セブンカード・プラスの締め日・支払日は?確定日や残高不足の対処法も!

今回は、セブンカード・プラスの締め日、支払日などの請求スケジュールをご紹介していきます。また、セブンカード・プラスが残高不足にならないためにしっかり締め日を把握して、対処する方法や利用可能枠を回復するための方法、そして反映スケジュールも紹介していきます。

セブンカード・プラスの締め日・支払日は?確定日や残高不足の対処法も!のイメージ

目次

  1. セブンカード・プラスの締め日・支払日
  2. セブンカード・プラスのその他の支払方法での締め日
  3. セブンカード・プラスが残高不足だった場合は?
  4. セブンカード・プラスの引き落とし時間
  5. セブンカード・プラスの利用限度額
  6. セブンカード・プラスの締め日・支払日についてのまとめ

セブンカード・プラスの締め日・支払日

出典: https://card.kinri.jp

セブンカード・プラスは、セブン&アイの系列で使用すると割引があったり、ポイントの還元率が高くなるクレジットカードです。また、初年度の年会費が無料でその後も年間5万円を超えて使用すると年会費が無料になります。そして、年間の利用金額が一定額を超えるとボーナスポイントがもらえたりととても便利なカードなので、メインのカードとしても使っている方も多いのではないでしょうか。

また、提携ブランドはVISAとJCBです。そして利用金額に応じてnanacoポイントが貯まります。このnanacoポイントの還元率は通常0.5%で200円で1ポイントが貯まる仕組みです。セブン&アイグループで使用すればさらに還元率があがります。そして、セブンカードはこのnanacoポイントを、1ポイントから使うことができます。また、ETCカードの発行手数料や年会費も無料のクレジットカードです。

出典: https://www.jcb.co.jp

そんなセブンカード・プラスの支払いスケジュールや確定日はどうなっているのでしょうか。カードを複数持っている方は特に支払いスケジュールがばらばらでわからなくなってしまうこともあります。また、コールセンターは繋がりにくい場合もあるので、確実に引き落としができるように一度セブンカード・プラスの締め日や確定日の請求スケジュールを確認しておきましょう。では、それぞれ詳しくみていきましょう。

請求スケジュール・確定日

出典: https://www.7card.co.jp

セブンカード・プラスの請求スケジュールは、基本的に締め日が15日で請求の仮確定日が23日です。また、請求の確定は翌月の月初めになっています。そして、支払日は毎月10日になっています。請求の確定日は、基本的に翌月の月初めですが金融機関によって多少のずれがあります。なので、注意しておきましょう。また、支払日が土日や祝日の場合は、翌営業日が引き落とし日になります。
 

そして、セブンカード・プラスの利用スケジュールは、16日から15日の1か月間の利用金額が仮確定日となり、その後原則締め日が10日となっています。しかし、例外としてセブンカードの加盟店の事務処理の事情で確定日がずれこんでしまい、翌々月の請求になる場合もあります。また、リボ払いやキャッシングがある場合には1回払いも含めたこれらの合計額が請求されます。

ボーナス1回払いの場合は?

出典: https://no-genkin.com

セブンカード・プラスでボーナス1回払いの場合はどうなるのでしょう。セブンカード・プラスの支払い月は利用したお店ごとに変わってきます。また、支払い月を選べるお店もあります。お店別の支払いサイクルは、セブンカード系列のイトーヨーカドーやヨークマートは、12月1日から6月15日までの利用分は、8月10日が支払日になります。また、7月1日から11月15日までの利用分は、1月10日が支払日になります。

出典: https://tsucreca.com

また、その他のセブンカードのJCBとVISAの加盟店では12月16日から6月15日までの利用分は8月10日が支払日になり、7月16日から11月15日までの利用分は、1月10日が支払日になります。また、支払日が土日や祝日の場合は、通常の支払日と同じで翌営業日が支払日になります。加盟店によっては、ボーナス1回払いに対応していないところもあるので注意してください。次に、セブンカードの締め日についてみていきます。

Thumbセブンカードの年会費は無料?お得なポイント獲得方法も解説!

セブンカード・プラスのその他の支払方法での締め日

出典: https://momonestyle.com

セブンカード・プラスのその他の請求スケジュールや締め日は、どうなっているのでしょうか。ここからは、一括払いとボーナス1回払い以外の2回払いの締め日や支払日。また、スキップ払い、リボ払い、分割払いの支払い方法の締め日、支払日についてご紹介していきます。それでは、それぞれの締め日、支払日についてみていきます。

2回払いの場合の締め日・支払日

出典: https://cktt.jp

セブンカード・プラスで2回払いで支払いをした場合の締め日は、毎月15日です。また、確定日は、翌月の初め頃になっています。そして、支払日は、翌月の10日と翌々月の10日の2回となります。セブンカード・プラスは、国内の買い物であれば2回払いの手数料が無料なのも特徴です。では、次にセブンカードでスキップ払いをした場合の締め日と支払日についてみていきます。

スキップ払いの場合の締め日・支払日

出典: https://www.dixonmarinephotography.com

セブンカード・プラスでスキップ払いをした場合は、支払日を自分で調節することができます。1括払いをしたお買い物の支払月を最大で6か月先まで延長することができる方法です。また、セブンカードは、6か月の間で支払い月を選ぶことができます。そして、スキップ払いで指定した支払月に1括払いの利用額とスキップ払いをした利用額、そしてスキップ払いの手数料をあわせた金額を支払います。

締め日は通常と同じ15日です。また、1回払いからスキップ払いに変更したい場合は、どうすればいいのかというと支払日である10日より5営業日前までに、セブンカードに連絡をすることで変更することができます。ちなみにスキップ払いに支払い方法を変更する場合は、1回払いで利用した分の利用額のみ変更することができます。次にリボ払いの締め日と支払日についてみていきます。

リボ払いの場合の締め日・支払日

出典: https://www.7card.co.jp

リボ払いは、毎月の支払額を一定にして支払う方法です。毎月支払額が変わらず支払いも手軽になり管理もしやすいですが、手数料が高いので注意が必要です。リボ払いの手数料は、実質年率15%です。そして毎月の利用金額や件数に関係なく設定した支払額にプラスして手数料を払う方法なので、元金が減りにくいのも特徴です。それでは、セブンカードでリボ払いを利用した場合の締め日についてみていきます。締め日は、15日です。

また、確定日は、翌月の初め頃です。そして、支払日は毎月10日になります。ただし、他の支払い方法と同じで支払日が土日祝日の場合は、翌営業日が支払日になります。また、この支払日に設定した金額に手数料が上乗せされて請求されます。リボ払いは、5000円、10000円、20000円の10000円単位で支払い額を設定できます。では、次に分割払いの場合の締め日と支払日についてみていきます。

分割払いの場合の締め日・支払日

出典: https://creditcard-plus.net

セブンカードで分割払いをした場合の締め日と支払日はこちらです。締め日も15日で、確定日は、翌月初め頃です。支払日も同じように毎月10日になっています。支払日が土日や祝日の場合も他の支払い方法と同じで翌営業日が支払日になります。また、分割払いには、9種類の分割回数から選ぶことができます。

そして、9種類の分割回数はこちらです。3回、5回、6回、10回、12回、15回、18回、20回、24回の9種類の分割回数があります。しかし、この分割回数以外の支払い回数を選ぶことができる加盟店もあるので、分割回数はこの限りではありません。また、分割払いも実質年率15%がかかります。

出典: https://www.dixonmarinephotography.com

ここまで、分割払いの支払日と締め日、また、リボ払いやスキップ払いなどの締め日、支払日などを確認していきました。締め日や支払日を確認していても、セブンカード・プラスの請求が残高不足で銀行から引き落としができなかった場合は、どうなるのでしょうか。ここからは、セブンカード・プラスが残高不足だった場合は、どう対処すればいいのかご紹介していきます。

Thumbセブンカード・プラスのゴールドのインビテーション条件は?利用実績も!

セブンカード・プラスが残高不足だった場合は?

出典: https://blog.goo.ne.jp

支払日や請求確定日を把握していても、うっかり口座にお金を入れるのを忘れてしまっていたなんてこともあります。また、クレジットカードの支払いは請求額より1円でも足りなければ引き落としができないので、他の支払いと被ってしまい残高不足になってしまうこともあります。

クレジットカードの引き落としでできていないと慌ててしまいます。もし、残高不足だった場合はどうすればいいのでしょうか。残高不足の場合の対処法として再度引き落としと振り込み入金という方法があります。ここからは、残高不足だった場合に再引き落としの方法と振り込み入金の方法について紹介していきます。

再度引き落とし

出典: https://creditcard-123.com

セブンカード・プラスが残高不足だった場合の対処法として再引き落としという方法があります。この方法は、10日の支払日に引き落としができなかった場合に自動で再引き落としができる方法です。しかし、再引き落としがかかる回数は、金融機関によって変わってきます。

しかし、引き落とし日の後に何度も再引き落としができる銀行もあれば、その後、1度しか再引き落としがかからない銀行もあります。また、再引き落としに対応していない銀行もあります。また、銀行によって再引き落としの時間も変わってきます。再引き落としに対応している銀行なのか引き落とし時間は何時なのかをセブンカードに一度電話をして確認しておくと安心です。

振込入金という方法もある

出典: https://kurihara-office.com

セブンカード・プラスが残高不足だった場合に、再引き落とし以外にも振り込み入金という方法もあります。振り込み入金は、引き落としができなかった利用額を振込する方法です。ここで注意したいのが、再引き落としがされる銀行を使っている場合です。振り込み入金をした後に、再引き落としによって銀行から引き落としされると二重で払ってしまうことになります。

なので、振り込み入金をする場合も再引き落としが行われる銀行であるのか、また、何回再引き落としされるのかをセブンカードに確認しておくことで、二重に引き落とされるのを防ぐことができます。しかし、再引き落としによって二重で引き落とされてしまっても後日返金になるので、払いすぎることはないので安心してください。

セブンカード・プラスの引き落とし時間

出典: https://www.dixonmarinephotography.com

ここからは、セゾンカード・プラスの引き落とし時間はいつなのかご紹介していきます。残高不足になる前に請求金額を口座に入れることができていないことに気づいた場合や忙しくて口座へお金をいれるのがぎりぎりになってしまった場合など残高不足にならないか気になるのが、引き落とし時間です。支払日の引き落とし時間は3種類あるのでご紹介していきます。

支払日の引き落とし時間は3種類

出典: https://192abc.com

支払日の引き落とし時間は、金融機関によって変わってくるのですが、金融機関の引き落とし時間は3種類のパターンがあります。1つ目は支払日である10日に何回か引き落としがかかるパターンです。そして、2つ目は、支払日の10日に金融機関が決めている時間に引き落としがかかるパターンです。3つ目が、支払日の10日になった時点で引き落としがかかってしまうパターンです。

また、メガバンクは支払日の当日の0時が引き落とし時間になっているパターンが多いのですが、その後24時までの間で再度引き落としがかかるようになっています。なので、引き落とし時間を確認しておくことで確実に口座から引き落とすことができます。また、ゆうちょ銀行は9時が引き落とし時間になっています。大手の地方銀行も引き落とし時間が当日0時になっているパターンが多いです。

出典: https://blog.gtwang.org

口座への入金が遅れてしまった場合、残高不足にならないために引き落とし時間は、重要になります。残高不足になってしまわない為にも、あらかじめ金融機関に確認しておくと安心です。そして、ここからはもう1つ気になるポイントになる、セゾンカード・プラスの利用限度額についてご紹介していきます。

セブンカード・プラスの利用限度額

出典: https://did2memo.net

ここからは、セゾンカード・プラスの利用限度額についてご紹介していきます。クレジットカードは、人によって利用限度額がかわってきます。セゾンカード・プラスの利用限度額も同じです。ここでは、セブンカード・プラスの利用限度額の計算方法、利用可能枠を回復する方法、利用可能枠の反映について順番にご紹介していきます。

利用可能枠の計算方法

出典: https://www.7card.co.jp

利用可能枠の計算方法は、こちらです。利用限度額から利用残高を引いた金額が利用可能枠になります。また、請求金額を支払った後の利用可能枠は、こちらです。今の利用可能枠と請求金額をあわせた金額が利用可能枠になります。1回払い以外のリボ払いなどを利用した場合は、手数料を含めた請求金額から手数料を引いた金額は、利用可能枠という計算になります。

また、セブンカード・プラスの利用可能枠を増額する場合には、審査があります。この審査に通ることでショッピングの利用可能枠やキャッシングの利用可能枠を増やすことができるのです。この審査は年収やクレジットヒストリーやカードのランクなどから決まります。

利用可能枠を回復する方法

出典: https://number-eight.net

ここからは、利用可能枠を回復する方法をご紹介していきます。セゾンカード・プラスの請求確定日は、23日になっています。この請求確定日を過ぎると利用金額を振り込み入金することができ、利用可能枠を回復することができます。また、早く利用可能枠を回復したい場合には14時までに振り込み入金の手続きをすることで、翌営業日に利用可能枠を回復することができます。

ただし、振り込み入金をする場合は入金をする時期によっては、口座から再度引き落としがかかってしまうことがあります。セブンカードから銀行に請求データを送ってしまった後では、口座への引き落としがかかってしまいます。なので、口座にお金を入れずに残高不足にしておくか、二重で引き落とされた金額を返金してもらうかのいずれかの方法になるので、注意が必要です。
 

利用可能枠の反映

出典: https://card.kinri.jp

一般的にクレジットカードの利用可能枠の反映は、引き落としがあった後1週間くらいかかります。では、セゾンカード・プラスの場合も同じかというと、セゾンカード・プラスは引き落とし金額は即日反映するようになっています。しかし、これはショッピングの場合でキャッシングの場合は、入金の確認ができてから利用可能枠を回復する仕組みになっています。

なので、基本的に支払日の10日に反映されるようになります。また、キャッシングの利用可能枠の反映は、引き落としが確認できた時点での反映となります。この確認がされるタイミングは支払日から3日から5日ほどかかることが多いようです。また、利用可能枠が反映しない場合もあるのでその場合はセブンカードのコールセンターに問い合わせをすることをおすすめします。

セブンカード・プラスの締め日・支払日についてのまとめ

出典: https://www.sendai-sfc.com

今回は、セブンカード・プラスの請求スケジュールや確定日などについてご紹介しました。また、各支払い方法によっても支払い時期がかわってきたり、手数料がかかる場合もあります。複数のクレジットカードを持っている方は、請求スケジュールの確認に参考にしてみてください。そして、もし残高不足になった場合も再引き落としや振り込み入金などの方法があります。引き落とし時間などに気をつけて引き落としできるようにしておきましょう。

Thumbセブンカード・プラスの解約はWebでできる?手続き方法や注意点も!

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ