労働基準法違反になるケースまとめ!罰則の内容や事例も紹介!

雇用する側においても、される側においても、働く上で各ルールを把握しておくことは非常に重要となりますが、避けるべき「労働基準法違反」とはどのようなものがあるのでしょうか。そこで今回は罰則の内容や事例も紹介しながら、「労働基準法違反になるケース」をまとめています。

労働基準法違反になるケースまとめ!罰則の内容や事例も紹介!のイメージ

目次

  1. 労働基準法とは?
  2. 労働基準法違反になるケース
  3. 労働基準法違反の罰則の内容
  4. 労働基準法違反で逮捕された事例
  5. 労働基準法違反で書類送検された事例
  6. 労働基準法違反の罰則規定
  7. 労働基準法違反になる残業
  8. 労働基準法違反を対処する方法
  9. 労働基準法違反になるケースまとめ

労働基準法とは?

労働基準法について知っておこう

出典: https://weban.jp

基本的に会社は労働基準法を守る義務があるため、働くときには労働基準法の最低限な内容を知っておくと便利です。では、具体的に労働基準法とはどのようなものなのでしょうか。ここからは労働基準法について紹介していきます。

労働者を守るための法律

出典: https://www.tablet-time-recorder.net

労働基準法とは労働者を守るための法律であり、労働者が適切な環境・状態で働けていないことは労働基準法違反になります。一般的に労働者と会社では、会社の方が立場が上であるため労働者が不利な立場になることが多いです。そこで、立場が弱い労働者を守るために労働基準法ができました。

労働基準法の対象者

出典: https://zangyou.org

この労働基準法の対象者は正社員だけではなく、労働をしている人が該当するため、契約社員や派遣社員、アルバイト、パートなども全て含まれます。正社員以外の雇用形態で働くときも労働機銃法違反になっていないかを判断するために、最低限な知識を知っておくことがおすすめです。

個人事業主は?

出典: http://www.office-ebisu.jp

仕事をするときの雇用形態には独立した「個人事業主」がありますが、個人事業主は会社と雇用契約を結んでおらず、労働力を提供していても労働者ではないため、長時間働いたとしても労働基準法違反にはなりません。個人事業主の場合は、仕事をするときの条件に注意することが大切です。

労働基準法は労働者の権利でもある

出典: https://rebe-career.co.jp

労働基準法は労働者を守る法律ですが、同時に労働者の正当な権利でもあります。つまり、労働基準法を正しく知ることで正当な権利を主張できます。

労働基準法違反になるケース

違反するケースとは?逮捕や書類送検されることも

出典: https://www.legiotec.co.jp

労働基準法について知るときは、内容だけでなく労働基準法違反になる場合を知っておくと、判断しやすくなるためおすすめです。では、どのようなときに労働基準法違反になるのでしょうか。ここからは労働基準法違反になるケース・事例を説明していきます。

労働者は違反になるケースを知るべき

出典: https://rebe-career.co.jp

労働基準法に違反すると、行政指導の対象となり書類送検や逮捕される場合もありますが、明るみになっていることは少ないです。労働基準法違反になるケース・事例を知っていれば、劣悪な環境を避けることができ、労働者の権利も正しく主張できます。

労働時間や残業の違反

出典: https://www.smbc-card.com

労働基準法違反になるケース・事例で最も多いのは、労働者時間や残業に関するものです。基本的に労働時間は1日8時間、週に40時間以内となります。夜勤がある仕事であれば1日に10時間以上働くこともありますが、変形労働時間制という規定内であれば問題ありません。

残業代が出ない残業は違法

出典: https://withwork.jp

週40時間を超えて働く場合は残業扱いになりますが、サブロク協定を結んでいないと違反になります。主に労働基準法違反になる事例では協定を結ばずに残業を行うサービス残業によるものが多いです。

残業代や手当ての違反

出典: https://www.zangyou.jp

労働基準法違反になるものでも、残業代や手当に関するものの事例も多くあります。休日出勤や深夜の労働は労働基準法によって手当が支給されるように規定されていますが、サービス残業扱いになっていることや、規定されている金額の残業代や手当が支払われないこともあります。

基礎時給に一定の割合をかけたものが支給される

出典: https://zanreko.com

通常深夜や休日に労働すると労働基準法で規定されている割合をかけた金額が手当として支給されます。例えば深夜労働であれば基礎時給の1.25倍になり、休日で深夜労働になると1.6倍になります。労働基準法違反になる事例では、適切な割合の手当が支払われいないことが多いです。

給与の違反

出典: https://media.moneyforward.com

給与で労働基準法違反になる事例のほとんどは最低賃金を下回っていることです。会社によって時給などの給与は規定されていますが、最低賃金を上回っていなければなりません。

分割払いや遅れも違反

出典: https://hataraquest.com

給与に関する労働基準法違反になる事例には、最低賃金を下回っていることだけでなく、給与の一部しか支払われていない場合や、給料日に振り込まれないことも労働基準法違反に該当します。

法定休日の違反

出典: https://www.fukuoka-roumu.jp

仕事をしていると休みが必要であり、法定休日というものが規定されています。法定休日とは週1回の休日を与えられている権利であり、週に1回も休みがないのは労働基準法違反になり、ブラック企業で多い違反事例です。

法定休日とサブロク協定

出典: https://roudou-pro.com

法定休日も残業に必要なサブロク協定と密接な関係があり、サブロク協定を結んでいれば法定休日がなくても労働基準法の違反にはなりません。しかし、休日手当などが支払われていないと違反になるので要注意です。

休憩時間の違反

出典: https://hataractive.jp

休憩時間も労働基準法違反になる事例ではよくあります。休憩時間は6時間を超える労働であれば設ける必要があり、最低でも45分間必要です。しかし、この時間よりも少ない休憩時間で働いていることが多くあり、過労によって健康被害がでることもあります。

休憩時間も規定されている

出典: https://biyou-houmu.com

6時間以上であれば45分の休憩時間が必要であり、8時間以上であれば60分以上の休憩が必要です。しかし、人手不足の職場であれば、満足に休憩時間が取れないことで労働基準法違反になる事例が多いです。

労働者の妊娠・出産の違反

出典: https://www.epochtimes.jp

近年問題になっている労働基準法違反になる事例は、労働者が妊娠・出産をするときの会社側の対応です。労働基準法では、妊娠や出産に関しても規定されており、産休や育休を取得できるようになっています。

産休や育休を取得できないといけない

出典: https://kosodate-march.jp

労働基準法違反になる事例では、出産後の休暇を認めていないことや、妊娠している人に無理に残業させることが該当します。また、育児に必要な時間(休暇)を与えないことも労働基準法違反に該当します。

労働条件の違反

出典: https://www.fukuoka-roumu.jp

企業に就職するときに注意したいことが規定されている労働条件です。労働基準法違反になる事例では、労働条件を明らかにしていないことが多いです。就業規則や労働条件を明確にしていないことは労働基準法違反となります。

入社時に提示されないと違法

出典: https://hataractive.jp

就職活動を行っているときに労働条件を提示されなかったり、入社前に提示された条件と変わっている場合は労働基準法違反となります。会社は労働条件を労働者に明らかにするため、周知したり、職場のわかりやすい場所に掲示する必要があります。

労災の違反

出典: https://roudou-pro.com

使用者は労働者に対して安全に労働できる環境を提供する義務があり、仕事中にケガをしたり、病気になった場合は労働災害扱いになります。労働基準法違反になる事例では、仕事中のケガでも労災扱いにならないことです。

労災を隠そうとすることが多い

出典: https://best-legal.jp

会社は労働者が労災(事故)を起こした場合は、労働基準監督署に報告する必要があります。報告することで労働者は適切な補償を受けることができますが、危険な仕事をさせている事実が生まれてしまうので、隠そうとする使用者は多いです。

解雇の違反

出典: https://roudou-pro.com

解雇に関する内容も労働基準法で決まっています。基本的に会社が労働者を解雇する場合は30日前に予告する必要がありますが、予告なしに解雇して労働基準法違反になる事例は少なくありません。

予告がなければ30日分の賃金の支払い義務がある

出典: https://gozal.cc

予告なしに労働者を解雇する場合、会社は労働者に対して30日分の給与を支払う必要があります。この予告なし解雇が違法であることを認識していない労働者は多く表面化していませんが、このような事例は非常に多いです。

その他違反

出典: https://business.bengo4.com

ここまで紹介した労働基準法の違反事例以外にも、差別的な扱いを受けたり、違反していることを申告したことによって不利益が生じた場合も労働基準法違反となります。また15歳以下の児童を働かせた場合も労働基準法違反となり、健康を害さない範囲であれば行政の許可を得なければなりません。

違反するケースをよく知っておこう

出典: https://intelivia.jp

労働基準法の違反事例を知っていれば、普段の仕事が正当な条件なのかどうかも判断できます。違反する場合を知ることで自分の身を守ることに繋がります。

労働基準法違反の罰則の内容

違反すると逮捕・書類送検されて罰則がある

出典: https://biz.moneyforward.com

労働基準法に違反すると、内容に対応した罰則が用意されています。では、具体的に労働基準法に違反したときにはどのような罰則があるのでしょうか。ここからは労働基準法に違反した場合の罰則内容を紹介していきます。

違反した場合の罰則

出典: http://www.onehands.net

労働基準法違反の場合、主に罰金か懲役による罰則があります。重いものであれば1年以上・10年未満の懲役か20万円以上・300万円以下の罰金になります。軽いものであれば30万円以下の罰金だけのものがありますが、裁判で有罪判決が出れば前科持ちになってしまいます。

経営者や会社が罰則を受ける

出典: https://toyokeizai.net

労働基準法違反で罰則を受けるのは、「使用者」です。使用者とは、実質の仕事の権限を持つ人のことであり、主に経営者が該当しますが、部長や店長、マネージャーなど事業における業務命令を出せる人や指揮監督を行う人も使用者になるケースもあるため要注意です。

罰則があるので注意が必要

出典: https://hataraquest.com

労働基準法は労働者にとって身近な法律ですが、重要度は高く違反すると逮捕・書類送検されることもあります。逮捕されると違反した会社だと明るみになり会社の評判も悪くなります。

労働基準法違反で逮捕された事例

逮捕・書類送検された事例を知っておこう

出典: https://www.travelvoice.jp

労働基準法に違反すると場合によって逮捕されることもあります。では、具体的にどのようなときに逮捕されてしまうのでしょうか。ここからは労働基準法違反で逮捕された事例を説明していきます。

長時間労働からおこる労災事故

出典: https://www.ais-hoken.co.jp

過去に労働基準法違反で逮捕された事例に、労災事故を起こしてしまい、使用者が逮捕されたものがあります。この逮捕事例では、労働者に長時間労働を強要し、過労状態にありながら働かせたことが労働基準法違反に該当しました。この逮捕事例では自動車運転の代行業務を行っている労働者が事故を起こし、使用者は1年6ヵ月の懲役の罰則が命じられました。

最低賃金の違反

出典: https://monstar.ch

労働基準法では最低賃金も取り決められており、定められている最低賃金よりも低いと逮捕・書類送検の対象となります。一般的に労働基準法違反している場合でも、行政指導が入る程度で留まりますが、行政指導を無視し続けると逮捕されることもあり、実際に書類送検された事例も多くあります。

逮捕・書類送検されることは少なくない

出典: http://www.siruzou.jp

労働基準法に違反することで逮捕されることも少なくありません。逮捕されると会社に与えるマイナスな影響は大きいため注意する必要があります。

労働基準法違反で書類送検された事例

書類送検された事例を知っておこう

出典: https://www.kintaisystem.com

労働基準法違反では逮捕に至らなくても書類送検されることも少なくありません。では、具体的にどのようなときに書類送検されるのでしょうか。ここからは労働基準法違反で書類送検された事例を紹介していきます。

賃金不払いの違反

出典: https://www.rodo.co.jp

小さい事業者で起こりうる書類送検の事例は、賃金不払いの違反です。主に所定の支払日に賃金を支給しないと労働基準法に違反しますが、多くの場合は使用者と労働者の交渉によって解決するため書類送検に至ることはありません。同時に複数の労働者の賃金が支払われていない状態や、最低賃金を下回っており、行政指導を無視した場合に書類送検されます。

労働時間の違反

出典: https://biz.moneyforward.com

労働基準法に違反して書類送検をされるケースで最も多いのは、労働時間による違反です。主に長時間労働による過労状態で労災事故が起きることで発覚するケースが多いです。行政指導に従わなかった場合に書類送検、事故が大きければ逮捕にも繋がります。

最低賃金の違反

出典: https://www.fukuoka-roumu.jp

労働基準法でも特に注意が必要なものが最低賃金です。最低賃金は毎年変更することもあり、変更していない場合は行政指導の対象となります。繰り返される行政指導を無視し続けることで、書類送検の対象となります。

虚偽陳述で送検

出典: https://gentosha-go.com

労働基準法に関する行政指導や監査を行ったときに、虚偽の書類を提出したり報告をすることで書類送検の対象となります。労働基準監督官は使用者に対して帳簿や書類の提出を求めることができるため、事態が明るみになることが多いです。

書類送検された事例から学ぼう

出典: https://keiji-pro.com

書類送検されたり、逮捕された事例を知っておけば事前に労働基準法違反を防ぐ対策も可能です。大事なことは労働基準法を知り、適切な職場を作ることです。

労働基準法違反の罰則規定

労働基準法違反の罰則規定を知っておこう

出典: https://www.kintaisystem.com

労働基準法について知るときはどのような罰則規定があるかを知ることも大切です。では、労働基準法違反になるとどのような罰則規定があるのでしょうか。ここからは労働基準法違反の罰則規定を説明していきます。

強制労働の禁止は罰則が重い

出典: https://workcloudblog.wordpress.com

「強制労働の禁止」というものがあります。これは使用者が暴力や脅迫によって労働を強制させることであり、罰則は「1年以上10年以下の懲役」もしくは「20万円以上300万円以下の罰金」と規定されています。さまざまな罰則の中でも特に重い規定です。

30万円以下の罰金になる違反は?

出典: https://hataractive.jp

労働基準法違反の罰則の中でも比較的軽い「30万円以下の罰金」ものには、「労働条件の明示」や「賃金の支払い」などが該当します。規定されている内容に違反すると罰則が科せられます。

1年以下の懲役または50万円以下の罰金は?

出典: https://keieinoanshinantei.com

「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」が罰則とされている違反には、主に労働者の年齢に関するものが該当します。例えば、「最低年齢」に関するものや「年少者の坑内労働の禁止」が該当します。比較的罰則規定が重い違反になるため注意が必要です。

6ヵ月以下の懲役または30万円以下の罰金は?

出典: https://biz.moneyforward.com

「6ヵ月以下の懲役または30万円以下の罰金」が罰則になっているものは、労働基準法違反の中でも特に問題視されることが多いものが規定されています。例えば、「労働時間」や「休憩時間」、「解雇通告」が該当します。

罰則規定も知っておこう

出典: https://www.keijihiroba.com

労働基準法の罰則規定を知ることで、労働基準法の重要性を知ることが可能です。労働条件や就業規則を作成するときの参考にもなるため、詳細まで把握することがおすすめです。

労働基準法違反になる残業

労働基準法違反になる残業について知っておこう

出典: https://zangyohiroba.com

労働基準法を取り上げるときに、題材として上がりやすいものに「残業」があります。実際に労働基準法の規定に違反している残業は多くあるため、規定を理解することがおすすめです。では、具体的に残業はどのように規定されているのでしょうか。ここからは労働基準法違反になる残業について紹介していきます。

週40時間以上の残業は違反

出典: https://mybestjob.jp

基本的な労働基準法では、週に40時間以上働くと違法になり、罰則が規定されています。週に40時間以上働いた場合は残業扱いになり、別で規定された協定を結ぶ必要があります。

サブロク協定とは?

出典: https://zangyohiroba.com

残業するために必要なのが「サブロク協定」であり、サブロク協定を結ぶことで従業員に残業をさせることが可能です。しかし、サブロク協定を結んで残業させられる場合でも、時間に見合った賃金を支払わなければなりません。

なぜ残業があるのか?

出典: https://toyokeizai.net

このサブロク協定を結ぶことで、週40時間以上でも働くことができるため残業が発生します。会社は従業員とサブロク協定を結ばなければ残業はできず、その分の人員を確保しなければなりません。そのため、会社は従業員とサブロク協定を結んで残業をさせた方が効率が良いと考えています。

変形労働時間制も時間の範囲はある

出典: https://www.aspex.co.jp

労働基準法では1日の労働時間は8時間と決まっていますが、夜勤などの場合は8時間を超えてしまいます。この場合は変形労働時間制というものがあり、週40時間を超えなければ1日の労働時間が多くても違反になりません。

無制限に残業できるわけではない

出典: https://hataractive.jp

サブロク協定を結べば無制限に残業ができるわけではなく、月に45時間までしか残業はできません。つまり、月に45時間以上残業していると罰則の対象となり、行政指導を無視すると書類送検・逮捕に至るケースもあります。

労働基準法違反を対処する方法

労働基準法違反を対処する方法も重要

出典: https://kigyosapo.com

自分が働いている会社が労働基準法に違反していても、その問題に対して対処しなければ状態は変わりません。では、会社が労働基準法に違反している場合はどのように対処すればよいのでしょうか。ここからは労働基準法違反に対処する方法を説明していきます。

労働基準監督署に通報する

出典: http://stress-navi.jp

まず、考えられる方法は労働基準監督署に通報することです。通報すると、労働基準法に則った具体的なアドバイスをもらうことができ、自分で対処することが可能です。

窓口で対処法を聞く

出典: https://www.mhlw.go.jp

基本的に通報すると労働基準監督署の窓口で具体的な対処法に関するアドバイスをもらえます。労働基準法に詳しくない人でも、内容を理解できるように説明してくれるため安心です。

悪質な場合調査してくれる

出典: https://www.kintaisystem.com

労働基準監督署に相談しても、基本的にはアドバイスを貰うだけですが、悪質な場合は労働基準監督署が調査する場合があります。調査の結果によって、行政指導から書類送検、逮捕といった対処を行います。

必ず動いてくれるわけではない

出典: https://www.kintaisystem.com

労働基準監督署に通報するときの注意点は、必ず調査のために動いてくれるわけではないことです。現在では労働基準監督官は人手不足であり、より緊急性が高い案件の対処を行っているため、実際に調査されることは少ないです。

自分で対処できる術を身に付けよう

出典: https://pj-freedom.com

労働基準監督署が問題に対して動いてくれることは少ないため、正しく労働基準法を知り、自分の身は自分で守れるようにしておくことが大切です。

労働基準法違反になるケースまとめ

出典: https://legends.jp

今回は労働基準法や労働基準法に違反するケースを解説してきました。身近な労働に関する不満も、場合によっては労働基準法違反かもしれません。労働基準法は労働者を守る法律であり権利でもあるため、正しく知ることは大きな武器になります。

Thumb残業の強制は労働基準法違反にあたる?拒否できる・できないケースを解説!

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ