ファミマTカード(クレジットカード)の年会費や使い方からメリットまで!

ファミリーマートでは、Tポイントがお得に貯まるクレジット機能付きのファミマTカードを発行しています。ファミマTカードはとてもお得なクレジットカードですが、では実際に、どんな使い方やメリット・デメリットがあるのか、また年会費がかかるのかなどについて説明します。

ファミマTカード(クレジットカード)の年会費や使い方からメリットまで!のイメージ

目次

  1. ファミマTカード(クレジットカード)とは?
  2. ファミマTカード(クレジットカード)の年会費は?
  3. ファミマTカード(クレジットカード)のお得な使い方は?
  4. ファミマTカード(クレジットカード)のメリット
  5. ファミマTカード(クレジットカード)のデメリット
  6. ファミマTカード(クレジットカード)を解約するには?
  7. ファミマTカード(クレジットカード)の年会費や使い方・メリットまとめ

ファミマTカード(クレジットカード)とは?

ファミマTカード(クレジットカード)とは

出典: http://www.family.co.jp

ファミマTカードには、いくつか種類がありその中の一つにクレジット機能が付いているファミマTカードがあります。クレジット機能付きのファミマTカードは、ポケットサービス株式会社がファミリーマートとCCCと提携して発行しているクレジットカードとなっており、選べる国際ブランドは、JCBのみになります。また、リボ払い専用カードとなっています。

出典: https://www.quocard.com

その他にも、クレジット機能付きのファミマTカードは、買い物した商品に応じてTポイントが貯まるようになっており、ファミリーマートで使うと通常の使い方よりもTポイントがさらにお得に貯まるようになっています。使い方によっては、通常の何倍もの還元率でTポイントを貯めることができます。

ThumbファミマTカードの解約方法と注意点を解説!ポイントを移行するには?

ファミマTカード(クレジットカード)の年会費は?

ファミマTカードは年会費無料

出典: https://dainagoyabuilding.com

クレジット機能付きのファミマTカードは、年会費が無料です。年会費がかかるなどのデメリットがないので、持っておくだけではお金が発生しないです。また入会費も無料なので、発行するのにお金はかからないです。その他、ファミマTカードはファミリーマートで買い物をすると、通常の使い方よりもTポイントが貯まりやすくなっており、とてもお得なカードです。入会費・年会費などのデメリットがないので作っておくだけでもおすすめです。

出典: https://www.pocketcard.co.jp

その他、クレジット機能付きファミマTカードはETCカードの年会費が無料です。また、ETCカードの発行手数料も無料です。通常、クレジットカードのETCカードを発行する場合、発行手数料や年会費がかかるなどのデメリットがあります。ですが、ファミマTカードの場合はそのようなデメリットがなく発行手数料・年会費無料でETCカードを持つことができます。

ファミマTカード(クレジットカード)のお得な使い方は?

ファミリーマートの買い物でポイント2倍

出典: https://www.jr-retail.co.jp

ファミリーマートでクレジット機能付きのファミマTカードで買い物などの支払いをした場合、Tポイントが2倍貯まります。通常の使い方の場合、ファミマTカードは、買い物した商品200円につきショッピングポイントが1ポイントしか貯まらないので還元率は、0.5%になります。

出典: https://www.japannetbank.co.jp

ただし、ファミリーマートでクレジット機能付きのファミマTカードで支払いをすると、ショッピングポイントとは別に、買い物した商品200円につきクレジットポイントが1ポイント貯まります。ショッピングポイントとクレジットポイント合わせて2ポイントが貯まるので通常の使い方よりもポイント還元率が高くなります。

出典: https://josei-bigaku.jp

2倍の還元率でTポイントが貯まるので、ファミリーマートで買い物をする場合はファミマTカードを使用するとお得です。また年会費がかかるなどのデメリットもないので、ファミリーマートを使う方はファミマTカードを発行することをおすすめします。

ファミリーマートクレジット払いなら3倍キャンペーン

出典: https://ftcard.pocketcard.co.jp

さらにファミリーマートでは、クレジット機能付きのファミマTカードで買い物をした場合、Tポイントが通常の3倍貯まるキャンペーンをやっています。通常の使い方でファミマTカードを使用した場合、買い物した商品200円につきクレジットポイントは、1ポイントしか貯まらないのでポイント還元率は0.5%です。

出典: https://kuguru.jp

ただし、3倍キャンペーンによって、ファミリーマートでファミマTカードを使用した場合、買い物した商品200円につきクレジットポイントとは、別に特別ポイントが2ポイントもらえます。合計でTポイントが3ポイントも貯まるので、通常の使い方よりもポイント還元率が1.5%で3倍高いです。さらにショッピングポイントももらえるので、還元率は最大2%になります。

出典: https://www.shares.ai

とてもお得なキャンペーンなのでクレジットカードを持っていないという方は、年会費がかかるなどのデメリットもないので、ファミマTカードがおすすめです。ただし、3倍キャンペーンの注意点として、PASAカードやプリペイドカード・切手やハガキ・印紙類・チケット類・Famiポート取扱商品やサービス・公共料金等の各種代金・toto等の支払いに関しては、ポイント3倍キャンペーンの対象外となっています。

ファミランクで還元率アップ

出典: https://www.japannetbank.co.jp

ファミマTカードには、ファミランクというものがあります。ファミランクとは、ファミリーマートでファミマTカードを使用した一か月分の買い物金額に応じて、ショッピングポイントの還元率が高くなるというものです。具体的にいうと、ファミランクには「ブロンズ」「シルバー」「ゴールド」の3つのランクがあり「ゴールド」が一番還元率が高くなります。

出典: https://tsucreca.com

「ブロンズ」の場合は、一か月の買い物をした金額が0円~4999円までが対象で、「シルバー」は5000円~14999円まで、「ゴールド」は15000円以上が対象です。またポイント還元率は「ブロンズ」の場合買い物した商品200円につき1ポイントで0.5%、「シルバー」は200円につき2ポイントで1%、「ゴールド」の場合は、200円につき3ポイントで1.5%となっています。

出典: https://www.yoshinoya.com

さらに、ファミランクはクレジットポイントもつくので、「ゴールド」の場合は3倍キャーペーンと合わせると還元率3%でTポイントを貯められるのでかなりお得です。「ゴールド」までいくには毎月の支払金額が15000円以上必要ですが、その分「ゴールド」までいけばかなりポイントを貯めやすくなっています。ファミマTカードを持っている方は、コンビニなどで商品を買う場合はファミリーマートでの買い物がおすすめです。

毎週火曜・土曜はカードの日

出典: http://www.family.co.jp

ファミリーマートでは、毎週火曜・土曜にファミマTカードを提示すると、通常の使い方の3倍のショッピングポイントがもらえる「カードの日」というものがあります。また、「カードの日」では毎週火曜・土曜にクレジットカード機能付きのファミマTカードで支払いをすると、クレジットポイントが通常の使い方の2倍貯まります。毎週火曜・土曜にファミマTカードを使用すればデメリットなしで最大で5倍ものTポイントが貯まります。

水曜はレディースデーでポイント2倍

出典: http://www.family.co.jp

ファミリーマートでは、毎週水曜日がレディースデーとなっており、支払い方法に関係なくファミマTカードを提示すると、通常の使い方の2倍のショッピングポイントがもらえるキャンペーンをしています。通常であれば買い物した商品200円につきショッピングポイントは1ポイントしか貯まらないのが、買い物した商品200円につき2ポイントも貯まるので、女性の方は水曜日がお得です。

出典: https://gigazine.net

さらに、デメリットなどもとくになく他のキャンペーンとも併用することができるので、ファミランクが「ゴールド」でクレジットポイントなどと合わせると、最大還元率3%でTポイントを貯めることができます。女性の方でよくファミリーマートで買い物をする場合、ファミマTカードは、年会費などもかからないクレジットカードなのおすすめです。

25歳以下はポイント2倍

出典: http://www.family.co.jp

ファミマTカードは、若者応援ポイントというものがあり、25歳以下であればクレジット利用でもらえるクレジットポイントが2倍もらえるキャンぺーンをしています。通常の使い方であればファミリーマートで、ファミマTカードをクレジット払いで使用した場合、貯まるクレジットポイントは買い物した商品200円につき1ポイントで還元率は0.5%です。

出典: http://www.family.co.jp

ただし、25歳以下の場合は、ファミリーマートでファミマTカードをクレジット払いで使用した場合、貯まるクレジットポイントは、買い物した商品200円につき2ポイント貯まり、通常の使い方よりも還元率が高くお得にポイントを貯めることができます。通常の使い方よりも多くもらえるクレジットポイントは、特別ポイントと呼ばれ、翌々月の12日ごろに1か月分まとめて、加算されまます。

「今お得」で商品が割引

出典: http://www.family.co.jp

ファミリーマートでは「今お得」というキャンペーンをしています。「今お得」の対象商品が、通常の価格よりも安い特別価格で購入することができます。また、「今お得」対象商品を購入する際、ファミマTカードを提示するとさらに特別価格よりも安いファミマTカード会員特別価格で対象商品を購入することができます。ファミマTカードは年会費が無料なので、「今お得」を利用するだけでもおすすめです。

Tポイントプラスでポイントが貯まる

出典: http://www.family.co.jp

ファミリーマートでは「Tポイントプラス」というキャンペーンをしています。「Tポイントプラス」は、ファミマTカードもしくはTカードを提示してキャンペーン対象商品を購入すると、通常の使い方で貯まるポイントに、さらに対象商品ごとのTポイントが上乗せされて貯まるキャンペーンとなっています。キャンペーン対象商品の中にはTポイントが100ポイント加算されるものもあるのでお得なキャンペーンです。

ファミマTカード(クレジットカード)のメリット

Tマネーにオートチャージ可能

出典: https://card.kinri.jp

ファミマTカードはTマネーに対応しています。Tマネーとは、Tカードにお金をチャージすることで、現金などの代わりにTカードで支払える電子マネーのことです。Tマネーは、Tマネー加盟店であれば使用することができ、約20000店のお店でTマネーを使用することができます。また、Tマネーは利用月の支払い合計金額500円につきTポイントが1ポイント貯まるので、ポイント還元率は0.2%となっています。現金で支払うよりはお得です。

出典: https://bitdays.jp

Tカードのチャージ方法は、Tマネー加盟店の店頭で現金でチャージするか、クレジットカード機能付きのTカードであればWebからクレジットチャージすることができます。現金でチャージする場合は、1回1000円単位で30000円までチャージすることができ、クレジットチャージの場合は、1回3000円から1000円単位で29000円までチャージすることができます。

出典: https://tpoint-tcard.com

また、ファミマTカードでTマネーを利用するメリットとして、ファミマTカードはTマネーのオートチャージに対応しています。設定した残高をTマネーが下回ったら自動でチャージされるようになり、3000円から1000円単位で29000円までのオートチャージを設定できます。Tマネーは、還元率は低いですがTカードを出すだけで支払いできるので、現金で支払う手間やおつりなどをもらう手間を省くことができます。

電子マネーiDが使える

出典: https://card.kinri.jp

ファミマTカードは、電子マネーiD「ファミマTカードiD」が使えます。「ファミマTカードiD」とは、NTTドコモの「おサイフケータイ」のみで利用することができる電子マネーで、iD加盟店であれば後払いのクレジット決済で支払うことができます。また、ファミリーマートであれば、通常の使い方と同様に、クレジットポイントやカードの日、ファミランクなどの特典も利用できお得にポイントを貯めることができます。

出典: https://s.webry.info

また、ファミマTカードiDを利用するメリットとして、ファミリーマートでなくてもiD加盟店であればクレジットポイントが買い物した商品200円につき1ポイント貯まります。ただし、注意点として、ファミマTカードiDを利用するには、NTTドコモのおサイフケータイにファミマTカードを登録する必要があります。また、注意点として、ファミマTカードiDでカード提示で貯まるポイントを受け取る場合はファミマTカードの提示が必要になります。

ポケットモールでボーナスポイントが貯まる

出典: https://www.crecaclub.com

ポケットモールとは、ポケットポイントプラグラム対象カード、もしくはTポイント対象カードを持っている会員専用のオンラインショッピングモールです。ポケットモールを経由して、アマゾンや楽天市場などで買い物をすると、サイトごとにTポイントとポケットポイントがお得に貯まるようになっています。ただし、対象のオンラインショップの支払い方法を、ポケットポイント対象カードかTポイント対象カードに指定する必要があります。

定期的にキャンペーンを開催

出典: http://miletamechan.com

ファミマTカードのメリットとして、定期的にTポイントが貯まるお得なキャンペーンを開催しているというのがあります。過去には、春のお得なキャンぺーンとしクレジット機能付きのファミマTカードで買い物をした場合、利用月で一番金額の多かった買い物の3%をキャッシュバックするというキャンペーンを開催していました。また、他にもTポイントをお得に貯めるキャンペーンを開催しているので、公式ホームページで確認をおすすめします。

Tポイントの有効期限が実質無期限になる

出典: https://www.hacoa.net

ファミマTカードのメリットとして、Tポイントの有効期限が実質無期限になるというものがあります。Tポイントの有効期限は、Tポイントが付与されたり、Tポイントを使用した日から一年間となっています。Tポイントが変動することですべてのTポイントの有効期限が一年間伸びるので、使い続けていればポイントがなくなるなどのデメリットがないです。

TSUTAYAカードとして使える

出典: https://tsite.jp

ファミマTカードは、レンタル機能をつけることでTSUTAYAカードとして使用することができるようになります。ファミマTカードを持っていれば、新たにTSUTAYAカードを作る必要がなく、TSUTAYAでレンタルができるようになります。ただし、レンタル機能をつける場合は、TSUTAYA店頭での申し込みが必要です。

出典: https://store.tsite.jp

また、ファミマTカードにレンタル機能をつけるメリットとして、TSUTAYAの会員になる際にかかる入会費や年会費がかからないです。通常、TSUTAYAで会員になるためにTカードを発行すると入会費や年会費がかかりますが、ファミマTカードの場合はその心配がないです。また、ファミマTカード自体も年会費がかからないので、通常のTSUTAYAカードとして利用する使い方もおすすめです。

ANAマイルとの交換がお得

出典: https://fujitaka.net

ファミマTカードで貯まったTポイントは、ANAマイルと交換することができます。500ポイントを250マイルと交換することができます。ANAマイルを特典航空券と交換した場合、国際線のファーストクラスで8~15円、国際線エコノミーでも2~3円ほどの価値があります。ファミマTカードには、さまざまな特典がありポイントも貯まりやすくなっているので、ANAマイルに交換しやすくなっています。

Apple Payが利用可能

出典: https://help.shopify.com

ファミマTカードは、Apple Payで利用できます。ファミマTカードはをApple Payに登録することで、iD加盟店であればiPhoneをカードリーダーにかざすだけで決済ができるようになります。また、iD加盟店で、ファミマTカードを登録したApple Payを利用することで、クレジットポイントが200円につき1ポイント貯まるります。還元率は1%です。

出典: https://ftcard.pocketcard.co.jp

その他、通常の使い方と同様にファミリーマートでファミマTカードを登録したApple Payで買い物をすることで、レディースデーやファミランクなどの特典を受けることができます。ただし、ファミリーマート以外のTポイント提携先で、ファミマTカードの提示でポイントがもらえるものについては、ファミマTカードの提示が必要です。

複数のカードを1つにまとめられる

出典: https://diamond.jp

Tカードを複数枚持っている場合、ポイントを一つのカードにまとめることができます。例えば、ファミマTカードを発行したいけど、すでにTカードを持っているなどの場合にポイントを移行できます。ただし、Tカードのポイントを一つにまとめる場合は、同一名義のTカードである必要があります。また、複数枚のTカードのポイントを一つにまとめたい場合は、Tカードの公式サイトまたはカスタマーセンターから手続きが必要です。

その他の特典

出典: http://www.family.co.jp

ファミマTカードはTポイントをお得に貯めることができますが、その他にもファミマTカードにはさまざまなお得な特典があります。例えば「ポケットカードトラベルセンター」でファミマTカードをクレジット利用することで、旅行ツアー代金が最大8%の割引になります。また、その他レンタカーの基本料金が5%割引になるなどの特典も受けることができます。ファミマTカードは、年会費がかかるなどのデメリットもないので、とてもお得です。

ファミマTカード(クレジットカード)のデメリット

ファミマTカードはリボ払い専用カード

出典: https://navinavi-creditcard.com

ファミマTカードのデメリットとして、ファミマTカードはリボ払い専用カードになります。リボ払い専用カードなので、通常のクレジットカードのような分割払いなどができないです。また、ファミマTカードがリボ払い専用カードだということがあまり告知されてないので、知らずに申込みをされる方もいるので申込みの際は注意が必要です。

出典: https://zuuonline.com

リボ払いは、買い物した金額に関係なく毎月の支払い額を定額にできるというメリットがありますが、毎月の支払いにプラスで手数料がかかるというデメリットがあります。また、今どれくらいの金額を返済すればいいのかというのが分かりづらいという点がありますので注意が必要です。

出典: http://net-casino.online

ただし、ショッピング利用の場合、最初のひと月目の支払いに手数料がかからないです。ファミマTカードは、リボ払い専用カードですが、毎月リボ払いで選択するか、翌月全額払いというコースを選ぶことができます。翌月全額支払いコースを選べば、次回の支払日に一括で支払うというかたちで、手数料なしで利用することもできます。

ファミマTカード(クレジットカード)を解約するには?

解約する方法

出典: https://www.kaigai-line.com

クレジット機能のついたファミマTカードを解約する場合は、サポートディスクに電話をする必要があります。電話番号は固定電話からなら<0120-230-553>、携帯・スマートフォンからなら<0570-064-230>、IP電話または携帯電話各社のかけ放題プランに加入している方は<06-7635-2699>になります。

出典: https://callnavi.jp

電話をかけたら音声ガイダンスが流れるのでプッシュボタンで番号を入力します。番号を「2」(クレジット会員)→「2」(各種申込み)→「9」(解約)の順に入力し、3587で始まるクレジットカードのカード番号と暗証番号を入力するとオペレーターに繋がります。オペレーターに繋がったら、ファミマTカードを解約する旨を伝えると解約が申し込めます。

解約するとTポイントは失効になる

出典: https://hitome.bo

ファミマTカードを解約するデメリットとして、貯めていたTポイントが失効します。解約する前に、他のTカードにTポイントを移すか、使いきることをおすすめします。また、デメリットとしてETCカードを発行していた場合は、ETCカードも解約になりますので注意が必要です。

出典: http://teamisaias.org

その他のデメリットとしては、携帯会社の支払いや公共料金の支払いに、ファミマTカードを登録していた場合は、カードを解約しても請求が続きますので、支払いが滞ってしまう場合があります。ファミマTカードを解約する前に他の支払い方法に変更しておく必要があります。ファミマTカードを解約するといくつかデメリットがあるので注意が必要です。

ファミマTカード(クレジットカード)の年会費や使い方・メリットまとめ

出典: https://orient-wave.com

ファミマTカードは、年会費無料のクレジットカードです。ファミマTカードを使用するメリットとして、ファミリーマートでファミマTカードで支払いをすると通常よりもTポイントが多くもらえます。また、カードの日やファミランクなどがありファミマTカードは、Tポイントがかなり貯めやすいカードとなっています。ただし、解約する場合は、貯めていたTポイントが失効したりするなどのデメリットがあるので注意が必要です。

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ