クレジットカードの引き落とし日に残高不足!対処法は?口座確認を忘れずに!

クレジットカードの引き落とし日に残高不足で支払えなかったという経験をした方は、結構います。そんな方のためにクレジットカードの引き落とし日に残高不足で支払えなかった時の対処法や残高不足にならない為には何をしたらいいか等、まとめてみました。

クレジットカードの引き落とし日に残高不足!対処法は?口座確認を忘れずに!のイメージ

目次

  1. クレジットカードの引き落とし日に残高不足どうする?
  2. クレジットカード会社へ連絡する!
  3. クレジットカードは借金?!
  4. クレジットカード引き落とし日後の支払方法1
  5. クレジットカード引き落とし日後の支払方法2
  6. クレジットカード引き落とし日後に支払方法3
  7. クレジットカード引き落とし日に支払えない時は?
  8. クレジットカード引き落とし日に支払えない時の対処法1
  9. クレジットカード引き落とし日に支払えない時の対処法2
  10. クレジットカード引き落とし日に支払えない時の対処法3
  11. 引き落とし日に残高不足でクレジットカード利用停止?
  12. クレジットカード引き落とし日に残高不足の常習犯は?
  13. クレジットカード引き落とし日に残高不足でブラックリスト?
  14. ブラックリストって何?
  15. ブラックリストに載るとどうなる?
  16. 引き落とし日に残高不足でクレジットカード強制解約?
  17. クレジットカード引き落とし日に残高不足にならない為に
  18. クレジットカード引き落とし日前に口座確認を

クレジットカードの引き落とし日に残高不足どうする?

26068134 191999011537483 4092190761695576064 n
karaoke12twelveさんの投稿

銀行口座への入金を忘れてしまったりして、クレジットカード引き落とし日に残高不足で支払えなかった・・というミスは誰にでもありえます。そんな時には、まずどうすればいいのか、支払えなかったことで、どんな影響が出てしまうのか、また、銀行口座への入金忘れ等で残高不足にならないための対処法等について、この記事にまとめてみました。

クレジットカード会社へ連絡する!

クレジットカードの引き落とし日に残高不足で支払えていないことに気づいたら、すぐにクレジットカード会社へ連絡をすることです。よく督促状のハガキが送られてきてからでいいかとか、クレジットカード会社から連絡を待ってからでいいかというのがありますが、クレジットカード会社の信用を失わないためにも自分から連絡することが重要です。

クレジットカードは借金?!

クレジットカードは、あまり意識がないかもしれませんが、お金を借りて買い物をしてるようなもので、いわば借金みたいなものです。借金と同じようにクレジットカードの引き落とし日に残高不足をしてしまうと遅延損害金が発生することになります。

遅延損害金とは、支払いが遅れたときの罰金のようなものです。クレジットカードやローンの支払いが遅れたときに延滞料金として遅延損害金が発生します。クレジットカードの引き落とし日に残高不足で支払いが遅れると遅延損害金が発生し、クレジットカード代金とは別に請求されることになります。

26866615 524551251247898 3214054019076980736 n
kikuchiyosukeさんの投稿

遅延損害金は、クレジットカード会社ごとに決まっている年率で日割り計算されます。この年率は、14%から20%とかなり高い率になってるところが多いので、少しでも早く支払った方がいいです。年率が気になる方は、クレジットカード会社で確認してください。

クレジットカード引き落とし日後の支払方法1

クレジットカードの引き落とし日に残高不足で支払えなった後の支払い方法ですが、クレジットカード会社によって異なります。銀行口座の残高確認をせずにウッカリして入金を忘れてしまった等、クレジットカード代金を支払うお金がある場合の支払い方法について、主に3つあります。

まず1つ目は、銀行振り込みをして支払う方法です。残高不足に気づいて、クレジットカード会社へ連絡した際に指定の金融機関の口座と支払い金額を確認して、銀行振り込みをして支払う方法です。

15043900 1887451541475009 1367401506965291008 n
jarring_tvさんの投稿

ウッカリして銀行口座への入金するのを忘れていたのであれば、すぐに銀行振り込みをして支払うことをおすすめします。この方法が一番、早く支払うことができるので、遅延損害金も少なくてすみます。何よりも早く対応することで、クレジットカード会社からすると信頼のおける行動となり、信用を失う可能性が低くなります。

クレジットカード引き落とし日後の支払方法2

2つ目の支払い方法は、再度、引き落としされる日までに入金して支払う方法です。クレジットカード会社によっては、指定日に再度、引き落としをするので、その日までに銀行口座に入金するように案内されることがあります。その場合は、指定日の前日までに支払い金額と銀行口座の残高を確認して、入金します。指定日になれば、自動的に引き落としされて、支払いは完了します。

株式会社ジェーシービーなど、引き落とし日から数日間、支払い金額が引き落としされるまで、平日であれば毎日自動的に再引き落としをするクレジットカード会社があります。その場合は、平日15時までに支払い金額と銀行口座の残高を確認して、入金しておくと自動的に引き落としされて、支払いは完了します。

クレジットカード引き落とし日後に支払方法3

14596899 1339461989417368 2428885039035973632 n
kujiranotomisuiさんの投稿

3つ目の支払い方法は、コンビニ払いです。クレジットカードからコンビニ払い用の用紙が送られてくるので、記載されている支払い期日までにコンビニで支払う方法です。

26863183 146483352734298 2949832011893702656 n
conveni.loveさんの投稿

ただ、コンビニ払いの場合は、コンビニ払い用紙が送られてくるまでに日数がかかるため、支払いがすぐにできません。その分、支払いが遅れてしまい、遅れた日数分が余計に遅延損害金も発生します。また、コンビニで支払いする際には、手数料も別途支払うことになります。すぐに支払うお金があるのであれば、銀行振り込みにしたほうが得策です。

クレジットカード引き落とし日に支払えない時は?

26869796 1575866619175895 771326901741420544 n
nakamai23さんの投稿

買い物をしすぎてしまったりして、予想以上のクレジットカード請求がきて、驚くなんてことはよくあります。支払えないことに気づいたら、すぐにクレジットカード会社へ連絡をしてください。

支払えないのに連絡するなんて・・・怖くてできないと思うかもしれませんが、クレジットカード会社の場合は、冷静に事務的に対応してくれるので安心してください。たとえ、今は支払うことが出来なくても、まずは返済する意思を示すことが大切です。今後の支払いについて、クレジットカード会社と対処法を相談することになります。

クレジットカード引き落とし日に支払えない時の対処法1

今後の支払いについて、あなたの状況を確認しながら、クレジットカード会社と対処法を相談していくことになります。主な対処法として、3つあげました。

26337221 133017067507376 7037488963161948160 n
maccoco723さんの投稿

まず1つ目の対処法は、支払日をお金が入る日までに延ばしてもらう方法です。今は支払うお金がないけれど、給料等でお金が入れば支払える場合は、支払日をお金が入る日まで延ばしてもらい、一括で支払います。その際は、支払いを伸ばした日数分、日割り計算で遅延損害金も請求されます。

クレジットカード引き落とし日に支払えない時の対処法2

26224358 317393808753615 8808890203683946496 n
cbv_chloeさんの投稿

2つ目の対処法は、月々の支払いに変えてもらう方法です。一括では支払うことが出来なくても、毎月少しずつでも支払うことができる場合は、クレジットカード会社と相談をして、支払回数を固定する分割払いや支払い金額を固定するリボルビング払い(リボ払い)に支払い方法を変えてもらってください。

リボ払いと分割払いの大きな違いは、返済期間です。リボ払いは、先に毎月の支払う金額を固定するため、支払い回数(期間)は、毎月の支払い金額によって変わってきます。一方、分割払いは、先に支払い回数(期間)を固定してから、毎月の支払う金額が決まります。

手数料を少しでも安くしたければ、分割払いで支払ったほうが安くなることが多いです。手数料の計算は、クレジットカード会社によって異なりますが、一般的にリボ払いの手数料は、支払い金額に関係なく固定され、分割払いの手数料は、実質年率〇%から〇%と幅を持たせてることが多いです。そのため、支払い回数(期間)が短ければ短いほど手数料が安くなります。

たとえば、分割払いの場合、クレジットカード代金10万円の支払い回数を先に10回と決めると、毎月の支払い金額は、1万円+分割手数料になりますが、これをリボ払いした場合、毎月の支払い金額を同じく1万円にすると支払い回数は、手数料も含めた残りの支払い金額によって変わってきますので、分割払いよりも長くなります。

支払い回数が短いほうが手数料も安くなる可能性が高いので、毎月の支払い金額を固定するリボ払いよりも、可能であれば支払い回数を固定する分割払いのほうが得です。

クレジットカード引き落とし日に支払えない時の対処法3

3つ目の対処法は、自己破産等の債務整理をする方法です。支払うお金が全くなく、他にもたくさんのクレジットカード請求があり、消費者金融からも借りてしまってる場合には、上記のような月々支払いの分割払い等による対処法をしたところで、クレジットカード代金や消費者金融からの借金等(債務)が多すぎて、全く債務が減らないことがあります。

債務整理とは、借金を減額したり、支払いを猶予を持たせることで借金生活から解放されるための手続きです。もうこれ以上、支払うことができない、首が回らないというところまでいってしまったら、迷うことなく法律事務所等の専門家に相談したほうがいいです。支払えないことを悩むよりもまずは専門家に相談してください。

26157968 163551134279850 132734581303410688 n
opnit_anappir54さんの投稿

ただ、自己破産等の債務整理を行うと間違いなく、ブラックリストに載ります。今後の人生設計が狂ってしまう程の重大なことですので、出来ることなら避けたいことです。自己破産等の債務整理を考える前に家族や友人、知人を頼ることも一つの手です。家族や友人、知人まで巻き込んでしまうのは辛いですが、まずは相談してみてください。

引き落とし日に残高不足でクレジットカード利用停止?

引き落とし日に残高不足で支払えなかった場合は、すぐに利用停止になるのかというと、これはクレジットカード会社によって対応が異なります。利用停止とは、クレジットカードが使えなくなることです。

引き落とし日に残高不足で支払えなかった場合は、すぐにクレジットカードが利用停止になってしまう可能性もあります。1度の残高不足による支払い遅延では、すぐにクレジットカードが利用停止にならないクレジットカード会社もあれば、即または数日後に利用停止になるクレジットカード会社もあります。

公共料金等をクレジットカード支払いにしたりして、クレジットカードが利用停止されて使えなくなってしまうのは困るという方は、いつ利用停止になってしまうのか、また、もし利用停止になっていた時は、いつから利用できるようになるのか、クレジットカード会社へ確認してください。

もしクレジットカードが利用停止になってしまった時の対処法は、クレジットカード会社へ連絡することと、すぐにクレジット代金の支払いをすることです。一般的には、クレジット代金の入金確認が取れれば、クレジットカードは利用できるようになります。

クレジットカード引き落とし日に残高不足の常習犯は?

クレジットカードの引き落とし日に残高不足を何度も繰り返す常習犯は、クレジットカードがすぐに利用停止され、使えなくなる可能性が高いです。特に年に何回も残高不足で支払い遅延をすると常習犯とされ、クレジットカード利用停止だけでなく、強制解約になってしまう場合もありますので、注意してください。

また、楽天カードのように支払い遅延に厳しいクレジットカード会社は、一発で強制解約になる場合もありますので、支払い遅延にならないようにくれぐれも注意してください。

クレジットカード引き落とし日に残高不足でブラックリスト?

1度や2度の残高不足による支払い遅延くらいでは、ブラックリストに載るということは、殆どありません。たとえ残高不足で支払い遅延になってしまっても、すぐに支払えば大丈夫ですので、安心してください。

クレジットカードのすべての支払い情報は、個人信用情報機関に登録され、残高不足で支払い遅延の記録も残りますが、それは記録であって、ブラックリストに載ってしまうということではありません。

個人信用情報機関とは、信用情報を収集し、提供、管理している期間です。クレジットカード会社の多くは、この機関の1つ(株式会社CIC)に加盟していますので、残高不足による支払い遅延も記録される事になります。支払い遅延の記録が残らないように日ごろから銀行口座の残高を確認して、残高不足ならないように気を付けてください。

ブラックリストって何?

よくブラックリストに載ると聞きますが、実際にはブラックリストというリストは、ありません。個人信用情報機関に金融事故情報が記録されることが、いわゆるブラックリストに載るということです。

ブラックリストに載る(金融事故情報に記録)の載る代表的な例としては、61日以上の長期間の支払い遅延をした場合です。およそ2ヶ月から3カ月間の支払い遅延が続くとブラックリストに載ってしまいます。支払いを長期間放置し、クレジットカード会社へ連絡もせずに逃げてしまったりしたら、100%ブラックリストに載ります。

ブラックリストに載るとどうなる?

ブラックリストに載る、つまり個人信用情報機関に金融事故情報と記録されたら、個人信用情報機関を介して情報を共有しているので、審査に通らずに新しくクレジットカードを作ることも、お金を借りることも出来なくなってしまいます。

お金を借りることもできなくなってしまうということは、たとえば住宅ローンや車ローン等もできなくなってしまうということです。今後の人生が狂ってしまうような重大なことですので、くれぐれもブラックリストには載らないように十分注意してください。

引き落とし日に残高不足でクレジットカード強制解約?

強制解約とは、クレジットカード会員の了承を得ることなく、クレジットカード会社の判断で一方的にクレジットカードの利用サービスを打ち切ることです。ただ、1度や2度の残高不足で支払い遅延になったとしても、すぐにクレジットカードが強制解約されることは、基本的にありません。安心してください。

ただし、支払い遅延が30日以上続いた場合や、たとえ数日間でも何度も支払い遅延をした場合は、強制解約になる可能性が高いです。強制解約にならなかったとしてもクレジットカードの更新停止措置を行われることがあります。更新停止措置とは、クレジットカードの有効期限が来た時に再契約が行われなくなり、その時点でクレジットカードは使えなくなることです。

クレジットカード引き落とし日に残高不足にならない為に

26227626 224113328131936 5080781801035661312 n
7_o_k_1さんの投稿

クレジットカードの引き落とし日までに銀行口座の残高確認をせず、残高不足になってしまうことは、誰にでもありえます。残高不足にならない為には、クレジットカードの銀行口座の引き落とし日はいつか、銀行口座の残高はいくらか、忘れずに確認することです。

銀行口座の引き落とし日を忘れないためには、携帯のリマインダー機能を利用すると便利です。毎日、目にする例えばスケジュール帳やカレンダー、家計簿アプリ等に銀行口座の引き落とし日を登録しておくことをおすすめします。

また、殆どのクレジットカード会社は、クレジットカードの請求金額や引き落とし日をメールにてお知らせするサービスがあります。残高不足にならない為にも、クレジットカード会社にこのメールサービスの有無を確認して登録することをおすすめします。

最近では、クレジットカードを複数持っている方も多いです。クレジットカード会社ごとに支払日が別々になることも多く、また引き落とし用の銀行口座も別々という場合もあり、とても管理がしにくいです。複数の銀行口座で引き落としをしている場合は、1つにまとめた方が1つの銀行口座の残高確認だけですむので管理がしやすくなります。

クレジットカード引き落とし日前に口座確認を

常日頃からクレジットカードを利用する際には、使いすぎていないか、支払える範囲内の利用になっているか、管理することと、残高不足で支払い遅延にならないためにも、必ず引き落とし日の前にクレジットカード引き落とし用の銀行口座の残高確認をして、入金することを忘れないようにしてください。

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ