Amazonゴールドカードで使えるラウンジ一覧!利用時の注意点も!

さまざまな人々に使われているAmazonゴールドカードは、空港ラウンジを利用する際にも非常に重宝されています。しかし、利用できないラウンジもいくつか存在します。今回はAmazonゴールドカードで使えるラウンジや、利用時の注意点などについてまとめています。

Amazonゴールドカードで使えるラウンジ一覧!利用時の注意点も!のイメージ

目次

  1. Amazonゴールドカードで使えるラウンジ
  2. Amazonゴールドカードで使えるラウンジのサービス内容
  3. Amazonゴールドカードでのラウンジ利用時の注意点
  4. Amazonゴールドカードで使える羽田空港ラウンジ
  5. Amazonゴールドカードで使える成田空港ラウンジ
  6. Amazonゴールドカードで使える福岡空港ラウンジ
  7. Amazonゴールドカードの国内・海外旅行保険
  8. Amazonゴールドカードで使えるラウンジ一覧まとめ

Amazonゴールドカードで使えるラウンジ

往復で利用可能な空港ラウンジ

出典: http://kowagari.hateblo.jp

さまざまな人々に親しまれているAmazonゴールドカードには、空港ラウンジで利用できるといった大きな魅力があります。また、特典として数多くのサービス内容も用意されているため、現在でも人気の高いクレジットカードのひとつです。さらに、Amazonゴールドカードでは、往復で利用可能となる空港ラウンジの種類が非常に多いという特徴もあります。

Amazonゴールドカードが往復で利用可能となる主な空港ラウンジとしては、羽田空港や成田空港などといった主要空港のラウンジが挙げられます。また、函館空港や福岡空港など計28ヶ所の空港ラウンジでAmazonゴールドカードを利用することができ、全国各地に点在している空港ラウンジで使える仕組みとなっているため、空の旅を満喫する際には、Amazonゴールドカードが必要不可欠な存在となりつつあります。

行きのみ利用可能な空港ラウンジ

出典: http://www.justline.co.jp

現在、日本国内には97ヶ所の空港が存在しており、そのうち28ヶ所でAmazonゴールドカードが往復で利用できる仕組みとなっていますが、行きのみでしかAmazonゴールドカードが使えない空港ラウンジがいくつか存在しているといった注意点があります。また、行きのみ利用可能となっている主な空港ラウンジとしては、神戸空港や鹿児島空港などが挙げられます。

北九州空港や大分空港も、Amazonゴールドカードが行きのみ利用できる空港ラウンジのひとつとして挙げられます。また、羽田空港ではAmazonゴールドカードが往復で使えることが一般的となっていますが、「国際旅客ターミナル」を利用する場合は、帰りに空港ラウンジを使うことができない仕組みとなっているので注意してください。

ThumbAmazonゴールドカード「Mastercardゴールド」の審査難易度を解説!

Amazonゴールドカードで使えるラウンジのサービス内容

サービス内容①利用時間

出典: https://gigazine.net

Amazonゴールドカードを使って空港ラウンジを利用する際には、用意されているさまざまなサービス内容についても知っておく必要があります。Amazonゴールドカードのサービス内容を理解するためには、まず利用できる時間帯を把握することが非常に重要です。また、Amazonゴールドカードが利用できる時間は、各空港によってやや違いが生じることもあるので注意してください。

さまざまな空港ラウンジでAmazonゴールドカードが利用できる時間帯は、7時から21時までとなっているケースが多く見られます。しかし、各空港ラウンジの営業時間によってややバラつきがあり、例えば成田空港の場合は、7時から21時までAmazonゴールドカードが利用できますが、羽田空港では6時から20時まで利用可能となっています。

サービス内容②飲食

出典: https://biz-journal.jp

Amazonゴールドカードにおける主なサービス内容のひとつとして、空港ラウンジ内の飲食サービスが受けられるといった特徴も挙げられます。近年では、空港ラウンジに設けられている飲食サービスが各ラウンジによって多種多様となっており、なかにはアルコール類やスナックなどが用意されているケースもあります。また、無料でソフトドリンクが飲めるという魅力もあります。

空港ラウンジを利用する時間帯によっても、飲食におけるサービス内容は異なってくる傾向にあります。例えば、朝の時間帯に羽田空港のラウンジを利用すると、ベーグルなどといったさまざまなパンが用意されている場合があると言われています。また、成田空港などでは無料でアルコール類が楽しめるといった点も、非常に魅力的なサービス内容のひとつとなっています。

サービス内容③ネット回線

出典: http://kazui01.com

Amazonゴールドカードを使って空港ラウンジを利用する際には、ネット回線に関するサービス内容の特徴についても知っておくことが重要です。空港ラウンジ内の多くは非常に寛げる空間が提供されている傾向にあり、フライトまでの時間をゆっくりと過ごすことができます。そのため、利用者の中にはその時間を使ってPCを利用するといったケースも少なくありません。

現在では、数多くの空港ラウンジでネット回線が整えられており、有線LANに加えて無線LANでもパソコンが利用できる仕組みとなっています。また、それらのサービスを無料で提供しているため、非常に使い勝手の良いものとなっています。しかし、一部空港ラウンジでは接続状態が不安定になることもあるので注意が必要です。

サービス内容④FAX・コピー

出典: https://www.41copy.jp

空港ラウンジで提供されているサービス内容のひとつとして、FAXやコピー機が設けられているといった点も挙げられます。例えば、羽田空港のANAラウンジでは無料でコピー機を使うことが可能となっており、仕事で頻繁に飛行機を利用するビジネスマンにも重宝されている傾向にあります。

空港ラウンジに設けられているFAXやコピー機は、パソコンからの印刷やモバイル機器へスキャンすることも可能となっています。また、USBメモリからの印刷やスキャンができる機能も搭載されているケースがあるため、ビジネスマンに限らずさまざまな利用者にとっても、非常に利便性の高いサービス内容となっていますが、利用の際には各操作方法を事前に調べておく必要があるので注意してください。

サービス内容⑤シャワー

出典: https://www.kajitaku.com

シャワールームが完備されているといった点も、空港ラウンジにおけるサービス内容のひとつとして挙げられます。また、そのサービス内容は各空港ラウンジによってさまざまな趣向が凝らされているため、フライトまでの時間を非常に充実したものとすることができます。例えば、成田空港のラウンジでは無料でシャワールームが利用できるといった特徴があります。

年間8000万人を超える利用者数を誇っている羽田空港では、国内線のラウンジに5ヶ所のシャワールームが設けられており、ラウンジを使っている全ての人々が利用できる仕組みとなっています。また、「プライベート&リラックス」という空間も設けられており、そのエリアでは半個室の座席が用意されているので、フライト前に少し休息を取ることができるという点も大きな魅力となっています。

サービス内容⑥マッサージ器

出典: http://www.new-chitose-airport.jp

シャワールームと同様にマッサージ器が用意されているといった点も、空港ラウンジにおけるサービス内容のひとつとして挙げられます。例えば、羽田空港の第1ターミナルにある「JALサクララウンジ」では、半個室の空間にいくつかのマッサージ器が設置されており、それらを全て無料で利用できるといった特徴があります。また、女性専用のラウンジ空間も提供されています。

近年では、羽田空港以外のラウンジにもマッサージ器が用意されており、なかには高級マッサージ器を利用することができるケースも珍しくありません。しかし、一部の空港ではマッサージサービスを廃止しているラウンジもあります。例えば、成田空港のラウンジでは2016年までマッサージ器を利用することができましたが、2017年9月末をもってサービスを終了しているので、空港ラウンジを利用する際には注意が必要です。

サービス内容⑦雑誌類

出典: http://kuukoulounge.com

Amazonゴールドカードで使える空港ラウンジのサービス内容として、雑誌類を読むことができるといった点も挙げられます。また、設けられている雑誌スペースはラウンジの入り口付近に用意されているケースが多く見られ、数多くの利用者が気軽に雑誌などを読むことができる仕組みとなっています。しかし、ラウンジ内にある雑誌類を持ち帰ることはできないので注意してください。

Amazonゴールドカードで使える空港ラウンジには、雑誌の他にも新聞やテレビが用意されているといった特徴があります。また、それらのサービスは全て無料で利用できる仕組みとなっているため、さまざまな人々から高い支持を集めている傾向にあります。そのため、今後はさらに空港ラウンジの利便性と快適性が高まっていくとも言われています。

Amazonゴールドカードでのラウンジ利用時の注意点

注意点①同伴者は別料金が必要

出典: https://chu-channel.com

Amazonゴールドカードを使って空港ラウンジを利用する際には、いくつかの注意点についても知っておくことが重要です。また、ラウンジ利用時における主な注意点として、同伴者は別料金を支払う必要があるといった点が挙げられます。また、同伴者として子供を連れてラウンジを利用した場合にも別料金がかかることが一般的となっていますが、年齢によっては無料となるケースもあります。

同伴者が空港ラウンジを利用する際に発生する料金は、各ラウンジによって異なってくる傾向にあります。また、同伴者の人数制限を設けているケースもあり、2人以上の同伴者がいる場合に別料金がかかることが多いと言われています。さらに、一部のラウンジでは同伴者も無料となるクーポンを利用することができないこともあるので、それらの点を十分に考慮しておく必要があります。

注意点②空港によっては子供も別料金が必要

出典: https://hatarakumamaplus.com

空港によっては子供も別料金が発生するといった点も、Amazonゴールドカードを使ってラウンジを利用する際の注意点として挙げられます。また、子供の年齢によっても別料金が必要となる条件が異なってくる傾向にあり、一般的には「4歳以上」で別料金を支払うこととなり、利用代金として少なくとも1000円を支払う仕組みとなっているので注意してください。

通常、同伴者がラウンジを利用する際には別料金を支払うことが一般的となっていますが、いくつかの条件を満たすことで無料でラウンジを利用することも可能となります。主な条件としては、同伴者が1人といった点が挙げられます。また、同伴者が家族カードを持っている場合にも無料となるケースがあるので、事前にそれらの仕組みを理解しておくことも重要となってきます。

Amazonゴールドカードで使える羽田空港ラウンジ

羽田空港ラウンジ①第1旅客ターミナル

出典: https://www.tokyo-airport-bldg.co.jp

Amazonゴールドカードを使ってラウンジを利用する際には、各空港ラウンジの特徴や注意点などを知っておく必要があります。例えば、年間8000万人を超える利用者が訪れる羽田空港には、第1旅客ターミナル・第2旅客ターミナル・国際線旅客ターミナルが存在しており、各ターミナルによって利用できるサービス内容にも違いが生じることとなります。

羽田空港の顔となっている第1旅客ターミナルにおける主な特徴としては、3種類のカードラウンジが設けられているといった点が挙げられます。例えば、「エアポートラウンジ」と呼ばれる空間では6時から22時まで利用することが可能となっていますが、シャワールームを使う場合には別途料金を支払う必要があるなどといった注意点もあります。

羽田空港ラウンジ②第2旅客ターミナル

出典: https://haveagood.holiday

羽田空港の第2ターミナルにおけるラウンジの主な特徴としては、フリードリンクサービスが提供されているといった点が挙げられます。また、ラウンジ内は非常に開放的な空間となっていることに加えて全席禁煙ともなっているため、子供連れの利用者からも高い評価を得ている傾向にあります。

羽田空港第2ターミナルのラウンジを利用する際には、いくつかの注意点にも留意しておく必要があります。主な注意点としては、各ラウンジによって利用時間がやや異なってくるといった点や、同伴者がラウンジを利用する場合は1人あたり1080円の別料金がかかるといった注意点が挙げられます。また、4歳以上の子供の場合には540円の別料金が発生する仕組みとなっています。

羽田空港ラウンジ③国際線旅客ターミナル

出典: https://www.traicy.com

羽田空港の国際線旅客ターミナルにおける主な特徴としては、ゴールドカードで利用可能となるラウンジが2ヶ所設けられているといった点が挙げられます。また、どのラウンジも無料で利用することができますが、サービス内容はやや異なってくる傾向にあります。さらに、ネット回線環境が非常に充実しているといった魅力も、大きな特徴のひとつとされています。

羽田空港の国際線旅客ターミナルにおけるラウンジを利用する際の注意点としては、到着時にAmazonゴールドカードを使ってラウンジを利用することができないといった点が挙げられます。また、利用可能となる時間帯も各ラウンジによって異なってくるため、それらの点を考慮したうえで利用することも非常に重要となってきます。

Amazonゴールドカードで使える成田空港ラウンジ

成田空港ラウンジ①第1ターミナル

出典: https://news.mynavi.jp

Amazonゴールドカードを使って空港ラウンジを利用する際には、成田空港のラウンジにおける特徴などについても把握しておくことが重要です。現在、成田空港では年間4000万人を超える利用者が訪れており、羽田空港に次ぐ規模を誇っています。また、成田空港には第1ターミナル・第2ターミナルがあり、それらのラウンジで提供されているサービス内容にも違いが生じる傾向にあります。

成田空港の第1ターミナルにおけるラウンジの主な特徴としては、利用できる時間が7時から21時までとなっている点や、ソフトドリンク・インターネット利用などのサービスが無料といった点が挙げられます。また、アルコール類の提供やコピー機の利用もできますが、別途料金がかかる仕組みとなっているので注意が必要です。

成田空港ラウンジ②第2ターミナル

出典: https://gurutabi.gnavi.co.jp

成田空港のラウンジを利用する際には、第2ターミナルの特徴などについても知っておく必要があります。成田空港第2ターミナルにおけるラウンジの主な特徴としては、第1ターミナルと同様に7時から21時まで利用可能となっている点や、雑誌類の閲覧やFAXサービスが無料で利用できるといった特徴が挙げられます。

成田空港第2ターミナルのラウンジにおける注意点としては、アルコール類が有料となっている点が挙げられます。また、成田空港ではJCBやアメリカンエキスプレスといった非常に知名度の高いクレジットカードを使うことも可能となっていますが、日本国内で発行したカードのみが利用できる仕組みとなっているので、成田空港のラウンジを利用する際には注意が必要となります。

Amazonゴールドカードで使える福岡空港ラウンジ

福岡空港ラウンジ①国内線旅客ターミナルビル

出典: https://www.azusasekkei.co.jp

Amazonゴールドカードは、羽田空港や成田空港などといった主要空港のラウンジで使うことができますが、福岡空港においても非常に使い勝手の良い存在となっています。また、福岡空港には国内線旅客ターミナルビルと国際線旅客ターミナルビルがあり、各ターミナルによってラウンジで受けられるサービス内容もやや異なってくるので、事前にそれらの特徴を知っておく必要があります。

福岡空港の国内線旅客ターミナルビルにおけるラウンジの主な特徴としては、カード会員専用の「くつろぎのラウンジTIME」という空間が設けられているといった点が挙げられます。また、年中無休で利用できるといった特徴もあり、福岡空港を利用するさまざまな人々から高い評価を集めている傾向にありますが、カード会社によっては搭乗券の提示を求められるケースもあります。

福岡空港ラウンジ②国際線旅客ターミナルビル

出典: https://ushigyu.net

福岡空港の国際線旅客ターミナルにおけるラウンジの特徴としては、「ラウンジTIMEインターナショナル」という空間が提供されているといった点が挙げられます。また、福岡空港の国内線と同様に年中無休で利用できる仕組みとなっていますが、座席数がやや少ないといった注意点もあります。さらに、福岡空港のラウンジにおいても、同伴者には別料金が発生することとなるため、十分に注意してください。

福岡空港における国際線旅客ターミナルのラウンジでは、さまざまな飲食サービスを受けることが可能となっていますが、ラウンジ内で提供されている飲食物以外の持ち込みは禁止されています。また、福岡空港に限らず各空港のラウンジは、前もって座席を予約することもできないので、福岡空港などを利用する際にはそれらの点をしっかりと考慮しておくことも重要です。

Amazonゴールドカードの国内・海外旅行保険

国内旅行保険の内容

出典: https://www.saison-chienowa.jp

Amazonゴールドカードは福岡空港や成田空港などさまざまな空港ラウンジで利用できるといった魅力がありますが、国内旅行保険が付帯されているといった大きな特徴もあります。Amazonゴールドカードにおける国内旅行保険の主な特徴としては、自動付帯となっている点や補償金額が通常のカードに比べて高く設定されているといった特徴が挙げられます。

Amazonゴールドカードの国内旅行保険では、補償される種類によってその金額も異なってくる傾向にあり、通院の場合には1日あたり2000円の補償を受けることができます。また、入院の際には1日あたり5000円の補償が受けられるため、空の旅をより快適なものにすることが可能となってきます。

海外旅行保険の内容

出典: https://campus-hub.jp

Amazonゴールドカードを使って羽田空港や福岡空港などといった主要空港のラウンジを利用する際には、海外旅行保険に関する知識を身に付けておくことも重要です。海外旅行保険における主な特徴としては、自動付帯されるといった点に加えて、国内旅行保険よりも高い補償金額が設けられているといった特徴が挙げられます。

Amazonゴールドカードの海外旅行保険では、補償の種類によってその金額が大きく異なってくる仕組みとなっています。例えば、傷害や疾病などの治療を行った場合は最大で300万円の補償を受けることができます。また、利用者が自身の持ち物を紛失して損失を被った際には、最大で50万円の補償が適用されます。

一般カードより補償が高い

出典: https://news.mynavi.jp

Amazonゴールドカードには、羽田空港・成田空港・福岡空港など計28ヶ所の空港ラウンジで利用できるといったメリットに加えて、一般カードよりも高い補償金額が設けられているといった大きな魅力もあります。また、一般カードでは国内旅行保険や海外旅行保険が自動付帯されていないため、利用者の多くがゴールドカードに申し込む傾向にあります。

Amazonゴールドカードは、海外旅行時において特に有効と言われています。海外では日本とは大きく異なった保険制度が取り入れられており、場合によっては多額の医療費が必要となるケースもあります。そのため、海外旅行の頻度が高い人物にとっては、非常に恩恵を受けやすいサービスとなっています。

ショッピング補償もある

出典: https://angie-life.jp

Amazonゴールドカードに付帯される補償の種類として、ショッピング補償というサービスも挙げられます。ショッピング補償では最大で300万円の補償が適用される仕組みとなっており、このサービスは一般カードでも利用することが可能となっています。しかし、一般カードにおける補償はゴールドカードよりも低い金額が設けられているので注意が必要です。

Amazonゴールドカードのショッピング補償には、いくつかの注意点があります。主な注意点としては、カードを利用しなければ補償サービスが受けられないといった点が挙げられます。しかし、非常に利便性の高いサービスとしても知られているため、成田空港や福岡空港などといった空港ラウンジでの使い方に加えて、ショッピング補償の仕組みについても十分に考慮しておくことが重要です。

Amazonゴールドカードで使えるラウンジ一覧まとめ

Amazonゴールドカードで使える空港ラウンジやそのサービス内容から、利用する際の注意点などについて紹介してきました。いかがでしたでしょうか?さまざまな人々に親しまれているAmazonゴールドカードは、飛行機を頻繁に利用する人にも重宝されている傾向にあり、空の旅に欠かせない存在となりつつあります。今回紹介したAmazonゴールドカードの情報を参考に、自分に合った使い方をしていただけると幸いです。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ