iDeCo(イデコ)のおすすめ金融機関&商品を解説!得する投資先は?

iDeCo(イデコ)を始めようとしている初心者が、おすすめ商品のラインナップは金乳機関によっても選択肢はたくさんあるので、どれを選べばいいのかわかりません。どんな商品がiDeCo(イデコ)ではおすすめなのかポイントとともに解説していきます。

iDeCo(イデコ)のおすすめ金融機関&商品を解説!得する投資先は?のイメージ

目次

  1. iDeCo(イデコ)とは?
  2. iDeCo(イデコ)の得する投資先は?
  3. iDeCo(イデコ)の元本確保型と元本変動型比較
  4. iDeCo(イデコ)の運用商品のポイント
  5. iDeCo(イデコ)を50歳から始める
  6. iDeCo(イデコ)でおすすめできない商品の選び方
  7. iDeCo(イデコ)のおすすめ金融機関&商品まとめ

iDeCo(イデコ)とは?

出典: https://manetasu.jp

まず最初に個人型確定拠出年金のことをiDeCo(イデコ)といい、自分で作る年金制度となっています。あらかじめ用意されている投資先として定期預金や保険、投資信託といった金融商品で自ら運用することで、60歳以降の年金や一時金で受け取ることができます。60歳になるまでは引き出すことができないので、注意しなければいけません。

iDeCo(イデコ)とは何?

出典: https://www.reloclub.jp

iDeCo(イデコ)は60歳以降にまとめて一括か分割で受け取れます。万が一60歳より前に高度な障害になってしまったり、死亡してしまったときには、その時点でもらうこともできます。50歳以上の方はおぼえておきたいのですが、受給開始年齢は通算加入者等期間は個人型年金及び企業型年金における加入者や運用支持者の期間の合算となっています。

出典: https://manetasu.jp

通算加入者等期間が10年以上の場合は、満60歳から受け取ることができるのですが、1ヵ月以上2年未満だと満65歳にならなければ受け取ることができなくなっています。

iDeCo(イデコ)のメリット

出典: https://news.yahoo.co.jp

iDeCo(イデコ)のメリットとしては、税制優遇となっています。積立金額すべてが所得控除の対象となっているので、所得税や住民税の節税対策としての利用もおすすめです。運用したことで得た定期預金利息や投資信託運用益は非課税対象となります。受け取るときには公的年金等控除や退職所得控除の対象にすることができるようになっています。

iDeCo(イデコ)の対象者

出典: https://jisin.jp

iDeCo(イデコ)を利用することのできる対象者となるのは、日本に在住している20歳以上から60歳未満の方となっています。原則として誰でも始めることが可能となっていて、加入資格かんたん診断を使うことで、あなたが資格対象者なのか判別することができます。

iDeCo(イデコ)はいくらかかる?

出典: https://minomiwa.com

iDeCo(イデコ)は月額5000円から始めることができ、それ以上積み立てたければ1000円単位で上乗せすることが可能となっています。加入者の職業によっても上限が決まっていて、公務員であれば1万2000円だったり専業主婦だと月額2万3000円までと決められています。

出典: https://invest.re-ism.co.jp

企業年金の種類によっても異なったり、国民年金基金や付加保険料と合わせて6万8000円が限度とされています。掛金拠出の休止や再開がいつでもでき、納付の方法としてはご本人口座からの引き落とし、または給与天引きができます。

iDeCo(イデコ)の始め方

出典: https://moneytimes.jp

iDeCo(イデコ)を利用するために専用口座を開設する必要があるので、気になる金融機関があれば手数料や商品ラインナップを参考にしましょう。iDeCo(イデコ)は金融機関によって、口座管理手数料や運用できる金融商品も変わってきます。

出典: https://manetasu.jp

iDeCo(イデコ)は60歳までの長期運用となっているので、おすすめの運用商品などがあれば、選ぶときに商品にかかる手数料となる運用管理費用や解約控除も比較して確認しましょう。

iDeCo(イデコ)のおすすめ金融機関と商品

出典: https://seniorguide.jp

iDeCoで資産運用をするためにどこが投資先としていいのか、始めたばかりだと証券会社や銀行などの金融機関でも悩んでしまいます。金融機関で取り扱っているiDeCoの利用では、毎月の手数料や取扱商品数も大きく変わってきます。特にiDeCoの積立投資は60歳までの長期となるので、安心して資産を預けられる金融機関を選ばなくてはいけません。

イオン銀行

出典: https://ginkou.jp

口座管理が誰でも無料で行うことができ、銀行の中では最も条件がいいといわれています。投資先となる投資信託は投資報酬の低い商品が揃っています。

出典: https://matsunosuke.jp

イオン銀行は受け付け金融機関で、みずほ銀行が運営管理機関をしているのですがみずほ銀行の口座管理料が0円となるのは条件付きですが、無条件で0円となっているのでより有利です。無条件で口座管理料が0円となる銀行はイオン銀行だけなので、低コストのバランス型投資信託があるのも魅力となっています。

みずほ銀行

出典: http://ku-work.com

みずほ銀行は、掛け金が月1万円以上となっていてiDeCo専用サイトにメールアドレスを登録してから目標金額を設定するという3つの条件をクリアしていると運営管理手数料が無料となります。また資産残高を50万円以上になってくると運営管理手数料が無料になります。

ゆうちょ銀行

出典: https://oneinvest.jp

ゆうちょ銀行での口座管理手数料は金融機関ごとで差が生じるため、この部分が主な比較しなければいけないポイントです。加入手数料や移管手数料や管理手数料が発生するのですが、新規加入のときにほとんどの金融機関では手数料0円での受付となっています。最も重視しなければいけないのが口座管理手数料なのですが、ゆうちょ銀行では、口座管理手数料は月額255円かかり年間では3060円となっています。

野村證券

出典: http://noload.558110.info

掛け金が月1万円以上となるのであれば、口座管理料が0円となり様々な商品が豊富に揃っています。掛け金が付き1万円以上もしくは残高が100万円以上となったら口座管理料が0円になります。掛け金が月1万円以上という条件は、多くの人が該当します。投資信託はバランス型を含め投資対象で信託報酬が低いインデックス型が用意されています。アクティブ型投信では人気のひふみ年金もラインナップされています。

三菱UFJ銀行・三菱UFJ信託銀行

出典: https://www.tr.mufg.jp

三菱UFJ銀行ではiDeCoに2つのコースがあります。どちらか迷うのであれば、ライトコースを選択しておきましょう。口座管理手数料も標準コースの方が高くなっているので、ライトコースを選んで間違いありません。iDeCoを運用するには特定指数に連動するインデックスファンドでおすすめは複数の商品に分散することです。少しでも信託報酬が低い資産運用会社の商品を選ぶことがポイントです。

りそな銀行

出典: https://oneinvest.jp

りそな銀行では運営管理手数料が当初2年間誰でも無料になります。掛け金引き落とし口座をりそなグループにすると、運営管理手数料がさらに割引になり、ご相談はつみたてプラザや営業店で可能となってます。信託報酬も業界最低水準となっていて、業界有数の運用商品ラインナップとなっています。

三井住友銀行

出典: https://oneinvest.jp

三井住友銀行では、月々の口座管理手数料も255円となっていて、大手銀行にしては月々の手数料が安めとなってきます。投資信託のコストも意外と安い商品が国内外株式と多かったので、運用がめんどくさい場合の株式重点型のバランス70の中身を見ても国内株式がほとんどなので、今後のインフレに対応できるか不安はあります。

ろうきん

出典: https://oneinvest.jp

労金の口座管理手数料は305円となっていますが、ろうきんはATM利用料が無料となるのがうれしいポイントです。定期預金の金利は他より高いのですが、投資信託の数が少ないので気になります。

ThumbiDeCoの金融機関を徹底比較!手数料や口座管理料が一番お得なのは?

iDeCo(イデコ)の得する投資先は?

出典: https://oki-memorial.org

個人型確定拠出年金となるiDeCo(イデコ)を始める投資先はどこがいいか、証券会社や銀行などの金融機関を選んで悩んでしまいます。iDeCo(イデコ)は利用する金融機関によって毎月かかる手数料や取り扱い商品を比較しすると大きく異なってきます。

出典: https://sensis.jp

特にiDeCo(イデコ)で扱っている積立投資では60歳までの長期になるので、安心した資産運用ができる投資先と金融機関を選びたいです。iDeCo(イデコ)が取り扱っている証券会社や銀行などの金融機関でも、手数料がお得でおすすめ商品が豊富な金融機関を比較してから利用しましょう。

iDeCo(イデコ)の手数料

出典: https://setsuzei-riman.jp

iDeCo(イデコ)は、積み立てた分の掛け金が所得控除となるだけでなく、運用することででた利益もすべて非課税にすることができます。iDeCo(イデコ)には手数料にも種類があり、加入時にかかる手数料や運用時にかかる手数料のほかに、資産の受け取りにかかる手数料もあります。

出典: https://idecozyuku.com

それぞれに手数料があるので比較して確認しておくと、iDeCo(イデコ)で必要な手数料として加入時に1回のみですが手数料がかかります。国民年金基金連合会の初期費用として2777円がかかり、加入する金融機関で1000円ほどの手数料がかかります。

出典: https://news.hoken-mammoth.jp

毎月の運用時にかかる手数料としては、国民年金基金連合会が手数料で一律103円かかりますし、委託先の金融機関が一律64円、運営管理手数料が金融機関によって異なりますが手数料が発生します。

出典: https://manetasu.jp

委託先の金融機関で1回ごとに一律432円の手数料が発生し、移管元の金融機関に4300円ほどかかる場合があり、iDeCoでは加入時と運用時、受け取り時にも手数料が発生します。運用を行っていくうえで毎月必ず167円がどこかの金融機関に必要となります。金融機関ごとに運営管理手数料が異なってくるので比較してみてください。

iDeCo(イデコ)のコスト

出典: https://www.happy-souzoku.jp

iDeCo(イデコ)を運用管理手数料だけじゃなく、投資商品数やコストも比較しておくことが大事となってくるのですが、積立投資で資産運用を進めていくのであれば、元本保証型の商品に投資する方法と元品割れのリスクのある投資信託に投資する方法の2種類から投資先を比較して選ぶことができます。元本保証型の定期預金だと金利があまりに安いので、積立によるリターンは期待できません。

出典: https://zuuonline.com

元本割れリスクのある投資信託では、年利5%ほどのリターンに期待できるのが特徴となっています。様々なスタイルに合わせて投資先をリスク分散しながら運用することできます。少し余力を残している金融機関を比較してから選択肢に入れておきましょう。

iDeCo(イデコ)の手数料の金融機関比較

出典: https://www.tantonet.jp

iDeCo(イデコ)金融機関にかかる運営管理手数料は300円程度が多くなっていて、毎月支払うことになる長期投資のiDeCo(イデコ)だと金額は大きくなってしまいます。20歳から満期となる60歳までの運用だとすると、運用管理手数料が無料と300円では144000円も変わってきます。

出典: https://dc-startclub.com

積立投資の期間が長くなるiDeCo(イデコ)では、手数料の差は大きくなってくるので、毎月負担が少ない金融機関を選択しなければいけません。無条件で手数料が無料となるところもあるので、運営管理手数料でiDeCo(イデコ)の運用コストに差が出るので、手数料無料の金融機関を選択する方がいいでしょう。

おすすめ①楽天証券のiDeCo(イデコ)

出典: https://ginkou.jp

楽天証券ではiDeCo(イデコ)の運営管理手数料が無条件で無料となるので、長期運用となるiDeCo(イデコ)のような積立投資におすすめです。投資信託の投資先となる商品数も31本という充実のラインナップとなっていて、低コストかつ長期的な運用に向いている商品が厳選されているので、初心者でも選びやすくて安心です。低コストなインデックス型や全世界の株式に分散投資することもできます。

出典: https://money-laboratory-ryoma.net

特に楽天バンガードシリーズでは、投資家からの人気が非常に高い投資先が商品となっているのですが、iDeCo(イデコ)での取り扱いがあるのは楽天証券だけとなっています。これは他の証券会社と比較しても、楽天証券の強みとなります。バランス型としても投資先を株式や証券などに分散投資できるので、信託報酬も低コストな安定した商品となっています。

出典: https://sensis.jp

楽天証券は資産管理にも優れていて、1つのIDで証券口座の資産とiDeCo(イデコ)の年金資産を簡単に確認することができます。資産管理のしやすさを他の証券会社と比較しても断然おすすめとなっています。わざわざパソコン画面を開かなくてもスマホ対応しています。

出典: https://miraijosei.com

24時間対応のサポート体制でいつでも疑問に答えてくれるiDeCo専用AIチャットも利用でき、投資初心者が安心して投資先を決めることができます。

おすすめ②SBI証券のiDeCo(イデコ)

出典: https://xn--vck0b9h632vz0vb.jp

SBI証券は冬季運用の実績がある最大手の証券会社となっています。金融機関の中でもトップクラスの安定性があり、iDeCoの投資先となる商品の数も新しく登場したセレクトプランで36本と業界最多になっています。セレクトプランで購入できる低コストのインデックスファンドも充実しています。

出典: https://manekatsu.com

SBI証券には複数投資対象を組み合わせて、個別に選ぶのが難しくても簡単に分散投資できるのも特徴となっています。SBI証券には商品選びをサポートしてくれるSBI-iDeCoロボがサービスであります。

出典: https://amane-lancaster.blogspot.com

このiDeCoロボは投資経験や年齢などから投資意向をヒアリングして、自分に最適な投資先の商品を提案してくれます。金融機関としても信頼できるSBI証券は、iDeCoを取り扱っている他の証券会社と比較してもおすすめです。

おすすめ③マネックス証券のiDeCo(イデコ)

出典: https://info.monex.co.jp

マネックス証券では、証券会社より選べるiDeCoの投資信託が24本とやや劣って感じますが、その代わりに低コスト中心の投資商品が厳選されています。マネックス証券が取り扱っている商品の信託報酬は、他の証券会社と比較しても業界最安水準となっています。

出典: https://jiro-invest.space

eMAXIS SlimシリーズはSBI証券でも購入することができるのですが、これからの新商品追加が難しいのですが、マネックス証券では有利になります。マネックス証券ではロボアドバイザーでiDeCoポートフォリオ診断サービスもあります。簡単な質問に答えてくれるだけでなく、自分に合ったポートフォリオがわかるので、投資の知識がなくても理想的な投資先に積み立てをすることができます。

おすすめ④大和証券のiDeCo(イデコ)

出典: https://matsunosuke.jp

店舗型の証券会社として唯一といて大和証券が、運営管理手数料が無条件で無料となります。大和証券は全国に150以上の店舗があって、面倒な加入手続きも直接行えるメリットがあります。

出典: http://www.cubmaga.com

取り扱っている投資信託も21本あるので充実していてダイワつみたてインデックスというものでは、信託報酬が0.19%~0.21%ほどと非常に低コストです。店舗型後いうことで安心感のある証券会社の大和証券では、直接的なサポートなどを受けることができおすすめです。

ThumbiDeCo(イデコ)をSBI証券で始めるメリットとは?おすすめ投資信託も!

iDeCo(イデコ)の元本確保型と元本変動型比較

出典: http://kabu-press.com

公的年金が不十分となるので老後が不安という方が増えています。安心な老後生活のためには、自分で年金を用意することが必要な時代になりました。そこで人気になってきている、個人向けの確定拠出年金のiDeCo(イデコ)です。iDeCoの最大の特徴となっているのは節税効果をメインに生かせることで、資産運用ではリスクを抑えた運用ができる商品と金融機関があります。

出典: http://kame-no-ayumi.com

確定拠出年金では、証券会社や銀行のほかにも保険会社などの金融機関が運営管理機関として運用することができます。商品の品揃えや手数料の面で比較するとネット証券で投資先を選択することがもっと有利でお得になります。

元本確保型と元本変動型の違い

出典: https://boxil.jp

老後の生活に備えるためiDeCoは自分年金ともいわれています。iDeCoの運用では、2つの種類に分かれています。ほとんど価格が動かない元本確保型と市場の変化によって価格が動く元本変動型があります。元本確保型は価格の変動があまりなく、満期が確定している商品のことを指しているので、定期預金や保険などが該当している商品となっています。

出典: https://zuuonline.com

元本変動型は運用状況によって価格が値動きする商品のことを指します。投資信託が主に該当していて、投資対象が株式だけなのか債権だけなのか、株式や債券の割合をバランスよく投資するかによってもリスクとリターンが異なってきます。

出典: https://soldie.jp

リスクがあっても資産を増やしたいと考えているのであれば、元本変動型の割合を増やし、リスクをあまりとらずに安定的に増やすのであれば元本確保型の割合を増やすといいでしょう。

元本確保型と元本変動型のどちらが良いか

出典: http://kyazublog.net

iDeCoでは運用商品として元本確保型と元本変動型があり、元本確定型は原則として元本が100%保障されている商品となっていて、元本変動型ではリスクもありますが、資産がその分増える可能性があります。

出典: https://www.teradas.net

節税効果はiDeCoに加入することで恩恵を受けることができるので、元本確保型でリスクのない運用を行うことができるのでおすすめです。iDeCoでは毎月の手数料が発生してしまいますが、それ以上のリターンや節税効果がない場合は、トータルでマイナスになってしまうこともあるので注意が必要です。

元本確保型が元本保証ではない理由

出典: https://ideco-ipo-nisa.com

元本確保型の商品であっても元本保証ではありません。例えば、定期預金に積み立てている場合に、積み立てた月に1年定期などと新規設定されます。そのため、満期になる月が異なってくるのです。購入する定期預金は同じだったとしても、毎月定期預金が新規設定されています。そのため、利率は設定付きのものが適用されることになっています。

出典: http://ichiokuen-wo.jp

金利状況によっても、利率の金利が前月と異なることもあり、金利が上がる状況だと上がった分の資産が増えることになりますが、金利が下がる状況だと当初から見込んでいた金額よりも満期時に受け取れる金額も減ってしまうのです。保険商品でも同じようなことが言えるので、保健も一定期間ごとに予定利率の見直しが行われます。定期預金と同じように、将来受け取れる金額が保障されないことになります。

元本確保型商品が元本割れするケース

出典: https://zuuonline.com

元本確保型の商品として、スイッチングを行う時と運用益よりも口座管理料が高くなる時に元本割れのリスクがあります。スイッチングとは、ある商品を解約して別の商品を買うことで、定期預金から他の商品にスイッチングするので、商品の全額もしくは一部の金額を解約して新しい商品を買い付けることになります。

出典: https://moneytimes.jp

途中解約時の利率によっては元本が割れてしまう可能性があるのです。保険商品は途中解約することで解約控除と呼ばれるペナルティがあります。解除控除が高い段階で運用を変えようとスイッチングしてしまうと、積立した資金と比べて損する可能性が出てきます。運用益より口座管理手数料が高くなってしまうと、口座管理手数料が差し引かれたときに元本割れとなってしまいます。

出典: https://sensis.jp

iDeCoには国民年金基金連合会の手数料や事務委託先金融機関の手数料のほかに運営管理機関の手数料として3つの手数料がかかります。運用益が手数料合計額よりも低くなってしまえばその分損してしまいます。

ThumbiDeCoに潜むデメリットとは?個人型確定拠出年金のメリットも解説!

iDeCo(イデコ)の運用商品のポイント

出典: https://zuuonline.com

アクティブ型とインデックス型の2種類に分けらる投資信託では、長期投資のための比較であればインデックス型が理論上としてはおすすめです。多くの投資信託が0.5%以下のものだけを残すことでインデックス型という投資信託と呼ばれます。iDeCoでは長期投資が前提となっているので、比較したときにインデックス型を選ぶことをおすすめしています。

ポイント①インデックス型であること

出典: https://oneinvest.jp

商品説明にインデックス型ですと表記されているので、インデックス型を探すことは簡単にでき、商品名にインデックスと表記されていることもあります。長期投資となるiDeCoであれば、理論上はコストを比較すると運用成果の差になってくるので知っておきたいポイントとなっています。理論上から比較してもコストの安いインデックス型が有利になりやすいのでおすすめです。

ポイント②信託報酬が0.5%以下の理由

出典: https://senect.jp

投資信託報酬が0.5%以下となるものには現代投資理論と呼ばれるものが反映されていて、元本確保型では選択肢に0.5%となるようなインデックス型が多くあります。組み合わせを比較しても、株式主体にしてリスクをおえる人であれば理論上ですが重要になってきますが、運用成果を左右する重要なテーマとなっています。

定期預金が良い

出典: https://hoken-connect.jp

損したくないので、お金を減らしたくないのであれば、無理に投資先を元本変動型の投資信託などで運用する必要はありません。iDeCoのメリットは積み立てた掛け金の全額が所得控除されて、所得税や住民税が軽くなることです。節税効果を中心に比較している考えであれば、iDeCoを定期預金として始めるのもいいでしょう。

バランス型投資信託とは?

出典: https://something-plus.com

受け取る額を増やしたいと考えるのであれば、投資先に元本変動型の投資信託を組み込んだ運用をすることも検討しなくてはいけません。ひとことで投資信託といっても、株式型や債券型、不動産などのようにたくさんの種類に投資先が用意されています。どの投資信託を比較してもわからないのであれば、バランス型を始めてみることをおすすめします。

出典: https://loloinvestors.com

バランス型の投資信託では、様々な資産や国にバランスよく投資先を選ぶタイプの投資信託となっています。株式や債券、不動産などを各国に様々な資産をバランスよく配分されているバランス型で安定的な運用をしてくれます。投資先がバランス型の投資信託であれば、投資について学んでなれるトレーニングを積むのもおすすめです。

信託報酬が低い投資信託がおすすめ

出典: https://gl-create.co.jp

投資信託を運用していると信託報酬というコストがかかります。信託報酬は0.5%~2%程度がかかるのが一般的となっています。投資信託の運用収益が年2%だとすると、信託報酬が年1.5%なら、実質の儲けが0.5%しか残らないことになります。これが長期になると信託報酬が積み重なって、運用で増やすチャンスを逃すことにもなってしまいます。

出典: https://sensis.jp

運用コストを抑えるためにも、投資先の信託報酬が低い投資信託を比較して選ぶことをおすすめします。売り手とコストという面では、どこまで行っても利益が相反してしまうので、しっかりと商品選びで主導権を握りたいところです。

Thumb公務員がiDeCo(イデコ)に加入するとこんなメリットが!注意点も!

iDeCo(イデコ)を50歳から始める

出典: https://www.kotsu2life.com

iDeCoに50歳から新規加入したとしても、65歳からのセカンドライフを考えているのであれば、資金は受け取れるので問題ありません。これまでの傾向から見ると、相場には10年に2回くらい大きな上げ下げがあります。積み上げる金額の少なさや受け取れる年齢が遅くなってしまうデメリットもありますが、50代からでも十分にメリットを得ることができるので新規加入を考えてみてください。

50歳から始めるメリット

出典: https://setsuzei-riman.jp

50代でiDeCoを新規で始めるとしてもメリットは十分にあります。実は50代になってからiDeCoに新規加入することで、ひとつハードルが生じることになります。iDeCoには通算加入者等期間10年という壁があります。

出典: https://meganez.com

これは60歳になるまでにiDeCoの加入者である機関や企業型確定拠出年金の加入者である期間のほかにiDeCo口座で掛け金を排出せずに運用のみを行っていた期間の合計が10年に満たなければ、60歳からiDeCoの運用資産の受け取りを開始することができない制限があります。

出典: https://loloinvestors.com

セカンドライフを65歳からと考えているのであれば、資金の受け取り開始が65歳になってからでも問題ありません。ですが、60歳からのセカンドストライフを想定していたのであれば、iDeCoは投資している機関によって受け取り開始可能な年齢が60歳を超えてしまうので注意しなければいけません。

50歳から始めるデメリット

出典: https://zuuonline.com

iDeCoへの投資は50歳からだとデメリットもあり、積み立ての期間が10年以下となってしまうので、期間が短くなってしまうのでそれほど大きな資産の積み上げをすることができません。最大で年間81万6000円の積立をすることができるので、自営業などを除けば積立期間が10年以下なら、多くの方が数百万円ほどしか積み上げることができない状態で60歳になってしまいます。

出典: https://oneinvest.jp

会社員の人が50歳からiDeCoを始めようとした場合に、月に1万2000円を10年間積み上げることになったとしても拠出金額の合計は144万円にしかならないことから、老後資産としてかんがえるのであればiDeCoだけでは物足りない存在に感じてしまいます。

60歳で資産を受け取れない点に注意

出典: https://setsuzei-riman.jp

iDeCoを利用することは60歳までしか掛け金の拠出ができません。65歳以降から始まる年金生活の本番となっているのですが、70歳以降でも働けるように変わっていく流れにはなってきているのですが、60歳でiDeCoの掛け金の拠出がストップしてしまうのは実にもったいないです。こればかりは法律で定められているので改正されることに待つよりほかありません。

出典: https://matsunosuke.jp

いまは60歳までの拠出限度額となっているところまではできるだけ無駄にせずに満額の積み立てを続るしかありません。50代からの家計では、子供の学費負担に追われていると苦しいのですが、iDeCoの積立額をどうしても少なくしたくなります。50代こそ、家計が少し厳しい場合であってもiDeCoの積み立てを諦めないように継続していきましょう。

50代後半で元本確保型商品の運用へシフト

出典: https://ginkou.jp

60歳でiDeCoの資産を受け取ることを考えているのであれば、55歳以降のどこかでリスクオフすることを検討しなければいけません。50代後半になったら、50代前半の運用戦略の中で資産とすると、60歳までほぼ100%の資金を投資信託に預けておく戦略はやめましょう。

出典: https://ginkou.jp

リーマンショックに匹敵するような急落が起こって、1ヵ月で30%も資産が減少してしまっては取り返しがつかなくなってしまいます。せっかくiDeCoを活用して資金を増やしたのに、その資産を受け取る直前に資産が30%も激減してしまえば、回復する間もなく受け取りのタイミングになります。そんな事態は絶対に避けなければいけません。

出典: https://oneinvest.jp

そこで50歳代後半のiDeCo投資で考えなければいけないが、投資信託での運用から定期預金等の元本確保型商品で運用にシフトしましょう。何段階かに分けていってもいいでしょう。50代後半になってから、まだ資産を増やそうとするのではなく、値下がりリスクを回避しようという発想で、投資信託を売却し、定期預金等にスイッチングしておく必要があります。

出典: http://setsuzei.love

60歳時点で投資割合をゼロにするというルールがあるわけではなく、60歳になるまで投資信託を数割程度は残しておく方法もいいでしょう。早々に利益確定するのもいいでしょう。

iDeCo(イデコ)でおすすめできない商品の選び方

出典: https://manesto.com

iDeCoではおすすめできない商品の選び方もあります。大きな注意点として3つ挙げているのでそれぞれについて紹介していきます。

受取時に拠出した元本を下回る可能性が高い

出典: https://www.quick.co.jp

iDeCoでは管理手数料が拠出金から差し引かれるので、受け取り時には拠出した元本を下回ってしまう可能性が高くなります。金融機関によって低くても管理手数料は毎月167円かかるので、年間で2004円発生してしまいます。

出典: https://moneytimes.jp

30年運用するのであれば、60120円負担しなければいけないことになるので、預金の利率はSBI証券で年0.02%、楽天証券で0.01%と低金利となっているので、このまま低金利で推移していくのであれば預金利息での管理手数料をおぎなえません。

将来のインフレリスクに備えられない

出典: https://money-bu-jpx.com

元本が保証されても預金が低金利だと、将来物価が上昇したときに現金の価値が下がってしまいます。1個100円のハンバーガーだったとしても2倍の200円になることがあり、今のあなたが1000円持っていたとしても、将来的にも1000円のままとなるのでハンバーガーに対する価値は薄れてしまいます。これがインフレリスクになるのですが、問題点を加味して加入するしかありません。

標金額を達成する見込みのない商品を選ばない

出典: https://dc-startclub.com

投資信託は怖くても少し高いリターンが欲しいと考えるはずです。拠出時の節税が目的だったとしても、運用はしてみたいと考えているのであれば、両方試してもいいでしょう。iDeCoでは、拠出した金額のうちどの商品にどれだけの割合を拠出するのかは自分で決めることができます。

出典: https://manekatsu.com

50%は元本確定型として預金し、残りの50%は投資信託に拠出することもできるのです。投資信託として選ぶ商品のおすすめはインデックス型がいいででしょう。投資報酬が低いですがバランス型の投資信託もおすすめです。

iDeCo(イデコ)のおすすめ金融機関&商品まとめ

出典: http://setsuzei.love

リスクのある投資信託は誰にでも向ているわけではありません。元本が減ってしまうと困る人や減らすのが嫌な人の投資先として元本確保型がおすすめです。リスクを事前に把握していることで、資産価値が1年間で半分程度に下がってしまうこともあるので、組み合わせや投資に関する基本的な考え方や知識も必要となってきます。

出典: https://kojin-nenkin.jp

資産運用の責任はすべて自己責任となるので、商品選びもあせらずじっくり考えましょう。60歳までしかiDeCoで運用することができないので、節税効果もフルに生かすために早めに始めるに越したことはないでしょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ