社会保険労務士に独学で合格する方法は?短期間で資格取得のコツを紹介!

社会保険労務士に独学で合格する事例はありますが、その独学における勉強方法には共通点があります。この場合に社会保険労務士に限らず、資格取得の勉強では試験形態にも左右されますので、社会保険労務士の試験形態に着目して、短期間で資格取得のコツを含めて紹介しています。

社会保険労務士に独学で合格する方法は?短期間で資格取得のコツを紹介!のイメージ

目次

  1. 社会保険労務士に独学で合格する方法
  2. 社会保険労務士の資格を短期間で取得するコツ
  3. 社会保険労務士を独学で勉強するメリット
  4. 社会保険労務士を独学で勉強するデメリット
  5. 社会保険労務士の独学に向いている人
  6. 社会保険労務士は独学でも合格できる!

社会保険労務士に独学で合格する方法

独学の勉強の進め方

出典: http://mymoney-navi.com

社会保険労務士の資格に限らず、独学の勉強の進め方で大切な事が、「全体像の把握」を前提として独学に徹するという事です。独学の過程では、全体像を把握する事によって、どこにどんな知識を埋め合わせる事ができるのか?と細部に至るまで確認しながら勉強を進めていく事によって、頭を整理しつつ理解していく事が容易になります。ちなみにこの場合の全体像に関しては、暗記でも構いません。

社会保険労務士の試験科目は広範囲

出典: https://www.shikaku-square.com

勉強の進め方で全体像の把握が大切といえども、社会保険労務士の資格試験科目は広範囲で出題されますので、万遍なく勉強する必要があるのです。社会保険労務士の資格試験科目とは、労働基準法をはじめ、「労働安全衛生法、雇用保険法、労働保険の保険料の徴収等に関する法律、健康保険法、厚生年金法、労務管理その他の労働に関する法律、社会保険に関する一般的な常識」などがあります。

独学で完璧を求めない

出典: http://shinritaishoho.info

社会保険労務士の資格試験で合格基準点が設定されています。この合格基準点へ着目する理由は、勉強の過程で完璧さを求めないためです。なぜなら、どれか1つの科目でもその合格基準点を満たしていない場合は、たとえ何科目かでも高得点を出しているとしても不合格となってしまうからです。もし完璧さを求めて、丁寧にぬかりなく勉強をしようと考えると、応用面の知識や数値暗記など全て覚えていかなくてはならないのです。

ペースメイクをする

出典: https://matome.naver.jp

独学で勉強に励む場合は特に、「ペースメイク」を徹底する必要があります。ペースメイクを徹底するのは、時間の無駄を無くし、時間を有効に活かすためです。そしてペースメイクで大切な事が、「社会保険労務士の試験日からの逆算」と「勉強スケジュールの細分化」でこの2つによって、目標までの過程を具体的にする事ができます。独学で勉強するのであれば、モチベーションが重要な要素ですので、意識付けの目的も含まれています。

過去問の正しい使い方

出典: https://buyee.jp

社会保険労務士の過去問の使用用途、それは知識のアウトプットを通して応用に強くなる事です。社会保険労務士の資格試験の出題方式は、択一式および選択式で出題されますので、「なぜ選択肢を選んだのか」または「選ばなかった理由」を復習しながら問題を解き進める事により、理解の埋め合わせが可能です。知識は漠然とした認識である場合、問題に対しての解釈が困難になるという事を意識しておきましょう。

暗記のコツ

出典: https://gentosha-go.com

社会保険労務士の試験の仕組みには、特徴が前述で解説した万遍なく勉強する必要性、そして法律の改正が多いといった点があります。社会保険労務士は苦手科目を作ってはならないという事が分かりましたが、このほか社会保険労務士が認識しておくべき内容は、「働き方改革」や「少子高齢化」など労務管理や社会保険に大きく関係しているという事です。

出典: https://www.card1616.com

以上の法律の改正は環境変化に伴い著しいものですので、社会保険労務士の科目を暗記している段階で、断片的に覚えていると知識の定着が追い付かなくなります。以上の理由から、社会保険労務士の暗記方法が、「個々の暗記事項を絡める」と「何度も穴埋めする」と2つの方法が挙げられます。

しっかりとした目標設定

出典: http://m-tabuchi.com

しっかりとした目標設定をするというのは当然の事ですが、では社会保険労務士の目標とはどのように設定するといいのでしょうか?それは、「満点ではなく平均+α」を目標にすることです。社会保険労務士の資格試験の仕組みから設定した考え方ですが、社会保険労務士は難易度や周りの科目の得点との比較で合否が分かれるからです。そして重要な平均は、「7割程度」を目指すことが大切です。

社会保険労務士の合格基準の年度推移

出典: https://www.emt-king.info

上述の解説で7割の平均点の目標を定めた理由が、「実際合格基準の推移」を基にしているからです。社会労務士試験の合格基準の推移とは、選択式・択一式ともに年度に関係なくほとんど一定の水準(7割弱以下)で推移しており、満点に対する割合にしても最大70%となっているのです。つまり、全体的に合格基準へ近づける事によって、合格率は高くなり、さらに平均から+α取れたのであれば合格の可能性はほぼ確実だといえます。

社会保険労務士の資格を短期間で取得するコツ

出典: https://www.kokuchpro.com

上述ではペースメイクとして、「社会保険労務士の試験日からの逆算」と「勉強スケジュールの細分化」と大切な事を解説しました。逆算日に関しては独学の場合、試験日を確認すると良いのですが、勉強スケジュールの細分化の場合は独学に要する時間から、社会保険労務士の特徴による勉強方法に左右されます。そこで、ここでは社会保険労務士の資格を短期間で取得するコツとして、独学に要する勉強時間から、方法までを解説していきます。

社期保険労務士に必要な勉強時間

出典: https://blogs.yahoo.co.jp

社会保険労務士の必要な勉強時間から、目標の資格試験までの勉強計画を立てるといいでしょう。その勉強時間とは、「1000時間」と言われており、中にはこの勉強時間よりも短い時間で合格する人もいるようです。最短の勉強時間で「500時間」で合格した人もおり、一方で「1500時間」と必要な勉強時間を超えて勉強に費やす人もいるようです。ただ、平均的には700~1000時間とのことですので、基本的には平均を参考にする場合といいでしょう。

土台作り

出典: https://www.asobou.co.jp

独学で社会保険労務士の資格を取得する場合は、「土台作り」が重要です。土台(基礎)を固める事によって、知識の積み上げから理解を助けます。しかし、社会保険労務士の資格を短時間で取得するコツとなると、土台作りをどれだけ早く行えるかにかかってきます。

出典: http://www.toyo.ac.jp

この場合に時間の短縮ばかり意識してしまい、基礎の定着がないと本末転倒ですので、テキストや講義を有効に活用する事をおすすめします。なぜなら、テキストや講義だと基本事項や法律の知識を「強調して触れている」事が多いことから、無駄なくそれに準拠しながら土台を作り上げる事ができるからです。この土台作りに要す期間は「2か月」程度でできますので、期間までを含めて計画を立てましょう。

知識の積み上げ

出典: https://www.lifehacker.jp

それでは、社会保険労務士の土台作りから先に進み、「知識の積み上げ」に移ります。知識の土台はできているという事が前提ですので、この段階では、「知識の埋め合わせ」も意識しておく事が大切です。つまり、すでに覚えている知識で、自信がある内容であれば省いて、知らない知識や苦手分野にも焦点を当てるという事です。

出典: https://www.burnoneproject.com

この方法は時間の優先順位が知識の積み上げから、知識の埋め合わせまでをしている事から、時間を有意義に使う事ができます。ちなみにこの方法も土台作りの期間と同様に、「2か月」程度の期間を目安にしているので、2か月の間に合格水準へ持ち込むという事を目標にすることをおすすめします。

最終確認

出典: https://torisedo.com

社会保険労務士の資格試験前に優先すべきなのが、「最終確認」でこの方法は独学に限ったものではありません。最終確認で大切な事は、「知識の穴埋め」を徹底する事です。この段階ではある程度余裕のある状態にしておく必要があり、すでに覚えた内容や理解できていない内容から、抜けがないか、何度も繰り返して間違った箇所など再確認します。

Thumb社会保険労務士の仕事内容や必要な資格とは?年収や就職先も調査!

社会保険労務士を独学で勉強するメリット

出典: https://biz.moneyforward.com

社会保険労務士を独学で勉強する場合は、それなりのメリットがなければ行わないでしょう。もちろん、この理由が独学だと合格率が落ちてしまう可能性が十分に考えられるからです。そして独学で勉強をするか通信教育や予備校に頼るかで判断する場合は、「どちらの選択が自分に適しているか」に着目でき、つまり効率が良い方法である事を目的にするという事です。ここでは、独学で勉強する場合においての様々なメリットを解説していきます。

自由な時間で勉強ができる

出典: https://akiyu.net

勉強方法が独学によるものでないとするのであれば、通信で勉強するあるいは通学による勉強といった2つの方法がありますが、通信講座では家に送付されるDVDやWebによるオンライン講義を受ける必要があります。そして通学タイプでは学校や予備校に通います。したがって、独学で勉強すると「自由な時間で勉強ができる」という事がメリットとして挙げられます。

費用が安く済む

出典: https://www.lifehacker.jp

独学以外の勉強では、通信で勉強するあるいは予備校に通うと2つの選択肢が考えられますが、どちらも費用の負担が大きいことが分かります。しかし、独学の場合はこのような選択肢はないという事から、「合格までに要する費用が安く済む」という事がメリットとして挙げる事ができます。それでは予備校に通う場合と通信で勉強する場合に要する費用を確認します。

出典: https://gendai.ismedia.jp

まず社会保険労務士を専門とする各社の講座のコースでは、通学コースがおよそ150,000~250,000円の相場で、通信コースの場合が80,000~200,000円の相場となっています。一方で、独学で勉強する場合は参考書と問題集の1冊あたり3,000~4,000円で、テキスト(2冊程度)を含めると相場は9,000~12,000円で済ませる事ができます。この数字を比較すると、8~25倍程度の差が出ますので、大きなメリットだといえるでしょう。

自分で参考書が選べる

出典: https://item.mercari.com

参考書や問題集に関しても自由度が高いです。上述で解説した勉強の自由時間に応じて、参考書や問題集をそろえる事もでき、必要な分の参考書や問題集を購入すると良いので、その分の費用を抑える事ができます。やはり、講義の参考書や問題集は説明がいまいちわかりづらいなど自分に合っていないと感じる場合は、自分で追加購入が生じ、それに伴い独学の進め方にも支障が出てきてしまいます。

社会保険労務士を独学で勉強するデメリット

出典: https://freedom777ie.xsrv.jp

社会保険労務士を独学で勉強する場合は、外的要因に縛られる事なく「自由度が高い」という事から様々なメリットが挙げられました。しかし、この自由度が高いことが要因でデメリットが生じてしまう結果という事から、表裏一体である事が分かります。最終的に「効率×継続」と重要な要素から、個人的な事情に適切な方法なのかメリット・デメリットを比較して考慮する必要がありますので、ここではデメリットに焦点を当てて解説していきます。

全て自分でやる必要がある

出典: https://studyhacker.net

社会保険労務士の難易度から、勉強効率を考慮する場合に認識しておかなければならないのは、独学の場合「全てやる必要がある」という事です。全て自分でやるというのは、予備校や通信教育で大切な「質問」による疑問解消も自分で行うという事です。勉強では理解出来ない部分や知らない用語などに遭遇しますが、このような疑問を解消する際は聞くという事も効率よく進める方法です。

出典: http://rdi.jp

したがって、独学では知らない用語を調べる事、また理解出来ない箇所に関しては自分の理解の範疇にとどまります。ここで理解を助けるためにWeb検索を活用しますが、インターネット上には情報が多く、その中から正確な情報を探し出すのには時間がかかってしまう可能性が高いです。さらに時間をかけて調べた挙句、何も解決に結びつかないこともありますので、逆に効率が悪い方向に進む場合もあります。

ペースメーカー的存在がいない

出典: https://long-commuting.jp

ペースメーカー的な存在がいない事も独学の困難さに結び付きます。上述では時間の自由度のメリットを挙げていましたが、このメリットが裏目に出てデメリットとなりました。通信講座や通学での勉強であれば、社会保険労務士の試験に向けてカリキュラムが組まれており、カリキュラムの通りに進めると合格点に到達する事ができます。そしてカリキュラムから遅れている場合は声掛けによって背中を押してくれるのです。

出典: https://lbodys.jp

しかし、独学ではこのように目標までのペース(継続)を支えてくれる人がいないため、自己管理を徹底して自分で自分のペースを一定に保つ必要があります。独学で勉強する場合は「モチベーション維持」が重要ですので、いかにモチベーションを維持し続けるかを考えなければなりません。

簡単に諦める事ができる

出典: https://yuchrszk.blogspot.com

社会保険労務士の勉強に必要な時間は、1000時間だという事から分かる通り、社会保険労務士の資格試験は生易しいものではありません。そこでデメリットとしては、「簡単に資格取得を諦める事ができる」という事が挙げられます。なぜなら、独学に要する費用面、ペースメーカー的な存在がいない事から、心理的な甘えが生じてくるからです。つまり、危機感がないことによって、心が折れたのであればすぐに諦める結果に至ります。

社会保険労務士の独学に向いている人

出典: https://www.nomura.co.jp

社会保険労務士の独学に向いている人といえば、上述で解説したデメリットを補う事ができるといった特徴があります。社会保険労務士の資格取得は困難な事から、独学で勉強する場合は特に重要な要素だという事ができますが、向いている人をマネる事によって独学での合格率は飛躍すると言えるでしょう。それでは早速、独学に向いている人を紹介していきます。

自由を上手く利用できる人

出典: https://www.excite.co.jp

社会保険労務士を独学で勉強する場合は、上述で解説したメリット・デメリットの要因である、「時間が自由」という事に触れました。それでは、どのような人がメリットを享受できるのか、それが「自由を上手く利用できる人」という事になります。つまり、計画から実行まで一定のペースで、継続していく事ができるという事です。

モチベーションが高い人

出典: https://fuminners.jp

社会保険労務士の資格試験へ向けて重要な事が、「モチベーション維持」です。したがって、モチベーションの低下を補う事ができる要素として、「モチベーションが高い人」というのが向いている人だといえるでしょう。モチベーションが高い人というのは、社会保険労務士に対しての期待から生じてくるものや、社会保険労務士の資格に関わらず、資格取得への目的(自己向上)など挑戦心がある人だと細分化できます。

自制心が強い人

出典: https://www.lifehacker.jp

社会保険労務士の資格試験(目標)から合格(目標達成)と考えるのであれば、独学に向いている人は「自制心が強い人」でなければなりません。上述では独学のデメリットとして、すぐに諦める事やペースメーカー的な存在がいないなど挙げていましたが、自制心が強い人であればあらゆる誘惑に負ける事なく、目標に向けて邁進できます。

社会保険労務士は独学でも合格できる!

出典: http://www.sharo-miyagi.com

社会保険労務士の資格は勉強時間が「1000時間」とのことから、独学に必要な勉強時間を目安にする事ができます。さらに、「効率×継続」の観点によって、独学の勉強における進め方から、勉強方法のコツなどを考慮するのであれば、社会保険労務士の合格水準に近づく事ができます。最終的に独学のメリットやデメリットなどを解説しましたので、個々人の事情に適しているのか、勉強を進める前の準備に活かしてみてください。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ