自動車保険は年齢条件付けるのもおすすめ!特約を使い保険料を節約!

自動車保険をもっと節約出来ないかとお考えの方は多いと思います。年齢条件とは自動車保険料をとても安くするためのポイントの1つです。ここでは自動車保険の節約方法と年齢別に特約を使っての保険料節約方法を徹底的に解説していきます。

自動車保険は年齢条件付けるのもおすすめ!特約を使い保険料を節約!のイメージ

目次

  1. 自動車保険の年齢条件とは
  2. 自動車保険の年齢条件を使って節約する方法
  3. 自動車保険年齢21歳以上補償
  4. 自動車保険年齢26歳以上補償
  5. 自動車保険年齢30歳以上補償
  6. 自動車保険年齢35歳以上補償
  7. 年齢条件の範囲外でも補償される人がいる
  8. 自動車保険の等級を使って節約する
  9. 同居の家族間で等級を引き継ぐ
  10. 自動車保険は代理店型からダイレクト型へ
  11. 自動車保険は車両保険を見直し、節約する
  12. 自動車保険は使用目的や年間走行距離を見直す
  13. 値引きや特約が使える保険会社に乗り換える
  14. 自動車保険の特約とは
  15. 自動車保険の弁護士費用特約
  16. 自動車保険の対物超過修理費特約
  17. 自動車保険の年齢条件と特約

自動車保険の年齢条件とは

26868257 553276875025096 389224388928471040 n
kazuo.takahashi914さんの投稿

自動車保険の割り引かれる基準は事故歴により左右されるほか、等級などで変わります。また、割り引かれる基準の1つに年齢条件があります。年齢条件とは、運転者の年齢で分けることで保険料を一定金額割引を受けられます。ここでは年齢条件や等級制度を年齢別で詳しく解説していきます。

自動車保険の年齢条件を使って節約する方法

23498278 384596438635812 6834916396854411264 n
kazu5353さんの投稿

たくさんの種類がある自動車保険ですが、その中でどのように工夫をすると自動車保険料を節約できるのか。ここでは自動車保険料を節約する方法について徹底的に解説していきます。

運転者と年齢の限定

22637576 1439331739514888 7198002018546352128 n
sachi.no_sukeさんの投稿

運転する人や年齢を限定すれば、一定金額保険料が額割り引かれるので節約が可能です。運転者限定と年齢条件の設定の仕方によっては、補償対象外の人も出てくる可能性もあるので、十分に注意が必要です。例えば、同居している未婚の子供が運転免許を取ったあとに親の自動車を運転するというケースで見ていきます。

利用実態の確認

27577310 143548543008194 5624055839259099136 n
shinya2910さんの投稿

その場合に記名被保険者の自動車保険が本人・配偶者限定だったり、夫婦の片方の年齢に合わせた年齢条件が設定されていた場合、その子供が何らかの事故などを起こした場合に補償が適応されない場合や補償が限定的になる可能性があります。必ず利用実態に合った補償かどうかを確認しましょう。

自動車保険年齢21歳以上補償

27580546 431527953932090 5976541627693400064 n
manhnguyen.7.7.17さんの投稿

10代の頃と比べると幾分安くなったとはいえまだまだ高い保険料。これは若者が支払うにはなかなかの重荷となります。そこで少しでも保険料を節約するためのポイントをご紹介します。

年齢21歳~25歳までの保険料

保険料を決定する条件としてすべての車種には車両料率クラスというものが設定されています。これは車のリスクを表す数字で高いほど事故のリスクが高いことを示しています。また、事故を起こしやすい車種、事故被害が大きくなりやすい車種、車両価格が高い車種、盗難被害に遭いやすい車種の車両料率クラスは高くなり保険料も高くなる傾向にあります。

中古車を活用する

27878002 1373090129462933 9061443626537582592 n
carboy_okinawaさんの投稿

逆に型落ちしたコンパクトカーの中古車などは車両料率クラスが低く保険料も安くなります。20代前半で車を購入する際には、新車ではなく中古車を選択するのも一つの手でしょう。中古車は車両保険を付帯する必要も薄くなるためさらに保険料を割安にすることが可能です。

自動車保険年齢26歳以上補償

18950419 1906935976246763 2704409085154951168 n
maoto777さんの投稿

20代後半で自動車保険を加入する際の基本的な考え方は、未成年者が加入する場合と同様です。ただし、26歳になると年齢条件に26歳以上補償を付帯することが可能になるため、20代前半に比べて保険料が安くなります。20代後半の自動車保険について詳しく見ていきましょう。

年齢26歳~29歳までの保険料

27576263 884107615103885 4657297226786144256 n
nagaiyumemiyu.0411さんの投稿

未成年者の場合と保険料を比べてみるとかなり安くなってきますので、その分を車両保険の充実に充てる方法がおすすめです。ただし、フル補償の車両保険を付帯させるのではなく車同士の事故や洪水など比較的発生しやすい被害のみ補償する限定タイプの車両保険の付帯がおすすめです。そうすれば、保険料を抑え充実した保険サービスを受ける事が可能です。

年齢が上がると事故率は下がる

21577287 1783808861692364 5372234536530739200 n
autoplanetnagoyaさんの投稿

20代後半も事故を起こさないで等級を昇級させることが重要な年代となります。20代後半は、未成年や20代前半に比べて運転技術が向上する上に、無謀運転を行うことが少なくなりますから事故率は下がります。自動車保険の節約という観点から各種の条件を見直すことも大切ですが無事故の保険期間を継続して等級を昇級させることも重要なのです。

自動車保険年齢30歳以上補償

26869594 399551363830807 2103244058922057728 n
toshizow86さんの投稿

長い間に継続して自動車保険を加入している人が31歳になった時にその加入されている期間に事故などを起こしていなければ6等級からとても昇級していることです。その時に基本保険料は30%から50%ほどの割引が適用されて保険料が安くなっているはずです。ここでは30歳以上補償の特約や、30歳以上の自動車保険について解説していきます。

年齢30歳~34歳の保険料

30代前半は、過去に事故を起こしたかどうかで保険料が変わります。事故歴が多くて等級が低い方の場合、事故歴の状況になどで、保険内容を見直しが必要なこともあります。交通事故を何度か起こして等級が全然上がらない時には、今乗っている自動車の車種のグレードや補償内容を引き下げることを考えることが必要です。

等級を一番に考える

26868817 176801866381411 6568469175705010176 n
yuki.matsuo6261さんの投稿

この年代は、これからも長い期間に渡り自動車を使いますので、ノンフリート等級の昇級がとても大事な時期です。よってあまり費用のかからない事故の場合には保険を使わないなどの対処をして等級を昇級させることを優先に考える必要があります。

自動車保険年齢35歳以上補償

30代後半は、統計的にいって交通事故の一番少ない年齢です。したがってこの年代は自動車保険料がもっとも安くなる時期となります。また35歳以上補償の特約も付けれるため、さらに保険料が割安になります。そんな35歳以上の自動車保険について見ていきましょう。

年齢35歳以上の保険料

26340620 862734420567701 8788748722621120512 n
miyucchi55jさんの投稿

長い間持続して自動車保険に加入をしていて、その間が無事故ならノンフリート等級がとても昇級していると思います。ノンフリート等級が高ければ基本保険料に対し、約60%の割引を受けることが可能になります。前よりも下がった保険料で車両保険の補償内容の見直したり搭乗者傷害保険を充実させることをおすすめします。

安い保険料で視野が増える

もちろん、補償内容の充実を行わず、低額の保険料のメリットを直接享受するという方法もあります。いずれにしても、保険料が安いということはさまざまな選択の可能性がうまれるのです。

年齢条件の範囲外でも補償される人がいる

27574767 2525551064337056 5940065385276506112 n
oshima_aiさんの投稿

年齢条件の範囲の設定の仕方は使用者を誰に限定するのかで変わります。使用者を【運転者本人または配偶者まで】に限定した場合はその本人・配偶者の若い方に年齢条件を合わせます。運転者を【家族、同居の親族や別居の未婚の子供】に設定(運転者家族限定)を限定しない(運転者限定なし)の時は親族の一番若い人に年齢条件を合わせます。

これは、別の視点からで見ると別居している未婚の子供や知り合い、友達が使用する時は年齢条件に関わらず補償されるということです。(使用者の限定の範囲には加入している)別居している子供が夏休みなどに帰省した時に自動車などを運転する際、その子の年齢は無視して年齢条件を設定することが可能です。

自動車保険の等級を使って節約する

自動車保険でよく耳にするのが等級制度。実際に等級制度でどの程度節約出来るのかを解説していきます。自動車保険に入る方は6等級から始まり無事故(事故を起こしても保険金を使用しない)を継続することで7等級と等級が上がっていきます。等級が昇級するごとに保険料の割引率も上昇し一番高いランクの20等級では63%の割引が受けることが可能です。

事故を起こしてしまい保険金のお支払いを受けてしまうと等級は1回で3等級下がり、3年間は事故あり等級として厳しい割引率(または増額)が適用されます。また、一番低いランクの1等級まで落ちてしまうと、保険会社によっては自動車保険の更新を受け付けないケースも出てきてしまうので、等級管理はしっかりと行うべきです。

また、等級は契約している保険会社を変えても引き継がれます。例えば、東京海上日動からソニー損保に自動車保険を乗り換えても、東京海上日動で契約していたその時の等級がそのままソニー損保に引き継がれますので、割引率を維持することが可能となっています。

同居の家族間で等級を引き継ぐ

若い時はとても多額な自動車保険。ですが家族間で等級を引き継ぐことによって保険料を安く抑える事ができます。等級の引継ぎについて見ていきましょう。例えば父親の20等級を息子に引き継いで息子の保険料を下げるという使い方が出来ます。若いうちほど保険料は高くなるので、20等級を息子に引き継ぎ父親は6等級から契約し直すという方法もあります。

等級の引継ぎの具体的な手順につきましては、保険会社に等級を引き継ぎたいと相談すればアドバイスしてもらえますので、それに従えば簡単に等級の引継ぎ手続きが可能となっています。

自動車保険は代理店型からダイレクト型へ

26065775 262803194255045 9041195389767647232 n
renyaharutoyuuさんの投稿

補償内容を大きく変えずに保険料を節約したいと考えているなら、ダイレクト型(通販型)自動車保険への乗り換えという手があります。この方法は、ディーラーや整備工場、代理店などで(代理店型)の自動車保険に入ったという人に効果的なので、代理店型の人は要チェックです。

22580347 449239748805996 587839001138823168 n
hps1956さんの投稿

インターネットや電話などで直接保険会社と契約をするダイレクト型自動車保険は代理店の運営に必要な経費や人件費を抑えれる分、保険料が安いのが一般的です。乗り換えるだけで数万円も保険料が安くなるケースがあります。ただしダイレクト型では代理店のように補償内容を担当者と相談して決める事が出来ないため、事前に情報収集を行う必要があります。

自動車保険は車両保険を見直し、節約する

17933907 303321493424818 1383049661962518528 n
te.pitchさんの投稿

ディーラーで車の購入と同時に自動車保険に加入した場合、車両保険をつけていることが多いです。車両保険は保険料を大きく左右するものなので、しっかりと見直しましょう。ここでは車両保険について詳しく解説していきます。

26357511 984057331769757 7764134963640795136 n
car_hokencreateさんの投稿

例えば、事故を起こして車両保険を使うと、次契約以降の保険料が大幅に高くなるので10万円程度の修理費であれば、保険を使わずに自腹で修理をしたほうが経済的な場合もあります。それなりの年数を乗っていて修理費が安ければ自腹で修理、修理費が高額であれば乗り換えると割り切るのであれば、車両保険を外すのも一つの方法になります。

また、車両保険を付けたままで節約をしたいのなら【免責金額】の設定をおすすめします。免責金額とは車両保険で車を修理する際の自己負担額のことです。1回目は50000円、2回目は100000円といった形で設定します。免責金額を設定することで1000円から10000円程度節約できることが多いです。

自動車保険は使用目的や年間走行距離を見直す

ライフスタイルの変化によって、車に乗る目的や回数が変わった場合も自動車保険を節約するチャンスです。例えば、車を通勤で使わなくなったといったケースでは、自動車保険加入時に申告する、使用目的や年間走行距離を見直すと保険料の節約につながります。ここでは使用目的と年間走行距離の関係について解説していきます。

26865883 846005458893552 4419191481210765312 n
tsuchi8aさんの投稿

使用目的は日常、レジャーや通勤、通学や業務の3種類に分類され、使用頻度の低い日常、レジャーが最も保険料が安く、業務が最も高くなります。車を使う目的や回数が変われば年間走行距離も変化するはずです。走行距離が短いと割安になる自動車保険もあります。またこちらでは自動車保険を年代別や車両別に解説しているので是非参考にしてください。

Thumb自動車保険の相場ってどのくらい?年代別や車両別などケース毎に解説!

値引きや特約が使える保険会社に乗り換える

27575799 1809676129070995 2551298070897754112 n
ikuko5122さんの投稿

自動車保険には、記名被保険者がゴールド免許を持っていると保険料が安くなる、ゴールド免許割引や年式が新しい車の保険料を割り引く、新車割引また、ハイブリッドカーや電気自動車の保険料が安くなる、エコカー割引などさまざまな割引があります。ここでは割引制度について詳しく解説していきます。

ゴールド免許割引は保険開始日時点で記名被保険者の免許の色がゴールドである時に保険料が割り引かれる制度となっています。またエコカー割引は保険会社が指定したエコカーで自動車保険に加入すると保険料が割り引かれる制度です。また新車割引とは加入車両の初度登録年月(初度検査年月)が保険会社の指定した期間内にある場合保険料が割り引かれます。

自動車保険の特約とは

26279440 161756734445983 3865504174519091200 n
ayumi.maruoさんの投稿

基本補償とは違い、自動車保険の特約とは何を示すのでしょうか。まず自動車保険とは対人賠償保険、対物賠償保険、車両保険などの複数の保険が基本補償と、それに追加的な補償サービスである特約で構成されています。ここでは自動車保険の特約について解説していきます。

特約には弁護士費用の補償、レンタカー費用の補償、所持品の補償、ファミリーバイク特約、等級プロテクト、形成手術費用の補償、ペット治療費の補償と色々な特約が存在します。これは、自動車保険の基本補償はどこも同じ内容で差があまりないため、特約をアレンジして色々なケールを作り個性を主張、利益の増額を目当てにしていました。

17438072 269025476873582 9221926896323788800 n
sitamachi_bar_nanairoさんの投稿

しかし、特約を作りすぎたことは保険の複雑化を招き、契約者が理解できない、不払いが増加するなどの問題が深刻化しました。

自動車保険の弁護士費用特約

契約者が運転をしていて事故を起こすと、基本的には損保会社が相手方との交渉にあたります。しかし、事故が起きても損保会社が相手方と交渉してくれないケースというのも存在します。それが【もらい事故】の場合です。そんな時に使える特約が弁護士費用の特約です。ここではその弁護士費用の特約について解説していきます。

信号待ちで停車していたところに後ろから追突された場合はもらい事故になります。なぜもらい事故で損保会社が動いてくれないのか。それは100%被害者側であるために損保会社は保険金を支払う必要がない事故の当事者ではないからです。そんな時に弁護士費用の特約に加入していれば事故が起きた時弁護士に代理交渉を頼むことが可能です。

特約料は年間で1000円から2000円程度ですので、法律や事故解決に自信のない方には特に必要な特約となっています。

自動車保険の対物超過修理費特約

例えば私たちがもらい事故にあって車の修理費が50万かかった場合、通常であれば相手方の入っている損保会社から50万円支払われます。しかし、場合によっては30万円しか支払われないケースもあります。それはその車の時価額が30万と査定された場合です。そんな時に役立つのがこの対物超過修理費特約です。

修理費が時価額を上回ったケースを経済全損といい、法律的には時価額の補償で良いこととなっているのです。そんな時に対物超過修理費特約があれば時価額プラス50万円まで賠償額を上乗せすることができ、トラブル回避に役立ちます。この特約も保険料は100円から2000円程度ですのでつけておきたいところです。

自動車保険の年齢条件と特約

自動車保険は年齢条件と特約を詳しく理解することでとても大きな額を節約することができます。年齢条件は21歳以上補償、26歳以上補償、30歳以上補償を付けて保険料を抑え、特約は色々ある中で必要な特約だけを付けるということが大切といえます。正しい知識を付けて保険料は出来る限り節約するようにしましょう。

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ