電通デジタルの年収やボーナス事情を調査!会社の評判や就職・転職のポイントは?

「電通」は年収も高いと噂の企業ですが、数多いグループ会社のひとつでもある「電通デジタル」の詳細までを知っている人は少なくありません。そこで今回は、会社の評判や就職・転職のポイントを含めた「電通デジタルの年収やボーナス事情」についてまとめています。

電通デジタルの年収やボーナス事情を調査!会社の評判や就職・転職のポイントは?のイメージ

目次

  1. 電通デジタルの年収やボーナス事情
  2. 電通デジタルの年収や会社の評判
  3. 電通デジタルの年収や昇給や待遇
  4. 電通デジタルの年収や仕事内容・職種
  5. 電通デジタルの年収や就職・転職のポイント
  6. 電通デジタルの年収やボーナスなどまとめ

電通デジタルの年収やボーナス事情

電通デジタルとは?

出典: https://www.dentsudigital.co.jp

電通デジタルとは大手広告会社で年収が高いことでも知られている株式会社電通のグループとなる企業です。主に電通デジタルではデジタルマーケティングを戦略的に行っており、就職や転職者を希望する人も多い会社となります。そして、就職や転職をする上で重要となるのが年収やボーナスなどのお金事情と評判です。電通デジタルはどうなのでしょうか。

年収やボーナスについて紹介

出典: http://pocketmoney.xyz

もちろん就職や転職をするにあたって仕事内容や昇給のしやすさなども大きく関わってきます。しかし、仕事をしている理由はお金を稼ぎ生活をするためです。その点は必ず意識するべき要素となるため事前のチェックも欠かせません。では、電通デジタルの年収やボーナスは一体いくらになるのでしょうか。ここからは年収の相場などについて紹介していきます。

電通デジタルの年収相場

出典: https://app.dcm-gate.com

まず、電通デジタル全体としての年収相場を調査していきます。あくまで相場となるため、確実にこの年収を手にすることができるわけではないことを理解しながら把握をすることが大切です。電通デジタルの年収相場は、およそ600万円ほどになります。高すぎる年収ではありませんが、日本の社会全体の平均年収は大きく上回っている金額です。

相場の把握は就職において重要

出典: https://www.wantedly.com

あくまで相場ではありますが、就職や転職をするにあたって会社全体の年収相場を把握することは非常に重要です。多くの人は初任給や一ヶ月の給料、または最も高い人の年収などを調べてしまう傾向にありますが、やはり現実的に考えて全体の平均となる年収の相場を知ることが重要と言えます。仕事をする上での一つの指標にもなるため把握が必要です。

コンサルタントの年収

出典: https://tech.nikkeibp.co.jp

では、電通デジタルで働く社員の職種別年収を調査していきます。まずはじめになるのはコンサルタントの平均年収からです。電通デジタルで働くコンサルタントの平均年収は、およそ500万円から600万円となります。これは電通デジタルの会社全体の平均年収とほぼ同じであり、日本の平均年収と比較して上回っている数字になるため決して悪くはありません。

社会の平均的に高い年収となる

出典: https://momonestyle.com

日本の平均年収はおよそ430万円と言われています。もちろん平均となるため1,000万円を超えてくる人もいれば平均を大きく下回る人もいるため、あくまで参考となるラインです。電通デジタルの母体となる電通では年収が1,000万円を超えてくる社員が多くいるため物足りなさを感じてしまう人も少なくありませんが、社会的にはまだ良い年収と言えます。

シニアコンサルタントの年収

出典: https://business.nikkei.com

そして続いてはシニアコンサルタントの平均年収について調査をしていきます。電通デジタルに在籍して5年から10年になるとシニアコンサルタントになり、コンサルタントに比べて昇給する形になります。シニアコンサルタントの平均年収はおよそ700万円となっており、コンサルタントに比べて最大で平均値でも200万円もの差があり極めて高い年収です。

コンサルタントよりも年収は良い

出典: https://highest-air.info

コンサルタントよりも経験を重ねているため、当然キャリアは年収や昇給に大きく関わってきます。シニアコンサルタントとして電通デジタルで働いている人からは年収にも満足しているという評判が上がっており、満足度も比較的高いです。日本の平均年収を上回っていることもあり評判が良く、シニアコンサルタントには1,000万円近い年収の人もいます。

電通デジタルのボーナス

出典: https://digi-career.jp

電通デジタルは電通に比べると年収は高い金額とはなっていませんが、社会的に見ると決して悪い数字ではなく社員からも満足しているという評判の声があります。年収は仕事量とのバランスによっても満足度が変わってくるため、その点も社員の評価に繋がっている可能性が高いです。そして、年収と共に気になるのは電通デジタルのボーナス事情になります。

ボーナスは仕事の意欲にも繋がる

出典: https://www.dentsudigital.co.jp

電通デジタルでは年に2回のボーナス制度が設けられています。もちろん人によって変わってきますが、ボーナスの平均はおよそ60万円といったところです。母体となる電通は100万円を軽く超えてくるボーナスになるため低く感じますが、決して電通デジタルのボーナスが悪いわけではありません。きちんとボーナスが支給されるだけありがたいと言えます。

電通デジタルの年収や会社の評判

就職する上で調査をしておくべき

出典: https://www.liber.co.jp

ここまでは電通デジタルの年収やボーナスについて紹介をしてきましたが、仕事をする上で金銭面を把握しておくことは極めて重要です。しかし、就職や転職において年収やボーナスだけでなく、いかに働きやすい会社であるかを調査しておくことも大事になります。大抵のことは自分で事前に調査をすることができる時代となるため行動することが大切です。

電通デジタルの社風や評判を紹介

出典: https://ferret-plus.com

そこで気になるのは電通デジタルの社風や評判になります。仕事内容や年収、ボーナスも調べておくべき内容ではありますが、長く勤務することを考えると社風や評判は極めて重要な要素と言えます。では、一体どういった社風などになっているのでしょうか。ここからは、電通デジタルの社風と評判を実際の口コミから調査をして紹介していきます。

電通デジタルの社風の評判

出典: http://www.worqlip.jp

まずは電通デジタルの社風をみていきます。今では時代も変わり、昔とは違って働きやすい環境であるという会社が多くなっていますが、電通デジタルでも同じように社員からは非常に評判が良く、自由な社風であることが気に入っているという声が多くあります。実力主義な部分もありますが、それが逆に仕事への意欲に繋がっていると言えます。

自由で働きやすいと評判は良い

出典: https://www.wantedly.com

自由で働きやすいという点は、就職や転職をする上で大きなメリットとして考えることができます。自由度に欠けており社員が仕事をしにくい環境となっている会社は、就職や転職をしたとしてもすぐに退職してしまう可能性があります。そのため、長く同じ会社で勤務し昇給するという目標が崩れてしまうため、働きやすい電通デジタルでは長期勤務が可能です。

電通デジタルは社員の年齢も若い

出典: https://br-campus.jp

電通デジタルでは働きやすさの中に年齢が若い社員が多いという点も挙げられます。同世代で切磋琢磨しながら毎日業務に就くことができる点は評判が良く、お互い成長していける環境は社員にとってありがたいものです。また、若い社員が多いことが電通デジタルの自由な社風を生んでいるといっても過言ではなく、転職をして満足しているという声もあります。

昇進できる環境も整っている

出典: https://www.kaonavi.jp

また、会社勤務をすると年収やボーナスに大きく関わってくることが昇進です。しっかりと日々の業務を行うことで昇進に繋がり、それは結果としてボーナス等に反映されるため意欲にもあります。この点で電通デジタルは評価をきちんとしてくれる環境が整っているため、社員からの満足度も高く評判が良いです。評価してくれる制度は男女ともに変わりません。

業績賞与が出ることも

出典: https://toushi-shakkin.com

また、電通デジタルではボーナス以外に業績賞与というものが出る可能性があります。業績賞与は会社の業績によって判断されるものになりますが、社員のやる気に大きく関係する制度ということができます。ボーナスがきちんと支払われるだけでも今の時代はありがたいことになるため、プラスして賞与が出るとなれば仕事にも身が入り努力をする力になります。

評判の良さは会社選びで重要

出典: https://www.pasonacareer.jp

会社の評判はきちんと調べなければわからない部分が多いです。表向きは良い会社と感じるものでも、実際に働いている社員の声に目を向けると環境の悪さが際立つ可能性も十分にあります。そのため、就職や転職をするにあたってはいかに口コミ等を調査しておくかが大事です。あくまで個人の見解となる部分もありますが参考になることは間違いありません。

電通デジタルの口コミ評判

出典: https://www.wantedly.com

電通デジタルの口コミによる評判も多く情報として挙がっており、特に働きやすさにスポットをあてているものは多い傾向にあります。就職や転職活動では年収やボーナスなどお金の面や仕事内容を中心的に調査する人が多いですが、いくら仕事内容が良くても働きにくい環境であればストレスも溜まり、仕事への意欲も徐々に削がれる可能性があります。

口コミの把握は転職にも役立つ

出典: https://rebe-career.co.jp

口コミを調査することは転職において大変活用することができます。社風を知ることも大事ですが、ここからは口コミからさらに具体的な昇給などについても調査をしていき、良い面だけでなく悪い面も取り上げていきます。しっかりと会社のことを把握するには良い部分だけをみるのではなく、全体を掴めるような調査をすることが大切です。

仕事が覚えやすいという評判が多い

出典: https://digimarjob.com

電通デジタルで働く社員から多く挙がってくる声として、仕事が覚えやすいという評判があります。これは、電通デジタルに入社してからの研修から実践に入る流れが関係しており、すぐに経験を積めることから仕事をどう進めていけば良いかを感じやすいとされています。そのため、電通デジタルでは若手社員でもすぐに活躍することが少なくありません。

電通との連携がある

出典: https://www.businessinsider.jp

そして、電通デジタルで働く上で大きなメリットとして挙げられることが、母体である電通との連携になります。電通デジタルでは連通と協力をして行う業務が多く、いわゆる大手企業とやり取りを行う機会があるため経験を積むことができると評判が良いです。電通はグローバル化を図っているため海外企業との連携も考えられることから将来性を感じさせます。

職種によっては残業が多い場合も

出典: https://roudou-pro.com

電通との連携がある部分は就職や転職を考えている人からすると大きなメリットであり、意欲が増す理由でもあります。しかし、問題点として挙がっている口コミでは職種によっては残業が多い場合があることです。深夜まで仕事をすることもあるため疲労が溜まるという声があります。そのため職種によっては自分の時間を確保しにくい可能性もありです。

女性でも働きやすい環境と評判が良い

出典: https://daily-ands.jp

そして最後になる口コミは女性でも働きやすい環境であることです。時代も変化しており、最近ではキャリアウーマンという言葉も定着しているほど女性の社会進出が目立っています。電通デジタルでは女性でも管理職に就いている人がいたりと、しっかりと評価をしてくれる環境が整っているため、キャリアを意識する女性にとっては魅力的な会社です。

電通デジタルの年収や昇給や待遇

昇給のしやすさは重要

出典: http://vab.xsrv.jp

ここまで電通デジタルの社風などの評判を口コミから調査してきましたが、比較的働きやすく社員からの満足度も高いと言えます。中には残業がきついというものもありますが、これは電通デジタルだけに限らず多くの企業でみられることになるため、時期や職種によっては仕方ありません。では、仕事をする上で重要になる昇給についてはどうでしょうか。

電通デジタルの待遇面なども紹介

出典: https://markezine.jp

昇給は生活に関わってくるため、きちんと把握をしておくことが大切です。会社によってはなかなか昇給をすることができないところもあったりするため、事前の調査は極めて重要と言えます。また、電通デジタルの待遇面についても知っておくことが必要です。ここからは待遇面もあわせて電通デジタルという会社の働きやすさを調査し紹介していきます。

電通デジタルの昇給

出典: http://bizushiki.com

電通デジタルの昇給についてですが、男性・女性関わらずきちんと業務で成果をあげれば給料に反映されるとして高く評価されています。昇給があるのは年に1回の査定によって決められるようになっており、社員にとっては仕事を頑張るための意欲になっていることから制度として評判も良いです。また、部下の働きをきちんと評価する制度に定評があります。

評価制度はしっかりとしている

出典: https://jinjibank.jp

会社として評価制度がきちんと完備されていることは、就職先や転職先を探す上で極めて重要であり、長く勤務することを考えても大事になります。電通デジタルでは努力がきちんと給料に反映されるため、上記でもあったように年収1,000万円を超える人も現れます。昇給制度については求人サイト等にも記載がされているためチェックは欠かせません。

仕事への意欲も高まる

出典: https://gakumado.mynavi.jp

頑張っても昇給がない会社に勤めていては仕事への意欲は高まりません。最近では不景気ということもあり、固定給が変わらないまま数年経ってしまうことも珍しくないため、電通デジタルのように上がる上がらないは別にしてきちんと評価制度が設けられている会社は勤務先としておすすめです。会社も業績がアップし業績賞与を手にすることにも繋がります。

若い社員も挑戦できる環境

出典: https://bizspa.jp

そして、電通デジタルでは若手の社員でも積極性があれば様々な仕事にチャレンジすることができる点も評判が良く、挑戦できるということは昇給のきっかけにも繋がるため非常に良い風習です。上記でもあったように電通との連携もあるため、昇給を狙う人は自分から手を挙げていくことでチャンスを掴むことができ、仕事の幅も広げることができます。

電通デジタルの待遇や福利厚生

出典: https://sankak.jp

電通デジタルは昇給のチャンスも社員にきちんとあり、仕事への意欲も高めながら働くことができる会社です。きちんと評価をしてくれる制度は社員からするとありがたいことで、現代の不景気な中で貴重な存在と言えます。そして、昇給だけでなく就職や転職活動をする上で重要となるものが待遇面や福利厚生です。これらはきちんと意識をする必要があります。

福利厚生は就職・転職において大事

出典: https://journal.fosternet.jp

福利厚生や待遇面は、若い時にはあまり大切さがわかりにくい部分ではあります。しかし、その会社が良いかどうかを判断するための重要な材料です。そのため、就職や転職をする際には確認することが必要となります。では、電通デジタルはどうなっているのでしょうか。ここからは福利厚生や待遇面についていくつかピックアップをして紹介していきます。

ライフスタイルに合った休暇制度

出典: https://www.bengo4.com

電通デジタルの福利厚生は、育児休暇や有給など多くの会社で設けられているもの以外にリフレッシュ休暇や連続休暇、さらには介護休暇や子の看護休暇などがあります。各種保険制度もしっかりと完備されているため安心です。このように珍しい休暇制度が多くあり、ライフスタイルに合わせて休暇制度を活用できることが高い評価に繋がっています。

マッサージルームが完備されている

出典: https://dime.jp

また、電通デジタルで働く社員から評判が良いものとして、マッサージルームが完備されていることが挙げられます。福利厚生として非常に珍しいものになっており、東銀座駅から徒歩5分の場所にて45分400円という破格の料金で疲れを癒すことが可能です。日頃のケアもしっかりとしつつ、仕事とのメリハリもつけられるとして評判が高いものになります。

朝食のサービスも

出典: https://mercureyokosuka.jp

そしてこちらも珍しいサービスとなっており、電通デジタルでは電通ワークスタイルイノベーションという朝食を無料で配布するというものがあります。忙しい朝はどうしてもご飯を食べる時間がなく抜けがちです。しかし会社が無料で配布をしてくれるため朝の時間を割く必要もなく、さらには節約にも繋がります。社員からも高く評価されているサービスです。

会社支援のサークル活動もある

出典: https://www.tanaka.co.jp

そして、電通デジタルでは会社に来ることは仕事だけでは息が詰まってしまうという考えから、会社支援のサークル活動にも力を入れています。業務外の活動として取り入れられており、会社の協力のもと動くことができるため特にお金がかかる心配もありません。社員同士の絆も深まりコミュニケーションを取ることができる場としても評価されています。

電通デジタルはユニークなものが多い

出典: https://www.starcareer.co.jp

電通デジタルでは昇給できる可能性が高く、しっかりと社員一人一人の頑張りを見てくれているという社風は働く側にとって大きなやりがいに繋がります。また、福利厚生に関しても社員のことを考えた豊富な休暇制度の他に、ユニークなものが多く楽しそうな雰囲気が伝わってきます。自由な社風は仕事以外にも影響を与えていると言っても過言ではありません。

電通デジタルの年収や仕事内容・職種

仕事内容を知っておくことは大切

出典: https://jobrass.com

就職をするにあたって昇給があることやボーナスの金額など、お金の面と同じくらいに大事なものが仕事内容です。いくら待遇や金銭面が良い会社であったとしても、仕事が自分に合っていない場合は長く勤務することは難しくなります。また、仕事内容を知らないまま就職活動や転職活動を行うことは、調査不足として会社側にも悪い評価を受けかねません。

電通デジタルの仕事や職種を紹介

出典: https://diamond.jp

では、電通デジタルは一体どのような仕事を行う会社なのでしょうか。どのような形で電通デジタルに入社するにしても必ず知っておくべき内容と言えます。ここからは電通デジタルの事業内容や募集をしている職種について紹介し、さらに社会に出て働く上で大切な仕事に対してのやりがいはどのように感じられるかについても解説していきます。

電通デジタルの事業内容

出典: https://jp.marketo.com

まずは電通デジタルの事業内容について解説していきます。上記でも説明したように電通デジタルとは大手広告会社である電通の子会社となる企業です。マーケティング事業を中心に展開しており、電通のグループ内にある中核となる3つの企業が集まって電通デジタルが誕生しています。開発や実装、さらには運用なども行い様々な企業の支援をする会社です。

デジタルマーケティングのコンサルタント

出典: http://www.fujitsu.com

そして電通デジタルはデジタルマーケティングのコンサルタントとして新規事業に参入する会社の支援等も行い実績も徐々に上げている企業です。電通デジタルは母体が電通という大企業であることから、多くの会社との関係性を持つことができるため今後の業績の成長にも期待ができます。さらに、まだ若い企業となり将来性も感じさせると評価されています。

電通デジタルの募集職種

出典: https://tenshokuagent-pro.com

電通デジタルが行っている事業はこれからの未来にとって必要不可欠となる内容です。様々な実績を上げていることから注目もされつつあり、さらには設立してから年月が経っていないことも関係し今後の動向にも期待が持たれている企業となります。そのため、就職や転職を希望する人が多く人気企業として毎年多くの人が入社を希望する会社です。

就職・転職希望者は知っておくべき

出典: https://careerindex.jp

そこで気にするべきことは、電通デジタルはどのような職種を募集しているかということです。求人サイトや会社の公式ホームページには募集職種が必ず記載されています。そのためしっかりとチェックをして就職活動に臨むことが大切です。では、電通デジタルではどのような職種を募集しているのでしょうか。就職・転職希望者は注目するべき内容となります。

事業戦略コンサルタント

出典: https://www.axc.ne.jp

まずはじめになる電通デジタルの募集職種は事業戦略コンサルタントです。事業戦略コンサルタントとは新規事業の開発やサービス開発、さらには既存事業のデジタル対応などを行います。やり取りを行う企業が新たな価値を世間に提供することができるようにサポートをしていく仕事内容となり、社会的な貢献度も極めて高い人気の職種となります。

統合デジタルマーケティングコンサルタント

出典: https://digimarjob.com

続いての募集職種は統合デジタルマーケティングコンサルタントです。統合デジタルマーケティングコンサルタントとはデジタルトランスフォーメーションのパートナーとしてマーケティングを行うことが主な業務内容となります。強い責任感を持って業務にあたることは当たり前ですが、いかに強いリーダーシップを持ってマーケティングをできるかが鍵です。

ITコンサルタント

出典: http://www.it-movin.co.jp

続いての募集職種はITコンサルタントになります。ITコンサルタントは社会的にも定着しつつある職種であり、電通デジタルではシステムの計画やシステムを構築するためのマネジメント業務を行うことが主な業務内容です。いかにマーケティングを高度化することができるかを問われる仕事で、IT系の仕事に就いていた人が転職をしてくることが多くあります。

コンテンツプランナー

出典: https://www.wantedly.com

コンテンツプランナーとは自社で運営するサイトやSNS、さらには各種メディアなどのコンテンツ企画や制作の管理、運用管理などを行います。そして、どのようにすれば消費者となるターゲットが企業のサービスに魅力を感じてもらうかを提案することも大事な業務です。プロデュース力がある人は就職や転職では高く評価され採用に一歩近付きます。

UXコンサルタント及びデザイナー

出典: https://www.wantedly.com

続いての募集職種はUXコンサルタントおよびデザイナーです。UXコンサルタントおよびデザイナーとはウェブサイトやアプリなどのコンテンツをはじめとするUXやUIも設計やデザインに関して先頭に立って行っていく大事な職種となります。UIやIAのスキルが身についている人は電通デジタルとしても求めているため、ある程度知識があれば就活で有利です。

Webディレクター

出典: https://www.recruit-lifestyle.co.jp

そして最後になる募集職種はWebディレクターです。WebディレクターとはWebサイトのスペシャリストという立ち位置で活躍し、マーケティング戦略全てのWebサイトの役割を規定し、いかに運用等をうまく行いながらマネジメントができるかを求められます。多くの知識を有していることが求められるため、採用の窓口も狭い職種として知られています。

電通デジタルの仕事のやりがい

出典: https://kaizenplatform.com

ここまで電通デジタルが募集をしている職種等を紹介してきましたが、実に多くの仕事があり専門性の高さも伺えます。また、仕事をする上で重要となるやりがいに関して社員はどのように感じているのでしょうか。実際に口コミとしても書かれていることですが、電通デジタルの社員は仕事に対して大きなやりがいを感じながら業務に励んでいます。

仕事を高い意識で行える会社

出典: https://axxis.co.jp

高い意識を持って働くことができている要員としては、やはり電通と絡めて仕事を行えること、そしてしっかりと努力を評価してくれる会社となっているため、昇給等のチャンスが多くあることが挙げられます。毎日高い意識を持って仕事に打ち込んでいると自然と高いパフォーマンスを発揮することができるため、毎日が充実しているという声が多いです。

電通デジタルの年収や就職・転職のポイント

電通デジタルのSPIなどの難易度

出典: https://www.pasonacareer.jp

昇給制度もきちんと設けられており、大手企業である電通を母体にもつ電通デジタルは就職や転職でも非常に人気があり多くの人が入社を希望します。ここからは電通デジタルへの就職や転職のポイントについて解説していきます。まずは電通デジタルにSPIなどの難易度です。SPIとは適性検査のことを言いますが、時間にしておよそ1時間ほど行われます。

難易度は高いと言える

出典: https://www.lev.co.jp

電通デジタルのSPIは特に変わった内容で行うものではありませんが、内容は読解や計算問題が実施されます。さらにマーケティングの視点確認として論述による問題もあり、難易度は高めという声が多いです。いわゆる一流企業のグループ会社となるため、就職や転職は簡単にはいきません。そのため、しっかりと準備をして臨むことが非常に大切になります。

電通デジタルの面接

出典: https://lidea.today

そして、就活において大事になることが面接です。面接の形式は企業によって違いはありますが、電通デジタルでは書類選考をはじめに行い、そこから筆記試験をして面接という流れになります。では、電通デジタルの面接ではどういった点を重視されるのでしょうか。まず大事なことは、大前提として自分の言葉で全てをきちんと伝えることが挙げられます。

面接の回数は場合による

出典: https://campus.doda.jp

そのためには電通デジタルとはどういった会社なのかということをしっかりと事前に調査をして、いかに自分が会社にマッチする人材であるかを伝える必要があります。面接は多くの場合3回行われるため、どれだけ自分の思いを伝えることができるかは内定をもらうに向けて大きな鍵となります。会社のホームページをみてリサーチを行うことが大切です。

電通デジタルの転職者採用

出典: https://kuguru.jp

また、電通デジタルでは新卒はもちろん転職者の採用にも力を入れています。電通デジタルだけに限らないことですが、転職をする上で大切なことはいかに自分のことを分析できているかです。自分自身がどのような能力があり、採用をされ働きだしてからどう活躍することはできるかをアピールすることが大切になります。しかし自己分析は難しいことです。

転職エージェントを活用する

出典: https://careerlab.tenshoku.mynavi.jp

そのため、電通デジタルに転職をするにあたって転職エージェントを活用することが重要になります。転職エージェントはプロがしっかりと人間性などを分析し、希望する会社に対して自分をアピールしてくれます。リクルートエージェントやdodaなど大手とされる会社を利用することで、電通デジタルの内定を勝ち取ることができる可能性は上がります。

電通デジタルの転職に必要なスキル

出典: https://news.mynavi.jp

では、電通デジタルに転職をするにあたって必要なスキルとはどういったものがあるのでしょうか。転職では以前に勤めていた会社での経歴や実績、さらに所持するスキル等が求められます。そしてそれは電通デジタルも例外ではありません。まず、転職において有利に働くことは前職での実務経験です。どれだけ業務に関わっていたかは重要視されます。

過去の経験が活かせる

出典: https://journal.rikunabi.com

マネジメント経験がある場合は必要なスキルを持っている人材と評価されるようになり、企業からしても即戦力に数えられるため内定を勝ち取りやすいです。また、これらの実務経験があることは電通デジタルの公式ホームページにも求める人材として記載されています。事前にホームページにて確認をして把握することも転職活動では非常に大切なことです。

過去に経験がない場合は?

出典: https://www.servcorp.co.jp

転職をする上で過去に実務経験がない場合ももちろん考えられます。実務経験がある人の方が有利になることは間違いありませんが、実務経験がないからといって諦める必要もありません。電通デジタルでは人材育成も積極的に行っているため、将来性のある人については転職を成功させることができる可能性は十分あります。

自分で調査は必ずする

出典: https://www.4900.co.jp

上記で転職エージェントを使うと挙げましたが、任せっきりではいけません。確かに転職エージェントを活用することは転職をするにあたって大きな力となります。しかし、自分での調査も必ず行うべきです。会社のことをどれだけ調べてきたかは相手もプロになるためわかります。調べることができるツールは多くあるためしっかりと準備をすることが大事です。

電通デジタルの年収やボーナスなどまとめ

出典: https://www.newsweekjapan.jp

電通デジタルは平均年収も低い数字ではなく、日本の平均年収は大きく上回っているためそれなりに安定した暮らしはできます。また、年に一度の昇給チャンスもあるため仕事へのやりがいを感じながら打ち込むことも可能です。ボーナスについてもきちんと年に二回支払われるため、不景気と言われる昨今において優良な企業であるということができます。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ