トランスコスモスの平均年収はどれくらい?年齢・役職・勤続年数別で調査!

従業員は9000名を超える、IT企業のトランスコスモス。広告運用などで収益を得ている大手企業のため、働く人はどれくらいの年収やボーナスをもらっているのか気になるものです。そこで、トランスコスモスの平均年収や役員年収などを詳しくご紹介します。

トランスコスモスの平均年収はどれくらい?年齢・役職・勤続年数別で調査!のイメージ

目次

  1. トランスコスモスとはどんな企業?
  2. トランスコスモスの平均年収と勤続年数を比較!ボーナスはある?
  3. トランスコスモスの年収を年齢や役員・役職別で紹介
  4. トランスコスモスのコールセンターの時給は?
  5. トランスコスモスはホワイト企業?
  6. トランスコスモスの年収まとめ

トランスコスモスとはどんな企業?

出典: https://timesnavi.jp

IT企業に詳しい人であれば、1度は耳にしたことがある、トランスコスモス。名前は聞いたことがあるけれど、一体何をしている会社なのか、いまいちピンと来ない方も多いようです。まずは、トランスコスモスがどんな会社なのかを見ていきましょう。

トランスコスモスとはどんな企業か

出典: https://www.workit.jp

トランスコスモスはIT企業の1つで、事業としては、インターネットを活用した広告、宣伝、販売促進、販売活動支援を行っている会社です。広告代理店と思う方もいますが、実は、技術面でインターネット広告を支援する大手企業です。

トランスコスモスの仕事内容

出典: https://prtimes.jp

トランスコスモスの主な事業は、WEB管理、ビルディングインフラ、流通業です。元々コールセンターが中心の会社でしたが、WEB管理などのデジタルマーケティングに進出し、コールセンターで培った実力とデジタル部門を融合させてビジネスを行っています。

会社のカラーはトップダウン

出典: http://www.atmarkccm.com

会社のカラーとしては、トップダウンで物事が決まっていく社風があります。そのため、部長などの部署のトップが変われば部署の方針が大きく変わるなど、事業体制が変わりやすく、従業員も新しいやり方に慣れるまで時間が掛かることもあるようです。

大手だがベンチャー気質を残す会社

出典: https://blog.trans-cosmos.co.jp

大手企業ではありますが、社風としてベンチャー気質な部分もあるようです。評価制度も成果主義を基本としており、年功序列を嫌い、自身の実力で開拓していきたい、昇進していきたい方に合っている企業と言えるでしょう。

大手企業の顧客を多く抱える

出典: https://www.cbre-propertysearch.jp

トランスコスモスは東証一部上場企業ということもあり、お客様も大手企業が多いのが特色です。そのため、受注する金額も大手1社に対し高額になることもあり、若い世代から責任のある仕事を任せてもらえる機会がたくさんあるようです。

トランスコスモスの職場環境

出典: https://www.cbre-propertysearch.jp

トランスコスモスは大手企業のため部署も多く、その部署によっても雰囲気は変わってくるようです。しかし、どの部署でも共通して言えることは、「風通しは良い」、「アットホーム」、「若手と中途が多い」の3つが挙げられます。

若手社員と中途社員が多い

出典: https://masuyama-toshikazu.com

トランスコスモスは、若手社員と中途で採用された従業員の割合が多く、入社数年目の社員でも役職に就くことができます。また、中途で入社した人の多くが役職に就いており、会社を引っ張っていく存在になっています。

トランスコスモスの評価制度

出典: https://www.trans-plus.jp

トランスコスモスは、成果主義の強い会社です。そのため、若い社員でも役職に就くことができ、管理職を任される機会が多いようです。そのため、未熟な管理職も多く、上手くマネジメントができていない部署や成長段階の部署も多くなります。

トランスコスモスのワークライフバランス

出典: https://pixta.jp

トランスコスモスのワークライフバランスは、部署が多岐に渡るため、部署により異なると考えておくと良いでしょう。事務系やコールセンターなどの部署であれば、ほぼ残業はないですが、広告の部署となると残業も多く、私生活とのバランスが崩れやすくなるようです。

トランスコスモスの福利厚生

出典: https://www.arukita.com

トランスコスモスの福利厚生は、とても手厚いとは言えないものの、一般的だと言えるでしょう。社会保険への加入はもちろん、交通費は全額支給、退職金、社員持株会制度、財形貯蓄制度、積立貯蓄制度があります。一方、家族手当、資格手当などはありません。

トランスコスモスの業績推移

出典: https://www.cafeglobe.com

トランスコスモスの気になる業績は、順調と言えます。今まで大きなリストラを行うことなく、コールセンターからデジタルマーケティングに進出し、成長し続けています。安定感のある大手企業の1つと言って問題ないでしょう。

トランスコスモスの平均年収と勤続年数を比較!ボーナスはある?

出典: https://udemy.benesse.co.jp

ここまでトランスコスモス全体を見てきましたが、いよいよトランスコスモスで働く従業員の平均年収、勤続年数などを見ていきましょう。社会人の方は、ご自身の平均年収を思い出しながら考えてみると参考になります。

平均年収とは?

出典: https://nanapi.jp

トランスコスモス全体の平均年収は、460万円前後と言われています。平成22年から過去8年間の平均年収を見ても、徐々に年収が上がっており、トランスコスモス自体の収益も上がってきていることがわかっています。安定して稼げる企業と言えるでしょう。

勤続年数は?

出典: https://jtkloan.net

トランスコスモスの平均勤続年数は、8年10か月、つまり約9年と言われています。厚生労働省の調査では、2015年の民間企業の平均勤続年数は12.1年です。比べるとトランスコスモスの勤続年数は、比較的長い方だと考えられています。

ボーナスはいくらぐらい?

出典: https://news.nicovideo.jp

トランスコスモスのボーナスは、実績(数字)に結びついており、あまり期待できない、月給より少なかった、との声が聞かれます。査定の仕組みとしては、半期ごとに目標を設定し、期末に上長に評価してもらい、ボーナスにも結びつくようになっています。

実績を出せば高額ボーナスも期待できる

出典: https://hataractive.jp

一方で好成績をキープすれば、夏冬のボーナスを合わせて約80万円から90万円のボーナスを獲得している、という方もいるようです。トランスコスモス自体が成果主義のため、ボーナスを上げるためにも仕事に力を注がなければならないようです。

総合職と技術職の年収

出典: https://daini2.co.jp

トランスコスモスでは、総合職か技術職(エンジニアなど)によっても、平均年収が変わります。総合職の平均年収は約530万円から630万円ですが、技術職では、平均年収が約341万円から441万円です。営業などの数字に直結する部署が平均年収が高くなります。

社員から聞く年収事情

出典: https://www.lifehacker.jp

平均年収から考えても、大手企業らしい収入があるように感じますが、社員からは「業務量を考えるともっと給与を上げてほしい」、「目標を達成してもボーナスが少ない」などの声が上がっています。平均年収だけでなく、仕事量、内容でも判断する必要があります。

トランスコスモスの年収を年齢や役員・役職別で紹介

出典: https://www.ok-navi.net

ここまで、トランスコスモス全体の平均年収を見てきましたが、年齢や役員、役職で分けてみると、どのくらいの年収になるのでしょうか。今後のライフプランを考える上でも、どのくらい平均年収を得ることができるのかチェックしておきたいものです。

男女別平均年収

出典: https://n-navi.pref.nagasaki.jp

トランスコスモスの男女別平均年収は、男性が約495万円、女性では約373万円です。男性は年収を増やしやすい営業職などが多い一方、女性は事務職の比率が多くなるため、やや平均年収に差が出ていると言えるでしょう。

20代の年収

出典: https://googirl.jp

トランスコスモスに勤める20代の平均年収は、約286万円から337万円と言われています。会社にも慣れてくる20代後半になると平均年収が伸びやすく、収入も安定していきます。30代に向け、役職への目標も芽生えやすい年代と言えるでしょう。

30代の年収

出典: https://www.men-joy.jp

トランスコスモスに勤める30代の平均年収は、約287万円から400万円です。20代と比べ売り上げなどの成績により、その年収の幅が広がっていることがわかります。役職などに就き始める方がいる中で、20代と比べ大きく年収が上がらない、という方も出てきます。

40代の年収

出典: https://prtimes.jp

トランスコスモスに勤める40代になると、平均年収も大きく変わっていきます。平均年収は約329万円から約504万円になり、平均年収の差が約200万円近く広がっています。役職に就いた後もその部署の成績を伸ばせるかどうかでも変わってくると言えるでしょう。

50代以上の年収

出典: https://diamond.jp

50代になると、40代と比べさほど年収に差がなくなっていきます。平均年収は約430万円から535万円となり、平均年収の差も約100万円程度になっていきます。平均勤続年数が約9年のトランスコスモスなので、この年代で勤める方も減ってきています。

役員や役職者の平均年収、ボーナスはどれくらい?

出典: https://tonarinokakeibo.com

ここまでトランスコスモスの年代別平均年収を見てきました。20代後半から30代になると役職に就く方が増えていくものです。そこで、トランスコスモスに勤める役職者の平均年収をご紹介しましょう。

主任の年収

出典: https://www.hoikushibank.com

新卒から入社した場合、約7年から9年程度で主任になる方が多いようです。主任の平均年収は、約438万円で、月給は約28万円、ボーナスは約116万円と言われています。中には、中途採用且つ主任クラスで年収約650万円という方もいるようです。

係長の年収

出典: https://www.saiyo-tokai-seims.jp

トランスコスモスの係長になると、その平均年収は約495万円と言われています。平均月給は31万円、ボーナスの平均は約131万円です。月給自体の変化が小さいため、大きく年収やボーナスが変わったように感じる方は少ないと考えられます。

課長の年収

出典: https://www.kingjim.co.jp

新卒で入社した場合、約8年から10年程度経つと課長になる方が増えていきます。課長の平均年収は、約654万円です。月給の場合、約42万円となり、平均ボーナス額も約173万円となります。課長クラスになると月給もボーナスも大幅に変わるようになります。

部長の年収

出典: https://sakidori.co

部長になると、その年収はさらに大幅に上がり、平均年収は約723万円となります。月給では約46万円、ボーナスは約191万円です。中途採用から成績を伸ばし部長になる方もいますので、新卒だけでなくさまざまな方が最終的に目指す役職と言えるでしょう。

役員の報酬

出典: https://www.wofs.jp

気になる役員の報酬ですが、2018年3月で取締役は14名おり、総額の報酬額は3億8700万円です。つまり、14人で割ると、平均年収は約2760万円ということになります。役員になると数千万円クラスの平均年収が期待できます。

役員になるためのステップは

出典: https://navi.dropbox.jp

トランスコスモスの役員になれば、数千万円の報酬をもらうことができます。しかし役員になるためにはどのような道のりで昇進していけば良いのでしょうか。一般的な役員へのステップアップの方法を見ていきましょう。

役員は部長のステップアップ

出典: https://www.ut-space.jp

主任から始まり部長まで昇進することで、役員の最初のステップである、平取締役の候補となることができます。ただし、その会社が求める役員の能力を持っていなければ、人事で役員になることは難しいものです。部長時代の成果が大きく関わってきます。

役員にもレベルがある

出典: https://www.ozmall.co.jp

役員にも役職があり、一般的に平取締役、常務取締役、専務取締役、代表取締役という流れで昇進していきます。若手が多い会社では、常務や専務の年齢が若い会社も多いようで、会社規模によっては目指すことが難しくない企業もあります。

等級別年収

出典: https://uranaitv.jp

トランスコスモスの査定は等級別に作られており、全部で5段階あります。等級別の年収は、等級1が300万、等級2が320から380万、等級3が400から450万、等級4が500から600万、等級5が600から720万となっています。

等級に差がないと不満の声も

出典: https://sitemove.surv.co.jp

等級4、等級5などになると役職を想定させるような年収になっていきますが、等級1、等級2などにはあまり大きな差がなく、5段階の等級では少な過ぎる、差が無さ過ぎる、との声も聞かれています。頑張る人ほど、査定方法に不満を持ちやすい可能性が高いです。

学歴ごとで年収に違いはあるか

出典: https://toyokeizai.net

高卒、短大卒、大卒など、大手企業にはさまざまな人が入社します。トランスコスモスでは、学歴によって平均年収は変わるのでしょうか。一番生涯年収が高くなると考えられる50歳から54歳の、学歴ごとの年収をチェックしていきましょう。

高卒の場合の平均年収は

出典: https://draft-cafe.com

高卒でトランスコスモスに入社した場合、50歳から54歳での年収は、約432万円と考えられています。トランスコスモスの平均年収とほぼ変わらない金額を50代でも、もらえる想定となります。短大ではどれくらい変わるでしょうか。

短大卒の場合の平均年収は

出典: https://hennnyu.hatenablog.com

短大卒ですと、50歳から54歳で平均年収は約507万円です。チェーンの飲食店の店長などの年収が平均500万円とも言われていますので、現代では一般的な年収とも考えられます。

大卒の場合の平均年収は

出典: https://note.mu

大卒になると、50歳から54歳の平均年収は約594万円となり、短大卒と比べても約100万円の差が出てきます。トランスコスモスにはさまざまな学歴の方が在籍しますが、やはり大卒の方が収入アップの期待ができそうです。

トランスコスモスの生涯年収はいくら?

出典: https://blog.formzu.com

ここまで調べていくと、トランスコスモスに新卒から定年まで勤めた場合、生涯それくらい収入が得られるのか気になるものです。日本の平均生涯賃金と比較しながら、多いのか少ないのか、チェックしていきましょう。

日本の平均生涯賃金は

出典: https://www.lulucad.jp

まず、日本の平均生涯賃金を知っておきましょう。日本の平均生涯賃金は、1億8380万円と言われています。このぐらいの生涯賃金を得ていれば、安定的に暮らせる目安の金額と考えられます。トランスコスモスはいくらくらいなのでしょうか。

トランスコスモスの平均生涯賃金はやや高め

出典: https://hoplus.jp

トランスコスモスの平均生涯賃金は、推定1億9355万円と考えられています。日本の平均生涯賃金より、1004万円ほど増える予想が出ています。関連するIT企業の生涯賃金も調べ、長く勤めるならどこが良いか比べてみるのも面白いでしょう。

正社員の給与事情

出典: https://getnavi.jp

等級によっ給与は上がるものの、どんな役職についても業績を伸ばせなければ年収が下がってしまう傾向にあるようです。特に中途採用で初年度年収を高く提示されていたとしても、その後は成績次第で月給やボーナスが決まるというシビアな事情があります。

契約社員の給与事情

出典: https://biztel.jp

契約社員の場合、時給制となり、福利厚生がかなり厳しいものになっていきます。交通費は全額、自己負担となります。また、ミスをしたら時給が下がったり、経験を積んでも新しい部署に行くと新人と同じ時給になってしまうこともあります。

契約社員が正社員になるハードルは高め

出典: https://www.semeru-sr.com

コールセンターなど、多くの契約社員、アルバイトが働いているトランスコスモスですが、契約社員から正社員になるにはややハードルが高いと言われています。認定制度はあるものの、実績での評価が最も大切であると考えられています。

トランスコスモスのコールセンターの時給は?

出典: https://usen-bd.co.jp

ここまで正社員の平均年収や役職者の平均年収をご紹介してきました。コールセンターの部署は契約社員やアルバイトが基本となり、時給制となります。トランスコスモスの時給は、どれくらいなのでしょうか。ご一緒に時給や平均年収をチェックしていきましょう。

時給は場所で変わる

出典: https://biztel.jp

トランスコスモスの時給は、勤務場所などでも変わってきます。平均時給は約1400円のところが多く、都内か都内でないかでも時給が変わります。また、コールセンターではないデスクワークは時給1100円のところが多いようです。

男女比率や年齢は?

出典: https://townwork.net

トランスコスモスで働くコールセンタースタッフの男女比率は、やはり8割が女性となっているようです。しかし、男性も勤務しており、男女での差は全くありません。クレームなどの電話が入ることもあるため、柔軟性と柔らかい対応が大切となります。

コールセンターはこんな人におすすめ

出典: https://mono-siri.com

コールセンターは、お客様が困ったとき、悩んだときに電話が掛かってくる部署です。そのため、誰かを支えたい、助けてあげたいというホスピタリティ精神がある方にぴったりのお仕事と言えます。また、パソコンもタッチタイピングができれば尚向いているでしょう。

コールセンターは高時給が期待できる

出典: https://mamaworks.jp

コールセンターは事務系のアルバイト、契約社員の中で最も時給が高い職種と言われています。経験やスキルを積むとアルバイトでも時給1700円以上もらっているスタッフも少なくありません。コールセンターはそれだけ時給でも魅力のある職業と言えるでしょう。

コールセンターの平均年齢

出典: https://instagrammernews.com

一般的にコールセンターは、パソコン操作をしながら電話で受け答えをするため、素早い判断力とタッチタイピングを求められます。そのため、コールセンターで働く一番多い年代は30代ですが、20代や40代も多く活躍しています。

コールセンターの平均年収はいくらか

出典: https://oki-memorial.org

時給制で働くコールセンターのスタッフは、年収にするとどれくらい稼いでいるのでしょうか。契約社員のスタッフで、平均年収は約250万円から300万円と言われています。残業もほとんどないため、ワークライフバランスを考え働く方にぴったりです。

コールセンターで働く人の口コミ

出典: http://suzie-news.jp

お客様との対応が必須のため、入社2週間程度は座学が中心となり覚えることが多いようです。コールセンターはクレーム処理の割合が多いため、謝ることが多くなります。一方、時給は他の契約社員やアルバイトより高いため、収入面で安定しやすい口コミがあります。

トランスコスモスはホワイト企業?

出典: https://www.workit.jp

ここまでトランスコスモスの事業、平均年収、平均時給を見てきましたが、トランスコスモスはホワイト企業なのでしょうか。一般的なホワイト企業の特徴や基準を知りながら、トランスコスモスはどうなのか、比べて見てみましょう。

ホワイト企業の基準とは?

出典: http://honyakutyuihou.hatenablog.com

ホワイト企業の基準とは、「従業員が働きやすいかどうか」と言われています。働きやすさも、立地なのか、収入面なのか、福利厚生なのか、さまざまな視点から見なければなりません。一般的に言われる5つの特徴を見ていきましょう。

ホワイト企業の基準1:離職率が低い

出典: https://toyokeizai.net

一般的にみて離職率が低い企業は、やはり働いている従業員からみても満足度が高く、長く働いていたいと感じる魅力があると言えます。企業は基本的に離職率を公開していませんので、四季報などを調べ、同じ業界の企業と比べてみる必要があります。

ホワイト企業の基準2:福利厚生の充実

出典: https://www.excite.co.jp

社会保険の有無は、いまや企業の福利厚生として一般的になってきました。これ以外にも交通費はもちろん、企業が任意で提供する法定外福利厚生というものもあります。育児支援や住宅補助、会社オリジナルの休暇制度にも注目してみると良いでしょう。

ホワイト企業の基準3:残業時間が少ない

出典: https://www.nextage.jp

残業時間が長すぎると従業員の負担となり、離職率にもつながってしまいます。会社としてノー残業デーがあるか、定時で帰れる雰囲気や社風があるかどうかも、ホワイト企業かブラック企業を見極める大切なポイントとなります。

ホワイト企業の基準4:社員の年齢層に偏りがない

出典: https://www.businessinsider.jp

20代の社員ばかりの会社の場合、ロールモデルがいないため将来像をイメージしにくく、離職につながってしまう場合があります。さまざまな年齢の社員がいるからこそ、頼りになるものですので、年齢層に偏りがないかどうかもチェックのポイントです。

ホワイト企業の基準5:明確な評価制度がある

出典: https://www.trans-plus.jp

漠然とした評価制度では、いくら良い成果を出せたとしても正しく評価されず、不満や離職につながってしまいます。会社として、明確な評価制度があるかどうかも大切なポイントです。入社前だとわかりにくい点のため、口コミや評判を参考にしましょう。

トランスコスモスの離職率は

出典: https://ten.joonavi.jp

気になるトランスコスモスの離職率は、口コミによるとやや高め、という評判があります。しかし、IT企業の場合、ほかの業界と比べ多忙な業界となるため、離職率が業界全体で高い傾向があります。ライバル企業などと四季報で比較してみると良いでしょう。

福利厚生は平均的

出典: https://www.green-japan.com

トランスコスモスの福利厚生は一般的と言えるでしょう。特別な育児支援などはありませんが、退職金制度もり、自社持株制度などもあります。基本的な福利厚生は備わっていると考えて間違いなさそうです。

法律違反に敏感である

出典: https://www.workit.jp

トランスコスモスは東証一部上場企業のため、残業時間や残業代の支払いなどの法律違反に、非常に敏感な企業です。そのため、法定を超える残業や未払いなどはなく、安心して勤められると考えられます。大手企業だからこそのメリットでしょう。

平均勤続年数が長め

出典: https://www.e-aidem.com

トランスコスモスは平均勤続年数が9年と、一般的な勤続年数よりも長いため、幅広い年齢層が勤めていると言えます。そのため、年齢の偏りが少なく、頼れる先輩やロールモデルとなる上司にも恵まれていると考えて問題ないでしょう。

成果主義の評価制度である

出典: https://www.linebiz.com

評価制度では、成果主義が基本のため、人柄での評価は非常に少ないと考えられます。また、等級も5段階しかないため、中間の立場の人にとっては、正しく評価されていないように感じることも多いようです。評価制度については、まだまだ課題があるかもしれません。

トランスコスモスの年収まとめ

出典: https://www.tsuhannews.jp

ここまでトランスコスモスの平均年収やボーナス、年齢別、役員ごとの年収などを詳しくご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。東証一部上場企業ということもあり、平均よりも充実している面があります。就職、転職を考えている方は参考にしてみてください。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ