株主優待と配当利回りが高いお得な株は?有望銘柄をリスト化!

株主優待制度は世界でも珍しく日本独特の制度です。株主優待や配当利回りの良いお得な株を紹介するとともに、利回り率が期待できる有望銘柄を1から12月と月別にリスト化して紹介します。株式投資で失敗しない銘柄の選び方や注意点をしっかりと研究しましょう。

株主優待と配当利回りが高いお得な株は?有望銘柄をリスト化!のイメージ

目次

  1. 株主優待と配当利回りとは?
  2. 株主優待と配当利回りが高いお得な株は?
  3. 株主優待と配当金を月ごとに有望銘柄と特典内容
  4. 株主優待と配当利回りの計算方法
  5. 株主優待と配当利回りで失敗しないための注意点や選び方
  6. 株主優待と配当利回りが高いお得な株まとめ

株主優待と配当利回りとは?

株主優待とは?

出典: http://www.zukalog.net

株主優待とは、上場している企業が株主に対して利益還元のつもりで贈り物をする制度のことです。本来は利益還元を配当金で支払うのが筋です。しかし、贈り物で株主に喜んでもらおうと考えて、特典として自社の製品を活用して送ることも多く、自社の広告宣伝活動も兼ねていると考えられます。株主優待は、配当金とは違った意味で、楽しみにしている株主も多くいます。お得な株を探してみましょう。

配当利回りとは?

出典: https://diamond.jp

配当利回りとは、購入した株価に対して1年間にどれくらいの割合でリターンがあるか調べることのできる指標となるものです。株の銘柄によって、株価と配当金が違うのでどの株を購入するか決めるときの選び方の参考になります。株は選び方を間違うと、利益が上がらず損をしますから、注意点などをチェックすることは大切です。

優待利回りは銀行の配当利回りよりケタ違いである

出典: http://www.zukalog.net

優待利回りは、配当利回りと同じで、企業の優待価値を知る指標になります。最低の購入する株の単元が決まっていますが、最低購入単元を100株として、株価が1000円とします。100株に対して1000円のクオカードを優待としている銘柄であるならば、株の購入金額が1000000円で、株主優待が1000円ですから、優待利回りは1%と計算します。

出典: https://otona-life.com

現在は、銀行の普通貯金の金利は最低金利で0.001%がほとんどですから、普通貯金に100000円を預けていていも1円しか利息がつきません。銀行の配当利回りと比べるとケタ違いであることがわかります。

Thumb株主優待おすすめ人気ランキング!10万円以下でおすすめの銘柄も!

株主優待と配当利回りが高いお得な株は?

3月のお得な株①オリックス

出典: https://kibinago7777.blogspot.com

3月は多くの企業が決算月を迎えます。ですから、株主優待や配当の実施が行われる銘柄が多くあります。特典の多い銘柄が3月に集中しているので紹介します。まずオリックス株は100株から購入できて年2回の特典がもらえます。3月はふるさと優待、3月と9月はオリックス株主カードになります。年間配当利回りは4.71%です。

3月のお得な株②ホクト

出典: https://ameblo.jp

ホクト株もお得で株主優待の特典が、自社のきのこ・レトルトセットとユニークな商品になっていて、セット内容をきのこ数種類、レトルトカレー、炊き込みご飯、健康セットとの詰め合わせたバリエーション豊富な3種類から選ぶことができます。100株単位から購入でき、配当利回りは3.13%となっています。

3月のお得な株③JR九州

出典: http://www.jrqc.co.jp

JR北九州株は3月の末が確定日で100株以上から購入できます。配当利回り2.28%に加えて株主優待の特典が、運賃50%割引の乗車券が100株ごとに1枚、株数が増えるごとに枚数が増加します。最低取得額は364000円からとなっていて、鉄道ファンには人気があります。

3月のお得な株④KDDI

出典: http://w73t.com

KDDIは保有期間が5年未満と5年以上で、株主優待の特典に差がでてきます。100株単位で購入できます。株主優待はカタログギフトで、好きな商品を選ぶことができるので人気になっています。もちろん配当を受け取れることもできて、3.76%と高配当で、配当利回りは1.13%ですから総合利回りはかなりお得な銘柄となります。

3月のお得な株⑤JAL

出典: https://diamond.jp

JAL株も株主優待の特典に人気があります。特典は片道運賃割引券で運賃一律50%割引なので人気があるのもうなずけます。100株単位で購入することができて、株数に応じて特典も増えていきます。もちろん配当もあり、2.35%と高い利率ですから銀行の配当と比べるとかなりの違いです。

株を長期間持つと優待利回りが上がる株もある

出典: https://www.tantonet.jp

株を持つ注意点として、銘柄の選び方も大切です。短期で保有するよりも長期で保有する方が株主優待の利回りが高くなる株もあります。銘柄によっては1年以上になると数倍にもアップする魅力的な株があります。

自社商品優待の銘柄は配当利回りが高い

出典: https://kabusyo.com

配当利回りが高い銘柄を選び方の注意点は、総合利回りの高い銘柄を選ぶことです。配当金だけではなくて、自社商品を優待品にする企業は配当利回りを高く設定しています。自社製品を株主優待に利用するということは、自社の製品に自信もあるわけですから、株主として試してみる価値もあります。

Thumb株主優待生活を楽しむ方法まとめ!投資資金はいくらくらい必要?

株主優待と配当金を月ごとに有望銘柄と特典内容

1月の優待と配当ランキング

出典: http://kotoku-shikaishikai.com

株主優待と配当利回りが良い企業をランキング形式で紹介します。3位は利回りが5.26%の「コーセアールイー」、必要最低投資額が72200円で、優待内容は、クオカード500円相当からです。2位は、利回りが6.10%の「クロスプラス」、必要最低投資額は65600円で、優待内容は、自社製品3000円相当からです。1位は利回りが10.20%と高い「ストリーム」で、必要最低投資額は9800円と少額で、優待内容は株主優待割引券1000円相当からです。

2月の優待と配当ランキング

出典: http://grillhana.com

2月の株主優待と配当利回りの3位は利回りが8.92%の「北の達人コーポレーション」で、必要最低投資金額44000円、優待内容は自社製品3564円相当です。2位は、利回り9.04%の「バロックジャパンリミテッド」必要最低投資金額86300円、優待内容は自社の店舗や通販サイトで使えるクーポン2000円相当です。1位は利回り9.78%の「トランザクション」必要最低投資金額は76700円、優待内容は、自社製品3000円相当となっています。

3月の優待と配当ランキング

出典: http://www.some-day.jp

3月の株主優待と配当利回りは、3位が利回り78.13%「東光高尾岳」必要投資金額1344円、優待内容は福島県産品のカタログギフトの割引が1000円相当からです。2位は利回りが99.76%「VTホールディングス」必要投資額が42100円、優待内容は新車・中古車購入時利用優待兼30000円相当などです。1位は利回りが189.34%にもなる「上新電機」必要投資額は2663円、優待内容は買い物券5000円相当となっています。

4月の優待と配当ランキング

出典: http://f-million.com

4月の株主優待と配当利回りは、3位が利回り5.47%「グッドコムアセット」必要投資額は159000円、優待内容は、クオカード2000円相当です。2位は、利回り5.85%「東建コーポレーション」必要投資額は、718000円、優待内容は、ゴルフ場5000円割引券などとなっています。1位は、利回り526.32%「ビジョナリーホールディングス」必要投資額7600円で優待内容は眼鏡レンズお仕立て券となっています。

5月の優待と配当ランキング

出典: http://www.yonago-toshokan.jp

5月の株主優待と配当利回りは、3位が利回り5.72%「タマホーム」必要投資金額106700円、優待内容はクオカード500円相当です。2位は利回り6.28%「ハニーズホールディングス」必要投資額は11150円、優待内容は自社店舗で利用できる優待券500円相当からです。1位は利回り46.30%「ネクスグループ」必要投資額は21600円、優待内容は旅行費用の割引が5000円相当などになります。

6月の優待と配当ランキング

出典: http://kyoto-kosal.com

6月の優待と配当利回り3位は、利回りが8.38%「あおぞら銀行」必要投資金額279100円、優待内容は商品券2000円相当などです。2位は、利回り9.59%「イデアインターナショナル」必要投資金額98000円、株主優待内容はRIZAPグループ商品9000円相当からです。1位は総合利回り67.15%「フィスコ」必要投資金額19300円、優待内容はサービス1ヵ月相当無料で金額として6480円相当になります。

7月の優待と配当ランキング

出典: https://sozaiya3.net

7月の優待と配当利回り、3位は総合利回り3.82%「丸千代山岡家」必要投資金額は148500円、優待内容はラーメン無料券2枚などです。2位は総合利回り4.58%「バルニバービ」必要投資金額は103800円、株主優待内容は食事券2000円相当などです。1位は総合利回りが15.89%「クロスフォー」必要投資金額28500円、優待内容は自社製品4500円相当です。

8月の優待と配当ランキング

出典: https://cardloan-shinsa.jp

8月の優待と配当利回りは、3位が総合利回り6.97%「スタジオアリス」必要投資金額は229400円、優待内容は株主写真撮影券11000円相当からです。2位は総合利回り9.04%「バロックジャパンリミテッド」必要投資金額は86300円、優待内容は自社店舗と通販サイトで使えるクーポン券2000円相当です。1位は総合利回り9.78%「トランザクション」必要投資金額は76700円、株主優待内容は自社製品3000円相当からになります。

9月の優待と配当ランキング

出典: http://kyoto-kosal.com

9月の株主優待と配当利回りは、3位が利回り28.93%「オープンハウス」必要投資金額は387500円、優待内容は住宅購入金額キャッシュバック1000000万円相当です。2位は利回り104.03%「カナミックネットワーク」必要投資金額は192500円、優待内容は旅行券200000円相当です。1位は利回り189.34%「上新電機」必要投資金額は2663円、優待内容は買い物券5000円相当です。

10月の優待と配当ランキング

出典: https://ikedanaoya.com

10月の株主優待と配当利回りは、3位は総合利回り5.48%「グッドコムアセット」必要投資金額は159000円、優待内容はクオカード2000円相当です。2位は利回り135.47%「ロングライフホスティング」必要投資金額は75000円、優待内容は施設の入居の割引100000円、カレーの詰め合わせです。1位は利回り526.32%「ビジョナリーホールディングス」必要投資金額は7600円、優待内容は眼鏡レンズお仕立て券2枚です。

11月の優待と配当ランキング

出典: http://www.city.kashiwazaki.lg.jp

11月の株主優待と配当利回りは、3位が総合利回り12.03%「ヴィレッジヴィンガードコーポレーション」必要投資金額は94800円、優待内容は買い物券10000円相当です。2位は総合利回り46.30%「ネクスグループ」必要投資金額は21600円、優待内容は旅行費用の割引5000円相当です。1位は総合利回り109.68%「バイク王&カンパニー」必要投資金額は18600円、優待内容はバイク購入時に使える割引券100000円相当です。

12月の優待と配当ランキング

出典: http://nara.peugeot-dealer.jp

12月の株主優待と配当は3位が総合利回り11.76%「TATERU」必要投資金額は25500円、優待内容はクオカード3000円相当です。2位は総合利回り53.76%「アイリックコーポレーション」必要投資金額は186000円、優待内容は旅行券100000円相当です。1位は総合利回り67.15%「フィスコ」必要投資金額は19300円、優待内容はサービス1ヵ月相当無料で6480円相当からです。

Thumb株主優待がおすすめの銘柄まとめ!投資初心者や主婦にも人気!

株主優待と配当利回りの計算方法

株主優待利回りの計算方法

出典: http://www.abc-advisers.com

株主優待の利回りの計算方法は、1年分の優待価値表すので、優待利回り(%)=優待の価値(円)÷優待取得にかかる金額(円)で算出することができます。この数値が高いとお得になります。優待がクオカード3000円だとすると、3000円×年1回=3000円です。1株3000円、最低取得株数100で計算すると3000円(優待の価値)÷300000(優待取得にかかる金額)=1%と計算します。

配当利回りの計算方法

出典: http://toushi-world.net

配当利回りの計算方法は、配当利回り(%)=配当(円)÷株価(円)の計算式で計算できます。年間配当が100円、株の購入価格が5000だとして計算すると、配当100円÷株価5000=0.02%の配当利回りになります。配当利回りのパーセンテージが高くなればなるほど、配当金として返ってくる割合が高く株主にとっては、特典の高い銘柄であると言えます。

配当利回りなら米国株式にも注目

出典: https://www.rakuten-sec.co.jp

配当利回りが高い銘柄の選び方は、やはり配当利率の高い企業を選ぶことには違いありません。米国株式は、日本のように株主優待のような特典がないかわりに、かなり利回り利率の高い銘柄が揃っています。投資のチャンスと考えて投資する人も多くいます。注意点はやはり米国株式となると手数料や売り買いの手順が、少しややこしいと感じことでしょう。しかし、最近はネット証券では比較的安い手数料で手続きも簡素になってきています。

初心者には高配当銘柄が良い

出典: http://www.zukalog.net

初心者であればあるほど、銘柄の選び方には慎重になる方が懸命でしょう。株主優待や配当の高い銘柄を狙って購入しましょう。高配当銘柄を選ぶと投資のリターンを実感することができます。実際、高配当の株主優待を楽しみ株の勉強し始める人も多いです。初心者向けに勉強かを開いている証券会社も多くなるので、しっかりと勉強してください。

Thumb株の配当金ランキング!利回りの高い銘柄や受け取り方法まで徹底解説!

株主優待と配当利回りで失敗しないための注意点や選び方

総合的に有利な銘柄を選択

出典: http://www.kabutore.biz

株主優待と配当利回りで失敗しないためには、銘柄の選び方に注意が必要です。株主優待の魅力だけにつられて買うことや配当利回りが高いというだけでの銘柄選びでは失敗します。市場の動きや企業の利益や今後の見通しなど総合的に判断することは大切です。

短期間で株価急騰の時は避けた方が良い

出典: https://www.aeonbank.co.jp

銘柄の選び方として、特に注意点としてあげられるのは、短期間で株価が急騰した場合です。急騰ですから株式市場では注目の株として取り上げられることも多いですが、そういった銘柄は避けておく方が痛い目にあうことが少ないでしょう。良心的なアナリストは注意点として、必ず急騰した銘柄に説明を加えています。

株主優待が魅力的な銘柄を最小投資額で多く投資するのが効率的

出典: http://www.ezmuseum.com

株主優待の特典が自分にとって、魅力的な銘柄の選び方をすることが一番大切ですがもう一つ注意点があります。株主優待と配当利回りを総合した総合利回りを確認することと、最小投資額で多く投資することです。最小投資額で大きなリターンを求めることが一番効率的な投資方法です。

業績や財務の良くない銘柄は買わない

出典: https://www.kabuyutai.com

次に大切な注意点は、銘柄の選び方で企業の業績や財務状況を必ず確認しましょう。企業によっては業績が思わしくないので株主優待で株主を釣ろうとするあまり良くない企業もあります。よく、業績内容や財務内容には目を通して、怪しい企業の銘柄は買わないようにしましょう。

自分で使いたい製品やサービスに企業に優待投資する

出典: https://gigazine.net

銘柄の選び方の注意点は色々ありますが、結局は自分が使いたいと思う製品を販売している企業やサービスが良いと感じる企業などを選ぶことが一番必要になります。注意点を聞いても現実に沿っていなければいけません。また自分が納得している企業であれば、どんな時も納得できるからです。

Thumb投資の種類と特徴を比較して解説!リスクや利回りはどれくらい?

株主優待と配当利回りが高いお得な株まとめ

出典: https://kibinago7777.blogspot.com

株主優待と配当利回りが高いお得な株や特典を紹介しました。銘柄の選び方や注意点も説明しました。株式投資はギャンブルとは違います。しっかりと勉強して注意点を頭に入れて、余剰の資金で投資しましょう。借金をしてまで投資するものではありません。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ