プラチナカードおすすめ比較人気ランキング!【2019年最新版】

ステータスや様々なメリットのためにプラチナカードを持ちたいと考える人も少なくありませんが、参考となるものは各カードを比較したうえでのおすすめランキングです。そこで今回は2019年最新版の比較結果として「プラチナカードのおすすめ人気ランキング」をまとめています。

プラチナカードおすすめ比較人気ランキング!【2019年最新版】のイメージ

目次

  1. プラチナカードの基本知識や年会費・限度額を知ろう
  2. プラチナカードおすすめ比較人気ランキング!【2019年最新版】
  3. プラチナカードおすすめ比較ランキング!空港ラウンジ編
  4. プラチナカードの今一つなカードを比較!空港ラウンジ編
  5. プラチナカード審査難易度比較ランキング!
  6. プラチナカードのサービスを紹介!
  7. プラチナカードおすすめ比較人気ランキングのカードの疑問点を解説!
  8. プラチナカードおすすめ比較人気ランキングまとめ

プラチナカードの基本知識や年会費・限度額を知ろう

プラチナカードとは何?

出典: https://diamond.jp

クレジットカードには様々な種類がありそれぞれがランク分けされています。その中の一つがプラチナカードであり、極めて上位ランクとなるものです。プラチナカードとはゴールドカードよりも上のランクであり、鉱物であるプラチナから名前が取られています。多くの特典などサービスを受けることができる非常にグレードの高いクレジットカードです。

年会費

出典: http://www.patacriticism.org

クレジットカードを利用する上で知っておくべきことが年会費です。それぞれのカードによって年会費は異なり、基本的にはグレードが上位となるものは年会費が高くなります。プラチナカードの年会費はカードブランドによって変わってきますが、高いものでは年会費が数十万円にもなる種類があり、それだけでも位の高さを物語っているカードです。

限度額

出典: http://pointsite-osusume.com

そして、クレジットカードにはそれぞれ限度額というものが設けられています。限度額とはその名の通り、いくらまでクレジットカードを利用して決済をすることができるかを示すものですが、プラチナカードの場合は実質限度額は設けられていないようなカードもあります。住宅や車など数千万円のものを購入できるレベルの限度額となるものまで様々です。

還元率

出典: https://moneytimes.jp

ポイントの還元率についてですが、2019年現在クレジットカードは様々な種類があり限度額や年会費などは申し込みをするにあたって意識が必要な部分です。使っていく上で非常に重要となるのが還元率は、活用法次第では節約にも繋げることができます。プラチナカードの場合高く設定されており、種類によっては通常カードの2倍になるものも多いです。

入手方法①自分から申込可能の場合

出典: https://moneytimes.jp

では、プラチナカードはどのようにすれば入手することができるのでしょうか。プラチナカードの入手方法は二つのパターンがあり、一つは自分から申し込みをする場合です。カードブランドにもよりますがカード会社に対して申し込み申請を行い、審査に通過した人のみ所持することができます。審査の基準は高く設定されていることが多いのが特徴です。

入手方法②招待状ありの場合

出典: https://rakuten-tatujin.hateblo.jp

そしてもう一つのプラチナカード入手方法は招待状を受けて申し込みをする場合です。招待状はインビテーションと言われており、クレジットカード会社によってはインビテーションがなければ申し込みすらできません。インビテーションを獲得するには過去の利用履歴等のクレヒスが重要になります。また、年収等も審査の対象となり難易度は極めて高いです。

デメリット

出典: http://macrobistyle.com

プラチナカードにデメリットと言える点はあるのでしょうか。際立ったデメリットはあまり見当たりませんが、あえて言うのであれば年会費が高いことです。年会費が無料となるカードは2019年現在非常に多く、お得にポイントを貯めて使うことができます。しかしプラチナカードの場合は例外です。年会費が数十万円の物があったりと非常に高いです。

ステータスになる

出典: https://kashi-kari.jp

プラチナカードは持っているだけでステータスとしてみなされます。上記のインビテーションも含め、所持する上でクレジットカード会社からプラチナカードを持つに相応しい人物であると認められていることにもなるため、社会的にみても年収が高いいわゆるお金持ちの人が持てるクレジットカードです。特に男性はステータスを意識する傾向にあります。

Thumbアメリカンエキスプレスプラチナカードを解説!特典や取得条件も調査!

プラチナカードおすすめ比較人気ランキング!【2019年最新版】

10位デルタスカイマイルアメックス・ゴールド

出典: https://kakaku.com

プラチナカードとは一体どういった物なのか。そして年会費や限度額はどのようになっているかなどをみたところで、ここからは2019年のプラチナカード人気ランキングを比較しおすすめのカードを紹介していきます。まずおすすめランキング10位はデルタスカイマイルアメックス・ゴールドです。ゴールドと名前にありますがプラチナの位置付けとなります。

9位ダイナースプレミアムとダイナースクラブカード

出典: https://kakaku.com

続いて比較をするプラチナカードはダイナースプレミアムとダイナースクラブカードです。審査の基準も難易度が高く設定されているカードで、特にダイナースプレミアムについてはインビテーションがなければ所持することができません。年会費も15万円ほどとなり高額です。限度額は一説によると数千万円となるステータスの高いプラチナカードになります。

8位JCB THE CLASS

出典: http://card-travel.com

続いての2019年おすすめプラチナカードランキングは8位のJCB THE CLASSです。日本ではお馴染みとなるJCBブランドのクレジットカードで、最もグレードが高い種類となります。年会費は54,000円で家族カードについては最大で8枚まで無料で発行可能です。そのため、実質のところ年会費は7,000円弱となるおすすめのプラチナカードになります。

7位三井住友プラチナカード

出典: https://kakaku.com

2019年おすすめプラチナカードランキングで7位にランクインしたカードは、多くの人が利用する三井住友プラチナカードになります。還元率が1.8%と非常に高く、使い方次第でお得に活用することが可能です。年会費は54,000円となり、ステータスも極めて高いカードになります。限度額については最高で1,000万円となるためまさに上位クラスのカードです。

6位セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス

出典: https://kakaku.com

続いて2019年おすすめのプラチナカードランキングで6位に入ったのはセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスです。年会費は21,600円と比較的安くなっており、カードを追加する場合は別途年会費が3,240円必要となります。ビジネスマンに活用する人が多く、マイルを貯めることに長けているカードです。限度額は実績で変動し最高1,500万円以上になります。

5位JCBプラチナとJALカードプラチナ

出典: https://kakaku.com

おすすめランキング5位はJCBプラチナとJALカードプラチナです。JCBブランドとアメックスがあるプラチナカードで、それぞれ年会費は27,000円と33,480円となります。どちらもかっこいいデザインが魅力的で人気に繋がっており、各種保険対応やサービスなど特典も充実したプラチナカードです。どちらの種類も自分から申し込みが可能となります。

4位エポスプラチナカード

出典: https://kakaku.com

そして続いての2019年おすすめのプラチナカードランキングはエポスプラチナカードです。エポスプラチナカードはインビテーションが届く場合と自分から申し込みをするという方法で入手が可能となります。インビテーションの場合の年会費は20,000円で、自己申し込みの場合は30,000円です。ポイントが貯めやすい点で非常に人気があります。

3位アメックス・プラチナとアメックス・ゴールド

出典: https://www.americanexpress.com

続いてのランキング3位のプラチナカードはアメックス・プラチナとアメックス・ゴールドです。ステータスとして高いランクとなるアメックスの中でも所持する人が多い種類になります。プラチナカードの年会費は13万円でゴールドは31,320円です。プラチナカードの方が限度額も多く、1,000万円近く利用することができるなどグレードの高さを物語ります。

2位ラグジュアリーカード

出典: https://card.kinri.jp

続いてランキング2位のプラチナカードはラグジュアリーカードです。金属製のクレジットカードとなり、見た目から品位の高さが伺えるおすすめのデザインとなります。ラグジュアリーカードの年会費は種類で変わり、チタンで54,000円・ブラックで108,000円・ゴールドで216,000円と高額です。限度額も高く年収が多い人でなければ所持できません。

1位MUFGカード・プラチナ・アメックス

出典: https://kakaku.com

そして2019年おすすめのプラチナカードランキングで1位に輝いたのはMUFGカード・プラチナ・アメックスです。年会費は21,600円と安くなっており、1名まで家族カードは無料で発行できます。多くの特典等サービスを受けることができ、限度額については50万円から500万円です。しかし、利用額によっては限度額を1,000万円以上にすることもできます。

Thumbオリコプラチナカードの人気は?審査やメリット・デメリットを調査!

プラチナカードおすすめ比較ランキング!空港ラウンジ編

5位JAL CLUB-Aゴールドカード

出典: https://kakaku.com

ここからは空港のラウンジを活用する上でおすすめとされるプラチナカードを比較してランキングを紹介していきます。まず5位となるのはJAL CLUB-Aゴールドカードです。JAL CLUB-AゴールドカードはJALのマイルを貯める上で最適な物になります。空港のラウンジが無料で利用でき、マイルの還元率についてもフライトで25%もアップするためお得です。

多くの人が所持するカード

出典: https://www.travelvoice.jp

ビジネスマンに使っている人が多いクレジットカードで、通常時だけでなく毎年初めて飛行機を利用する際はボーナスとして2,000マイルがプレゼントされます。他と比較して圧倒的にJALマイルが貯めやすくなっており、さらにはショッピング保険なども充実しているため、非常にパフォーマンスが高いクレジットカードです。限度額は200万円となります。

4位アメックスゴールドカード

出典: https://kakaku.com

続いての空港ラウンジ利用でおすすめのカードはアメックスゴールドカードです。アメックスゴールドカードはグレードではプラチナカードの一つ下となるクレジットカードですが、プラチナと同等のサービスがあることからランキング入りをしています。他の会社のゴールドと比較をしてもサービスは抜群で、空港ラウンジを無料で利用することができます。

世界でも活用できる人気カード

出典: http://yokomon31.hatenadiary.jp

年会費は30,000円となりますがそれ以上の価値があるとして、多くの人から評価されているおすすめのクレジットカードです。さらに、アメックスゴールドカードでは空港ラウンジの無料利用だけでなく有名レストランのおすすめコース料理も無料で食べることができるなど、品位の高さを伺わせます。空港ラウンジは本会員と同伴者1人が無料で利用可能です。

3位UCSゴールドカード

出典: https://cre-hikaku.com

続いてのおすすめカードはUCSゴールドカードです。UCSゴールドカードはアピタやピアゴにてポイント還元率が2倍になるなど非常にお得に利用することができます。また、UCSゴールドカードの年会費は3,000円と非常に安くなっており、年会費以上のサービスを受けられることから評価は高くおすすめのクレジットカードとして名前が挙げられています。

年会費の安さも魅力

出典: https://smp.gogo.gs

年会費の安いクレジットカードを選択する人は多く、上位カードになる程高くなるのが普通ですがUCSゴールドカードは異例の金額です。また、宇佐美の直営店となるガソリンスタンドでは1リッターあたり2円引きで利用できるなどのサービスもあります。空港ラウンジの無料利用や、最高金額が5,000万円となる旅行保険も付帯されており充実した内容です。

2位楽天ブラックカード

出典: https://matsunosuke.jp

ランキング2位となったカードは楽天ブラックカードです。楽天ブラックカードは年会費が32,400円となり、家族会員については無料となります。多くの人が所持する楽天カードの上位グレードとなるもので、ポイントの還元率は1.0%と高い数値となっているクレジットカードです。空港ラウンジを無料で利用することができるプライオリティパスがあります。

ステータスも高い

出典: https://noel-media.jp

楽天ブラックカードはポイント還元率も高く使いやすさに定評があるクレジットカードです。プラチナカードの特徴でもあるプライオリティパスの発行により空港ラウンジが無料で利用できる点は高く評価されています。ステータス性もあり限度額についてはショッピングは最低100万円から最高で1,000万円となり、キャッシングは50万円です。

1位楽天プレミアムカード

出典: https://kakaku.com

そして見事ランキング1位に輝いたおすすめのクレジットカードは楽天プレミアムカードになります。楽天プレミアムカードはプライオリティパスの発行が無料となり、世界各国1,200ヶ所にも及ぶ空港ラウンジを無料で利用できます。年会費は10,800円となっており、このグレードのカードとしては他者と比較をしても非常にリーズナブルな金額です。

魅力的な特典がある

出典: https://kjshintani.com

楽天プレミアムカードは楽天スーパーポイントを貯めることができ還元率は1.0%から最大で5.0%と、こちらも他者と比較をすると非常に高い数値となっています。また、各種保険も充実した内容で付帯されており1位に相応しいおすすめのクレジットカードです。楽天プレミアムカードの限度額は300万円になり、楽天カードと比較すると大幅にアップします。

Thumb三井住友VISAプラチナカードまとめ!審査基準や年収条件は?国内最上位!

プラチナカードの今一つなカードを比較!空港ラウンジ編

Orico Card THE PLATINUM

出典: https://kakaku.com

ここからは、プラチナカードとして空港ラウンジの利用が今一つとなるものを紹介していきます。まず一つ目はOrico Card THE PLATINUMです。Orico Card THE PLATINUMは年会費20,000円で利用できるプラチナカードですが、他のカードと比較をすると空港ラウンジは年に6回までしか利用ができないものになるため少し劣るといった印象を受けます。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

出典: https://kakaku.com

そして続いてのカードはアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードです。2019年に限らず多くの人から支持されているクレジットカードですが、空港のラウンジ利用についてはカード会社のラウンジのみとなるため他と比較した際に少し劣ります。アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードはステータスとしては高い人気があるおすすめのカードです。

SPGアメックス

出典: https://kakaku.com

そして続いてのプラチナカードはSPGアメックスになります。SPGアメックスは年会費が33,480円となるプラチナカードで、マイルに交換ができる点からおすすめのカードとして2019年も注目されていますが、空港のラウンジ利用については他のプラチナカードと比較をして少し劣ります。SPGアメックスもカード会社のラウンジのみ利用が可能です。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

出典: https://kakaku.com

続いてはANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードです。ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードはANAの名前が付いているだけに空港での利用が期待されていますが、カード会社のラウンジのみ利用ができることから今一つという評価になります。年会費は33,480円と比較的安いですが家族カードは1枚目から年会費が必要です。

スカイトラベラー・プレミアカード

出典: https://kakaku.com

最後はスカイトラベラー・プレミアカードになります。スカイトラベラー・プレミアカードは年会費が37,800円となりますがカード会社のラウンジしか利用ができないことから、プラチナカードとしての評価は決して悪くありませんがラウンジ利用という観点からは少し他と比較して劣るものになります。家族会員も1枚目から18,900円の年会費がかかります。

プラチナカード審査難易度比較ランキング!

4位ダイナースクラブプレミアムカード

出典: https://www.cardloan-abc.net

クレジットカードを所持する際に重要となる審査の難易度をランキングにして紹介していきます。まず2019年のランキング4位はダイナースクラブプレミアムカードです。ダイナースクラブプレミアムカードはインビテーションが必要となるプラチナカードで、限度額も数千万円となることから相当な年収がなければ審査には通過できないと言われています。

3位ANAダイナーススーパーフライヤーズプレミアム

出典: https://www.sunmattu.net

続いての2019年クレジットカード審査難易度ランキング3位はANAダイナーススーパーフライヤーズプレミアムです。審査の通過難易度は非常に高くなっており、年会費も16万7,400円と高い金額設定です。ステータスもあるため所持したいという思いの人も多いですが、年収や過去の利用履歴を含めお金持ちでなければ所持は難しいクレジットカードです。

2位ラグジュアリーカードGold

出典: https://cre-hikaku.com

そして続いての2019年審査難易度ランキング2位はラグジュアリーカードGoldです。ラグジュアリーカードGoldは上記でも紹介したように、ここ最近出てきたプラチナカードで2019年は非常に注目されています。しかし、年会費も21万6,000円と高い設定になっており、年収や職業等含めなかなか審査を通過することは難しいと言われているカードです。

1位アメックスセンチュリオンカード

出典: https://matsunosuke.jp

そして最後になる2019年の審査難易度ランキング1位はアメックスセンチュリオンカードです。2019年だけに限らず長きに渡り最も所持することが難しいカードとなります。アメックスセンチュリオンカードは日本でも所持する人は数少なく、他と比較しても相当なお金を稼いでいる人でなければ審査を通過することは難しいプラチナカードということができます。

Thumbエポスプラチナカードのステータス性は?インビテーションや特典など!

プラチナカードのサービスを紹介!

ポイントの優遇

出典: https://au.lifenet-seimei.co.jp

上記では2019年のプラチナカードの特徴等を比較しながらランキング形式で発表してきましたが、ここからはプラチナカードのサービスについて紹介していきます。まずはじめになるプラチナカードのサービスはポイントの優遇です。2019年現在、クレジットカードのポイント制度は多くの人が注目しています。プラチナカードは還元率の高いものが多いです。

コンシェルジュサービス

出典: https://gracery.com

そして続いてのプラチナカードのサービスはコンシェルジュサービスになります。プラチナカードの代表的な特典でもあり、非常に評判の高いものです。プラチナカードの種類によっては付帯されていないものもありますが、それなりの年会費となるプラチナカードにはほぼ付いています。食事をする際の予約なども行ってくれるため力になるサービスです。

ショッピング保険

出典: https://coco-machi.jp

続いてはショッピング保険です。プラチナカードにはほぼ付帯されているサービスであり、あるとないでは安心感が違います。ショッピング保険とはプラチナカードを決済に使って購入した商品が、万が一壊れてしまった場合や盗難にあった場合に対応してくれるものです。プラチナカードは国内。国外どちらも対応できるものが多く揃っています。

レストランの優待

出典: https://r.gnavi.co.jp

レストランの優待もプラチナカード特有のサービスとなります。他社と比較をするとそれぞれ利用できるレストランに違いがあったりはしますが、いわゆる高級レストランで食事をする際にお得な価格で楽しむことができます。コース料理の1名分が無料になるサービスが代表的で、人数によっては2名分が無料になる場合もあったりとサービス内容は様々です。

ホテルは優待価格

出典: https://www.ozmall.co.jp

また、プラチナカードを所持していることでホテルは優待価格で宿泊することができます。各プラチナカードを比較すると利用できるホテルには違いがありますが、通常の価格よりもお得な料金で泊まることができるため、旅行には大活躍です。2019年よりも以前から好評いただいているサービスで、今後の展開にも期待が高まっています。

医療相談

出典: http://u-note.me

意外なサービスとして、プラチナカードを所持することで医療相談をすることができます。これはプラチナカード所持者専用の電話があり、専門のスタッフが対応してくれるものです。2019年現在では徐々に増えているサービスであり、まだ多くのプラチナカードに付帯されているものではありません。体調が気になった際に気軽に利用することができます。

ホテルのアップグレードサービス

出典: https://www.ozmall.co.jp

続いてのプラチナカードのサービスはホテルのアップグレードになります。予約をした部屋がノーマルのタイプであったとしても、プラチナカードを持っているというだけでグレードの高い部屋を案内してくれることがあります。内容の比較をすると全てのプラチナカードにあるものではありませんが、2019年現在では少しずつ付帯されるカードが増えています。

会員専門誌

出典: https://news.cardmics.com

プラチナカード所持者に送られる会員専門誌をもらえる点も唯一のサービスとなります。各プラチナカードを比較すると専門誌の内容は異なりますが、主に広告の掲載が多いです。気になる商品等があれば良いですが、なければそこまで魅力的なサービスとは言えないものになります。しかし、独自のサービスとして各プラチナカードで設けられているものです。

海外旅行傷害保険

出典: https://tabisuke.arukikata.co.jp

そして、プラチナカードの特徴として海外旅行傷害保険の充実度はおすすめのサービスとして評価されています。一般カード等と比較をしても金額が大きく異なり、その補償金額は最大で1億円となるプラチナカードもあるほどです。旅行時は万が一ということがあるため、プラチナカードを持っている人のみ安心感を持つことができるサービスとなります。

空港ラウンジ無料利用

出典: https://www.jal.co.jp

上記でもありましたが空港ラウンジを無料で利用できる点はプラチナカードの魅力となるおすすめのサービスです。プラチナカードの種類によっては使えるラウンジの数にも違いがあるため、それぞれを比較しておくことをおすすめします。多いものでは世界の空港で1,200ヶ所にも及ぶラウンジを無料で使うことができるプラチナカードもあります。

航空機遅延保険

出典: https://gentosha-go.com

そしてプラチナカードを所持していると航空機遅延保険も使うことができます。飛行機は天候によって出発や到着に遅れが生じることも少なくありません。その際、ホテルの宿泊費等を補ってくれるものが航空機遅延保険です。各プラチナカードを比較するとほとんどに付帯されており、飛行機を使う機会が多い人には特におすすめできるサービスとなります。

国内旅行傷害保険

出典: https://www.plusq.life

上記で海外旅行における傷害保険を紹介してましたが、プラチナカードには国内の保険も付帯されています。海外旅行時と比較をするとフォローしてくれる範囲は多少狭くなりますが、プラチナカード特有の手厚い補償は健在です。何が起きるかわからないトラブルに対してしっかりと対応してくれるため、あるとないでは大違いとなるおすすめのサービスです。

プライオリティパス

出典: https://news.cardmics.com

プライオリティパスとは日本国内はもちろん海外でも利用することができる空港ラウンジが使えるものです。各プラチナカードを比較しても多くの種類に付帯されているサービスで、飛行機利用が多い人にはおすすめのサービスです。年会費や限度額がそれなりに高いプラチナカードは利用できる空港の数も多く、非常に便利に活用することができます。

飛行機のアップグレード

出典: https://tabi-rin.com

ホテルのアップグレードを先ほど紹介しましたが、プラチナカードは飛行機のアップグレードも可能となります。全ての航空会社の飛行機にて利用できるものではありませんが、快適な空の旅を行うことができるサービスとしておすすめです。ビジネスクラスの利用のはずがファーストクラスになったりと、お得感を味わえるのもプラチナカードの力と言えます。

忙しいビジネスマンや経営者には必要なサービス

出典: https://www.life-rhythm.net

ここまでプラチナカードで得ることができる多くのサービスを紹介してきましたが、忙しい人におすすめなのがコンシェルジュサービスです。コンシェルジュサービスを利用するとレストランの予約だけでなく飛行機の予約等も行ってくれます。そのため、自分で予約をしている暇がない人にとっては非常に助かるプラチナカードのおすすめサービスです。

サービスは事前に把握をしておこう

出典: https://www.internetacademy.jp

プラチナカードを持っていることで受けられるサービスは、他にも数多くあります。それぞれのプラチナカードを比較すると数にも違いがあるため、事前に把握をしておくことが大切です。ただえさえ限度額も大きく使い勝手が良い上にこれだけのおすすめサービスを受けられるプラチナカードは、やはりステータスの高いクレジットカードということができます。

インビテーションにも記載がされている

出典: http://freelance.hibiki.org

プラチナカードの種類によっては自分から申し込みをすることはできず、招待状であるインビテーションを受けて利用できるものがあります。送られてくるプラチナカードのインビテーションには数多くの利用できるサービスを記載していることが多く、その数も膨大です。全てを把握することは難しいですが、目を通すことをおすすめします。

プラチナカードおすすめ比較人気ランキングのカードの疑問点を解説!

何歳から作れる?

出典: https://blog.softbankselection.jp

では、最後におすすめのプラチナカードに対する疑問点をいくつかピックアップして解決していきます。はじめになる疑問点は、何歳からプラチナカードは作れるかというものです。プラチナカードは基本的に年齢制限は設けているものとそうでないものがあります。プラチナカードの種類によっては20代でも作ることができるものも存在するため様々です。

保有率はどのくらい?

出典: https://sinsublog.com

プラチナカードは限度額も特別設けていないものがあるなど、高い年収を確保している人が持てるクレジットカードという印象があります。では、一体プラチナカードの保有率はどれくらいになるのでしょうか。数多くのクレジットカード会社からプラチナカードは出されていますが、日本全体で保有している人はおよそ1%と言われています。

年収はいくらあれば作れる?

出典: https://all-souzoku.com

そして、やはりプラチナカードを所持する上で気になるのは年収です。高い年収を確保できていなければ持つことができないカードという認識をしている人が多くいます。実際に、プラチナカードを所持するにはカードの種類にもよりますが400万円ほどでも審査に通過するものもあります。限度額が数千万となるものでは1,000万円以上必要な場合が多いです。

海外でも使えるプラチナカードは?

出典: http://www.nta.co.jp

ステータスとして高い評価を獲得することができるプラチナカードですが、海外でも使える種類はあるのでしょうか。この疑問に関して、プラチナカードは決して日本限定のものではなく世界中で活用することができます。特にVISAとマスターカードのブランドであればほとんどの国や地域で使用することができるため、海外に出かけた際も安心です。

デザインがカッコ良いプラチナカードは?

出典: https://diamond.jp

プラチナカードは一般カードと比較してデザインがかっこいいものが多い印象です。その中でも多くの人からかっこいいとおすすめされているものが三井住友VISAプラチナカードになります。大人っぽくシックな雰囲気があるデザインは特に男性から人気です。アメックスも定番で人気を獲得しており、プラチナカードも長きに渡り高評価を獲得しています。

カードについて詳しくなろう

出典: https://www.smbc-card.com

プラチナカードには様々な特徴があり、各クレジットカードによって限度額や年会費、そしてデザインなども異なります。審査を通過するために必要となる年収等にも違いがあるため、しっかりと調べた上で自分から申し込みをすることが大事です。招待を受ける場合は年収等を記載しないタイプもありますが、高年収であるに越したことはありません。

プラチナカードおすすめ比較人気ランキングまとめ

出典: https://kakaku.com

2019年最新版としておすすめのプラチナカードをピックアップしランキング形式にて発表してきましたが、グレードが高いクレジットカードは受けられるサービスにも素晴らしいものがあります。年会費はものによっては高くなりますがその分手厚い補償等があり、限度額についても実質無制限となるクレジットカードもあったりとステータスの高さが伺えます。

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ