社会保険労務士の難易度や合格率を調査!資格取得までの平均勉強時間は?

社会保険労務士は大変難易度が高く合格率が低い国家資格です。しかし、毎年多くの受験者が現れ人気のある国家資格でもあり働きながら社会保険労務士を目指す人も多いです。このページでは社会保険労務士の難易度や合格率、合格するための平均勉強時間などをお知らせします。

社会保険労務士の難易度や合格率を調査!資格取得までの平均勉強時間は?のイメージ

目次

  1. 社会保険労務士の難易度から見る合格率
  2. 社会保険労務士と他資格の難易度を比較
  3. 社会保険労務士の資格収得に必要な勉強時間
  4. 社会保険労務士の独学での勉強方法
  5. 社会保険労務士はどんな資格?
  6. 社会保険労務士の年収
  7. 社会保険労務士の難易度・合格率のまとめ

社会保険労務士の難易度から見る合格率

直近の平均合格率は6.5%

出典: https://www.la-school.co.jp

社会保険労務士は労務管理や社会保険のスペシャリストとして企業経営に関わる仕事で、毎年多くの受験者が挑戦している人気のある国家資格です。社会保険労務士試験は社会保険労務士法を基に出題される国家試験ですが、国家試験の中でも難易度が高く合格率は非常に低いとされています。社会保険労務士試験の受験者数は毎年40,000人前後と多いのですが合格率は低く、ここ10年間の平均合格率は6.5%と非常に難易度の高い試験です。

合格率が低い理由

社会保険労務士の合格率の低い理由として、まず学習範囲の広さが考えられます。社会保険労務士の国家試験は、「労働基準法」や「労働者災害補償保険法」、「社会保険に関する一般常識」など10個の分野から出題され、一つの分野ごとに細かく問われるため難易度の高い難しい試験内容といえます。

出典: https://eikaiwa.weblio.jp

また社会保険労務士の国家試験はマークシート形式の試験ですが、数個の中から1つの正解を選ぶような単純なものではなく、20個の答えの中から1つの正解を選んだり、示された回答群の中で正解の個数を選ぶなど偶然に正解することはほとんど考えにくいです。そのため、合格するためには時間をかけてしっかりと暗記することが大事となります。

また、関連している法律をしっかりと理解する必要があることも、社会保険労務士国家試験を難しいと考える人の多さや合格率の低さに由縁していると考えられます。つまり、社会保険労務士国家試験の合格率の低さは、試験範囲が広いうえ暗記量が多く法改正などにより正解が変わることが理由と考えられます。

過去10年間の合格率の推移

出典: http://www.bookcrazeonline.com

社会保険労務士の過去10年間の合格率推移を見てみましょう。過去10年間の最高受験者数は2010年の55,445人で最低受験者数は2018年の38,427人です。直近10年の中では、社会保険労務士国家試験の受験者数は2010年を境に年々減少傾向にあります。過去10年間の社会保険労務士の合格率を具体的に見てみますと、2009年は7.6%、2010年は8.6%、2011年は7.2%、2012年は7%、2013年は5.4%です。

続いて2014年は9.3%、2015年は2.6%、2016年は4.4%、2017年は6.8%、2018年は6.3%となっており、この数値から最高の合格率が2014年の9.3%で最低の合格率が翌年の2.6%というのが見えてきます。いずれにしても過去10年間の合格率は10%も満たしておらず、社会保険労務士の国家試験は難易度が高く非常に難しい試験ということがわかります。

Thumb社会保険労務士に独学で合格する方法は?短期間で資格取得のコツを紹介!

社会保険労務士と他資格の難易度を比較

行政書士との難易度の比較

社会保険労務士と行政書士はどちらも人気の高い国家資格ですが、一般的に難易度や年収は社会保険労務士の方が高いといわれています。社会保険労務士と行政書士の難易度を2016年と2017年度の合格率推移から比較して見ますと、2016年度の合格率は社会保険労務士が4.4%に対し行政書士は9.95%、2017年の合格率は社会保険労務士が6.8%に対し行政書士が15.7%となっています。

出典: http://u-note.me

合格率推移からみますと社会保険労務士の方が行政書士よりも難易度が高く難しい国家試験と考えられます。しかし、試験により形式や出題範囲も違うため、難易度は合格率からだけでは判断できないところがあります。社会保険労務士は試験科目が多く出題内容も多肢にわたっているため難しい試験と考えやすいですが、全問マークシート形式になっており行政書士は記述式もありますので難易度は両方とも大きな違いはないともいえます。

ちなみに受験者数を比較してみますと、2016年度は社会保険労務士の受験者数は39,972人に対し行政書士は41,053人、2017年度は社会保険労務士の受験者数38,685人に対し行政書士は40,449人ですので、受験者数は若干行政書士の方が多くなっています。

同レベルの難易度の資格

出典: https://shinri.online

社会保険労務士は国家試験の中でも税理士や司法書士に次に難易度が高く難しい国家試験といわれています。同じレベルの難易度といわれる資格に「行政書士」や「中小企業診断士」、「日商簿記1級」などがありますが、この中でも社会保険労務士試験の難易度はトップといえるでしょう。

社会保険労務士の資格収得に必要な勉強時間

1000時間以上の勉強が必要?

難易度の高い社会保険労務士の資格取得に必要な時間は、集中力や勉強の方法など非常に個人差がありますので一概に合格可能な勉強必要時間を答えることはできませんが、一般的に1,000時間前後の勉強時間は必要と考えていた方が良いでしょう。

出典: http://u-note.me

勉強効果を上げる方法として、参考書などで勉強して知識をしっかりと頭に入れる「インプット」と、過去問や問題集を解いて勉強により取得した知識を試す「アウトプット」があります。難易度の高い難しい試験の勉強方法としては、過去問や問題集をしっかりと繰り返す「アウトプット」の時間を重視した時間配分が効果的です。

基本的には2:3の割合でインプットに400時間アウトプットに600時間の勉強をおすすめします。また、難易度の高い社会保険労務士の試験は暗記量に比例して合格率が高くなる試験ですので、試験日が近づいてきたらアウトプット勉強法に集中し、難しい問題の間違った箇所を何度も解きなおすと記憶の定着につながります。

勉強開始のタイミング

社会保険労務士国家試験は難易度の高い難しい国家試験で1年に1度のチャンスですので、一度では合格することができず再挑戦する人も多いようです。勉強の開始タイミングや勉強時間は社会保険労務士の基礎知識のあるなしに大きく影響しますが、まったく難しい法律など基礎知識のない人は1年前から勉強し始めることをおすすめします。受験勉強は焦る気持ちが学習効果を低くします。

出典: https://tamagoo.jp

そのため、1年前から勉強を開始すると記憶のエネルギーを勉強に集中させることができ、学習効果を高めることにつながります。社会保険労務士国家試験は毎年8月のに行われますので、前の年の9月から社会保険労務士国家試験の勉強を開始しましょう。毎日平均3時間の学習時間を確保できれば1年間で1,000時間の勉強期間を確保できますし、弱点や難しい問題にも落ち着いて取り組むことができます。

通信講座では1年を3回に区切り9月から12月の期間を基礎力の養成、翌年の1月~4月までに実力養成、5月から8月の試験前日までを本試験に向けての準備としているところが多いようです。難易度が高く難しい社会保険労務士試験を独学で行う場合は、通信講座などで示されているカリキュラムなどを参考にすると良いでしょう。

Thumb社会保険労務士の仕事内容や必要な資格とは?年収や就職先も調査!

社会保険労務士の独学での勉強方法

独学での合格は難しい?

難易度の高い社会保険労務士資格を独学で獲得している人はいます。独学で社会保険労務士国家試験に合格することは不可能ではありませんが、難易度が高い試験ですし社会人として仕事しながら勉強時間を作ることは強い意志が必要なため、独学で難易度の高い社会保険労務士国家試験に合格することは大変難しいと考えられます。

出典: https://blogtag.ameba.jp

しかし、社会保険労務士試験は理解力よりも暗記重視の試験内容ですので、勉強を1,000時間確保できて丸暗記できれば独学でも難易度の高い社会保険労務士資格であっても合格できる可能性は高いでしょう。社会保険労務士国家試験の難易度は年度によってばらつきがあるといわれており、運が合格を左右する場合もあります。社会制度が複雑化していることや法改正などにより覚える量も多くなっています。

年々社会保険労務士資格取得が難しくなってきていますので、難易度の高い試験を独学で合格するためには計画的に勉強することと、体験談などを参考に効率的な勉強法を身に付けると良いでしょう。

独学の勉強方法

出典: https://images-fe.ssl-images-amazon.com

独学で難易度の高い社会保険労務士を目指す場合、基本的なテキストと過去問の情報は必須です。毎年8月に実施される社会保険労務士国家試験受験のためのテキストは、毎年前年の10月中旬頃に発売されます。その2カ月前の8月に社会保険労務士基礎テキストの全体像を示した「スタートダッシュテキスト」が発売されますので、基礎テキストで勉強する前に全体像をある程度把握しておくのに非常におすすめです。

事前に全体像を把握すると難易度の高い社会保険労務の勉強であっても、比較的スムーズに記憶や理解が深まります。また、現在は社会保険労務士のアプリが登場していますので、スマホで過去問を繰り返し勉強するのも効果的です。テキスト類では法律など理解が難しいと感じる場合は、多少費用は必要ですがWebラーニングなどのコンテンツを利用すると、法律の理解が深まり難易度の高い社会保険労務資格取得へ一歩近づくでしょう。

難易度の高い社会保険労務士試験に対するモチベーション

出典: https://belcy.jp

どのような勉強でもいやいやながら無理に勉強しても、集中力は持続せず勉強効果は現われません。前項目で独学の勉強法をお知らせしましたが、勉強に集中し理解力や記憶力を十分に発揮させるためには、勉強に対するモチベーションの高さを維持することが大事といえます。社会保険労務士は自分の会社での立場や生涯の生活を守る法律でもありますので、知識を身につける楽しさや有意義さを自覚して取り組むことが重要でしょう。

社会保険労務士はどんな資格?

受験資格

出典: https://www.shinshu-u.ac.jp

社会保険労務士の受験資格など試験の情報は社会保険労務士試験センターで逐一発表されていますので、詳しい内容は社会保険労務士試験オフィシャルサイトで確認してください。この項目では社会保険労務士の主な受験資格をご紹介します。社会保険労務士には明確な受験資格があります。大きく分けて学歴と実務経験、国家試験合格(更生労働大臣が認めたもの)の3つになります。

受験資格の詳細を具体的に数例ご紹介しますと、大学や短期大学の卒業生又は5年制の高等専門学校卒業生は受験資格があります。他にも専修学校の専門課程を2年間以上学びトータルして1,700時間以上の授業を終了した人、行政書士の資格を取得している人、労働社会保険諸法令関係の法人で3年以上事務の実務経験がある人や役員である人は受験できます。受験申し込みするときは、卒業証明書など該当する受験資格の証明書類が必要です。

試験形式

出典: http://www.convenient-smooth.net

試験形式は全体を通してマークシート形式で、選択式問題と択一式問題の2種類です。選択式問題は文章の中に四角い空欄が設けてあり、選択肢の回答の中から正解を選んで空欄を補充する形式で。1問5点で8問の40点満点です。択一問題は文章の中から正解や誤りを見つける形式で、1問10点の70点満点となっています。条文をすべて暗記する対策よりも、条文のキーワードをしっかりと暗記することに重点を置く勉強方法が効果的といえます。

試験科目・内容

出典: https://www.shikaku-square.com

社会保険労務士国家試験の試験科目は大きくわけて「労働関係法令」と「社会保険関係法令」、「一般常識」の3種類です。出題は「労働関係法令」の中の5科目と「社会保険関係法令」の中の3科目の法律、「一般常識」は2科目に分けられて、合計10科目の中から出題されます。選択式の問題は「労働基準法」と「労働安全衛生法」は合わせて1問、「労働保険の保険料の徴収等に関する法律」の選択式試験はなくその他の科目はすべて1問です。

試験内容「労働関係法令」の中の5科目とは

出典: https://mensedge.net

社会保険労務士国家試験の「労働関係法令」の中の5科目とは、企業が守る必要のある最低労働条件(労働時間や賃金など)を定めた法律の「労働基準法」や災害防止など職場の安全と衛生を守り快適な職場環境にするための法律の「労働安全衛生法」です。

他にも、仕事や通勤の中で発生した病気・怪我・死亡に対しての治療費・賃金・遺族への補償などについての法律の「労働者災害補償保険法」や雇用保険や労災保険の事務手続きや算定方法についての法律の「労働保険の保険料の徴収等に関する法律」、失業防止の施策や失業期間中の生活を保障するための法律の「雇用保険法」があります。

試験内容「社会保険関係法令」の中の3科目とは

出典: https://journal.jp.fujitsu.com

「社会保険関係法令」の中の3科目とは、仕事以外の病気や怪我または出産や死亡に対しての医療費給付や現金支給のための法律の「健康保険法」、国民が高齢者や障害者になったときの年金等による生活保障などの法律の「国民年金法」、給与所得者等が高齢者や障害者になったときの給料額に基づく年金等による生活保障などの法律の「厚生年金保険法」です。

試験時間

出典: https://gigazine.net

選択式問題と択一式問題は、試験問題の中で混ざり合って出題されるのではなく、午前と午後にわかれて選択式試験と択一試験にわけて別々に行われます。試験時間は選択試験の8問が80分で択一試験の70問が210分です。選択式試験の午前の部は10時から始まりますので、受験番号と時間割が書かれたシールが貼付してある自分の座席に10時前には着席しておきましょう。

試験の流れ

試験の時間の流れをご説明しますと、10時~10時30分まで注意事項の説明や試験開始準備が行われます。試験開始は10時30分で選択式試験の時間は80分ですので、11時50分に試験が終了します。説明初めの10時から試験中の11時10分までの70分と試験終了間際の10分間は原則退室禁止ですので、トイレなどはあらかじめ済ませて試験に臨んでください。

出典: http://kirajo.net

試験中でも11時10分~11時40分の間は、退室許可を得ればトイレや飲水は可能となっています。11時50分の試験終了後~12時50分まで昼食時間が設けてあります。昼食時間や休憩時間終了後、12時50分より択一式試験の午後の部が始まります。午前の部と同じように12時50分から13時20分まで30分かけて注意事項の説明と試験開始準備が行われます。

試験開始時間は13時20分で、試験終了時間は16時50分です。午後の部も原則トイレ禁止時間は説明開始の12時50分~14時10分までと終了間際の10分間となっています。試験中の14時10分~16時40分の間は、退室許可を得ればトイレや飲水は可能です。

人気の理由

社会保険労務士資格は難易度の高い試験であるにもかかわらず、毎年4万人~5万人ほどの受験者で人気の高い国家資格です。人気の理由として考えられるのは、一つに社会保険労務士だけにしかできない業務があることでしょう。労働関連の業務や社会保険に関しての手続きは社会保険労務士でなければ行えません。また就業規則などの作成業務も社会保険労務士が行います。

出典: https://career.jusnet.co.jp

社会保険労務士資格を生かせる道が限られていないことも人気の理由といえます。独立して開業することも可能ですし、企業内で社会保険労務士資格を持つ社員として総務部や人事部で働いたり、コンサルティング業務や手続き業務代行など企業と顧問契約を結ぶことも可能です。また、働きながら社会保険労務士資格を取ることが可能なのも魅力の一つでしょう。合格者の7割は会社員や公務員など働きながら資格を取得しています。

他にも、知識の内容が実生活に役に立つことも人気の一つです。社会保険労務士試験勉強で身につく知識は、専門とした職務だけでなく勤め人全員に関係のある法令ですし、生活上将来の計画を立てるうえで役に立つ法令のため、興味を持つ人は多いです。難しい試験の国家資格ですが、社会保険労務士の合格者が幅広い年齢層になっているのも特徴です。35歳以上の合格者がおよそ7割を占めており、平成30年度の合格者の中で最高年齢は84歳でした。

合格基準点

出典: https://www.google.co.jp

社会保険労務士試験の合格基準として、選択式試験と択一式試験のそれぞれに基準点以上の総得点と科目点に最低必要とされる点数が設けられています。選択式試験と択一式試験の総点数の合格基準は、毎年60%~70%ですので、できる限り70%以上の点数を目標としましょう。

科目点数は選択式試験の場合5点満点中それぞれ3点以上が合格ラインで、択一式試験の場合はそれぞれ10点満点中4点以上が合格ラインです。つまり、1つの科目点が必要とされる最低点数以下の場合は、他の総得点や科目点がすべて合格ライン以上の点数であっても不合格となります。得意不得意の科目を作ることなくすべてを網羅した勉強法が大事です。

社会保険労務士の年収

平均年収

出典: https://nanapi.jp

社会保険労務士連合会の情報によりますと、平均給与が42.3万円で平均賞与が162万円、平均年収が670万円とされています。社会保険労務士の仕事は大きく分けて独立開業と会社勤務がありますが、独立開業した場合の平均年収は450万円~800万円とされ、会社勤務の場合は400万円~650万円といわれています。

年齢別・男女別の平均年収

出典: https://www.emotion-tech.co.jp

厚生労働省発表の賃金統計調査を基に業界ごとの比率から算出された年齢別平均年収は、30代で522.6万円、40代では670万円と推定されます。また50代の推定年収は804万円ですが、推定年収からみますと、30代から50代までに281.4万円年収が増加しています。

厚生労働省発表の賃金統計調査を基に業界ごとの男女比率から算出された社会保険労務士の男女別平均年収を見てみますと、男性の平均給与が48.6万円の平均年収は777.2万円です。女性の場合は平均給与が34.8万円で平均年収は556.1万円とされています。

20~65歳までの年齢別年収予想推移

社会保険労務士の平均年収と国税庁が発表している年齢別年収を照らし合わせて算出された社会保険労務士の年齢別年収及び給与、ボーナスの予測推移をご紹介しましょう。あくまでも予想推移ですので、参考程度に見てください。20歳~24歳の給与は23.9万円でボーナスは95.5万円、年収は381.9万円です。25歳~29歳の給与は29.7万円でボーナスは118.9万円、年収は425.7万円~475.7万円です。

出典: https://at-jinji.jp

30歳~34歳の給与は32.7万円でボーナスは130.7万円、年収は422.6万円~522.6万円です。35歳~39歳の給与は37.3万円でボーナスは149.1万円、年収は492.3万円~596.3万円です。40歳~44歳の給与は41.9万円でボーナスは167.5万円、年収は549万円~670万円です。45歳~49歳の給与は46.9万円でボーナスは187.6万円、年収は628.4万円~750.4万円です。

50歳~54歳の給与は50.3万円でボーナスは201万円、年収は694万円~804万円です。55歳~59歳の給与は49.8万円でボーナスは199.3万円、年収は687.3万円~797.3万円です。60歳~65歳の給与は33.9万円でボーナスは135.7万円、年収は442.7万円~797.3万円です。このように年齢別の推移を見てみますと、年収は20歳から徐々に上昇し最大年収は50歳から54歳までの804万円となっています。

社会保険労務士の難易度・合格率のまとめ

出典: https://etpicks.com

社会保険労務士の国家試験の難易度を見てみますと、勉強範囲が広く大変難しい試験だというのが見えてきます。働きながら独学で資格取得を目指す人も多いのですが、合格率の低さからみると独学での合格は大変難しい選択のようです。しかし、出題形式はマークシートで記憶重視の問題ですので、しっかりと勉強時間を確保できれば独学でも合格の可能性はあります。社会保険労務士の勉強は、知識として学ぶことをおすすめできる内容です。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ