プリペイドカードの種類一覧!クレカとの違いや還元率を比較!

プリペイドカードとクレカはどんな風に違うのでしょうか。この記事ではクレカとプリペイドカードの違いやプリペイドカードの種類にや比較、プリペイドカード一覧について解説しています。比較的おすすめのプリペイドカードの種類や使い方についても解説しています。

プリペイドカードの種類一覧!クレカとの違いや還元率を比較!のイメージ

目次

  1. プリペイドカードの種類一覧
  2. プリペイドカードとクレカの違い
  3. プリペイドカードの還元率
  4. プリペイドカードのおすすめは?
  5. プリペイドカードのVISAカードを比較
  6. プリペイドカードが買えるコンビニ
  7. プリペイドカードの使い道
  8. プリペイドカードの種類一覧まとめ

プリペイドカードの種類一覧

種類①チャージ式

出典: https://www.mastercard.co.jp

プリペイドカードの種類の一覧の中に、チャージ式のプリペイドカードがあります。チャージ式というのは、前もってプリペイドカードに入金する事によって、入っている金額分だけ利用する事ができるプリペイドカードとなります。チャージ式のプリペイドカードでは、入金していない場合には残高不足となって利用する事ができません。

チャージ式のプリペイドカードのメリットとして、あらかじめ入金されている金額しか利用できないため、クレカのように使いすぎてしまう心配はありません。デメリットとしては入金をする手間が必要になる事です。

種類②店頭で買える物

出典: https://www.sej.co.jp

プリペイドカードの種類の一覧の中には店頭で購入できるものもあります。コンビニの他に家電量販店でも何種類かプリペイドカードの販売を始めており、利用金額に応じて数千円単位で5万円までのプリペイドカードの販売が行われています。nanacoカードもお金をチャージした時点でプリペイドカードとなり、財布を持っていなくてもnanacoカードを持ってさえれば、セブンイレブンで商品を購入する事ができます。

店舗で購入できるプリペイドカード一覧表の中には、主にゲームに使うプリペイドカードが多く、他のもアイチューンズカードやウェブマネーカードなどが販売されています。コンビニで購入する際にも、種類によっては値段を決めて購入できるので便利です。

種類③国際ブランド付き

出典: https://www.k-taimiler.com

プリペイドカードの種類の一覧の中に、国際ブランド付きのプリペイドカードというものがあります。国際ブランドというのは、クレカについている「VISA」「JCB」「AMEX」などのマークの事で、国際ブランドが付いていれば国内だけでなく海外の加盟店でも利用する事もできます。

種類④クレジットカード一体型

出典: https://wasiblo.net

プリペイドカードの種類の一覧の中に、クレジットカード一体型のプリペイドカードというものがあります。1枚でクレジットカードとプリペイドカードの役目を果たすもので、主にクレジットカードの中にプリペイドカードの機能が備わっています。通常のクレカと違って利用制限が付く部分がありますが、審査等がないので意外と持ちやすいカードといえるでしょう。

Thumbコストコ商品券で無料入場はできない?今はプリペイドカードが主流!

プリペイドカードとクレカの違い

プリペイドカードは前払い

出典: https://vandle.jp

プリペイドカードの場合は基本的に、前払いでお金を入金しておかないと利用する事ができません。1回1回入金する手間が必要になってきますが、仮に落としてしまった場合でも、クレカのように入っている金額以上を使われてしまう心配はありません。よく使われているグーグルプレイカードもプリペイドカード一覧の中に入っている種類で、あらかじめお金を払って既定の金額分を購入し、残った金額はストックされます。

プリペイドカードは前払いのため、いざ使おうと思ったときに、金額が足りないという事にもなりかねません。その点ではプリペイドカードよりもクレカのほうが使いやすいといってもいいでしょう。しかし中に入っている金額分しか利用ができないので、盗難された場合や落としてしまった場合でも、クレカよりも多少は安心する事ができます。

クレカが使いやすい理由

出典: https://kakakumag.com

プリペイドカードとクレジットカードを比較した場合に、使いやすさの点ではクレカのほうが使いやすいです。プリペイドカードの場合は入金の手間がかかる上にその時払いとなり、いざ使おうとした場合に残高が足りないという事もあります。クレカの場合はどんなに早くても支払いをするのは翌月となります。

クレカの場合は利用限度額こそ決まっているものの、利用限度額は数十万円で設定されている場合が多いので、よほど大きい買い物をしない限り、利用限度額に達する事はありません。カードさえあればいくらでもその場で使うことができるので、便利さを比較するとクレカのほうが圧倒的に使いやすいといえるでしょう。しかし目に見えないお金となりますので、知らず知らずのうちに使いすぎてしまう事も少なくありません。

クレカの決済方法

出典: https://news.cardmics.com

クレカの決済方法は一括、分割、リボの3つに分かれます。いずれの場合も翌月払いとなりますが、基本的に一括の場合は金利手数料はかかりません。分割とリボの場合には翌月払う金額に対して金利手数料が加算されて請求される形となります。

プリペイドカードは金利手数料がない

プリペイドカードの場合にはクレカと違って、基本的にはあらかじめ現金をチャージしておいてその時に支払う形となるので、金利手数料などは発生しません。クレカなどは翌月払いとなるメリットがある分金利手数料が発生する場合があります。

クレカのリボ払いとは

出典: https://www.paymentnavi.com

クレカのリボ払いとは現在のクレカの利用金額に関わらず、毎月一定の決まった金額を支払う事ができます。ほとんどの場合は5000円から支払う事ができますので、いくら使っても毎月5000円の支払いをすればいいという事です。注意点として、現在の利用額に応じての金利手数料(年率15パーセント程度)が加算されるため、仮に20万円をリボ払いで利用しているとすれば、毎月支払う5000円と手数料2000円程度が加算されて請求されます。

カードローンと違ってリボ払いの金利手数料は15%程度と高いです。仮に20万円利用している場合の金利手数料を計算すると(200000×0.15/365)で1日当たりの手数料を計算でき、これに前支払った日にちから次の支払い日までの日数をかけます。計算すると約2500円となり、毎月支払う額は7500円(元金5000+手数料2500)となります。リボ払いは手数料が異常に高いので可能であれば利用する事はおすすめしません。

リボと分割の違い

出典: https://www.smbc-card.com

クレカの分割払いの場合には、リボ払いの場合と違って比較的金利手数料が低くなっています。分割払いの場合には回数が制限されているので30回40回とするわけにはいきません。しかし金利手数料の利率が低くなっているので、手数料をほとんど支払う必要がありません。どうしてもリボ払いをしないといけない方は分割を最初に検討してみてはいかがでしょうか。

Thumb三井住友VISAプリペイドカードの使い方!メリットは何?ネットで便利!

プリペイドカードの還元率

カードごとに還元率が違う

出典: https://cre-hikaku.com

プリペイドカードを比較してみると、カードごとに還元率が違う事がわかります。可能であればできるだけ還元率が高いプリペイドカードを利用する事をおすすめします。プリペイドカードによっては還元率が高いものでは2%程度、低いものでは0.5%程度となっています。プリペイドカードの種類によっては還元がないプリペイドカードの種類もあります。

プリペイドカードを使う際に還元率を気にしていない人も多いですが、例え少額であっても、還元してくれるプリペイドカードであれば、いつの間にか高い金額のポイントが貯まっていたりしますので還元率を気にする事をおすすめします。

還元率の高いカード

出典: https://news.mynavi.jp

VISAプリペイドカードの中でも比較的還元率が高いカードとしては「Kyash」が有名です。還元率が2%となっており、2万円利用した場合には400円のKyashポイントが還元されます。使えば使うほど還元されるポイントも高くなるので、利用したほうがお得となっています。他には「majica」やソフトバンクカードも高還元率となっています。還元率が高いほうが使う楽しみも増えますので、還元率が高いプリペイドカードをおすすめします。

クレカ並みの還元率があるカード

出典: https://www.ryutsuu.biz

クレカ並みの還元率があるプリペイドカードとしては、「ANA VISAプリペイド」があります。カードの種類はチャージタイプによって2種類に分かれますが、利用した金額が1000円ごとに5マイルがたまる仕組みとなっており、マイルに換算した場合にはクレジットカードにも劣らない還元率を持っているといえるでしょう。

プリペイドカードのおすすめは?

学生におすすめのカード

出典: https://bitdays.jp

学生におすすめのプリペイドカードとして、チャージができるタイプのプリペイドカードがおすすめといえます。学生はスマホを使うことが当たり前となっているため、スマホで残高の管理などをできるタイプのプリペイドカードもおすすめです。クレカのように使いすぎる事がないため、学生の間はプリペイドカードを持っておいた方が無難でしょう。

海外で使えるカード

プリペイドカードの中には海外で利用ができるタイプのプリペイドカードもあります。ネオマネーやGAICA等が海外でも利用できるプリペイドカードとなります。国際ブランドが付いているプリペイドカードであれば海外で使えるものが多いですが、種類によっては海外で利用する事ができないので注意してください。

ギフトに最適なカード

ギフトに最適なプリペイドカードとしてはVISAギフトカードやヴァニラカードが挙げられます。ギフト用のプリペイドカードとなっているためチャージする事ができないタイプが多く、現金を渡すのと同じ感覚で送る事ができます。個人商店では使えないなど用途が限られますが、VISAが付いているためほとんどの商業施設では利用する事ができます。

送る人がゲーム好きの場合には、コンビニ等で購入する事ができるグーグルプレイカードやニンテンドープリペイドカードがいいでしょう。最近ではプリペイドカードの種類も非常に多くなってきているため、送る人が好きな事に使えるプリペイドカードを送ってあげると喜ばれます。

ゆうちょユーザーが使いやすいカード

ゆうちょユーザーが使いやすいカードとしては、ゆうちょ銀行が発行する「mijica」が1番使いやすいでしょう。よく似たカードに「majica」というカードがありますので注意してください。デビッドカードとプリペイドカード両方として利用する事ができるカードで、ゆうちょ銀行に口座を持っていれば簡単にチャージをすることができますのでゆうちょユーザーにとっては使いやすいプリペイドカードといえます。

ソフトバンクカードは優秀

出典: https://www.cremei.com

ソフトバンクカードは還元率に関して非常に優秀といえます。Tポイントカードと一体型になっており、Tポイントの加盟店であればソフトバンクカードを使うほどTポイントが貯まっていきます。店舗としてもTポイントが使える店舗は多数存在しますので、日常生活においても役に立つプリペイドカードといえるでしょう。

プリペイドカードのVISAカードを比較

ANA VISAプリペイドカード

出典: https://bitdays.jp

ANAVISAプリペイドカードには2種類があり、1種類は「オールチャージ型のプリペイドカード」もう1種類は「チャージ限定型」のプリペイドカードがあります。「オールチャージ型」のANAVISAプリペイドカードは15歳以上でないと申し込むことができず、1か月あたりの利用金額1000円(税込)につき5マイルが付与されます。どちらもカード残高の上限額は30万円となっており、年会費は無料ですが発行手数料として500円程度が必要になります。

もう1種類の「チャージ限定型」は、好きな金額をチャージできる「オールチャージ型」と違い前もって金額を設定する事ができます。チャージ限定型は13歳以上から申し込むことができ、主に親が子供にカードを持たせる場合などに使われています。マイルの付与はオールチャージ型と同じとなっており、子供に持たせる場合に親があらかじめ金額を設定する事により、使いすぎを防ぐ点でおすすめです。チャージはクレカのみとなります。

Kyash

出典: https://www.paymentnavi.com

Kyashとは2018年になって登場したプリペイドカードで、他のプリペイドカードと比較した場合に最も還元率の還付を受ける事ができる点が最大のメリットとなります。還元率に関しては最大で2%となっており、登録するクレカによっては還元率をもっと上昇させることも可能となっています。あらかじめ入金しておくことによって、クレカと違って使いすぎを防ぐことができます。

NEO MONEY

出典: https://relaxroom.kaikatsu.jp

「NEO MONEY」とは、VISAの国際ブランドが付いたプリペイドカードで、国内海外のVISA、銀嶺の加盟店で利用する事ができます。クレカと違って審査がなく13歳以上であれば、ほぼ全員が持てるカードといってもいいでしょう。カードの申し込みをした後にカードが届けばすぐにでも利用することが可能です。現地のATMで現地通貨を引き出すことができるため、使い勝手にもすぐれており、為替レートで得もするようになっています。

チャージした金額内でしか利用できないため、使いすぎの心配がない点もおすすめのポイントで、残高の管理は日本円で管理されています。子供の留学や海外の修学旅行の際によく使われているプリペイドカードで、入会金や年会費などは一切不要となっているので、他のプリペイドカードと比較した場合には、おすすめのプリペイドカードです。

バンドルカード

出典: https://www.microsoft.com

バンドルカードとは、審査を必要とせずに持つことができるプリペイドカードの種類となります。国際ブランドとしてVISAが付いており、申し込みから1分でネットショッピングのみで利用できるバーチャルカードを発行する事ができます。申し込みによってリアルカードという店舗で利用できるカードの発行も可能です。年齢制限や審査もないので単純に誰でも持つことができるプリペイドカードとなります。

他のプリペイドカードと比較した場合に安心な点としては、スマホでカード情報を簡単に照会する事ができ、カードを万が一紛失した場合もスマホから利用停止をする事ができるので、カードをなくすことが多い方にはおすすめのプリペイドカードといえるでしょう。

パルコプリカ

出典: https://sp.webmoney.jp

プリペイドカード一覧の中にパルコプリカというプリペイドカードがあります。パルコ調布店と福岡県限定でしか使うことはできませんが、手続きなしでカードを受け取って利用する事ができます。手続きなしでカードを受け取ってすぐ利用する事ができるという事は、個人情報が必要ないという事ですのでその点は比較的安心できる部分があります。

現金であらかじめチャージして利用をする他、セゾンカードとUCカードのみクレジットカードでチャージする事ができます。パルコ調布店と福岡店でしか利用できないのが比較的不便ですが、パルコ全店と日本国内のVISA加盟店であればどこでも利用する事ができます。

ヴァニラVisaギフトカード

出典: https://tokyo2020.org

プリペイドカードの一覧の中にヴァニラVISAギフトカードというものがあります。国内外のVISAマークがある店舗で利用する事ができ、VISAのクレジットカードと同じように考えていいでしょう。カードが送られてきたり、ギフトとして貰った場合には利用前に残高を確認して利用するようにしましょう。ネットでも利用する事ができますが、パスワードが必要になりますので、あらかじめパスワードも忘れないようにしておきましょう。

利用残高の確認は店頭ではする事ができないので、ネットを通じて行う必要があり、チャージはできない種類のプリペイドカードなので、使い切ったら破棄をして問題ありません。ギフトとして現金を送るのもヴァニラギフトカードを送るのも同じと考える事ができます。

海外プリペイドカード GAICA

出典: https://fanclove.jp

プリペイドカードには様々な種類がありますが、海外プリペイドカードと呼ばれる種類もあります。新生銀行とアプラスフィナンシャルが発行している「GAICA」と呼ばれるもので、海外プリペイドカードならではのメリットもあります。「VISA Paywave」を国内で唯一取り入れているため、世界で200か国以上の地域で利用することができます。

新生銀行の口座を持っていれば、24時間いつでもチャージする事が可能なシステムとなっている点もおすすめです。GAICAを利用する事で様々な特典を受ける事もでき、主に空港関係でお得になるサービスが多数用意されています。

Orico Prepaid Card

出典: https://wallet.auone.jp

プリペイドカードの種類の中に、オリコプリペイドカードがあります。2015年11月に登場したプリペイドカードで、国際ブランドとして「VISA」もしくは「Mastercard」を選ぶことができます。公共料金の支払いに利用する事はできません。チャージする方法としてクレジットカードの他、コンビニや銀行振込など多くの方法でもチャージする事ができる点が大きなメリットとなります。

ポイント&プリペイド・ピコカ

出典: https://www.conexio.co.jp

プリペイドカードの種類の中に「ポイント&プリペイド・ピコカ」があります。デリシア、ユーパレットの店頭で申し込むことができ、チャージする方法としては、店頭の他に八十二銀行、クレジットカードがあります。チャージする店頭と利用できる店舗が限られる点が難点です。

Visaギフトカード

出典: https://www.ryutsuu.biz

VISAギフトカードは国内海外を問わず利用できる店舗が多い点がメリットです。その数は4000万店にものぼり、大きい店舗であればほぼすべての店舗で利用ができるといってもいいでしょう。インターネットでいつでも申し込みする事ができますが、使い切りの種類のプリペイドカードとなるので、チャージする事はできません。

mijica

出典: https://card-db.com

「mijica」という種類のプリペイドカードがあります。ゆうちょ銀行が発行しているカードで、デビッドカード、プリペイドカードどちらとしても利用する事ができるカードです。ポイントを永久的に保存することができる点が大きなメリットとなり、店頭とインターネットどちらでも申し込むことが可能となっています。

ソフトバンクカード

出典: https://www.japannetbank.co.jp

プリペイドカード一覧の中にソフトバンクカードというプリペイドカードがあります。提携している店舗が圧倒的に多いTカードと一体型になったプリペイドカードとなっており、Tポイントの提携先で利用した場合はもらえるポイントがさらに増えてお得となります。申し込み方法としてはソフトバンクショップ、もしくはインターネットで申し込みする事が可能です。比較的TポイントがためやすいのでTUTAYAの利用が多い方にはおすすめです。

POINT WALLET VISA PREPAID

出典: https://www.orico.co.jp

プリペイドカードの種類の中に「point wallet visa prepaid」と呼ばれるプリペイドカードがあります。他のプリペイドカードと比較しても還元率が高く、0.5%還元されます。ポイントサイトの「モッピー」や「お財布.com」でポイントをためる事ができます。貯まったポイントは電子マネーや現金に交換する事が可能な点も他のプリペイドカードと比較した場合におすすめな点となります。

Pollet Visa Prepaid

出典: https://kakakumag.com

「pollet visa pripaid」というプリペイドカードは通称「ポレットカード」とも呼ばれており、「ハピタス」というポイントサイトのポイントを1ヶ月に30万ポイントまでためる事ができるカードとして人気です。ポレットカードの申し込みはインターネットで行うのですが、到着してからスマホかパソコンで手続きをする事で利用する事ができるようになります。他のプリペイドカードと比較した場合に、利用する人によってはおすすめといえます。

ココカラクラブカード

出典: https://www.sbbit.jp

プリペイドカードの種類の中に「ココカラクラブカード」というものがあります。申し込みに関してはココカラファイングループの店舗でする事ができ、すぐにカード発行をしてもらう事ができます。レジでチャージをした後に買い物をする事で税抜き100円につき1ポイントの還元を受ける事ができます。

プリペイドカードが買えるコンビニ

購入可能なコンビニ

出典: https://www.ryutsuu.biz

プリペイドカードの購入はほとんどのコンビニで購入する事ができます。セブンイレブンやファミリーマート、ローソンはもちろんセイコーマートやミニストップでも購入する事ができます。2018年現在ではプリペイドカードを扱う店舗も増えてきているので、これからますます増えていくでしょう。

コンビニで購入する手順

出典: http://www.hazimetetensyoku.com

コンビニでプリペイドカードを購入するには、ぶら下がっているカードをレジに持って行ってお金を払うだけです。プリペイドカードにはあらかじめ金額が決まっているものと自分で金額を決めるものと2種類があります。自分の財布と相談して購入する事をおすすめします。クレジットカードでは購入する事ができませんので注意が必要です。

コンビニでチャージする方法

出典: https://toyokeizai.net

コンビニでチャージする方法は、プリペイドカードをレジに持って行ってチャージする金額を伝えてお金を払うだけです。コンビニによってチャージできるプリペイドカードが違いますので前もって調べておくことをおすすめします。ネットで一覧表を検索すると「コンビニでチャージできるプリカ一覧」などの一覧表がでますので調べてみてください。

プリペイドカードの使い道

普段の買い物で使う

出典: https://www.enrich.jp

普段の買い物でプリペイドカードが使える場面はたくさんあります。徐々にプリペイドカードを使えるようになっている店舗が増えてきているため、将来的には大きい店舗だけでなく、個人商店でも使えるようになるかもわかりません。

飲食店で使う

出典: https://allabout.co.jp

飲食店でもプリペイドカードを使うことができる機会が増えてきています。飲食店が発行しているプリペイドカードしか使えない場合もありますが、VISAのマークがあるプリペイドカードの場合には多くの店舗で利用する事ができます。

プリペイドカードの種類一覧まとめ

出典: https://www.smbc-card.com

ここまでプリペイドカードの種類一覧について解説してきました。時代が進むに従ってプリペイドカードを導入している企業も増えてきています。プリペイドカードのポイントの還元率は生活費の大事な助けとなる場合もあります。このプリペイドカードの種類一覧の記事が少しでもポイントの獲得のお役に立てれば幸いです。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ