マッキンゼーの平均年収を調査!新卒の初任給や役職別の給料は?

外資系コンサルティングファームとして、耳にすることが多いマッキンゼー。高収入のイメージがありますが、どんな企業なのか、平均年収はいくらなのか気になるものです。そこで今回は、マッキンゼーの仕事内容や平均年収、初任給、激務なのかについて詳しくご紹介します。

マッキンゼーの平均年収を調査!新卒の初任給や役職別の給料は?のイメージ

目次

  1. マッキンゼーアンドカンパニーの平均年収について
  2. マッキンゼーの新卒の初任給
  3. マッキンゼーの役職別の給料
  4. マッキンゼーへの就職と転職について
  5. マッキンゼーの仕事は激務?
  6. マッキンゼーで身につくスキル
  7. マッキンゼーの平均年収や給料まとめ

マッキンゼーアンドカンパニーの平均年収について

出典: https://shukatsusoken.com

高収入で高学歴、そして激務のイメージが強い、マッキンゼーアンドカンパニー。30代の社員でも高い年収をもらっているイメージが強いものです。まずは、マッキンゼーアンドカンパニーがどんな成り立ちで設立され、何をしている企業なのかを知っていきましょう。

マッキンゼーアンドカンパニーとは

出典: https://www.alpha-academy.com

マッキンゼーアンドカンパニーとは、シカゴ大学経営学部教授のジェームズ・O・マッキンゼーにより設立された、アメリカに本社を置く大手コンサルティング会社です。世界60か国に105以上の支社を持つ、グローバル企業でもあります。

世界コンサル企業ランキングでは第1位

出典: http://usjapantomodachi.org

マッキンゼーアンドカンパニーは、「世界で最も権威あるコンサルティング企業」ランキングで1位を取得するほど、世界的にも有数の外資系コンサルティングファームです。国内はもちろん、海外にも広く通用するグローバル企業と言えるでしょう。

マッキンゼーアンドカンパニーの主な事業

出典: https://iroots-search.jp

名前は聞いたことはあるけれど、正直何をしている企業なのかわからない、という方も多いマッキンゼーアンドカンパニー。主な事業は「コンサルティング」を行っており、さまざまな企業の経営戦略を支える役割を担っています。

経営戦略をコンサルティングする企業

出典: https://gaishishukatsu.com

経営戦略とは、例えば日本の企業が海外進出をして成功するために、どのようなビジネスモデルを考えることが最良なのか、データや成功事例、現代に合った戦略を考えるのがマッキンゼーアンドカンパニーの役割と言えるでしょう。

ソリューションやマーケティング戦略も行う

出典: http://jp.camaradojapao.org.br

経営が上手くいかないときにもマッキンゼーアンドカンパニーの力の見せどころと言えます。解決策を考え、経営を立て直す戦略を考えたり、会社が発展するようにマーケティングを行うのも、マッキンゼーアンドカンパニーの大切な事業です。

年収2000万円を超える?

出典: http://ok-gaishishukatsu.blogspot.com

マッキンゼーアンドカンパニーの年収は、30代前半で2000万円、30代後半で3000万円、40代で5000万円とも言われています。若手社員でも数千万円の年収を獲得できるのは、外資系コンサルティングファームの魅力と言っても過言ではないでしょう。

30代社員の年収水準は?

出典: http://u-note.me

マッキンゼーアンドカンパニーの30代年収の水準は、約2500万円です。大企業と呼ばれる会社に勤めている32歳の平均年収が500万円台ですので、その数倍の年収となっていることがわかります。さらに、30代後半になると平均年収が3000万円に上がっていきます。

2大コンサルと呼ばれるボストンコンサルティング

出典: https://www.axc.ne.jp

マッキンゼーアンドカンパニーと並ぶほど有数のコンサルティングファームで、ボストンコンサルティングという会社があります。こちらもマッキンゼーアンドカンパニーに並び、優秀な企業として前述の世界ランキングでも2位を獲得しています。

ボストンコンサルティングの年収と比較

出典: https://gaishishukatsu.com

同じく外資系コンサルティングファームのボストンコンサルティングも、年収ではマッキンゼーアンドカンパニーとほぼ変わらないと言われています。どちらに就職、転職しても、日本の平均以上の年収を得られることは間違いありません。

そのほかのコンサルティングファームと比較

出典: https://typeshukatsu.jp

2大外資系コンサルティングファームと言われる、マッキンゼーアンドカンパニーとボストンコンサルティングですが、それ以外のコンサルティングファームとの平均年収は、どれくらい違いがあるのでしょうか。それぞれの年収比べながら見ていきましょう。

アクセンチュアの年収と比較

出典: https://www.accenture.com

同じく業界大手のアクセンチュアと比較してみましょう。アクセンチュアの場合、平均年収は700万円と言われており、マッキンゼーアンドカンパニーと比べ年収は下がる傾向にあります。30代前半で平均年収は約1400万円、30代後半で年収約2100万円と考えられます。

ベインアンドカンパニーの年収と比較

出典: https://a-ssign-consulting.com

ベインアンドカンパニーは先程の世界ランキングで4位に位置する、コンサルティングファームです。この企業も年収はマッキンゼーアンドカンパニーやボストンコンサルティングとさほど年収は変わらないと言えるでしょう。ただし、初任給は下がる傾向にあります。

デロイト・コンサルティングの年収と比較

出典: http://women.japantimes.co.jp

先程のランキングで5位にランクインしたデロイト・コンサルティング。こちらの企業の平均年収は、約1000万円となり、マッキンゼーアンドカンパニーやボストンコンサルティングの年収と比べ、大幅に下がると考えておきましょう。

マッキンゼーの新卒の初任給

出典: https://career-information.com

ここまで高収入のマッキンゼーアンドカンパニーですので、新卒の初任給はいくらなのか気になるものです。就職したら、転職したらどれくらいもらえるのか、大学生の方は夢に思うかもしれません。日本の新卒の平均年収とともに比較してみましょう。

初任給について

出典: https://toyokeizai.net

マッキンゼーアンドカンパニーの新卒初任給は、驚きの約700万円と言われています。日本の全国平均初任給が約260万円と言われていますので、その倍以上を就職すると稼げてしまいます。それでは、同じ業界ではどうなのか比較してみましょう。

マッキンゼーの初任給を業界内比較

出典: https://toyokeizai.net

ボストンコンサルティングの新卒初任給も、マッキンゼーアンドカンパニーとほぼ変わらないと考えられています。一方、アクセンチュアは約530万円と言われています。それでも全国平均と比べると約2倍ですので、高収入を得られる企業の1つと言えるでしょう。

マッキンゼーの役職別の給料

出典: https://ameblo.jp

ここまで、ざっくりとしたマッキンゼーアンドカンパニーの年収、初任給をご紹介してきましたが、いよいよ役職をベースとした年収をご紹介していきます。中途で就職、転職を考えている方は、ぜひ検討されている企業と比較してみましょう。

給料➀パートナー

出典: https://blog.pokke.in

マッキンゼーアンドカンパニーの役職の中で1番最上級と言われる役職が、このパートナーです。パートナーに就職、転職、昇進することができれば、平均年収で5000万円以上を稼ぐことができます。マッキンゼーアンドカンパニーの中で史上最大の役職と考えられています。

給料②アソシエイトパートナー

出典: http://sumai.panasonic.jp

続いて、マッキンゼーアンドカンパニーの中で大切とされる役職は、アソシエイトパートナーです。このアソシエイトパートナーは、意外にも30代で転職を伴う就職、昇進などで就く方も多く、30代で平均約2000万円から3000万円の年収を得られるようになります。

給料③マネージャー

出典: http://www.homelabo.com

マッキンゼーアンドカンパニーの中で、いよいよ管理職らしい役職名になっていくのがマネージャーです。マネージャーになると、平均年収は約1800万円から2500万円と考えられています。中途採用の方は転職などの就職で、この役職から始まる方もいるようです。

給料④アソシエイト

出典: https://ja.wikipedia.org

管理職とまではいかないものの、中堅ポジションとして期待されるのがアソシエイトです。このアソシエイトに就くと平均年収は約1200万円から1500万円と考えられます。日本の平均年収から考えても、充分な年収とも言える金額です。

給料➄ジュニアアソシエイト

出典: https://roomclip.jp

マッキンゼーアンドカンパニーでは、新卒から1つ役職が上がると、ジュニアアソシエイトという役職になります。この役職に就くと、平均年収は約900万円から1000万円まで上昇します。ここから転職しても充分な収入を得られることになります。

給料⑥ビジネスアナリスト

出典: https://sanori.jp

マッキンゼーアンドカンパニーでは、新卒はビジネスアナリストと呼ばれており、新卒の初任給は前述通り、平均年収約700万円と考えられています。もちろん、あくまでも平均ですので実績が伴わなければ約550万程度、活躍すると約800万円にも上がります。

マッキンゼーへの就職と転職について

出典: https://maonline.jp

収入面や役職にこれだけ魅力のあるマッキンゼーアンドカンパニー。就職、転職したいと思う方は大勢いらしゃるのではないでしょうか。ここでは、憧れるマッキンゼーアンドカンパニーに就職、転職するためには何が大切かをご紹介していきます。

グローバルリーダーとして将来性が重要

出典: https://www.macromill.com

マッキンゼーアンドカンパニーの就職、転職の採用基準はとても厳しいものです。学力や地頭の良さ、コミュニケーション能力はもちろんですが、最も大切にしているのは、「将来、グローバルリーダーとして活躍できる人」かどうか、という点です。

なぜグローバルリーダーなのか

出典: http://www.jfbk.co.jp

なぜグローバルリーダーとして活躍できる人なのかと言うと、マッキンゼーアンドカンパニーでは仕事をする上で、お客様となる方の経営を大きく変える決断、提案をしていかなければなりません。そのため、非常に強力なリーダーシップが求められると考えられています。

マッキンゼーアンドカンパニーが大切にしている4つ

出典: https://www.hitachi.co.jp

マッキンゼーアンドカンパニーは「What we look for」として、採用の4つの基準を明言しています。その4つとは、Personal impact(個性)、Entrepreneurial drive(起業家精神)、Problem-solving skills(解決力)、Leadership abilities(リーダーシップ)です。

高いレベルの英語力が必要

出典: https://toyokeizai.net

この他にも、外資系コンサルティングファームですので、仕事をする上で高い英語力も求められます。マッキンゼーアンドカンパニーでは、ケース面接として英語のみの面接が設けられており、TOEICなどでは培われない生きた英語力を判断する面接となっています。

面接回数はおよそ5から6回

出典: https://employment.en-japan.com

英語で行われるケース面接を含めて、通常の面接として5から6回の面接が行われます。さらに、就職、転職試験で一般的な筆記試験も行われます。面接だけの就職試験、転職試験が増える中、マッキンゼーアンドカンパニーでは充分な準備が必要と言えるでしょう。

そもそもケース面接はどういうものか

出典: https://allabout.co.jp

前述から出ているケース面接とは、一体どんなものなのでしょうか。ケース面接とは、「日本のGDPとGNPを改善させるのに、重要な点を教えてください」のように「論理的」に答える面接のことを指します。普段から考えていなければすぐに答えるのは難しいでしょう。

マッキンゼーの面接と対策

出典: https://diamond.jp

そこまで厳しい就職、転職試験に対して、どのような対策を練っていけば良いのでしょうか。マッキンゼーアンドカンパニーのホームページでは、意外にも面接の流れやケース面接について動画付きで解説が掲載されています。まずはこちらを見ることから始めましょう。

正しく答えられるかは大切ではない

出典: https://toyokeizai.net

マッキンゼーアンドカンパニーのホームページや採用の情報を見ていくと、正しい回答を大切にしているのではなく、顧客との仕事の中でも強いリーダーシップ、お客様の考えや方針を変えるほどの熱意を出せるか、を重要視してるところがあります。

目の前の問題に考え、集中すること

出典: https://toyokeizai.net

マッキンゼーアンドカンパニーの元社員は本の中で、マッキンゼーアンドカンパニーで重要視していることは、答えを探すのではなく「問題点に集中し、自身が持つ答えを発信していくこと」と話しています。既成の答えでなくご自身の考えが1番大切になるようです。

面接では付け焼刃の回答は見抜かれる

出典: http://syukatsu-akita.jp

マッキンゼーアンドカンパニーの面接では、その場しのぎの回答は通用しないと思っておいた方が良いでしょう。お客様の思考や考えを見抜き、戦略を練って提案していくコンサルティングファームだからこそ、甘い考えは見抜かれると考えていた方が無難です。

採用の流れ

出典: https://hataractive.jp

大まかな採用の流れは、日本語もしくは英語の履歴書を提出し、適性検査を受け、その後、英語を含めたケース面接を5から6回ほど受けていただく流れとなります。人によっては適性検査を省くこともあり、早い選考を踏む方もいるようです。

応募に必要な学歴

出典: https://www.baitoru.com

マッキンゼーアンドカンパニーに応募する上で必要な学歴は、国内外の4年制大学の卒業をしている、もしくは卒業見込みの方となっています。意外にもハードルが低い、と思われる方もいますが、これは新卒の就職の場合と言えます。

職務経験のある方はさらに提出書類あり

出典: http://domonet.jp

職務経験のある方には、「現・前職務において、求められる成果を達成し、高い評価を得ていること」、日本語での業務遂行能力があること」、ビジネスレベルの英語会話力があること」の3つがさらに求められていますので、注意しましょう。

適性検査とは

出典: https://school-post.com

マッキンゼーアンドカンパニーでは、どのような適性検査を行うかまでの詳細は公開していません。書いてあるのは、日本語あるいは英語で行うことだけですので、想定される適性検査を解いておき、準備しておいた方が安心でしょう。

オンライン面接の可能性も

出典: https://toyokeizai.net

マッキンゼーアンドカンパニーの採用ホームページでは、ケース面接は場合によってはオンライン面接になる、と書かれています。それは、面接者が地方や海外にいる場合、もしくはお互いのスケジュールが合わないときに行われるようです。

新卒の最終面接はどのようなものか

出典: http://domonet.jp

新卒でもハードルの高いマッキンゼーアンドカンパニーの就職面接。新卒の面接でも日本語と英語で面接が行われるようです。また、最終面接では面接官は3名ほどおり、人が入れ替わるスタイルで面接をすることが多いと言われています。

前職のキャリアはほとんど評価されない

出典: https://weban.jp

マッキンゼーアンドカンパニーへ転職する場合、前職のキャリアはほとんど評価されないと思っておきましょう。マッキンゼーアンドカンパニーは、入社してからどう活躍してくれるかが1番大切と考える企業のため、あくまでも今後の実力次第となります。

マッキンゼーの仕事は激務?

出典: https://www.plusq.life

ここまでマッキンゼーアンドカンパニーの年収が高いと、その分、仕事も激務なのではと考える方も多いでしょう。実際にどれくらい激務なのか、休みや有休は取得できるのか、就職、転職したい方は気になるものです。早速、その仕事環境についてチェックしましょう。

遅い時間まで勤務

出典: http://shirashira0000.hatenablog.com

マッキンゼーアンドカンパニーの元社員によると、やはり仕事は激務と言えるようです。夜中まで働いている方や土日に出勤している方も多いようです。ただし、いつもずっと忙しいのかと言うと、その立場やポジションによって変わってくるようです。

新卒や就職したばかりは激務になりやすい

出典: https://shigotodegozaru.com

元マッキンゼーアンドカンパニーの社員によると、やはり新卒時代は覚えることが多く、年収も高額な分、仕事も激務になりやすいようです。そのため、仕事中心の生活となり、就職したばかりの頃は遊ぶ余裕などはない可能性が高いです。

転職したばかりも同様となる可能性も

出典: https://wotopi.jp

慣れない新卒だけが忙しいかと言うと、決してそうではありません。初めてコンサルティングファームに就職、転職した方も同じように最初の数年は、仕事が激務になることが考えられます。就職、転職が決まった際は、忙しくなることを念頭に置いておきましょう。

役職についた数年も激務になる

出典: https://rebe-career.co.jp

マッキンゼーアンドカンパニーの元社員によると、マネージャーなどの役職に就いたばかりの数年も、とにかくよく働いたようです。多くの部下をまとめる上に、顧客との信頼や部署の数字を背負うことになります。慣れるまでは激務と言える日々が続くでしょう。

土日の出勤もある

出典: https://tscschool.com

前述通り、慣れない時期などは激務となり、土日に出勤をして仕事をカバーすることも多いようです。経験や知識となるまでは、多少な激務も乗り越えなければマッキンゼーアンドカンパニーでは働いていくのは難しいと考えられます。

有休は年20日

出典: http://www.yell-party.jp

仕事が忙しい一方で、有休は年20日も付与されます。一般的に10日前後の付与ですので、それ以上の多い日数が付与される上、元マッキンゼーアンドカンパニー社員によるとその消化率はなんと100%。普段が激務な分、休みでバランスを取っているようです。

新卒でもたっぷり有休取得ができる

出典: https://syokulink.com

マッキンゼーアンドカンパニーは長時間労働の激務と言われていますが、新卒でも連続の有休取得が可能です。激務になりやすい新卒でも休みが取れ、上司や先輩に周りに気を遣うことなくリフレッシュできるところが外資系の魅力と言えるでしょう。

長時間労働でも理不尽さはない

出典: https://limo.media

マッキンゼーアンドカンパニーの良いところは、長時間労働で激務と呼ばれても、その高額な年収と休みの多さで理不尽な思いをさせないところでしょう。激務ではありますが、その忙しさが成長を促してくれ、収入アップにつながっていると言えます。

職場の空気は読まなくても構わない

出典: https://mendy.jp

新しい職場に就職、転職すると、上司より先に帰りにくいものです。しかし、マッキンゼーアンドカンパニーでは、そういった社風は一切ありません。会社のイベントを優先させなくても問題なく、外資系の企業ならではのサッパリした雰囲気があります。

手厚い退職金制度

出典: https://momonestyle.com

マッキンゼーアンドカンパニーは、とにかく退職金が手厚いことでも有名な企業です。年収の16%程度が退職金として、自動的に積み上げられる制度があり、年収とは別に約200万円が積み立てられることになります。非常にありがたい制度です。

語学研修が充実している

出典: http://tbski.net

ビジネスアナリストとして入社される方には、英語の能力試験を受けてもらい、その結果次第では英語力を伸ばすため、語学研修を受けることができます。会社の福利厚生として、語学のサポートまで受けられるのは嬉しいことです。

留学支援もある

出典: https://tabippo.net

語学研修だけでなく、ビジネスアナリストの場合、海外MBA留学を積極的にサポートしています。ただし、誰でもが留学できるわけではなく、留学が将来のキャリアアップに有用、且つ本人がそれを希望している、という規定が存在します。

公平に評価してくれる企業

出典: https://toyokeizai.net

マッキンゼーアンドカンパニーの良さは、その評価制度とも言えるでしょう。プロジェクトごとの評価以外にも、半期ごとの評価があり、公平に評価されるようになっています。さまざまな視点から正しく評価してもらえるため、モチベーションにもつながります。

女性は働きにくいとの声も

出典: http://www.ooda-sj.jp

激務と言われるマッキンゼーアンドカンパニーですので、女性にとっては長く働ける職場ではない、との声もあがっています。3〜4ヶ月の短い期間でプロジェクトに集中して結果を出すことが求められるため、保育園のお迎えなど両立が難しいこともあります。

マッキンゼーで身につくスキル

出典: https://www.kaonavi.jp

ここまでマッキンゼーアンドカンパニーの仕事内容、年収、採用の流れなどをご紹介してきました。マッキンゼーアンドカンパニーで仕事をしていくと、どのようなスキルを身につけることができるのでしょうか。見ていきましょう。

プロジェクトマネジメント力

出典: https://talking-english.net

多くのコンサルティングファームでそうであるように、マッキンゼーアンドカンパニーでも、プロジェクトごとに仕事を行っていきます。多くプロジェクトを同時に動かしていくことになるため、仕事をするだけでプロジェクトマネジメント力が自然と培われます。

リーダーシップ力

出典: https://www.salesforce.com

マッキンゼーアンドカンパニーの採用基準にもあったように、リーダーシップ力を高めることができます。時にはグローバル大手企業とも仕事をすることもありますので、代表取締役などにも屈せず、リーダーシップを発揮し、企業を再生を促すこともあります。

マーケティング力

出典: https://blog.kairosmarketing.net

グローバル企業、大手企業のコンサルティングに入ることがほとんどのため、その業界でどれだけ早く利益を出せるかなどの高いマーケティング力を培うことができます。ご自身がいすれ企業したり、独立したりするときにも非常に役立つでしょう。

高い語学力

出典: https://www.rarejob.com

マッキンゼーアンドカンパニーで働く上で、高い英語力は必ず必要なものです。お客様を打ち解けさせる雑談から、本格的な戦略、提案を練り込んだプレゼンテーションまで、幅広い英語力、そしてコミュニケーション能力を得ることができます。

自己実現力

出典: https://yama-guide.com

マッキンゼーアンドカンパニーはフラットな職場ではなく、成果種皮で実力主義の会社です。そのため、プロジェクトを成功させるためには何をすべきか、効率的に考え、最短でゴールに達成するまでの道のりを考え、実行する力が身に付きます。

ハードルは高いがやりがい溢れた会社

出典: https://womenshealth-jp.com

マッキンゼーアンドカンパニーは、就職、転職ともにハードルは高く、また激務のため働き続けることも時には大変なこともあるでしょう。しかし、外資系コンサルティングファームのトップ企業でしか培われない、さまざまな経験を得ることができます。

マッキンゼーの平均年収や給料まとめ

出典: https://www.mckinsey.com

ここまでマッキンゼーアンドカンパニーの仕事内容、平均年収、役職ごとの年収をご紹介してきましたが、いかがでしょうか。世界的なコンサルティングファームの年収を知り、これからの就職や転職活動にぜひ役立てていきましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ