農家の年収は平均でどれくらい?米や野菜など作物別の収益も調査!

農家の年収は平均でどれくらいなのかを知る事により、農家の仕事で年収アップが見込めるのかを知る事ができます。そして農家が考慮すべき米や野菜など作物の品種が年収に大きく影響します。ここでは、最終的に年収1000万円を超える場合の特徴なども含めて調査しています。

農家の年収は平均でどれくらい?米や野菜など作物別の収益も調査!のイメージ

目次

  1. 農家の年収は平均でどれくらい?
  2. 農家の年収を米や野菜等の作物別にランキングで紹介!収益も調査!
  3. 農家の年収を知ったうえで仕事を知ろう!
  4. 農家の年収で1000万を超えるには?
  5. 農家の年収まとめ

農家の年収は平均でどれくらい?

農業の平均年収は?

出典: http://nantokashinakya.jp

農家の平均年収とは、「農外所得、農業での粗利、農業経営費」で算出できます。それでは、農家の平均年収を農業経営統計調査の調べから導きだすと、平均年収が456万円との結果となります。内訳としては、農外所得が146万円、農業での粗利が501万円、農業経営費が382万円です。その中でも農外所得とは、農業経営関与者の自営兼業収入、給料と俸給から農外支出として農業関係者の自営兼支出を差し引いて算出します。

専業の場合の平均年収

出典: https://agrijournal.jp

農家の仕事を専業としている人というのは、一年間に60日以上農業従事している人の事を示します。このほか農業所得の割合が総所得の50%以上を占めている人が対象という事で総所得を確認すると、「約788万円」という結果が導きだせました。基本的に農業従事者をいう際はこの専業の場合の総所得を基準にするといいでしょう。

兼業の場合の平均年収

出典: https://www.pref.tokushima.lg.jp

兼業で農業に従事している人というのが、専業とは違い総所得の割合に関係してきます。一年間に60日以上農業に従事しているという部分は変化がないものの、総所得が50%未満の人を対象としています。それでは、総所得が「約689万円」との結果が導きだされ、どちらにもあてはまらない副業農家の場合は、「約429万円」となっています。

地域別平均年収

出典: https://www.satofull.jp

農家の年収は環境に大きく左右されますが、どこが農家の仕事を行う上で適していのかを地域別平均年収から裏付けてみます。農家の平均年収の地域別平均年収では、最も平均年収が高い地域として、「北海道」となりました。それに続いて、「2位:東北、3位:北陸、4位:関東、5位:東海、6位:近畿、7位:中国、8位:四国、9位:九州」との結果となり、比較的に寒い地域を中心に平均年収が高いことが分かります。

年収1000万円を超える地域の割合

出典: http://uedi.jp

農家の仕事で年収1000万円を超える事も見込めるようです。その割合として、1000万円を超える割合は関東が最も高く、続いて「2位:北海道、3位:東北、4位:東海」との結果となっています。地域別年収平均から北海道が1000万円を超える見込みがあるのは頷けますが、どうやら個人差に関しては受給関係が大きく影響しているようです。

農家の年収を米や野菜等の作物別にランキングで紹介!収益も調査!

9位メロン

出典: https://www.ajfarm.com

年収ランキング9位にランクインした作物が、「メロン農家」です。メロンとは、ウリ科の一年生草本植物で、メロン農家は果実として販売します。年収に大きく影響する栽培過程ですが、メロンは比較的冷涼な地域で栽培され、メロンは夏の高温多湿な環境に耐えれないといった特徴があります。このような過程から得る収益が、労働時間221時間に対して所得が29万円で、粗利54万円と経費25万円から算出しています。

8位白ネギ

出典: https://www.tottori-guide.jp

年収ランキング8位にランクインした作物が、「白ネギ」です。白ネギとは、食べる部分が「葉」となりますが、栽培過程では白ネギは深いところまで土寄せをすることにより、日に当たらないように工夫をしている事から白い部分を多くしているといった特徴があります。このような栽培過程から得る収益が、労働時間時間336時間に対して収益が29万円で、粗利54万円と経費25万円から算出しています。

7位青ネギ

出典: https://item.rakuten.co.jp

年収ランキング7位にランクインした作物が、「青ネギ」です。青ネギとは、「九条ネギ、万能ネギ、ヤッコネギ」などと呼ばれるネギも青ネギの一種です。青いネギの栽培過程では土壌環境が重要で、根が浅いことにより有機性に富み、排水性、通気性、保水性に優れた環境が必要です。このような栽培過程から得る収益が、労働時間時間587時間に対して収益が50万円で、粗利87万円と経費50万円から算出しています。

6位ミニトマト

出典: https://www.vivahome.co.jp

年収ランキング第6位にランクインした野菜が「ミニトマト農家」です。トマトとは、ナス科の一年草野菜で、トマトの種類が約8000種類も品種があるといわれ、日本では120種類が栽培されており、ミニトマトはその中の1つです。栽培過程としては、旬が夏であり、6~9月が最も多くとれる時期だという事から、それに伴い出回る量も多くなります。

このミニトマトの栽培過程の中で得る事のできる収益が、労働時間1311時間を対象にして、所得が80万円となり、粗利179万円と経費99万円で算出できます。年収に大きく影響される環境なのですが、ミニトマトが近年の傾向としてビニールハウスによる施設栽培が盛んになっているという事から、今後の収入の変化に期待できるようです。

5位ピーマン

出典: https://ja.wikipedia.org

年収ランキング5位にランクインした作物が、「ピーマン」です。ピーマンとは、ナス科トウガラシ属という事からビタミンcを多く含み、栄養価が高いことで有名で、和・洋・中華と幅広く食材として使用されます。このような事から栽培条件が日なたで、土壌環境は弱酸性となります、このような栽培過程から得る収益が、労働時間時間776時間に対して90万円で、粗利142万円と経費53万円から算出しています。

4位大玉トマト

出典: https://sakata-tsushin.com

年収ランキング4位にランクインした作物が、「大玉トマト」です。大玉トマトとは、トマトの分類の基準にはばらつきがありますが、重さ150以上が大玉トマトと呼ばれています。この大玉トマトの栽培過程は、ミニトマトと基本的に変わりがありません。栽培過程から得る収益が、労働時間時間709時間に対して収益が90万円で、粗利154万円と経費64万円から算出しています。

3位キュウリ

出典: https://www.jagunma.or.jp

年収ランキング3位にランクインした作物が、「きゅうり」です。きゅうりとは、ウリ科キュウリ属の野菜で、「指定野菜」として国が定めた野菜です。栽培過程が夏野菜の代表だといえますが、時期をずらして栽培する事も出来るといった特徴で、また播種から80日程度で収穫が可能だとの事から生育が早いといえます。このような栽培過程から得る収益が、労働時間時間932時間に対して収益119万円で、粗利177万円と経費59万円から算出しています。

2位ナス

出典: https://life.ja-group.jp

年収ランキング2位にランクインした作物が、「ナス」です。ナスとは、ナス科ナス属の野菜で、高温多湿を好みます。ナス栽培過程では肥料を切らさないようにすることが大切で、定植後には長期間で豊富な量を収穫する事ができます。このほかナスは播種から収穫までの日数が約120日といったことも特徴です。このような栽培過程から得る収益が、労働時間時間1049時間に対して収益123万円で、粗利180万円と経費58万円から算出しています。

1位シシトウ

出典: https://kenokoto.jp

年収ランキング1位にランクインした作物が、「シシトウ」です。シシトウとは、ナス科のトウガラシ属で、身の先端部分が獅子の頭に見えるという事からシシトウと呼ばれています。また高温に強い夏野菜だという事から、播種が3月下旬~4月上旬頃で、その後定植まで70~80日ほどを目指します。このような栽培過程から得る収益が、労働時間時間2155時間に対して収益143万円で、粗利201万円と経費58万円から算出しています。

米農家の平均年収と収益

出典: http://nouka.co.jp

米農家が一般的に聞く作物だといえるでしょう。そんな米農家なのですが、平均年収が502~661万円となっており、1haで生産した米の耕地面積から約150万円が相場だといわれていますので、米の収益はこれを基準にして算出できます。そして米の栽培に重要な耕地なのですが、米の栽培には「水稲(すいとう)、陸稲(りくとう)」と2種類あり、これらの方法によって年収1000万円の収入を得る事ができます。

また米の耕地面積は454万9000haとなっており、その半分(246万9000ha)以上が水田による栽培する割合です。米農家の年収に大きく影響を与える機械化なのですが、先程触れた米の耕地面積から農薬や化学肥料などの先進性を活用して灌漑技術も発達した事で、効率を最大限に活かすことが出来るようになりました。

出典: http://grading.jpn.org

しかし、このような有利な条件が見込めるものの、実際には米農家として仕事を行う人には農家出身者が多い傾向にあり、新規で仕事に携わる米農家は全体の1割弱だといわれています。

農家の年収を知ったうえで仕事を知ろう!

農業の仕事内容は?

出典: http://fukugyoukan.com

農業といえば、田や畑を耕す作業を淡々と行う仕事といった印象がありますが、農業の仕事内容は播種や苗を植える仕事もあります。近年の傾向としては機械化の発展によって、手作業の手間を大幅に削減する事ができるようになりました。それでは、具体的な仕事内容として挙げると、「雑草抜き、肥料を与える、水やり、収穫」など様々あり、これらの仕事内容はまだ農作業に過ぎません。

農作業以外の仕事としては、農業に関する情報収集や野菜の品種を開発する事も仕事内容に含まれるのです。また日常の仕事内容とは無縁なのですが、もし台風などの自然災害が起こるという事なのであれば、野菜を守るための処置を行う必要があります。

農家の仕事の特徴

出典: https://cloud-line.com

農業の仕事内容から農家の仕事の特徴とは、体が資本の仕事だという事が分かります。農家の仕事の特徴としては、取り扱う野菜の種類によって様々だといえますが、農家で共通してみられる特徴が、直射日光の下で長時間労働の必要性、またビニールハウスで長時間労働を通しているという事です。もし農家がビニールハウスで仕事を行う場合は、蒸した環境の中だという事になりますので、体力の消費量が多いという事は想像に難くありません。

農業法人に就職するには?

出典: https://www.u-can.co.jp

農業を始める際には、個人経営として仕事に携わる人もいれば、農業法人へ就職する人もいます。あまり聞きなれない農業法人への就職なのですが、かつては縁故採用というのが一般的でした。しかし、近年の傾向は変化してきており、農業法人から求人を出すようになっています。そのため、農業法人へ就職する場合は、通常通りハローワークやインターネットによる応募も可能です。

また農業法人の傾向の変化によって、農業に特化したサイトというのも存在しており、そのようなサイトから農業法人を探すことで就職先を探しやすいといえるでしょう。このような方法で就職先を探す場合は注意点があり、「必ず現場を見る」という事です。したがって、事前に数日でも農業体験を試みる事をおすすめします。

支出は何がかかる?

出典: https://www.lancers.jp

農家の収入を紹介していましたが、その中で農家の年収は「支出」が大きく関係している事が分かりました。そこで農家の仕事で必要な支出として10アール当たりの栽培に要する支出を例に確認していきます。まず年間の費用合計が11万円となっており、費用勘定は「労働費と物財費」に大きく分別する事ができます。なお、それぞれ約3割と約7割で構成されているとおさえておきましょう。

物財費の内訳では、「農機具費、賃借料(農機具賃借料)、料金(薬剤共同散布など共同負担費)、肥料費、農業薬剤費」と分ける事ができます。その中でかかる費用というのが、農機具費は2万3872円、賃借料(農機具賃借料)、料金(薬剤共同散布など共同負担費)は1万1953円、肥料費は9313円、農業薬剤費は7464円となっています。

農家の年収で1000万を超えるには?

出典: https://ecoeco-taizen.com

農家の年収を地域をはじめ様々な作物から違いを紹介してきましたが、あくまでも平均年収の観点から確認しています。それでは、農家の年収で1000万円を超えるためにはどのような条件を必要とするのか。農家で年収1000万円を超えている人というのは事例がありますので、年収1000万円を超える人の共通点を探りましょう。ここでは年収1000万円を超えるための条件を解説していますので、是非参考になされてください。

収入と労働のバランスを考える

出典: https://golden-zipangu.jp

年収1000万円を超えるためには、「収入と労働能力バランス」を考慮すべきでしょう。なぜなら、農業は様々な要素が複雑に絡んでいるからです。農作業で効率を重視して機械の導入を試みたとしても、最終的に借金が膨らんでしまい、過重労働へ繋がる可能性も考えられます。そこで、「土壌はどのようになっているか」、「気候はどの作物に向いているのか」など条件を含めておく事が大切です。

同じ作物でも産地で価格は変動する

出典: https://pecopla.net

野菜や果物などの作物によって、収入1000万円の見込みを期待することができますが、同じ作物でも産地により価格に違いがあるという事も重要です。したがって、作物の場合は自分が素晴らしいものを栽培する内的要因と含めて様々な外的要因も考慮した上で収益向上を目標にするといいでしょう。ただし、大前提として品質の追求、そして収量をあげる事が重要だという事も年収1000万円を目指す場合でも忘れてはなりません。

農業で稼げない人の原因

出典: http://money-biz.jp

年収1000万円を目指す前に、そもそも農業で稼げない人もいます。その稼げない原因が、「栽培面積が少ない」という事が挙げられます。そして少量多品目型というのも存在します。少量多品目型とは、名称の通り限られた量を様々な作物で収益を向上させる方法なのですが、もちろん難易度は高いです。したがって、プロが行う方法という事になりますが、その次元に到達していない人はなかなかうまくいきません。

農業で稼ぐ為には業者を通す方が良い?

出典: https://m-ihinseiri.jp

農家が年収1000万円を目指して稼ぐ場合は、「JAや業者を通す」という事が賢明でしょう。実は稼げない農家の特徴として、異常なほどJAが嫌いな事をはじめ、異常なほど直販を好むという事が挙げられますが、委託概念が乏しく、余計な労力を払っている可能性が高いのです。業者というのは専門性に特化していますので、専門分野を他人に任せる事も仕事を行う上で重要です。

農家の年収まとめ

出典: https://www.en-jine.com

農家の年収を「専業、兼業」と分類し、地域別の年収まで解説してきましたが、農家の仕事は作物の品目から栽培環境に大きく依存している事がうかがえます。農家の仕事に関しては外的要因と強く結びついていますので、農作業の仕事内容に限らず、農業の情報を仕入れる事も不可欠だといえるでしょう。

最終的に農家が年収1000万円を超える場合の特徴、「JAや業者の利用、収入と労働のバランス」などを考慮する事で収入アップが見込めます。何が適切なのか内的要因である作物の品質や量と、外的要因である栽培する作物や産地などいかにバランスよく行っていくのかを考えるといいでしょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ