ZOZOカード(ZOZOCARD)の作り方解説!ポイント特典やメリットも!

ZOZOTOWNのオリジナルカードであるZOZOカード(ZOZOCARD)の作り方の手順を解説します。またZOZOカード(ZOZOCARD)のスペックやポイント特典、メリット、審査のポイント、付帯保険などについて説明しますのでぜひ参考にしてください。

ZOZOカード(ZOZOCARD)の作り方解説!ポイント特典やメリットも!のイメージ

目次

  1. ZOZOカード(ZOZOCARD)とは?
  2. ZOZOカードの作り方
  3. ZOZOカードのポイント特典
  4. ZOZOカードのメリット
  5. ZOZOカードの審査
  6. ZOZOカードの付帯保険
  7. ZOZOカードより使いやすいカードとは
  8. ZOZOカード(ZOZOCARD)の作り方まとめ

ZOZOカード(ZOZOCARD)とは?

ZOZOTOWNでのショッピングでお得に使えるZOZOカード(ZOZOCARD)を知っていますか?デザインの種類が多くファッショナブルなことでも知られるZOZOカードについて紹介します。ZOZOカードの作り方、ポイント特典、メリット、審査について、付帯保険など詳しく解説します。

ZOZOTOWNが発行しているカード

ZOZOカード(ZOZOCARD)とはそもそもどういったカードなのでしょうか?若い世代の方など、普段からZOZOTOWNを利用している人であれば、買い物がお得になるならと気になっている人も多いかもしれません。ZOZOカードは名前のとおり、人気ファッション通信サイトであるZOZOTOWNのオリジナルのクレジットカードです。

ZOZOカード(ZOZOCARD)を発行しているのはポケットカード株式会社です。ZOZOTOWNでのショッピングがよりお得になり、ポケットカードトラベルセンターなど、ポケットカード株式会社のサービスを受けることができるカードになっています。ZOZOカードのスペックについて、詳しく見ていきましょう。

ZOZOカードのスペックとは

まずZOZOカード(ZOZOCARD)は、年会費などはなく、無料で利用することができるクレジットカードです。ETCカードについても、発行手数料として1,080円はかかりますが年会費は無料で発行することが可能です。なお、家族カードの発行はありません。

ZOZOカード(ZOZO CARD)の引き落とし日は毎月1日(金融機関休業日の場合は翌営業日)です。ZOZOカードを利用することで、ZOZOポイントという独自のポイントが貯まります。ZOZOTOWNでのショッピングにZOZOカードを利用した場合は、通常の2倍ポイントが貯まります。ZOZOカードのポイント特典については後ほど詳しく解説します。

ZOZOカード(ZOZOCARD)の利用可能枠としては、ショッピングが上限200万円、キャッシングについては上限150万円となっています。旅行傷害保険やショッピング補償は付いていませんが、カードを紛失した際に不正に使われることを防ぐための紛失・盗難補償が付帯されています。この他、ZOZOカード会員限定のセールなどといった特典があります。

ZOZOカードの国際ブランド

続いてZOZOカード(ZOZOCARD)の国際ブランドについてですが、Mastercardのみとなっています。VISAやJCBの国際ブランドは選ぶことができず1種類のみとなっていますが、Mastercardでは海外でも広く使うことができます。国内外問わず、Mastercardの国際ブランドは利便性が高く、不便に感じることはないでしょう。

ZOZOカードの作り方

流行に敏感な若い世代など、ZOZOカード(ZOZOCARD)を発行したいと考えている人も多いでしょう。そこで、ZOZOカードの作り方について確認しておきます。ZOZOカードの発行時のポイントを抑えていますのでぜひ参考にしてください。それでは早速見ていきましょう。

作り方①申し込み条件の確認

クレジットカードは誰でも発行できるというわけではなく、それぞれ申し込み条件があります。ZOZOカード(ZOZOCARD)の作り方を確認する前に、まず最初に申し込み条件知っておく必要があります。条件に該当しなければ、ZOZOカードの申し込みをすることはできません。ZOZOカードの申し込み条件はどのようになっているのでしょうか?

ZOZOカード(ZOZOCARD)の申し込み資格ですが、18歳以上の方(高校生は除く)であること、安定した収入があること、またはその配偶者、そして自宅に電話連絡が可能なことが条件として定められています。高校生は申し込むことができませんが、18最以上が条件なので、大学生や短大生・専門学校生といった学生であっても申し込みが可能です。

とは言え、申し込みが可能なことと、審査に通ることは別物です。申し込み条件に当てはまり申し込み自体が可能であっても、審査の結果ZOZOカードを発行することができないこともありますのでその点は理解しておきましょう。

作り方②必要な物をそろえる

ZOZOカード(ZOZOCARD)の作り方の続いての手順ですが、申し込みをするうえで必要なものを揃えます。まず本人確認書類が必要となります。運転免許証、運転経歴証明書、パスポート、健康保険証、住民票の写し、写真付き住民基本台帳カード、官公庁が発行した身分証明書のうち顔写真が付いたものなどの中からいずれかの書類を用意します。

また、銀行口座と銀行に届けている届出印も用意します。ZOZOカード(ZOZOCARD)を店舗で受け取る場合は、審査結果通知のメールが必要ですので準備します。またキャッシング枠を希望している場合、収入証明書類も必要となります。

作り方③ブランドとデザインを選ぶ

ZOZOカード(ZOZOCARD)の作り方の続いての手順は、カードのブランドとデザインを選ぶことです。ZOZOカードは、国際ブランドはMastercardのみとなっているので選ぶことはできませんが、カードの種類が32種類と充実していることが特徴です。ZOZOカードを作る際には、まずこのカードのデザインを選びます。

ZOZOTOWN独自のカードデザインはもちろんですが、ZOZOTOWNで販売されているファッションブランドのロゴが入ったものもあり、好きなブランドのものを選ぶこともできます。ちなみに一部デザインについては、リニューアルが行われることもあり、更新の際にデザインが変わることもあることを覚えておきましょう。

ちなみにZOZOカードのデザインに飽きてしまった、他のブランドに興味が変わりデザインを変えたい、といった時には、ZOZOカードのデザインを変更することもできます。ただ変更する場合には再発行手数料の税込み1,080円がかかる点、カードの番号も変更になる点には注意が必要です。

作り方④個人情報の記入

ZOZOカードの作り方の続いての手順は、個人情報の記入です。ただインターネットで申し込みをする場合、申し込みフォームに入力する前に、ZOZOTOWNのIDが必要になります。既に持っているという方はログインして進みましょう。ZOZOTOWNのIDを保有していないという方は、まず新規会員登録を行いましょう。

メールアドレスがあれば登録することができます。またYahoo!JAPANもしくはmixiのIDを持っているという方は、これらのIDを使ってZOZOTOWNにログインすることも可能です。ZOZOTOWNに新規会員登録したら、会員規約をきちんと読んでおきましょう。ZOZOカード(ZOZOCARD)の申し込み画面に行き、必要情報を入力します。

氏名、性別、住所などの基本的な情報や本人確認書類、ETCカードなど様々な情報を入力していきます。「生計を同一にする人数」という箇所では、生活をしていく上で、家計を共にしている家族の人数のことを言います。つまりあなたの収入で生活している家族の人数です。個人情報は審査の上でとても大切なので、間違いないよう記入しましょう。

作り方⑤キャッシング・リボは不要

作り方の手順続いては、キャッシング・リボ払いについてです。申し込みフォームに入力する際、キャッシング枠・リボ払いについて選択する箇所があります。キャッシングとはクレジットカードに付いている機能で、現金を借りることができるサービスのことですが、キャッシングを付けると一般的に審査が厳しくなります。

審査をスムーズに終えるためにも、必要ないのであればキャッシング機能は付けないことをおすすめします。またキャッシングでお金を借りると手数料も高いためおすすめしません。リボ払いはリボルビング払いのことで、クレジットカードの月々の支払額を、あらかじめ決めた一定額にできる支払い方法のことです。

リボ払いを設定すると、支払い金額に応じて手数料がかかります。家計管理がしやすくなるように思えますが、高い手数料がかかったり支払いの期間が長くなるなど、あまりおすすめできません。不要であれば外しましょう。ZOZOカード(ZOZOCARD)の申し込み画面で、キャッシングやリボ払いにチェックが入っていないかどうか確認しましょう。

作り方⑥審査通過後にカードを受取る

ZOZOカード(ZOZOCARD)の作り方の続いての手順は、審査通過後にカードを受け取るということです。申し込みをした後審査が行われ、2~3週間程度で、本人限定受取郵便でカードが発送されます。受け取りの際に本人確認書類の提示が必要となるため準備しておきましょう。自宅に配達してもらうか、ゆうゆう窓口での受け取りとなります。

またZOZOカード(ZOZOCARD)の審査が行われている間も、申し込み内容の確認のために、カード会社から電話や書面にて連絡が来ることがあります。連絡が付かない場合、ZOZOカードを発行することができないため注意しておきましょう。

ZOZOカード(ZOZOCARD)が届いたら、引き落とし口座の登録用紙に案内に従って記入し、お届け印を捺印した上で、同封されている返信用封筒に入れて返送しましょう。約1か月で口座引き落としの登録が完了します。またインターネットからも一部金融機関を除き引き落とし口座の登録をすることができます。

作り方⑦カードの裏面にサインする

ZOZOカード(ZOZOCARD)が手元に届いたら、早いうちにカードの裏面に署名をしておきましょう。ショッピングの際に、署名がなければ基本的に使うことができません。また付帯保険なども署名があることで適用されます。以上が、ZOZOカード(ZOZOCARD)の作り方の手順です。しっかり確認しておきましょう。

ZOZOカードのポイント特典

ZOZOカード(ZOZOCARD)の作り方の手順を確認しました。ところでZOZOカードは、ZOZOポイントというポイントサービスがあるとお伝えしました。ここからはZOZOカードのポイント特典について詳しく紹介します。

ZOZOTOWNの利用で貯まるポイントは3種類

ZOZO TOWNの利用で貯まるポイントは3種類あります。購入ポイント、クーポンポイント、ZOZOカード利用還元ポイントの3つです。購入ポイントとは、ZOZO IDで買い物することで付与されるポイントです。クーポンポイントはクーポンとして特別に付与されるポイントのことです。

そしてZOZOカード利用還元ポイントが、ZOZOカード(ZOZOCARD)を利用することで加算されるポイントのことです。100円につき1ポイント貯まり、ZOZOTOWNでの利用だと2倍の2ポイント貯まります。その他ZOZO TOWNのポイントにはるZOZOポイント買取、フリマ付与ポイントといったポイント特典もあります。

クーポンポイントは期間限定

ZOZOTOWNで貯まるポイントのうち、特典として付与されるクーポンポイントについては期間限定のポイントです。特定のお店で使えるショップ限定クーポンや、キャンペーンの特典として付与されるキャンペーンクーポンなどがあり、クーポンにより条件が異なるのでその都度確認することが大切です。

ポイントには有効期限がある

ZOZOポイントには、有効期限があります。有効期限はポイントの種類により異なります。購入ポイントやZOZOCARDご利用還元ポイントは、最後にポイントを獲得した月から1年後の月の末日までが期限です。クーポンポイントはポイントにより期限が異なります。買取査定ポイント、フリマ付与ポイントは付与日から180日後が期限です。

お得なポイント特典ですが、有効期限を超えてしまうと貯まったポイントは失効してしまいます。それぞれ期限が異なるので、よく確認し、期限が近いものは早めに使い切るようにしましょう。

ポイントの使い道

ポイントの使い道についてですが、ZOZOカード(ZOZOCARD)の利用などで貯まったポイントは、1ポイント1円として1ポイント単位で、ZOZOTOWNでの買い物に利用できます。ただZOZOポイントを使う時には、ZOZO IDでのログインが必要となる点には注意が必要です。

ポイントの注意点

ZOZOポイントを貯めていく上での注意点ですが、ZOZOTOWNではYahoo!IDやmixiでもログインが可能です。ただ、Yahoo!IDを利用して買い物をした際にはZOZOポイントは貯まりません。またmixiのIDで買い物した場合はZOZO CARDを利用してもポイント還元率が1%になってしまいます。そのためZOZO IDを作ることをおすすめします。

ZOZOカードのメリット

ZOZOカード(ZOZOCARD)のポイント特典について紹介しました。ではZOZOカードは、ポイント特典の他にどういったメリットがあるのでしょうか?ZOZOカードのメリットについて見ていきましょう。

ZOZOTOWN利用でポイント還元率が上がる

先ほど説明したとおり、ZOZOTOWNの買い物でZOZOカード(ZOZOCARD)を利用すると、通常よりポイント還元率が高くなる点がメリットとしてあげられます。ZOZOカードを利用すると、通常100円につき1ポイント貯まりますが、ZOZOTOWNでの利用の場合、100円につき2ポイントと高還元になる点はメリットだと言えるでしょう。

年会費無料

続いてのZOZOカード(ZOZOCARD)のメリットは、年会費が無料だという点です。ZOZO CARDで貯まるポイントは、使い道が限られているというデメリットがありますが、年会費がかからないため持っておいて損はありません。もしメインカードとして不便でも、ZOZOTOWNを利用する人であれば1枚持っておくと便利だと言えます。

豊富なカードデザイン

ZOZOカード(ZOZOCARD)のメリットとして、カードデザインが豊富なこともあげられます。ZOZOカードのデザインは現在32種類あり、かなり多いのが特徴です。ROSE BUDやx-girl、Ne-net、アダムアロペ、Ungridなどブランドのロゴが入っており、自分の好きなブランドのカードを持てるというのはメリットだと言えるでしょう。

ZOZOカードの審査

ZOZOカードはポイント特典や年会費などメリットもたくさんあるカードであることが分かりましたが、申し込みしたからといって審査に通るわけではありません。気になるZOZOカードの審査について確認しておきましょう。

ZOZOカードの申込基準

ZOZOカードの申し込みは、18歳以上(高校生を除く)です。審査の基準ですが、ポケットカードではZOZOTOWNとの提携で会員数を接客的に増やしていく方針であり、若い世代などの取り込みに積極的です。そのため銀行系のクレジットカードなどと比べ、比較的審査の難易度は低くなっていると言えます。

未成年者は親の同意が必須

高校生を除く18歳以上がZOZOカード(ZOZOCARD)申し込みの条件で、大学生や専門学生といった学生であっても申し込むことができます。ただし申込者が未成年者である場合親の同意が必須となる点には注意しましょう。親の同意がなければ申し込むことができません。

多重申込みはしない

ZOZOカード(ZOZOCARD)に限ることではなく、クレジットカードの申し込みをする際には、多重申し込みは避けましょう。多重申し込みとは、短期間に複数のクレジットカードの申し込みを行うことです。多重申し込みをすると、不正利用目的などを疑われ、審査に通る可能性が低くなってしまいます。

職種

職種についてですが、無職や生活保護を受けているといった人は審査に通る可能性は低くなります。また、最近増えているフリーランスなどの職種の人も、継続して安定した収入がないと考えられるため審査に通る可能性が比較的低くなります。学生やアルバイトでも、扶養してくれる家族がいる場合などは審査に通りやすくなります。

安定した収入

先ほど収入について簡単に述べましたが、審査では基本的に、安定した収入があるかどうかを基準として判断されます。職を転々としているよりも、長い間勤めている方が審査に通りやすくなります。またアルバイトやパートなどであっても、扶養してくれる親が配偶者などがいれば審査に通る可能性があります。

借入総額

審査のポイント続いては、借入総額についてです。申し込みの際に借入の件数や金額を記入する項目がありますが、審査をする上で大切なポイントですので誤りのないよう記入してください。また虚偽の申告を行うことは、審査に通らなくなる原因となります。正確に記入しましょう。

また審査では、個人信用情報機関に信用情報の確認を行います。これまでクレジットカードや携帯電話の支払いの延滞がないか、どの程度クレジットカードを利用しているかといったことを調査され、信用情報に問題があれば審査に通りにくくなります。

固定電話の有無

ZOZOカードの申し込みでは、電話連絡が付くことが条件となっています。固定電話の有無についてですが、自宅の固定電話がなければいけないということではありません。審査をする上で有利になると言われています。

ZOZOカードの付帯保険

ZOZOカード(ZOZOCARD)の審査について確認しました。お得なポイント特典があったり、年会費が無料などメリットが多いZOZOカードですが、付帯保険が少ない点はデメリットだと言えます。ZOZOカードの付帯保険について説明します。

旅行傷害保険の有無

ZOZOカード(ZOZOCARD)には、国内旅行傷害保険や海外旅行傷害保険といった旅行傷害保険は付帯されていません。海外旅行傷害保険は、海外旅行に行く際に必要な付帯保険です。海外旅行に行く予定があるといった人は、メインカードとして海外旅行傷害保険が付帯している別のカードを持っておくことをおすすめします。

ショッピング保険の有無

ZOZOカード(ZOZOCARD)には、ショッピング保険は付帯されていません。ショッピング保険とはクレジットカードを使って購入した商品が破損したり盗難された際に補償してくれる保険のことです。ショッピング保険がないからといってそこまで問題はないでしょう。

盗難紛失補償は必ずある

ZOZOカード(ZOZOCARD)には盗難紛失補償は付帯されています。盗難紛失補償とは、カードを紛失したり盗難された際に、第三者に不正に使われてしまうことを防ぐための保険です。ZOZOカードでは不正利用されてしまった場合、届け出日の前後60日間の損害額を補償してくれます。インターネット取引も対象なので安心して利用できます。

ZOZOカードより使いやすいカードとは

ZOZOカード(ZOZOCARD)は、ZOZOTOWNでの利用の際はお得ですが、使い道が限られているなどデメリットもあります。メインカードとして持つのは不便と感じる人もいるでしょう。そこでZOZOカードより使いやすいおすすめのカードを紹介します。

JCB CARD Wカード

まず紹介するのはJCB CARD Wカードです。年会費は無料で、海外旅行保険や盗難保険などの保険も付帯されています。ポイントは通常1.0%ですが、加盟店での利用であれば最大3.5%と高還元になります。スターバックスやamazonなどで通常より還元率が良くなります。amazonやANAマイルに交換できる点もメリットです。入会特典などもあります。

三井住友VISAデビュープラスカード

もう1つは、三井住友VISAデビュープラスカードです。年会費は初年度無料、2年目以降も、年に1回でも利用することで無料となります。三井住友カードが発行しているカードであり安心して利用できます。ポイント還元率は1%ですが、入会後3か月は2.5%という特典があります。18歳~25歳限定のカードで、初めての1枚におすすめです。

ZOZOカード(ZOZOCARD)の作り方まとめ

ZOZOカード(ZOZOCARD)の基本的なスペックや作り方の手順、ポイント特典について、メリット、審査のポイント、付帯保険など解説しました。旅行保険がないといったデメリットもありますが、年会費がかからず、デザインが32種類と充実しておりZOZOTOWNをよく利用する人にはおすすめのカードです。

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ