カードローン借り換えで利息の見直し!安い金利で月々の返済も楽に!

カードローンの借り換えを行うと、利息負担を減らすことができ、毎月の負担も少なくなります。ではどのようにカードローンの借り換えを進めることができるでしょうか?借り換えを検討する上でポイントになる点をここでは紹介しています。

カードローン借り換えで利息の見直し!安い金利で月々の返済も楽に!のイメージ

目次

  1. カードローンの借り換えをするべきなのは?
  2. カードローンの借り換えのメリットとは?
  3. カードローンの借り換えとおまとめの違いも理解する
  4. 本当にカードローンの借り換えをすると利息が安くなる?
  5. カードローンの借り換えはどのくらいの金利の差がある?
  6. カードローンの借り換えの審査
  7. カードローンの借り換えをした方が良い方
  8. カードローンの借り換えの注意点
  9. カードローンの借り換えに失敗しない為に
  10. カードローンの借り換えは安い金利と利便性の交換の可能性
  11. カードローンの借り換えをした方が良い目安の金額
  12. カードローンの借り換えができる審査基準
  13. カードローンの借り換えは借入件数も注意
  14. カードローンの借り換えは返済期間にも注意
  15. 職業がカードローンの借り換えに影響
  16. カードローンの借り換えで利息が安くなる
  17. カードローンの借り換えをすぐにして利息負担を減らす

カードローンの借り換えをするべきなのは?

複数の消費者金融からカードローンの借り入れがあったり、金利が高いカードローンを利用しているなら、借り換えをする事で利息負担を減らせる可能性があります。すぐに返すつもりでも、返済に時間がかかる事が分かっているのであれば、カードローンの借り換えで毎月の返済を楽にする事ができるかもしれません。そのためにカードローンの借り換えを検討してみましょう。

カードローンの借り換えのメリットとは?

26187807 321659818336290 1990423857990729728 n
rii071さんの投稿

カードローンの借り換えの大きなメリットは、毎月の利息負担が少なくなるという事にあります。借入金額が大きくなるにつれて、利息負担額も大きくなりますが、金利が低いローンに借り換えを見直しする事で負担を少なくすることができます。

もちろん借り換えをするのには、注意点があります。すべての借り換えローンが、金利が安くなるという訳でもなく、その状況を見直して適しているカードローンを選択しなければなりません。借り換えに適しているローン商品を見つける事が、カードローンの借り換えのメリットを活かせる方法です。

カードローンの借り換えのデメリットや本当に借り換えをした方が良い方の特徴なども理解しておくと良いでしょう。借り換えをした方がメリットが多いのかしっかりと見直しする事ができます。利息負担を少なくするためにも、調査や比較をしていきましょう。

カードローンの借り換えとおまとめの違いも理解する

カードローンの借り換えとおまとめローンでは、利息や金利の違いがあるのでしょうか?まず基本的に借り換えの場合には、1つの借入先の場合に、低金利なローンに借り換えるために見直しするという事になります。もし複数の借入先があるのであれば、低金利のローンにおまとめするという事になります。

26283682 2105095103057354 9135364205589823488 n
silverflower95さんの投稿

借入先が1つしかないのか、それとも複数あるのかという事で呼び方が異なります。しかしどちらの場合も、金利を安くし、利息負担を少なくするという目的は変わりません。出来るだけ安い金利のローン商品を見つけたのであれば、返済総額を少なくするためにも、借り換えを検討したいところです。

Thumbカードローンとはどんな仕組みなの?申し込み方法や用途など特徴を解説!

本当にカードローンの借り換えをすると利息が安くなる?

カードローンの借り換えをする事で、利息を少なくし、金利も低くなるのでしょうか?これは借り入れ状況によると言わざるを得ないでしょう。金利が高い消費者金融に借り入れがあり、毎月の利息負担額が多いと感じている場合には、カードローンを見直し、借り換えることで大きなメリットがあると言えます。

26871443 1904559856521379 9112416461615267840 n
mintx58さんの投稿

もし借入金額がそれほど多くない場合には、実際の利息負担額にも大きな違いが生じずない事も考えられます。金利が安くなっても、実際の利息負担額にはそれほど影響がないという事も考えられます。

25008656 161072477844366 3117108975049375744 n
yuks_mmさんの投稿

これも借入金額が大きくなるにつれて、その差が大きくなります。それで金利が安くなると利息の負担も少なくなるのかは、借入金額に大きく影響されます。

カードローンの借り換えはどのくらいの金利の差がある?

25012337 428031707613585 6645631381323907072 n
mys.myssさんの投稿

カードローンの借り換えを行うと、どのくらいの金利の差が生じるかは、誰もが思う疑問点です。もし50万円を金利18.0%の消費者金融から、返済期間2年で借り入れしているとします。もしこれ金利15%ほどの銀行カードローンに借り換えすると毎月の返済額が800円ほど異なります。

23733802 501539560227127 7643525452971114496 n
yua1054さんの投稿

これを2年ほど続けると、2万円ほどが利息負担の差額になります。同じ金額を同じ期間借りていて、これほどの差が生じるのであれば、早めに借り換えしておきたいと思います。これはあくまでも例ですが、消費者金融は金利が高い傾向があるので、もっと金利が安いローンに借り換えをすると差額は多くなります。

50万円という金額を例にとっても、これだけの差が生じます。もし借入金額がさらに多くなるとメリットがさらに多くなります。利息負担を少なくするためにも、素早く他のローンを比較して、金利が安いものが無いか検討してみましょう。多くのローン商品を比較するのが、お得な借り換えローンを見つける近道です。

カードローンの借り換えの審査

カードローンの借り換えの審査は、通常の借り入れの審査の時と比べると、審査が少し厳しいと考えても良いでしょう。それは借り入れがある状態で、さらに借り入れを行うという事だからです。何も借り入れが無い方に比べて、融資を行うのに審査が慎重になるのは、仕方がありません。

しかしそうだからと言って、審査に全く通らないというのでは、借り換えをする意味がないです。ある程度の条件を満たしているのであれば、借り換えは可能ですので、積極的に借り換えを検討し利息を減らしましょう。安定した収入があり、勤続年数もある程度ある事が基本的な条件になります。

35156085 2038298209744071 6567928980488323072 n
33639vvvnnnさんの投稿

勤続期間もしっかりとあり会社員などであれば、条件を満たしていると見なされ、借り換えのチャンスは広がりますので、審査を怖がることなく借り換えを検討してみましょう。契約社員やアルバイトなどであれば、審査に通る可能性は低くなりますが、条件によっては借り換えできる事もあるでしょう。

23421437 144385052852720 5635424793785270272 n
wwyasuさんの投稿

もちろん借り換えが可能だったとしても、条件が悪い方の申し込みの場合は、利息負担がほとんど変わらないケースもあります。本当に今の状態で申し込みをしても審査に通るのか、今一度確認をしてみましょう。

カードローンの借り換えをした方が良い方

カードローンの借り換えを検討した方が良い方には、いくつかの特徴があります。消費者金融に借り入れがあり、利息負担が多いと感じている方は、典型的な借り入れをした方が良いパターンです。消費者金融の金利が安くなることは期待できませんので、安いカードローンに借り換えをすると利息負担が減らせます。

他にも現在のカードローンは、提携先が少なく返済の利便性が良くないというパターンもあります。それほど金利の条件も良くなく、利便性も良くないカードローンであれば、借り換えをして利息を減らし、スムーズに返済できるようにするのも良いでしょう。

すでに金利が安いローンを利用しているのであれば、借り換える必要性が無いかもしれません。しかし金利が高く、利便性も悪いカードローンなのであれば、借り換えのメリットを検討し、カードローンの比較をオススメします。利息負担が少なくなれば、毎月の返済も楽になり、完済を目指す意欲も沸いてくるでしょう。

カードローンの借り換えの注意点

21909486 1190981557668332 4766119929856393216 n
la_kurashiさんの投稿

カードローンの借り換えの際は、既存の借入金額に注意しましょう。規制枠ギリギリまで借りている際に、借り換えローンを申し込みしても審査に通る可能性は低くなります。それは借り換え専用の商品でなければ、総量規制に引っかかってしまう可能性があるからです。

20905700 1368418799923942 5400875152281960448 n
mamahalo38さんの投稿

今の借入金額が、総量規制の額に近いのであれば、出来る限り借入金額を減らしてから、借り換えローンを申し込みしましょう。金額が低ければ低いほど、借り換えローンの審査に通る可能性は高くなります。

今までに返済に遅れたり、滞納した事があるのであれば、これも審査に通りにくくなる原因です。全国銀行個人信用情報センターには、延滞債務整理の信用情報が5年にわたって保管されています。それで、延滞した事実なども5年に渡って保存されているので、審査に通らない事が多いです。

26866578 203051513584364 8923233211039875072 n
mijumaru.uさんの投稿

もし借金で首も回らない状態なのであれば、借り換えよりも任意整理などで解決する方が良いケースもあるでしょう。しかしこれらは、後のローンの審査に影響しまうので、自力で完済を目指すのであれば、カードローンを借り換えて、利息負担を減らし、確実に返済を進めていきましょう。

カードローンの借り換えに失敗しない為に

26865976 213870815846129 8979520535570415616 n
samuelrhodesさんの投稿

カードローンの借り換えに失敗しないためにも、ある程度条件を知っておくのは重要です。基本的に無職やアルバイトの場合は、カードローンの借り換えをおこなうのは難しいでしょう。しかし主婦の場合は、配偶者に収入があれば自分の状況を見直し、銀行のカードローンなどに申し込みする事ができます。

22069279 1711859545515080 5456403891098746880 n
maorin5891さんの投稿

無職の独身の場合は、配偶者の収入で借り換えをする事も難しいので、借り換えの審査に通るのは難しいでしょう。任意整理などの方法を試してみるのがオススメです。

21910910 371450109954003 3405257978750697472 n
ytrm.____.mrtyさんの投稿

おまとめローンをすでに利用した事がある方も注意が必要です。おまとめローンは多重債務を完済したという事になるので、個人信用情報機関に登録されます。それで他社でカードローンを申し込みしても審査に通らない可能性が高くなります。

すでに借り換えをしている方が、さらに借り入れをしようとすると、返済能力を疑われて、審査が厳しくなります。申し込みをして審査に通らないという事にならないためにも、申し込みをする前にどのような条件なのか見直した後、考慮しましょう。

カードローンの借り換えは安い金利と利便性の交換の可能性

26332077 322824461543130 285815663933521920 n
fukunowapさんの投稿

カードローンを借り換えすると、今までの利便性が無くなるケースもあるので注意しましょう。借り換えローンの場合には、返済目的のためにしか借り入れできないので、他の事情で借入金額を増やすという事ができません。今までの自由に使えていた、利便性は無くなる可能性がある事を覚えておきましょう。

21372538 1924901767751085 5143556025126748160 n
tanayan8208さんの投稿

他のフリーローンの場合には、増額が可能だったとしても、借り換え目的のカードローンにはそれができない可能性があります。もちろん完済を目指すのであれば、状況を見直し、さらに借り入れをする事なく毎月確実に返済を進めてきたいです。

カードローンの借り換えをした方が良い目安の金額

20766859 1895949940658065 7403445332404600832 n
yocco.chokinさんの投稿

カードローンの借り換えという事は、手続きをして別のローン商品を購入する事になります。この手続きをするのに値する、借入金額の目安を決めるのは難しくなります。それは借入金額は同じでも、限度額によって適用される金利が異なるので、見直しをする条件が人によって異なるからです。

例えば、100万円借りている場合でも、限度額が800万円まである商品と限度額が200万円の商品では、適用される金利が異なります。もし今借りている金利が高いのであれば、見直しをして借り換えをするメリットが多くなります。

21576477 350415232085156 7260404148145750016 n
nikkei_business_officialさんの投稿

基本的には、借入金額が多くなればなるほど、今すぐ借り換えをした方が利息負担が少なくなるという事です。もちろんすでに銀行カードローンやローン商品がすでに銀行の金利ほど低いのであれば、借り換えをしなくても良いケースもあります。

26870816 389774208115080 6482996208368353280 n
h.hisako.oさんの投稿

一般的には借入金額が高いほど、金利の低さにより利息負担が少なくなるので、見直しをして借り換えローンの検討をしても良いでしょう。限度額が高ければ高いほど、カードローンの金利は低くなっていきます。消費者金融などの様な高い金利から、銀行カードローンの様な低い金利の物に見直しをするのがお得です。

カードローンの借り換えができる審査基準

21480281 1934909163501812 705704620411846656 n
yuuuki100さんの投稿

基本的なカードローンの借り換えの基準は、安定した収入があるという事です。それを証明するのには、勤続年数がある程度必要になるでしょう、契約社員やアルバイト、派遣社員などは審査が厳しい銀行系に借り換えしようとすると、難しい可能性があります。

27577085 1747033935362507 9066462085369561088 n
harachanstyle2さんの投稿

それは契約社員や派遣社員は、いつ契約が終わるのか判断がしにくいので、安定した収入とは見てもらえない事があるからです。融資をする方としては、少しでもリスクが無い人に融資をしたいと思うので、定期的にお給料をもらえる正社員が有利になります。

39665439 744933142510699 1539372341094514688 n
tomiokayuutaさんの投稿

しかし派遣社員だからと言って、完全に借り換えできないという訳ではなく、借り換えできる条件もあるでしょう。例えば名の知れている大手の派遣会社であれば、契約期間が終了しても次の職場にすぐに派遣してもらい、場合によっては良い条件の職場に派遣される事もあります。

カードローンの借り換えは借入件数も注意

17126559 319730215096037 6817547501864747008 n
mitsu4832さんの投稿

カードローンの借り換えをする際には、借入件数がどの程度あるのかにも注意しましょう。借り入れ件数がすでに複数あるのであれば、返済能力を疑われてしまい審査を通る可能性が低くなってしまいます。出来る限り借入先を減らしてから、借り換えローンの申し込みを考えましょう。

カードローンの借り換えは返済期間にも注意

カードローンの借り換えをする際には、返済期間にも注意が必要です。金利が安くなり、利息負担が少なくなっていたと思っていても、返済期間が長くなれば、結局利息負担が変わらない事もあります。それで完済するまでの期間がどのように変化するかにも注意しましょう。

17267806 496831010487484 6202901303434149888 n
thrifty321さんの投稿

どうしても広告や案内を見ると、金利や利息がどのくらい減るのかと言う事に注意が向きがちです。もちろん金利が低くなる事と、利息負担が少なくなるのは重要ですが、返済期間が長くなるというケースもあります。しっかりと借り換えの条件や、完済までの予定がどのように変化するのかを見極めていきましょう。

返済期間の変化は、案内ではそれほど強調されない部分でもありますので、しっかりとどのような変化があるのか、現状と比較していきましょう。

職業がカードローンの借り換えに影響

26870443 1483450301763820 5995324035074883584 n
s.natsuki24さんの投稿

職業がカードローンの借り換えの審査にも影響することがあります。どうしても弁護士や医師などの士業の方が職業としてのランクが高くなり、審査に通る可能性が高いです。その後公務員と続き、正社員という流れになります。

26867511 1556428591100937 6174512480140656640 n
takeru28sさんの投稿

派遣社員は派遣会社に大きさによっても、収入の安定性が変わると判断されることもありますので、一概にレベルを決めることはできません。その次に個人事業主、アルバイトとランクが分けられている様です。もちろん返済能力を判断する大きな要素は、収入という事になるので、職業だけで判断される訳ではありません。

それでも大まかなレベル分けがされている事を知っていると、どの程度の融資額が期待できるか、また金利の低さがどの程度になるのか、判断する基準になります。職業はカードローンの申し込みをするからと言って、変更できるものではありませんが、希望融資額を決めたり、審査の厳しさの判断材料にしましょう。

カードローンの借り換えで利息が安くなる

カードローンの借り換えで利息の負担を少なくし、金利を下げる方法を見てきました。それほど差が無いと思っていても、返済総額を考える時に、カードローンの借り換えをする方がお得であるケースがあるのが分かります。

現在の利息負担と金利を見直しして、カードローンの借り換えが可能なのか判断していきましょう。思っているよりも、毎月の返済額を少なくして負担を減らせる可能性もあります。

カードローンの借り換えをすぐにして利息負担を減らす

26869803 397681560691014 4799093269961113600 n
milk33102017さんの投稿

完済を目指すには、まずは金利を低くし、利息負担を減らすことから始めていきましょう。借り換え専用の商品も選択できるので、自分の条件で借り換えが可能ではないか調査をし、毎月の返済額を少なくしていきましょう。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ