郵便局での支払いにクレジットカードは使える?導入予定はいつ?

郵便局を利用する人は多いですが、気になるのはクレジットカード支払いは可能なのかということです。クレジットカードで支払う事ができれば、楽に支払いを終わらせることができます。郵便局での支払いにクレジットカードは使えるのか、導入予定についてご紹介していきます。

郵便局での支払いにクレジットカードは使える?導入予定はいつ?のイメージ

目次

  1. 郵便局での支払いにクレジットカードは使える?
  2. 郵便局の支払いでクレジットカード導入予定はいつ?
  3. 郵便局で年賀状や切手をクレカ払いする方法
  4. 郵便局でクレジットカードが使える郵便サービス
  5. 郵便局が無理ならコンビニで使う
  6. 郵便局での支払いにクレジットカードが使えるかまとめ

郵便局での支払いにクレジットカードは使える?

クレジットカードは利用不可

クレジットカードには、「JCBカード」「アメリカン・エキスプレス」「MasterCard」などいろんな種類のものがあります。しかし、どんな種類のクレジットカードだろうが郵便局で利用することはできません。

ギフトカードも利用不可

ギフトカードが使えるととても便利ですが、郵便局での支払いでギフトカードを使用することはできません。プリペイドカードなどで支払いをしたいという人もいますが、郵便局での支払いは基本的に現金のみです。

電子マネーも利用不可

今は様々な電子マネーがあります。WAONやSuica、iDなど沢山あります。しかし、郵便局での支払いで電子マネーを利用することはできません。電子マネーが使える郵便局があれば、支払いが楽になりますし、ポイントも貯まるのでメリットもあるかもしれませんが、今現在郵便局で電子マネーが利用できるところはありません。

ネットではクレジットカードが使える?

郵便局の窓口でクレジットカードが使えたらどんなに支払いが楽になるのかと考える人もいます。郵便局の窓口で支払いをする際に、クレジットカードを使う事はできません。しかし、一部のネットではクレジットカードを使えるところもあります。

Thumb郵便物の転送期間を延長する方法まとめ!郵便局やネットでの手続き方法は?

郵便局の支払いでクレジットカード導入予定はいつ?

導入時期はいつ?

現在郵便局の窓口でクレジットカードを使うことはできません。しかし、クレジットカードの他、電子マネーやアプリ決済を導入するという動きがあります。郵便局でクレジットカードが使えるようになれば小銭に扱う必要がないため、導入されるのを待っている人も少なくありません。導入予定としては、2020年の2月と言われています。

国際ブランドは不明

クレジットカードには、「VISA」「MasterCard」「JCB」「AMERICANEXPRESS」「ダイナース」などの国際ブランドがありますが、どの国際ブランドになるかは決まっていません。「JCB」という国際ブランドは日本でクレジットカードができて、初めてのブランドのため、「JCB」になるのではないかという声も上がっています。

対象の郵便局

2020年2月に郵便局の支払いでクレジットカードが導入される予定ですが、2020年2月からのクレジットカードの導入は試験運用のため、全国にクレジットカード支払いが導入されるわけではありません。全国の50局程度と予想されます。2020年7月には、東京オリンピックが行われます。この時期までには、約10,000局の郵便局の支払いにクレジットカードを導入する予定です。

対象商品

郵便局でクレジットカードが導入された際に、支払いができる商品は、「年賀状」「切手」「レターパック」「ゆうパック」「ゆうメール」「郵便料金の支払い」などです。印紙はクレジットカードが使えません。

Thumb喪中はがきは郵便局で販売されてる?注文価格を他業者と徹底比較!

郵便局で年賀状や切手をクレカ払いする方法

郵便局運営の通販サイトがある

「切手SHOP」という郵便局が運営する通販サイトがあります。年賀状や切手などは勿論、レターパックなども販売しています。郵便局の窓口で切手や年賀状を購入する際は、クレジットカードを使用することができません。しかし、通販サイトではクレジットカードを使って支払う事ができます。郵便局で購入するよりも通販サイトでまとめて購入した方がお得です。

ネットはクレジットカード利用可能

郵便局が運営している通販サイトがあります。年賀状や切手、レターパックなどを販売しています。郵便局の窓口ではクレジットカードが利用できなくても、ネットではクレジットカードを使用することができます。

5000円未満は送料が必要

ネットで購入しクレジットカードを利用できたとしても、通販サイトを利用すると送料がかかってしまいます。5000円未満の買い物では送料がかかってしまうため、クレジットカードを利用できたとしても郵便局の窓口で購入するよりも高くついてしまいます。5000円以上の買い物をした場合には送料が無料になるので、通販サイトを利用する際は、100枚以上の年賀状やハガキを購入する必要があります。

Thumbピン札に交換する方法まとめ!銀行や郵便局での両替以外で入手はできる?

郵便局でクレジットカードが使える郵便サービス

Webレター

webレターは、郵便局が手紙の印字から封筒入れなど全てを行ってくれます。webレターは、コスト削減やクレジットカード支払いができるというメリットがあります。webレターの支払いでクレジットカードを選択した際に、利用できるクレジットカードは、「VISA」「MasterCard」「JCB」「AMERICANEXPRESS」です。

Webレタックス

Webレタックスというサービスを聞いたことがある人は少ないかもしれません。お祝いやお悔やみなどのメッセージに合った台紙を使って送る事ができるサービスです。クレジットカードでの支払いが可能です。

Web速達

速達を利用する人は多いですが、Webでも速達を利用することができます。急ぎで送りたいものがある場合に利用される配達方法です。速達は全国にその日のうちに配達してくれます。速達はWebから申し込むこともでき、クレジットカード支払いが可能です。

e内容証明

内容証明はネットからも送る事が可能です。e内容証明を利用する際には、お金がかかります。その支払い方法としてクレジットカードを利用することができます。wordで内容証明を作成した後に、内容証明を送る相手の住所などを入力した後にクレジットカード支払いか料金後納を選択することができます。クレジットカードで支払いができれば、後からコンビニなどに支払いに行く必要がないので楽です。

Thumb両替は郵便局でもできる?手数料やATMでの利用方法を調査!

郵便局が無理ならコンビニで使う

ゆうパックが使えるコンビニ

ゆうパックは郵便局以外にコンビニでも取り扱っているところがあります。郵便局に行かないとゆうパックは利用できないのかと思っている人もいます。郵便局以外でゆうパックが利用でき、クレジットカードが利用できたらとても便利です。郵便局以外にゆうパックを取り扱っているコンビニは、「ローソン」「ミニストップ」「セイコーマート」「ローソンストア100」などがあります。

コンビニでゆうパックを利用する際にはクレジットカードが使えるところもあります。この4店舗のうち「ローソン」「セイコーマート」「ローソンストア100」ではクレジットカード支払いが可能ですが、ミニストップではクレジットカード支払いをすることができません。

ゆうパックにはチルドやセキュリティが付属として付けられるものもありますが、コンビニで取り扱っているゆうパックは特殊なもの以外は取り扱っています。クレジットカード支払いをすればポイントも貯まります。

ミニストップ以外はクレジットカードで払える

「ローソン」「ローソンストア100」「セイコーマート」ではクレジットカード支払いが可能ですが、「ミニストップ」はクレジットカード支払いができません。郵便局ではクレジットカードでの支払いが出来ませんが、コンビニで取り扱っていればクレジットカード支払いをすることができます。中には、クレジットカードが使えるコンビニだけではないので確認してから行くとよいでしょう。

ハガキや切手はクレジットカード不可

郵便局以外でもコンビニなどでハガキや切手、年賀状を販売していることもあります。レターパックをコンビニで売っているところもあります。しかし、コンビニで切手や年賀状を購入しようと思った際に、クレジットカードを使う事はできません。勿論郵便局の窓口で切手や年賀状を購入する際にクレジットカードを使用することもできません。

Thumb転居手続きでやることリスト!郵便局や役所への届出は必須?

郵便局での支払いにクレジットカードが使えるかまとめ

郵便局の支払いでクレジットカードを利用することは可能なのか、クレジットカードの導入予定についてご紹介してきました。現在郵便局の窓口でクレジットカードを利用することはできません。一部のネットやコンビニなどの支払いでクレジットカードを使えるところもあります。今後郵便局の窓口でクレジットカードを導入するという動きがあります。

Thumbかんぽ生命保険の評判を調査!郵便局で加入できる安心感は他を圧倒!

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ