クレカのセキュリティーコードはどこの数字?コードの意味を解説!

クレカのセキュリティコードとは、様々な位置において数字が印字されています。またセキュリティコードの数字は桁数も異なる場合もある事が困惑の原因となるようです。そこで、クレカのセキュリティコードの位置から意味まで注意点を交えて解説しています。

クレカのセキュリティーコードはどこの数字?コードの意味を解説!のイメージ

目次

  1. クレカのセキュリティーコードはどこの数字?
  2. クレカのセキュリティーコードの意味
  3. クレカのセキュリティーコードの位置
  4. クレカのセキュリティコードの注意点
  5. クレカの安全性とは
  6. クレカのVISA・MastercardのCVV2とCVC2
  7. クレカのセキュリティーコードの意味まとめ

クレカのセキュリティーコードはどこの数字?

カードに印字された数字

出典: https://www.jcb.co.jp

まず、クレカのセキュリティコードを知る方法は、クレカ本体から確認をする事ができます。セキュリティコードとはカードに印字されており、セキュリティコードの位置は国際ブランドによって異なりますが、「裏面や表面」で確認する事ができます。たとえば、世界的なシェアNo.1のVISAの場合は裏面に印字されています。

数字は3桁か4桁

出典: https://www.yamatofinancial.jp

セキュリティコード以外にも店番号や口座番号などその他様々な数字が印字されている状態なのですが、セキュリティ番号の場合は「3桁または4桁」の数字がセキュリティコードに当たる事から比較的に区別しやすいといえるでしょう。ネットショッピングの決済時は最終的に3桁または4桁の数字を要求される事が多いので、セキュリティコードを知っていると本人でなくとも決済ができます。

クレカのほとんどがカード裏面にある

出典: https://card.benrista.com

セキュリティコードの記載位置とは、国際ブランドによってカードの裏面か表面に印字されていると解説しました。しかし、実際にはセキュリティコードはほとんどが裏面に印字されている状態です。それでは実際の例を見てみます。「VISA:裏面、Mastercard:裏面、JCB:裏面、ダイナースクラブ:裏面、アメックス:表面」とアメックスが表面の位置というだけで、裏面の位置である事が分かります。

クレカすべてに載っている

出典: https://mag.app-liv.jp

現在はクレカ全てにセキュリティコードが印字されている状態です。なぜ現在かというと、実は10年以上前に発行されているクレカなどはセキュリティコードが存在していない事もあったからです。最近(5年以内)で発行されたクレカはセキュリティコードが印字されていないクレカは存在しない可能性が高いのですが、もしどこにもセキュリティコードが印字されていない場合は発行会社への問い合わせるといいでしょう。

Thumb生活保護受給者はクレジットカードは作れる?申込基準や利用方法を調査!

クレカのセキュリティーコードの意味

不正利用を防ぐ手段

出典: https://horietakeyuki.com

セキュリティコードの意味は「クレカの不正利用を防ぐ」ための手段です。つまり、セキュリティコードはクレカを手元に保有している人のみが確認できるという事です。そして上述で触れたように、近年のネットショッピングサイトの人気化によって以前よりもセキュリティ対策を行う必要が生じたのです。そのため、第三者による不正利用を防ぐ目的で導入されたという経緯があります。

対面ではあまり使わない

出典: https://www.sodan-lp.jp

セキュリティコードとは、印字された数字を提示する事によって本人確認を行います。したがって、裏を返すと前提としてクレカが手元にある場合はセキュリティコードの意味がないのです。そこで、実店舗など「対面」でクレカの利用の場合はセキュリティコードはあまり使いません。実際に日本で対面の決済を行う場合はセキュリティコードが要求されるのはまずないといえるでしょう。

海外では実店舗でも必要

出典: https://www.jtb.co.jp

対面でセキュリティコードが要求される事はまずないと解説しましたが、アメリカ(海外)では実店舗でもセキュリティコードが要求される場合があるようです。一般的に日本がセキュリティコードを重視していると考えられますが、日本のネットショッピングではセキュリティコードの入力が要求されない場合もありますので、国内外の取り組みと比較すると、日本は必ずしもセキュリティコードの入力が徹底されているわけではないと言えます。

店舗にとってはデメリット要因

出典: https://jousyou-fx.com

セキュリティコードの意味は、顧客の個人情報を保護していると解釈できます。そこで、この意味から店舗への影響を考察すると、店舗にとってはセキュリティコードがデメリット要因であると考えられます。

なぜなら、個人情報の取り扱いを徹底する必要が生じてしまい、業務の増量やリスクを避けられないからです。しかし、アメリカをはじめヨーロッパなどの海外ではほぼすべての場合にセキュリティコードを要求されているのが実情です。

2020年のパラリンピックとの関連性

出典: https://www.pasona.co.jp

国内外においてセキュリティコードの意味の認識が少々異なるという事から、2020年の東京オリンピック・パラリンピック(日本が開催)に焦点を当ててみましょう。実際の動向としては、開催に向けてクレカの情報に対する扱いに変更を加えるようで、世界基準に準ずる動きが進められているのが現状のようです。

クレカのセキュリティーコードの位置

国際ブランドで位置が違う

出典: https://creditcard-plus.net

クレカのセキュリティコードの印字位置としては、上述で触れたように国際ブランドによって異なります。そして注意点がセキュリティコードの正式名称、印字位置、セキュリティコードの桁数も違いが生じるという事です。そこで、特に違いのあるクレカとして「アメックスカード」を後述しますので、基本をおさえて比較してみましょう。

基本はカード裏面の右端

出典: https://creditcard-shinsain.com

VISA、Mastercard、JCB、ダイナースクラブと国際ブランドの印字位置が裏側にあるという事ですが、基本は「カード裏側の右端」の位置に印字されている状態です。そしてセキュリティコードの桁数がこれらの場合は3桁で、VISAとMastercard、アメックスの正式名称だけが異なります。また、基本が裏側の著名欄の右端ですが、国際ブランドが同様のクレカであっても著名欄外が印字位置となっている場合もあります。

アメックスの桁と位置

出典: https://faq.interlink.or.jp

アメックスカードの正式名称はCID(Card Identification Number)です。アメックスカードは印字位置とセキュリティコードの桁数が異なるとの事ですが、アメックスカードの場合は「桁数:4桁」となっており、印字位置がカード表面のカード番号右上です。このような特徴から、基本である3桁と印字位置が裏面と全く異なりますので、注意しておく必要があります。

Thumb固定資産税はクレジットカードで支払い!メリット・デメリットを紹介!

クレカのセキュリティコードの注意点

盗まれると意味が無い

出典: http://creditcard-passnavi.com

インターネット決済では、クレカ自体が盗まれなくとも番号(口座番号、クレカの番号)などの情報さえあれば悪用できる可能性が高く安全だとは言えません。そもそも実店舗など対面での決済とは違うので、実物の確認やサインなどの必要はないのです。そこで安全性を考慮して導入されたのがセキュリティコードなのですが、このセキュリティコードまで盗まれると全く意味がありません。そこで、ここでは盗まれる可能性や注意点を解説していきます。

更新や再発行で変わる

出典: https://navinavi-creditcard.com

以下の注意点は気付きにくいのですが、セキュリティコードは多くの場合に「更新・再発行」によって変更が加えられるという事です。ただし、この注意点に関しては、クレカ利用時に実店舗がセキュリティコードを控える事はできないとなっている事から、原則としてクレカ利用の都度入力しますので、セキュリティコードの変更は必要ありません。

他人に知られてはいけない

出典: https://eikaiwa.weblio.jp

上述で触れたようにセキュリティコードは、ネットショッピングにおける最終的な不正防止策です。そこで、注意点としておさえておくべきなのが「他人に知られない」という事です。もし、セキュリティコードを他人に知られてしまうと、不正利用の危険性が非常に高くなる事が考えられますので、注意点を意識してメモや画像で保存するなど安易な判断は避けた方が好ましいです。

補償の対象外となる可能性も?

出典: https://www.lifehacker.jp

クレカの番号では本人の過失が大きい場合、補償の対象外となる可能性があります。この事はセキュリティコードも同様に、注意点をおさえておらず、安易な判断をしてしまった事による不正利用の損害も補償の対象外になる恐れがあります。

フィッシング詐欺に注意する

出典: https://enjin-classaction.com

これまでの注意点より特に気を付けるべきなのが、「フィッシング詐欺」です。フィッシング詐欺というのは、クレカの個人情報を盗んで詐欺を行う手口の事を意味しています。手段においては、偽の電子メールやWebサイトなどに誘導して、個人情報を入力させるのです。この手段で特に悪質なのが多くの人が利用するサイトで、事業仕様の変更が生じたなどの重要事項によって個人情報の入力を誘発する事です。

最終的にセキュリティコードによる不正利用防止策によって安全性が確保できたのですが、セキュリティコードまでも盗まれてしまうと不正利用が容易になるという事です。そして多くの場合に偽サイトではセキュリティコードまで入力する必要がありますので、手口に抜けがない事が分かります。したがって、セキュリティコードがあるから安全性が確保できている状況ではなくなっているといえます。

不審メールやリンクに気をつける

出典: https://www.smbc-card.com

上述で解説した通り、フィッシング詐欺においては電子メールや偽のWebサイトを前提としているという事です。そこで、優先すべき注意点としては「不審メールやリンク」を避けるという事です。一口で言ってしまえば簡単だと解釈しますが、近年のメールや偽Webサイトが非常に巧妙化しており、対処が困難なのです。

以前までは偽メールやWebサイトに関しては文章がおかしい事や、不審なURLなどによって詐欺を見抜く事ができましたが、巧妙化によって大手企業や金融機関を装えるほど手口に漏れがないというのが現状です。したがって、メールやWebサイトを閲覧する際は常にフィッシング詐欺に注意する事が重要です。

印字がないカードもある

出典: https://www.smbc-card.com

クレジットカードの印字がないという事は現在はほぼありません。しかし、クレカの発行時期や種類などによってはセキュリティコードの印字がない事もありますので、注意点として認識しておきましょう。このような注意点の対処方法は、「カード会社への連絡」が好ましいです。この注意点のほかセキュリティコードが擦れて確認できない場合もありますので、同様にカード会社への連絡で対処しましょう。

Thumbクレジットカードでキャッシングする際の注意点は?利用方法を解説!

クレカの安全性とは

実際の店舗で買い物をする場合

出典: https://www.lifehacker.jp

ネットショッピングとは違って、対面形式である実店舗でのクレカ利用です。対面形式である事から、実店舗でクレカを利用する際に必要な情報が本人のサインとパスワードで、クレカが実物であるのかまでも確認できる環境なのです。ネットショッピングではクレカの番号を知られるだけでも安全性が脅かされますが、実店舗では実際のクレカが存在していない場合、買い物が困難です。

ネットショッピングの場合

出典: https://flets-w.com

セキュリティコードは、ネットショッピングの安全性を確保するために導入されたといっても過言ではありません。実際にネットショッピングではクレカのカード番号を盗まれただけで不正利用される事があり、クレカ利用者が本人でなくとも決済できるのです。そのため、安全性をより完全なものとしたのがセキュリティコードだといえます。

3Dセキュアとは

出典: http://www.aeon.co.jp

ネットショッピング時の本人確認方法としては、「3Dセキュア」といった方法で、セキュリティコード以外の方法も存在しています。この3Dセキュアもセキュリティコード同様に安全性確保のために導入されたサービスで、このサービスはあらかじめ本人が3Dセキュア専用のパスワードを設定します。そして最終的な安全性確保として設定した、3Dセキュアのパスワードをネットショッピングで入力する必要があります。

PINコードは暗証番号

出典: https://navinavi-creditcard.com

3Dセキュアとは違って、「PINコード」は実店舗による暗証番号を意味しています。こちらも安全性確保のために導入されたサービスで、専用の端末に暗証番号を入力する事で決済が完了します。PINコードの場合はセキュリティコードは違い、「クレカ申込み時に設定」する番号で、自分で番号を設定します。

Thumbプロパーカードとは?クレジットカード・提携カードとの違いを解説!

クレカのVISA・MastercardのCVV2とCVC2

出典: https://toyokeizai.net

上述ではVISA、Mastercard、アメックスで正式名称が異なると解説していました。そしてVISAとMastercardではそれぞれCVV2とCVC2で異なる状態ですので、違いに伴って意味から安全性への影響があるのかが気になります。そこで、ここでは世界シェアNo.1であるVISAと世界シェアNo.2のMastercardでそれぞれの詳細を解説していきます。

VISAのセキュリティコードCVV2

出典: https://media.jumpstart.com

国内ブランドであるVISAはセキュリティコードの正式名称が、「CVV2(Card Vefication Value)」と呼びます。VISAのセキュリティコードの場合は、3桁以上の数字がカード裏面の著名欄に印字されている事が多いのですが、VISAは3桁のみがセキュリティコードとなっているため、3桁以上の数字は入力する必要はありません。しかし、VISAに関しては、バーチャルカードとなるとカード表面に印字されている事に注意する必要があります。

MastercardのセキュリティコードCVC2

出典: https://www.greatfoodhall.com

Mastercardは世界2位のシェアを誇るクレカとして有名です。そのMastercardもセキュリティコードの正式名称があり、「CVC2(Card Validation Code)」と呼んでいます。Mastercardの場合もVISAと同様に3桁の数字で印字されており、Mastercardに3桁以上の数字が印字されている場合は、3桁以上の数字は無視しても構いません。

名称が違うだけで意味は同じ

出典: http://creatorjapan.asia

VISAとMastercardでそれぞれの名称を解説しましたが、この名称の違いによる誤解は避ける必要があります。そもそもVISAとMastercardの場合は正式名称が定められているだけですので、セキュリティコードの意味は同じです。したがって名称が違うからといって安全性も異なるという事ではないという認識が大切です。

Thumb無職でもクレジットカードは作れる?審査基準・審査通過の条件を検証!

クレカのセキュリティーコードの意味まとめ

出典: https://kane-labo.com

クレカのセキュリティコードとは、意味から安全性を確保する手段として重要な事が分かりました。やはり、10年程前までセキュリティコードの普及がされていない状況を考慮すると、近年のネットショッピングでの安全性確保が優先されているのが裏付けられます。ここでは、セキュリティコード管理における注意点までを解説していますので、注意点を意識して不正利用の危険を個々人で対処する事が賢明だといえるでしょう。

Thumb銀行系クレジットカードの特徴や種類は?メリット・デメリットも!

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ