ゆうちょダイレクトの申し込み方法・手順を解説!制限解除の方法は?

ゆうちょダイレクトを利用していますか?ゆうちょダイレクトの魅力やインターネットによる申し込み方法と手順、書面・電話での申し込み手順、初回ログインと制限解除の方法、必要なものとかかる日数など詳しく説明します。ゆうちょダイレクトを有効活用しましょう。

ゆうちょダイレクトの申し込み方法・手順を解説!制限解除の方法は?のイメージ

目次

  1. ゆうちょダイレクトのWeb申し込み方法と手順
  2. ゆうちょダイレクトの書面や電話での申し込み方法と手順
  3. ゆうちょダイレクトの申し込みの初回ログインと制限解除方法
  4. ゆうちょダイレクトの申し込みに必要なものと日数
  5. ゆうちょダイレクトの申し込みのメリット
  6. ゆうちょダイレクトの申し込み方法や手順まとめ

ゆうちょダイレクトのWeb申し込み方法と手順

出典: http://ichiokuen-wo.jp

皆さんは「ゆうちょダイレクト」というサービスを知っていますか?また上手く活用できていますか?ゆうちょダイレクトは、ゆうちょ銀行のインターネットバンキングのことです。スマートフォンなどから気軽に残高照会や入出金照会、送金や住所変更などが行える便利なサービスです。

ゆうちょダイレクトは無料で利用することができるため、ゆうちょ銀行の口座を持っている人は利用することをおすすめします。そこで今回はゆうちょダイレクトについて解説します。申し込みの手順や初回ログインと制限解除方法、ゆうちょダイレクトの申し込みにあたって必要なものなど説明しますので参考にしてください。

①ゆうちょダイレクトお申込みページから

まずはインターネットを通じて行うゆうちょダイレクトの申し込み手順について説明します。まず、ゆうちょダイレクトの公式サイトにアクセスします。「ゆうちょダイレクトのお申し込み」という項目があるのでクリックします。「Webかんたん利用申し込み」の「お手続きはこちら」に進みます。

ここで、ゆうちょダイレクトの申し込みに必要なものについて表示されるためよく確認しましょう。インターネットを通してゆうちょダイレクトの申し込みをするのに必要なものは、ゆうちょ銀行の総合口座の通帳と、キャッシュカードの暗証番号です。一般振替口座の場合はインターネットからの申し込みはできません。

また申し込み手続きの際に、通帳に印字されている最終残高の入力が必要となります。そのため通帳は手元に用意しておくようにしましょう。必要なものが揃ったら、手順を確認した上で「新規登録に進む」ボタンをクリックして進みましょう。

②基本情報を入力

申し込み画面が表示されたら、案内に従って基本情報を入力していきます。通帳の記号番号、氏名、生年月日、電話番号、メールアドレス、1日の送金限度額などの情報が必要となります。入力できたら次に進みます。

ここで入力するメールアドレスは、取扱確認、ワンタイムパスワードを通知するアドレスとして登録されます。申し込み手順の途中で必要なものの1つであるワンタイムパスワードも送付されるため、必ず手続きの際に利用が可能なメールアドレスを入力するようにしましょう。

③口座情報を入力

続いて、キャッシュカードの暗証番号や通帳の最終残高などの情報を、案内に従って入力します。これらの口座情報を一定回数以上間違って入力してしまうとロックがかかり、インターネットからの申し込みができなくなってしまいます。間違いがないかきちんと確認して手続きするようにしましょう。入力できたら次に進みます。

④口座情報と住所の確認

基本情報や口座情報を正しく入力したうえで次に進むと、口座情報と住所の確認画面に移ります。先ほど入力した口座情報や住所が表示されますので、再度間違いがないか確認するようにしましょう。住所などが間違っていれば手続きに必要な郵便物を受け取ることができませんので、しっかり確認した上で、次に進みます。

⑤ワンタイムパスワードの入力

次に進むと「ご登録いただいたメールアドレス宛てにワンタイムパスワードを送付致します。」といった文言が表示され、メールが送信されます。ワンタイムパスワードとは一度限り有効な、半角数字6桁のパスワードのことです。受信メールを見て、ワンタイムパスワードを確認し、手続き画面で間違いのないよう入力を行いましょう。

⑥ログインパスワードの設定

次に進むと、ログインパスワードの設定画面が表示されるので、決めたパスワードを入力しましょう。これはキャッシュカードの暗証番号ではなく、今後ログインする際に必要となるパスワードのことです。半角英数字6~12桁で、アルファベット2文字以上と数字を組み合わせる必要があります。入力したら申し込みの「実行」ボタンを押します。

⑦お客様番号を記録する

ゆうちょダイレクトの申し込みを実行すると、「お客様番号」が表示されます。申し込みが完了した旨のメールは送付されますが、このメールにお客様番号は記載されていません。そのためこのお客様番号は必ずメモを取るか、スクリーンショットを撮るなどして控えるようにしてください。お客様番号はログインする際に必要なものです。

⑧画像と合言葉を設定

最後に、安全に利用するための画像と合言葉を設定します。画像は、ログインする際に画面に表示されます。これにより正しい画面であるかを確認できます。また合言葉を設定することで不正ログインなどを防ぐことができます。手順ですが、まず表示されている画像の中から1つ選び次に進みます。

続いて合言葉を入力します。合言葉は、質問と回答のセットです。ログインする際に毎回必要となるため、きちんと覚えておくようにしてください。インターネットからのゆうちょダイレクトの申し込み手続きは以上です。一部の機能は後ほど紹介する制限解除手続きが必要となりますが、残高照会などはこの時点でできるようになります。

ゆうちょダイレクトの書面や電話での申し込み方法と手順

ここまで、ゆうちょダイレクトの申し込みをインターネットを通して行う手順について説明しましたが、ゆうちょダイレクトの申し込みは書面や電話でも行うことができます。インターネットからの手続きが便利ですが、念のため電話や書面を利用した申し込み方法と手順についても紹介します。では早速見ていきましょう。

資料請求をする方法

ゆうちょダイレクトは、配布されている利用申込書を使うか、インターネットから自分で申込書を印刷して使う方法があります。ゆうちょ銀行、郵便局の窓口でゆうちょダイレクトの利用申込書をもらうことができます。申込書面に記入した上でポストに投函するか、窓口に提出することで申し込み手続きができます。

自宅で印刷する方法

ゆうちょダイレクトの申込書は自宅で印刷して利用することもできます。インターネットでゆうちょダイレクトの申し込み画面を開き「利用申込書作成はこちら」というボタンを押します。ここで手順や注意点などが表示されます。必要なものは、プリンター、A4用紙最大5枚、縦型の定形封筒、お届け印です。

案内に従い、口座情報、氏名など必要事項の入力を行います。申し込むサービスを選択しインターネット用暗証番号を入力します。申し込み手続きに必要となる暗証番号です。内容を確認し申込書が作成されたら、印刷をし押印した上で、封筒に申込書を入れてポストに投函することで申し込みできます。

電話での申し込み方法

続いては、ゆうちょダイレクトの電話での申し込み手順についてです。インターネットでの申し込みと同様、公式サイトにアクセスし、申し込み画面に進みます。Webかんたん利用申し込みの下にある「テレホンサービスWeb利用申し込み」を押します。基本情報と口座情報の入力を行い、テレホンサービスを利用する際に使用する暗証番号を登録します。

テレホンサービスに電話し、案内に従って手続きします。電話での申し込みは、全て電話でするわけでなく一部インターネットからの入力が必要となること、通話料がかかることなどを考えると全てインターネットで手続きする方がおすすめです。また電話での申し込みだと、利用できるサービスも限られてしまいます。

ゆうちょダイレクトの申し込みの初回ログインと制限解除方法

ゆうちょダイレクトの申し込み手続きを終えると、ゆうちょ銀行から3~5営業日程度でゆうちょダイレクトの初回ログインと制限解除のための郵便が届きます。郵便が届いてから行う初回ログインと制限解除の方法についても確認しておきましょう。

Web申し込みの場合の手順

インターネットで申し込み手続きをすると、ゆうちょ銀行から書類が届きます。まずゆうちょダイレクトに初回ログインを行います。ゆうちょダイレクトの公式サイトにアクセスし、ログイン画面を開きます。お客さま番号を入力し次に進みます。お客さま番号は書類の中に入っている「ゆうちょダイレクト利用者カード」に記載されています。

続いてパスワードと合言葉を入力します。パスワードはキャッシュカードの暗証番号でなくゆうちょダイレクトのログインに必要なパスワードのことです。合言葉はインターネット申し込み手続きの際に決めた質問と回答のセットです。選んだ画像も表示されるので、自分が選んだ画像と合っているか確認して初回ログインを行いましょう。

インターネットでの手続きをしただけでは、全ての機能を利用することができないため制限解除の手続きをする必要があります。制限解除の方法も見ておきましょう。ゆうちょダイレクトにログインできたら、「制限解除」を押します。「制限解除用パスワード」を入力して次に進みます。制限解除用パスワードは届いた書類に記載されています。

制限解除用パスワードを入力して進むと、次は「ダイレクト暗証番号」を登録します。一度きりの制限解除用パスワードと異なり6桁~12桁の数字のことで、登録内容の変更などの際に利用するためきちんと覚えておいてください。以上が制限解除の手続き方法です。制限解除の手続きを終えることによりすべての機能を利用することが可能です。

書面での申し込みの場合の手順

自宅で印刷するなどして書面で申し込み手続きをした場合も、その後ゆうちょ銀行から初回ログインのための書類が届きます。インターネットの場合と同様に、ゆうちょ銀行の公式サイトのログイン画面にアクセスし、同じようにお客さま番号、初回ログインパスワードなどを入力します。またあらかじめ設定したインターネット用暗証番号が必要です。

初回ログインパスワードも、送られてきた書類に記載されています。次回ログイン時から必要となる画像を選択し、合言葉の設定を行います。最後にメールアドレスとインターネット用暗証番号を入力し実行すると、手続きが完了します。

ゆうちょダイレクトの申し込みに必要なものと日数

ゆうちょダイレクトの申し込み手続きについて、インターネット・書面・電話での手続き方法について説明しました。ここで再度ゆうちょダイレクトの申し込み手続きをする上で必要なものと日数について確認しておきましょう。

申し込みに必要なもの

ゆうちょダイレクトをインターネットで申し込む場合に必要なものは、通帳とキャッシュカードです。通帳は総合口座通帳である必要があり、一般振替口座の場合はインターネットからの申し込みはできないため、書面での申し込み手続きをしましょう。

自宅で申込書を印刷し、ポストに投函して書面で手続きする場合に必要なものは、プリンター、A4の用紙最大5枚、申込書を入れる縦型の定形封筒、お届け印です。必要なものとは言え、簡単に用意できるものばかりですので安心です。

申し込みにかかる日数

ゆうちょダイレクトの申し込みにかかる日数についてですが、インターネットで申し込み手続きをした場合、合言葉を設定すれば、残高や入出金明細など一部の機能についてはすぐ利用できるようになります。制限解除をし全ての機能を使うには、書類が届く必要があるため1週間程度かかります。

書面で申し込みした場合も、書類が届いてから初回ログインをし利用することができますが、申込書を送ってからゆうちょ銀行に届くまでの日数もかかるため、インターネットよりは日数がかかります。早く利用したいという方はインターネットによる手続きをおすすめします。

ゆうちょダイレクトの申し込みのメリット

ゆうちょダイレクトの申し込み手続きや初回ログイン、制限解除の方法など手続きの手順を見てきましたが、ゆうちょダイレクトを使うことでどう便利になるのでしょうか?最後にゆうちょダイレクトを利用するメリットについても紹介します。

残高や明細をWebで確認

まずは預金残高や入出金の明細をインターネット上で気軽に確認できる、という点がメリットとしてあげられます。ゆうちょダイレクトはスマートフォンやパソコンなどからいつでも利用することができるネットバンキングサービスです。そのためATMなどに出向く必要はなく、自宅で簡に残高や入出金明細を見ることができます。

残高は、ログインした画面に表示されます。明細は、「入出金明細」を押すと表示されます。見たい期間などを指定し、自分の必要な明細を見ることができるため便利です。また、スマートフォンのゆうちょダイレクトのアプリでも残高や入出金明細を確認することができます。指紋認証などでログインできるため便利です。

振込がWebで可能

残高確認や入出金明細の確認はもちろん、振込などもインターネット上で手続きすることができます。振込の手続き時間は休日を含めて0:05~23:55で、第3月曜日のみ7:00~23:55となっています。ATMに行く暇がないという時でも、夜であっても、自分のタイミングで振込手続きをすることができるのはメリットであると言えるでしょう。

ゆうちょぎ銀行以外の銀行宛ての時は、銀行の営業時間外であれば翌営業日扱いで振込となりますが、ゆうちょ銀行同士の振込は、即時で完了するというメリットがあります。送る相手もゆうちょダイレクトを利用していればすぐに確認することができ便利です。振込の際はワンタイムパスワードも利用するため安心して行うことができます。

振込手数料が安い

振込をする上で気になるのが振込手数料についてです。ゆうちょダイレクトで振込をすると、窓口でする場合と比べても手数料が安く済みます。ゆうちょダイレクトを利用した振込手数料は、ゆうちょ銀行宛て振替であれば1か月5回まで無料、6回目以降は一律113円となっています。窓口の144円と比べて安くなっています。

続いて、他金融機関宛てであれば、5万円未満の場合216円、5万円以上の場合432円です。窓口の場合、5万円未満は648円、5万円以上は864円です。他行宛てであっても窓口よりゆうちょダイレクトを利用した方が安くなります。ちなみにATMの振込手数料は5万円未満216円、5万円以上432円です。

来店なしで口座開設

ゆうちょ銀行には、ゆうちょダイレクトプラスという無通帳型総合口座サービスもあり、ゆうちょダイレクトプラスであれば来店することなく口座を開設することができます。通帳を発行することなく、カードのみ発行され、ゆうちょダイレクト上で明細の照会など取引を行う、というサービスで、郵送での口座開設手続きが可能です。

仕事などでなかなか窓口に行けず口座を開設する時間が取れない、という人も郵送で手続きできるのであれば安心です。申込書はゆうちょ銀行の公式サイトで請求することができます。必要事項を記入・押印し、本人確認書類を添付した上でポストに投函します。初回ログインの案内やキャッシュカードが届き、手続きすれば利用できます。

Thumbゆうちょダイレクトのアプリが超便利!スマホで簡単残高照会!

ゆうちょダイレクトの申し込み方法や手順まとめ

ゆうちょダイレクトの申し込み手続き方法と手順、初回ログインと制限解除の方法、申し込み手続きに必要なもの、ゆうちょダイレクトのメリットなど解説しました。ゆうちょダイレクトは無料で利用できるネットバンキングサービスで、残高確認や振込など気軽に手続きできるため、ぜひ積極的に利用していきましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ