沖縄で就職するには?観光のイメージとの差や人気企業を徹底調査!

沖縄での就職にあこがれる方は多いです。実際、首都圏から沖縄へ移住する方もいます。ただ、沖縄では就職が難しかったり、観光で行くのと現地で生活していくとはギャップもあります。ここでは、観光とのイメージの差や沖縄の人気企業をご紹介していきます。

沖縄で就職するには?観光のイメージとの差や人気企業を徹底調査!のイメージ

目次

  1. 沖縄で就職するには?
  2. 沖縄で就職したい新卒必見!観光のイメージとの差は?
  3. 沖縄で就職先を探そう!最新人気企業ランキング
  4. 沖縄で就職したいが中途採用で転職できる企業はある?
  5. 沖縄で就職は難しい?正社員の年収や生活費はどれくらい?
  6. 沖縄で就職する方法まとめ

沖縄で就職するには?

沖縄ってどんなところ?

出典: http://www.tabirai.net

戦後沖縄はもともとアメリカの傘下にありました。昭和20(1945)年8月15日に太平洋戦争が日本の敗北で終戦になりました。戦争が終わったのは良いことですが、その日から沖縄はアメリカ軍統治へと変わります。

出典: http://www.tabirai.net

戦後沖縄の人々の食事はアメリカによる配給、基本通貨は米ドル、道路交通は右車線走行などアメリカの文化で生活することになりました。少し前まで沖縄に行くのにパスポートも必要でした。

出典: http://www.tabirai.net

戦後27年たち、昭和40(1965)年に当時の首相、佐藤栄作が「沖縄が復帰しない限り、日本の戦後は終わらない」と言い、沖縄が日本復帰しました。それから、基本通貨が「円」になったり、道路交通が右車線通行から左車線通行へ切り替わりました。しかし、今でも問題になっている米軍基地問題などは残したままでの日本復帰でした。

出典: http://www.tabirai.net

このような経緯から沖縄にはまだ戦後直後のアメリカの価値観が残っている部分もあります。そこも踏まえて今後就職して生活していく必要があります。

沖縄での就職は難しい

出典: https://www.sigma-staff.co.jp

沖縄はかなり求人数が少ないです。ただ単に海が綺麗でいいところだからと言った理由で移住するために沖縄で仕事を探しても難しいでしょう。沖縄で就職したい場合は、沖縄で自分が何をしたいかという目的を明確にすること、それに加えて資格などを持っていると就職しやすいかもしれません。

UターンやIターンのメリット

UターンやIターンは、自分にとっても企業にとってもメリットがあります。沖縄は、日本の中でも景気が良く上り調子にあります。それにより、これからもまだまだ成長していくと考えられており、国・県内外からの投資が活発です。そのように様々なところで期待されている沖縄なので、沖縄企業は県外の知識や技術などのノウハウを欲しがっています。また、移住する側は発展途上の県のため自分自身の成長の飛躍も大きいと考えられます。

経験や資格をアピールしよう

沖縄は求人数が少ないため、就職が難しいです。では、採用してもらえるようにするにはどうしたら良いでしょうか。それは、自分が経験してきたことや持っている資格をアピールして、その企業にとって必要な存在だということを分かってもらうということです。これは、沖縄に限ったことではありません。どこの企業に就職するにも必要なことです。

自分の経験や持っている資格のアピールを沖縄独自の視点も踏まえてアピールすることにより、さらに就職に有利に働くことでしょう。どのようにアピールしていくかというと、経験や資格を活かして沖縄でどんなことをしていきたいのかまでアピールしていくということです。ただ、自分のやりたいことをそのままストレートに伝えて、企業の方針と合えばいいですがそうとは限りません。入りたい企業の特徴なども踏まえて考えていく必要があります。

面接の特徴

沖縄での面接は、他の移住にて沖縄で就職する人とは違ったアピールポイントをしていかなくては内定をもらうのは難しいです。先ほどから何度もお伝えしていますが、今までの経験や資格を活かして、就職した後にどんなことができるかをアピールしていく必要があります。また、企業側としてはすぐに本土に戻ってしまわないかということは懸念します。面接では、そこもついてくることでしょう。

例えば、「どうして沖縄を選んだか」「前職を辞めた理由は沖縄に来るためか」「もし今回の面接で不合格になったら本土へ帰るか」「給料が安いのにやっていけるか」「沖縄のことについて知っているか」などです。一見、就職には関係なさそうですがどれだけの熱意があるか、移住して溶け込めるかを確認するためです。

「沖縄のことについて知っているか」という質問に関しては、ストレートにこのように質問されないかもしれません。「沖縄の○○についてどう思うか?」と意見を聞かれるような形式で質問されることもあるでしょう。どんな質問のされ方をしても、答えられるようにしておく必要があります。

沖縄で就職したい新卒必見!観光のイメージとの差は?

沖縄の文化に触れられる

沖縄は「エイサー」「沖縄民謡」「琉球ガラス」など、独自の文化が豊富にあります。これらの文化を観光ですべて触れるのはなかなか難しいですが、移住することでじっくり触れることができます。

安くておいしい食堂や居酒屋が多い

出典: https://t-higashi.net

沖縄には安くてボリュームのあるお店が多いです。新卒で就職する方は金銭的に余裕がない方も多いでしょう。安い食堂や居酒屋が沖縄にはたくさんあります。ただでさえ、安い年収の沖縄ではそのようなお店が本当に便利でありがたい存在です。

自然が綺麗

沖縄と言えば青い空と海です。他にもハイビスカスがあちらこちらに咲いていたりと、絵になる光景がたくさんあります。これらを見ているだけで、仕事でのストレスが吹き飛びます。

将来的に発展する可能性大

他の地方で人口が減っている中、沖縄だけは人口が増えています。それに伴って、これからも経済的発展が見込まれている沖縄です。外国人も確実に増えてきています。沖縄での就職は今現在は困難なものですが、今後経済的発展が進むにつれてそれも解消されてくる可能性があります。

価値観が違う

どこにいても価値観の違う人はいるものです。しかし、沖縄でその価値観の違いを出してしまうと仲間外れにされてしまう傾向があります。沖縄には、自分と異なる価値観や個性を排除する土壌があります。沖縄に移住する際は、「郷に入りては郷に従え」精神で、自分の価値観や個性を出すのはやめた方がいいでしょう。

沖縄の人は意外と冷たい

沖縄の人は穏和で温かい人が多いというイメージですが、実際よそ者に対しては冷たい人が多いです。親戚や同じ学校など身内に対しては繋がりや結束は強いですが、知らない人に対しては冷たく、むしろ知らない人に対して優しいのは東京の人の方が優しい人が多いです。

観光で優しく声をかけてくれる人は、移住した人がほとんどでしょう。ただ裏を返せば、移住・就職をしてはじめのうちは冷たく感じるかもしれませんが、お互い慣れてきて仲良くなった時には、とても強い繋がりができるということになります。

労働環境がかなり悪い

沖縄はおおらかな環境で働けるように思いますが、実際の労働環境はかなり悪い状況が多いです。仕事ではこのおおらかさがマイナスに働き、適当な会社が多いというのが現状です。沖縄の年収は他に比べて安いです。それに加えて労働時間が長く、サービス残業も多い、仕事の進め方も適当なところが多いと、労働環境は悪いところが多いです。沖縄に移住して就職する場合、そこの覚悟もしておいた方が良いでしょう。

交通手段は車だけでマナーが悪い

沖縄の那覇市内はバスやモノレールなどが走っていますが、そこから一歩市街に出掛けるとなると車がないと身動きが取れません。しかも、マナーが悪いです。ただ、沖縄は観光客が多いところです。しかも車がないと移動できないので、ほとんどの人がレンタカーを借りています。したがって、沖縄の人でもマナーが悪い人はいるかもしれませんが、観光客によるマナーの悪さが考えられます。

Thumb沖縄移住生活の現実とは?仕事や引越し費用などメリット・デメリットを紹介!

沖縄で就職先を探そう!最新人気企業ランキング

10位沖縄コカ・コーラボトリング

出典: https://www.okinawa.ccbc.co.jp

沖縄コカ・コーラボトリングの新卒正社員の初任給は18万4100円で、賞与は2回あります。休日・休暇は、週休2日制(土・日)、祝日(会社カレンダーによる)、有給休暇(初年度12日)、出産休暇(配偶者分娩)、特別(リフレッシュ、慶弔等)、時短制度などがあります。

出典: https://www.cocacola.co.jp

採用人数は少ないようですが、グループディスカッションや個人面接でのところも含めて選考しており、学歴によらず人物重視で採用を決めている印象です。

9位大同火災海上保険

出典: http://www.daidokasai.co.jp

大同火災海上保険の新卒正社員の初任給は、大卒で19万円で賞与は年2回です。休日・休暇は完全週休2日制、祝祭日、年末年始(4日間)、年次有給休暇(初年度10日・最高21日)、特別休暇(連続9日間)などがあります。年次有給休暇が10日ですが、完全週休2日制ですし特別休暇の取得もできるようなので、休みは結構多い印象です。

出典: http://www.daidokasai.co.jp

第2次試験のグループディスカッションで人数を絞るとのことで、ここでの対策はかなり大事になります。こちらも採用人数が少ないですが、福利厚生や待遇が良いので就職したい人が多い人気の会社です。

9位琉球光和

出典: http://www.ok-navi.net

琉球光和の新卒正社員の初任給は大卒で14万920円です。これにみなし残業が、一律に44,000円支給されるとのことで、モデル月収ですが、18万5千円程度のお給料がもらえます。賞与は年2回です。休日・休暇は、長期休暇、産休・育休、慶弔休暇、裁判員裁判制度休暇などがあります。

出典: https://www.facebook.com

医療機器や医療経営コンサルタント、医療情報誌の発行など医療に幅広くかかわっている会社です。採用人数がここも少なく、難易度は高く内定を取るのが難しい条件の企業です。

7位ANA沖縄空港

出典: http://www.okaap.ana-g.com

ANA沖縄空港の新卒正社員の初任給は、大卒で15万6千円です。賞与は年2回、業績に応じて特別金の支給があります。休日・休暇は公休数104日/年(月平均8日)、年次有給休暇(初年度10日)、リフレッシュ休暇3日、その他特別休暇などです。

出典: http://www.okaap.ana-g.com

採用人数は比較的多いため、難易度はさほど高くないでしょう。休みが104日/年というのが少し気になります。空港なので土日祝日関係ないので、休みを重視する方はきちんとどのような休みの体系なのか調べた方が良いでしょう。ただ、ANA沖縄空港はホームページを見てみると教育はしっかりしている会社の印象です。福利厚生なども充実している印象があります。

6位琉球銀行

出典: https://www.ryugin.co.jp

琉球銀行の新卒正社員の初任給は大卒で17万1500円です。賞与は年2回あります。休日・休暇は完全週休2日制で祝祭日は休みです。募集要項には休みに関してはこれしか書かれていなかったので、有給休暇や特別休暇の有無など他の休暇については確認が必要です。30歳前後で年収500万いくこともあるようですが、その分営業や資格試験もあり、大変なようです。

5位沖縄銀行

出典: https://www.okinawa-bank.co.jp

沖縄銀行の新卒正社員の初任給は大卒で17万500円です。賞与は年2回あります。休日・休暇は完全週休2日制(土・日)、祝祭日、年次有給休暇、連続休暇、特別休暇(結婚休暇、出産休暇、忌引休暇、ボランティア休暇、裁判員休暇、産前産後休暇、育児休暇、介護休業、看護休暇、介護休暇)があります。

出典: https://www.okinawa-bank.co.jp

採用人数は50名程度と比較的多いですが、県内の大学からが多いようです。ただ、人数が多い分採用される可能性はあります

4位沖縄電力

沖縄電力の新卒正社員の初任給は大卒で20万円とかなり良いお給料です。賞与は年2回あります。休日・休暇は土曜日、日曜日、国民の祝日、地方祭、年末年始(12/29~1/3)になります。

沖縄電力には優秀な人のみが受けられるリクルートセミナーというものがあるようです。また、採用されているのは国公立の大学が多いです。県内外はあまり関係はないようですが、難易度はかなり高く内定をもらうにはかなり難しい条件であるのは確かです。

3位JAおきなわ

出典: http://www.ja-okinawa.or.jp

JAおきなわの新卒正社員の初任給は大卒で16万3千円です。賞与は年2回あります。休日・休暇は日曜日、月1回を除く土曜日、祝日、有給休暇、病気休暇、特別休暇(結婚・出産・災害など)他、になります。採用人数も2017年実績で44名と多く、採用実績校も県内外の大学なので難易度はさほど高くなく、比較的就職しやすい企業ではあるかと思われます。

2位沖縄セルラー電話

出典: https://www.au.com

沖縄セルラーの新卒正社員の初任給は大卒で19万200円です。賞与は年2回あります。休日・休暇は完全週休2日制、祝日、年末年始休暇、慶弔休暇、年次有給休暇、リフレッシュ休暇などです。

出典: https://www.au.com

ここの会社は福利厚生が充実しており、家賃補助が4万円出るようです。ただ、2017年度の採用人数が8名と少なく難易度はかなり高いですが、県内外からの卒業生を採用はしています。

1位サンエー

出典: https://www.san-a.co.jp

サンエーの新卒正社員の初任給は大卒で18万8200円です。賞与は年2回あります。休日・休暇は107日、月間9日(2月は8日、年次有給休暇10日あります。

出典: https://www.san-a.co.jp

このサンエーが1位なのは、集団面接が2~3回ある合間に社員とのセミナーがあり、そこで社風や業務内容について教えて貰えて、働くイメージができるところが大きいようです。採用人数も多く、募集資格は大学から専門学校(2年制過程以上)の卒業生、卒業見込み生と幅も広いです。

沖縄で就職したいが中途採用で転職できる企業はある?

中途採用応募している会社

沖縄の大手企業は新卒を重視しており、中途採用をしていないところが多いです。2018年9月時点での中途採用をしている企業は「琉球銀行」「國場組(沖縄県の総合建設事業)」などで中途採用をしていました。他の会社でも中途採用をしているところはありますが、技術者や資格保持者の求人が多いようです。一般職はかなり難しいかもしれません。中途採用している会社が全くないわけでないので調べたり電話して聞いてみても良いかもしれません。

中途採用募集していない会社

「サンエー」や「沖縄セルラー電話」「沖縄銀行」「沖縄電力」「オリオンビール」など大きな企業では、新卒採用重視で、なかなか中途採用の枠はないようです。正社員での中途採用で、沖縄の大手企業への転職はかなり難しいでしょう。

電話したほうが熱意が伝わる

中途採用での沖縄企業に正社員で就職は、かなり限られてきてしまい難しいのが現状です。ただ、中途採用をしていない企業でも実際に電話をして、熱意が伝われば検討をしてくれる可能性もあります。したがって、一度電話をして自分の熱意を伝えてみましょう。内定をもらうのは難しいかもしれませんが、ダメもとで動いてみても良いかと思います。

中途採用枠が無いに近い

出典: http://matsuho.com

中途採用での沖縄企業への正社員の就職が難しいのは、中途採用枠自体がかなり少なく、無いに等しいこともあります。中途採用枠の求人はないわけではありませんが、自分の経験をいかせるところややりたいことで求人があるとは限りません。むしろ、自分の経験を活かした仕事ややりたい仕事の求人がないと思っていたほうが良いでしょう。

首都圏に本社がある支店や沖縄本社の方が良い

出典: https://www.budgetrentacar.co.jp

首都圏に本社がある企業の正社員の中途採用も視野にいれることにより、沖縄企業だけで探すよりも断然候補の企業を挙げることができます。また、沖縄に転職した際に首都圏に本社がある企業であれば、移住してきた人も沖縄の企業よりも多いことでしょう。はじめの方にお伝えしたように、沖縄の人はよそ者には冷たい風習があります。外から入った人が多いことにより疎外感を抱くことも少なくて済み、結果転職が成功に繋がる可能性が高まります。

沖縄で就職は難しい?正社員の年収や生活費はどれくらい?

沖縄の最低賃金

出典: http://lifeplus.hatenablog.com

平成29年10月1日から施行された沖縄の最低賃金は、737円です。この賃金では1日8時間週5日働いても11万円程度の収入にしかなりません。また、後ほど詳しくはご説明しますが沖縄の物価は決して安いわけではありません。むしろ高いものもあります。それを考えると、11万円では到底生活できません。そのため、仕事を複数掛け持ちしている人もいます。

沖縄の平均年収

出典: https://allabout.co.jp

沖縄の平均年収は2017年の時点で366万1900円です。都道府県ランキングでは45位でした。これを見ても沖縄の賃金は、他の都道府県に比べて安いことが分かります。では、男女ではどのよう名平均年収になっているのでしょうか。次に男女別の平均年収についてお伝えしていきます。

沖縄の男女別平均年収

出典: https://oki-memorial.org

2017年の時点での沖縄の男性の平均年収は405万1800円、女性の平均年収は318万5100円でした。傾向としては特に大きな増減は見られていません。

沖縄の推定生涯年収

出典: https://www.nenshuu.net

沖縄の推定生涯年収は、2017年の統計で男性が1億5750万8356円、女性が1億2229万4897円と出されています。

沖縄の企業や行政も頑張っている

沖縄の平均年収の低さなどに対して、企業や行政も何もしていないわけではありません。企業の適正な雇用管理を行うことにより、正社員雇用拡大のために事業主へ助成金として数百万~数千万円の助成金が準備されています。雇い入れた人数や設備、整備の費用に応じて最低50万円~最高800万円の助成が行なわれています。

沖縄で生活するときいくらかかる?

出典: https://tokubai.co.jp

沖縄での生活の生活費は、家賃を除いて単身世帯で10万円/月、夫婦世帯で15万円/月あれば普通に生活する分には十分生活できます。沖縄は本島からの輸送費がかかるため、物によっては首都圏よりも値段が高い場合があります。また、車がないとどこにも行けないため、那覇市街でなければ沖縄では車が必須です。その車の維持費なども必要になってきます。

収入が安くてもやりくりできる訳

出典: https://www.raco-ryukyu.com

価格が高いものがあったり、車を持たないと移動できない等、沖縄では首都圏で生活するのと同じくらいお金がかかります。それでも、なぜ低い年収で生活していけるのでしょうか。出費の中でも大きいのは住居です。したがって、新卒でかなり年収が低いときにはひとり暮らしはせず、実家で暮らしている人が多いようです。

出典: https://manetatsu.com

また、普段の生活の中でも外食して余ったものは持ち帰ったり、お風呂はシャワーのみにしたり、遊ぶのは無料施設にしたりと、節約することで低い年収でも生活することができています。

沖縄で就職する方法まとめ

出典: http://www.worldfolksong.com

沖縄は思っている以上に人間関係がたいへんかもしれません。そこの覚悟と「郷に入りては郷に従え」精神を身につけないと沖縄での生活はかなり難しいかもしれません。また、沖縄は仕事が少なく県外から移住しての就職はかなり難しいです。ただ、沖縄の企業が県外のノウハウを欲しがっているのも事実です。自分の持っているスキルをアピールして内定をもらい、沖縄での生活を満喫しましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ