ライフカードが改悪でポイント還元率は?上手な使い方や交換方法を伝授!

ライフカードといえば誕生月のポイント5倍というのが最も印象的な高還元率を誇るクレジットカードでした。しかし、改悪によってライフカードはポイントの貯め方や交換方法などが大きく変更されました。この記事では実際にどんな点が改悪されたのかについてまとめています。

ライフカードが改悪でポイント還元率は?上手な使い方や交換方法を伝授!のイメージ

目次

  1. クレジットカードはライフカード!2017年の改悪
  2. ライフカード!衝撃の改悪はポイントに
  3. ライフカード!衝撃の改悪「ステージ制プログラムの変更」
  4. ライフカードの改悪!ステージ制プログラムの変更点1
  5. ライフカードの改悪!ステージ制プログラムの変更点2
  6. ライフカード最大の特徴の改悪!誕生日ポイント
  7. ライフカード!クレジットチャージやライフETCカードがポイント付与が改悪
  8. ライフカードの改悪ばかりではない!ポイントには改善点も
  9. ライフカード!ポイント交換特典の一部廃止と交換レートの改悪
  10. ライフカードのポイント改悪1:Vプリカ
  11. ライフカードのポイント改悪2:Amazonギフト券
  12. ライフカードのポイント改悪3:その他の券種
  13. ライフカードのポイント改悪4:ANAマイレージクラブとGポイント
  14. ライフカードのポイント改悪5:ポイントギフトの廃止
  15. ライフカードの改悪後!利用価値もある
  16. ライフカードの改悪後!利用価値1:三光マーケティグフーズ食事券
  17. ライフカードの改悪後!利用価値2:AOYAMAギフトカードへの交換
  18. ライフカードの改悪後!利用価値3:LINE Payカード
  19. ライフカードの改悪後!利用価値4:Vプリカ
  20. ライフカードの改悪後!利用価値5:au WALLETプリペイドカード
  21. ライフカードの改悪後!利用価値6:JTBの旅プリカ
  22. ライフカードの改悪後!クレジットカードの還元率やポイントの比較
  23. ライフカードの秘密を知って!ポイントを上手に使おう

クレジットカードはライフカード!2017年の改悪

昨今の社会人はほとんどの人がクレジットカードを所持しています。そんなクレジットカードの中でも比較的に使いやすいカードとして有名だったライフカードがなんと大幅に改悪が施されてしまいました。この記事ではどのような点が改悪となってしまったのか旧制度と比較や、今後もライフカードを使っていける秘密の使い方についてもお伝えしていきます。

ライフカード!衝撃の改悪はポイントに

実はライフカードの利用者にとって大きく影響を与える改悪は今回が初めてなわけではありません。2014年にもnanacoへのクレジットチャージに対する還元率が減り、使い方を見直した人も多いはずです。

今回の改悪で最も注目されるのがポイントについてです。還元率の変更はもちろん、ライフカードの大きな持ち味でもあった豊富なアイテムへのポイント交換についても大きな改悪が施される結果となりました。他にもポイントに関係する改悪は多々あり、前回の改悪とは比較にならないほどライフカードを愛用していた方々にとっては衝撃な内容になっています。

ライフカード!衝撃の改悪「ステージ制プログラムの変更」

27581195 1533823453404906 3419670768009609216 n
sakuly_ognさんの投稿

まず初めにステージ制プログラムの変更について見ていきたいと思います。まず、1年間に利用した金額に応じて翌年の還元率が上昇するというプログラムがこの制度の内容です。旧制度では通常0.5%の還元率に対して、年間50万円以上の利用があれば翌年からは1.5倍の0.75%、年間150万円以上の利用の場合はなんと2.0倍の1%還元という制度でした。

ライフカードの改悪!ステージ制プログラムの変更点1

1つ目の変更点は還元率が2.0倍の1%となるための敷居が上がったことです。今まで年間150万円以上だったのが200万円に上書きされました。これだけだとあまり改悪されたという気はしないかもしれませんが、多くのクレジットカードと比較をしても常に1%を還元してくれるカードは非常に優秀です。

例えば年間利用150万円を目標とした場合、月々の平均は12万円から13万円であればクリアすることが出来ました。しかし、これが年間利用200万円となってしまうと月々の平均は16万から17万円となってしまいます。この制度を利用するために月々の支払いを今までより毎月あたり3万円から5万円多く支出するという使い方はあまり得策とは言えません。

ライフカードの改悪!ステージ制プログラムの変更点2

27574845 1601228366648529 4877966401572175872 n
ryokaishさんの投稿

2つ目の変更点は、新たに年間利用100万円以上の方たちに向けた制度が誕生しました。年間100万円以上ライフカードを利用した人は翌年から1.8倍である0.9%を還元するというプランです。ライフカードの調べによると50万円以上利用している方から150万円を超えていない方の内訳で、約7割の人が100万円以上年間で利用していることが判明しています。

つまり、今回の2つ目の変更点は今まで0.75%の還元率しか適応されていなかった人が、今まで通りの使い方でも0.9%の還元率が適応されるというむしろ嬉しい変更点となっています。また、今まで90万円程度の利用だった方も使い方を工夫して年間100万円以上の利用が出来れば、より多くのポイントの付与を受けることが出来ます。

ライフカード最大の特徴の改悪!誕生日ポイント

26872012 144488372898812 2938809747127664640 n
tomokoasaさんの投稿

他のクレジットカードと比較しても一番お得だともいえる誕生月の恩恵も今回の改悪によって大幅に変更されてしまいました。今まで誕生月には通常0.5%の還元率がなんと5倍の2.5%になりました。そのため普段は他のクレジットカードを愛用しているが自分の誕生月だけはライフカードを積極的に利用するという使い方をする人も多くいました。

しかし、今回の改悪で誕生月は0.5%から3倍の1.5%の還元率が適応されることになりました。1.5%の還元率はそこまで特徴的な存在ではなく、誕生月だけクレジットカードを変更する手間や気苦労などから新規での契約を躊躇する人も出てきてしまうかもしれません。

25013811 139463760095888 781080699456192512 n
et.inthehouseさんの投稿

ちなみに改悪は2017年の7月ですが、これより以前からライフカードを契約していた方は2018年4月から誕生月の還元率変更が適応されますので、その半年間の間に誕生日がある方であればまだポイント5倍の恩恵を受けられますので安心してください。

ライフカード!クレジットチャージやライフETCカードがポイント付与が改悪

26870143 319108928579027 6726922145730920448 n
hitoiki_officialさんの投稿

今まであればライフカードからのライフETCカードやnanacoカードへのクレジットチャージに対してもポイントが付与されていましたが、今回の改悪によりポイントが一切付与されなくなりました。

具体的にはnanacoカードとEdyへのクレジットチャージに対してポイントが付与されなくなり、今のところ他のカードに関してはそのままのようです。nanacoカードは2014年にも0.5%の付与から0.25%の付与へと改悪されていました。

ライフカードの改悪ばかりではない!ポイントには改善点も

ステージ制プログラムでも一部の方々にとっては改善点とも言えなくないですが、全体的に見れば改悪された点しかないといっても過言ではありません。しかし、そんな中でも大きな改善点もありました。

27581405 166975500592290 692360887167614976 n
yakihama_grill.daimonさんの投稿

それはライフカードのポイントが築地の食材へと交換することが出来るようになった点です。具体的にはマグロなどの新鮮な魚、新鮮な野菜やフルーツなど質の高い食材をポイントと交換することが出来るようになりました。また築地食材に限らず今後はさらに豊富なコースも追加予定という事ですので期待できる点だといえます。

ライフカード!ポイント交換特典の一部廃止と交換レートの改悪

ライフカードは非常に豊富なアイテムとポイントを交換できるという点でも支持を集めていましたが、交換できるアイテムについても大きな改悪が施される結果になりました。特に注目されるアイテムについて改悪前との還元率を比較しながら見ていきたいと思います。この改悪によってライフカードのポイントの使い方は激変することは間違いないでしょう。

ライフカードのポイント改悪1:Vプリカ

20987398 394270717637752 9179114709561901056 n
hashiriniさんの投稿

Vプリカとはネット専用のVisaプリペイドカードのことです。インターネットなどにクレジットカードの情報を登録することが怖いという方などはこのプリペイドを購入することでVisa加盟店であれば、クレジットカード同様に利用することが出来ます。

14310846 529128077276388 886303486 n
takanori_murataaaaさんの投稿

改悪前までは590ポイントに対して3000円交換をはじめ、980ポイントや14800ポイントなどといった大量のポイントを一気にVプリカに交換することもできました。またその点が大きなメリットにもなっており、590ポイントの場合は通常時と比較すると0.51%、14800ポイントであればなんと10万円分のVプリカとの交換で還元率は0.68%になります。

26868927 477425409326029 2518130374932955136 n
business.kumさんの投稿

590ポイントと比較すると0.17%、金額的には25000円分も差があったのですが、改悪後は14800ポイントの交換は廃止され、590ポイントと980ポイントの交換のみとなってしまいました。

ライフカードのポイント改悪2:Amazonギフト券

次にAmazonギフト券への交換についてですが、Vプリカ同様に改悪前は1000ポイントであれば5000円分、15000ポイントであれば10万円分への交換というように、より多くのポイントを一気に交換することで比較してみると最大25000円分の違いが発生する仕組みになっていました。しかし、こちらも改悪後は1000ポイントへの交換のみとなりました。

ライフカードのポイント改悪3:その他の券種

ライフカードはプリペイドカード以外にもJCBギフトやQUOカードとポイントを交換することが可能です。交換できるアイテムの種類こそ変更はありませんでしたが、やはり他のプリペイドカード同様に、今までは1000ポイントや1800ポイント、15000ポイントと選ぶことが出来た仕組みが改悪によって1000ポイントしか選ぶことが出来なくなりました。

クオカードなどであればプリペイドカードよりも使い方に親しみを感じている人も多かったはずです。ポイントはJCBギフトやクオカード一択という考えだった人も今回からはポイントの交換先を考え直す必要がありそうです。

ライフカードのポイント改悪4:ANAマイレージクラブとGポイント

26868301 2015439348496609 7377920827095777280 n
kayemudeさんの投稿

プリペイドカードや券種については、交換可能なポイントの選択肢が減ったことによってボーナスポイントのような存在が無くなってしまったことが改悪であり、交換の最低ラインにおける還元率そのものは変わりませんでした。

しかし、ANAマイルやGポイントは還元率そのものが変更されました。改悪前はANAマイルであれば300ポイントが900マイル、Gポイントは300ポイントから1500ポイントに交換できましたが、改悪後はANAマイルが300ポイントから750マイル、Gポイントは300ポイントから1200ポイントへの交換に変更されました。

26872799 399839400439343 4630738033790943232 n
mile.mugenさんの投稿

元々この2つにはプリペイドカードのような、多くのポイントを一気に交換することによるボーナスポイントは存在しなかったこともあり、ANAマイルを積極的にためていた方などにとっても大きな衝撃です。

ライフカードのポイント改悪5:ポイントギフトの廃止

ポイントギフトについても今回の改悪によって廃止されることになりました。ポイントギフトというのは家族間でライフカードのポイントをプレゼントすることが出来るという制度でした。

27575203 166016104037633 3082972132599136256 n
kawashiri_umetyanさんの投稿

この制度を利用すれば、一人で10000ポイントを貯めるためには単純に計算すれば200万円近くの利用をしなければなりませんが、家族でライフカードを使えば家族全員でポイントを貯めることが可能であり、それを共有して交換することでより多くのボーナスポイントを受け取ることが出来ました。しかし、今後は一切ポイントの共有は出来ません。

ライフカードの改悪後!利用価値もある

18011621 1286523658063433 7216708405006696448 n
d_onokenさんの投稿

ここまで改悪によって改悪前と比較するとどれだけライフカードの恩恵が薄れてしまったのかについて書いてきましたが、ライフカードがもう実質使えないカードになってしまったのかというと決してそうではありません。ライフカードをこれからももっと使っていきたいと考えている人はぜひ次の使い方を意識して見てください。

ライフカードの改悪後!利用価値1:三光マーケティグフーズ食事券

13703109 279110085791795 1123892538 n
gentlebearjpさんの投稿

基本的にライフカードのポイントは1ポイントにつき5円相当として利用することが出来ますが、三光マーケティングフーズ食事券へポイントを交換すれば1ポイント7円分として利用することが出来るのです。ただ、この食事券はどこでも使えるわけではなく、主に首都高の一部店舗でしか取り扱っていないという少し残念な面もあります。

ライフカードの改悪後!利用価値2:AOYAMAギフトカードへの交換

27878194 2038454633110007 1535041403447410688 n
nasubi_8さんの投稿

洋服の青山と言えば聞いたことがある人も多いはずです。AOYAMAギフトへの交換はなんと1ポイントあたり10円相当のギフトと交換することが出来ます。通常と比較した場合、2倍もお得に利用することが可能になります。

27577192 150041369129462 5704412160516423680 n
yocco36さんの投稿

そろそろ新しいスーツや靴が欲しいなという方は、是非AOYAMAギフトカードへとポイントを交換することをお勧めします。使い方を工夫して1000ポイント貯めただけでも1万円分として利用できるのは非常にお得です。

ライフカードの改悪後!利用価値3:LINE Payカード

26872453 786735198193859 5070178686423007232 n
katehsu0504さんの投稿

現代社会の中で急成長の真っただ中でもあるLINEからも便利なカードが発行されています。LINEPayカードはチャージ型のプリペイドカードの一種です。その還元率は驚くことに常に2倍を誇っています。また、クレジットチャージを利用することでさらに還元率を上げるという使い方もできる汎用性の高いカードの一つとなりつつあります。

そのため、ライフカードからLINEPayへの乗り換えを検討されている方もいるかもしれません。しかし、LINEPayには難しくライフカードには出来ることが意外と沢山あります。まず、LINEPayはプリペイドカードという事もありICチップを搭載しておりません。また高速道路での料金や保険料といった継続的な支払いには一部利用することが出来ません。

さらに意外と多いのが、そもそもLINEを利用していない人はLINEPayカードを利用することは出来ません。仕事の都合上、セキュリティを考慮してLINEをインストールしていないという人も多いはずです。

ライフカードの改悪後!利用価値4:Vプリカ

Vプリカについてはポイントから交換することで、通常時との比較では実質0.51%の得ることができて、誕生月であれば1.53%の還元を利用することが出来ます。

先ほどVプリカの説明の際にインターネットのセキュリティ上の不安からクレジットカードの代用として利用できることを書きましたが、実はVisaには3-Dセキュアという認証サービスが存在します。本人確認が必要とされるサービスの一種なのですが、なんとVプリカはこのサービスにもしっかりと対応しております。

24126337 528666250806680 8437665490117066752 n
kame2cvさんの投稿

本当に汎用性の優れたカードであり、多種多様な使い方が出来ますので交換して使い方に困るということはまずないでしょう。

ライフカードの改悪後!利用価値5:au WALLETプリペイドカード

26155869 132931360845556 3626376359871250432 n
tc6501さんの投稿

改悪によってnanacoやEdyへのクレジットチャージは廃止されたことを書きましたが、auWALLETへのクレジットチャージには今まで通り0.5%のポイントが付与されます。さらにauWALLETを利用時にはWALLETポイントが0.5%付与されますので、ライフカードからのクレジットチャージが誕生月であれば実質2%の還元を受けることが出来ます。

しかし、nanacoやEdyが世の中に広く普及し過ぎたためにクレジットチャージの対象から外されたことを考えると他のカードに関してもいつまで付与されるかは分かりません。付与されるカードを探して、しっかりとポイントを集めていきましょう。

ライフカードの改悪後!利用価値6:JTBの旅プリカ

旅プリカという名前を初めて聞く方も多いかもしれません。これはJCBブランドのプリペイドカードとなっていて、全国の旅プリカ特約店であればどこでも利用することが出来ます。クレジットチャージはもちろん、チャージの際には旅プリカ自体にJTBトラベルポイントが0.5%付与されますので誕生月は実質2倍の還元率を受けることが出来ます。

16584768 399666327066073 8804784197769101312 n
warauko22さんの投稿

しかも、このJTBトラベルポイントは旅プリカの利用金額によって最大10%のポイント還元を受けることも可能になっている最強のカードでもあるのです。

ライフカードの改悪後!クレジットカードの還元率やポイントの比較

26870569 2124016537832967 4286694226915229696 n
kashiwa_rentacarさんの投稿

ライフカードの改悪後の還元率とは一体どのぐらいの水準に収まったのか他のクレジットカードと比較してみます。高い還元率を誇っているクレジットカードと言えば、リクルートプラスカードやジャックスのREXカードや漢方スタイルクラブカードなどが存在します。

21984567 292318354586787 8214686752502185984 n
_k_taro_s_さんの投稿

しかし、リクルートカードプラスカードは2016年の改悪以来新規のカード発行が停止されているほか、既存カードについてもライフカード同様にnanacoへのクレジットチャージは廃止されています。ジャックスのクレジットカードについても改悪が重なり高くても1.5%には届かない還元率となっています。

26872007 325803394611154 4223620153977339904 n
mrs.popo3990さんの投稿

そんな中で年会費無料で約1.5%の還元率をキープしているのがポケットカードのP-one Wizです。実際には商品のクレジット引き落とし額が1%OFFになることと、引き落とし額に対して0.5%のポイントが付与されることが結果的に約1.5%の還元率となっています。

ライフカードの秘密を知って!ポイントを上手に使おう

27574304 447692302313872 6069780321102987264 n
craft_man_nさんの投稿

今回の改悪ではポイントの還元率そのものの大幅な変更に加えて、交換できるアイテムや還元率を上げるための制度が大幅に変更に今までと比較するとライフカードの恩恵はとても希薄となってしまいました。しかし、この記事で取り上げたいくつかの方法を利用すればライフカードはこれからも愛用していけるカードの一枚となるはずです

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ