PASMO(パスモ)にオートチャージ可能なクレジットカード一覧!

PASMO(パスモ)にはオートチャージやポイントサービスなど様々な機能が搭載されており、クレジットカードを併用することでさらにお得な使い方が可能となります。今回は、PASMO(パスモ)にオートチャージできるクレジットカードやメリットなどについて解説しています。

PASMO(パスモ)にオートチャージ可能なクレジットカード一覧!のイメージ

目次

  1. PASMO(パスモ)とは
  2. PASMOにオートチャージ可能なクレジットカード
  3. PASMOのオートチャージのメリット
  4. PASMOのデメリット
  5. PASMOで貯まるポイント
  6. PASMOのオートチャージの設定方法
  7. PASMOで現金チャージする方法
  8. PASMOで使えるクレジットカードの一体型と分離型
  9. PASMOにオートチャージするカードの選び方
  10. PASMOにオートチャージ可能なクレジットカード一覧まとめ

PASMO(パスモ)とは

PASMOは交通ICカード

出典: https://nomad-saving.com

PASMO(パスモ)とは、2007年から導入が開始された電子マネーのことで、主に首都圏を中心とした電車やバスを利用する際に重宝されているICカードとしても知られています。また、現在ではPASMO(パスモ)の発行枚数は3000万枚を大きく上回る規模となっています。

首都圏の交通機関においてさまざまな人々に利用されているPASMO(パスモ)では、ショッピングの際に利用することでクレジットカードのポイントが付与されるなどといったサービスも提供されているため、幅広い場面で活用されている傾向にあります。

PASMOの発行会社

出典: https://wark.jp

非常に利便性の高いサービスを受けることが可能となるPASMO(パスモ)は、株式会社パスモによって発行されています。また、関東地方に存在している27ヶ所の鉄道事業と77ヶ所のバス事業で導入されているといった特徴があります。

関東圏の交通機関を利用する際に欠かせない存在となっているPASMO(パスモ)では、FeLiCaやNFCが採用されているため、電子マネーとしてはもちろんのこと、電車やバスの切符としての役割も担っているため、今後はさらに需要が高まると言われています。

PASMOが使えるエリア

出典: http://career.vsn.co.jp

PASMO(パスモ)の機能が使える主なエリアとしては、京成電鉄や小田急電鉄をはじめとした関東を中心に運営されている鉄道網や、相鉄バスや西武バスなど計77事業者での利用が可能となっています。

PASMO(パスモ)には数多くの鉄道・バス事業者で使うことができるといった大きなメリットがありますが、電子マネーとしての機能も搭載されているため、加盟店として登録されている各店舗でも利用することが可能となっています。

4つのできること

出典: https://www.itmedia.co.jp

PASMO(パスモ)というICカードでは、主に4つのことができると言われています。例えば、電車やバスを利用する際にPASMOを読み取り機にかざすだけで支払いができるといった点が挙げられます。また、ショッピングの場合にも、現金を取り出すことなく支払いを済ませることができるため、とても便利なICカードのひとつとなっています。

PASMO(パスモ)には、バスの乗り降りが簡単に行えるといったメリットもあります。また、オートチャージと呼ばれる非常に便利なサービスも提供されているため、現在では日常生活に欠かせない存在になっている傾向にあります。

入場も出場もオートチャージ可能

出典: https://www.miyazakihonto.com

PASMO(パスモ)における大きな魅力のひとつとして、入場も出場もオートチャージが可能となっている点が挙げられます。PASMOのオートチャージとは、改札機にタッチするだけで簡単に金額を補充することができるサービスのことで、利用する際には事前に申し込みを行う必要があります。

PASMO(パスモ)のオートチャージサービスを利用する場合、有効期限などといった仕組みについても把握しておくことが重要となります。通常、PASMOの有効期限は自身が利用しているクレジットカードと同一になるケースが多く、有効期限を延長することも可能となっています。

ThumbApple PayでPASMOを使うには?メリット・デメリットを調査!

PASMOにオートチャージ可能なクレジットカード

To Me CARD Prime PASMO

出典: https://navinavi-creditcard.com

PASMOにオートチャージすることができるクレジットカードは、さまざまな種類が存在しています。オートチャージが可能なクレジットカードとしては、東京メトロから発行されている「To Me CARD Prime PASMO」というクレジットカードが挙げられます。

To Me CARD Prime PASMOにおける主な特徴としては、初回年会費が無料となっている点や利用するたびにメトロポイントが貰えるといった特徴が挙げられます。また、他社のクレジットカードで提供されているポイントと交換することもできるという魅力もあります。

JALカードTOKYU POINT ClubQ

出典: https://travel-hack.jp

「JALカードTOKYU POINT ClubQ」というカードも、PASMOにオートチャージが可能となるクレジットカードのひとつとして挙げられます。また、JALカードTOKYU POINT ClubQには、マイルやポイントが非常に貯まりやすいといった大きな魅力があると言われています。

JALカードTOKYU POINT ClubQにおけるメリットとして、さまざまな特典が設けられているといった点も挙げられます。そのため、JALカードTOKYU POINT ClubQはPASMOのオートチャージに限らず、幅広い場面で重宝されている傾向にあります。

JALカードOPクレジット

出典: https://card-professor.jp

PASMOにオートチャージができるクレジットカードのとひとつとして、JALカードOPクレジットというものがあります。JALカードOPクレジットでは、JAL系列の店舗などを利用するたびにマイルやポイントがどんどん貯まるサービスが提供されており、PASMOにおいてもお得な使い方が可能となってきます。

JALカードOPクレジットは、主にJAL航空を利用する際に用いられることが一般的となっていますが、PASMOと併用することで、空の旅に加えて鉄道やバスなどで国内旅行をする場合にも、非常にお得で快適なサービスを受けることが可能となるため、現在でもさまざまな人々から高い人気を得ています。

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO

出典: https://card-professor.jp

PASMOのオートチャージをする際には、「TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO」というクレジットカードが使われるケースも少なくありません。TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOとは、東急カードとJALが協同で発行しているクレジットカードのことで、加盟店舗が非常に多いといったメリットがあります。

加盟店数や業種の豊富さに加えて、PASMOにオートチャージする場合には1.5%という高いポイント還元率が設定されているといった点も大きなメリットと言われています。また、東急グループの定期券を買う際にもポイントが貰える仕組みとなっています。

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン

出典: http://www.oddmutou.com

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンというクレジットカードにおいても、PASMOにオートチャージすることが可能となります。SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンでは、西武グループが運営しているさまざまな事業で利用することができ、提供されているサービスも非常に魅力的なものとなっています。

年会費が無料となっている点も、SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンの魅力のひとつとされており、PASMOにオートチャージするとポイントが付与される仕組みとなっているため、日々の生活がさらにスマートなものになるといった評判を呼んでいます。

ANA To Me CARD PASMO JCB

出典: http://vivilant.hatenablog.com

PASMOにオートチャージが可能となるクレジットカードとして、「ANA To Me CARD PASMO JCB」というカードも挙げられます。ソラチカカードとも呼ばれており、現在では男女年齢問わず、幅広い人々に親しまれているクレジットカードのひとつとしても知られています。

ANA To Me CARD PASMO JCBにおける最大の魅力として、ANAマイルをたくさん貯めることができるといった点が挙げられます。また、「陸マイラー」と呼ばれている人々の間では所有が必須とも言われており、PASMOとの併用においても、その恩恵を最大限に活かすことが可能となります。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカード

出典: https://www.episode02.com

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードも、PASMOにオートチャージが可能となるクレジットカードのひとつとして挙げられます。ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードにおける特徴としては、PASMOや定期券など計5種類の機能が搭載されているといった点が挙げられます。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードでは、通常のクレジットカードよりも安い費用で利用することができる仕組みとなっており、世間では他社のクレジットカードよりもPASMOとの相性が良いと言われています。

OPクレジットカード

出典: https://www.anzairen.com

PASMOのオートチャージサービスを利用する際には、「OPクレジットカード」の仕組みや特徴についても知っておくことがポイントとなります。OPクレジットカードとは、小田急グループが発行しているクレジットカードのことで、国際ブランドとして高い知名度を誇っているJCBやVISAの機能が付帯されているといった特徴があります。

OPクレジットカードでは、ショッピングや旅行の際にもポイントが使えるといったメリットがあり、小田急電鉄を利用する場面でもさまざまなサービスを受けることができるため、通勤や通学などのケースでも非常に重宝されている傾向にあります。

Pastownカード・パスタウンPASMOカード

出典: https://creditcard-plus.net

Pastownカード・パスタウンPASMOカードも、オートチャージが可能となるクレジットカードのひとつとして挙げられます。Pastownカード・パスタウンPASMOカードにおける主なメリットとしては、オートチャージの際にもポイントが付与されるといったメリットがあるため、近年では利用者数が徐々に増加していると言われています。

Pastownカード・パスタウンPASMOカードを利用する際には、いくつかの注意点を知っておく必要があります。例えば、定期券の機能が搭載されていないといった点や、1250円ほどの年会費が発生するといった点が挙げられ、提携しているカード会社によっては仕組みが異なってくる傾向にあります。

東武カード

出典: http://cardvirgin.com

PASMOにオートチャージができるクレジットカードとして、東武鉄道が発行している「東武カード」というクレジットカードがあります。東武カードでは、PASMOの残高がある一定の金額を下回ることで自動的に不足分が補充されることとなります。

東武カードというクレジットカードでは、東武グループが運営している百貨店や定期券購入の場面でも使用することが可能となっており、家族カードやETCカードにも入会することができる仕組みとなっているため、自分の生活に合ったクレジットカードの使い方が可能となるメリットがあります。

京成カード

出典: https://matsunosuke.jp

京成グループが運営しているさまざまな施設で使うことができる京成カードも、PASMOのオートチャージが可能となるクレジットカードとして挙げられます。京成カードにおける主な特徴としては、貯まったポイントを利用して数多くの商品と交換することができるいったメリットがあります。

京成カードでは、PASMOと同時に入会申し込みをすることができる仕組みとなっているため、特に京成線や北総沿線などを頻繁に利用する人物に重宝されている傾向にあります。また、使い方によっては最大で1.5%のポイントが付与されることとなります。

京王パスポートPASMOカードVISA

出典: https://card.gpoint.co.jp

京王線をよく利用している人々に欠かせない存在となっている京王パスポートPASMOカードVISAも、PASMOのオートチャージが可能となるクレジットカードとして挙げられます。また、日常的に井の頭沿線を活用している人物にとっても、非常に利便性の高いクレジットカードのひとつとなっています。

京王パスポートPASMOカードVISAにおける主な特徴としては、PASMOのオートチャージ機能が自動的に付帯されるといった点や、PASMO一体型というタイプも提供されているという特徴が挙げられます。また、オートチャージ金額1000円あたり1ポイントが貰える仕組みとなっています。

相鉄カード

出典: https://creditcard-plus.net

PASMOにオートチャージが可能となるクレジットカードとして、相鉄グループは発行している相鉄カードも挙げられます。相鉄カードでは、PASMOのオートチャージサービスが利用できるといったメリットに加えて、付与されたポイントをさまざまな商品に交換することもできます。

相鉄グループでは、貯まったポイントを他社のクレジットカード会社が提供しているポイントに移行することも可能となっています。また、その利用方法は200種類を超えるとも言われており、ユーザーの目的などに合った使い方を選ぶことができる仕組みとなっている点も大きな魅力とされています。

京急カード

出典: http://tako134.blog71.fc2.com

相鉄カードと同様に京急カードも、PASMOにオートチャージが可能となるクレジットカードのひとつとして挙げられます。京急カードには、「京急プレミアポイント」と呼ばれる独自のポイントサービスが各加盟店で使用できるといったメリットがあります。

さまざまな場面でポイントが使えるといったメリットに加えて、計5種類のクレジットカードが提供されているといった点もメリットのひとつとされています。また、VISAやマスターカードといった国際ブランドの機能も付帯されているため、自身のライフスタイルに合った種類を選ぶことも可能となっています。

横浜交通hama-eco card

出典: https://creditcard-plus.net

PASMOのオートチャージ機能が利用できるクレジットカードのひとつとして、横浜交通hama-eco cardも挙げられます。横浜交通hama-eco cardには、オートチャージ機能の搭載に加えて、VISAカードの機能も付帯されているといった魅力があります。

横浜交通hama-eco cardというクレジットカードでは、定期券を購入することで年会費が無料となるサービスも提供されています。また、その際には通常の3倍に相当するポイントが貰えることとなるため、初めてPASMOを利用する人物にもおすすめと言われています。

PASMOのオートチャージのメリット

メリット①改札や運賃機でスムーズ

出典: http://www.neyagawa-np.jp

PASMOに搭載されているオートチャージ機能には、いくつかのメリットがあります。主なメリットとしては、改札や運賃機でスムースな処理が行えるといった点が挙げられます。また、さまざまなクレジットカードと併用することでさらにお得な使い方が可能となります。

PASMOというICカードはバスの定期券として活用することも可能となっているため、バスの乗り降りの際にも無駄な手間が省けるといったメリットがあります。そのため、首都圏に暮らしている人々にとって欠かせない存在となっている傾向にあります。

メリット②残高不足の不安がない

出典: https://biz.moneyforward.com

残高不足の不安がないといった点も、PASMOのオートチャージにおけるメリットのひとつとして挙げられます。また、PASMOに搭載されているオートチャージ機能では、ある一定の金額を下回ると自動的に不足分が補充されることとなるため、金額の確認が不要となるといった点も魅力となっています。

PASMOのオートチャージ機能を利用するとポイントが貰えるといった点も大きな魅力のひとつとなっています。また、クレジットカードを使ってオートチャージをする際にも同様のサービスを受けることができます。

メリット③チャージ金額の変更が可能

出典: https://www.sebuns-log.com

PASMOにおけるオートチャージのメリットとして、チャージ金額の変更ができるといった点も挙げられます。PASMOでは、10円単位からチャージ金額を設定することができ、1回のチャージあたり10000円までの利用が可能となっているため、自分に合った金額の設定ができる点も魅力のひとつとされています。

バス車内においても1000円単位からの金額設定ができる仕組みとなっており、設定方法も非常に簡単なものとなっています。しかし、電子マネーの残金が20000円を上回ることはできないので注意が必要です。

メリット④財布がスッキリする

出典: https://media.moneyforward.com

PASMOのオートチャージ機能を利用することで、財布の中身をスッキリすることができるといった点もメリットのひとつとされています。通常、交通機関の支払い時には現金を取り出して支払いを済ませることとなるため、常に現金を持ち歩く必要がでてきます。

PASMOは非常に使い勝手の良いサービスとしてさまざまな人々に利用されていますが、利用方法も簡単な仕組みとなっているため、紛失や盗難の際には第三者に悪用されてしまう恐れもあります。そのため、PASMOの保管には十分に注意を払っておくことも重要となります。

メリット⑤利用できる交通機関が多い

出典: http://www.ja6ybr.org

PASMOのオートチャージにおけるメリットのひとつとして、利用できる交通機関が多いといった点も挙げられます。現在、100を超える鉄道やバスの事業者に導入されているPASMOは、日常生活に必要不可欠な存在となっているため、依然としてさまざまな人々から高い支持を集めています。

非常に幅広い交通機関で利用することができるPASMOですが、首都圏や関東地方を中心にサービスが提供されているため、関西などといった地域では利便性が低くなる傾向にあります。そのため、それらの点を十分に考慮したうえでPASMOを利用することがポイントとなってきます。

メリット⑥自動でポイントが貯まる

出典: https://mo-house.net

自動でポイントが貯まるといった点も、PASMOのオートチャージにおけるメリットのひとつとして挙げられます。PASMOでは、交通機関の利用やショッピングの支払い時に加えて、オートチャージをする際にもポイントが付与される仕組みとなっているので、使えば使うほどポイントが貯まっていくこととなります。

クレジットカードを併用することで、さらにお得な使い方が可能となってきます。特に、ANAやJALが発行しているクレジットカードでは、マイルと呼ばれるポイントが貰えることとなるため、他社のクレジットカードよりもPASMOとの相性が良いと言われています。

メリット⑦バス特がある

出典: http://www.keiseibus.co.jp

PASMOのオートチャージ機能におけるメリットとして、バス特があるといった点も挙げられます。バス特とは、1ヶ月間の利用金額に応じて付帯されるサービスのことで、1000ポイントごとにバス特が利用できるといった特徴があります。

バス特というサービスには、自動的にバスの運賃として使用されるといった特徴もあります。また、10円単位からの使用が可能となっているため、首都圏における交通手段として欠かせないものとなっているバスで利用できるこのサービスは、非常に高い評価を集めている傾向にあります。

メリット⑧Suicaエリアもチャージ可能

出典: https://matcha-jp.com

SuicaエリアでもPASMOのオートチャージができる仕組みとなっているため、幅広い人々に親しまれている傾向にあります。Suicaとは、東日本旅客鉄道が提供しているICカード型乗車券のことで、PASMOと並んで高い知名度と利用頻度を誇っていることでも知られています。

PASMOやSuicaには、クレジットカードを使うことでお得なサービスを受けることができるなどといった共通点があるので、どちらを利用するべきか悩んでしまうケースもあるようです。そのため、おサイフケータイとしての機能も利用したい際には、Suicaを選ぶといった場合が一般的となっています。

PASMOのデメリット

オートチャージ対応のクレジットカードが少ない

出典: https://www.alg-plus.com

PASMOにおけるデメリットとしては、オートチャージに対応しているクレジットカードが少ないといった点が挙げられます。また、クレジットカードを利用してオートチャージを行う際には、その設定方法を理解しておく必要もあります。

クレジットカードを使ってPASMOのオートチャージ機能を利用するためには、さまざまなカードタイプに応じた設定方法を知っておくことも重要となります。現在、PASMOでは4タイプのカードが提供されており、その種類によって対象となるクレジットカードも異なってくることとなるので注意が必要です。

オートチャージ上限金額が少ない

出典: https://chu-channel.com

オートチャージの上限金額が少ないといった点も、PASMOにおけるデメリットのひとつとして挙げられます。PASMOのオートチャージでは、1日10000円までのチャージが可能となっており、1ヵ月単位においては50000円という上限が設けられています。

比較対象として頻繁に挙げられるSuicaでは、1日あたり20000円までのオートチャージが可能となっており、PASMOよりも利便性の高いものとなっています。また、楽天Edyという電子マネーにおいては上限額を自分で設定することができる仕組みとなっています。

利用できない場所がある

出典: http://fancy-freelife.com

利用できない場所があるといった点も、PASMOにおけるデメリットのひとつとして挙げられます。PASMOが提供しているさまざまなサービスは、首都圏や関東地方を中心に提供されているため、それ以外の地域で生活している人々にとっては、あまり恩恵が受けられない傾向にあります。

関西圏で事業を行っている大阪市営バスや南海バスではPASMOを使うことができる仕組みとなっていますが、そのサービスが利用できるエリアはとても限られているので、各地域によって評価が分かれている傾向にあると言われています。

モバイルでPASMOは利用できない

出典: https://join.biglobe.ne.jp

PASMOにおける最大のデメリットとして、モバイル端末で利用することができないといった点が挙げられます。近年では、モバイル端末にアプリをダウンロードして、自身のスマホからさまざまな支払いを行うといったケースが主流となっているため、PASMOの普及における足枷となっているとも言われています。

PASMOでは、幅広い消費者のニーズを考慮して、2017年にモバイルPASMOの商標出願が行われました。そのため、今後はSuicaなどと同様に、さまざまなモバイル端末でサービスを利用することができる可能性があるとされています。

PASMOで貯まるポイント

メトロポイントクラブとは

出典: https://www.tokyometro.jp

PASMOで貯まるポイントの仕組みを理解するためには、メトロポイントクラブの特徴や設定方法などを知っておくことも重要です。メトロポイントクラブとは、PASMOを利用している人物を対象としたサービスのことで、東京メトロ線を利用することでポイントが貰える仕組みとなっています。

メトロポイントクラブでは登録費や年会費が無料となっており、利用者の実績に応じて付与されるポイントも大きく異なってくる傾向にあります。また、メトロポイントクラブにはいくつかの種類が設けられているので、自分の目的に合ったサービスを選ぶことも可能となります。

メトポの貯め方

出典: https://googirl.jp

メトロポイントの貯め方としては、東京メトロ線を利用してポイントを貰うといった方法が一般的となっています。また、入会における設定方法も簡単な仕様となっているため、初めて利用する人物にも優しいシステムが取り入れられています。

東京メトロ線を利用するといった方法に加えて、PASMOを利用することで区画外でもポイントが貯まることとなります。また、メトロポイントはPASMOへのチャージもできる仕組みとなっているため、非常に使い勝手の良いサービスとも言われています。

メトポの使い方

出典: https://coach.co.jp

メトロポイントの使い方としては、ANAマイルやnanacoポイントなどに交換するといった方法が挙げられます。また、メトロポイントに対応したクレジットカードを利用することで、さらにポイントが貯まるといった特徴もあります。

非常におすすめと言われている使い方としては、ソラチカカードというクレジットカードを使ってマイルに交換するといった方法が挙げられます。また、1000ポイントで900マイルと交換できる仕組みとなっているため、他社のクレジットカードが提供しているポイントよりも利便性が高いサービスとなっています。

メトポの種類

出典: https://www.saison-chienowa.jp

メトロポイントには、いくつかの種類が存在しています。有名なタイプとして、「メトロポイントPlus」というものが挙げられ、このサービスでは使用するクレジットカードによって、ポイント還元率などが大きく異なってくるといった特徴があります。

ソラチカカードというクレジットカードを利用した場合、メトロポイントが1回の乗車あたり5ポイント付与される仕組みとなっており、週末や休日に利用すると通常の2倍に相当するポイントが貰えることとなります。また、To Me CARDと呼ばれるクレジットカードを使うと、ゴールドカードの際には最大で40ポイントほど付与される仕様となっています。

PASMOのオートチャージの設定方法

設定方法①一体型カード

出典: http://shikakumaniatoistds.blog57.fc2.com

PASMOにおけるオートチャージの設定方法を知るうえでは、いくつかのカードタイプの存在を把握しておくことも重要です。PASMOでは一体型カードというタイプが提供されており、ウェブサイトや申込書を用いて手続きを行う必要があります。

一体型カードにおける設定方法としては、各申込書の手続きをした後に、郵送されたはがきやPASMOを持って各事業所に足を運ぶこととなります。また、各事業所内でオートチャージ機能を利用する際に必須となる設定方法を行うといった手順が一般的とされています。

設定方法②紐付型カード

出典: http://www.patacriticism.org

紐付型カードにおける設定方法としては、まずPASMOのサービスに対応したクレジットカードを用意することが必須となります。また、クレジットカードの準備を終えた後に、設定方法に欠かせない申込書を郵送することとなります。

正しい設定方法を行うために必要となる申込書を提出すると、オートチャージに関するはがきが送られてくることとなるので、そのはがきを持ってPASMOの事業所で各設定を行うといった流れが、紐付型カードにおける一般的な設定方法とされています。

設定方法③2つの金額設定

出典: https://lms.gacco.org

正しい設定方法を知るためには、2つの金額設定方法を理解しておくことも大切です。オートチャージの金額における設定方法としては、ICカードに対応した券売機や定期券売り場などで金額の設定を行うことが一般的となっています。

利用者の中には多機能券売機で金額設定を行うケースも多く見られ、その際の設定方法としては、画面内に表示される「PASMO」という項目や「オートチャージの利用設定」といった項目を選んでから、チャージ金額を自分で設定することとなります。

PASMOで現金チャージする方法

券売機でチャージする

出典: http://osaka-subway.com

PASMOに対応したクレジットカードの利用の仕方や設定方法を理解するためには、券売機でチャージする方法も把握しておくことがポイントです。券売機を利用したチャージ方法としては、画面内に表示される指示に従って入力を行うことが必須となります。

各指示に従って入力を行った後は、自身の目的などに合ったチャージ金額を入力することとなりますが、1日のチャージ上限額は10000円までとなっているので、設定方法を知る際にはそれらの点も十分に考慮しておく必要があります。

ICカードチャージ機でチャージする

出典: http://jamfunk.jp

PASMOでは、ICチャージ機を使ってチャージすることも可能となっています。その際には、ICチャージ機の読み取り部分にタッチすることで設定ができる仕組みとなっているため、初心者でも簡単に行うことができます。

バス車内においても、PASMOのチャージをすることができます。また、運賃機にタッチするだけでチャージすることができ、1000円単位からのチャージ設定が行えることとなるため、非常にスムーズな処理となっている点も魅力のひとつとされています。

コンビニでチャージする

出典: http://jin115.com

PASMOの現金チャージは、コンビニでも行うことができます。その際の設定方法としては、コンビニに設置されている専用端末にPASMOを置いてからチャージ金額を入力することとなります。また、1000円単位からのチャージも可能となっています。

コンビニでチャージをする際には、いくつかの注意点を知っておくことも重要です。PASMOのチャージは、セブンイレブンやファミリマートなどといったさまざまなコンビニチェーンで可能となっていますが、一部店舗ではチャージに対応していないケースもあるので注意してください。

営業所でチャージする

出典: http://www.officesoken.jp

PASMOの現金チャージは、営業所でも行うことが可能とされています。主なチャージ方法としては、設置されている専用端末の画面内に表示される指示に従ってチャージ金額などを入力していくといった手順となっています。

営業所でチャージをする際には、1回の操作で入金できる金額が各営業所によって異なってくるといった点に注意しておく必要があります。また、電子マネーの残高が20000円を超えることはできない仕組みとなっている点についても十分に考慮しておくことが重要です。

PASMOで使えるクレジットカードの一体型と分離型

一体型のクレジットカード

出典: https://invoice.moneyforward.com

PASMOで使えるクレジットカードは、一体型と分離型によって異なってくる傾向にあります。一体型カードで使えるクレジットカードとしては、To Me CARD Prime PASMOやTOKYU CARD ClubQ JMB PASMOが挙げられます。

一体型カードで使えるおすすめのクレジットカードとして、ソラチカカードやパスタウンPASMOカードなども挙げられます。しかし、各クレジットカードによってポイント還元率などといった付帯サービスの内容も異なってくるため、事前に各仕組みを調べておくことも重要となります。

分離型のクレジットカード

出典: https://www.lifehacker.jp

分離型タイプで使えるクレジットカードとしては、小田急グループが発行しているOPカードや東急カードなどが挙げられます。特に、OPカードではいくつかの国際ブランドの機能が付帯されているといった魅力があるため、数多く人々に利用されるケースも珍しくありません。

分離型のクレジットカードとして利用されやすい東急カードにもさまざまな魅力があります。最大の魅力としては、高校生を除く18歳以上の未成年でも申し込みを行うことができるといった点が挙げられ、その際には親権者の同意が必須となってきます。

クレジットカードは使い方で選ぶ

出典: http://place-le.jugem.jp

近年では、PASMOに対応したクレジットカードが増加している傾向にあります。しかし、受けられるサービス内容やPASMOとの相性は各クレジットカードによって違いが生じることとなるので、前もって特徴を把握しておくことが重要です。

クレジットカードを選ぶ際には、自身の目的などに合ったカードを探すことも必要不可欠となってきます。特に、未成年の場合には申し込みが行えないケースも少なくないため、条件を満たすことができるクレジットカードを選ぶこともポイントとされています。

PASMOにオートチャージするカードの選び方

ポイントの還元率で選ぶ

出典: https://mypage.sso.biglobe.ne.jp

PASMOにオートチャージするカードの選ぶ際には、ポイントの還元率を重視することも大切となってきます。付与されるポイントはクレジットカード会社によって大きく異なり、なかには還元率が数倍になるケースもあります。

PASMOとのポイント還元効率が良いとされているクレジットカードとして、ソラチカカードが挙げられます。特に、ソラチカカードを土日などに利用することによって、通常の2倍にもなるポイントが貰えることとなります。

飛行機利用するなら航空系カード

出典: https://www.airtrip.jp

仕事や旅行など、飛行機を利用する機会が多い人物の場合には、航空系カードがおすすめと言われています。代表的な航空系のクレジットカードとしては、「ANA To Me CARD PASMO JCB」や「JALカードOPクレジット」が一般的となっており、そのサービス内容も多岐にわたっています。

いくつか存在している航空系カードの中でも、ANA To Me CARD PASMO JCBは特にPASMOとの相性が良いと言われており、利用者の多くがANA To Me CARD PASMO JCBを併用している傾向にあります。また、ポイント共にANAマイルが貯まる点も魅力となっています。

通勤通学に便利な定期券付

出典: http://www.sunladys.com

PASMOは定期券として利用されるケースも珍しくないため、その機能を考慮してクレジットカードを選ぶことも重要となってきます。また、その際には京急カード・京王カード・東武カードなどを選ぶことが良いと言われている傾向にあります。

PASMOでは、社会人の通勤に加えて学生の通学時にも重宝されている傾向にあります。そのため、クレジットカードを選ぶ際には、未成年でも申し込むことができるカード会社を探すといった点も非常に重要となります。また、それに伴って自身のライフスタイルに合うクレジットカードを選ぶことも必要不可欠となってきます。

PASMOにオートチャージ可能なクレジットカード一覧まとめ

PASMO(パスモ)にオートチャージが可能となるクレジットカードの種類から、PASMOのメリットや設定方法などについて紹介してきました。日常生活に欠かせない存在となっているPASMOには、オートチャージやポイントサービスなどさまざまな機能が搭載されており、クレジットカードと併用することでさらにお得な使い方が可能となります。今回紹介したPASMOの情報を参考に、自分に合った使い方を見つけてください。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ