スマホ決済サービスを徹底比較!手数料が安いおすすめNo.1は?

スマホ決済サービスを徹底比較してみます。現金決済やクレジットカード決済に比べて便利なスマホ決済ですが、種類が多くどれを使えばいいのか迷うこともあります。そこで、代表的なスマホ決済サービスを選んで、比較してみます。また、手数料などについても触れてみます。

スマホ決済サービスを徹底比較!手数料が安いおすすめNo.1は?のイメージ

目次

  1. スマホ決済サービスとは?
  2. スマホ決済サービスを徹底比較
  3. スマホ決済で手数料が安いおすすめNo.1
  4. スマホ決済のQRコード決済と非接触IC決済
  5. スマホ決済の楽天ペイとPayPayとd払い
  6. スマホ決済可能な店舗
  7. スマホ決済サービスの店舗側のメリット
  8. スマホ決済サービスを徹底比較まとめ

スマホ決済サービスとは?

前払いと後払いがある

出典: http://news.livedoor.com

スマホ決済による支払い方には前払い方式と後払い方式があります。前払い方式の場合は、読んで字のごとく事前にお金を支払っておく(チャージしておく)ことで、スマホ決済に利用できます。チャージでは、銀行口座を利用しますが、いちいちチャージしないと使えないのは少し面倒です。しかし、オートチャージという方法が利用できる場合もあるし、チャージした分以上は使えないので、使い過ぎを防げるというメリットがあります。

後払い方式のスマホ決済の場合は、これまた字を見ればわかるように後で使った分の代金を支払う方式です。その支払いはクレジットカードで行い、カードの支払日に一緒に引き落としがされます。後払い方式は前払い方式と比較して、チャージという手間が省かれるので、使いやすいです。クレジットカードの登録さえすればいいのですが、クレジットカードと違ってサインや暗証番号入力などは不要で、便利です。

送金が簡単

出典: https://no-genkin.com

前払い方式のスマホ決済サービスでのチャージ自体は簡単にできます。しかも、チャージした金額を気が変わって銀行口座に戻すということも可能です。お金の送受が非常にしやすくなっているのです。また、スマホ決済サービスの中には、友達に送金ができるものがあります。このスマホ決済サービスの機能を使えば、お金が入り用で困っている友達をサポートできるので、感謝されるでしょう。

現金が不要

出典: https://toyokeizai.net

スマホ決済のいいところは現金を持ち歩かなくても問題がないことです。支払い時に現金を使う場合は、お札を出したり、お釣りをもらったりと少し面倒です。それが、スマホ決済ということになればその手間は不要となります。当たり前と言えば当たり前ですが、現金管理の煩わしさから解放されれば、気分がすっきりするでしょう。

決済手数料が安い

出典: https://paypay.ne.jp

スマホ決済は、支払いをするほうだけではなく支払いをされる側のお店にもメリットがあります。クレジットカード決済の場合、加盟店手数料やカードを読み込む装置の設置料というものが必要となってきますが、スマホ決済の場合は、手数料も設置費用もそれほどかかりません。場合によったら、それらの費用が0円になることもあるほどで、クレジットカード決済を導入できない小規模店舗でもスマホ決済なら容易に取り入れられます。

安心して使える

出典: https://app.dcm-gate.com

財布を落としたり、盗まれたりした場合は、中のお金がすぐに使われてしまう恐れがあります。クレジットカードの場合でも、カードの停止措置をしないと悪用される危険があります。それに対して、スマホ決済の場合はロックという手段で中の情報が漏れるのを防げます。ロックをしない人もいますが、ロックの設定をしておけば、万一の時スマホ決済サービスも守られて安心です。

特典が満載

出典: https://yuulog.com

クレジットカードにも特典はつきものですが、スマホ決済の特典も負けてはいません。ポイント還元、キャッシュバックなどお得に利用ができるのです。特に、クレジットカードをスマホ決済に登録しておくと、クレジットカードのポイントとスマホ決済のポイントの2重取りができる場合があります。また、現在はキャッシュレス化を推進する動きがあるので、各社ともスマホ決済サービスの充実を図り、特典が盛りだくさんとなる傾向にあります。

スマホ決済サービスを徹底比較

PayPay

出典: https://forbesjapan.com

PayPayは、QRコード・バーコード決済サービスで、2018年10月から利用が始まりました。したがって、歴史は浅いですが、人気のスマホ決済サービスです。支払い方法は2種類あり、お店のQRコードを読み取るかスマホに映ったバーコードをお店に読み取ってもらうかのどちらかです。それから、PayPayはお店側にとっても導入がしやすく、初期投資・固定費・決済手数料・入金手数料が無料で、決済も最短翌日という便利さがあります。

楽天ペイ

出典: https://bitdays.jp

楽天ペイの支払い方法は、QRコードをお店側に示すかお店側の提示するQRコードを読み取るかのどちらかで、支払いはすぐに終わります。楽天ペイは後払い式のスマホ決済サービスなので、登録したクレジットカードで支払いをします。同じスマホ決済サービスでもPayPayと比較して楽天ペイのいい点は、ネットショッピングでも使えることです(PayPayは実店舗のみ)。

d払い

出典: http://sourcream29.com

d払いでは、スマホのQRコードをかざすという決済方法になります。d払いはdocomoが提供するスマホ決済サービスですが、docomoユーザーだけしか使えないのかというと、そんなことはありません。ただ、docomoユーザーのほうがd払いを使いやすいことは確かで、ドコモ携帯料金と一緒に支払いができます。その際、すでに登録してある銀行口座やクレジットカードをd払いで利用するので、スマホ決済サービスへの再登録は不要です。

LINE Pay

出典: https://bitdays.jp

家族間や友人間の情報交換をLINEで行っている人も多いでしょうが、このLINEにもスマホ決済があり、LINE Payと言います。LINE Payには他と比較していくつかユニークな点があります。まず、支払い方法でQRコードかバーコードの読み取りのほかにプリペイド式のLINE Payカードを利用できる点です。それから、送金機能があるうえにそこにメッセージや画像を付けることも可能です。さすがにLINEのスマホ決済だけのことはあります。

Apple Pay

出典: https://id-credit.com

Apple Payでの決済は、QRコードを使わず、ICを利用して行います。支払い方法は、電子マネーやクレジットカードによる後払い方式となっています。Apple Payは他のスマホ決済と比較して優れた点があります。まず、Suicaを登録すれば、電車やバスに自由に乗れます。また、使えるお店も多く、iDやQUICPayの表示があるところならApple Payで決済可能です。便利なApple Payを使うと、他のスマホ決済では代用できないという人もいます。

Google Pay

出典: https://www.jcb.co.jp

iPhone利用者がApple Payを使うのに対して、Android利用者はGoogle Payというスマホ決済を利用する人が多いです。使い方はApple Payと似ていて、IC決済となります。そして、Suicaや楽天Edy、WAON、nanaco、QUICPayの5種類の電子マネーを利用できます。利用する場合は、特に設定の必要はなく、電子マネーの名称を店員に言えばいいだけです。電子マネーへはクレジットカードやプリペイドカードからチャージをします。

Origami Pay

出典: https://fincle.jp

Origami Payは、Apple PayやGoogle Payと違って、機種を選ばずに利用ができて便利なスマホ決済です。使い方は、バーコードを示すかスマホをかざすだけなので、素早く決済が完了します。Origami Payにはお得なクーポンやキャンペーンがあり、加盟店でそれらを使うと割引が受けられます。なお、Origami Payの加盟店は公式サイトを見てもわかりません。では、どうやって知るのかというと、アプリのインストールで検索が可能となるのです。

pixiv Pay

出典: https://pay.pixiv.net

pixiv Payは、他のスマホ決済サービスと比較した場合少し違った特徴を持っています。どう違うのかというと、通常の店舗でのスマホ決済ではなく、同人誌即売会用のアプリなのです。頒布側であるサークル参加者と購入者をコネクトするスマホ決済サービスとなっています。決済方法は、QRコードを使って行います。そして、支払いでは、クレジットカードかPayPal、コンビニチャージなどの手段を利用します。

Alipay

出典: https://airregi.jp

Alipayは、中国のスマホ決済サービスで、中国人を中心に利用者が増加中です。その数は5億人以上とも言われ、世界最大級のサービスとなっています。Alipayの使い方は、QRコードをお店に読み取ってもらうかお店にあるステッカーなどのQRコードを読み取るかのいずれかです。ただ、残念なことにAlipayは中国では人気のあるスマホ決済サービスですが、日本人が日本の店舗で利用することはできません。

Pring

出典: https://bitdays.jp

Pringには、3つの機能が備わっています。「お金をおくる」「お金をもらう」「お店ではらう」です。この3つの機能のうち、最初の二つにはチャット機能が付いていて、メッセージの送受信ができます。家族や友達間でお金を送ったり、もらったりする場合は、お金のやり取りだけではなく何か言葉を添えたくなりますが、Pringではそれが可能です。それから支払い方法ではQRコードを利用しますが、送受金でもQRコードを使えます。

AirPAY

出典: https://monetomo.com

AirPAYというスマホ決済の一番の魅力は、決済手段が多いことです。クレジットカードならVISA、JCB、MasterCardなど6ブランド、電子マネーならSuicaやPASMO、ICOCAなど、アプリ決済ならLINE PayやApple Payなど対象が豊富です。他のスマホ決済サービスと比較しても決済手段の多さが目を引きます。そういう点では非常に使いやすく、おすすめできます。また、決済手数料や入金手数料も低いのがいいところです。

Square

出典: https://squareup.com

Squareは、導入するお店にメリットが大きいモバイル決済手段です。まず、入金までが最短翌日となっていて、三井住友銀行とみずほ銀行の口座なら自動入金となります。また、決済端末がユニークで、しゃれています。業界によっては決済端末のデザインは非常に重要なので、この点から言ってもお店にメリットがあります。ただ、Squareではクレジットカード決済となるのですが、暗証番号が使えないところがデメリットです。

Coiney

出典: https://mobapay-hikaku.work

Coineyは、Squareに似たサービスですが、クレジットカード決済、電子マネー決済、QRコード決済(中国人向け)が可能です。このうち、クレジットカード決済の場合は、2回払いやリボ払いにも対応し、QRコード決済ではWeChatというチャットサービスを提供しています。また、オンライン用の決済ページCoiney ペイジでは、決済用のURLを送信することで、お客さんが簡単に支払いをできるようになっています。

スマホ決済で手数料が安いおすすめNo.1

決済手数料はほぼ同じ

出典: https://kessai-pro.com

スマホ決済には、クレジットカード決済やQRコード決済などの分類がありますが、それぞれの決済手数料は各社でほぼ同じです。まず、クレジットカード決済を利用しているAirPAY、Square、Coineyの場合は、手数料が3.24~3.74%か3.25~3.95%です。QRコード決済を導入しているLINE PayやPayPayなどの場合は、手数料が無料というところが多いです。両方に対応している楽天ペイの場合は、手数料が3.24~3.74%です。

手数料無料のPayPayとLINE Pay

出典: https://pipitchoice.jp

QRコード決済を導入しているPayPayやLINE Payの場合、決済手数料が無料でお店にとってもメリットが大きいのですが、いくつかQRコード決済にはデメリットがあります。まず、利用者がお店のQRコードを読み取る場合、金額入力の手間があります。それから、PayPayにはお店の人にバーコードを読み取ってもらう支払い方法もありますが、その読み取り装置は数百万円もします。

安く使うなら還元率が高いLINE Pay

出典: https://usedoor.jp

PayPayもLINE Payも決済手数料が無料なところはいいのですが、PayPayの場合は、バーコード読み取り支払いに難点があります。その点、LINE Payなら、バーコード読み取り支払いでも、機器の導入費用はかなり低く抑えられています。そのため、お店側にとっても利益が大きく、同じ手数料無料のQRコード決済を導入するならLINE Payのほうがおすすめです。

スマホ決済のQRコード決済と非接触IC決済

2パターンあるQRコード決済

出典: https://www.itmedia.co.jp

スマホ決済のうち、QRコード決済には2つのパターンがあります。お店側が何らかの方法で提示するQRコードをスキャンするというパターンと自分のアプリに映ったQRコードをお店に示して、読み取ってもらうというパターンです。いずれにしろそれほど難しい方法ではありませんが、電子マネー決済のほうがやや使いやすいという特徴を持っています。そのせいか、スマホ決済のQRコード決済は日本ではそれほどの広がりを見せていません。

非接触IC決済は操作不要

出典: https://zuuonline.com

非接触IC決済は便利な方法で、スマホを端末にかざすだけで支払いが完了します。QRコード決済と比較すると、ひと手間少ない感じです。余計な操作は不要で、だれにとっても使いやすいです。

スマホ決済の楽天ペイとPayPayとd払い

異なるのは支払い方法

出典: https://bitdays.jp

ここからは、楽天ペイとPayPayとd払いの違いについて検証してみましょう。それぞれ独自の特徴を持ったスマホ決済サービスですが、大きな違いとして支払い方法があります。まず、楽天ペイの場合は、クレジットカードによる後払いです。次に、PayPayの場合は、銀行口座からのチャージ、Yahoo! マネーでの支払い、クレジットカードでの支払いなどの方法があります。d払いでは、電話料金合算払いとクレジットカード払いが可能です。

楽天ユーザーなら楽天ペイ

出典: https://toyokeizai.net

楽天ペイは、楽天の会員が利用できるスマホ決済サービスです。すでに楽天会員となっている人は登録が簡単です。したがって、楽天ユーザーにはおすすめのスマホ決済サービスで、ポイントが貯まりやすい点と合わせてメリットが大きいです。
 

楽天ペイの利用では、200円につき1ポイント貯まるようになっています。しかし、楽天ペイに楽天カードを登録した場合は、それとは別に100円につき1ポイント付与されます。つまり、楽天スーパーポイントが200円利用で3ポイント付与されることになり、楽天サービスがより使いやすくなります。楽天ペイに別のクレジットカードを登録しても構いませんが、楽天ユーザーなら楽天カードを登録するのがおすすめです。

YahooユーザーならPayPay

出典: https://markezine.jp

PayPayは、ソフトバンクとヤフーの肝いりで始まったスマホ決済サービスなので、Yahooユーザーには特におすすめです。というのも、Yahoo! JAPAN IDで簡単に新規登録できるからです。また、支払いの準備において、Yahoo! JAPAN IDとの連携が必要になるので、なおのことYahooユーザーである必要があります。それから、Yahoo! JAPANアプリでもPayPayを利用できます。

Yahoo! JAPANカードを持っていると、そこからPayPay残高に直接チャージができます。これは、Yahoo! JAPANカードだけに認められたメリットで、ほかのクレジットカードは対象外です。また、こんなメリットもあります。Yahoo! JAPAN IDで新規登録した人は、すでに登録されているクレジットカードがそのままPayPayにも適用されるので、余計な手続きをする必要がありません。

docomoユーザーならd払い

出典: https://creditcard-mile-point.net

d払いは、docomoユーザー以外でも利用できますが、docomoのスマホを持っているのならなにをおいてもぜひ使うべきです。特にdocomoのクレジットカード、dカードゴールドを所有している人は、d払い利用で最大2%のポイント還元があります。2%という数字は大変大きく、他のクレジットカードの還元率を大きく上回っています。

また、docomoユーザーなら、スマホ代と合わせての支払いが可能となり、いちいちクレジットカードを登録をする必要がありません。すでに利用しているクレジットカードから支払いが行われるので、余計な手間は不要です。それから、これはdocomoユーザーに限った話ではありませんが、d払いにはたくさんキャンペーンがあります。つまり、お得にd払いを使える機会が多いということであり、メリットが大きいです。

スマホ決済可能な店舗

店舗はアプリで検索できる

出典: https://cashless-japan.net

現在、政府でもキャッシュレス決済を促していることもあり、スマホ決済ができるお店は拡大中です。楽天ペイでもPayPayでもd払いでも他の決済サービスでも、以前より使えるお店が増えているので、大変便利になっています。では、どのようにその店を探せばいいのかですが、アプリで簡単に検索ができます。

コンビニ

出典: https://toyokeizai.net

時代の最先端を行くコンビニの場合、いち早くスマホ決済を導入しています。主要コンビニであるセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップなどでは、すべてスマホ決済を利用できます。ただ、コンビニによって使えるスマホ決済サービスは違いますが、楽天ペイ、PayPay、LINE Pay、d払いなどは上記のコンビニに共通して利用可能です。

飲食店

出典: http://phonepay.shop

飲食店と一口に言っても、規模や形態はさまざまですが、ファーストフード店や定食屋などではスマホ決済導入の動きが進んでいます。どのようなお店がスマホ決済を利用しているのか見てみましょう。まず、牛丼チェーン店では、すき家、吉野家、松屋などが取り入れています。寿司屋ではかっぱ寿司、はま寿司、ハンバーガーチェンではケンタッキーフライドチキン、マクドナルド、フレッシュネスバーガーなどが挙げられます。

ドラッグストア

出典: https://cashless-japan.net

ドラッグストアの中にも、スマホ決済を導入する動きが加速していますが、店舗によって、使えるサービスと使えないサービスの差が大きいです。いくつか例を挙げると、サンドラッグでは、PayPayとLINE Payが使えますが、楽天ペイとd払いは利用不可です。ツルハドラッグでは、LINE Payとd払いはOKですが、楽天ペイやPayPayは使えません。そのほかのお店でも、事前に使えるスマホ決済サービスを確認しておく必要があります。

家電量販店

出典: https://cashless-japan.net

家電量販店ではスマホを売っているくらいですから、多くのお店でスマホ決済を導入しています。しかし、ここでも店舗ごとの違いがあります。まず、楽天ペイが使えるお店は、ジョーシン、ケーズデンキ、100満ボルト、エディオンなどです。PayPayが使えるお店は、上記のほかにヤマダ電機、コジマ、ビックカメラ、ソフマップなどたくさんあります。d払いが利用できるお店は、ビックカメラ、ジョーシン、コジマ、ケーズデンキなどです。

レジャー

出典: https://prtimes.jp

レジャー施設では、現金払いではなく、スマホ決済で格好良く支払いを行いたいものですが、それができる施設も多いです。主なところを挙げてみると、東京ディズニーランド・ディズニーシー、富士急ハイランド、イオンシネマ、TOHOシネマズなど多数の施設でスマホ決済を取り入れています。まだまだありますが、休日にレジャー施設へ行く場合にはスマホを忘れないようにしましょう。

ファッション

出典: https://www.sankeibiz.jp

ファッションやアパレルショップでも、スマホ決済導入への動きが見られます。ユニクロ、しまむら、洋服の青山、アオキ、メガネスーパーなどで買い物をしたら、現金払いもいいですが、紙幣や小銭を持ち歩かなくていいスマホ決済を利用してみてください。楽天ペイやPayPay 、LINE Pay、d払いなどを使えるお店はたくさんあります。

百貨店

出典: https://no-genkin.com

日本の主要百貨店には中国人観光客の訪問が多いので、スマホ決済を導入する店舗が多いですが、日本人向けのサービスもあります。ただ、百貨店によって利用できるサービスには大きな違いがあります。たとえば、阪神阪急百貨店では、LINE Pay、楽天ペイ、PayPayなどを利用できますが、店舗によって対応が違います。また、高島屋ではd払いが利用できますが、一部店舗では使えません。そのほかのお店の対応状況にも注意してください。

その他

出典: https://blog.feedmatic.net

これまでに取り上げたジャンルには含まれませんが、このほかにもさまざまなお店でスマホ決済を利用できます。いくつか例を挙げると、無印食品、ドン・キホーテ、LOFT、タワーレコード、アート引越センター、アリさんマークの引っ越し社などです。

スマホ決済サービスの店舗側のメリット

コストがあまりかからない

出典: https://pipitchoice.jp

店舗がクレジットカード決済を導入する場合、読み取り機の額はばかにならず、かなりの負担となります。それに対して、スマホ決済の場合は、導入費用が安く、場合によったら無料となる場合があります。この辺がスマホ決済のいいところで、お店にもメリットがあります。

売上げ確定が早い

出典: https://www.sbpayment.jp

クレジットカード決済も便利な方法ではありますが、お店側にとっては売上確定が遅くなるというデメリットがあります。一方、スマホ決済の場合は、売上確定が早く、最短翌日となっているものもあります。これもスマホ決済のメリットで、今後導入するお店が増えていく理由となるでしょう。

店舗側も手数料が安い

出典: https://pipitchoice.jp

もう一つ、スマホ決済にはお店側のメリットがあります。それは、クレジットカードと比較しても、手数料が安いことです。導入費用が安い点と合わせると、スマホ決済のほうがお得です。

スマホ決済サービスを徹底比較まとめ

出典: https://mixart.jp

ここまで、スマホ決済サービスの比較、スマホ決済サービスの手数料、スマホ決済サービスの種類、スマホ決済サービスが可能な店舗などについてお伝えしました。日本ではまだ普及率が低いスマホ決済サービスですが、政府によるキャッシュレス化推進の動きを受け、今後急速に広まっていくことが考えられます。その動きに負けないように、ぜひスマホ決済サービスの利用を検討してみてください。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ