貯金口座のおすすめまとめ!賢い預金口座の作り方や分け方を紹介!

あなたは貯金口座は作っていますか?多くの人は「普段使い」以外に貯金用として口座を持っているのでしょうか?そして貯金口座におすすめの銀行などはあるのか、そもそも貯金と預金の違いは何なのかなど、ゆうちょ銀行など今話題のテーマや使い方・作り方も解説していきます。

貯金口座のおすすめまとめ!賢い預金口座の作り方や分け方を紹介!のイメージ

目次

  1. あなたの貯金方法!どの銀行口座を持っていますか?
  2. 意外に知らない!貯金と預金の違いとは?
  3. 日本人は貯金が得意?海外との意識の違い!
  4. タンス貯金は預金口座へ預けるより得か損か
  5. 必読!貯金ができない人の悪い習慣
  6. トヨタ式に学ぶ!計画的に貯金を開始!
  7. ゆうちょ銀行の口座ってお得なの?
  8. やっぱり都市銀行?都銀の貯金口座
  9. 地方銀行で口座開設するとお得?貯金をするメリット
  10. 信金の貯金口座開設のしくみ
  11. 急増中!ネット銀行の貯金口座をつくるわけ
  12. 徹底比較!貯金するための口座はどこがいい?
  13. 全く違う!日本と海外の「貯金」と「口座」の概念
  14. 貯金と口座をうまく組み合わせよう!
  15. ペイオフ制度とは?貯金や口座を賢く行うために!
  16. ママ必見!おすすめの貯金法と口座の分け方
  17. 今の時代、マイナンバーは必要か?貯金口座の開設
  18. 口座が凍結したら?貯金はどうなるの?
  19. 賢く貯金!口座の分け方とクレジットカードの活用方法
  20. 初耳?銀行口座に貯金していると貯蓄税が?
  21. 残高ゼロ?仮想通貨で口座は?貯金の実態
  22. おすすめ銀行口座とは?貯金に向いている調査結果
  23. 結局どんな分け方がいい?口座の使い方と分け方

あなたの貯金方法!どの銀行口座を持っていますか?

あなたは口座をいくつ持っていますか?社会人であれば給料の振込先などでたいていの人は1つは確実に持っているでしょう。ある調査によると口座の所持数は1位はもちろん1つの人です。次に2つ口座を持っている人が2位、そして意外な結果が3位は5つ口座を持っている人になります。この理由はなぜなのか、貯金の方法・作り方・分け方など最新の話題と共に紹介します。

意外に知らない!貯金と預金の違いとは?

そもそもまず皆さんは貯金と預金の違いをご存知でしょうか。意外に知らない人が多いので説明しておくと、まず預金というのは銀行に預けたお金の事をいいます。つまり、信用金庫や労働金庫、信用組合、に預けたお金は預金になります。期間を問わず預けたお金は字の通り預金です。

対して貯金とは、ゆうちょや農協、漁協にお金を預ける事をいいます。簡単にわかりやすくいうと銀行にお金を預ける事を預金、郵便局にお金を預ける事を貯金と言います。銀行でよく聞く言葉に預金通帳などがあると思います。郵便局にはゆうちょ銀行という様にそれぞれで区別されています。

日本人は貯金が得意?海外との意識の違い!

国民の平均貯金額はどうなのでしょうか。近年、おすすめ節約術などの言葉を耳によくするように貯金などに関心が向いています。多い人で年間100万円の貯金額で、もちろん年代や収入によっても変わりますが平均の貯金額は400万円になります。これは日本の話ですが、価値観や文化の違う海外では作り方などどうなのでしょうか。

26383901 154001781913022 8254525284296949760 n
nordgreenofficial_japanさんの投稿

やはり国によっておもしろい結果となります。アメリカ人は消費が好きとの事でほとんど貯金はないみたいです。確かに豪快なイメージがありますが、アメリカのみならずイタリアやイギリス人も貯金に関心がないみたいです。人によるとは思いますが、世界的にみても日本人はお金に対してシビアな様です。貯金に関心がある人は貯金用口座を作ってもいいのではないでしょうか。

タンス貯金は預金口座へ預けるより得か損か

20986746 1890409077890215 5150519863625646080 n
assu_jungahさんの投稿

銀行口座に預金を預けていても超低金利の時代のため、昔のようにゆうちょ銀行や大手メガバンクの預金口座へお金を入れていても貯金は増えることなく、メリットは感じられないでしょう。タンス預金をしている人が最近増えているともいわれていますが、口座の作り方やおすすめの分け方で何が変わるのでしょうか。

タンス預金をする人の心理は「誰にも見つからずに自分のお金を手元に置いておきたい」と家族に口外せず密かに実行している人が多いでしょう。必要に応じ手元からお金を自由に使えますし、金額が増えるほど手応えを感じ預金口座へ預けるやり方よりも手応えを感じるかもしれません。ただし家の中は常に安心ではないこと、タンス預金のリスクもあるので注意が必要です。

Thumb500万貯金するためのお金の貯め方!運用や投資をするのがおすすめ?

必読!貯金ができない人の悪い習慣

26868794 452732348462965 1937419542036742144 n
nami146さんの投稿

貯金をしたくても出来ない人というのは多くいると思います。貯金用の口座のを作りおすすめの貯金術を試しても貯金が出来ない人は貯金出来ない習慣が身についてしまっている可能性が高いです。その習慣とは子供の頃を思い出してください。宿題はぎりぎりまでやらないタイプでしたか?このタイプの人は貯金が苦手な人に多いようです。

26868935 974581556036366 1167603218948030464 n
poteko824さんの投稿

どうやら貯金が出来ない人の多くは生活習慣に問題があるとされています。考え方でいうと将来の楽しみよりも今の楽しみを取ってしまう人がそうです。これを時間割引率といい、この時間割引率が高い人は先を見据える力が乏しい為貯金ができないのです。糖尿病になる患者にもこのような人は多いらしく、貯金とも通じるものがあるようにも感じます。

Thumb節約して貯金しよう!お金を増やす方法を紹介!主婦には必見でオススメ!

トヨタ式に学ぶ!計画的に貯金を開始!

貯金が苦手だという認識がある人に意識してもらいたいのはトヨタ式というものです。おすすめのトヨタ式とはあの車で有名な企業のトヨタの精神からとっており、トヨタの車作りにおけるモットーが製造から販売までのなかで、「ムダ・ムラ・ムリ」を排除することにあります。そしてこの一連の行動をプロセスと呼んでおり、これを貯金に置き換えて考えるとこうなります。

まずできる事は現状を把握することで、この入りに対しての支出はいくらかをしっかり計算して、何が無駄で何を削るのが無理なのかを理解するのです。そして把握が出来ればそこから理想を掲げます。要はゴールを決めるのです。明確な目標がないと行動を起こせないので大切な事です。そしてさらに理解を深める事で着実に目標に近づいていくのです。

Thumb貯金術を知ってお金を貯めよう!実家暮らしや一人暮らしの大学生も使える!

ゆうちょ銀行の口座ってお得なの?

10957289 446515625504738 846082236 n
shiorin_tmloveさんの投稿

ゆうちょには半年後から払い戻しができる定額貯金というものがあります。このゆうちょの定額貯金のポイントは、口座の作り方と1,000円からスタートが出来る手軽さです。1口の預入金額は、1,000円・5,000円・1万円・5万円・10万円・50万円・100万円・300万円の8種類の分け方となります。

タンス預金の理由は、低金利以外にはお金を引き出すときに時間によってATMによっては有料になるから、マイナンバー対策等があるからです。作り方も簡単な預金口座をそのまま預けている方が安全面は勿論高いです。泥棒や本人以外の家族に気づかれないとタンス自体を捨ててしまった場合ゴミとなるためタンス預金はおすすめしませんし作り方も簡単なので口座を作りましょう。

やっぱり都市銀行?都銀の貯金口座

預金口座を作る際に検討するのは、大手銀行を選ぶ方がほとんどではないでしょうか。預金口座は普通口座を開設したら同時に利用が出来るもの、新たに貯蓄するために申し込みが必要なものもあります。預金口座の作り方やお金の分け方を銀行別ごとに簡単に紹介します。三菱東京UFJ銀行は「自動つみたて定期預金」で普通口座から自動で積み立てができます。

三井住友銀行は 「スーパー貯蓄預金」「積立型貯蓄預金」「年金受取型貯蓄預金」と種類豊富です。みずほ銀行は普通口座と預金口座の自動振替資金を移動させることができます。りそな銀行は定期預金の種類に一般型と目標型があり積立ペースによって選べます。都市銀行の預金口座の作り方は簡単で、用途に合わせて預金の分け方問わず貯蓄できるでしょう。

地方銀行で口座開設するとお得?貯金をするメリット

26269887 200390363859482 3174874150581829632 n
nobuyuki.y_pさんの投稿

地方銀行で預金を預ける場合のメリットは、関西アーバン銀行の場合、預金残高によって金利が上がります。特にインターネット支店がある地銀の金利は預金口座に100万円ある場合、1年で0.3%から0.25%等というものもあるようです。都市銀行だと現在は1年でも5年でも金利は0.01%ですので、地方銀行の方が金利だけでみれば預ける価値はありそうです。

地方銀行のメリットは、都市銀行にはない独自性がある預金対策があったりもするので、調べてみてはいかがでしょうか。デメリットは店舗自体が少ない、大きな金額を預金口座が対応できない場合もあるという困ってしまう事態も想定されます。地銀のインターネット支店の利用者は右肩上がりでもあるようでおすすめです。

信金の貯金口座開設のしくみ

信用金庫をおすすめするポイントは、預金口座へ預ける額が1000万以上になると担当者がつく点です。地域密着型で大きな法人企業より中小企業や個人事業主がお客様のことが多いため何かと相談をしやすいのが信用金庫です。北おおさか信用金庫ですと金利優遇定期預金、退職金定期預金、期日指定定期預金とあらゆる預金サービスを揃えてます。

信用金庫のデメリットは、中小企業との取引が多いため従業員の人件費が大手銀行よりは負荷が多い傾向があります。そのため金利が少し高めの設定が多いようです。もう1点は、貸せる金額の上限額が低いことです。億単位の金額を借りたい場合は、大手銀行の方がスムーズに事が運ぶことでしょう。

急増中!ネット銀行の貯金口座をつくるわけ

ネット銀行については、イオン銀行はクレジットカードの「イオンカードセレクト」を持っていると金利がプラスアルファが付きます。新生銀行は新規口座開設から3ヶ月限定の円定期預金もあり、元本保障で新規限定で申し込めます。楽天銀行は他社より振込手数料がお得で、預金口座も楽天IDがあれば申し込みも簡単です。種類が多いので口座の分け方に工夫ができます。

時間関係なく口座開設ができるので、ゆうちょ銀行等のように直接店舗に行かずに済むため無駄な時間は取りません。ただしデメリットは、基本WEB明細となるため必要であれば自分で印刷をする必要がありますし、困った事があったら電話かメールで問い合わせとなるため、分かりにくさはあるかもしれません。

徹底比較!貯金するための口座はどこがいい?

26155476 2288095341417476 381364770575482880 n
wordstellyousomethingsさんの投稿

預金口座の作り方、口座の分け方についての比較をしてみましょう。やはりネットバンキングがある銀行がユーザー数は増えている傾向があるようです。住信SBIネット銀行は金利キャンペーンを実施中です。じぶん銀行も金利をリニューアルし特に新規申込者がお得になります。オリックス銀行は「eダイレクト預金」と「eダイレクト2週間定期預金」が人気です。

このように定期預金の分け方でベストなのは「金利が都市銀行より高いところを選び、分散すること」です。ある程度まとまった金額を預金口座へ入れている人は、インターネット支店がある銀行へ預金口座を新たに作ったほうがお得でもあります。スマホアプリ対応済みの銀行も多いためどこにいても管理ができます。

全く違う!日本と海外の「貯金」と「口座」の概念

23347362 289985031508349 8896800251428470784 n
somerset512ascott6708さんの投稿

日本と海外だと貯金をすること、預金口座を作る意図や概念が違ってくるようです。海外では口座開設をすると管理維持費がかかります。日本では口座は一度開設をすればほぼ永久的に維持費をかけることなく利用が出来るので、維持費が有料というのは驚きます。そして口座の作り方は、必要書類もどういう銀行口座の利用履歴があるのかを証明しなければならないようです。

41099170 269389603694831 1713725924295311360 n
itu525さんの投稿

海外では、中途解約にも手数料がかかり、外貨預金も日本国内ではゆうちょへ預けるより金利メリットがありますが、海外での金利は日本より高くない場合もよくある話のようです。ただし日本では作れない共同名義口座は作れますので、海外口座を作りたい人は預金の分け方をうまく対策して試すのも良いかもしれません。

貯金と口座をうまく組み合わせよう!

26872297 1854395838184755 890907385491619840 n
mikimiki9201さんの投稿

作り方も簡単なので貯蓄目的に預金口座を検討している人におすすめなのは、口座の分け方としては生活費と預金の口座を別々にすること、金利は調べて良いところをピックアップし複数用意したほうがおすすめです。預金口座の作り方は、大手銀行やゆうちょの口座開設と何ら変わりませんので簡単手続きで利用開始できます。

26071718 815978211943439 31030095036547072 n
konatsu_kakeiさんの投稿

せっかく貯金をするのなら、ゆうちょ等の大手は低金利のため、預金口座の金利が高いところを選びたいものです。おすすめなのはインターネットバンクがあるところ、メガバンクやゆうちょより地銀、地銀より信用金庫です。作り方もネット上で各銀行は場合によってキャンペーンや案内を積極的に行っているので目安にしやすいでしょう。

ペイオフ制度とは?貯金や口座を賢く行うために!

ペイオフとは、お金を預けている金融機関が破綻した際に上限を1000万円とその利息が保証されている制度です。1億円を預金している金融機関が破綻してとしても、1000万円は保証してくれるというものです。上限の1000万円を超える部分に関しては、破綻した金融機関の財務状況に応じて、弁済金・配当金で対応するというものです。ゆうちょの場合はどうでしょうか。

ゆうちょ銀行の場合、貯金の上限金額が1300万円までなので、ゆうちょが経営破綻した際に300万円は失ってしまいます。ゆうちょに1000万円を貯金すればその利息も含めて保証されるということです。ちなみにゆうちょ銀行は上限の1300万円を超えても入金自体はできますが、振替口座でカウントされますので金利の対象外になります。

ママ必見!おすすめの貯金法と口座の分け方

26224478 895813593908220 7176791515828584448 n
sm_____36さんの投稿

ペイオフ制度があるので1000万円までは安心と考えたときに、おすすめの口座の分け方はひとまず3つに分けることです。理由は老後に必要になる貯金額は少なくとも3000万円程必要だからです。この3000万円を基に場合によっては60歳を超えると生活をしていかなければなりませんので、何とか守りたいものです。

1000万円ずつ分けると、仮に金融機関が破綻しても全額保証されます。1つの口座に貯金している場合と比較してもリスクは各段に低くなります。また、作り方も簡単なので貯金の目的に応じて口座を分ける方もおすすめです。銀行口座によって異なるのは金利と手数料です。手数料が高く金利が高い口座をメインで貯金すれば、手数料がかかるので使いにくく貯まりやすいです。

今の時代、マイナンバーは必要か?貯金口座の開設

26866374 342964436186704 7444850788528029696 n
asadakaikeiさんの投稿

現状でお銀行口座を開設する本人確認書類としてのみ使うタイミングがない、銀行口座とマイナンバーですが、今後はマイナンバーと個人の銀行口座を紐づけるという動きがあります。目的は個人資産を政府(国・自治体)が把握するためです。この動きに至った背景は、税金面での対策というのが強いです。

26868845 1409680005808609 2052298565606178816 n
mayu_ppe8930さんの投稿

自分の預貯金残高を誰かに知られるのは不安に思われるでしょう。しばらくはマイナンバーの登録は任意となるようです。税金の多くは所得によって税率や金額が変わってくるものがほとんどで、現状としては本来税金が発生する対象であったとしても漏れている事が多いため、その対策になります。

口座が凍結したら?貯金はどうなるの?

自分が死亡した場合、銀行口座はどうなるでしょうか。基本的に誰かに暗証番号を伝えカードも渡していれば、銀行でお金を下ろすことは可能ですが、相続関連のトラブルになりますので、お金を下ろしてはいけません。死亡したとしても、死亡したことを銀行は知らないので、銀行に連絡し、凍結を行います。

凍結は連絡したときに初めて凍結するのではなく、銀行が該当する人が死亡をしたことを知った時に速やかに凍結されます。凍結するとお金を下ろせなくなります。凍結を解除するためには相続人の戸籍謄本や法定相続人全員の戸籍謄本や印鑑証明書など、用意する書類が多くあり、手続きに時間がかかるなど手間がかかります。

賢く貯金!口座の分け方とクレジットカードの活用方法

26869168 453149175099553 7463020140867616768 n
neko_superkimjpさんの投稿

上手に貯金をするためには用途によって銀行口座を銀行の特徴に合わせて使い分けると貯金がしやすいです。貯金とは基本的に収入が一定であれば、どううまくやり繰りするかということです。お金を増やす運用をするとリスクが伴うので注意しましょう。賢い分け方は、使う口座と貯める口座と増やす口座に分けます。

使う口座をメインに考えクレジットカードの引き落としもこの口座にします。なるべくクレジットカードのポイント還元率が高いものか、特定の商品であれば還元率が高くなるクレジットカードもあるので、買い物の種類によって使い分けることが重要です。使い過ぎないのは前提として、現金での支払いよりポイントが貯まるクレジットカードを利用しましょう。

初耳?銀行口座に貯金していると貯蓄税が?

現在、日本国政府は少子高齢化の財源を確保するために貯蓄税というものを検討しています。名前からもイメージできそうですが、貯金額に税金がかかるという案です。現状は、個人の預金残高に対し、一定の税率を累進課税的にかけるというものです。つまり貯金額が多い人ほど、貯蓄税が多くなるというものです。

「1000万円を超える預金に対し毎年2%かかる」と言われています。貯金するだけで1000万円のお金が銀行口座にあるだけで、新卒者の月収に等しい20万円が税金としてかかってしまいます。貯金をするよりも消費を促すことにより、経済を活性化させるという目的のようで、同時に老後の保障も充実する必要があるように感じます。その際の貯金の作り方も検討しましょう。

残高ゼロ?仮想通貨で口座は?貯金の実態

貯金に回しても金利が低いのでもっと賢く運用したいということで、今話題になっているのが仮想通貨です。仮想通貨と聞くと新しさもあってか怖さもあるでしょう。仮想通貨で運用する注意点をまとめます。仮想通貨は名前の通り、実態がありません。つまりインターネットの世界にある「データ」に過ぎないのです。

通常の銀行などの金融機関と比較するとセキュリティ面での対策が必要になります。取引する会社にもよるので安心できるかどうかを判断しなければなりませんが、場合によっては、運営会社の仮想通貨が盗まれるリスクもあります。ただでさえ値幅が大きく、変動しやすい仮想通貨で損失を生んでしまう可能性もありますし残高0になるリスクもあるのでおすすめしません。

Thumb貯金を1000万円貯める方法!銀行預金よりも運用がおすすめ?

おすすめ銀行口座とは?貯金に向いている調査結果

25022628 1501884599930079 865160718704443392 n
ryomastyleさんの投稿

銀行の預金と信用金庫の貯金を比較するとお互いメリットデメリットが出てきます。おすすめはメインの口座は都市銀行で貯める口座は信用金庫という選択が無難です。都市銀行の場合は全国各地にATMがあるので使いやすいですが、預金しているメリットは少ないです。使う口座に関してはクレジットカードを利用しポイントで還元しましょう。

信用金庫のメリットは、比較的得をする金融商品がある場合や、出資金の配当は比較的金利が高いことなどです。デメリットとしては、ATMなどで利用できる箇所が少なく、利用に制限が出てしまったり、作り方が銀行と比べると煩雑で面倒かもしれませんまた地域密着というデメリットもあります。貯めるようは信用金庫の方がおすすめです。

結局どんな分け方がいい?口座の使い方と分け方

老後のために貯金は必要です。もちろん頑張って収入を増やすことも大事ですが、無駄遣いを減らし、口座の賢い分け方をすることも必要です。口座の作り方も銀行の預金口座と貯金用のゆうちょや信用金庫の口座を作り、使う用と貯める用という分け方がおすすめです。クレジットカードのポイントも効率的に貯めると貯金も捗ります。意外に貯金の作り方には種類があるのです。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ