は真面目で家族がいたりする場合も多くあります。そのため長期間の転職活動で無職の状態が続くことに我慢ができなかったり、家族に迷惑や心配をかけないように手ごろなところで就職を決めてしまうのです。そうしたケースでは結局転職しても年収は上がらず、後で後悔することになります。

転職に失敗しないためにやるべきこと

26871706 1475711572528247 6863298425509642240 n
yukidaruma_2018さんの投稿

上記のように転職に失敗しやすい人や失敗に終わる転職の例にはいくつもの特徴があります。そのためそういった事例から今度は、転職に失敗しないためにやるべきことについて紹介していきます。転職に失敗しないためには軽い気持ちで転職するのではなく、相当の準備が必要になります。

失敗のない転職のためには長期化も覚悟

26873050 2156330917986896 1345147829705768960 n
infi.kobaさんの投稿

どうしても転職を成功させたい場合は、転職活動の長期化も覚悟しておきましょう。特に30代を超えての転職となると、場合によっては何十社応募しても採用にならなかったり、採用されても条件の悪い会社ばかりだったというケースがあります。そういった場合に転職活動が長期化することに備えた準備ができていないと、焦って適当に就職してしまいます。

26872961 144659952882025 8795055834850656256 n
drugさんの投稿

転職活動が長引くことに対する準備には様々なものがあります。例えば十分な貯金を準備しておくことは必要なことでしょう。退職して無職になってしまえば、当然生活費は貯金から出すしかありません。他にも雇用保険の手続きをおこなって、失業手当を受給することも必須です。また生活費を抑えることで、多少の期間無職でも生活できる方法もあります。

27892669 1563381577070859 74519447817158656 n
mari.15.loveさんの投稿

転職活動とは実際に履歴書や職務経歴書を書いて沢山の企業に送り、面接や採用試験を受け続けることだけではありません。転職活動中は無職になることを覚悟して、その間の生活をどう賄うかをきちんと考え、準備しておくことも重要な転職活動の一環です。

また転職先がなかなか決まらないことはそれ自体がストレスのもとになり、それによってだんだん仕事をやる気がなくなったり、うつ病になったりする人もいます。それでも30代以上の転職活動が長引く可能性は常にあります。精神的にも長期化することを覚悟しておいて、長期化してもうつ病などにならないようにしなければなりません。

Thumb転職活動の準備や期間はどれくらいかかる?やるべきことも紹介!

職種を変える転職は失敗しやすい

26870196 2029661237282822 8750545959185809408 n
shingeki_0521さんの投稿

転職を失敗しないためには業種や職種を変えるような転職はしない方が無難です。少なくとも職種はあまり大きく変更しない方がいいでしょう。そうしないとこれまでのキャリアや実績を全く活かせない可能性も出てきます。特に30代を超えての職種の変更は年収を大きく下げる結果になると思って間違いありません。

26868391 1650089341752588 42087033073565696 n
bontenmaru.tさんの投稿

しかし年収だけが転職の成功、失敗を決めるものではなく、たとえ年収が大幅に下がっても自分のやりたい仕事をやることが転職の成功でもあります。そのため本当にやりたい仕事で収入が減っても後悔がないなら、むしろ積極的に業種や職種の変更にもチャレンジするべきでしょう。その場合は失敗したらまた元のキャリアを活かして転職するという方法もあります。

転職で失敗しないためにはキャリアの整理が必須

転職で失敗しないために必須なのは、これまでの自分のキャリアをきちんと整理することです。キャリアの整理とはこれまで自分が行ってきた仕事での実績や経験をまとめることです。転職活動において有利になりやすいキャリアはまず管理職やマネージメントの経験があることです。こういった経験のある人はそれだけで前の会社に期待され、重用されていた証となります。

管理職やマネージメントは職歴が長ければ誰にでもできるというものではありません。いくら長く勤務していても、責任感がなかったり、リーダーシップがない、コミュニケーション能力がない、単純に仕事のミスが多いなど一つでも大きく欠けているものがあれば普通は任せられません。つまり管理職やマネージメント経験があるだけで仕事ができるとみなされやすいのです。

他に転職活動の有利になる実績は、専門分野での実務経験、広い人脈、専門分野に関わる知識や技術を習得しているなどです。営業での売り上げなど数字に直結していて、成果を示しやすい業績もあると転職では有利になります。こういった自分のこれまでのキャリアをきちんと整理し、職務経歴書や面接でアピールすることが転職を成功させるポイントです。

希望条件は明確に!転職に失敗しないために

27576894 545989922424181 6120694096085385216 n
y_u_i_555さんの投稿

キャリアの整理と並んで大切なのが、自分の仕事に対する志向の整理です。志向とは自分がなぜ転職したのか、どんな仕事がやりたいのか、年収や待遇はどれくらいを希望するのか、といった自分自身の仕事に対する希望のことです。これが明確でないとせっかく高いキャリアを持っていてもそれを活かすことができません。

実際に客観的には高いキャリアを持っているにも関わらず、本人に欲がないという言うか志向が明確でないために、条件のそれほどよくない会社に就職してしまう例は意外と多いものです。確かに無理に年収を上げずにストレスの少ない職場で働きたい場合もあるので、単純にキャリアアップだけが転職の志向ではありませんが、自分で志向が明確でないのはもったいなく感じます。

Thumb転職を決めたきっかけとは?退職を決意した理由を徹底調査!

年収減が転職の失敗とは限らない

27879367 166002400690601 25699898888290304 n
koyama__shunさんの投稿

これまでにも何度か述べているように、年収アップだけが転職の成功ではありません。そのため年収減が転職の失敗とも限りません。年収を減らしてでも転職した理由がはっきりしていて、それを満たしていれば成功といえます。そして年収減を失敗と感じないためには、あらかじめ自分の生活レベルや生活スタイルを見直しておくことも必要です。

26865753 1804614726237398 4741101955810590720 n
yukidaruma_2018さんの投稿

いくら仕事内容に満足していても、生活に負担を感じるようでは結局転職を後悔して、失敗と感じるようになってしまいます。そのため年収減を覚悟して転職に取り組む場合は、同時に生活費を抑えることにも取り組みましょう。転職して引っ越しをする場合などで家賃をより安いところに変更するなどの節約する工夫は必要になります。

転職理由に否定的なことはいわない

27573754 1562166820557947 1993375634394447872 n
piroshi315さんの投稿

転職を成功させるには面接の際に必ず聞かれる前職の退職理由や転職の理由に、否定的なことは言わないことです。例えば前の会社で上司と仲が悪かったからとか、前職の待遇が不満だったなどです。こういった理由を退職理由にすると人事担当者はまた同じ理由で辞めるだろうと考えます。退職理由は新しいことに挑戦したいなどの前向きなものにしましょう。

26872640 1510250045762975 260523782643384320 n
makistagram__._さんの投稿

それに前職での仕事でストレスが多すぎてうつ病になったり体調を崩したりしていた場合も、それが健康診断での結果に直接でる状態でないなら、話さない方がよいでしょう。うつ病は一度なると何度も繰り返すのが特徴です。そのため過去にうつ病になった人は正直に話してもマイナスにしかなりません。不要なことは話さないようにした方が賢明です。

失敗しないために転職先の会社はよく調べよう

26869335 452343008497019 4076473354645667840 n
motoko_tamakiさんの投稿

転職先の会社をよく調べていないと、年収はよくても長時間労働でうつ病になってしまったり、人間関係が悪いことが理由で再び退職して無職になってしまうなど、様々なリスクがあります。特に30代以上になって転職で失敗してうつ病になったり、体調を崩したりすることは再就職をより遅らせるだけなので避けたいものです。

そのため転職するにあたってその会社についてできるだけのことは調べましょう。例えば平均勤続年数や離職率、平均年齢なども目安になります。平均勤続年数や離職率が高い会社がよくないことは言うまでもありませんが、あまりにも平均年齢が低い場合も注意しましょう。仕事内容がきつくて若い人しか残らないという可能性もあります。

27877998 146886576029861 5676755693571407872 n
secret_yebin_さんの投稿

できればその会社に勤めている人から話を聞くことが一番でしょう。しかし多くの場合都合よく知り合いやつてがあるわけもないでしょう。その場合でもせめてネットでの評判くらいは調べるようにしましょう。転職サイトなどでは会社の社員が評判を投稿している場合も多くあります。

入社前の契約書の確認は絶対に行うこと

26266292 177367906347033 1676410333599629312 n
asataka560617さんの投稿

そして転職を失敗しないためには最終的には契約書の内容をしっかり確認することです。契約書の内容は面倒なことが沢山書いてあって読んだことがないという人もいるでしょう。しかし勤務するにあたっての労働条件や給与は契約書によって決まるものです。その内容が面接のときと違っていたとしても、契約してからではどうしようもありません。

契約書の内容に納得がいかなくても、また無職になるくらいならと契約してしまう人もいます。しかし納得できないまま契約して、後で後悔して退職することで無職なるのと、契約前の段階で無職のままでいることは転職市場では大きく価値が違ってきます。一端就職してからまた無職になった場合は、それだけ転職回数が増えて、再就職に不利に働くだけです。

Thumb転職回数が多い人は不利になる?採用されるためのポイントを調査!

失敗しない転職の基本は自己PR

26864206 180088842763789 6456144669834215424 n
hiroshi.1226さんの投稿

転職を失敗しないためには様々なポイントがありますが、最終的には自分のいかに魅力的な人材としてアピールできるかどうかが全てです。それが適切に行えれば自分の条件に合う会社に転職しやすくなります。上に書いたキャリアの整理と併せて、自分のキャリアを効果的にアピールする方法は身につけておきましょう。

26869502 1966089490310887 8966215542931193856 n
hikosaburo5570さんの投稿

自分のキャリアを効果的にアピールするためには、自分の経歴や職歴、経験や実績を箇条書きにして並べてもアピールになりません。自分が仕事で経験してきた点を具体的に書いたり話したりすることが肝心です。具体的にというのは転職での自己PRにおいては、自分が工夫した点や苦労した点、努力して克服した点などを重点的にアピールすることです。

27574485 151358235660212 230843539993395200 n
p19851020さんの投稿

企業の人事担当者には様々な経歴を持った人がいますが、基本的には他の部門での実績の高い人や実務経験の豊富な人が人事を担当します。そのため人事担当者はそれだけ自分の仕事でも様々な面で苦労していたり、工夫して実績を伸ばしてきたり、努力してきた人が多いのです。だからこそそういったアピールには共感して貰いやすく、評価も高くなります。

Thumb転職の面接でよくある質問まとめ!志望動機や退職理由など回答例も紹介!

後悔のない転職のためにやるべきこと

26864414 1128750067261963 2217001232738811904 n
8787changさんの投稿

転職で失敗しないために気を付けるポイントや、やるべき事についてまとめました。転職で失敗しないためにはきちんと退職理由や転職の目的を明確にして、自分が納得できる就職先を時間をかけてでも探すことです。加えて自分のキャリアを整理して適切にアピールできるようにしましょう。必ず自分の納得できる、後悔のない会社に転職できるはずです。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ