三井物産の平均年収を調査!初任給や退職金・ボーナスの額はどれくらい?

「商社に勤めると給料やボーナスがいい」との噂がありますが、日本有数の商社である「三井物産」の平均年収はどれくらいなのでしょうか。そこで今回は、初任給や退職金・ボーナスの額を含めた「三井物産の平均年収」についてまとめています。

三井物産の平均年収を調査!初任給や退職金・ボーナスの額はどれくらい?のイメージ

目次

  1. 三井物産の平均年収
  2. 三井物産の年齢別の平均年収
  3. 三井物産の役職別の平均年収
  4. 三井物産の初任給
  5. 三井物産の退職金額は明らかになっていない
  6. 三井物産の平均年齢・平均勤続年数
  7. 三井物産はどんな会社?
  8. 三井物産の平均年収のまとめ

三井物産の平均年収

仕事選びにおいて重要な要素

出典: http://iloveme.blog.jp

多くの人が仕事を探すにあたって意識する点が年収になります。年収は生活をする上で直接関係してくるお金に問題になるため、少ない場合は就職先として検討をすることがなくなるといっても過言ではありません。もちろん年収が全てではなく仕事内容も大事になりますが、年収に関しては意識する人も多く仕事選びで大事な要素の一つということができます。

三井物産の年収を把握しよう

出典: https://www.mitsui.com

では、大手企業として名前が知られている三井物産の年収はどれくらいになるのでしょうか。もちろん役職や勤続年数によって年収には差が出てくるため、人によって金額は様々ではありますが、事前に平均年収を把握しておくことは非常に重要となります。三井物産は多くの年収を稼ぐことができる企業として注目されており就活でも高い人気を誇る会社です。

平均年収は1385万円

出典: http://www.ecology-life.jp

三井物産の平均年収はおよそ1,385万円になります。これはあくまで平均となる年収のため上も下もいますが、一つの企業としての数字で考えると非常に大きな金額です。年収が1,000万円を超えてくると生活にも余裕が生まれ心のゆとりにも繋がります。就活の際は初任給ばかりを意識するのではなく、企業としての平均年収を把握することが大切です。

日本の平均年収よりも大幅に多い

出典: https://ameblo.jp

三井物産の平均年収がどれほど多いかを知るためには、日本の平均年収を把握することが大事になります。日本で働く全ての人の平均年収は、およそ430万円です。この金額から三井物産で働く人の年収がいかに多いかがわかります。役職に就いている人であれば年収も多くなり、退職金等を考えると生涯安定した暮らしができるといっても過言ではありません。

給料の変動がほとんどない

出典: https://momonestyle.com

そして、三井物産は平均年収の変動がほとんどない企業となります。同じ業界となる大手企業は給料の変動が激しくなっており、三菱商事では多いときは数年で200万円近く変動しています。また、給料が多い方に変動をすれば問題ありませんが、逆に大幅に下がってしまうと生活にも支障をきたしてくるため大問題です。しかし三井物産の給料は安定しています。

三井物産の大きな特徴

出典: https://gqjapan.jp

同業企業が数年で数百万単位の変動があるにも関わらず、三井物産では数十万程度です。勤続が長い社員は他の同業企業と比較しても安定した収入を得ることができ安心して生活を送れています。これは三井物産の大きな特徴であり、社員からしても非常に有り難い話です。初任給や退職金などに目を向けることも大事ですが推移を知ることも必要となります。

三井物産の年齢別の平均年収

年齢別年収・ボーナスの推移

出典: https://www.jprime.jp

就職活動をするなかで多くの人は初任給はいくらなのか、そして仕事内容はどういったものかを確認します。さすがに退職金や役職に就くとどうなるかまではあまり想像できませんが、会社としてどれくらいの平均年収となっているかを知っておくことは、仕事選びをする上で極めて重要な要素となります。金銭面は仕事のモチベーションにも繋がることです。

先を見据えて年収を考える

出典: https://www.businessinsider.jp

給料やボーナスが高いことは働く上でモチベーションを高めてくれます。そして、会社として稼ぐことができる平均年収を知ることも大事ですが、年齢による金額を把握しておくことも極めて重要となります。では、三井物産の年齢別平均年収はどのようになっているのでしょうか。ここからは、20代から60代までの平均年収について紹介していきます。

20代の平均年収・ボーナス

出典: https://bizspa.jp

はじめになる三井物産の平均年収は20代からみていきます。初任給として給料を初めて手にする年齢でもある20代の前半は、平均年収が298万円から328万円です。そして、給料については20万円ほどになるため決して高い金額とは言えません。ボーナスはおよそ82万円となっており、一般的な企業とも大差がない金額を年収・給料・ボーナスが示しています。

将来性を感じさせる年収

出典: https://bizspa.jp

しかし、三井物産の平均年収も20代の半ばを過ぎた頃から大きく変動してきます。三井物産で働く社員の25歳から29歳では平均年収がおよそ1,092万円から1,142万円となり、20代の前半に比べると大幅なアップです。給料については71万円ほどでボーナスは285万円となります。初任給となる20代前半の年齢では高くなかった金銭面も数年で大幅な変化です。

30代の平均年収・ボーナス

出典: https://libinc.jp

続いては三井物産で働く30代の平均年収について調査をしていきます。まず30歳から34歳の平均年収は1,178万円から1,278万円です。1,000万円を超えてくる年収が当たり前になってくるため、非常に将来性を感じさせます。初任給の時点で判断をするのではなく、数年後の年収を把握することがいかに大切かを知らしめる数字といっても過言ではありません。

大きく変動をすることはない

出典: http://hon-hikidashi.jp

そして、30代前半の給料はおよそ80万円でボーナスは319万円と極めて高い数字です。半ばに差し掛かり35歳から39歳の平均年収は、およそ1,219万円から1,323万円となります。給料はおよそ82万円でボーナスは330万円です。30代は初任給を受け取る20代の前半・後半と比較するとそこまで金額に差はありませんが、高い水準を安定してキープしています。

40代の平均年収・ボーナス

出典: https://www.lifeworks.co.jp

続いては三井物産で働く40代の平均年収をみていきます。40代前半となる40歳から44歳の平均年収はおよそ1,402万円から1,523万円です。極めて高い数字となっており、世間の平均年収となる430万円は大幅に上回っている数字になります。そして一ヶ月の給料については95万円でボーナスは380万円です。40代で十分すぎるお金を手にすることができます。

満足感を得られる年収

出典: https://www.yokohama4510.net

そして45歳から49歳になると平均年収はおよそ1,584万円から1,706万円になります。一ヶ月の給料についてはおよそ106万円まで上昇し、初任給の頃と比較すると比にならないほどの金額です。一ヶ月で100万円を超えてくると満足感を得ることができる金額と言えます。さらに、ボーナスについてはおよそ426万円で40代前半より大幅なアップが見込めます。

50代の平均年収・ボーナス

出典: https://diamond.jp

そして続いての年収は50代社員をみていきます。まず50歳から54歳の平均年収はおよそ1,718万円から1,828万円となり非常に高い金額です。一ヶ月の給料についてはおよそ114万円で安定して100万円代に乗ってきます。さらにボーナスは457万円で、50代になると役職に就きはじめている人も多くなってくるため、極めて高い数字を記録しています。

三井物産でのピークを迎える

出典: http://telecom.nikkei.co.jp

50代の半ばからは平均年収が1,703万円から1,813万円となっており、50代は三井物産で働く人のピークと言える年収です。さらに一ヶ月の給料についてはおよそ113万円で、ボーナスは453万円になります。数ある日本の企業のなかでも極めて高い年収や給料、ボーナスを手にすることができるため三井物産に就職する人は安定した暮らしを送ることが可能です。

60代の平均年収・ボーナス

出典: https://www.nikkan-gendai.com

そして、最後になるのは60代の平均年収になります。60代では65歳までの平均年収のデータとなり、およそ1,134万円から1,813万円です。一ヶ月の給料についてはおよそ77万円となっており、ボーナスは308万円という金額になります。60代になると退職も近い関係で年収等は落ち込みますが、それでも1,000万円を超えてくる金額は維持しています。

三井物産は稼ぐことができる会社

出典: https://highest-air.info

ここまででわかるように、三井物産は極めて高い年収や給料、そしてボーナスを手にすることができる会社です。初任給は決して良い金額ではありませんが、20代の後半からは一気に年収等が跳ね上がります。初任給だけでいまいちな金額だと判断せず、必ず年齢別の平均年収を意識して調査し、将来性を考えた上で就職を決意することが必要と言えます。

男性の年齢別年収・ボーナス

出典: https://job.kiracare.jp

三井物産に就職をすることは、お金の面で苦労をすることはほぼ考えられないほどの収入を得ることが可能とわかります。大抵の場合は初任給で判断しがちですが、先を見据えてお金の面を考えることが極めて重要であると気付かせてくれるデータです。退職金等も重なればさらに老後は楽になってくるため、三井物産は安定した生活が送れる企業と言えます。

男性は特に年収を意識する

出典: http://renai-hakase.com

では、三井物産で働くにあたって男性と女性ではどれほど年収や給料、そしてボーナスに差がついてくるのでしょうか。最近では女性も社会に出て活躍する人が増えています。また、男性は特に家族を支えていく役割を担うことが考えられるため、初任給だけで判断せず年齢別の年収を知っておくことも大切です。ここからは男性の年齢別年収を調査していきます。

20代男性の平均年収・ボーナス

出典: https://gragg.jp

まずは三井物産に勤務する20代男性の平均年収やボーナス等についてみていきます。まず20歳から24歳の頃の平均年収は、およそ298万円から328万円です。一ヶ月の給料は20万円ほどになるため、初任給として考えるといたって一般的な金額となります。また、ボーナスについては82万円となっており、こちらも特に高い金額というわけではありません。

半ば過ぎから年収は大幅アップ

出典: https://twinavi.jp

そして全体の平均年収でもあったように20代の半ばを過ぎる頃から年収や給料、ボーナスには大きな変化がみられます。25歳から29歳の平均年収はおよそ1,092万円から1,142万円で、一ヶ月の給料はおよそ71万円です。さらにボーナスについては285万円となるため、一気に数字の桁が変わります。初任給だけで考えてはいけないと思わせてくれるデータです。

30代男性の平均年収・ボーナス

出典: https://city.living.jp

続いて30代男性の平均年収をみていきます。まず30歳から34歳の男性の平均年収は、およそ1,178万円から1,278万円です。安定して1,000万円を超えてくる年収となり、若くして多くのお金を手にすることができます。そして一ヶ月の給料についてはおよそ80万円で、ボーナスは319万円です。生活をするには十分過ぎるお金を確保することができます。

安定した生活ができる年収

出典: https://bg-mania.jp

そして、30代の半ばを過ぎた35歳から39歳の平均年収は、およそ1,219万円から1,323万円になります。30代の前半と比較して平均年収も100万円近くアップするため安定した暮らしを送ることが可能です。また、一ヶ月の給料についてはおよそ82万円でボーナスは330万円となります。数ある企業の30代の年収にしては非常に多く稼いでいる金額です。

40代男性の平均年収・ボーナス

出典: http://www.canon-ba.co.jp

そして続いては、三井物産に勤務をしている40代男性の平均年収を調査していきます。まず40歳から44歳の平均年収はおよそ1,402万円から1,523万円です。1,500万円を超えてくる年収は満足感を得られるものであり、一ヶ月の給料についてもおよそ95万円となります。そして、働く意欲にも繋がるボーナスはおよそ380万円で極めて高い金額です。

世の平均を大きく上回る年収

出典: https://www.jibunbank.co.jp

45歳から49歳の男性社員の平均年収は、およそ1,584万円から1,706万円となります。一ヶ月の給料はおよそ106万円となり、大台とも言える100万円を突破する金額です。また、ボーナスについては426万円まで上昇し、40代の前半に比べると大幅なアップが見込めます。三井物産では世間の平均年収である430万円の10倍ほどのお金を確保することが可能です。

50代男性の平均年収・ボーナス

出典: https://twinavi.jp

そして続いては三井物産で働く50代男性の平均年収等をみていきます。まず50歳から54歳の平均年収は、およそ1,718万円から1,828万円です。三井物産に勤務をする中で、最も多くの年収を確保することができます。さらに一ヶ月の給料は114万円で、ボーナスについては457万円です。役職に就く人も多くなるため、平均年収等には変化があらわれます。

役職に就くと年収にも期待ができる

出典: https://canaeru.usen.com

55歳から59歳の平均年収はおよそ1,703万円から1,813万円になります。50歳の前半と比較すると少し金額は下がりますが、平均年収において三井物産に勤務をする上で男性のピークと言えるのが50代です。また、一ヶ月の給料については113万円でボーナスは453万円となります。役職によって年収等にも差が生まれますが、極めて高い水準です。

60代男性の平均年収・ボーナス

出典: https://creativeideanote.com

そして最後になるのが、三井物産に勤務する60代男性の平均年収になります。60代の平均年収は1,134万円から1,813万円となり、一ヶ月の給料は77万円です。そしてボーナスについては308万円で若い年代に比べると全ての数字が下がってしまいます。退職金が出るとはいえ、やはり年齢によって貢献度も変わってくるため下がってしまうのは仕方ありません。

年収は下がるが十分な金額

出典: http://www.riken.co.jp

平均年収や給料、さらにはボーナスまで下がってしまいますが、役職に就いている人は50代後半と同じくらいの1,000万円代後半の年収を確保することができます。年収等のトータル的な平均は下がってしまいますが、老後のことを考えると退職金も含め十分な暮らしを送ることが可能です。男性としてしっかりと家族を養っていくお金を手にすることができます。

女性の年齢別年収・ボーナス

出典: https://diamond.jp

三井物産に勤務する男性は社会的にみても極めて高い年収や給料、ボーナスを確保できていることがわかります。では、女性は一体どれほどの収入を確保することができるのでしょうか。最近では女性も社会に出て活躍する人が多く、キャリアウーマンという言葉もすっかり浸透しています。三井物産にも多くの女性社員が在籍して男性と同様に活躍中です。

女性も年収を意識する人が多い

出典: https://kakeibot.com

時代の変化に伴い最近では夫婦共働きの家庭が多くなっています。世間は不景気となっているため旦那だけの稼ぎでは子供を育てていくことが難しく、女性でも年収等を意識する人は増加中です。三井物産で働く男性の平均年収や一ヶ月の給料、ボーナスは高い水準となっているため女性の金銭面も非常に期待が持てますがどのようになっているのでしょうか。

20代女性の平均年収・ボーナス

出典: https://www.itmedia.co.jp

まずは三井物産で働く20代女性の平均年収等をみていきます。20歳から24歳の平均年収は、およそ298万円から328万円となっており、男性社員と変わらない金額です。また、一ヶ月の給料についても20万円ほどでこちらも同じ金額となります。ボーナスも82万円で男性と変わらず、初任給も含めいたって平均的な金額であることは女性も同じです。

男性同様半ばからは多くなる

出典: https://www.workport.co.jp

しかし、男性と同様に女性の場合でも20代の半ばから後半にかけては平均年収等にも変化がみられます。25歳から29歳の場合は、平均年収が963万円から841万円となっており、20代前半と比べた際に3倍近くアップししています。一ヶ月の給料についてはおよそ52万円で、ボーナスは210万円です。男性より低い金額ではありますが大幅アップが見込めます。

30代女性の平均年収・ボーナス

出典: https://www.ags.co.jp

そして、三井物産で働く30代女性の平均年収は、30歳から34歳であればおよそ1,062万円から964万円となります。三井物産では女性でも30代にして1,000万円を超えてくる年収を手にすることができるため、就活でも人気がある理由として頷けます。さらに、一ヶ月の給料はおよそ60万円で、ボーナスは241万円です。男性より劣りますが高い金額となります。

年収1,000万円超えが出てくる

出典: https://39mag.benesse.ne.jp

さらに、35歳から39歳になると平均年収は1,099万円から998万円になります。平均年収が年齢が上がるにつれて下がっているのは、結婚や出産の影響で現場を離れていくことが関係しています。また、一ヶ月の給料はおよそ62万円となっており、ボーナスは249万円です。若くして年収1,000万年を超えてくる人が出てくる点は男性と同じといえます。

40代女性の平均年収・ボーナス

出典: https://kaikeizine.jp

続いては三井物産ではたら40代女性の平均年収やボーナスについてみていきます。まず40歳から44歳の平均年収はおよそ1,230万円から1,120万円です。40代になると1,000万円代は安定してキープする傾向にあり、場合によっては役職に就く人も出てくるため高い金額となります。一ヶ月の給料はおよそ70万円でボーナスについてはおよそ280万円です。

平均年収は極めて高い

出典: https://diamond.jp

そして、45歳から49歳の平均年収は1,392万円から1,256万円となります。およそ1,400万円に届く勢いの平均年収となるため、社会的にみても極めて高い金額です。また、一ヶ月の給料はおよそ78万円でボーナスは314万円になります。社会の平均年収である430万円のおよそ10倍となるお金を手にすることができ、生活をする上でも余裕が生まれる金額です。

50代女性の平均年収・ボーナス

出典: https://www.from-40.jp

そして続いては三井物産で働く50代女性の平均年収や給料、ボーナスについて調査をしていきます。まず50歳から54歳の平均年収はおよそ1,512万円から1,346万円です。一ヶ月の給料は84万円、さらにボーナスについては336万円となります。男性よりも大きく下がってしまいますが、女性でも役職に就いていると高い年収等を確保することが可能です。

1,500万円を超えてくる人も

出典: https://www.pasonacareer.jp

50代になると平均年収が1,500万円を超えてくる人もいるため、世間の男性と比較しても高い金額を手にすることができます。さらに、55歳から59歳の平均年収は1,498万円から1,335万円となり、一ヶ月の給料は83万円でボーナスは333万円です。男性と同様に役職者に就く人の割合も多くなることから、女性も50代が三井物産でのピークとなります。

60代女性の平均年収・ボーナス

出典: https://www.daiwa-grp-recruit.jp

最後になるのは三井物産で働く60代女性の平均年収やボーナスです。60代の場合は男性と同じく退職金を受け取る金額も近い影響もあり、各年代に比べると金額は低くなります。平均年収は994万円から1,335万円となっており、一ヶ月の給料はおよそ56万円です。ボーナスについては227万円で下がったとはいえ社会的にみて高い金額を確保できています。

多くの年収を稼ぐことができる会社

出典: https://blogs.yahoo.co.jp

ここまでのデータからもわかるように、三井物産は男性・女性共に多くのお金を手にすることができる会社となります。初任給の時点ではあまり期待が持てない数字となりますが、将来的に考えるとわずか数年で3倍近くの年収を確保することが可能です。役職に就くとさらに多くのお金を手にすることができるため、将来性が高い企業であることがわかります。

三井物産の役職別の平均年収

一般・技術・総合職の平均年収・ボーナス

出典: https://eikaiwa.weblio.jp

ここからは役職・職種別の平均年収やボーナスについてみていきます。初任給や会社としての平均年収等を把握することも重要ですが、役職に就くことで金銭面は大きく変わってくることから知っておくことも就職活動をする上で大切です。三井物産では役職別に分けると、一般・技術・総合職となり、それぞれで年収や給料、ボーナスには差が生まれます。

役職で年収は大きく変わってくる

出典: https://www.bengo4.com

役職や職種によって年収が変わってくることは、三井物産に限らずどこの企業でも同じことです。では、三井物産ではどれほど給料や平均年収、ボーナスに違いが出てくるのでしょうか。将来的なことを視野に入れて考える上でどの職種や役職がどれだけのお金を稼ぐことができるかは非常に重要となります。まずは一般職の平均年収とボーナスからです。

一般職の年収・ボーナス

出典: https://www.zeiri4.com

まず、一般職に就職した場合の平均年収はおよそ1,251万円から1,351万円となります。やはり安定して1,000万円は超えてくるため、社会的にみても極めて高い金額を稼ぐことが可能です。また、一ヶ月の給料はおよそ82万円でボーナスは321万円となります。男性と女性問わず、三井物産の一般職は多くのお金を手にすることができるため生活も安泰です。

技術職の年収・ボーナス

出典: https://vision-cash.com

続いては技術職の平均年収とボーナス等についてみていきます。三井物産の技術職の平均年収は、およそ1,224万円から1,324万円です。さらに一ヶ月の給料はおよそ80万円でボーナスについては315万円となります。一般職と比較すると少し下がりますがほぼ同じ金額であり、社会的にみても平均年収を大きく上回っていることから余裕のある暮らしが可能です。

総合職の年収・ボーナス

出典: http://www.jpbs.co.jp

そして総合職の場合の平均年収は、上記の職種に比べて大きく上回り1,792万円から1,892万円となります。一ヶ月の給料は115万円でボーナスについては450万円です。1,000万円代の後半を記録する平均年収は日本全体でみても非常に高い金額であり、一ヶ月の給料も100万円代を稼ぐことができるため非常に高い水準と言えます。

役職者別の平均年収・ボーナス

出典: https://about.yahoo.co.jp

職種別の平均年収等を調査すると総合職が最も高い金額となります。どの企業も総合職が一番稼ぐことができるため、いわゆるエリートとして位置している職種です。では、役職者別の平均年収や給料、ボーナスはどれくらいになるのでしょうか。まず主任の平均年収はおよそ1,248万円で一ヶ月の給料は76万円、そしてボーナスは297万円となります。

年収にキャリアアップは大切

出典: https://www.nenshuu.net

係長の場合は平均年収が1,409万円で給料は86万円、ボーナスは335万円です。そして課長の場合は平均年収が1,861万円で給料は113万円、ボーナスは443万円になります。最後になる部長は平均年収がおよそ2,058万円で一ヶ月の給料は125万円、ボーナスは490万円です。役職別に分けるとキャリアアップをすることの大切さを痛感する結果となります。

三井物産の初任給

総合職の初任給

出典: https://www.mag2.com

役職や職種による平均年収をみるとわかるように、いかに多くのお金を稼ぐためには良い職種・役職に就くことが必要かわかります。では就職活動において会社選びの基準となる初任給で、総合職では一体どれくらいの金額になるのでしょうか。三井物産の総合職における初任給はおよそ25万円となります。社会的にみても高い初任給であると言える金額です。

年収1000万に到達できる年齢

出典: https://www.businessinsider.jp

三井物産の総合職で働くにあたって年収1,000万円に到達できる年齢はどうなるのでしょうか。一つの大台となる1,000万円超えは多くの人が目標として掲げている金額にもなります。三井物産の総合職で年収1,000万円に到達できる年齢は、20代半ばになると達成することが可能です。社会的にも若い年齢で年収1,000万円を稼ぐことができる企業となります。

三井物産の退職金額は明らかになっていない

退職金諸制度は手厚い福利厚生の一つ

出典: https://momonestyle.com

就職をする上で給料面や仕事内容等は重要な要素となります。しかし、長い目で考えると退職金も老後の生活について考えると大切です。そして、退職金制度は手厚い福利厚生の一つとして考えられており、きちんと整備されている会社に勤務することも人生において必要と言えます。退職金があるかないかで生涯生活をするお金には大きな差が生まれます。

事前に確認が必要

出典: http://gaku-yomu.com

就職活動をする中で退職金制度等の福利厚生は記載されているため、しっかりと確認をしておくことが大切です。企業の公式ホームページに記載されている場合もあれば、丁寧に求人サイトに記載されていることもあります。わからないまま就職先を希望するのではなく、きちんと自分で事前に確認をすることを心がけて就職活動をすることが大事です。

退職金の平均相場

出典: https://employment.en-japan.com

退職金とは一体どれほどの金額を手にすることができるのでしょうか。現在の日本では5社に1社は退職金制度がないというデータがあるため、いかに退職金を受け取れることが貴重であるかがわかります。日本の退職金平均相場は、大卒でおよそ1,997万円となります。高い年収を確保できていればさらに退職金があるため老後も安心して暮らすことが可能です。

老後の生活をする上で重要

出典: https://www.m-on-music.jp

そして、高卒の退職金の平均相場は1,627万円から1,724万円です。この数字からわかるように学歴によって退職金として受け取ることができる金額には大きな差があります。給料にも学歴は関係してくるため、やはり就職するにあたって大卒以上であることはマストです。退職金にまで就活時に頭は回りにくいですが、しっかりと意識しておく必要があります。

三井物産の平均年齢・平均勤続年数

平均年齢は43歳

出典: https://eotokyo.org

良い会社かどうかを見極める一つの要素に、社員の勤続年数はどれくらいなのかということが挙げられます。居心地の良い会社には当然多くの社員が継続して働き続けるため、非常に興味深いデータです。まず、三井物産で働く社員の平均年齢は43歳となっており、比較的若い年齢であると言えます。若くして多くの年収を確保できるため当然と言えば当然です。

平均勤続年数は19年

出典: https://eikaiwa.dmm.com

そして、社員の平均勤続年数はおよそ19年となっており、この数字はホワイト企業を象徴するものです。およそ20年近く勤続する人が多い三井物産は、日本の数ある企業の中でもトップクラスと言える数字となります。長く働き続ける人がいることが会社のイメージにも繋がるため、就職活動をする中で勤続年数について調査をすることも極めて重要です。

三井物産はどんな会社?

三井物産の企業理念

出典: https://www.tv-tokyo.co.jp

三井物産とはどのような会社なのかを調査していきます。三井物産は業種でいうと商社になります。商社は基本的に年収が高いことで知られており、就活でも高い人気です。三井物産の企業理念は世界中で挑戦と創造をすることにあり、グローバル化が進む現在において柔軟な対応をしながら世界に照準を向けて挑戦し続けるという高い企業理念を掲げています。

三井物産の風土・社風

出典: https://digiday.jp

そして就職をする上で重要となるのが風土や社風になります。三井物産の風土や社風は自由な企業文化を受け継いでおり、社員は比較的自由に意見を出したり行動に移すことが可能な環境です。自由こそがビジネスの躍進に必要な要素であると考えられており過去から現在、そして未来へと変わらない風土や社風を守り続けることを意識している企業となります。

三井物産の平均年収のまとめ

出典: https://www.pasona.co.jp

ここまで三井物産の平均年収や一ヶ月の給料、そしてボーナスなど金銭面をメインに紹介してきましたが、極めて高い金額を稼ぐことができる会社と言えます。日本の平均年収を大きく上回る数字となっており、社員は安定した暮らしを送ることが可能です。また、退職金制度もしっかりと完備されているため、退職後の老後も安心して暮らすことができます。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ