「具現化」と「具象化」「具体化」の違いとは?意味や使い方・類語も解説!

日常会話の中ではあまり聞くことのない「具現化」という言葉の意味をご存知でしょうか?よく似た表現の「具象化」や「具体化」という言葉もあり、意味を混同させてしまいがちです。今回は「具現化」と「具象化」「具体化」の正しい意味や違いをご紹介します。

「具現化」と「具象化」「具体化」の違いとは?意味や使い方・類語も解説!のイメージ

目次

  1. 具現化と具象化の違い
  2. 具現化と具体化の違い
  3. 具現化の意味・使い方と例文
  4. 具現化の類語の意味・使い方
  5. 具現化の対義語の意味・使い方
  6. 「具現化」「具象化」「具体化」の違いのまとめ

具現化と具象化の違い

「具現化」という言葉は時々なら耳にする機会もありますが、日常生活の中ではあまりなじみのない言葉ではないでしょうか。「具現化」とよく似た「具象化」という言葉もあり、意味を混同してしまいがちにもなります。「具現化」や「具象化」の正確な意味やそれぞれの違いをご紹介します。

具象化の意味

「具象化」とは「はっきりした姿・形を備えていること」や「わかりやすく、はっきりと示すこと」という意味を持っている言葉です。自分の考えやイメージをしっかりと形にして表すことを意味しています。美術などの芸術分野で使われることの多い言葉でもあります。

具象化の使い方・例文

「具象化」は美術において使用されることが多いと説明しましたが、具体的にはものをはっきりとした形で表現する場合に使用し、これは「具象画」と言われるものです。「具象画」では風景などを自分の考えている通り、見える通りに描き、この反対の表現が「抽象画」です。

具現化と具体化の違い

「具象化」ははっきとした形に表現すること、という意味をご紹介しました。それでは、よく似た言葉である「具現化」の意味はどのような意味なのでしょうか。「具現化」の意味や使い方、「具体化」との違いについてもご紹介します。

具体化の意味

「具体化」とは「具体的にする(なる)こと。特に、計画などを実行できるようにすること。計画などが実現すること」を意味しています。この言葉は意味にもあるように計画や考えを実行する時に使用されます。また、「具体的」や「具体案」という言葉からもわかるように、詳細な内容を示す時にも使用され、「具象化」とほとんど同じ意味です。

具体化の使い方・例文

先にご説明した通り、「具体化」は何かしらの計画や考えを実行する場合に使用します。実際に商品や作品を作成し、人が目で見たり手で触れたりできるものにすることに対して使われる言葉です。「計画を具体化する」のような使い方をします。

具現化の意味・使い方と例文

「具象化」、「具体化」は非常によく似た意味を持つことをご紹介しましたが、それでは「具現化」の意味はどうでしょうか。「具現化」の意味や使い方をご紹介します。

理想・アイディアを具体的に実現

「具現化」とは「思い描いているアイディア(理想)を、実際の形やものとして表すこと」という意味を持っています。自分が頭の中で考えていた目に見えていなかったものを実際に目に見える、実際の形をもつ、商品やサービスなどのように具体的な形のあるものとして制作する場合に「具現化」を用います。

具現化の語源

「具現化」の「具」には「備える」「整える」という意味があります。「現」は「見える形にする」、「化」は「変わる」ということを意味しています。これらの言葉をあわせることで、「具現化」は「見える形に備える」という意味の言葉になっているのです。こうした「具現化」の語源もあわせて覚えることで他の言葉との違いも注目しておきましょう。

ビジネスシーンでの使い方

「具現化」は日常会話よりはビジネスシーンなどで使われることの多い言葉です。例えば、新商品の開発や新サービスなど、元になるアイデアを実際に形のあるものにすることを「アイデアを具現化する」「今年の売り上げ目標を具現化させる」という使い方ができます。ビジネスシーンで「具現化」をスマートに使いこなしましょう。

「具現化」を使用した例文

「具現化」は考えやアイデアなどの形のないものを実際に見たり触れたりするこのできる形に表してみることを表現する際に使う言葉です。「自分の理想だったサービスを具現化できた」「子どもの頃の夢を具現化する」といったような使い方ができます。「具現化」と「具象化」などとの違いに注意して使い分けましょう。

具現化の類語の意味・使い方

「具現化」や「具象化」「具体化」は非常によく似た意味の言葉ですが、他にも類似の意味を持つ言葉は数多くあります。「具現化」の類語の意味や使い方をご紹介します。

類語①理想化

「理想化」とは「理想に近い面だけを誇張し拡大して考えること」「理論を組み立てる際に、現実から抽象して純粋と見られる面だけに着目すること」を意味しています。自分の理想や良い面だけを見る、ということを示しており、「都会での生活を理想化する」というような使い方ができます。ただし、「具現化」には理想や良い所だけを見る、という意味はないので注意しましょう。

類語②実践化

「実践化」とは「実際に行動に移すようになること」を意味する言葉です。「実践」が実際に行動に移すことを意味しているので、「実践」する状態になった、もしくは「実践」できるようになることを目指す、という時に使うことができます。「具現化」はアイデアなどを形にすることですが、「実践化」は形にするために具体的な行動をとるようになったことを意味しているので、違いに注意しましょう。

類語③現実化

「現実化」とは「実際に存在したり生起したりするようになること」を意味している言葉です。それまでは存在しなかった物事が実際に見たり触れたりできるものになったという際に使用でき、「具現化」と大きく意味は変わりません。ただし、「具現化」は自分の考えなどを形にすることが対象なのに対し、「現実化」はその限りではなく、対象となる範囲が広いという違いがあるので使い方に注意しましょう。

類語④実体化

「実体化」とは「概念的・抽象的なものや単なる意識の産物を、客観的にある実体とすること」を意味している言葉です。哲学で使用されることが多く、日常的な表現ではありません。「実体化」は物理的に形になることを示しますが、「具現化」は物理的に形になっているものとは限らないので、こうした「具現化」との違いに注意しましょう。

類語⑤実現

「実現」とは「計画・期待などが現実のものになること」を意味しています。日常的にも使用される言葉であり、理想や夢などを現実に叶えることができた時に「理想が現実となった」というような使い方をします。「具現化」と非常によく似た意味を持っている言葉です。

類語⑥抽出

「抽出」とは「多くの中からある特定のものを抜き出すこと」を意味しています。「抽出」は「選び出す」という意味あいが強く、多くのものの中から有効なものや優れたものを選び出すというイメージがあります。このことから、多くの意見やアイデアの中からより良いものを選び出すことを「抽出する」というような使い方をします。

類語⑦作成

「作成」とは「主に計画や書類、また文章などを作ること」を意味する言葉です。「計画書を作成する」というような使い方をされることの多い言葉です。作り出すものは限定されていますが、ないものを作りだす、という点では「具現化」などと近い意味を持っています。

類語⑧表出

「表出」とは「心の中にあるものが外にあらわれでること。また、あらわしだすこと」を意味している言葉です。「感情が表出する」というように、人の心の中にある感情に対して使われる言葉であり、アイデアや計画などの理性的な考えを実際に形作る「具現化」などとは意味が異なってくるので使い方に注意しましょう。

類語⑨形成

「形成」とは「1つのまとまったものに作り上げること。形づくること」を意味している言葉です。「人格を形成する」というような使い方をし、一般的に漠然としたものや形のないものを整えて形作る、という意味を持っています。また、「誤ったものを正して整える」という意味もあり、その点では「具現化」よりもさらに広い意味を持つ言葉です。

類語⑩体現

「体現」とは「思想・観念などを具体的な形であらわすこと。身をもって実現すること」を意味している言葉です。「理想を体現する」というような使い方をします。自分の理想やアイデアなどをはっきりと形のあるものにすることをしめし、「具現化」と非常に近い意味の言葉です。

具現化の対義語の意味・使い方

「具現化」の類語を数多くご紹介しましたが、「具現化」の意味が広いこともあり、対義語も多くあります。その中から「具現化」の対義語として代表的な言葉を3つご紹介します。

対義語①普遍化

「普遍化」とは「個別的・特殊なものを捨て、共通なものをとり出すことによって概念や法則などを引き出すこと」を意味している言葉です。「普遍」が「どこにでも存在するような一般的なもの、普通なもの」示しています。ものごとを一般的にする、平均にする時に「普遍化」を使うことができます。

対義語②一般化

「一般化」とは「広く行き渡ること。また、全体に通用させること」を意味している言葉です。対象となる物事の共通点に着目し、平均的な広く通用するものにすることを表し、「普遍化」と同じ意味の言葉です。さらに「一般化」は「世間的に広く世間に行き渡っているものにも使用できます。

対義語③抽象化

「抽象化」とは「個々の具体的なものから共通の属性を抜き出して、一般的な理念をつくること」を意味している言葉です。「抽象的」という言葉もあるように、属性や特徴などを抜き出して大まかに表現することです。「女性を抽象的に描く」という使い方をする場合には、一般的な女性の姿を描く、という表現になります。

「具現化」「具象化」「具体化」の違いのまとめ

「具現化」「具象化」「具体化」の意味やそれぞれの違いについてご紹介しました。どれも似た意味を持っていますが、微妙に異なっており、「具現化」などを実際に使用する際にはその違いに注意しましょう。また、「具現化」の類語も多いので状況にあわせて言い換えをすることで、よりスマートに使いこなしましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ