プロパーカードとは?クレジットカード・提携カードとの違いを解説!

プロパーカードとは意味の解釈によって分類が異なる事を認識しておく必要があります。実は本当のプロパーカードが存在しているという事ですので、重要な意味を明確にします。そして理解を深めるために、クレジットカード・提携カードとの違いを交えて解説しています。

プロパーカードとは?クレジットカード・提携カードとの違いを解説!のイメージ

目次

  1. プロパーカードはクレジットカード
  2. プロパーカードと提携カードとの違い
  3. プロパーカードでおすすめのカード
  4. プロパーカードのメリットとは
  5. プロパーカードのデメリットとは
  6. プロパーカードと提携カードの選び方
  7. プロパーカードの審査の基準とは
  8. プロパーカードと提携カードの違いまとめ

プロパーカードはクレジットカード

国際ブランド発行のクレジットカード

出典: https://memberships0rewards.jp

プロパーカードとは、国際ブランドの資格を持ち、かつどことも提携せずに発行するクレジットカード会社の事いいます。たとえば、有名なプロパーカードとしては、アメリカン・エキスプレス社が発行しているアメリカン・エキスプレス・カードがあります。

プロパーカードは3社のみ?

出典: https://www.madameriri.com

上述で解説したプロパーカードの意味におけるプロパーカードとは、以下3社のクレジットカードがあります。「アメリカン・エキスプが発行するクレジットカード、JCBが発行するクレジットカード、ダイナースクラブが発行するカード」の3社です。これらのプロパーカードは国際ブランドの企業が発行しており、「ブランドライセンスとカード」それぞれ2つの発行業務を行っています。

本当のプロパーカードとは?

出典: https://cloud-line.com

厳密な意味でのプロパーカードとは、上述で紹介した3社ですが、実は広い意味でのプロパーカードにおいては数多くのカードが存在しているのです。それでは、本当のカードに属する条件を挙げると、「①ブランドライセンスを持った会社が発行、②カードを発行」と2つの条件があります。

そこで、世界シェアNo.1、No.2の実績を誇っているVISAとMasterCardはブランドライセンスを提供しているだけで、本当のプロパンカードの条件には適さない事になります。このことから、ブランドライセンスの提供を受けて発行しているクレジットカード会社の「〇〇VISA」や「〇〇MasterCard」などと呼ばれているカードは本当のプロパーカードとは言いません。

国際ブランド以外のプロパーカード

出典: https://kakaku.com

厳密な意味での条件であるプロパーカードとは違い、国際ブランド以外のプロパーカードといったクレジットカードを挙げると数多く存在しています。つまり、広い意味では自社カードを発行している企業という事になりますので、「三井住友カード、イオンカード、ライフカード、クレディせゾン」などのクレジットカードも含まれます。広い意味での条件をまとめると、「ブランドライセンスは発行していない、自社でカードを発行」と2つの条件です。

広い意味でのプロパーカードは国際ブランドを選べる

出典: http://www.aeon.co.jp

広い意味でのプロパーカードに属すイオンも自社発行という点で、広い意味でのプロパーカードという事になります。そこでイオンカードに関しては、好みの国際ブランドを選択する事が可能です。そのブランドというのが以下、「イオンカードセレクト VISA/JCB/MasterCard、イオンカード VISA/JCB/MasterCard、イオンJCBカード VISA/JCB/MasterCard」とどれもイオンカード発行です。

プロパーカードと提携カードとの違い

出典: https://www.homepro.jp

プロパーカードの厳密な意味を特徴付ける条件というのが、ブランドライセンスを持った会社が発行している事やカードを発行していると解説しました。またブランドライセンスを持たなくてもプロパーカードに属すという事なのですが、決定的な違いがあるカードに提携カードが存在しています。それでは、プロパーカードと提携カードの違いを提携カードの特徴から詳細まで解説していきます。

提携カードとは?

出典: https://www.jcb.co.jp

広い意味でのプロパーカードに属さないカードというのは、「提携カード」と呼ばています。それでは提携カードに属すための条件が、「商品代金の立て替えを行わない会社が他の会社との提携により発行するカード、貸金業法と割賦販売法に基づいた登録を受けていない会社」と2つの条件が存在しています。その提携カードの条件に属する代表的な会社が「JCBカード」です。

JCBカードでは「JCB旅カード」という名称で4つの種類のクレジットカードがありますが、このクレジットカードは提携先企業がそれぞれ異なります。1つ目にJCB旅カード JCB GOLDの提携企業はJCB、2つ目にJCB旅カード JMBの提携先企業がJCB、JALマイレージバンク、3つ目にJCB旅カード VISA/MasterCardの提携先企業がセディナ、4つ目にJCB旅カード VISAゴールドの提携先企業が三井住友VISAです。

プロパーカードとの違い

出典: http://haru01.com

プロパーカードと提携カードの条件を解説してきましたが、両方の特徴の違いとは「クレジットカードの発行会社」に違いが生じてくるという事でしょう。つまり、プロパーカードがブランドライセンスを取得した会社が発行しているクレジットカードであるのに対し、提携カードはブランドと提携した会社が発行しているというが大きな違いだという事になります。

またこの大きな特徴の違いから、プロパーカードは「ステータス性がある」との特徴が挙げられ、提携カードが「サービスが豊富に揃っている、ポイント還元率が高い」で比較するとそれぞれの特徴に違いが生じてきます。ステータス性があるのは、国際ブランドライセンスのクレジットカードである事、そして提携カードは提携先と発行会社で独自の事業展開が行える事が違いの理由であるといえます。

提携先と発行会社

出典: http://animationbusiness.info

それでは実際に提携先と発行会社による提携カードを挙げます。提携カードとしては、①ルミネカード、②イオン首都高カード、③ローソンPontaカードVISA、④アコムマスターカード、⑤ファミマTカード、⑥セゾンパール・アメリカン・エキスプレスカード、⑦BMW ダイナースカード」と7つの提携カードが挙げられ、これらの提携先と発行会社を解説します。

「①提携先:ルミネ 発行会社:ビューカード、②提携先: 首都高速道路 発行会社:ビューカード、③提携先:ローソン 発行会社:クレディセゾン、④提携先:アコム 発行会社:アコム、⑤提携先:ファミマカード 発行会社:ポケットカード、⑥提携先:セゾンカード 発行会社:クレディせゾン、⑦提携先:BWM 発行会社:三井住友トラストクラブ」と7つの提携カードの関係性を挙げる事ができ、この中には複数の国際ブランドが選択できるカードもあります。

提携カードのサービス

出典: https://challenged.doshisha.ac.jp

提携カードというのは、サービスが豊富といった点でおすすめできるクレジットカードだと解説していましたが、サービス内容が企業に特化しているという事も特徴として挙げられます。たとえば、飛行機の利用が多い場合は「JTC旅 JMB」、ステータス性を高めたいのであれば「JTB旅カード JCB GOLD」と分野面で特化している事から、細かなサービス利用時にメリットを享受できるのです。

提携カードは独自の割引が魅力

出典: http://katamachi-kirara.com

違いを具体的に言うと、提携カードではサービス以外にお得を重視している事も特徴です。したがって、独自の割引としてポイント増倍や大幅な割引きが行われていたりといったサービスの展開をしています。ただし、このようなサービスにもデメリットが存在しており、どこでもメリットを享受できるのではありません。なぜなら、系列の対象店舗以外では利用する事ができず、提携カードの利用時には利用先を選ぶ必要があるからです。

プロパーカードでおすすめのカード

出典: https://www.smbc-card.com

プロパーカードと提携カードの違いからプロパーカードの理解を深めた上で、早速プロパーカードでおすすめのクレジットカードを紹介します。ここでは、厳密な意味でのプロパーカードとして「アメックスゴールド、JCB一般カード、JCB CARD W(plus L)」の3つを特徴から詳細までを交えて解説していきます。

おすすめ①アメックスゴールド

出典: http://kowagari.hateblo.jp

プロパーカードとして有名なクレジットカードが「アメックスゴールド」です。そのおすすめの特徴が、「初年度年会費無料、次年度年会費29,000円(税別)、プライオリティ・パスの利用が可能、エアポートサービスが充実している、旅行傷害保険が最高1憶円」などが挙げられます。これらの特徴から審査が厳しい印象を持ちますが、近年はアメックスの審査基準が以前よりも低くなったといわれています。

アメックスゴールドは付帯サービスが特におすすめ

出典: https://www.brainpartner.co.jp

アメックスゴールドカードに関しては付帯サービスとして、レストランのコース料理が1名無料(招待日和)やアメックスと提携しているホテルでは、2泊以上によってホテル契約のゴルフコースが無料になる(1ラウンド/1名分)などのサービスが利用できるといった点で付帯サービスが特におすすめできます。

これらのサービスは通常招待日和の場合が3万円(税別)、ゴルフコースの場合が32,089円という事です。つまり合計6万円のサービスがアメックスゴールドカードの年会費29,000円で利用できるという事ですので、3万円もお得になります。このサービスのほか、家族カードを利用する場合も1枚無料となっており、家族カードも本カード会員同様のサービスを受ける事ができるという事から、1枚で2枚分のサービスを受ける事ができるのです。

プライオリティ・パスとは?

出典: https://www.lccstyle.com

アメックスゴールドの特典であるプライオリティ・パスとは、一般的なカードラウンジではありません。つまり、グレードの高いVIPラウンジが利用可能なカードで、航空会社がサービスを提供しています。

プライオリティ・パスの特徴が、「航空会社が提供するVIPラウンジが利用可能、利用対象VIPラウンジが国内外の1,200か所以上、通常年会費が99米ドルと利用料金が27米ドル必要」と挙げられます。年会費や利用料に関しては、アメックスゴールドの会員になると年会費無料かつ利用料金が年2回まで無料となります。

おすすめ②JCB一般カード

出典: https://kakaku.com

広い意味でのプロパーカードというのは多く存在していますが、JCB一般カードは貴重な本当のプロパーカードとしておすすめできます。JCB一般カードのおすすめ出来る特徴は7つあり、「年会費初年度無料で次年度1,250円(税別)、年間50万円以上の利用により次年度無料、トラベルサービスが充実している、世界60ヵ国でJCBプラザが利用可能、海外利用ポイントが2倍、付帯保険が充実している」など様々なおすすめ内容が揃っています。

JCB一般カードはnanaco利用の方がおすすめ

出典: https://save-save.info

JCB一般カードは電子マネーであるnanacoが利用可能な店舗で、ポイント還元率が付いているといった特徴を活かすのもおすすめです。利用可能な店舗としてはセブンイレブンが挙げられますが、セブンイレブンで利用するとポイントが3倍(還元率1.5%)になり、このほかnanacoポイントへの交換時にはレートが高いのです。この特典利用時の年会費の懸念も初年度無料、そして次年度が1,250円という事から解消できるでしょう。

おすすめ③JCB CARD W(plus L)

出典: https://kakaku.com

JCB CARD W(plus L)は最大のおすすめポイントが、39歳以下の方であれば年会費が無料で持てるという事です。そのほかのおすすめの特徴としては、「基本還元率が高還元率(1%)、豊富な旅行サービスが魅力、国内・海外旅行保険利用付帯」と挙げる事ができます。しかし、このプロパーカードはおすすめの特徴である、39歳までの方は年会費が無料といった反面、申し込みが39歳までという事がデメリットとして存在しています。

ただし、あくまでも申し込みが39歳までという事ですので、39歳までに入会してしまえば39歳以降も利用可能です。この点は誤解の無いように注意しておきましょう。そして入会後は、ポイント還元率のメリットを多く享受できます。実は基本還元率が1%とのことですが、ポイントが4倍(還元率2%)の場合もあるのです。その場合がAmazonやセブンイレブンでの利用ですので、Amazonで買い物をよくする方にはおすすめです。

プロパーカードのメリットとは

出典: https://www.kao.co.jp

おすすめできるプロパーカードの特徴を解説してきたところ、独自サービスを展開している事が分かりました。上述でのプロパーカードは厳密な意味のプロパーカードだというころから、実際に広い意味のプロパーカードまでを含めるとどのようなメリットが存在しているのかが気になります。そこで、プロパーカードを総合的な観点からメリットを挙げていきます。

メリット①長く使い続けられる

出典: https://jmatsuzaki.com

プロパーカードのメリットを提携カードと比較して違いを挙げます。まず、プロパーカードとは基本クレジットカードとしてクレジットカード会社自体が発行している事から、発行停止になりにくいのです。一方、提携カードというのは提携終了の可能性が十分に考えられ、もし提携終了となった場合は発行停止になる恐れがあります。したがって、長く安定して使い続けたいという方にはプロパーカードの利用はメリットだといえます。

メリット②ステータス性の高さ

出典: https://blog.share-wis.com

プロパーカードというのは上述での提携カードとの違いで触れたように、ステータス性が高いといった特徴があります。プロパーカードで有名なアメリカン・エキスプレスであれば、提携カードとしてのセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(クレディセゾンとの提携)よりも、アメックスゴールド(自社発行)の方が世間的に高いステータスを誇っています。また、JCBブランドであるJCBゴールドカードも品格の高さを印象付けています。

メリット③付帯サービス

出典: https://tama-hikitsugi.jp

プロパーカードは自社発行という事から付帯サービスにおいては充実したクレジットカードだといえます。付帯サービスの数は異なりますが、付帯サービスを総合的な観点からの例で、「国内・海外旅行傷害保険、ショッピング保険、オンライン不正利用保険、ポイントサービス、携帯や公共料金の支払い、家族カードやETCカードなどが追加できる、Suicaなどの電子マネー機能付き」など様々な付帯サービスがある点でメリットを享受できます。

メリット④年会費無料の場合もある

出典: https://www.medical-care.net

プロパーカードのデメリットとして、年会費が高いとの認識がありますが、上述触れた年会費の特徴からみてもその認識が正しくない事がわかります。上述の年会費の特徴以外にも、「年会費初年度無料で次年度有料、年会費1,000円台、年会費が初年度無料だが条件次第で次年度も無料」などが存在しています。やはり上述で紹介した厳密な意味のプロパーカードは年会費が高いのですが、広い意味でのプロパーカードは年会費を抑える事ができます。

プロパーカードのデメリットとは

出典: https://freedom777ie.xsrv.jp

プロパーカードのメリットを解説しましたが、プロパーカードにはデメリットが存在するのでしょうか?実はデメリットが無いと考えられるものでも意外な場面で存在しているようです。基本的に年会費がかかるプロパーカードですから、保有する前にデメリットを確実におさえておく必要があります。それでは、メリットとデメリットを比較してプロパーカードの理解を深めていきましょう。

デメリット①基本しか抑えていない

出典: https://www.recordchina.co.jp

プロパーカードの特徴から分かる通り、高いステータス性とバランスの取れたサービスが展開されているという事ですが、これらの特徴によってデメリットも生じてしまうのです。そのデメリットが「基本しか抑えていない」という事で、独自のサービスを展開している事が稀です。やはりこのようなデメリットから安定性を重視している事が分かりますので、独自のサービスを検討している人にはおすすめ出来ないといえます。

デメリット②店舗特典や割引がない

出典: https://nayamifa.com

プロパーカードのデメリットとしては、「店舗特典や割引がない」という事が挙げられます。このデメリットをプロパーカードと提携カードで比較して違いを確認すると、「ビューSuicaカード(提携カード)が王道の使い勝手の良さ、ビックカメラSuicaカード(プロパーカード)はビックカメラでポイントが貯めやすい」と挙げられます。

つまり、プロパーカードのデメリットが使用用途に応じて、特定の店舗での割引を受けたいという方であれば提携カードの方がプロパーカードよりもお得だという事なのです。もし、デメリットを補いたいのであれば使用目的に沿ったプロパーカードを選択しなければなりません。しかし、それだけ範囲が狭くなるという事もまたデメリットだといえるでしょう。

プロパーカードと提携カードの選び方

受けたいサービスで選ぶ

出典: https://eikaiwa.weblio.jp

プロパーカードと提携カードの選び方とは、「受けたいサービスで選ぶ」のが好ましいでしょう。プロパーカードと提携カードでの関係性が、「発行会社、提携先、国際ブランド」と3つありますが、受けたいサービスというのはそれぞれのサービスを比較するという事です。発行会社のAのサービスを受け得たいのか、提携先のBのサービスか、それとも国際ブランドのCのサービスによるものかで変わってきます。

国際ブランドにも提携カードはある

出典: https://www.kototoka.com

国際ブランドとしてはアメリカン・エキスプレス社がありますが、アメリカン・エキスプレス社発行するセゾン・パール・アメリカン・エキスプレスカードも提携カードに属します。上述では発行会社と提携先を含めて提携カードを紹介していましたが、その中のプロパーカードで最もステータス性が高いカードとなっています。

ブランドが同じでもサービスは異なる

出典: https://talking-english.net

提携カードにおいてはブランドが同じでもサービスが異なるという事をおさえておく必要があります。実は提携カードは国際ブランドが重視されません。なぜなら、国際ブランドがあくまでも決済サービスを提供するために必要だからです。したがって、重要なのは発行会社と提携先のサービスだという事です。

プロパーカードの審査の基準とは

出典: https://ieterace-sawada.jp

プロパーカードはステータス性の高いクレジットカードといった特徴の反面、審査が比較的に厳しいといわれています。したがって、審査に不安を抱く方は、クレジットカードを選ぶ前に審査基準を把握しておくほうが好ましいといえるでしょう。ここでは、プロパーカードとして「ダイナース、JCB、アメックス」と3社の審査基準を解説していきます。

ダイナースの審査基準

出典: https://tabi-mile.com

ダイナースクラブとは外資系クレジットカードで、名称の通りダイナースクラブが発行しています。このカードの審査基準というのが、少々厳しめで経営者あるいは大企業・中小企業に所属する会社員で、「年収500万円以上、勤務年数は3~5年以上」の方が審査に通過する条件です。このように審査基準が厳しいのですが、ステータス性の高いクレジットカードとして有名です。

JCBの審査基準

出典: https://kakaku.com

プロパーカードとして限りあるJCBカードですが、審査基準はプロパーカードの中でも緩いと言われています。JCBカードには「JCB CARD EXTAGE」といった若い人向けのカードがあり、10~20代までの人は年会費が無料といった特典があります。したがって、申し込み資格が「本人または配偶者が安定収入のある18歳以上の人(高校生は除く)」となっているのです。気になる審査基準は「年収200~300万円以上、勤続年数が3年以上」が必要です。

アメックスの審査基準

出典: https://www.mile-shacho.com

ステータス性から特典まで魅力のあるプロパーカードのアメックスですが、上述で触れたように近年は審査基準が緩くなってきたといわれています。その審査基準が「会社員で年収400万円の安定収入、勤続年数は3~5年以上」と必要な条件を満たすと審査に通過できるといわれています。

プロパーカードと提携カードの違いまとめ

出典: https://creditcard-diary.com

プロパーカードとは、簡単に言うと提携先がないクレジットカードだという事が分かりました。一方、提携カードにおいては提携先が存在しているという事です。両方の違いを把握するのは容易ですが、プロパーカードの厳密な意味と広義の意味で区別されるという事ですので、ステータス性を重視する方は意味を把握しておく必要があります。

最終的にプロパーカードの審査基準まで解説していますので、メリット・デメリット、そしてサービスが個々人の使用用途に適しているのかを比較して検討するといいでしょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ