教員の志望動機の書き方のポイントや例文を紹介!採用試験で受かる!

未来ある少年少女の成長に携わりたいなどの動機から教員を目指す人も少なくありませんが、教員の志望動機の書き方のポイントはどのようなものなのでしょうか。そこで今回は、採用試験で受かるための「教員の志望動機の書き方のポイントや例文」についてまとめています。

教員の志望動機の書き方のポイントや例文を紹介!採用試験で受かる!のイメージ

目次

  1. 教員の志望動機・履歴書での書き方のポイント
  2. 教員の志望動機の例文を紹介
  3. 教員の志望動機を面接で話すときのポイント
  4. 教員の志望動機でNGなことは?
  5. 教員の志望動機の学校別特徴
  6. 教員の志望動機・就活で準備することは?
  7. 教員の志望動機・教員に向いている人は?
  8. 教員の志望動機の書き方のポイントや例文まとめ

教員の志望動機・履歴書での書き方のポイント

履歴書は重要な判断材料になる

出典: https://www.rh-navi.jp

教員を志す人は多く、子供の成長に携わることができる仕事になるため人気があります。そして、教員だけに限りませんが就活をするなかで履歴書はアピールをする重要な役割を担っています。どのような理由で教員になることを希望しているのかという志望動機をはじめ、就活をするなかで履歴書の書き方に迷ってしまう人も少なくありません。

書き方のポイントは押さえておこう

出典: http://career-t.net

履歴書は就活において必ず提出するものです。そして、就活をしている人全員が応募先に対して提出するためいわば争いは履歴書を出した時点で始まっています。そのため書き方には一層こだわりを持ち、いかに自分を書類のみでアピールすることができるかが鍵です。ここからは、教員を目指す履歴書において効果的な志望動機の書き方を紹介していきます。

志望する学校の教育方針をチェックする

出典: http://www.hdk.ed.jp

はじめになる履歴書への志望動機の書き方は、自分が志望する学校の教育方針をチェックすることになります。会社の企業理念と同様に、学校にも教育方針というものが定められており、それに従って教育を行っています。就活において志望先の考えを把握することは非常に重要であり、掲げている教育方針に対して共感できることをアピールすることが大事です。

マッチしていることを履歴書で示す

出典: https://jimofes.e-atta.jp

自分がいかに志望する学校の教育方針に共感していることをアピールできるかは履歴書の書き方で重要となります。当たり前の話ですが、入ってくる教員が学校の教育方針を尊重できていないとなれば明らかに魅力がありません。教員になるための就活以外でも同じことが言えるため、志望先の考え方とマッチしていることは極めて重要な要素となります。

教育問題に関心があるとアピールする

出典: https://www.parenting.com.tw

そして続いて紹介する履歴書への志望動機の書き方は、教育問題に対して関心があることをアピールするというものです。特に現代では重要となる要素で、教員は子供と関わる仕事になるため、大人だけがいる普通の会社と違い様々な問題が発生します。それらにきちんと向き合い、教員を志す人間として関心があることをアピールすることは効果的です。

書き方として盛り込むべきワードとは

出典: https://www.baitoru.com

そのような教育問題を取り上げた履歴書の書き方には盛り込むべきワードがあります。そのワードとは「いじめ」「暴力」「不登校」「グローバル化」などです。特に昨今ではいじめや暴力はニュースでも取り上げられるほど社会的な問題になっています。履歴書の志望動機にはこれらの問題に対して真摯に向き合っていることを書くとアピールに繋がります。

人に何かを教えた経験を書く

出典: http://tuitui.jp

また、教員を目指す人の履歴書には人に何かを教えた経験を書くことも効果的なアピールに繋がります。大前提として教員の仕事は教えることです。そのため、誰かに教えたことがあるという経験を履歴書に書いていると学校側の目にとまりやすくなります。この過去に教えた経験というのは必ずしも勉強でなければいけないという決まりはなく何でも良いです。

過去の経験をアピールすることは大事

出典: https://diamond.jp

教員は勉強を教えることも大事ですが、人としての心を育てる意味で教育を行うことも大切になります。また、教員になる上で必ず受けるものが教育実習です。履歴書の志望動機の書き方として、過去に誰かに教えた経験がない人は教育実習について触れることも効果があります。志望動機の書き方は変に縛り付けて堅く考えないことが非常に重要です。

履歴書は論文ではない

出典: https://www.procommit.co.jp

多くの人は履歴書の書き方にこだわりすぎてしまい、どうしても堅い考えになってしまう傾向があります。もちろん就活において履歴書の志望動機等は大事な要素となるためこだわりは必要ですが、履歴書は論文ではありません。そのため、あまりにも一つのテーマに対して深く掘り下げるような書き方はしない方が効果的なアピールに繋げることができます。

履歴書の書き方は効果的な内容を

出典: https://syukatsu-answer.com

履歴書の志望動機はそれほど多くの量を書ける訳ではありません。そのため、いかにコンパクトに重要な内容を組み込んでいけるかが鍵になります。なぜ教員になろうと思ったかなどの理由も大切ですが、教員になってからどのような教育を行いたいかなど未来を見据えた書き方をすることが重要です。履歴書の書き方のポイントは事前に把握する必要があります。

教員の志望動機の例文を紹介

書き方として例文は参考にできる

出典: https://zuuonline.com

上記では履歴書への志望動機の書き方のポイントを紹介してきましたが、いかに就活において履歴書でのアピールが重要であるかがわかります。自分らしい書き方をすることも大事ですが、きちんとアピールに繋がるような書き方を知っておくことが最も大切です。そして、教員を目指す履歴書への志望動機の書き方として、例文を参考にする方法もあります。

履歴書に書く志望動機の例文とは

出典: http://shinonome-go.cocolog-nifty.com

履歴書に志望動機を書く場合は、就活の経験があまりない場合はどうしても悩んでしまいます。そのため、何か参考にすることができる材料が必要です。では、教員志望の人が書く志望動機の例文とは一体どういったものになるのでしょうか。ここからは、効果的なアピールに繋げることができる志望動機の例文をいくつかピックアップし紹介していきます。

例文①過去の経験

出典: https://daini2.co.jp

まず一つ目になる履歴書に書く例文は過去の経験です。過去の経験を志望動機として書くことは効果的であり、教員になるだけでなく就活では意味があるものになります。代表的な例文として取り上げられる内容は、自分が学生時代にお世話になった恩師とのやり取りから感じたことを志望動機に組み込むことです。どのような例文となるのでしょうか。

過去の経験を活かした例文とは

出典: https://www.shukatsu-note.com

過去の経験を活かした例文とは「高校生時代に、勉強はもちろん人として大切にしなければいけない心を恩師から学びました。人との繋がりがあってこそ今があるということ、そして自ら仲間のことを考えて行動することの大切さが忘れられず、生徒に伝えたいという想いから志望いたしました」となります。勉強だけに視野を向けないことも効果的です。

例文②教育方針の共感

出典: https://furusato.tori-info.co.jp

そして続いて紹介する教員になる上での志望動機の例文は、教育方針に対して共感していることを書くという内容です。学校にはそれぞれ教育方針があり、いかにその考えと自分の想いがリンクしているかをアピールすることが大事になります。採用をする側は教育方針に沿っていない考えをしている人を、教員として迎え入れようとしないことは当然です。

志望動機として重要なこと

出典: https://www.zehitomo.com

教員になる志望動機として非常に重要になるため、履歴書に書くこととして非常に効果的です。例文としては「貴校の社会に貢献できる人間生成という教育方針が心に響き志望いたしました。生徒自身にも考えてもらえるようなテーマが、自分が想像する理想の教師像と一致している点に魅力を感じています」となります。教師像を訴えかける内容は有効です。

例文③自分のスキルを生かす

出典: https://kenjasyukatsu.com

そして続いては自分のスキルを活かす例文になります。就活においてどのような点が自分の強みであるかを履歴書でアピールすることは大切です。自分のスキルを活かすことができることを仕事にするというのは志望動機として十分な理由になります。教員になる上でも今まで培ってきた経験から得たスキルを書き、学校側にアピールをすることは非常に大切です。

長所を把握することが大切

出典: https://kenjasyukatsu.com

教員を志す理由として自分のスキルを活かすことを志望動機にする場合は、長所をしっかりと把握しておくことが大切になります。この場合の例文は「教員を志した理由の一つに、英語能力に長けていることがあります。幼少期に海外生活を送っていた経験から、今後のグローバル化に向けて英語の大切さを伝えたいと思い志望いたしました」となります。

例文④教えることへの意欲

出典: https://www.nenshuu.net

そして続いての例文は教えることへの意欲を伝えるというものになります。教員は生徒に勉強や人としての生き方を教えることが仕事です。そのため、教えることへの意欲というものは教員を志す人として持っておくべき想いということができます。また、生徒に教えたいという気持ちは志望動機として十分な理由となるため履歴書に書くことは効果的です。

相手のことも考えることが大事

出典: http://www.hokkyodai.ac.jp

また、教員として教えることへの意欲は持っていて当然となるものですが、教え方も理解しやすい言葉や順序を意識していることを書くと良いです。例文は「昔から教えるという行為が好きで、同級生に休み時間や放課後を利用して勉強会を開いてしました。その経験から将来は教員になりたいという思いが芽生え志望いたしました」となります。

例文⑤塾講師などの経験

出典: https://manomeru.jp

そして最後になる例文の紹介は塾講師などの経験を履歴書に書くことです。就活において過去の経験を書くことは非常に大切になります。教員という職業を選ぶ上で、以前に塾講師として働いていたという経歴は確実にプラスの要素です。その際には、なぜ塾講師として働いていたかを具体的に書くと学校側に対して十分なアピールに繋げることができます。

志望動機のアピールとして効果的

出典: https://www.jukukoushi.jp

教員の志望動機として履歴書に書く例文は「教師になりたいという想いが芽生えてから、実際に教える力をつけようと塾講師としてアルバイトをしてしました。勉強だけではなく生き方も生徒と話し合い、教員という仕事の魅力をさらに感じ、その気持ちは全く変わらず今回志望いたしました」となります。教員になる上でのアピールとして非常に良い経歴です。

教員の志望動機を面接で話すときのポイント

教員を目指した理由を話す

出典: https://kenjasyukatsu.com

ここまでは教員を目指す上で履歴書への書き方についてみてきましたが、就活において大事なこととして面接があります。ここからは面接で教員を目指した理由などを話すときのポイント等について紹介していきます。まず、最も大事なポイントがなぜ教員を目指したのかという理由です。これは教員に限らず就活では必ず質問されると言える定番の話になります。

基本とも言えるアピールポイント

出典: https://www.fnn.jp

なぜ教員になることを志したのかという理由は、就活において非常に重要です。まさに基本と言えるアピールポイントであり、面接ではきちんと相手に伝えることが必要となります。その際に教員を志した理由をより明確に示せるようにきっかけを話すことで相手に伝わりやすくなり、熱い想いを届けることもできるため具体的な理由があればなお良しです。

教育実習で学んだことを話す

出典: http://www.kawanishi-hyg.ed.jp

そして、面接では教育実習で学んだことを話すのも効果的と言えます。就活においてどのような面接が良いかというと面接官を頷かせるような説得力のある話です。その点では実際に経験したことを織り交ぜて面接に挑むとリアルさがあり伝わりやすくなります。自分が経験したことを話しているため嘘もなく面接官の興味を引くことが可能です。

活かし方を盛り込むことが重要

出典: https://www.kansaiarts.ac.jp

面接では教育実習で学んだことを今後にどう活かしていくかを話すことが大事になります。教育実習は実際に生徒を前にして勉強を教えるため、机上での学びとは違った感情が生まれるはずです。そのギャップによって何を得ることができ、それは教員になるための意欲に繋がった話など、とにかく前向きな話を多く盛り込んでいくことが面接では大事になります。

担任や部活顧問をしたいか話す

出典: https://futoukou.byoukinavi.net

そして、面接では教員として生徒に教えるだけでなく担任や部活の顧問を希望するとアピールすることも効果があります。これは一教員としての志しにも繋がり、就活における面接では学校側に良い人材であると認識してもらいやすくなるため盛り込むべきです。しかし、なぜそのような人材が学校側にとって良いアピールへと繋がるのでしょうか。

時代背景が影響している

出典: http://ure.pia.co.jp

担任や部活動の顧問を希望することがなぜ教員になるための就活でアピールに繋がるかというと、時代背景が大きく関係しているからです。今ではニュースでも取り上げられることが多い問題として担任を受け持つ苦悩や部活の顧問の負担などが挙げられます。このことから人材不足となっているため、希望する教員は貴重な存在となっているからです。

得意な実技をアピールする

出典: https://kurashinista.jp

最後になる面接で話すときのポイントは得意な実技をアピールするということです。教員になることだけでなく、就活において得意な分野を相手に伝えることは極めて重要となります。自分が教員として採用をされた際に、どのように活躍することができるかを相手に示すことは就活の面接では大切です。そのためきちんと自己分析をすることが必要となります。

相手に想像させることが必要

出典: https://syukatsu-answer.com

得意な実技は自分自身が最も理解できているため、就活前にしっかりと自分で分析を行い的確に伝えることができるかが鍵になります。得意な実技があることは就職を希望する上で重要な理由で、自分の存在が学校にとって必要不可欠になることをアピールする材料です。面接官に自分が教員として働いている姿をいかに想像させるかが大事になってきます。

面接の重要さを理解しておく

出典: https://www.shukatsu-note.com

面接でいかにアピールするかを説明してきましたが、就活において志望動機という点で取り上げられるのは履歴書が圧倒的に多いです。確かに履歴書には志望動機という欄があるため仕方ありません。しかし、面接でも志望動機を伝えることは就活において極めて重要です。履歴書の志望動機と違い顔を合わせて伝えることができるため最大のアピールになります。

面接はアピールすることができる場所

出典: https://gakumado.mynavi.jp

志望動機を伝える上で、面接官に対して熱量も込みで話をすることができるため履歴書よりも効果的にアピールすることができる場所と言えます。まずは履歴書で興味を引くことも面接を受ける上で大切ですが、直接会ってやり取りを交わす場である面接の大事さを考えて準備をすることが必要です。そのため入念な面接練習も就活には必要となります。

教員の志望動機でNGなことは?

良い面だけでなく悪い面も把握を

出典: https://matcher.jp

教員になるためにはいかに自分が働いている姿を想像させるか、そして採用をするとどれだけ戦力として活躍できるかを伝えることが大事になります。そのために必要なことは志した理由をうまく伝えるために過去の経験を織り交ぜながら話すことが大切です。しかし、教員になるための就活でうまく進めていくための良い部分ばかりをみていてはいけません。

NGとなる志望動機を紹介

出典: https://kaigo.clickjob.jp

就活においてはNGとなることもいくつかあります。そのため、良い伝え方や就職を希望する理由ばかりを知るのではなく、NGとされるポイントも把握しておくことが大事です。では、教員になる上での就活でNGとなる志望動機にはどういったものがあるのでしょうか。ここからは、いくつかピックアップし志望動機としてNGとなるものを紹介していきます。

募集要項等をそのまま使う

出典: https://cheerful-syukatsu.com

まず、教員になるための就活でNGとされる志望動機は募集要項をそのまま使うことです。確かに募集要項などは就活をする上で非常に重要な材料となるため、志望動機に織り交ぜることは応募先へのアピールに繋がります。しかし、それはあくまで参考の一部として使うことが必要で、丸々希望する理由として活用することは明らかにマイナス評価を与えてしまいます。

大事なことは自分の言葉で伝えること

出典: https://cheerful-syukatsu.com

就活の志望動機で最も大切なことは、自分の言葉でいかに本音を伝えられているかです。綺麗な言葉使いをすることが良い訳でなく、多少丁寧さを失ってしまったとしても面接官の胸を打つことを伝える必要があります。綺麗事を並べただけの志望動機はリアルさにかけてしまうため面接官の頭に残りません。むしろ逆効果になってしまうため注意が必要です。

部活動をメインに答える

出典: https://campus.doda.jp

もう一つのNGとされる志望動機は部活動が就職を希望するメインの理由になってしまっていることです。部活動は生徒たちにとって大事なことで、人間形成を行う上でも重要な役割を担っていると言えます。しかし、教員にとって最も大切なことは勉強を教えることです。そのため、就活時の志望動機に部活動のことを前面に伝えるとマイナス評価に繋がります。

就活では二の次に考えておく

出典: https://jobrass.com

教員を目指す上で就活時に部活動のことはメインで話さないようにすることが大切になります。部活動の話をするときは、教師を目指すようになった理由や過去の経験を活かす時などに使う方が好ましいです。実際に内定をもらい働きだしてからは部活動のことを話題として挙げるのは問題ありませんが、就活時は気持ちを押さえておく方が良いです。

教員の志望動機の学校別特徴

年齢によって教育の仕方も変わる

出典: https://www.lettuceclub.net

良い部分ばかりを把握するのではなく、NGとなることを知っておくのも就活では大事になります。そして、教員になる上で大事なことは学校べつに特徴があることです。教員といっても小学校・中学校・高校と分かれており生徒の年齢も様々となります。当然ですが年齢によって教員の指導の仕方は変わってくるため志望動機にも影響を与えてくると言えます。

過去の自分を想像することも大事

出典: https://sunnyrain.hatenablog.com

自分がどの年代の生徒に対して教員として向き合いたいかを、きちんと明確にすることも就活では大切になります。ここで気になることは、教員を目指す上で各年代に対しての志望動機はどういったものが良いのでしょうか。しっかりとアピールをするためにはしっかりと把握しておくことが大事です。過去の自分を想像することも重要な材料となります。

小学校の特徴

出典: https://www.city.kitami.lg.jp

学校別の特徴としてまずは小学校のケースをみていきます。小学校は特徴として中学校や高校と違い全ての教科を一人の教員が行い、同時に担任も務めることから生徒との距離が最も近いという特徴があります。そのため、志望動機として生徒との距離の近さを活かした教育を行うことをアピールすることが大切です。また勉強以外にも教えることがあります。

小学生には心を育てる教育が必要

出典: https://benesse.jp

小学校の子供には勉強はもちろんですが人としての心を育てることを意識する必要があります。友達の大切さをはじめ様々なことへの考え方が形成される極めて大事な時期です。そのため勉強だけでなく人間性を育てる教育に携わる上でのアピールをいかにうまく伝えられるかが志望動機として大切になります。採用されてからの取り組みを伝えることも有効です。

中学校の特徴

出典: http://www.city.higashihiroshima.lg.jp

続いては中学校の特徴をみていきます。中学校は子供とは言え大人になるための大事な時期です。さらに、人生において最後の義務教育であり、この先高校への進学などを含め初めての受験も経験する年代となります。そのため、いかに生徒の心を動かすことができ人生についてしっかりと考える心を育むことが教員には求められます。

多感な時期は良くも悪くもある

出典: https://campus.chibanippo.co.jp

また、中学校は多感な時期になるためちょっとした言葉のかけ方で精神面も左右されます。そのため、うまく生徒をコントロールすることができる能力を兼ね備えているかをアピールすることも志望動機として重要です。多感な時期は心を傷付けてしまうこともあれば逆に意欲を増すこともできます。良くも悪くも言葉の大切さを求められることが特徴です。

高校の特徴

出典: https://konan-h.ed.jp

そして最後は高校の特徴になります。高校は中学校や小学校と違い、義務教育ではないため学校によって色が分かれだします。そのため、いかにその学校の特色を掴み自分が教員として働くことでプラスの要素をもたらすことができるかが志望動機として重要です。また、将来を明確にイメージしだす年齢でもあるため先を見据えた計画性も必要となります。

具体的なプランを伝える

出典: https://www.sneakerages.jp

高校を終えると大学に進学をする人や就職をする人、はたまたフリーターになる人など方向性が様々になります。そのため生徒一人一人ときちんと向き合い、望むべき未来への道を切り開いて挙げることが大切です。志望動機として学校が掲げている方針への共感や理解をいかにアピールすることができるかが鍵となるため、調べておくことが大事になります。

教員の志望動機・就活で準備することは?

自己分析する

出典: https://furikake.doda.jp

では、教員になるための就活で事前に準備をしておくことはどういったものがあるのでしょうか。まず行うべき重要なことが自己分析をすることです。自己分析をすることで自分の長所となる部分は何なのか、そしてその長所をどのようにすれば学校側に伝えることができるのかがわかってきます。また、自己分析をすることは就活をする上で当たり前の行動です。

就活では必ず行うべき大事な作業

出典: https://www.shukatsu-note.com

就活時に行う自己分析では、今まで自分が経験してきたことを振り返り今後の仕事でどのように活かすことができるか、そしてその経験によって何を学びどう考え方や行動が変わったかなど細かく分析をします。過去の経験から現在を分析することで、どのように自分が成長することができたかを知ることができ結果として面接等でアピールすることに繋がります。

仕事を研究する

出典: https://kenjasyukatsu.com

そして就活時には仕事を研究することも非常に重要となります。仕事を研究するということは教員として勤務をした際に、どのように授業を進めていくかなど具体的に想像をすることが大切です。教員になるための知識などは教育実習等で学ぶことができますが、決して全てを吸収することができるわけではありません。そのため自分で行動をすることも大事です。

事前の調査が大切

出典: https://magazine.campus-web.jp

一つの方法として教員として活躍している人から学ぶ方法があります。就活をする中で企業に勤務をする人は仕事内容を調べどのように将来的に活躍していくかというビジョンを描きます。それと同じ行動を教員の就活でも行うことが大切です。事前にどれだけ調査をするかが大きく結果を左右するものになり、準備をしている方が自信を持って面接等に挑めます。

教員の志望動機・教員に向いている人は?

子供好き

出典: https://www.tokaigakuen-u.ac.jp

志望動機には人それぞれ理由がありますが、教員になる上で向いている人とはどういった特徴があるのでしょうか。まず代表的なものは子供のことが好きであることです。教員は子供と接する仕事です。そのため、子供のことが好きという理由から就職を志望する人も少なくありません。子供が嫌いという人にとって教員という仕事はまず務まりません。

大前提として持っておくべき

出典: https://benesse.jp

子供が好きという理由がなければ教員として生徒と真摯に向き合うことができず、生徒に対しても良い影響を与えることは難しいと考えられます。子供が嫌いとなれば日々精神的に疲労とストレスが増し、今社会的な問題にもなっている教員からの暴力問題等にも発展しかねません。就職をする理由にならずとも、大前提として持っておくべき気持ちと言えます。

体力・強い精神力がある

出典: https://schoo.jp

そして、教員になる上で体力と強い精神力は必要とされます。まず教員の仕事は非常に幅が広く、授業やテストの準備、さらには保護者の対応など想像以上に激務となる仕事です。ニュースでも取り上げられるほど働きすぎていると言われる昨今では、強いメンタルと体力は欠かせない要素となります。さらに相手は大人ではなく子供なため思うようにいきません。

根気よく向き合う力が求められる

出典: http://www.toko.ed.jp

大人相手であればスムーズに解決へと進められる問題でも、子供相手となれば話は別です。教員を目指す理由として体力やメンタルを挙げることは不自然さがありますが、持っておくべき能力であることは確かと言えます。学校の授業関係以外に部活動の顧問も受け持つとなればさらに体力的に厳しくなってしまうため、今では希望する人も少なくなっています。

好きな教科がある

出典: http://www.toko.ed.jp

そして、勉強において好きな教科がある人は教員に向いていると言えます。小学校の授業は全てを担当することから専門性に欠ける部分はありますが、中学校や高校になってくると教科ごとに担当ができ専門的な知識が求められ始めます。つまり、その教科のことを好きでなければ自分でも学ぼうとしないため教員としての指導のレベルが低くなることが多いです。

教員としての熱意に繋がる

出典: https://www.pref.yamaguchi.lg.jp

好きな教科は生徒も学ぶための努力をしますが、それは専門として扱っている教員にも同じことが言えます。つまり、好きな教科があることが良い理由として最も大事なことは熱意の問題です。熱意を持って学び好きなことを伝えようとする場合は、相手にわかりやすく教えようと考えます。この想いが教員になる上で非常に重要となるため欠かせない要素です。

臨機応変に対応できる

出典: https://www.joes.or.jp

また、教員になる上で臨機応変に対応することができる能力がある人も向いていると言えます。子供を相手にするため大人と違いいつ何があるかわからないという問題があり、対応の仕方に悩んでしまうことも少なくありません。そのため、どのような対応が良いかを瞬時に判断し、子供の気持ちも汲み取りながら解決する力が求められる仕事となります。

柔軟性は教員には必要

出典: https://www.tezukayama-h.ed.jp

大人に比べて子供は成長過程にあることから精神面が急に乱れてしまうこともあります。どのようにフォローをすれば良いか悩んでしまうシーンは少なくありませんが、最もベルトな判断を下せる力が必要です。さらに、一人一人に個性があるためその生徒に合わせた教育をすることも求められます。そのため、社会の常識にとらわれすぎてもいけません。

責任感がある

出典: https://gakumado.mynavi.jp

そして最後になるのは責任感があることです。教員が相手にするのは子供たちであり、多感な時期でもあることから教員の言葉などは人生に大きく影響を与えます。人間形成を行い立派な大人になっていく第一歩を歩み始めているため、それをサポートする仕事である教員は強い責任感を持っていなければしっかりと仕事として働くことは難しいと言えます。

何をするにも重要

出典: https://kenjasyukatsu.com

自分の発言が子供の人生に大きな影響を与えてしまうことをきちんと理解し、真摯に向き合う気持ちは必ず持っておくべきです。責任感という面では教員だけに限らずどのような仕事でも求められることになります。しかし、相手が子供という特殊な環境であるからこそ、企業で働く人とは違った責任感をしっかりと持ち仕事に取り組むことが大切です。

一度自分を見直すことも大事

出典: https://mayonez.jp

教員になる上で向いている人の特徴をいくつか挙げてきましたが、決してこれらの気持ちがないからといって教員になる夢を諦める必要はありません。教員を志している時点で子供のことが好きである確率は高いため、あとは自分がどのような教員になりたいかをイメージすることも必要となります。安易な気持ちでいる方は一度自分を見つめ直すことも大事です。

教員の志望動機の書き方のポイントや例文まとめ

出典: https://shukatsu-mirai.com

教員になるための就活において志望動機の書き方等を紹介してきましたが、まず大事なことは自分の言葉できちんと伝えることになります。何かを引用している志望動機では、まず相手の心を揺れ動かすことはできません。理由としては嘘であると伝わってしまうからです。アピールポイントを押さえつつ、いかに自分の熱意を伝えられるかが鍵となります。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ