個人年金保険ランキング!利率や戻り率の高いおすすめプランを調査!

誰もが長生きする時代、老後に備えて加入しておきたいのが個人年金保険です。利率や戻り率が高いプランのランキングが知りたい!生命保険との違いは何なのか?個人年金保険を決めるポイントは?各社の個人年金保険をランキングで解説します。

個人年金保険ランキング!利率や戻り率の高いおすすめプランを調査!のイメージ

目次

  1. 個人年金保険の総合ランキングは?
  2. 総合ランキング第7位:第一生命「しあわせ物語」
  3. 第一生命の利率と戻り率
  4. 総合ランキング第6位:ソニー損保「変額個人年金保険」
  5. ソニー損保の利率・戻り率
  6. 総合ランキング第5位:日本生命「みらいのカタチ」年金保険
  7. 日本生命の利率・戻り率
  8. 総合ランキング第4位マニュライフ生命:「こだわり個人年金(外貨建て)」
  9. マニュライフ生命の利率・戻り率
  10. 総合ランキング第3位:三井住友海上あいおい生命「&LIFE 個人年金保険」
  11. 三井住友海上あいおい生命の利率・戻り率
  12. 総合ランキング第2位:住友生命「たのしみ生命」
  13. 住友生命の利率・戻り率
  14. 総合ランキング第1位:明治安田生命「年金かけはし」
  15. 明治安田生命の利率・戻り率
  16. ランキング番外編・個人年金保険と生命保険の違い
  17. 生命保険とは何か
  18. 生命保険の加入プランの種類
  19. ランキング番外編・個人年金保険と確定拠出年金
  20. 個人年金保険よりも確定拠出年金の方がお得?
  21. 個人年金保険は比較が重要

個人年金保険の総合ランキングは?

18947672 1987046224862382 4040062095083962368 n
shy_kakeiさんの投稿

誰もが100年生きる時代もそう遠くないと言われる現代で、しっかり備えておきたいのが保険です。国民年金や厚生年金だけでは今の日本の税金では老後の資産は到底賄えないのが現実です。しかし一言に保険といっても種類はたくさんありますし、選択肢の絞り方が分からない人も多いはずです。そんな方の為に今回は個人年金保険のランキングをご紹介します。

総合ランキング第7位:第一生命「しあわせ物語」

25039426 171035383505316 6581732885118582784 n
heeeb.uさんの投稿

第一生命の「しあわせ物語」は0歳〜80歳までの方が契約でき、医師の診査が不要、5年ごとに配当がつく個人年金保険になっています。払い込み期間と受け取り期間を選択でき、年金保険以外にも学資金として運用することも可能です。毎月の払い込み金額を変更することができるメリットもあります。年金額を確定させることで計画的な積立もできる保険です。

ランキング7位は柔軟な運用手段

23596140 761074107416150 2716457451967741952 n
po.yo.oさんの投稿

年金受け取り期間も60歳、65歳、75歳と選択でき、全体的に柔軟な契約ができる保険となっています。保険料が所定の金額を超えるごとに保険料の金額に対する年金受け取り額が上がるという特徴もあります。また第一生命には「ながいき物語」という高齢者のに特化した個人年金保険プランもあり、長生きすればするほどお得になる仕組みになっています。

第一生命の利率と戻り率

21042836 875466335935431 1840570262894936064 n
hoken.hmrさんの投稿

第一生命の「しあわせ物語」は30歳で契約、60歳満了でシュミレーションすると105%を切る数字となりランキング上位の保険と比較すると魅力的ではありません。「ながいき物語」はシニア向けの商品ですが、保険払い込み期間が長ければ長いほど利率は高い数字となり、100歳まで生きれば160%を超えてきます。

Thumb第一生命の個人年金保険はおすすめ?利率や特徴を他社と比較しながら解説!

総合ランキング第6位:ソニー損保「変額個人年金保険」

13381298 1549576402014610 1569550537 n
toshi0565さんの投稿

ソニー損保の「変額個人年金保険」は特別勘定の資産運用実績によって年金額が増減する変動型の個人年金保険です。特別勘定とは、保険会社が、変額個人年金保険にかかる資産を他の種類の保険とは区別して、独立的に運用を行う勘定のことです。契約する際に運用方針の違う8種類の特別勘定の中から1つもしくは複数を選択して利益が出れば受け取れます。

安定運用で利益も期待できランキング6位に

13703117 620136244817124 1275007288 n
erika_karataさんの投稿

それぞれの特別勘定は国内外の株式や債券など8種類それぞれ特徴があります。長期的に運用され、リスクは軽減され安定的に利益が見込まれます。ただし経済状況や運用方法次第では年金額が基本年金額を下回るというリスクもあります。契約の際は運用先について十分理解しておくこが大切です。受け取り期間は5年、10年、15年から選ぶことができます。

ソニー損保の利率・戻り率

10251495 333618460155418 81709239 n
hosiyaaさんの投稿

ソニー損保の場合も運用の状況によって戻り率は変化するので具体的な数字は出しづらいですが、万が一運用が予定していた利率を下回る場合でも最低水準は保証されています。ですが利率の安定性を重視して保険を選びたいならばブラフに波のない、変動型でないタイプの保険をおすすめします。

総合ランキング第5位:日本生命「みらいのカタチ」年金保険

日本生命の「みらいのカタチ年金保険」では7歳〜65歳までの年齢で加入が可能で、確定年金を5年、10年、15年から選択でき、年金受け取り開始時に年金の種類を10年保証期間付き終身保険へ変更したり、受け取り期間を変更したりできます。3大疾病などになった場合に保険料の払い込みが免除になる保険料払込免除特約を保険に付加することもできます。

個人年金保険以外の保険を組み合わせて質の高いプランに

この「みらいのカタチ」は日本生命の掲げる様々な保険プランの総称で、個人年金保険はそのうちの一つということになります。ですので日本生命は個人年金保険の他に医療保険や定期保険など自由に選んで組み合わせることができる12種類の保険を用意しており、様々な保険から性別や年齢に合ったプランを総合的に見て最適な契約をすることも可能です。

日本生命の利率・戻り率

26223534 1640965729296293 8652146832505307136 n
nuts_icubeさんの投稿

日本生命で高い戻り率を出すことはできるでしょうか。30歳契約開始、60歳満了で60歳に受け取り開始なら110%を下回る数字がシュミレーションでき、これまでのランキング上位の個人年金保険と比較すると少し劣る点はあります。個人年金免除特約は付加可能であり、金額設定などに融通が効くという点では評価できます。

Thumb日本生命の個人年金保険とは?利率や配当金などの情報を他社とも比較!

総合ランキング第4位マニュライフ生命:「こだわり個人年金(外貨建て)」

18443161 310053809429621 6246041913460260864 n
hajime.oishi37さんの投稿

マニュライフ生命の「こだわり個人年金(外貨建て)」は外貨建てで安定的かつ柔軟に資産を増やすことができる個人年金保険です。利率が変動する点で懸念されがちですが、マニュライフ生命の個人年金保険なら利率が最低保障1.5%で推移しており、損益を避けることが出来ます。保険料の払い込み停止と再開ができる点もランキング上位の理由です。

マニュライフ生命の個人年金保険なら月額を減額できる

12424908 215682542128328 1745767912 n
naho33nahoさんの投稿

保険料が月額1万円以上の払い込み額なら減額でき、保険契約の時に不安な「この先無理なく支払い続けることができるか」という点を解決します。契約は0歳〜60歳まで可能(払い込み期間と受け取り開始年齢で異なります)、払い込み方法は口座振替とカード払いから選択できます。確定年金なら5年と10年が選べて終身年金なら10年保証期間付きです。

マニュライフ生命の利率・戻り率

マニュライフ生命は外貨建てで一概に戻り率を提示することはできませんが、現在の米ドル換算では多くのシュミレーションではだいたい119%ほどとまずまずの数字になっています。年金受け取り時のドルの為替によって左右されるので判断はしづらいですが、日本円と比較すると高い金利で運用できます。

総合ランキング第3位:三井住友海上あいおい生命「&LIFE 個人年金保険」

三井住友海上あいおい生命の「&LIFE  個人年金保険」は、確定年金にした場合は年金払い込み期間を5年、10年、15年から選択出来ます。大きな特徴は、5年ごとの利差配当がある個人年金保険だということです。利差配当とは年金払い込み期間中に保険会社がお金を運用し、運用に利益が出た場合にプラスで受け取ることができる配当のことになります。

終身保障の個人年金保険でランキング3位に

13397602 1017988668291810 1658634560 n
a_o618さんの投稿

また10年保証期間付き終身保険なら10年間は生存・死亡に関わらず年金の支払いが保証され、保証期間が終われば生涯に渡って保険料を受け取ることができます。ただし一度に貰う支払い額は確定年金の方が多くなります。医師による診査は不要で払い込み方法は口座振替、クレジットカードが利用できることも大きなポイントです。

三井住友海上あいおい生命の利率・戻り率

三井住友海上あいおい生命の戻り率は20代で契約しても110%ほどで、あまり良いとは言えません。ですがクレジットカードでの支払いが可能、5年ごとの利差配当付きとなると一概に他社に劣っているとは言い切れません。また明治安田生命や住友生命と同様に三井住友海上あいおい生命にも個人年金免除特約はありません。

総合ランキング第2位:住友生命「たのしみ生命」

住友生命の「たのしみ未来」は0歳〜75歳までが加入できる保険で医師からの診査も不要です。保険料払い込み期間は19歳〜85歳の10年〜50年までです。ライフプランに合わせ払い込み期間を設定できます。保険料払い込み期間中の死亡保障を抑えることで年金受け取り金額を大きくしています。商品設計が自由で、子供の教育資金としての運用もできます。

幅広い選択肢でランキング上位に

21436032 131660990802776 1164173412684267520 n
izumi_hisashiさんの投稿

さらに据え置き期間を設定でき、保険料を前納することも可能です。保険料払い込み方法は月払い、年2回払い、年1回払い、全期前納と選択ができ、口座振替だけでなくクレジットカード払いも選択できることがランキングが高い理由です。たのしみ未来には学資積立プランがあるなど、幅広い利用方法で老後の備え以外に運用したい方におすすめです。

個人年金保険支払い免除は付加できる

一方住友生命の個人年金保険にも個人年金保険免除特約がありませんが、付加することは可能です。また据え置き期間に死亡した場合は、払い込み保険料金額とその時点での利息が一括で支払われることになるので、結果的に戻り率が下がるということも特記事項です。

住友生命の利率・戻り率

住友生命では「たのしみランク」という仕組みがあり月々の保険料が15000円を超えると戻り率も高くなり、120%を超えることもあります。また払い込み回数の選択肢が豊富ですが、支払い回数はできるだけ少なくすることで、つまり全期前納にすることが最も戻り率が高くなります。15000円以上を払い込みできる方なら住友生命はかなりお得です。

総合ランキング第1位:明治安田生命「年金かけはし」

23594800 872530202911301 7384773301387657216 n
hoken.hmrさんの投稿

ランキング1位は明治安田生命の「年金かけはし」です。20歳〜55歳までの方が加入でき、医師による加入診査は不要で手軽に入会できます。支払い方法は口座振替になります。特徴は保険加入期間中の死亡保険金額を抑えることで支払い年金額を増やす仕組みで、これによって数ある個人年金保険プランの中でも受け取り率の高い保険になっています。

低価格で始められる個人年金保険

26071772 313996689090418 582595902632361984 n
makki_inose_masudaさんの投稿

保険料の払い込み期間は20年〜40年で設定でき、保険払い込み期間が満了した後は年金受け取り開始までの据え置き期間を1年〜5年で設定することができる保険です。また保険料払い込み期間が35年以上の契約の場合は月額6千円から始めることができ、受け取り金額は契約時に確定します。収入が少ない若い世代でも利用しやすい保険です。

明治安田生命の利率・戻り率

30歳に契約し60歳で払い込み満了、65歳で受け取りを開始とした場合、月額保険料10000円で戻り率は123%となっています。戻り率が120%以上の会社はそれほどなく、他社と比較しても高いです。戻り率の良さもランキング1位の要因です。20代、30代、40代、50代の層から評価を受けている点でも幅広い世代に適応した商品であると言えます。

個人年金保険の支払い免除制度はなし

16463983 1354487131280133 243548731859795968 n
xx.miyuoya.xxさんの投稿

明治安田生命の注意点はクレジットカード払いができないということです。戻り率については高いとは言えない他社でも、クレジットカード払いが可能であればカードにポイントが還元されお得になるという場合があります。また個人年金保険支払免除特約はない点も覚えておきましょう。

ランキング番外編・個人年金保険と生命保険の違い

17439368 1637842433191187 3740802023872790528 n
moricchoooさんの投稿

個人年金保険は生命保険の中の一種ではありますが、死亡を保障することが目的の生命保険に対し、個人年金保険はその中でも生きていく為の保障が目的になります。また個人年金保険の死亡保障は払い込んだ金額が返金されますが、生命保険の終身保障の死亡保障の場合は払い込んだ金額よりも大きな保障を受け取ることができます。

生命保険とは何か

まず生命保険とは一体どんな種類があるのでしょうか。生命保険は大きく3つの種類に分けられます。契約開始から満了までに生きていた場合に支払われる「生存型の保険」、死亡した場合に支配われる「死亡型の保険」、そのどちらも保障してもらえる「生死混合型の保険」です。この他に病気や怪我の入院・手術に対して支払われる「医療保険」があります。

生命保険の加入プランの種類

23161246 1254565894672300 5564509918746116096 n
saorikujinさんの投稿

生命保険の種類は「定期保険」「終身保険」「養老保険」があります。定期保険は10年、30年など一定期間に死亡した場合に支払われる保険です。終身保険は死亡するまで加入で一生涯保障が続きます。養老保険は保険期間と満期の保険の金額を予め設定しておくことで保険料が自動的に決まり、死亡保険金額と満期保険金額が同じになる仕組みです。

定期型保険

25026324 355393168262252 4930733403403190272 n
konosuke.hさんの投稿

生命保険のうち定期型保険は保障される期間が保険加入期間のみで、その期間に死亡または高度の障害が生じた場合に一時金として支払われ、特に何事もなく保険期間が満了した場合は掛け捨てになります。高齢になればなるほど死亡率は高くなるので、保険料は高くなっていきます。ですが終身保険、養老保険と比較すると安い値段から始めることができます。

Thumb掛け捨て生命保険のメリットを調査!安い料金と大きな保障が人気!

終身保険

25015756 800082950176280 6289252780561399808 n
shino_etu710さんの投稿

終身保険は一生涯保障が続き、死亡した時点で必ず保険金が支払われます。ですので解約返戻金も年々積みあがっていきますが、保険料は定期型に比べるとずっと高いです。またこれを踏まえた低解約返戻金型終身保険というものがあり、これは月々の保険料を抑える為に通常の終身保険よりも解約返戻金が低く設定されている保険になります。

終身保険は個人年金保険の代わりにも

終身保険は払い込み期間中に途中解約すると損をしますが、払い込み期間を短くし満了した後に解約すれば、払い込み保険料よりも高い額の解約返戻金を受け取れるようになります。短期間で払い込みを終わらせて解約時期を遅くすればするほど、解約返戻金は多くなります。個人年金保険の代わりにこのシステムを利用して契約する方もいます。

養老保険

25018767 203998613502819 1697399439343222784 n
urie5177さんの投稿

養老保険では初めから保険満了金額が決定されていて計画的な資産運用ができ、万が一保険期間中に死亡した場合でも満了時に受け取る予定だった金額と同じ金額を受け取ることができるという優れた機能を持っています。その分定期型や終身型の生命保険よりも月額は高くなっています。この点では個人年金保険のように老後の資金積立としては適しています。

Thumb生命保険解約の手続きを解説!返戻金で損しないための注意点とは?

ランキング番外編・個人年金保険と確定拠出年金

12724815 1691588614458933 14479287 n
hiroshi.kamoさんの投稿

確定拠出年金が注目を集めています。個人年金保険とどちらがいいのかと思う方もいるでしょう。確定拠出年金は月々の払い込み金と資産運用して出た利益で受け取る年金額が決まります。運用次第でもらえる金額は変化するので将来いくら受け取れるのかはわかりません。しかし運用次第では個人年金保険の利率よりも高い利率で受け取れる可能性はあります。

個人年金保険よりも確定拠出年金の方がお得?

外貨建て・変額年金と確定拠出年金の大きな違いは、個人年金保険に比べ税金の控除額が高いということです。個人年金保険の場合は生命保険控除が適用されますが、確定拠出年金なら全額所得控除が適用され、控除額に上限が無くなります。また運用で得た利益は非課税なので節税効果は大きいと言えます。途中解約はできず手数料も掛かることには注意です。

個人年金保険は比較が重要

13722008 1785103788440472 1027056655 n
snoopylove19500810さんの投稿

個人年金保険をランキング形式でお伝えし、それぞれの商品の特徴やメリット・デメリットをお伝えしましたが、いずれにしろ途中解約は必ず損をしてしまうので、すぐに決めてしまうのではなくじっくりと見比べてから選んでみることが大切です。また個人年金保険以外の生命保険や確定拠出年金も、老後の資産積立の手段として考えてみるのもおすすめです。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ