楽天ペイと楽天Edyの違いとは?ポイント還元率の比較から使い方まで!

楽天ペイと楽天Edyの違いについて解説します。楽天ペイも楽天Edyも楽天の電子マネーですが、似ているようで違う点が多々あります。では、どこが違うのかというとポイント還元率や使えるお店、使い方などなので、早速その詳しい内容を見てみましょう。

楽天ペイと楽天Edyの違いとは?ポイント還元率の比較から使い方まで!のイメージ

目次

  1. 楽天ペイと楽天Edyの違いとは?
  2. 楽天ペイと楽天Edyのポイント還元率の比較
  3. 楽天ペイと楽天Edyの使い方
  4. 楽天ペイと楽天Edyのメリット
  5. 楽天ペイと楽天Edyのデメリット
  6. 楽天ペイと楽天Edyの違いまとめ

楽天ペイと楽天Edyの違いとは?

楽天ペイとは?

出典: https://bitdays.jp

楽天ペイはスマートフォンで使える電子マネーで、登録したクレジットカードから支払いができます。支払い方法は、スマホのQRコードの読み取り(ほかにも方法あり)で行います。というと、スマホの機種に制限はないのか気になりますが、楽天ペイはほぼすべてのスマホで利用ができます。楽天ペイがあれば、クレジットカードを使う必要はないし、もちろん現金も不要になります。大変便利な決済手段が楽天ペイなのです。

楽天Edyとは?

出典: https://no-genkin.com

楽天Edyは、読み取り機に読み込ませることによって支払いができる電子マネーで、事前にチャージして利用します。楽天Edyには、カード型のものとスマホで利用できるものの2種類がありますが、最近はスマホで楽天Edyを使う人が増えています。楽天Edyにチャージする場合、いくつもの方法が用意されていて使いやすくなっています。また、楽天Edyは加盟店も多く、使い勝手のよさという点ではずば抜けています。

楽天ペイと楽天Edyの違い

出典: http://miyaniwa.com

楽天ペイと楽天Edyの違いを比較してみると、第一の違いは、楽天ペイは登録したクレジットカードによる決済となり、楽天Edyはチャージした金額での支払いとなる点です。また、ともにスマホで利用できるのですが、楽天ペイはすべてのスマホに対応し、楽天Edyはおサイフケータイ対応(FeliCa搭載)のAndroidスマホのみでしか利用できない点も違うところです。

そのほか、使えるお店が楽天ペイよりも楽天Edyのほうが多くなっています。決済の仕方はすでに紹介したように楽天ペイではQRコードを利用し、楽天Edyでは読み取り機に読み込ませる(タッチ決済する)ことで支払いを行います。そして、ポイント還元率では楽手ペイのほうがわずかながらに上回っています。さらに、楽天ペイではポイントを利用しての支払いが可能ですが、楽天Edyでは不可となっています。

仕組み①楽天ペイ

出典: https://tomine-blog.net

楽天ペイの決済の仕組みを見てみましょう。まず、楽天ペイを利用する人はあらかじめ支払いに使うクレジットカードを登録しておきます。次に、お店やネットショップサイトで楽天ペイで支払いを完了させると、そのお店やネットショップがコード決済会社に売り上げを請求し、さらにコード決済会社がクレジットカード会社に代金を請求します。そこでクレジットカードから代金が支払われて、決済がすべて終わります。

楽天ペイは登録したクレジットカードからの支払いとなりますが、その代金は翌月の一回払いとなります。分割払いやリボ払い、ボーナス払いは適用されませんから注意しましょう。

仕組み②楽天Edy

出典: https://tomine-blog.net

楽天Edyの場合は、チャージしてから使います。その仕組みは、お店やネットショップで楽天Edyを使って支払いをし、お店やネットショップが楽天Edy発行会社に売り上げを請求します。そのとたんに楽天Edyにチャージされた金額の残高から支払いが行われるようになっています。つまり、こちらはその場で即支払いとなり、残高確認もしやすくなっています。

仕組み③楽天カード

出典: https://kakaku.com

楽天カードの仕組みは、ほかのクレジットカードと変わりません。まず、お店やネットショップサイトでカードを使って決済をすると、その売り上げをお店やネットショップが楽天カード側に請求します。そこで、楽天カードが代金を立て替え、そののちにカード所有者に代金を請求し、支払ってもらうという形になります。なお、楽天ペイではリボ払いや分割払いなどはできませんが、楽天カード決済なら可能です。

楽天ペイと楽天Edyが統合した新アプリ

出典: https://www.itmedia.co.jp

楽天ペイにも楽天Edyにもメリットがあり、どちらも利用したくなりますが、そのような要望に応じて楽天で楽天ペイと楽天Edyを統合した新アプリを提供する運びとなりました。新アプリでは、これまで通り楽天ペイでの決済はもちろんできますが、さらに楽天ポイントや楽天Edyでの支払いも可能になり、非常に使いやすくなっています。

Thumb楽天ペイの手数料は業界最安値?主要モバイル決済と比較してみた!

楽天ペイと楽天Edyのポイント還元率の比較

還元率①楽天ペイ

出典: https://card-db.com

楽天ペイの利用では200円ごとに1ポイント、つまりポイント還元率は0.5%です。なんだ0.5%かという人がいるかもしれませんが、楽天カードを楽天ペイに登録すると、楽天カードの利用分として100円につき1ポイントもらえます。つまり、楽天ペイと楽天カードのダブルポイント獲得となって、合計のポイント還元率は1.5%となるので、これならきっと満足でしょう。

登録するクレジットカードによって楽天ペイの還元率が変わりますが、その還元率を3.5%にまで引き上げる裏ワザがあります。どういう裏ワザかというと、ウォレットアプリのKyashを使えばいいのです。その使い方は、ポイント還元率1%以上のカードでKyashにチャージし、そのKyashで楽天ペイの支払いをします。そうすると、チャージで1ポイント、Kyash利用で2ポイント、楽天ペイ利用で0.5ポイントの合計3.5ポイントが貯まります。

還元率②楽天Edy

出典: https://kurekahikaku.com

楽天Edyの利用では、200円につき1ポイントしか貯まらず、ポイント還元率は0.5%となっていますが、楽天Edyへのチャージでもポイントが付与されるのでもう少し還元率は上がります。楽天カードを使って楽天Edyにチャージした場合を考えてみると、200円チャージで1ポイント、やはり0.5%の還元率があります。つまり、両方のポイントを合わせると、還元率は1.0%となります。

還元率③楽天カード

出典: http://setsuyaku-hukugyou.net

楽天カードのポイント還元率は1.0%、つまり100円利用で1ポイント貯まります。クレジットカードのポイント還元率としてはまずまずの数字ですが、これを楽天ペイや楽天Edyと比較した場合、どちらが上になるのかは微妙なところです。わずかに上回るのが楽天ペイで、楽天Edyの場合はほぼ同等です。

楽天ペイはポイント二重取りが可能

出典: https://misoinvest.com

楽天ペイには、楽天Edy、楽天カードにないメリットがあります。そのメリットとは、ポイントの二重取りができることです。なぜかというと、楽天ペイの利用で0.5%還元があり、登録したクレジットカードの利用でもカード独自のポイントが付与されるからです。もし登録したクレジットカードが楽天カード以外の場合は、そのカードのポイントと楽天スーパーポイントが両方貯まることになります。

Thumb楽天ペイが使えるコンビニまとめ!お得な使い方や注意点も!

楽天ペイと楽天Edyの使い方

使い方①楽天ペイ

出典: https://paymoney.jp

楽天ペイの使い方は全部で3種類あります。バーコード決済、QRコード決済、セルフ決済です。まず、バーコード決済やQRカード決済の使い方ですが、支払い方法を「R Payコード・QR払い」とし、バーコードやQRコードをお店でスマホに示し、読み取ってもらうだけで支払いが完了します。非常に使いやすく便利な方法です。

別なQRコード決済方法もあります。それは、楽天ペイを利用している人がQRコードを提示するのではなく、反対にお店側が提示したQRコードを読み取るという方法です。この場合の使い方はまず支払い方法を「QR読み取り」とし、QRコードを読み取るだけです。後は支払い金額を入力するのみなので簡単ですが、金額がすでに示されている場合はその金額のままでOKです。そして、確認してフリックすれば支払い完了です。

出典: https://mixart.jp

他の決済方法と比較して少しだけ手間が増えますが、セルフ決済もできます。セルフ決済の使い方は、まず支払い方法を「セルフでお支払い」とし、支払うお店を選びます。次に金額を入力し、金額を確認してフリックすれば支払いが完了します。セルフ決済の場合、金額が示されるということはないので、入力は必ず自分で行います。

使い方②楽天Edy

出典: https://card.benrista.com

楽天Edyの使い方は簡単です。Edy機能付きクレジットカードやEdy-楽天ポイントカード、Edyアプリをインストールしたおサイフケータイ対応スマホを専用の端末にかざすだけで支払いが完了します。ただし、楽天Edyの利用にあたっては事前にチャージが必要ですが、その方法は複数用意されています。チャージが必要な点が楽天ペイと比較すると面倒な点ではあります。しかし、それが面倒ならオートチャージも設定可能です。

出典: https://nomad-saving.com

楽天Edyのチャージ方法は、楽天Edyの種類によって違いますが。ここではおサイフケータイの場合のチャージのやり方を見てみましょう。チャージ方法は、クレジットカード、現金、楽天ID、銀行口座、オートチャージの5種類あります。クレジットカードの場合は登録をし、現金の場合は、コンビニなどの楽天Edy加盟店でチャージを申し込むかEdyチャージャー(現金入金機)を利用します。

楽天IDでチャージとはどういうことかというと、楽天市場で通常利用するクレジットカードでチャージをすることです。銀行口座からチャージする場合は、事前に銀行に口座振替の手続きをします。オートチャージは便利な機能で、1時間ごとに残高をチェックし、一定額以下になった場合に自動的にチャージがされるようになっています。オートチャージに設定できる方法は、クレジットカード、楽天ID、銀行口座からのチャージです。

使い方③楽天カード

出典: https://www.money-press.info

楽天カードはクレジットカードなので、使い方については解説するまでもないでしょう。ただ、楽天カードが初めて使うクレジットカードであるという人もいるかもしれないので、一応使い方を説明しましょう。まず、買い物代金を支払う際にカードを取り出して店員に渡します。すると、店員がカードを読み取り機にかざし、その後何回払いかを聞いてくるので指定し、それが済めば支払い完了です。後はカードを受取ってください。

楽天ペイはアプリが無料で即使える

出典: https://card.kinri.jp

楽天ペイの使い方はすでに解説しましたが、その使い方の前段階としてアプリをダウンロードします。料金はかからず、ほぼすべてのスマホで楽天ペイは利用できます。ただし、推奨端末というものも示されているので紹介しましょう。iOS8.0以上、Android4.3以上です。後は、アプリをダウンロードしたら、登録するクレジットカードが必要ですが、楽天カード以外ではVISAかMasterCardしか利用できません。

Thumb楽天ペイの使い方を分かりやすく解説!利用できる店舗やメリットも!

楽天ペイと楽天Edyのメリット

楽天ペイ①紛失や盗難時にすぐ利用停止可能

出典: https://www.biccamera.com

楽天ペイはスマホアプリなので、デメリットとしてスマホがなくなったり、盗まれたりした場合は悪用の恐れがないとは言えません。しかし、楽天ペイの場合は利用停止がすぐにできるメリットがあります。その方法は簡単で、カスタマーデスクに電話して利用停止を申請するだけです。カスタマーデスクの電話番号は0570-000-348 (ナビダイヤル)で、受付時間は9時半から18時時までです。

楽天ペイ②セキュリティが高くて安全

出典: https://smartpay.rakuten.co.jp

楽天ペイを使っている人が一番心配しているのは、クレジットカード情報の洩れです。その点、楽天ペイはどうなのかというと、セキュリティは万全です。なぜかというと、楽天ペイを使ってもカード情報はお店に知られないからです。また、楽天ペイにはパスコードも設定できるので、より安全度が増します。したがって、クレジットカードと比較した場合、楽天ペイのほうが不正利用の恐れは低いです。

楽天ペイ③楽天Edyよりポイントが貯まる

出典: https://www.cardloan-abc.net

楽天ペイだろうと楽天Edyだろうと使えばポイントが付与されることに変わりません。ただし、両者を比較してみて、どちらのほうがポイントが良く貯まるか冷静に見る必要もあります。楽天カードを利用しているとして、楽天ペイの場合の還元率は1.5%で、楽天Edyの還元率は1.0%です。この数字から見れば簡単にわかりますが、楽天ペイのほうがポイント還元率という点ではお得に利用できます。

楽天ペイ④楽天ユーザーはすぐ使える

出典: https://kanehira-ec.co.jp

楽天ペイは楽天ユーザーでなくても自由な使い方ができるのですが、楽天ユーザーとユーザーでない人を比較した場合、楽天ユーザーのほうがすぐに使えるメリットがあります。というのも、楽天ユーザーの場合、楽天会員として登録されているクレジットカードをそのまま使えるからです。新規登録の手間が省かれるという点では、少しメリットの点で上回ります。

楽天Edy①ポイントが貯まりやすい

出典: https://feature.cozre.jp

ポイント還元率で比較した場合は、楽天Edyは楽天ペイに負けますが、ポイントそのものは貯まりやすいメリットがあります。というのも、楽天Edy加盟店は楽天ペイ加盟店と比較しても数が多いからです。楽天Edyの利用でポイントが付与されお店には、楽天Edyのマークが付いているので、それを見てぜひこのメリットを生かしてください。

楽天Edy②キャンペーンがお得

出典: https://edy.rakuten.co.jp

楽天Edyの利用で注目してほしいのがキャンペーン情報です。楽天Edyでは定期的にキャンペーンを実施しているので、使い方によってはかなりお得になります。一つキャンペーンの具体例を紹介しましょう。2019年5月31日までのキャンペーンですが、ビックカメラグループで楽天Edyを200円(税込)以上利用するとポイントが7倍貯まります。キャンペーンはほかにもたくさんあり、とてもメリットが大きくなっています。

Thumb楽天ペイが使えるお店・加盟店一覧!LINE Payとどちらがお得?

楽天ペイと楽天Edyのデメリット

楽天ペイ①利用にパケット通信料金がかかる

出典: https://cashless-alife.com

楽天ペイの利用自体にはお金はかかりません。しかし、スマホで利用する場合は、パケット通信料が必要です。これはデメリットと言えますが、通信料そのものはそれほど高額ではありません。とはいえ、デメリットであることに違いはなく、パケット通信の利用し放題となっている場合を除いて、少し気になる点で、楽天Edyなどと比較すると少し残念なことではあります。

楽天ペイ②送金や割り勘は使えない

出典: https://no-genkin.com

個人間の送金ができて、割り勘を利用できるアプリもありますが、それらと比較すると楽天ペイのデメリットが目立ちます。まだ楽天ペイでは送金ができないからで、友達にお金を送りたければ別のアプリを使う必要があります。せっかく楽天ペイをインストールしたのに送金が不可なのは残念です。

楽天ペイ③Apple Payに未対応

出典: https://www.apple.com

楽天ペイはApple Payには対応していません。したがって、より簡単な決済方法であるリーダーにかざすだけでOKという使い方はできず、この点もデメリットとなっています。今後このデメリットが解消されるかどうかは不明ですが、今のところはデメリットのまま残っています。

楽天Edy①使えない店がある

出典: https://edy.rakuten.co.jp

楽天ペイと楽天Edyを比較した場合、楽天Edyのほうが使えるお店は多いのですが、それでも使えないお店はあります。小規模店舗や個人経営の商店などでは、まだ電子マネー決済を導入していない場合もあり、そのようなお店では楽天Edyは使えません。これもデメリットですが、そのような場合はクレジットカード払いが可能ならそうするし、それもダメなら現金払いするしかありません。このデメリットが嫌だと言っても仕方ありません。

楽天Edy②残高の管理が面倒

出典: http://www.family.co.jp

これは楽天Edyの使い方だけにおけるデメリットではありませんが、チャージ式の電子マネーの場合、意外に残高管理が面倒です。残高が少なくなれば好きな買い物ができなくなるし、その残高をいちいちチェックするも大変といえば大変です。チャージの手間も含めて、このデメリットを嫌う人もかなりいます。

Thumb楽天ペイはマクドナルドで利用可能?メリットから使い方まで!

楽天ペイと楽天Edyの違いまとめ

出典: https://tomine-blog.net

ここまで、楽天ペイと楽天Edyの違い、ポイント還元率の比較、使い方の違い、それぞれのメリット・デメリットなどについてお伝えしました。楽天ペイと楽天Edyはともに楽天という名称が付いていますが、細かい点で内容がかなり違います。それぞれメリットやデメリットもあるので、どちらを利用するかよく考えたうえで選択をしてください。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ