ライフカードのETCカードは年会費・発行手数料が無料!締め日はいつ?

ライフカードのETCカードについて解説します。ライフカードのETCカードは年会費も発行手数料も無料で作成できます。それはいいと考えて、早速作成をしようという人もいるでしょうが、いくつかデメリットもあります。それらを含めて、詳しく検証してみましょう。

ライフカードのETCカードは年会費・発行手数料が無料!締め日はいつ?のイメージ

目次

  1. ライフカードのETCカードは年会費・発行手数料が無料!
  2. ライフカードのETCカードの締め日と支払日
  3. ライフカードのETCカードの作り方
  4. ライフカードのメリット
  5. ライフカードのデメリット
  6. ライフカードのおすすめの使い方
  7. ライフカードのETCカードの解約方法
  8. ライフカードのETCカードまとめ

ライフカードのETCカードは年会費・発行手数料が無料!

年会費と発行手数料

出典: http://www.lifecard.co.jp

一口にライフカードといってもさまざまな種類があり、その年会費は一様ではありません。しかし、通常ライフカードとして通っている一般カードの場合は、年会費・発行手数料も無料で利用ができます。ただ、年会費や発行手数料が無料のクレジットカードはたくさんあるので、特にこの点が優れているというほどではありません。

ライフカードのETCカードも年会費・発行手数料ともに無料です。クレジットカードの中にはETCカードの年会費や発行手数料が有料のものもありますが、そのようなETCカードの作成に二の足を踏む人も少なくありません。しかし、ライフカードのETCカード(ライフETCカードという)の場合は、年会費・発行手数料のことを考えなくていいので、安心して利用ができます。

他のライフカードの年会費

出典: https://www.etc-navi.net

ライフカードの一般カード以外の年会費も見ておきましょう。学生専用ライフカードは、学生が使用することが前提なので、年会費も発行手数料も無料です。女性に優しいサービスが詰まったライフカードStellaは、初年度の年会費が無料で、2年目以降の年会費は1250円(税別)です。発行手数料は不要です。自動付帯の旅行傷害保険が付いたライフカード<旅行傷害保険付き>も、初年度の年会費が無料で、2年目以降は1250円(税別)です。

リボ払い専用ライフカードStylishというクレジットカードがありますが、年会費・発行手数料ともに不要です。ランクが上がって特典も多いライフカードゴールドの場合は、年会費も高くなり、1万円(税別)ですが、発行手数料は必要ありません。そのほかにもさまざまなライフカードがあるものの、多くは年会費・発行手数料ともに無料か年会費が1000円台です。

出典: https://card-lab.com

一部のライフカードでは、ETCカード発行不可となっていますが、普通は発行ができます。その場合、どのライフカードを選んでも、ETCカードの年会費・発行手数料は無料です。したがって、コストのことを気にせずにETCカードを使えます。ただし、一部提携カードの場合は、ETCカードの年会費が有料となっているので注意しましょう。

ETCカードはポイントが付かない

出典: https://www.watasumi.net

クレジットカードの中にはETCカードの利用でポイントが付くものも多いのですが、ライフカードのETCカードの場合、ポイントは全く付与されません。実を言うと、以前はポイント付与があったのです。ところが、2017年7月1日以降この特典がなくなり、お得感が失われました。ETCカードの利用料金というものもそれなりの金額になるので、ポイントが付いてほしいのですが、それがなくなったのは残念なことです。

ETCカードは2枚目を発行可能?

出典: https://card-lab.com

ライフカードのETCカードは、本カード会員に対して1枚のみ発行されるので、2枚以上希望してもその希望はかなえられません。また、ライフカードには家族カードも発行できますが、その家族カードにETCカードは発行されません。この点は少し不便で、家族が高速道路などを利用する場合は、ライフカード以外のクレジットカードを作成しなければならないのです。

ETCカードの限度額

出典: https://creditcardmania.jp

ライフカードのETCカードの限度額というものは特にありません。カードのショッピング限度額がそのまま適用され、ショッピング代金とETCカード利用代金がその限度額の範囲内ならば問題はありません。ただし、両方を合算して限度額を超えれば、ショッピング利用はそれ以上できません。

万一、ショッピング利用とETCカード利用で利用限度額を超えた場合は、ショッピングにはもうカードを使えませんが、ETCゲートの通過は可能です。ETCゲートではカードの限度額のチェックまではしておらず、有効期限だけが確認対象となっています。したがって、限度額オーバーでも高速道路の通過には支障は生じませんが、何かと不便なことはあるので限度額は超えないようにしましょう。

出典: https://okane-tisiki.com

ショッピング利用とETCカード利用で限度額を超えてはいけませんから。まず現在の限度額を確認しておきましょう。その方法は、ライフカードのWEBサイトであるLIFE-Web Deskを利用するか電話で確認します。電話する場所はライフカードインフォメーションセンターで、電話番号は045-914-7003となっています。もし限度額を確認して、その額に不満がある場合は増額申請もできます。

ライフカードの限度額を増額したい場合は、やはりLIFE-Web Deskかライフカードインフォメーションセンターに電話するか郵送で申し込みをします。ただし、申し込んだからといって限度額が必ずしも増額されるとは限りませんが、ショッピング利用とETCカード利用で限度額がぎりぎりになりそうな人は申し込んでみたほうがいいでしょう。

Thumbライフカードの年会費は有料?審査基準や在籍確認の電話も解説!

ライフカードのETCカードの締め日と支払日

締め日と支払日

出典: https://tsucreca.com

ライフカードのETCカードの締め日は毎月5日で、支払日は同月の27日か翌月の3日です。ライフカード会員はご存知でしょうが、この締め日と支払日はショッピング枠の締め日と支払日と同じです。つまり、ETCカード利用分もショッピング枠と同様に締め日に請求され、支払日に支払いをするということになります。ETCカードだけ締め日と支払日が異なるということはありませんから、支払日に両方の引き落とし分を用意しておきましょう。

ライフカードのショッピング枠(ETCカードも含む)の締め日は毎月5日と決まっていますが、支払日は同じ月の27日か翌月の3日のどちらかです。つまり締め日は1種類で、支払日が2通りあるということですが、この支払日は金融機関ごとに違っています。その場合、特に当てはまるルールはありません。大手銀行でも地方銀行でも27日が支払日のところがあれば3日が支払日のところもありますが、ネット銀行の場合は27日が多いようです。

出典: https://dm2.co.jp

ショッピング利用代金とETC利用料金はライフカードの締め日に合算されますが、ETC利用料金は利用月ではなく翌月の締め日にまとめられることが多いです。というのも、利用データを有料道路業者がカード会社に送るのが遅れるためで、利用した月の締め日には間に合わないからです。したがって、翌月の締め日にその月のショッピング枠と一緒に請求されて腑に落ちないかもしれませんが、ETC利用料金の仕組みを知れば納得いくでしょう。

締め日と支払日は覚えておこう

出典: https://www.amazon.co.jp

クレジットカードやETCカードの利用においては、締め日と支払日は非常に重要です。あわただしく毎日を過ごしていると、つい締め日と支払日を忘れてしまうことがありますが、もし口座の残高不足などがあれば問題となるので、締め日と支払日をよく覚えておき、支払日までには口座に十分なお金を用意しておきましょう。

カードの到着日

出典: http://ichiokuen-wo.jp

ライフカードそのものの発行は最短3日と早いのですが、ETCカードの場合は申し込みから2週間くらいで自宅に届きます。少し待ちますが、ETCカードが到着したら、車のETC車載器に挿入して使います。

再発行のやり方

出典: http://houjin-etc-card.xyz

ライフETCカードが紛失したり、破損したり、磁気不良を起こしたりすることがありますが、その場合は再発行手続きをしなければいけません。まず、ライフETCカードの紛失や盗難の場合は、「カード盗難・紛失受付デスク」(電話番号0120-225331)に電話をして紛失手続きをするのが先決です。その後、「カード全般に関する各種お届け・お問い合わせ」先である045-914-7003に電話をかけて、再発行を依頼します。

ライフETCカードの年会費や発行手数料は無料ですが、再発行手数料は1050円(税込)です。余計な負担となりますが、再発行してもらうためには必要な金額です。再発行手数料はETCカード利用代金と一緒に締め日までに合算がされるので、ショッピング利用代金とともに支払日に支払うことになります。なお、ライフカードゴールドの会員は優遇されていて、再発行手数料の請求はありません。

再発行までにどのくらいかかる?

出典: https://www.smbc-card.com

ライフカードのETCカードの申し込みから手元に届くのに2週間くらいかかると書きましたが、再発行の場合も同じくらいの期間を要します。やはり少し時間が必要なので、慌てずにカードの到着を気長に待つしかありません。

Thumbライフカードの締め日や引き落とし日を調査!残高不足の対応策も紹介!

ライフカードのETCカードの作り方

ライフカードを持っていない人

出典: https://sky-life-world.hatenablog.com

ライフカードを持っていない人は、ライフETCカードを作れません。ライフETCカードはライフカードの付帯サービスなので、単独では発行できないのです。したがって、まずはライフカードの申し込みが必要ですが、その際に同時にETCカードも申し込むことができるし、後から別に申し込むことも可能です。

ライフカードの申し込み方法

出典: https://nomad-saving.com

ライフカードの申し込み方法は3種類あります。ネット上ですべての手続きが済むWEB完結型とネットと郵送の複合型の申し込み方法とすべて郵送で手続きをする方法の3種類ですが、それぞれの方法を詳しく見てみましょう。

WEB完結型の申し込みの場合は、ライフカードの申し込みページを表示させてから、「お申込みはコチラ」という黄色いマークをクリックします。ライフカードの一般カードには3種類のカラーが用意されているので、それぞれ申し込みボタンは別ですが、手続きは同じです。次に、会員規約などに同意します。

出典: http://www.lifecard.co.jp

続いて、希望するライフカードの種類、名前、住所、電話番号、Eメールアドレス、家族、住居形態、家賃や住宅ローンの支払い、居住年数、勤務状況などについて入力します。家族カードやライフETCカードも同時に申し込むのなら、その旨を入力します。そして、ネット上で手続き可能な場合は、ここで引き落とし口座を設定し、申し込み完了です。なお。申し込み完了後本人確認書類の提出が必要ですが、アップロードで送信できます。

出典: https://lifecard-mylife.com

ネットと郵送の複合型の申し込み方法の場合、ライフカードの申し込み欄に必要事項を入力するまではWEB完結型と変わりません。では、どこが違うのかというと、本人確認書類送付書や口座振替依頼書を郵送で送らなければいけないのです。本人確認書類提出用の書類と口座振替依頼書などは、PDFでダウンロードして取り寄せます。そして、その書類を返信して申し込み完了ですが、郵送が絡んでくるので発行まで少し時間を要します。

郵送だけでライフカードに申し込む場合は、申し込み書を取り寄せ、記入を手書きでし、その申し込み書や本人確認書類をまた送り返しますが、すべて郵送となるとほかの申し込み方法よりも時間がかかります。

申し込み後に審査がある

出典: https://cre-hikaku.com

ライフカードのETCカードが欲しくてライフカードに申し込んでも審査に通過しなければカードは取得できません。そのライフカードの審査ですが、信販系ということもあり、それほど厳しくないと言われていて、パートやアルバイト、専業主婦でも作成は可能です。しかし、それでも審査に不安という人は、より間口の広いライフカード有料版もあり、延滞記録がある人やクレヒスがないホワイトの人でも審査に通過する可能性があります。

ライフカード申し込み後に提出する本人確認書類

出典: http://car-me.jp

クレジットカードの申し込みでは本人確認書類の提出は必須ですが、ライフカードの場合は、次のような書類を提出すればOKとなります。運転免許証や運転経歴証明書がある場合はその表のコピー(住所が変わっている時は裏面も)、これらの書類がない場合は、健康保険証、写真付き住民基本台帳カード、パスポート、特別永住者証明書・在留カード、住民票の写しまたは記載事項証明書、印鑑登録証明書のコピーなどです(一部原本でも良い)。

ライフカードを持っている人

出典: https://nekocre.com

すでにライフカードを持っている人のETCカードの作り方は簡単で、審査はありません。作り方の手順は、会員用WEBサイトのLIFE-Web Deskにログインして行います。ただし、これまでに説明したようにライフカードの発行と違って、ETCカードの発行にはより時間がかかり、手元に届くまでに2種間くらい要します。

ライフカードの新規入会キャンペーン

出典: http://www.lifecard.co.jp

ライフカードでは定期的にキャンペーンを実施していますが、2019年6月30日までの新規入会キャンペーンでは、カード発行だけで400ポイント(2000円相当)、5万円以上の買い物での利用で1000ポイント(5000円相当)のプレゼントがあります。合計すると、7000円相当ものポイントが貰えるので、現在ライフカードのETCカードを狙っている人でまだライフカードを持っていない人は新規申し込みを考えてもいいでしょう。

Thumbライフカードの審査は甘い?落ちる原因や条件を徹底調査!通過するコツも!

ライフカードのメリット

メリット①初年度はポイント還元率1.5倍

出典: https://card-professor.jp

ライフカードの通常のポイント還元率は0.5%(1万円利用で10ポイント付与され、それが50円相当)です。この数字を見る限り、特に優れたカードだという気はしませんが、ライフカードには通常とは別のさまざまなポイントアップ特典が用意されています。したがって、全体的に見ると、年会費や発行手数料が無料のライフカードはメリットが大きいお得なカードだと言えます。

ライフカードに新規入会後1年間はポイント還元率がアップし、1.5倍となります。つまり、通常は0.5%の還元率が0.75%になります。新規入会後数か月間はポイント〇倍というカードもありますが、1年間にわたって還元率がアップするのはとてもありがたいことです。せっかくライフカードを作ったのなら、このメリットを生かさない手はありません。

メリット②誕生月はポイント還元率3倍

出典: https://ecoeco-taizen.com

ライフカードの本会員の誕生月にはポイントが3倍になる特典もあり、還元率が1.5%となります。この特典は新規入会年にだけ適用されるわけではなく、ライフカードを持っている間中利用ができます。それだけにメリットが大きいですが、誕生月には大きな買い物をして利用代金を上げれば、ポイントがどんどん貯まります。これはという商品を狙っているのであれば、誕生月に購入するといいでしょう。

誕生月はポイント3倍というと、疑り深い人の中には特定のお店だけではないのかと疑問を呈する人がいるかもしれません。しかし、その疑問は当たってはいません。どのお店で買い物をしようがポイント3倍が適用され、とてもメリットが大きくなっています。

メリット③ステージ制度でポイント還元率2倍

出典: http://tuieoyuc23.hatenablog.jp

クレジットカードの中には、年間の利用額が大きくなると特典を与えるものがありますが、ライフカードもそのようなクレジットカードの仲間です。どのような特典かですが、ステージプログラムといって、利用額に応じて翌年のポイント還元率がアップします。どのくらい還元率がアップするのかを見てみましょう。

 

年間の利用額が50万円以下の場合、特に大きな特典はなく、レギュラーステージとなり、還元率は1倍です。利用額が50万円以上100万円未満の場合は少し段階が上がって、スペシャルステージとなり、還元率は1.5倍です。さらに100万円以上200万円未満の利用では特典内容もアップし、ロイヤルステージとなり、還元率は1.8倍です。このステージは新たに登場したもので、ライフカード会員のメリットを考えて作られました。

出典: https://kakaku.com

ライフカードの年間利用額が200万円以上ともなると、さすがにステージも高くなり、特典も優れたものになります。ステージはプレミアムで、ポイントは2倍です。ただ、200万円以上利用となると、かなり壁が大きくなり、達成には困難を伴うこともあるでしょう。

出典: https://card-lab.com

年間ライフカードを100万円以上、200万円以上使えば、ステージも上がって、還元率もアップしますが、その数字に戸惑う人もいるでしょう。年間100万円以上もライフカードを使えるだろうかというわけです。しかし、この利用代金には、買い物代金だけではなく、公共料金、プロバイダー料金、携帯電話代、税金、保険料なども含まれています。したがって、頑張れば達成可能な数字ではあります。

メリット④ふるさと納税でポイント還元率2倍

出典: https://www.nikkei.com

ライフカードはふるさと納税ポータルサイトの「ふるまる」とコンビを組み、新たに会員限定のサービスを始めました。これによりライフカードでの寄付が可能となるほか、L-Mall経由で返礼品を指定すると、ポイント還元率が2倍に跳ね上がります。ふるさと納税を利用しようかどうか迷っている人で、ライフカードを持っているのなら、ぜひこの特典を利用しましょう。なお、返礼品は何でもよく、特に制限は設けられていません。

メリット⑤L-MALLのポイント還元率が高い

出典: http://cretatsu.com

クレジットカードの中には、自社が運営するショッピングモールを経由してネットショッピングを利用すると、ポイント還元率がアップするというものがあります。実は、ライフカードにもそのようなショッピングモールがあり、L-Mallと呼ばれています。このL-Mall経由でAmazonや楽天市場などを利用すると、ポイントがなんと最大25倍にもなるメリットがあります。

L-Mallの利用方法は簡単です。まず、L-Mallのサイトに飛び、400以上もあるショップの中から気に入ったものを選びます。次に、LIFE-Web DeskのIDとパスワードでログインしますが、2回目以降は入力不要です。ログインができたら、ショップで買い物をし、ライフカードで決済をすれば、2~4か月後にボーナスポイントが付与されます。

メリット⑥L-Mallはゴルフ場予約が可能

出典: https://lmall.jp

ショッピングモール経由でボーナスポイントが貯まるのはライフカードだけではなく、ほかにもたくさんあるのですが、そんな中でライフカードが運営するL-Mallの場合は独自の特徴を打ち出しています。それはゴルフ場の予約ができることで。その予約でも40ポイントが付与されます。なお、L-Mallでのゴルフ場の予約は、ゴルフダイジェスト・オンラインかじゃらんゴルフというサイトを通して行います。

メリット⑦Vプリカで子供のスマホ利用に便利

出典: http://vpc.lifecard.co.jp

V-プリカというネット専用のプリペイドカードがあります。先に利用する代金を支払ってその代金分をネットショッピングに使うのですが、この購入時には手数料負担というデメリットがあり、200円分余計に支払わなければいけません。しかし、V-プリカはライフカードが発行しているプリペイドカードなので、専用サイトからライフカードを使って購入すると手数料負担がありません。まさにライフカードならではのメリットです。

ライフカードの利用では誕生月にポイントが3倍となります。この特典とV-プリカの購入とを合わせると、ポイント付与数が大幅に増える裏ワザがあります。V-プリカを誕生月以外に購入すると通常のポイント還元率となりますが、誕生月にまとめ買いをすれば、ポイント3倍のメリットを最大限生かせるのです。この際、思い切ってV-プリカを誕生月に大量に購入し、少しずつ使っていきましょう。

出典: http://www.go-next.co.jp

V-プリカにはさまざまな使い方がりますが、特にメリットが大きいのが子供のスマホゲームの課金時です。子供が課金したいからカードを貸してと言われて、クレジットカードでも出そうものなら利用代金がどんどん増えて数万円請求という多大なデメリットが生じることがあります。しかし、V-プリカなら先に支払った代金分しか使えないので、利用代金にも制限が生まれます。したがって、子供が有料ゲームをし過ぎるという心配はなくなります。

メリット⑧ポイント有効期限が5年

出典: https://hibi-money.com

ライフカードのポイントの有効期限は最大5年間です。クレジットカードのポイントの中には有効期限が短くて、それがデメリットとなっているものがありますが、ライフカードにはそのようなデメリットはありません。セゾンカードの永久不滅ポイントには負けるものの、ライフカードの利用でもポイントをゆっくり貯めて、効率的に交換ができます。

最大5年間となっているライフカードのポイント有効期限ですが、一つだけ注意点があります。それは、何もしないと有効期限が2年で終わってしまうのです。そうなれば5年という有効期限のメリットを生かせません。では、どうすれば5年に延長されるのかというと、2年目以降毎年1回繰越手続きをすることが必要です。繰越手続きはLIFE-Web Deskの「サンクスポイントの照会・特典交換」からできますが、手続きを忘れないようにしましょう。

ポイントはいつ付与される?

出典: https://creditcard-ninpou.com

ライフカードのポイント付与時期については、締め日と支払日は関係ありません。基本ポイントは売上データがライフカード側に到着した時点で与えられます。また、ステージプログラムのポイントも締め日と支払日には左右されず、翌年以降の適用となります。L-Mallのポイント付与時期は、締め日が過ぎて請求が決まった月の2、3か月後の付与となります。

ポイントの交換先

出典: https://nekocre.com

ライフカードの利用では、LIFEサンクスポイントというポイントが貯まりますが、このポイントの交換先は豊富です。V-プリカギフト、他社ポイント(楽天スーパーポイント、dポイント、au Wallet ポイント、ANAマイル、Gポイント、ベルメゾンン・ポイントなど)、カタログギフト、季節のおすすめコース、インテリア家電コースなどです。ほかにもありますが、交換先を探すだけでも楽しいものです。

チャージできる電子マネー

出典: https://poitoku.net

ライフカードからは、nanaco、Edy、ライフカードiD、モバイルSuica、au Wallet(MasterCardのみ)にチャージができます。このうち、ライフカードiD、モバイルSuica、au Walletへのチャージではポイントが付与されます。その率は買い物時と同じで1000円につき1ポイントです。実を言うと、以前はnanacoチャージでもポイントが付与されたのですが、サービスの改悪があり、現在はポイント付与はありません。

Thumbライフカードゴールドの審査基準や年会費・メリットを解説!

ライフカードのデメリット

デメリット①キャンペーンが無いと平凡

出典: http://stiebukuro.jp

誕生月のポイントアップ、ステージプログラムの導入など数々のメリットがあるライフカードですが、それらのキャンペーンが利用できないと、基本のポイント還元率は0.5%と平凡です。1000円利用で1ポイント付与され、それが5円の価値があるとは言うものの、0.5%還元ではそれほどポイントが貯まりません。キャンペーン対象になればいいですが、そうでない場合はあまりお得感がないのがライフカードです。

デメリット②海外旅行傷害保険なし

出典: https://koichi2017.com

ライフカードの一般カードには海外旅行傷害保険が付帯していません。したがって、海外旅行へ行く場合は、ライフカードを持っていても安心ができません。海外旅行傷害保険が必要なら、2年目以降年会費が1250円(税別)のライフカード<旅行傷害保険付き>に切り替えなければいけません。ただ、仮に切り替えをしても補償額という点では足りない場合もあり、追加で新しいクレジットカードを作成する場面もありそうです。

デメリット③ポイント還元が無いサービスがある

出典: https://www.nanaco-net.jp

キャンペーンが利用できればポイントがどんどん貯まってお得なライフカードですが、残念ながらポイント付与対象外のサービスがあります。それについてはすでに取り上げています。もう一度紹介すると、ライフETCカードの利用ではポイント還元はありません。また、Edyやnanacoへのチャージにもポイントが付きません。もう一つ、ライフカード販売のJCBギフトカードにもポイント付与はありません。

デメリット④家族カードの落とし穴

出典: https://nekocre.com

ライフカードの家族カードは、年会費・発行手数料ともに無料です。それはそれでメリットなのですが、ライフカードの家族カードには落とし穴があります。それは、誕生月にポイントが3倍になるという特典が、家族カードの場合は適用されず、本会員だけを対象にしている点です。せっかくポイントが良く貯まると思って家族カードを作っても、これではがっかりしてしまいます。

Thumbライフカードが改悪でポイント還元率は?上手な使い方や交換方法を伝授!

ライフカードのおすすめの使い方

家族名義で複数枚持つ

出典: https://money-survival.com

ライフカードの誕生月特典が本会員にのみしか適用されないのならば、ライフカードを家族別々の名義で複数枚持てば、それぞれに特典が利用できてメリットが大きくなります。家族カードでは思ったほどポイントが貯まらなくても、別々名義ならかなりポイント付与率も上がるというものです。また、それぞれの家族が所有しているライフカードのポイントは合算もできるので、便利です。

誕生月だけ使う

出典: https://card-professor.jp

ライフカードを普段使っても0.5%の還元率にしかなりません。それならば、一層誕生月にだけまとめて使うという使い方もありです。では、ほかの月はどうすればいいのかですが、ほかの月はもっとポイント還元率の高いカードを使うという手があります。誕生月にのみにライフカードを使う場合、V-プリカの項目で説明したようにプリペイドカードを大量に購入するという裏ワザもあります。

Thumbライフカードでキャッシングする方法まとめ!利率・利息も!

ライフカードのETCカードの解約方法

年会費・発行手数料ともに無料でも解約したくなることはある

出典: https://card-lab.com

ライフETCカードは年会費・発行手数料ともに無料でお得に利用できるのですが、それでも解約したくなることもあります。特にポイント還元が無いのは面白くない点です。したがって、同じ年会費・発行手数料無料のETCカードでもポイント付与があるものを使いたくなることもあるでしょう。それ以外にも、さまざまな理由でライフETCカードを解約したくなる場合があります。

解約申込先

出典: https://www.premoa.co.jp

ライフETCカードの解約手続きは電話で行います。インターネットではできません。電話をする場合は、「カード全般に関する各種お届け・お問い合わせ」先である045-914-7003にかけます。

解約の流れ

出典: https://card-lab.com

ライフETCカードの解約で特に難しい点はありませんが、一応流れを見ておきましょう。まず「カード全般に関する各種お届け・お問い合わせ」先に電話をしたら、オペレーターの指示を受けます。その際にライフETCカードの解約を申し込みたい旨を伝えます。すると、氏名や生年月日、ETCカードの番号などの情報を聞かれるので、答えていきます。ほぼそれだけで解約手続きは完了します。

解約の注意点

出典: https://www.smbc-card.com

ライフETCカードを解約しようと思っても、利用代金の残高が残っていれば、締め日までにその残高計算が行われ、支払日にはきちっと支払いを済ませなければいけません。したがって、解約日と締め日、支払日の関係を確認しておきましょう。それから、ライフETCカードだけでなくライフカードも解約したい場合は、ライフカード解約手続きだけすればその他の付帯サービスも同時解約となるので、改めて手続きをする必要はありません。

Thumbライフカードの解約・退会方法まとめ!手続きはネットや電話でできる?

ライフカードのETCカードまとめ

出典: https://cktt.jp

ここまで、ライフカードのETCカードの年会費と発行手数料、締め日と支払日、作り方、解約方法、ライフカードのメリット・デメリットなどについて解説しました。ライフカードのETCカード(ライフETCカード)は年会費・発行手数料ともに無料でコストのことを考えずに利用できるメリットがあります。しかし、ポイント還元が無くなったので、ポイント付与がある他のETCカードよりはサービスが悪いです。

Thumb学生専用ライフカードがおすすめの理由!評判まとめ!ポイントや保険は?

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ